ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

係助詞「も」の並列用法について、ずっと抱き続けている疑問があります。以下の二つの例文を見て頂けますでしょうか。

A.このお菓子はおいしい。あのお菓子「も」おいしい。
B.このお菓子はおいしい。値段「も」安い。

当然ながら、A.の例文は何ら問題が無いと思うのですが、B.の場合、並列が成り立っていないように思うのです。B.の前後の文を比較しやすいように、次のように言い換えてみます。

このお菓子の味はおいしい。このお菓子の値段も安い。

ここで並列関係にあるのは、「味」と「値段」だと思います。ところが、それらに対する述語は「おいしい」「安い」と、それぞれ異なる状態を言い表しています。

B.のような「も」の使い方は、日常頻繁に見たり聞いたりします。例えば、「彼は美形だ。性格も良い。」「この花は綺麗だ。匂いも良い。」などです。こうした「も」の使い方は、果たして正しい使い方なのでしょうか?或いは、並列ではない別の用法なのでしょうか?

どなたかお分かりになる方いましたら、ご教授頂けませんでしょうか?宜しくお願い致します。

A 回答 (3件)

語学的にどうか知りませんが、言葉を省略しているからそうなってるのではないでしょうか?



このお菓子はおいしくて良い。値段も安くて良い。
 「良い」が省略されていると思います。
「味」「値段」に「おいしい」「安い」じゃなくていずれも「良い」「すばらしい」など賞賛する言語が隠されているような感じがします。
「味も値段もどちら『も』良い」という事じゃないでしょうか?

あとの例も同じような感じで考えると納得できませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参りました(笑)。大変納得の行く回答です。まさに目から鱗です。語学的にどうか分からないと言うことですが、極めて正解に近いのではないかと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 01:37

これは、日本語特有の主語の省略ではないでしょうか?つまりBの例文では、「このお菓子はおいしい。

このお菓子は値段も安い。」から、二つ目の文でも一つ目の文と主語が一致しているため、二つ目の文で主語が省略されてしまっているのだと思います。
    • good
    • 0

お菓子を買う人にとっての「メリット」という観点において、「おいしい」と「安い」は並列の関係にあると思います。



並列に並ぶからには、何らかの共通点、すなわち「観点」にもとづいて並んでいるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「観点の共通」、即ちNo.1の方と仰っている事が共通しますね。

お礼日時:2005/04/05 01:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q○○するも・・の「も」の使い方

いまさらひとには聞きづらいけれど、ずっと気になっていて、いまいちよく使い方に自信のない言葉が、この「○○するも、なになにしない」です。

たとえば、「名前を呼びかけるも、反応はない。」というような使い方をしますよね・・・?

(1)書き言葉としてだけ使うもので、話し言葉では使わないものですか?

(2)「も」は、「が」に置き換えても意味は同じですか? もし意味が違うのなら、どう変わってきますか? 使い方が違うのでしょうか・・・?

以上2点について、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。

>>(私個人は接助の「が」は極力使いません)
>その理由を教えていただけたらうれしいです。

理由は3つあります。
1.多くの文章読本で「が、」は使うな、とか要注意と書いてある←権威主義ですね^^;
2.文章が長くなる
哲学書などでは、"・・(100字)であるが、(100字)であった。"なんてざらです。「しかし」で2文に分けてくれればとっても読みやすくなります。
これが順接の「が」であったりすると、もう「ふざけるなぁ!」と私は怒りだしてしまいますね。
3.「が、」は難しい
上記2.のように実は接続助詞の「が」には、順接と逆説があります。このことが読み手に負担になります。
・体は小さいが、力はある
・体は大きいが、力もある
・安いが、まずい
・安いが、うまい
こうような文章が長文であった場合は特にぎこちなくなります。国語学者の大野晋はこれらを「留保の『が』」と呼んでいます。(岩波新書、日本語練習帖)

Q助詞「に」と「へ」について

家に電話をかける
電話を家にかける
家へ電話をかける
電話を家へかける

「に」も「へ」もどちらも場所や動作の帰着点を
あらわしますが、上の4つの文章は
いったいどれが正解でしょうか?

一番多く使われているのは 家に電話をかける
だと思うのですが・・・
では、他の文章は間違えていますか?
間違えているのなら、その理由も教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
国語教育に携わっている者です。
助詞の「に」と「へ」の区別についてですが、
元々「に」は着点、「へ」は方向を表していました。
しかし、現代では「へ」と「に」での着点・方向の区別をつけないようです。

「に」・・・体言・動詞の連用形・用言の連体形などに付く。
(1)場所・時間・・・5時に集合する。
(2)動作の帰着点・・・家に着く。
(3)作用の結果・・・作家になる。
(4)動作の目的・・・呼びにやる。
(5)動作の対象・・・犬にえさをやる。
(6)受身・・・犬にかまれる。

「へ」・・・体言に付く。
(1)動作の方向・・・東京へ行く。
(2)帰着点・・・故郷へ帰る。
(3)動作の対象・・・母へ贈り物をする。

上記が「へ」と「に」の代表的な用法です。
ですので、「家~電話をかける」には「へ」と「に」の両方が当てはまります。

参考URLに「へ」と「に」の使い分けについての興味深いデータがあります。

参考URL:http://nhg.pro.tok2.com/reserch-2/reserch1-69.htm

こんにちは。
国語教育に携わっている者です。
助詞の「に」と「へ」の区別についてですが、
元々「に」は着点、「へ」は方向を表していました。
しかし、現代では「へ」と「に」での着点・方向の区別をつけないようです。

「に」・・・体言・動詞の連用形・用言の連体形などに付く。
(1)場所・時間・・・5時に集合する。
(2)動作の帰着点・・・家に着く。
(3)作用の結果・・・作家になる。
(4)動作の目的・・・呼びにやる。
(5)動作の対象・・・犬にえさをやる。
(6)受身・・・犬にかまれる。

「...続きを読む

Q会社名の後につくInc.とは?

こんにちは。
会社名の後につく、Inc.とは、どういう意味でしょう?会社の法的な位置付けをあらわしていると思うのですが、実際の所どうなんでしょう?1.日本語でどういう意味か、2.英語の原型はどういうかたちか。教えて下さい。


ちなみに、co.,ltd.はcompany limited か、または、cooperation limitedで、株式会社(有限責任)の意味ですよね??


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

inc.は
incorporated の略で
「一体化した,法人組織の」の意味だそうです。
「有限責任の」の意味もあります。

映画「モンスターズ・インク」のインクもこれですね。

Q「は」は格助詞ではないのでしょうか?

「おれは男だ」の「は」は格助詞ではないのでしょうか?ならば主格がないと言うことになってしまいそうです。

Aベストアンサー

他の方が触れていらっしゃらないことを中心に回答いたします。

複数の助詞を組み合わせて使う場合は(助詞の相互承接)、一定の組み合わせ方、一定の順序があって、格助詞の下に格助詞が付くことはありません(詳細は山田孝雄「日本文法論」、「日本文法学概論」をご覧ください)。

したがって、
  山には行かない。
  本をば読む。
のように格助詞に付くことができる「は」は、少なくとも格助詞ではないということになります。

また、 
  1、人が悲しむ。
  2、人は悲しむ。
  3、人が悲しむとき。
  4、人は悲しむとき。
  5、人が悲しむとき涙する。
  6、人は悲しむとき涙する。
の例で、1と2では「が」と「は」の文法的な違いが目立ちませんが、5と6を比べた場合は6のほうが自然です。3と4を比べた場合は4のほうが不自然です。

6の「人は」は、文末述語「涙する」と呼応関係ができていますが、4は「人は」と呼応する文末述語がありません。だから4はなにか「尻切れトンボ」のような違和感があるわけです。

このように検討していきますと、「は」は、文末の述語(いわゆる山田孝雄のいう「陳述」)と呼応する助詞で、むしろ「ぞ、なむ、こそ」に近いわけです。したがって「は」そして「も」は、古典文法では係助詞に分類され、「係り結び」という現象がない現代語の場合は副助詞に分類されることになります。

「が」が格助詞であることについては申すまでもないこととして省略します。

他の方が触れていらっしゃらないことを中心に回答いたします。

複数の助詞を組み合わせて使う場合は(助詞の相互承接)、一定の組み合わせ方、一定の順序があって、格助詞の下に格助詞が付くことはありません(詳細は山田孝雄「日本文法論」、「日本文法学概論」をご覧ください)。

したがって、
  山には行かない。
  本をば読む。
のように格助詞に付くことができる「は」は、少なくとも格助詞ではないということになります。

また、 
  1、人が悲しむ。
  2、人は悲しむ。
  3、...続きを読む

Q「~になる」と「~となる」の使い分け

複数の人で手分けして報告書を作成しており、現在校正中です。
今悩んでいるのは、ある人は「~になりました。」と書き、別の人は「~となりました。」と書いているところがあり、報告書全体としては「に」と「が」が混在している状態なので、この表記の揺れをなくすために、どちらかに統一すべきかどうか、ということです。
「に」でも「と」でも全体の文意は同じのような気がするのですが、ニュアンスや文法的な違い、あるいは使い分け方法があれば教えていただきたいと思います。
よろしくご教示のほどお願いいたします。

Aベストアンサー

格助詞「に」と「と」の違いですね。この質問は過去に2,3回ありましたのでその1つを1部付け加えて回答しておきます。
「に」「と」はともに帰着または結果を表しますが、ニュアンス的には少し違いがあります。
「雨が降れば川になる」というのは平板で当然の帰結としての言い方の場合は「に」
「蛇行を繰り返し小川や多くの支流を集めて大河となる」のように紆余曲折を経る場合は「と」です。
「すったもんだの末、結局彼が村長となった。」
「すんなりと彼が村長になった」
あなたの会社の報告であれば:
「計算の結果予算は○○円になりました。」
「いろいろ審議を重ねて検討した結果○○円となりました。
また、「へと」と 「へ」との違いについての質問にも私が回答したのがありますので参考にしてください。

参考URL:http://okwave.jp/qa1126103.html

Q並列助詞「や」

3つ以上のものを並列助詞「や」を使って表わすと、1)と 2)ではどちらが正しいのでしょうか?

1)私はA、BやCが大好きです。
2)私はAやB、Cが大好きです。

「や」の位置や「、」の位置はどこに置くのが一番良いのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1)私はA、BやCが大好きです。
2)私はAやB、Cが大好きです。

正しくは「私はAやBやCが大好きです。」ですが、最近は2も使われます。
英語の影響(A, B and C)で1のような書き方をすることがありますが、最初に列挙することを明示するために、2のように書くことが望ましいです。

Qカギ括弧内の最後に句読点は間違い?(例:「~。」)

「こんにちは。」などという用法は間違いだと言う記事を見かけたのですが、
私は小学生のころに「~~です」と書いてバツを貰い「~~です。」と直された経験があります。
以後、作文などで「~。」という使い方をしていましたが間違いだと指摘されたことはありませんでした。

どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

1)「こんにちは」
2)「こんにちは。」
 どちらも間違いではありません。
 どういうルールに従うか、という問題です。

 学校(義務教育)では、昭和21年に文部省が発表した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」の影響があるせいか、2)の書き方を教えます。
【くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)】
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/sanko/pdf/kugiri.pdf
 しかし、新聞や一般の出版物は1)の形が圧倒的に多いはずです。

 新聞や一般の出版物の句点の打ち方は、おおむね下記のようなルールになっています。
【句読点の打ち方──簡略版】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n140029
 以下は一部の抜粋(重言)。

================引用開始
 句読点の使い方のうち、句点(マル、「。」)については、それほど問題はないと思います。「文の終わりにつければいい」ということはだれでも知っているはずです。「文章読本」に書かれている句点の使い方を見ると、次のような記述になっています。

1)段落全体がカギカッコなどで始まりカギカッコなどで終わる場合は句点をつけない
例 「きょうは予報がはずれてひどい雨降りでした。あしたは晴れるでしょう」
※一般の新聞や雑誌はこうなっている。しかし、教科書の類いはこういう場合もカギカッコの前に句点をつけている。その影響と思われるが、マンガのセリフの場合も、小学館は句読点をつけていることが多い。他社は句点も読点もつけていない。ほかに句読点をつける流儀にしている出版社があれば教えてください。

2)段落の途中に句点があり、その直後にカギカッコなどが続いて段落末がカギカッコなどになった場合は句点をつけない
例 天気予報は、何度も同じことを繰り返していた。「あしたは晴れるでしょう」

3)段落の最後の文がカギカッコなどで終わる場合でも、その直前に主語があり、文末のカギカッコなどのあとの述語(「と語った」など)が省略されているときは句点をつける
例 気象予報士は苦笑しながら「あしたは晴れるでしょう」。
  この数日の予報がはずれつづけているだけに、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった。

4)文末に注釈などを加えるパーレン(丸カッコ)を使うときは、そのあとに句点をつける
例 気象予報士は苦笑しながらコメントを終えたが、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった(笑)。

5)文章全体の注釈、クレジットなどを加える場合は、パーレンの前に句点をつける
例 きょうは天気予報がはずれてひどい雨降りでした。あしたは晴れると思います。(談)

6)改行して箇条書きにする場合は、各文の文末に句点をつける(ただし、箇条書きの内容が簡単な場合はつけなくていい)

 本によって書き方は多少違いますが、だいたいこんなところではないでしょうか。
 新聞でよく見かける3)の形は言葉足らずの印象があり、ふつうの文章で使われている例も少ないので、避けたほうが無難です。6)は趣味の問題で、本書では箇条書きの場合、原則として句点はつけていません。
================引用終了

1)「こんにちは」
2)「こんにちは。」
 どちらも間違いではありません。
 どういうルールに従うか、という問題です。

 学校(義務教育)では、昭和21年に文部省が発表した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」の影響があるせいか、2)の書き方を教えます。
【くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)】
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/sanko/pdf/kugiri.pdf
 しかし、新聞や一般の出版物は1)の形が圧倒的に多いはずです。

 新聞や一般の出版物の句点の打ち方は、おおむね下記のようなルールに...続きを読む

Q日本語にみられる4つの音便とは?

テキストを読んでもよくわかりません。
4つの音便にそれぞれ名前がついているのですか?

Aベストアンサー

イ音便
例「書く+て→書【い】て」
ウ音便
例「妹(いも)+人(ひと)→いも【う】と」
促音便(そくおんびん。「っ」)
例「買う+て→買【っ】て」
撥音便(はつおんびん。「ん」)
例「読む+て→読【ん】で」

口語文法の場合、五段活用の動詞の連用形が、接続助詞「て」、助動詞「た」などへ接続するとき、イ音便、促音便、撥音便を起こすことに注意すること。その場合「て」「た」は「で」「だ」と濁る場合がある。
また、若干例外もある。

普段書いている、口語文法の参考書風にまとめてみました。きわめて初歩(中学レベル)です。更に詳しい説明をご希望の場合は、補足、あるいは再質問なさってください。

Q混雑の「混む」は「込む」でもOK?

 表題の通りです。

 人がたくさんいて混雑しているときに使う漢字は「混む」だと思うのですが、
最近、新聞などでも「込む」という漢字が使われているのを見かけます。
 ヤフ○の辞書で検索してみましたが、違いが分かりません。

 ことばは時代毎に用法も変わっていくものなので、特に明確な基準などはないのかも知れませんが、
特にどちらかが間違っているという訳ではないのでしょうか?

 正しい用法を知りたいと思うので、明快なご回答をお待ち申し上げます。

Aベストアンサー

 幾つかのポイントを立てて考えてみました。
1.こもる(自動詞)
隠もる(中に入って出ないでいる)、籠もる(社寺に泊まって祈念する)。
2.こめる(他動詞)
籠める(集めて中に入れる)、罩める(霧などで辺りが一杯になる)、込める(入れ物などに詰める)。
3.こむ(古語)
「こもる」と「こめる」の意味を担って、「こむ」には、自動詞と他動詞、また活用も四段と下二段の四通りに拡大し、「籠む」の他に、「進む意味を表わすシンニョウに、入を加えて、積極的に物を入れることを表わす」(「角川 漢和中辞典」)ための国字(和製漢字)「込」が用いられるようになった。
4.…こむ(接尾語的用法)
多くの動詞の連用形に付いて、様々な複合動詞として用いられる。
5.込み…(補助動詞を伴う)
他の動詞を補助的に伴って複合動詞を作る。

以上、ざっと見たとおり、「込む」という動詞は極めて多様な役割を持って来ています。
6.ラッシュアワーの訳語
"rush hour"という英語は、1898年(明治31年)に出現しているようです。(「ランダムハウス英和大辞典」)
角川小辞典「外来語の語源」によれば、この邦訳語は田中一郎編「新しい外来語の辞典」に「混み合い時間」として、英語出現の26年後である1924年(大正13年)に現れています。
では何故「込み合い」という字を使わず、「混み合い」という、当時の辞書にはない用法を採用したのか。
こみあふ【込合】直(ヒタ)ト群ガル。雑(マザ)リ集マル。雑沓。(大槻文彦「言海」)
ここで、小学館「国語大辞典」の「込み合う」の項の(三)に、「異性に手を出す/ちょっかいをかける」という意味が出ています。例文「宿屋の女にこみやふ位は大目に見てくれてもいい訳だ」(歌舞伎綴合「新著膝栗毛」)。
もしかすると、ちょうど「待ち合い」にもそのような意味があるように、当時はまだそのへんの意味も生きていたので、あえて造語風に「混み合い」という、いわば無機的な意味をのせたのではないでしょうか。

その5年後(1928年(昭和3年))には、「混雑時間」(竹野長次監修「音引正解 近代新用語辞典」)や「混雑する通勤時間」(国語研究会編「新外来語辞典」)など「混雑」という言葉の用いられ方が現れています。
日本で電車が運行を開始したのは1909年(明治41年)からであり、この年末には内閣鉄道院が設置され、いわゆる院電(後の省線電車)が走り出します。やがて、サラリーマン(月給取)(大正13年)、ホワイトカラー(職人階級以上の人)(昭和6年)といった新用語も生まれています。

以上のようにして、おそらく院電(省線電車)関係者か、時のサラリーマン通勤者、もしくはそのラッシュアワーの酷さを報道するマスコミにおいて、「混み合う」という新用語や「混雑」の新たな用法が広まって行ったと見てはいかがでしょう。
言い換えれば、交通機関(電車や道路)や集合場所(広場や浴場)「混雑」「混み合う」以外では、これまでの辞書用例どおり、「込む」で十分なのではないでしょうか。
電車に人がどんどん乗り込み、ますます込んでくると、もはや身動き取れないほどに中は混み合ってしまって、息もできないほどだ。

 幾つかのポイントを立てて考えてみました。
1.こもる(自動詞)
隠もる(中に入って出ないでいる)、籠もる(社寺に泊まって祈念する)。
2.こめる(他動詞)
籠める(集めて中に入れる)、罩める(霧などで辺りが一杯になる)、込める(入れ物などに詰める)。
3.こむ(古語)
「こもる」と「こめる」の意味を担って、「こむ」には、自動詞と他動詞、また活用も四段と下二段の四通りに拡大し、「籠む」の他に、「進む意味を表わすシンニョウに、入を加えて、積極的に物を入れることを表わす」(「角川...続きを読む

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング