両毛線について教えて下さい。
なぜ高崎方面が上りで、小山方面が下りなのでしょうか?

どう考えても、小山(栃木県方面)方が規模も人口も高崎(群馬方面)よりも大きいのになぜ、上りが高崎方面で、下りが小山方面なのでしょうか?

逆の様な気がするのですが、、、。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

両毛線の起点は小山駅です。

一般的には起点駅から発車する列車を下りとしますが、両毛線の場合は逆になっています。
基本的なルールは路線の起点と終点に関係して上り下りが決まりますので、都市の規模には関係ありません。
両毛線は歴史的にいろいろ変遷があって興味深いのですが、その点はさておいて、国鉄時代から東北本線の支線と位置づけられており、東北本線との接続点となる小山駅が起点です。これはJRになった今も継承されています。

一方で、運転上は新前橋発着はなく、全ての列車が上越線を経由して高崎まで乗り入れています。小山では臨時も含めて数本が東北本線の両方向へ直通しています。
また、昔は高崎~新前橋間は両毛線で、その後から上越南線が併設して開通し(両毛線の単線+上越南線の単線という形です)、昭和32年に上越線となりました。
このように、運転上は上越線との関係が深いので、上越線と上下方向をあわせたのではないでしょうか。キチンとした証拠や論拠があるわけではありません。

本四備讃線開通後の高松~宇多津間のように、高松発の岡山方面行きは上りで、四国方面行きは下りの列車番号を持っている例などもありますが、中央本線の名古屋~塩尻間の上下も起点・終点とは逆であるなど、運転上の都合などで逆転している例はいくつか見られます。青函トンネル開通後の江差線や海峡線の旧江差線部分のように上下を逆転させた例もありますね。

新前橋駅で「次は上越線上り高崎行きです。その後に両毛線下り高崎行きとなります。」というのも変な気がしますし、歴史的に高崎側から開通していったので、起点は小山で上下は高崎基準といった政治的な取引もあったのかもしれません。

ちなみに、両毛線は両毛鉄道として高崎~前橋で営業を開始し、小山まで順次開業して全線開通しました。その後一旦日本鉄道に買収され、さらに国有化されています。全て明治時代の話です。
また、支線の起点は本線に接続している駅となりますが、両毛線は小山で東北本線、高崎で信越本線に接続しています。東北本線は東京が起点ですが、信越本線は高崎が起点で東京へは東北本線の支線である高崎線と東京~大宮間の東北本線で接続されています。こうしたことから小山駅が起点となりました。(原則として東京を起点とした本線が優先されます)
本線・支線というのは、日本の鉄道網の骨格となる路線を本線とするとされていたことなどがもとになって区別がなされていましたが、JRになってからはほとんどこの区別は表面に出てこなくなっています。ただし、起点や終点などについては特段の不都合がない限り国鉄時代からのものを継承していますので、国鉄やさらに古い鉄道省などの時代のルールを考えないと、設定基準が理解できません。

お尋ねに対するズバリの回答はできませんが、参考程度にはなるかと思い、回答しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変に丁寧なご回答を有難うございます。

当方の自分なりに調べては見ましたがPAPさんから頂いた内容の答えは得られませんでした。

再度、貴重なお答えを感謝いたします。

お礼日時:2005/04/08 10:45

上りは東京方面に向かっていく電車、


下りは東京から地方に出て行く電車のイメージがあると思います。
今はあるのか分かりませんが昔は上野始発の下り電車の伊勢崎行きや
伊勢崎始発の上り電車の上野行きが運転されていました。
だから高崎方面が上りで小山方面が下りなのではないでしょうか?
両毛線が小山経由で直通で上野に行くような電車があればまた呼び方が変わるのかもしれませんね。

ちなみに小山よりも高崎の方が規模(面積)は大きいですが人口は高崎の方が10万人くらい多いですよ。
まぁ規模が大きいから都会ではなくて東京の方に行くにつれて規模が狭くなっていくような気がしますが・・・
実際に東京なんて面積は関東でも一番狭いくらいですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

伊勢崎発の上野行きの電車が在ったとは、すごく興味深いです。

昔は面白い電車が在ったのですね。今よりもバラエティーの富んでいた気がします。

回答を有難うございます。

お礼日時:2005/04/08 10:41

 考えられる理由としては、上越線が東北線より格下の路線であることから、両毛線は上越線の支線ではなく、東北線の支線扱いとされること、でしょうか。



 ところが両毛線は、小山口より新前橋口からの入り込みが多いので、逆に思われても仕方がないですよね。関西線や紀勢線もこれと事情がよく似ています。
    • good
    • 0

日本国有鉄道線路名称では、起点が小山、終点が新前橋となっていました。

東北線の部の東北本線の枝線、という扱いでした。

現在、両毛線を運行する車両は新前橋車。高崎線と同じ電車区です。なので、両毛線は高崎線の延長、と考えたほうが「現場としては」やり易かったのではないでしょうか?

この回答への補足

小山が起点で新前橋が終点ならば、小山方面が上りだと普通に思いますが、、、。

電車区は小山にも在り、新前橋の電車区よりも大きいと
思うのですが、、、。

補足日時:2005/04/07 10:03
    • good
    • 0

昔は小山方面が上りでした、これは両毛線は東北本線の支線だから、と記憶していましたが、いつのまにか、便宜上なのか高崎方面が上りに変わってしまったのでは。

キロポストを確かめてみますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

キロポストの件、確認をお願い致します。

お礼日時:2005/04/07 10:08

難しいですね。

両毛線みたいな支線は、本線の支線扱いになります。
両毛線は新前橋~小山ですね。
新前橋では上越線。小山では東北本線につながっています。
で、上越線は高崎線の支線(?)高崎線は東北本線の支線で・・・。もう何がなんだか(笑)

前置きはいいとして、こういった両側を幹線にはさまれた支線では、開業ルートによって上り、下りを決めることがあります。
両毛線は1884年に高崎~前橋が開業したのが始まりで、4年後の1888年に小山~足利が開業。そして順次間を開業させていきます。
というわけで、全通したときに高崎側から両毛線が始まったということに敬意を評して、高崎方面をのぼりにしたのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

高崎側から、小山側へ工事を進めて行ったから
工事を始めた方を起点と考えて、高崎方面を
上り方面としたのですね。

納得しました。有難うございます。

お礼日時:2005/04/07 10:12

確かに。



東京~小山:80kmちょっと。
東京~高崎:102.5km。

高崎の方が東京から遠いので
両毛線の高崎方面は下りでは?

と思いまして、
下記リンク参照願います。

参考URL:http://www.japaneseencyclopedia.com/%E4%B8%A1%E6 …路線データ

この回答への補足

歴史的な経緯は大変よく理解出来ました。

ただそのものズバリの答えが載っているのでは
在りませんよね、、、。

補足日時:2005/04/07 10:14
    • good
    • 0

関東地方で運行されているJR在来線は東京駅方面をのぼりにしているからという事のようです。



関東地方ではない場所、例えば大阪近郊ですと必ずしもそうではない場合もあるようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。

お礼日時:2005/04/07 10:29

JRの上下は東京が基準ですよ!!

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q両毛線・わたらせ渓谷鉄道付近の登山・温泉

東京から車で1泊で軽い登山を計画しています。登山と両毛線、わたらせ渓谷鉄道にも乗りたいと思っています。

どうゆうルートでも構いません。両毛線、わたらせ渓谷鉄道沿いでも離れていてもいいので、日帰り登山ができる場所と、できれば温泉などをご存知の方は教えてください。

たとえば、車で足利まで行って、両毛線で○○駅まで行き、あるいて○○山に登る、などです。

急に思い立ち日にちが迫っています。きのうからネットで探していますが、うまく見つかりません。

どうかよろしくお願いします。

夫婦で行きますが、山は初心者なので、手軽に行ける場所をお願いします。

Aベストアンサー

観音山 トータル2時間程度
http://www.kimurass.co.jp/gacchinyama.html
こちらに地図
http://www.city.kiryu.gunma.jp/web/home.nsf/10721ebeb31f439e492568f9002e676c/260971337133887049256b1f000ad2ab?OpenDocument

茶臼山 こちらも2時間程度
http://www35.tok2.com/home/hirokads/hike/tyausu.htm
地図は上のサイトに載ってます。

温泉は赤城方面がいいですね。混浴とかもあるし。
http://higaeriroten.web.fc2.com/gunma_akagi.html
贅沢にいくなら、梨木温泉がいいですよ。
(ただし、前日か当日朝までに要予約で空きがあれば利用できるスタイルです)
http://nashigikan.com/

Q交通状況や新幹線の行き先などで「上り」「下り」がありますがどっちがどこ方面ですか?

交通状況や新幹線の行き先などで「上り」「下り」がありますがどっちがどこ方面ですか?

Aベストアンサー

基本的には東京に近づいて行く方向が「上り」で、東京から離れて行く方向が「下り」になります。
なので関西方面から東京に向かうのと、東北方面から東京に向かうのはどちらも「上り」となるのです。
昔は全ての起点が東京だったのですが、現在は東京以外にも重要都市や空港が起点となっている場合があるのです。
ただ「基本的に」と書いてある通り、必ず東京に向かうのが「上り」となっている訳ではありません
国道の路線を指定する際には、まず、起点と終点が定められます。国道の始まりの地点を「起点」、終わりの地点を「終点」とし、「上り」は起点に向かっていくこと、「下り」はその逆の終点に向かっていくことを言います。
国道の決まりと同じように、高速道路や鉄道でも起点に向かうのが「上り」終点に向かうのが「下り」となっています。
上記の引用にもあるように、昔は全ての起点が東京だったのですが、現在は東京以外にも重要都市や空港が起点となっている場合があるのです。それによって少しややこしく感じますが、「上り」「下り」が分からないときは、どこが起点となっているのか調べれば大丈夫です。

Q小山駅で東北本線から両毛線への乗り換え

小山駅で東北本線から両毛線に乗り換える必要があるのですが
乗り換え時間はどのくらいかかるでしょうか?
走れば3分とかで乗り換えられますか?

普段東京都区内の駅とかで2,3分で乗り換えるのに慣れているのですが
たまたま今度小山で乗り換える必要があり、
乗換検索サイトで調べたところ自分の乗る東北本線の到着の3分後に
両毛線が発車、次の電車は30分以上後ということなので...
もし可能ならその3分後の電車に乗りたいなぁ、と。

乗換にあたって何両目が乗換しやすい等の情報もありましたら
教えていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記の小山駅構内図を参照下さい。
東北線ホームは12.13.15.16番線です。両毛線ホームは6・8番線なので図のピンク色のコンコースを通って「1F両毛線乗り場へ」という矢印のように乗り替えます。走れば3分で間に合うでしょう。
http://www.jreast.co.jp/estation/stations/401.html

Q電車で「上り方面」とかいいますが、どの方面のこと?「上がり」とは何?

電車で、上りとか下りとかよく使われますが、どっち方面が上りなのかとかが分かりません。
田舎から都会に出てくる人の事を「お上りさん」って呼ぶくらいなので、都心に向かうほうが上りなんでしょうか?
また上りとか下りって何故そういう呼び方なんでしょうか?高台に上るわけでもないのに・・。語源とかあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

他の方が言うように、昔は街道のように、中心地から地方へという方向性があったので、それにならって、鉄道でも、中心地から地方へ延びる方向が、わりとはっきりしていたので、上り下りで、方向が決められていましたね。
いまのJRは、東京中心に決められた時代のものが、そのまま使われているわけです。民鉄もそれにならって、都心側から離れる方向を下りにする例が多いです。
さて、それとは別というか、基本的に路線ごとに上り下りを設定するわけですから、どちらが中心といえない例も山ほどあり、鉄道事業者に尋ねてみないとわからない場合もあります。
路線の中央に中心的な町がある場合などですね。それでも、開業時にどちらからどちらに向けて開通したかでその向きで上り下りを決める例もあります。
複数路線をまたぐ形の路線や、都心を通過する路線も、どちらが上り下りか決めがたいので、有名な例では、まもなく会社のなる営団地下鉄のA線、B線という内部での呼び名があります。乗客にはxx方面でしか案内されませんけどね。これは、開業時の開通方向により路線ごとに決めている例です。

京浜急行は、品川が始点でここから出る電車はすべて下りだったのが、地下鉄開業で泉岳寺駅ができると品川へ下り電車が向かうようになりました。

他の方が言うように、昔は街道のように、中心地から地方へという方向性があったので、それにならって、鉄道でも、中心地から地方へ延びる方向が、わりとはっきりしていたので、上り下りで、方向が決められていましたね。
いまのJRは、東京中心に決められた時代のものが、そのまま使われているわけです。民鉄もそれにならって、都心側から離れる方向を下りにする例が多いです。
さて、それとは別というか、基本的に路線ごとに上り下りを設定するわけですから、どちらが中心といえない例も山ほどあり、鉄道事業...続きを読む

Q両毛線115系

両毛線の115系は、休日の昼間は、走っていますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

駅で待っていれば、必ず出逢えますよ。

参考URL:http://ryomo.fan-site.net/

Q小山から高崎へ

両毛線を使って行った方が早いのか、それとも宇都宮線、大宮乗換えで高崎線のほうが早いのか教えてください。
運賃は問いませんが特急や新幹線はなしです

Aベストアンサー

両毛線の方が早いようです。

小山~高崎 両毛線で19駅 所要時間109分

小山~大宮~高崎 
(小宮~大宮 11駅 49分、大宮~高崎 17駅 78分)
乗り換え時間無しとして所要時間 127分

両毛線をご利用された方が最低18分は早いかと思われます。

Q両毛線の前橋駅近くで空いている月間決めの駐車場を知りませんか?

両毛線の前橋駅近くで空いている月間決めの駐車場を知りませんか?

Aベストアンサー

今空きがあるのは一番近くて駅まで徒歩12分の場所です。
12000円ですが。
アットホームで聞いてみてください。

Q大宮から小山に行く場合に、宇都宮線では無く、高崎線

大宮から小山に行く場合に、宇都宮線では無く、高崎線で新前橋から両毛線を使って小山に行ってもよいのでしょうか?

Aベストアンサー

大宮駅で乗車券類を最短距離の宇都宮線経由で買っても以下の条件を満たすならそのような大回り乗車は可能です
・経路に新幹線を含まないこと
・経路の途中で途中下車(列車を降りるのではなく 改札を出ること)をしないこと
・後戻りをしないこと、
・乗車券の日付の終電車までのその行程を終えること。(終電車が出ちゃったので 途中下車 と言う手もダメ)
http://www.jreast.co.jp/kippu/1103.html
理論上は 新前橋経由の乗車券も有人窓口でなら発行できるのですが それでも「東京近郊区間内相互発着」になり途中下車ができないためまったくメリットがありません。

途中下車を行いたい場合は それぞれの区間ごとに乗車券を買うか、あるいは高崎までの区間で一部でも新幹線の乗車を入れて新前橋経由の乗車券とすれば 途中下車可能、有効期間2日間となります

Q両毛線について。

両毛線について教えて下さい。
なぜ高崎方面が上りで、小山方面が下りなのでしょうか?

どう考えても、小山(栃木県方面)方が規模も人口も高崎(群馬方面)よりも大きいのになぜ、上りが高崎方面で、下りが小山方面なのでしょうか?

逆の様な気がするのですが、、、。

Aベストアンサー

両毛線の起点は小山駅です。一般的には起点駅から発車する列車を下りとしますが、両毛線の場合は逆になっています。
基本的なルールは路線の起点と終点に関係して上り下りが決まりますので、都市の規模には関係ありません。
両毛線は歴史的にいろいろ変遷があって興味深いのですが、その点はさておいて、国鉄時代から東北本線の支線と位置づけられており、東北本線との接続点となる小山駅が起点です。これはJRになった今も継承されています。

一方で、運転上は新前橋発着はなく、全ての列車が上越線を経由して高崎まで乗り入れています。小山では臨時も含めて数本が東北本線の両方向へ直通しています。
また、昔は高崎~新前橋間は両毛線で、その後から上越南線が併設して開通し(両毛線の単線+上越南線の単線という形です)、昭和32年に上越線となりました。
このように、運転上は上越線との関係が深いので、上越線と上下方向をあわせたのではないでしょうか。キチンとした証拠や論拠があるわけではありません。

本四備讃線開通後の高松~宇多津間のように、高松発の岡山方面行きは上りで、四国方面行きは下りの列車番号を持っている例などもありますが、中央本線の名古屋~塩尻間の上下も起点・終点とは逆であるなど、運転上の都合などで逆転している例はいくつか見られます。青函トンネル開通後の江差線や海峡線の旧江差線部分のように上下を逆転させた例もありますね。

新前橋駅で「次は上越線上り高崎行きです。その後に両毛線下り高崎行きとなります。」というのも変な気がしますし、歴史的に高崎側から開通していったので、起点は小山で上下は高崎基準といった政治的な取引もあったのかもしれません。

ちなみに、両毛線は両毛鉄道として高崎~前橋で営業を開始し、小山まで順次開業して全線開通しました。その後一旦日本鉄道に買収され、さらに国有化されています。全て明治時代の話です。
また、支線の起点は本線に接続している駅となりますが、両毛線は小山で東北本線、高崎で信越本線に接続しています。東北本線は東京が起点ですが、信越本線は高崎が起点で東京へは東北本線の支線である高崎線と東京~大宮間の東北本線で接続されています。こうしたことから小山駅が起点となりました。(原則として東京を起点とした本線が優先されます)
本線・支線というのは、日本の鉄道網の骨格となる路線を本線とするとされていたことなどがもとになって区別がなされていましたが、JRになってからはほとんどこの区別は表面に出てこなくなっています。ただし、起点や終点などについては特段の不都合がない限り国鉄時代からのものを継承していますので、国鉄やさらに古い鉄道省などの時代のルールを考えないと、設定基準が理解できません。

お尋ねに対するズバリの回答はできませんが、参考程度にはなるかと思い、回答しました。

両毛線の起点は小山駅です。一般的には起点駅から発車する列車を下りとしますが、両毛線の場合は逆になっています。
基本的なルールは路線の起点と終点に関係して上り下りが決まりますので、都市の規模には関係ありません。
両毛線は歴史的にいろいろ変遷があって興味深いのですが、その点はさておいて、国鉄時代から東北本線の支線と位置づけられており、東北本線との接続点となる小山駅が起点です。これはJRになった今も継承されています。

一方で、運転上は新前橋発着はなく、全ての列車が上越線を経由し...続きを読む

Q上り下り

教えてください。
最近電車を利用することが増え時刻表を検索していて気づいた事があり、
電車やバスで登り下りと時刻表にありますが、何を基準に上り下りがあるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

定義を一言で言えば、鉄道も道路も(さらに言えばバス路線や航路等も)起点と終点が明確に定められており、起点→終点の向きが下り、その逆が上りです。これは古くから首都(江戸時代までは京都、明治以降は東京)に向かうことを「上る」と表現(「お上りさん」「上京」などの表現がその名残です。ちなみに「下らないもの」とは江戸時代の京都・大阪を経由していないすなわち「下ってない高級品でない物」を意味する俗語です)していたものを流用したものです。日本だけでなく、イギリスなど多くの国に同じような考え方があります。

で、起点の設定の仕方は概ね以下のようになりますので、大多数のケースでは「東京へ向かうのが上り」と考えて差し支えありません。
しかし、関西などでは京都から大阪へ向かうのが「下り」になるなど、直感的な状況と異なるケースがあり、上り下りだとかえってわかりにくいので、基本的にはあまり使用されません。JR西日本では原則旅客への案内では「上り」「下り」を使わずに「京都・東京方面」など主要地を使った方向の案内となります。
ラジオの道路情報でも同じで、こちらは一瞬の勘違いが生じれば致命的なので、地元向けは極力上り下りは使わず、全国的な道路は逆に上り下り(よそ者は方角や地名だとわかりにくい場合がある)を含めて案内します。(例 阪神高速湾岸線北行き、神戸線西行き、近畿道北行き、新御堂南行き、国道26号南行き、中国道岡山へ向かう東向き、名神高速京都へ向かう上り線は高槻バス停を先頭に○キロの渋滞、名神高速名古屋に向かう上り線は滋賀県の栗東で○キロの渋滞、国道1号京都へ向かう上り線は天の川で○キロの渋滞)

・東京又は東京周辺と各地を結ぶ路線は東京又は東京周辺側が起点(例 東京-神戸の東海道線は東京が起点)
・東京へ結ぶ線と接続して各地へ結ぶ線はその接続点が起点(例 東海道線と接続して九州方面へ連絡する山陽線神戸-門司は神戸が起点)
・上記路線から分岐する路線は分岐駅が起点(分岐駅・交差駅が複数ある場合は、歴史的経緯、東京への距離等を勘案してどの路線から分岐したと決めるが、JRのように路線数が多い場合、最初に路線群をグループ分けしている場合もある。 例 東海道線から分岐している(東海道線グループの)山手線(正式な区間は品川-田端)は品川が起点(乗客用の案内はご存知のように上り下りで案内せずに内回り○○方面などと案内)、同じく東海道線から分岐している鶴見線は鶴見が起点、その鶴見線の本線から分岐している海芝浦へ向かう支線は分岐駅の浅野が起点)
・他の路線と全く接続していない場合、その路線を利用して東京へ行く場合に東京へより近い側、空港・港等のの他交通ターミナルに近い側、より大きな都市にある側が起点
・他の路線と全く接続していなくて、上記の判断が難しい場合、建設を始めた場所が起点、単により東や北が起点などとする。(※地下鉄や都市交通の一部は最初からより東または北にある駅を起点とすることが多い)

定義を一言で言えば、鉄道も道路も(さらに言えばバス路線や航路等も)起点と終点が明確に定められており、起点→終点の向きが下り、その逆が上りです。これは古くから首都(江戸時代までは京都、明治以降は東京)に向かうことを「上る」と表現(「お上りさん」「上京」などの表現がその名残です。ちなみに「下らないもの」とは江戸時代の京都・大阪を経由していないすなわち「下ってない高級品でない物」を意味する俗語です)していたものを流用したものです。日本だけでなく、イギリスなど多くの国に同じような考え...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報