空気を100Lの金属容器に封入(相対圧ゼロで)します。
容器の一部に取り付けたシリンダーによって内部を加圧し
相対圧力1000Paまでの増圧を約1秒間で行われました。
(ストンとシリンダーを押すような動作で)
容器には温度計と圧力計センサが設けられているので、温度・圧力変化を
モニターできます。(圧力分解能1Pa,温度分解能1℃)

この時、圧力は相対圧0から1000Paに急激に変わりました。
温度は1℃以上の温度変化が認められません。
(室温は一定に制御され、分解能以下と推測)

 その後圧力の記録を続けると 1000Paに増圧した後、約1分間で200Paの減圧
(800Pa)が発生します。 その後は圧力も温度も一定を保ちます。
 容器はガス透過しない材質で作られ その後の圧力低下も見られない事から、
「漏れによる減圧」では無いように考えられます。
  同様に減圧を行った場合も減圧直後に1分間の不安定(今度は増圧)時間帯
 があるようです。 この現象は理論的に説明できるものでしょうか?
困っています。 よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

手抜き回答で、よくご理解戴けなかったようです。

申し訳ない。

確認です。「1000Paに増圧した後、約1分間で200Paの減圧」とは「圧縮後1分経過したとき、大気圧より800Pa高い圧力であった」と解釈しましたが、それで良いんですよね?(よもや「大気圧より200Pa低くなった」という意味じゃないでしょ?)

どういう目的の実験だかよく分かりませんが、ただの高校の理科の実験じゃなさそうですね。乾燥空気を800Paまでゆっくり等温圧縮した場合と同じ体積変化になっているのなら温度変化によるものと考えて良さそうです。

ガスの圧力が低いので理想気体と考えて問題ないでしょう。すると
(1)断熱圧縮ではP(V^γ)が不変です。(ポアソンの法則。V^γはVのγ乗。)ただし、γ=Cp/Cv>1、ここにCpはガスの定圧比熱、Cvは定積比熱です。理科年表によると摂氏20度の乾燥空気ではγ=1.403です。
(2)PV∝T (ボイル・シャルルの法則。∝ は比例を表す。温度Tは絶対温度[K°]です。)
が成り立つ。
 これらを使って、体積変化から予想される圧力と温度の変化が計算できる。

 筋書きとしては、急激に圧縮した(断熱圧縮)ことによって、(1)に従って圧力が体積の1.4乗に反比例して上昇し、このとき(2)によって温度は体積の0.4乗に反比例して上昇します。しばらく待つ内にガスの温度は室温にまで低下し、従って(2)によって圧力が低下します。

 しばらく待った後の状態は、温度を一定に保ったままゆっくりと圧縮したの(等温変化)と同じ結果になっている筈ですね。等温変化ではPV=一定だから、圧力Pが1.008倍になったということは、体積Vは0.992倍になったに違いない。

 急激に圧縮したときにはP(V^γ)が一定なので、圧力は(1)に従って(0.992^(-1.4))≒1.011倍に上昇したはず。ゆえに(2)によって、温度は (0.992^(-1.4))0.992 = (0.992^(-0.4))≒1.003倍になった。元の温度が室温≒300Kですから、温度上昇は1度ぐらいという計算になります。

 実際に測定された圧力上昇は1割少ない(1100Paではなく1000Paだった)様子。この食い違いがどこから来たかと言うと、一番疑わしいのは熱伝導がやたらに良いヒートパイプを使っていることです。ガスの温度はすぐに下がってしまう。なお、温度計も熱容量があるので、温度上昇にすぐには反応しない。だから温度上昇は1度より少なくなりますね。

 実験の目的が分からないので何とも言えませんが、まずはヒートパイプをやめて熱伝導の悪い素材にするだけでもっと綺麗なデータが取れるでしょう。それに温度計の温度分解能はもう一桁か二桁必要ですね。

 というわけで、この現象は綺麗に説明がつきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> 手抜き回答で、よくご理解戴けなかったようで・・
#とんでもない! 理解不足は当方の・・
 丁寧に詳細部分まで説明頂き かたじけないです。
>大気圧より800Pa高い圧力であった」と解釈しましたが、それで良いんですよね?
#その通りです。 
>というわけで、この現象は綺麗に説明がつきます。
#ご指摘が正しいと思います。
この実験は遊びで行っているわけでは無いのですが、私にとっても今までに無い、
微圧制御計測の依頼に答えるため試行錯誤を繰り返していました。
「1000Paをシリンダで・・」と表現しましたが わかりやすくするのが目的で
実際は絞り弁を徐々に開いて常温の高圧空気を送り込んでいました。
(パイプはそのラインが容器環境温度と同じになる目的で・・)
1000Paの増圧以外にも1500Paの増圧や2000Paの増圧も行っていましたが、
増圧の時間が一定でない事,温度計の分解能が不足している事,容器の熱伝導
(交換)が不明な事でPV=RT式 だけでは片つかない気がしていました。
こうして ご意見を伺い再度整理する事で問題点が明確化でき、助かりました。
 ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/09 15:50

圧力計がもの上等の割に、温度計が情けない。

そういう実験であるように思われます。
一気に圧縮して10hPaだけ圧力を上げて大気圧(約1000hPa)より1%だけ高くした(1.01atmに上げた)んですね。断熱圧縮したんだからシリンダー内のガスの温度が上昇します。
圧縮直後のガスの温度は0.x K°上昇した状態で1.010atmであり、放置するうちに熱が外に漏れて温度が下がることによってガスが収縮し、1.008atmへと圧力低下が生じたのだと考えられます。
ごく僅かな圧力変化ですから、温度変化も小さいですけど上昇分は 室温[K°]×( 1.010/1.008 -1) ≒ 300×0.002 = 0.6[C°]程度と見積もられます。辻褄が合うようですが?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>温度計が情けない。
おっしゃる通りと・・・
pt100を使い加圧空気ラインにアルミ熱交換パイプ等考慮したつもりでしたが、
改めて考えると最初から有った空気は室温から加圧によって上昇していますし、
ケースに封入された白金抵抗体は熱容量がそこそこあるので、細線のタイプで
温度計を見直さないと この沼から抜け出せそうになさそうです。
 気にはなっていても、つい目をそらしていた部分なので もう一度設備の
見直しから行ってみます。
 ありがとうございました。
・・・でもこれ以外に無いのでしょうか・・・(くどいですね・・。)

お礼日時:2001/09/08 20:02

ryoutakaさんへ


しかし微少なところ(条件)で実験されてますね。
実験装置を実際に見たわけではないので、確証はありませんが、思いついたところだけ...
1.再現性は取れましたでしょうか?
2.リークの可能性は無いように思われますが、パッキン等が何らかの弁の作用を示していませんか?
3.相対圧力で記述していますが、実際に相対圧力を測定されているのでしょうか?
そうすると外気圧の影響を受けるように思います。

まあ、こんなところでしょうか。とりあえず参考程度に

この回答への補足

>1.再現性は取れましたでしょうか?
#再現は確実にあるようです。 微妙な差はありますが、1000Paに加圧と
2000Paに加圧もほぼ同量の圧力降下が見られます。
実は負圧-2000や-1000Paも行うのですが、今度は正圧側への変化が認められ
??悩んでいます。

>パッキン等が何らかの弁
パッキンに実はガス透過性の怪しいもの(シリコンシール)を用いていたので
高真空グリスを塗っています。ここが原因なのかも??

> 3.相対圧力で記述していますが、実際に相対圧力
相対圧力を測定しています。 大気圧の変動も重要なので大気圧計と別の密閉容器の相対圧(大気圧計はレンジが大きいので・・)も測定し大気圧変動の少ない時間のデータを採取しています。

通常圧の試験では悩まないのですが1Pa単位の計測をすると不思議な現象に悩まされています。 (涙。。

補足日時:2001/09/08 19:28
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

グラスウール λ 0.036-0.052 W/mk
空気 λ 0.02 W/mk

なぜ空気より熱を伝えやすいグラスウールの方が部屋が温くなるのでしょう?

Aベストアンサー

グラスウール自体に保温性が有る訳じゃありません。
グラスウールの中に抱え込まれて、対流できないようにされた空気の層で、保温しているんです。
発泡スチロール(スチロール樹脂を発泡させて閉じ込めた空気)、プチプチシート、ダウンベスト(水鳥の綿毛が抱え込んだ空気)などみな同じ原理です。

Q圧力容器の形状(負圧)

負圧で使う圧力容器の形状、円筒か、角型どちらが適しているのでしょうか。
正圧ならば円筒形が適していますが、負圧でもそうなのでしょうか。
円筒なら、直径1.2m 長さ1.5m
角型なら、一辺が1.2mの立方体
マイナス0.8気圧で使用します。
角型のほうが設置面積に対して容積が大きくなるため、作業効率がよくなり、しかも部品の取り付けや、加工がしやすくなるので、角型のほうが気に入っているのですが、周りからお前は馬鹿かと言われています。

Aベストアンサー

内部補強が可能であれば角型でも問題のない圧力です。
水深2mと同じ外圧です。
内部補強が可能なら6mmの鉄板、内部補強が不可能なら10mmの鉄板くらい鉄板で耐えると思います。
現実的には6mmの鉄板でも耐えますが安全率を考慮する必要があります。
計算ではありません圧力タンクの製造経験の目安ですから製作に当っては専門家に設計を依頼することです。

Q熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率の大きな物質(例えば銅、アルミニウム、鉄、・・・など)は電気伝導率も大きく、
熱伝導率の小さな物質(例えばアスベスト、ガラス、発泡スチロール・・・など)は電気伝導率も小さい。
これは常に成り立つのでしょうか。
またこの熱伝導率と電気伝導率の関係性は物理的に解明されているのでしょうか。
 

Aベストアンサー

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている)、相当量米国から輸入されているはずです(米国の一企業の独占)。次にAlNとかSiCが絶縁材料で熱伝導率が高いため注目されていますが、AlNは熱膨張係数が若干小さいこと、SiCはご存じ半導体でBeOを添加して絶縁性を得ていましたが(開発当時は、日本の世界的発明ともてはやされました)、それでもAlN以上に電気特性が良くないこと、それとやはりBeOが問題となり今はあまり使用されていないはず。最初の方がお答えになったダイヤモンドは熱伝導、絶縁性ともに極めて良好ですが、熱膨張係数があまりに小さすぎ、半導体とのミスマッチがひどく、大型チップへの対応ができないため、その用途は極めて限られてているはずです。

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている...続きを読む

Q容器内真空圧力 -26.7Kpa とはどのくらい?

容器内真空圧力 -26.7Kpa とはどのくらい?

食品の真空保存容器の容器内真空圧力が -26.7Kpa と書いてあったのですが、これはどのくらい酸素が薄いのでしょうか?富士山の山頂よりも薄いですか?また、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%A9%BA#.E7.9C.9F.E7.A9.BA.E3.81.AE.E9.A0.98.E5.9F.9Fの真空の領域の欄では
領域 英語名 圧力範囲 地上からの距離
低真空 Low Vacuum 100Pa以上 地上~約60km
中真空 Medium Vacuum 100~0.1Pa 約60km~約90km
高真空 High Vacuum 0.1~10-5Pa 約90km~約250km
超高真空 Ultra-high Vacuum 10-5Pa以下 約250km~

のどれに該当しますか?できれは超高真空であればうれしいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大気をその圧力まで減圧したのなら酸素の含有率に変化はありません
約20.7%です
中身を他の気体と置換しなければいくら減圧しても百分率は変わりません
酸素の絶対量は一気圧の時の約75%です
富士山の七合目くらいでしょうか

どれくらいの圧力かは前の方がかいておられますね

Q金属の熱伝導率

金属の熱伝導率を調べております。
黄銅より銅の方が、熱伝導率が高く熱を伝わりやすい事は分っているのでが、逆に冷めるのは熱伝導率が高いと放熱しやすい(冷めやすい)のか教えて下さい。

Aベストアンサー

熱の移動には、伝熱、対流、放射が有ります。
熱伝導率は同じ材質内を熱が伝熱する場合の係数です。
金属から空気に熱が移動する場合は次の通りで、熱伝導率は直接には関与しません。
・放射:NO.1様のご説明によります。
・伝熱:金属と空気間の<熱抵抗>という係数が関与します。
・対流:空気側の対流によって金属と接している空気の温度が下がり、伝熱も増えます。
対流には<熱伝達率>という係数を使います。

Q密閉容器内における水の温度変化による圧力変化について

体積が変化しない密閉容器に、ゲージ圧で100KPaになる様(気相部なし)温度60℃の水を入れた後、温度が20℃まで低下した。
この時の容器内の圧力変化は、どのように求めればよいでしょうか?

Aベストアンサー

体積(内容積)変化のない容器に60℃の水を入れ20℃まで温度が低下したら、何が起こるか。
単純に水の体積が減りますよね。
残りに気相部分ができますが、そこは20℃の水の飽和水蒸気で満たされています。
ですから気相の体積に関係なく気相(及び気液表面)の圧力は20℃の水の飽和水蒸気圧に一致する筈です。
水の底の方の圧力は気相の圧力と水深に比例した20℃の水の密度から計算できます。

Q熱伝導率 わかりやすく教えてください。

熱伝導率が 高いということはどういうこと、望ましい時はいつ。
熱伝導率が低いということはどういうこと、望ましい時はいつ。

手をあてて、あったかく感じる時は、
熱伝導率が低いということはなのでしょうか?

例をあげて、わかりやすく教えて。

Aベストアンサー

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは、ウールの熱伝導率が低いからだ」と考えているのならこれは中々に微妙です。

もちろん『セーター』の熱伝導率が低いため、人の体温が外気に奪われにくくなるので暖かいという事になります。また『ウール』自体の熱伝導率もそれなりに低いと思います。
ところが、実は『ウール』そのものよりもウールの間に捕らえられた『空気』の熱伝導率が低い事の方がセーターの暖かさの秘密だったりします。
例えば北国でガラス窓を二重にしたりするのは、間に(熱伝導率の低い)空気の層を作る事によって、室内の熱が外へ逃げないようにする工夫だったりします。

そういった事に注意しさえすれば、触ってみた感じから熱伝導率を大雑把に比べる事も出来るだろうと思います。

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは...続きを読む

Q密閉容器中の温度と圧力

密閉容器に水が半分入っている時(残りは空気)、100℃まで加熱すると中の圧力は約1kgf/cm^2(ゲージ圧)になると思うのですが、常温時にすでに1kgf/cm^2(ゲージ圧)加圧した状態で100℃まで加熱するとどうなるのでしょうか。

Aベストアンサー

重ねて記載させていただきます。
補足の質問の(1)、(2)共に、正解です。
(3)の回答ですが、1Kgf/cm2は、やっぱり1Kgf/cm2です、どうしてこのような思い違いが起こるかと言いますとゲージ圧力は相対圧力だからです。絶対圧力で考えてみられると判ると思います。
それと、自動車のラジエーターキャップの原理についてですが、水も温度上昇に伴って膨張するので、もし、完全密閉容器だととんでもなく圧力が上昇し容器は破壊すると思われます。飽和蒸気圧の考え方については液相と、気相が同時に存在する時点での考え方であって、ラジエーターのように液相しか存在しない状態での圧力は飽和蒸気圧ではなく、液体の体積膨張率によって定まります。

Q熱伝導率について

現在、熱伝導率について勉強しているのですが、薄膜について考えていたら詰まってしまたため、お教えください。

例えばφ10mm, 長さ10mmの円柱があるとして、その熱伝導率が100W/mKとします。
この円柱側面に熱伝導率が500W/mKの材料を1μmコーティングしたとします。
この時、コーティングされたAの熱伝導率を求めるための理論式に確証が持てません。

私は単純に、熱抵抗R = l /λA(lは長さ、λは熱伝導率、Aは断面積)とおいて、円柱と膜(厚さ1μmの筒)の合成抵抗、1/R合=1/R1+1/R2として考え求めたのですが、この合成した熱抵抗と未処理の円柱の熱抵抗との比をとると限りなく1に近い値となりました。つまり、1μm程度では熱伝導率への影響はないという結果となってしまいました。

しかし実際は薄膜により熱伝導率が向上したというような話をよく聞きます。
おそらく私の考え方(計算方法)が間違っていると思います。

ご指摘いただけると幸いです。以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3次元の熱伝導率を計算したことがあります。通常の数値解析では薄膜部分にメッシュを切るのが極めて困難(ほしい情報は薄膜内部と直下の基材部の温度分布)なため(薄膜が基材に比べあまりにも小さいため)相当工夫をしないと計算できませんでした。ただ、少なくとも定常熱伝導の場合は薄膜による温度分布は考慮する必要がないことを確かめています。
ただし、実際にこのような基材を加熱して表面温度を測定すると、被覆の有無でその温度は有意な差がでるということは、わりとよく知られて事実で、よく被覆したことによる熱伝導率変化と間違えられる方が多数いらっしゃいます。
小生は、この現象は、被覆したことによって、表面の輻射率がかわり、周囲との輻射による熱の授受に大きな差が出てくるためと考えております。

熱伝導という現象はマスが重要なため10mmΦにたいし1μというマスではまず影響がでないというご質問者の回答は正しいと思います。

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3...続きを読む

Q福島2号機圧力容器内の圧力の変化

福島2号機圧力容器のなかにどんどん水を入れているようですが、
現在、圧力容器の中の圧力はどの程度なのかの数値は発表されていますか?
1気圧という話もありますが、
もし、1気圧なら、水の粘性を考えると、注水する管の直径よりも大きな穴が開いていると
考えるのが妥当でしょうか?
福島2号機圧力容器の中の気圧の変化を確認できる資料はどこかにありますか?

Aベストアンサー

2号機の現状から見れば、圧力容器は既に壊れて中身が流れ出ていますから
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aTpvXNqJMlCk
物理学の知識を持っている人であれば当然予想していたことですが、燃料棒が崩れて原子炉底に溜まって瞬間的な臨界状態を繰り返すことで厚い圧力容器でも時間が経てば穴が開くことが既に起きていると考えられる。

東電と日本政府は確認できていないことは、混乱を避けるために報告はしないという一貫した方針を取っていますから、そのような認識は持っていないと言い張るでしょう。
昨日のテレビ番組で原口議員は極秘で公にできないことがあることを認めています。
これからさらに格納容器のさらなる損傷が起きないことを祈るばかりです。
原子炉事故は収まりつつあると言えるような状態ではなく、さらに進行していると見るべきです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報