一般廃棄物焼却灰埋立地から出る水の処理をしている者です。処理水を流している川から水が入っている溜池に、重金属等の環境汚染物質が蓄積されるのではないかという質問をされました。
 皆さんはどのようにお答えされますか?
 私は、軽率にも、「重金属は水に溶けた状態で存在する割合が大きいので、大部分は水の流れと一緒に流れていくのではないか」と答えてしまいました。間違っていますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

埋立地(最終処分場)に関しては国や各自治体の条例によって浸出液処理水の基準値が決められています。


処理を担当する以上それらを熟知し、基準を満たしているか常に監視しなければなりません。
基準値以下であれば重金属などの環境汚染物質が溶けていようがいまいが排出量は極めて筈で、国や自治体の基準値を満足していると説明すべきです。とは言えゼロではなく、長期間には生物に取り込まれるか、他の物質と共に沈殿し「底質」中に蓄積される可能性はあります。(海・湖沼・河川などの底にある堆積物を専門用語で底質と言います) 自治体は環境調査の一環として底質の分析しているので観測点に加えてもらうか、自ら分析機関に依頼してデータを持つことが自らも安心し、付近の住民にも安心して貰うために役立ちます。もし、底質表層で環境汚染物質濃度が高ければ濃縮・沈殿した可能性があるので専門家に調べてもらうべきです。

基準例
宮城県産業廃棄物処理施設の構造に関する基準
http://www.pref.miyagi.jp/haitai/reiki/H17%E6%A7 …
群馬県廃棄物処理施設の構造及び維持管理等に関する基準
http://www.pref.gunma.jp/d/07/sanpai_jouhou/gp06 …

文献例
野尻湖底表層堆積物におけるマンガン、銅、鉛、亜鉛の挙動
http://www.gsj.jp/Pub/Bull/vol_40/40-03_01.pdf
底泥中重金属濃度からみた湖山池の底質環境について
http://muses.muses.tottori-u.ac.jp/dept/S/plan/y …
底泥中の重金属濃度の分布特性について
http://muses.muses.tottori-u.ac.jp/dept/S/plan/n …
    • good
    • 0

追加として


有機部つが存在する場合は
溶液状態→沈殿 の反応はほぼ溶解度積に支配されるような通常の沈殿反応で行われます。
ところが逆の
沈殿→溶液状態の反応はかなり遅い反応です。というのは.生成した沈殿に対して特定の面の成長を促すような有機物の膜ができます。この膜に保護されて「特定の面」以外の面からの溶出が押さえられてしまうのです。戦争前後にこの内容は良く研究されていましたが.最近見かけません。保護コロイドの内容は良く報告されますが.保護コロイドが存在する環境でのコロイドの溶解についての報告が余りありませんので.書いておきます。
    • good
    • 0

>一般廃棄物焼却灰


より.主要集金属は.プラスチックに添加されている鉛・カドミ・水銀・砒素...。
>重金属は水に溶けた状態で存在する割合が大きい
は間違い。「重金属は.二酸化炭素と反応してコロイド状に存在する」。理由として.炭酸塩-水酸化物の溶解度を考えるとpptレベルしかph8-6の間では存在しませんから(金属によって多少異なるので.該当phにおける炭酸濃度・水酸化物濃度から溶解度積を計算してください)。

>大部分は水の流れと一緒に流れてい
について.不明。池の平均滞留時間と混合率を考慮する必要があります。「皮の水」に硫化物が混ざっていると.硫化物として沈殿しますから(一部池で多重層を構成して.硫化水素濃度が高い部分がありますから)。

次に.生物濃縮で100-10000倍あります。完全攪拌曹とかんが得てもかなりの濃縮が予想されます。例として.畜産廃棄物廃液出口から下流50mほどの区間の植生は大きく変化しますから。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンガン電池の中身は二酸化マンガン?酸化マンガン?

40年程前にマンガン電池の構成物に二酸化マンガンと記憶していた。最近高校科学の本を読むと酸化マンガンとなっていた。二つは別のものと承知しています。会社、時代によって変化してきたのか?マンガン電池は2種類あるのか?酸化マンガンという言葉がこの程度の内容では二酸化マンガンの代名詞となっているのか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1w-palaceさんの通り、「酸化マンガン(IV)」と表記されているはずです。最後の"(IV)"は省略して言いよと言うカッコではありません。酸化マンガン(IV)でようやく一つの物質を表せます。
括弧内のローマ数字はマンガンの酸化数を表しています。

なお40年前でしたら、FeOを「酸化第一鉄」、Fe2O3を「酸化第二鉄」、CuOを「酸化第二銅」などの呼び方をしていたと思いますが、現在ではどちらも不適当な呼び名です。金属の酸化数を表す方法で順番に酸化鉄(II)、酸化鉄(III)、酸化銅(II)と表記するのが正式です。
これは「第一ナントカ」と言っても、金属の種類によってその価数が違っているため、統一性に欠けるためです。

Q水質測定で、ヘキサン、窒素、リン、重金属など

今、職場の方で勉強をしているのですが。
1:ヘキサン、窒素、リン、重金属など測定しなければいけないのか?2:もしそれぞれの、測定物資はどの様に出て出来るのか?
3:その物質の値が高いとどの様な影響が有るのか?
4:し尿処理施設と、表面処理施設で、測定項目が違うのか?
質問が多くて申し訳ないのですが、出来れば誰でも解るような解答が欲しいので宜しくお願い居します。

Aベストアンサー

>質問が多くて申し訳ないのですが、出来れば誰でも解るような解答
無茶を言わないように。すべてを書けば、職場だと大学生レベルでしょうから本だと50冊は読んでもらわないと。小学生レベルでも、50ページくらいになるのでは。もっとも、小学生では「重金属」といっても理解できないので・・・。

1 >測定しなければいけないの
意味不明ですが、どのような項目を、というご質問なら、上水道水、下水道水、あるいは湖沼などには、基準があります。その他に、工場排水に排水基準があり、都道府県によっては上乗せ、横乗せ基準と言われているものもあります。なぜ測定するのか、というのなら、濃度が高いと危ないから、としか答えようが。
2 これも発生源というのなら、いろいろ。工場だったり、農薬だったり。鉛はガソリンの添加剤として使われていました。
3 これもいろいろ。重金属としては水銀やカドミウムが有名ですが、毒性は全くことなります。水銀でさえ、無機のものは腎臓に、有機のものは神経系に毒性がでます。メチルアルコールとエチルアルコールのように、メチル基とエチル基の違いだけでも、毒性は大きく変化することがあるので、化合物一つ一つをチェックしないと。
 臓器の方から見ると、水溶性のものは肝臓や腎臓に毒性が出やすい、脂溶性のものはその他に血液-脳関門や血液-胎盤関門を通過します。その他に、皮膚から透過もあります。気体の場合は、肺に影響しやすいのですが、この場合は、その粒子の大きさが最も影響します。
4 表面処理施設は知らないのですが、目的や問題になりそうな化合物は違うので、適用される法律も違うと想います。そうだと、法律による測定項目も基準も違うのは当然です。たとえば、河川の環境基準は、河川の重要度などによって異なります。たしか、AA~Eまであったと記憶しています。

 なお、水質に窒素という項目はありません。亜硝酸性窒素は水道法にありますが、窒素とは別の化合物です。窒素がなぜ対象外なのか、そこから勉強を始めてください。それが理解できないようだと、単に丸記憶するだけの学習になります。
 勉強されている過程で理解ではきないことを絞って書き込まれるのなら、毒性学を専門にしていますので、お手伝いできるかもしれません。

>質問が多くて申し訳ないのですが、出来れば誰でも解るような解答
無茶を言わないように。すべてを書けば、職場だと大学生レベルでしょうから本だと50冊は読んでもらわないと。小学生レベルでも、50ページくらいになるのでは。もっとも、小学生では「重金属」といっても理解できないので・・・。

1 >測定しなければいけないの
意味不明ですが、どのような項目を、というご質問なら、上水道水、下水道水、あるいは湖沼などには、基準があります。その他に、工場排水に排水基準があり、都道府県によっては上...続きを読む

QMnO2(二酸化マンガン)について

高校3年の化学の家庭教師をしているものです。

よく触媒として用いられる二酸化マンガン。
教科書によってはMnO、または、MnO2と明記されているそうです。わたしも詳しいことは分からないので、教えてください。お願いします☆☆☆

Aベストアンサー

教科書にMnOと書かれているのでしたら、それはミスでしょう。
高校レベルで、MnOの触媒作用について議論するはずがありません。

ただし、実際に、MnOが触媒作用を示すかどうかはわかりません。
過酸化水素の分解は非常に進みやすい反応ですので、MnOの作用によって進むかもしれませんし、進まないかもしれません。
はたまた、No.4のご回答のようにMnO2に酸化されてそれが触媒作用を示すかもしれません。
また、こうした結果はpHの影響を受けるかもしれません。

ただ、こうした議論は高校生の化学には関係のない話であり、現実がどうであったとしても試験でMnOと書けば誤答とされる可能性が高いと思います。

いささか歯切れの悪い回答ではありますが、実際に実験して確認することができないのであれば、現実的な対応をせざるを得ないと思います。

Q活性炭はなぜヒ素などの負電荷を持った重金属を吸着す

活性炭が農薬などの疎水性が強い汚染物質を吸着するのはわかるのですが、
なぜ、ヒ素などの水溶解性の高い(それに負の電荷!)汚染物資を吸着するのでしょうか?
その機構を教えてください。

Aベストアンサー

ヒ素は水に溶存している場合、亜ヒ酸イオンかヒ酸イオンの形となっていますが、ご質問の通り、これらそのものは活性炭には吸着されにくいです。

しかし、これらは天然水中にありふれた物質であるカルシウムやマグネシウム、鉄、イオウなどと容易に難溶性塩を形成して析出するため、現実には活性炭である程度、除去されてしまうことが多いのです。

但し、析出度合いはpHや水温、共存物質によって大きく変わりますので、ヒ素の残留上限を定めた処理を活性炭だけで行うのは、よほどこれらの条件が安定していない限り無理です。

Q二酸化マンガン+過酸化水素水で酸素を作った際の

二酸化マンガン+過酸化水素水で酸素を作った際の、過酸化水素はかなり薄めますが、高濃度で行うと、どうなりますか?実験したら危険でしょうか?濃度24%程度の場合はどうなりますか?

Aベストアンサー

まず、24%の過酸化水素水は発売されていないのではないでしょうか?
消毒用のもので2~3%、実験用のもので10%前後だと思います。

MnO2触媒で酸素を発生させる場合の過酸化水素水の適正濃度は1~2%くらいです。
この反応はかなりの発熱を伴います。
濃すぎると反応速度が上がり、それによって溶液の濃度が上昇してさらに反応速度が上がり、
連鎖的に反応速度が上昇します。

反応速度が上がりすぎると溶液が飛び散ります。
0.1%の濃度の過酸化水素水は手についても大丈夫ですが、目に入ると失明の危険があります。
10%を超える過酸化水素水は手に付いただけでも危険です。

Q粒子状物質中の重金属成分の発生源について

はじめまして。私は大学で大気環境について専攻しています。そこで研究をしていて行き詰りました。金属成分の発生源って主にどこから来るのか知りたいのです。Naは海塩粒子から、Vはディーゼル粒子から、などは調べて分かったのですが、その他Cr、K、Mn、Cu、Fe、Pbはどこから発生するのですか?かなり困っているのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

これはサンプリングしたロケーションによると思います。

海塩粒子の中でカリウムはナトリウムと比べて質量比で約3%です
(海塩組成比より)。また土壌粒子においても、カリウムは
ケイ素と比べると質量比で数%となります。

つまり、自然発生源のカリウムはナトリウムやケイ素などと
比べると、さほど多く排出されているわけではありません。
そのため、サンプリング地点のそばで野焼きあるいは廃棄物処理場などが
あった場合、それらから排出される人為起源のエアロゾル濃度が
相対的に高くなる可能性もあります。

クロムも同様で、製鉄所などが近くにある場合、クロムを含む
人為起源のエアロゾル濃度が高くなる可能性があります。

なお、以前、宇治でサンプリングを行ったデータでは、
カリウムは微小粒子が圧倒的に高く、クロムは若干
粗大粒子のほうが高くなりました。これは、クロムについては
大阪などの工業地帯から離れていたため、人為起源由来の
ものがさほど多くなかった。カリウムについては清掃工場が
近くに存在し、また近くで野焼きを行われていたことが
多く、その影響を受けてしまったと考えられます。

これはサンプリングしたロケーションによると思います。

海塩粒子の中でカリウムはナトリウムと比べて質量比で約3%です
(海塩組成比より)。また土壌粒子においても、カリウムは
ケイ素と比べると質量比で数%となります。

つまり、自然発生源のカリウムはナトリウムやケイ素などと
比べると、さほど多く排出されているわけではありません。
そのため、サンプリング地点のそばで野焼きあるいは廃棄物処理場などが
あった場合、それらから排出される人為起源のエアロゾル濃度が
相対的に高くなる可能性...続きを読む

Q多孔質材料の比表面積の測定について

多孔質材料(発泡ガラス,軽石等)の比表面積を測定したいのですが,私が知るところBET法,水銀..法でサンプルも1mmサイズのものしか測定できないそうです。1mmサイズに加工すれば孔のサイズも変わり,現実的ではありません。多孔質材料はせいぜい40~60mmサイズを使用しようと考えていますが,そのサイズで表面積を測定する方法は何かありますか?お教えください。

Aベストアンサー

比表面積の測定をしたことがあります。
>多孔質材料はせいぜい40~60mmサイズを使用しようと考えていますが…
とのことで、求める回答に沿わないかもしれませんが、粒度分布から比表面積を求める方法もありますよ。

Q重金属汚染と油汚染が同時に起こっている場合の土壌修復プロセス

重金属汚染と油汚染が同時に起こっている場合、重金属汚染と油汚染を同時に修復することができる浄化方法はあるのでしょうか?ただし、重金属は(不溶化などではなくて)取り除くことを条件とします。重金属を取り除くためには酸で洗い流したりしなくてはいけないと思うのですが酸洗浄は油汚染には効果がないですよね?実際にはどのような処理方法が行われているのでしょうか?

Aベストアンサー

重金属による土壌汚染を回復するのには汚染された土を大きな袋(フレコン)などに入れ現場から取り去り、変わりに山から採掘した土を搬入しています。
土壌を洗浄する事は技術的、コスト的に無理とされています。
取り去った汚染された土は場所を変えて終末処理場などに埋め立て保管されています。
油類の場合は吸着材により吸着し焼却処分されます。吸着しきれなかった部分は中和剤と呼ばれる薬剤、つまり洗剤により水に溶かして地下浸透を含め自然の浄化力に委ねています。
最近話題の築地の魚市場の移転候補地のような大規模(広範囲)汚染の場合は入れ替える土砂の量が莫大なため、不透層を造り(アスファルトやコンクリート)その場所に閉じ込める方法がとられます。
つまり、一度排出された有害物質をキチンと回収し復旧するための技術は未だに確立していません。

Q多孔質モデルについて

数値解析に用いる多孔質モデルとは何ですか?また、どのような基礎式を用いるのですか?誰か教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

何を求めるために、数値解析をするつもりなのでしょうか?
多孔度?比表面積?細孔分布?
パラメータは何を想定してますか?
実際のサンプルの測定法は?

多孔質モデルにもいろいろなケースがあります。
補足お願いします。

Q海面上昇と埋立地の関係について。

海面上昇のせいで、いつか島が無くなるとテレビでやっていたのですが、
現在日本で埋立地が沢山つくられているのを知って、
疑問に思う事があります。

海を埋め立てても、海面上昇の大きな原因にはならないのでしょうか?

Aベストアンサー

全地球の海水容量と埋立地の容量を比べても、埋立地の容量は数字にも現れない程度でしょう。
地球上の海の平均水深は数千メートルあるのに対し、埋立箇所の水深はせいぜい20mが限度です。さらに面積比で考えると、微量にも満たないものになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報