いつでも医師に相談、gooドクター

塩素を含むプラスチックには、
ポリ塩化ビニル以外になにがありますか?

gooドクター

A 回答 (2件)

プラスチックとゴム両方の特性を持つ「塩素化ポリエチレン」もあります。

用途は自動車用ゴム部品、電線被覆材などです。
    • good
    • 1

ポリ塩化ビニルの親戚であるポリ塩化ビニリデン


塩ビは塩素が1つですが、ビニリデンは同じ炭素に2つの塩素原子が
ついています。
ポリ塩化ビニリデンをサランともいいます。
サランラップは、ポリ塩化ビニリデンのフィルムですね。
クレラップもサランです。
他のラップは、ほとんどがポリエチレンですね。
合成ゴムでは、塩素化ゴムやクロロプレンがあります。
クロロプレンゴムは耐油性が高く、第2次世界大戦で
米国製戦闘機の燃料タンクの内側に貼られたと思います。

添加剤など微量成分として塩素を含むプラスチックも
あると思いますが、添加剤として多いヘテロ原子は、
窒素やリンです。
塩素は少ないと思います。
古いタイプのシリコーン用硬化触媒には、塩素を含むものがあります。
でも、含有量はごく少量です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング