オンライン健康相談、gooドクター

水道水にトリハロメタンが含まれているということを知りました。

「消毒をするための次亜塩素酸ナトリウムは、水の中で他のものとくっついて発ガン性の可能性があるトリハロメタンを作ります。」と某県の水道局のHPにあります。

今、赤ちゃんの哺乳瓶の消毒にミルトンを使用しているのですが、水道水よりかなり濃度の高い次亜塩素酸ナトリウムですよね(125ppmと書いてあります)。
ミルクと反応して、塩になりますとミルトンのHPには書いてありますが、このときトリハロメタンは発生しないのでしょうか?
もう2ヶ月以上使用してしまったので心配です。

詳しいかた、教えてください。

gooドクター

A 回答 (9件)

さらに外野で追伸、「ミルクと塩素では生成されない」ですが、



下記2つの文中にて
「確実ではないながら、水中の酸と塩素の結合で精製される。
また、下水処理工程で原因(=トリハロメタンが出来る結果で測定)を除くのが
BOD酸素許容量改善より効率悪く、推定で下水処理に関わる微生物が
原因の酸を作るなど副作用とも見られる」らしいものが出ています。

ミルトン処理の際に、希釈用の水ですでにトリハロメタンが含まれていても、
希釈までに異常な富栄養汚れと微生物代謝が無ければ、増加は考えられないことと、
哺乳瓶のミルクなど栄養成分汚れから原因と思われる酸が出来るには、
あえて大人の唾液などで、虫歯菌の繁殖が起こらないと無理と言えそうです。

PDF資料で、恐らく携帯電話で読めないので申し訳ないですが、
日本下水道事業団>公表資料>メールマガジン より
http://www.jswa.go.jp/gijutu_kaihatsu/g_shiryou/ …
下水道キーワードチェック16
http://www.jswa.go.jp/gijutu_kaihatsu/g_shiryou/ …
いまさら訊けない下水道講座15
http://www.jswa.go.jp/gijutu_kaihatsu/g_shiryou/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2011/10/30 15:39

また横から意見ですみません。


原則、沸騰湯冷ましで粉ミルクを作るのですから、
この湯冷ましには塩素とトリハロメタンなど、
沸騰で飛散してしまう物は原水から減少した上に、
菌類等たんばく質の活性も止められていますので、
ミルク作りの際、湯冷まし少量でビン内部を、
それを続けて飲み口全体に流して濯ぐのは
ミルトン側の残留減少操作には誤り無く有効です。

電子レンジ等で人肌までしか加温出来ない場合は
一応原水内容そのままで残っています。
濯ぐ効果自体に劣る訳ではありませんが、
ビン入り飲用水か浄水器の使用を加温に限りたいです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
トリハロメタンに関しては心配ないということで安心しました。
しかし、ミルトンに対しては心配なので使用をやめました。

お礼日時:2011/10/31 16:29

最後の回答にします、洗わなくてよいと書いてるそうです、それに対して議論があるようです、それなら僅かな回数すすぐ事が出来ればすすいでやるべきだと思います、杏林は保証をするのでしょうか、ただし癌になった場合年になって発生したから関係ないとは言わないのですかね、下記の文面読んで対処してください。




http://www.geocities.jp/foodsafe303/milton.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
心配なので、もうミルトンの使用はやめました。

お礼日時:2011/10/31 16:28

ミルトンと言う会社は法的にそれで良いと言われているのでしょうか、その製品は厚生労働省が認めた承認番号が付いてますか、それでも普通は切れ手にすすぐのが常識です、次亜塩素酸ソーダーが外について確かに塩素は飛んでしまいますが、本当ではないと思います、洗う事が基本だと思います。

    • good
    • 2

ミルトンと言う製品自体は知りませんが、洗わず使う事は非常に危険です、125ppm次亜塩素酸がの塩素全てがミルクと反応する訳ではありません、ミルクの量とミルトンと言う製品の量によりますが、それは常識外れです、ミルトンと言う製品に漬けて滅菌した後は哺乳瓶はきれいに他の水道水・洗剤で洗い、最後に数回きれいな水道水で何度も洗い流すことです、それをしていなかったという事はしなくていいとミルトンと言う性損の説明書に書かれていましたか?信じられません、洗わなくていいはずがありません常識です、トリハノメタン以前の危険性の問題を考えてほしいですね。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
ミルトンの説明書には、「水ですすがないでもそのまま使用できます。臭いが気になる場合はすすいでください。」とあります。哺乳瓶に残った溶液はミルクと反応して無害な塩になる、とも書かれています。
なので最初はすすがずに使用していました・・・今になって後悔していますが・・・
溶液から出して、乾燥させた状態で使っていましたが、それでも害になるものなんでしょうか?
(ちなみにミルトンの説明書には、使用する直前まで溶液に漬けておいてOKとあります)

お礼日時:2011/10/30 16:06

トリハノメタンの生成の数値は24時間経過後の値を計って報告された物です。



トリハロメタンとは、メタン(CH4)の4つの水素原子のうち3個が塩素や臭素などのハロゲン原子で置き換わった化合物で発がん性物質である。トリハロメタンは、水道原水中に含まれるフミン質等の有機物質が、浄水処理の過程で注入される塩素と反応して生じる。 トリハロメタン生成能とは、一定の条件下でその水がもつトリハロメタンの潜在的な生成量をいい、具体的には一定のpH(7プラスマイナス0.2)及び温度(摂氏20度)において、水に塩素を添加して一定時間(24時間)経過した場合に生成されるトリハロメタンの量で表される。

       H

    Cl- C-Cl   又はClがBrに代わって物も発がん性となる、
       ❘
 Cl

従ってトリハノメタンの生成では色んな物質有機物pH6.8~7.2(水道水は空気中に放置するとCO2を吸収して
酸性側になります、その他温度などにも影響を受けそれぞれが良い条件の時に出来るものだと思います。

あなたの哺乳瓶を付けて仮に1時間付けて水道水で洗い、更に洗剤で洗い、最後に数回水道水で洗うのですから、塩素
トリハノメタンは検出しないと思います、どうしてこだわるのか、判りません、心配いらないのです、トリハノメタンより塩素その物の方が実は発がん性は強いのです、最近クーラーなどの冷媒ガスで塩素の量が多いために製造をすでに中止し、現在の冷蔵庫・クーラーなどには使われていません、滅菌で生成するトリハノメタンの危険性についての規制等ありません、出来にくいからだと思います。

http://www.tokyo-eiken.go.jp/kenchiku/bldg/kijyu … 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
トリハロメタンの生成については問題ないということで安心しました。

お礼日時:2011/10/30 15:41

補足、水道法で、蛇口すぐの取水で、生の塩素で0.1mg/L以上が基準です。


(無菌の井戸原水の施設でも添加は必須。自宅井戸用添加ポンプも有る)
http://kadenfan.hitachi.co.jp/pump/jokin.html

現場用数値表示測定器の水道機工(株)による上水道塩素解説
雑誌寄稿を自社ページで提供。調理の塩素除菌にも触れる。
同じDPD試薬のピンク色をリストにかざして検定する事も認められてます。
http://www.suiki.co.jp/column/column02.htm

東京都の福祉保健局西多摩保健所が発行した残留塩素管理の文書PDF
ビル管理者に0.1mg/Lを割ったら警戒、給水施設点検を、と書いてます。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/nisitama/ …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2011/10/30 16:01

先ほど回答した中で水道水の末端の残留塩素濃度は10ppmではなく1か2ppm以上だったと思います、訂正します。


ミルクと次亜塩素酸の反応ではトリハノメタンは出来ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ミルクと次亜塩素酸の反応ではトリハノメタンは出来ません。

ミルクと次亜塩素酸の反応では出来なくて、水道水はなぜ出来るのでしょうか? 解説していただけると嬉しいです。

お礼日時:2011/10/29 12:47

あんたのお子さんの消毒剤として一番有効なのは塩素しかありません、従って次亜塩素酸ソーターが一番良いと言う事で後の洗浄を確実にすれば落ちてしまいます、強い菌も殺すのは塩素以外家庭用としてはありません、病院等も使っています、まな板等の消毒もキッチンハイター・風呂場のカビ取りも皆次亜塩素酸ソーダーなのです、トリハノメタンはその時間の消毒では作られたり、哺乳瓶に残る事は後の洗剤での洗浄と水洗を確実にすれば問題ありません、そうする事が大切なことでしない方が危険です、トリハノメタンとか余り気にしなくていいものです、体には洗浄すれば入るものではありません、ただし消毒液次亜塩素酸ソーダーは目に入らない様度のない平眼鏡を使って、酸性の物と混ぜたりしないで取り扱いは手袋(ゴム製)を使ってください、心配御無用です今後も哺乳瓶や湯の呑み、まな板、布巾等は定期的に次亜塩素酸ソーダーに付け込んでお茶の渋色を取ったり物死体の消毒をしてください、そんな本に惑わされないで、原液125ppm水道水には末端で10ppm以上なければならないとされています、ppmとは100万分の1ですよ、何も心配する事はありません、それとミルクと反応して塩にになると言う事はしお見たいな毒性のない物にん代わると言うことですだから安全ですと言うことです。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>哺乳瓶に残る事は後の洗剤での洗浄と水洗を確実にすれば問題ありません、

ミルトンに漬けたあと、水ですすがずに使用していたのですが、ミルクと反応して塩になるということで、安心して良いということですね?

お礼日時:2011/10/29 12:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング