今年から幼稚園に入園しました。
幼稚園から帰ってきて、「今日は何したの?」とか「何か歌ったの?」とか、色々聞いて話をします。
そんな時、ここ最近ですが、子供が作り話をするんです。
「今日ね、滑り台をやったよ」
「今日、雨降ってるのに、外で遊んだの??」
「あ、違う・・今日はかえるの歌を歌ったの」
「かえるの歌を歌ったんだ?ほんとに?(少々疑ってみる)」
「違う、聞こえてきただけ。歌ってない」
等です。
再度聞き返すと、違う答えが返ってくるんです。
最初から本当のことを言えばいいのに、どうして違うことばかり、本当にあったように話すのでしょうか?
先日も、1日、祖父母に預けて出掛けたんですが、帰宅後「今日、お昼何食べた?」
と聞くと、「マック。ハッピーセットのおもちゃが欲しかったんだけど、じいちゃんがだめだって。」との答え。
翌日、母に「昨日、マック食べたんだね~」というと、「えっ?食べてないけど・・??」。
その会話を聞いていた息子は飛んできて、「嘘ついちゃった」と慌てて弁解しに来ました。
親の見透かせる作り話や嘘を言っている間はいいですが、平気で嘘をつく子供になるんじゃないかと、とても心配です。
よきアドバイスをお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

うちの子も昨日から幼稚園で、同じように「何してきたの?」って聞きました。

答えは、
「何もしてこなかったよ」
です。(汗
「ほんとに~?」と聞いても「うん」
です。
それで忘れた頃に「今日は本を読んだんだよ。」と教えてくれました。
子供にしてみれば、初めてのことだらけで、自分がした事と、目に映って、「あー。あれやりたいなー。」と思ったこととが混同してしまうのではないでしょうか。
記憶がごちゃごちゃになって、自分が何をしてきたのか、分からないんじゃないかと思います。
だから、幼稚園の滑り台を見て、「滑りたいなー」と思っただけなのに、滑った気になってしまったんじゃないでしょうか。
だから、嘘をついているとは限らないと思います。
弁解しに来たときはうそだったんでしょうけど・・・
うちの子はきょうは、喧嘩をしてきたらしいです。
女の子なんですけど、男の子と取っ組み合いになって、顔に傷を作ってきました。
それはとても印象に残っているらしく、どうなってこうなったとか、事細かに教えてくれました。
でも、自分がいい方に解釈してましたが。
(自分は悪くないような言い方でしたが、先生の話ではどっちもどっちだったみたいです。)
だからきっと、お子さんは、マックのハッピーセットのおもちゃがほしかったんだと思います。
ほんとに嘘をついていたら、そこはきちんと注意すればいいだけのことだと思います。
あまり根掘り葉掘り聞くより、
「今日は楽しかった?」
って聞くほうがいいのかもしれませんね。
    • good
    • 0

子供は想像が豊かだし、願望なども強いために


そう言う事を言ったのではないでしょうか?
幼稚園ぐらいの子だと今日、昨日、一昨日の感覚がまだないというのも一つなんではないでしょうか?
やはり、親から一日の出来事を聞くのではなくて、
言うのを待ち、時には、聞き上手になってみてはどうでしょうか?
    • good
    • 0

ある科学番組で言っていたことです。



*子供は、時系列が固まっていないから3日前の記憶を今日のように感じてしまうことがある。
*約束したことを単純に忘れてしまう。
*何かを自分の都合の良いように思い込んでしまう。

という性質があるようです。別に、大人を騙そうとしているわけでは無いので、成長すれば自然とそう言うこともなくなるそうです。
ただ、注意しなくてはいけないのは、辻褄の合うように嘘をついたり、矛盾点を指摘したら取り繕ったりしはじめたら、それは騙そうとしているのでしからなくてはなりません。
    • good
    • 0

 ママの質問に対しての答えは、事実を述べること、なんていう理解はまだしていないですよ。


 頭に浮かんだことをママに伝えたいということで、精一杯なんでしょう。
 人を欺こうとしている嘘とは、まるで質が違うから心配ないです。
 それから、子供は想像、夢、現実の区別がつかなくなります。それも心配ありません。
 家の子供もそうでした(笑)。
 それに、へんてこな嘘とか想像とか、妙なことをしゃべるのは小さいうちです。それを楽しんではいかがでしょうか。
 そういうのを記録して楽しんでいる人もいますよ。
    • good
    • 1

そのくらいの年齢の子どもにとっては、それは嘘ではないんですよ。


ああしたい、こうしたいっていう気持ちを、今日の出来事にしまうだけです。理由は判りませんが、それが本当であったら良いな、と感じている物を口にしてしまうようです。自己実現に向かうための行為とも言えるでしょう。
だから嘘は吐かないように、と厳しく叱ったりはしないでください。mika88jpさんがやられてきたように本当の話を優しく引き出す方法はgoodです。

今まで嘘を口にしなかったのは、未発達だったためです。きっと園に通うようになり、たくさんの刺激を受けたのでしょうね。だんだん脳が発達しているのだと、逆に喜んでも良いと思いますよ。
ただ、今の段階では嘘が吐けても嘘を理解する能力はまだ備わっていませんから、子どもをおだてようとして「○○出来たらおもちゃを買ってあげるから」などという方法は駄目ですね。「アレは冗談」と言っても、嘘は行けない物だと教える課程においては「親が嘘つき」に思えてしまいます。

もう少し年齢が上がって、その時に人を騙したり、物事を隠すため、人の歓心を買うためににつく場合は問題ですが、普通に人と接し、学習していけば年齢と共に嘘はいけないのだと学んでいきます。
今のはあまりナーバスに考える必要はありませんよ♪
    • good
    • 0

小さい子供によくある事では??


応える内容がやった事ではなく、自分がしたかった事なんじゃないでしょうか?
「自分がしたかった事」をあたかもやった事の様に話せば「すごい」とか「うらやましい」などと
思ってもらえる、と考えている。要するに虚勢の一種の様な気がします。

今までの調子でほんとうは何をしたか、を聞いてあげればいいんじゃないですか?
「ほんとの事を言わなくてもママ(mika88jpさんが女性と仮定して)はお見通しだよ」って分からせていれば
今のうちは構わないと思います。
それとは別の機会に「ウソをつく事はいけない事」と常々諭してあげてはどうでしょう。

>平気で嘘をつく子供になるんじゃないかと、
「虚勢の一種」だとすれば、将来プライドの高い男になりますよ、きっと。
    • good
    • 0

お母さんの興味を引きたいから、楽しい話を作っているのではないでしょうか?



>幼稚園から帰ってきて、「今日は何したの?」とか「何か歌ったの?」とか、色々聞いて話をします。

あまり、お母さんから根堀葉堀様子を聞かない方が良いように思います。自発的に本人が色んな事を報告するのを待ってみたら?

やりたかった事とやった事が混同してしまう。過去の事や時間の経過した物の順番がごっちゃになってしまう。これが小学生や中学生なら対処を考えなければなりませんが、幼児期にはありがちなことだと思います。

うちの子は小学校一年生の時の作文で海外旅行に行っていましたよ。(笑)全く関係ない話ではなく、脚色しまくって・・・

どうしてつじつまの合わない話や、嘘だと感じることがあった場合。お母さんが一人で相手に確認するのではなく、お子さんと一緒にその時の事を相手の方と話題にする。ご両親に協力してもらうと良いと思います。徐々に改まって来るかも?
    • good
    • 0

私はものすごく記憶力が良い方で、幼稚園の入園式の記憶などもあります(3歳2ヶ月でした)。


なので、当然幼稚園の頃自分がついた嘘などの記憶もあります。笑
参考になるか分かりませんが・・・一番大騒ぎになった嘘を・・・

友人母「これからお出かけするけれど、一緒に行く?」
私「うん。行きたい!」
友人母「今日はピアノのお稽古あるんじゃない?」
私「今日はお休みなの」
もちろんピアノのお稽古はありました。
時間になっても私は帰ってこないし、どこに行ったのか分からない・・・母はとても気をもんだそうです。
罰として2日間はピアノの練習時間を二倍にされました。笑
大人から見ると、嘘をついたことになりますよね。
でも、当時はそんな意識全く無く「ピアノはお休みなんだ」と自分の中で都合の良いように信じ込んでしまったんです。
今思うととても不思議です。
当時の自分の頭の中を思い出すと、どうも時系列がはっきりとしていなかったようです。
現在と過去と未来(自分の希望)が一度に見えてしまっているという感じでしょうか。
(予防注射をした翌日に、いきなり思い出して泣くということなどありました。
一日経っているんだから痛いはずないのに・・・。笑)
もちろん、成長とともにそういうことは無くなりましたよ。

弟が幼稚園の頃は
「あのね、○○先生がふっくらこ(ガムのお菓子)が美味しいから食べてみなさいって言ってたよ」
などと母に言うことがありました。
それを一緒に聞いていた私は「そんなの嘘に決まってるじゃない!」と怒りましたが
母は「すごく食べたいんでしょうね~。買ってきていいわよ」と対応していました。
その後同じような嘘を弟がついていた記憶はありません。味をしめて・・・ということは無かったようです。

子供の嘘って不思議ですね~。
    • good
    • 0

 子どもは、案外平気でうそをつくものです。

その場で親から怒られたくないという思いで、つじつまの合わないことを言ったり、人のせいにしたりするのです。それがうまくいってしまえば、またうそを繰り返してしまいます。うそを重ねて罪悪感がマヒしてしまう前に、うそが社会生活の上で迷惑をかけ、人間としても恥ずかしいことであることに気づかせましょう。
 子どもがうそをついているのであれば、うそをついたことに絞って注意します。失敗したことを正直に言うことは勇気のいることです。本当のことを話した時は、その勇気をほめてあげることも大切です。
 他にも、幼い子どもによくみられる現実と空想との区別がつかないうそや、記憶があいまいなためについてしまううそもあります。また、わざと兄弟のおもちゃなどを壊しておいて、自分がしたのではないとうそをつくことがあります。これは兄弟への嫉妬心とか自分ももっとかまってもらいたいという寂しさから、しかられるようなことをしてしまうのです。
 このような場合でも、まず子どもの気持ちを見つめ、受け入れることが第一です。その上でよく話し合い、したことの善し悪しについて子ども自身に考えさせましょう。そして、自分を認めてもらいたいならうそをついてはダメ、と教えてあげなければなりません。
 また、周りの大人が他人の陰口を言っていて、面前ではほめるなど、子どもがよく見てまねることもあります。大人も気をつけなければいけません。そして、普段から子どもの表面的な言動よりも、子どもの心根を見続けるように心がけたいものです。
    • good
    • 0

私は専門家ではないのできちんとお答えはできないのですが、もしかしたらそうやって「ウソをつく」ことで周りの気をひいているのかもしれませんね。

よく男の子が好きな女の子にちょっかいを出すような感じです。または下に弟や妹ができて、急に赤ちゃんがえりをするような感じです。

お子さんは一人っ子でしょうか。それともご兄弟がいらっしゃいますか?寂しくて無意識にウソをつくことで気をひいているのかも知れません。「ウソをつけばたくさん構ってもらえる。たくさん話してもらえる」と・・・。あくまで私の勝手な憶測ですけど、一度幼稚園の先生に相談してみるとか、市町村の教育相談所などの機関に相談されてみてはいかがでしょうか。もちろんそういう方面の専門のお医者さんに相談に行くのもいいと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q幼稚園(保育園)を辞めた、又は行かせなかった方いますか?

我が家は、僕も妻も「したくない事は無理強いしない」という方針で
上の子もそう育てましたが、幸い1~2回休むと次の日は行ってくれました。
ところが年中の下の子が幼稚園に行きたがらずもう3週間休んでます。
最近は辞めたいと言いだしたので、辞めさせる方向で検討しています。

辞めさせても、夫婦で日中在宅してるので不都合はありませんし、
保育料月3万(補助金があるので実質1万5000円程度)も助かりますが、
心配なのは、来年すんなり小学校に行けるかという事です。

そこで、☆以下に該当する方のお話を聞かせて頂けないでしょうか?
・幼稚園(又は保育園)を途中で辞めさせた方
・最初から幼稚園保育園に行かせずに小学校に行かせた方

Aベストアンサー

幼稚園教諭です。
行かせない方向で気持ちが固まっているのであれば、出る幕はないかと思っていましたが、揺れていらっしゃるようなので…

基本的にどの子も、家庭が一番です。
そこから毎日、園や学校に通うというのは皆それぞれ「面倒臭い」「家にいたい」「お母さんと遊びたい」「さみしい」などなどいろんな思いを抱えつつもそこを乗り越えてきています。
もちろん、最初はものすごい抵抗を示す人もいます。
しかしそこでガンとして「必ず行く」という方針を貫くと、子どももも諦めて、毎日行くようになります。
毎日の園生活は、どの子もある一定の諦めの上に成り立ってる…そう考えます。
大事なのは、とにかく園生活を送ること…リズムを壊さないことです。
欠席が長引くと、まず行くのはいやになりますし、なんとか連れてきても、それこそ1週間以上休むと園での活動も遊びもガラっと変わっていたり、消極的な子にしたらついていくのも嫌になります。
そこからまた続けて登園したらいいですが、さらにまた休むと、また次の登園の時にはつまらない思いしかしない…お友達関係も、当然いない子は抜きでの遊びが続きますから、久しぶりに来た時にとても輪に入りづらいことも考えられます。

毎日朝になると行きたくないという、そういう子は少なくないです。
ただそこで、お母さんお父さんが「じゃあ休む?」と受け入れるか、逆に「幼稚園には毎日行くんだよ」と無理にでも登園させるか、で拒否になるかならないかはかなり変わってきます。
お子さんが納得するまで…と思われるかも知れません。
しかし、お子さんが一番望むのは、もちろん家にいることです。
園生活を継続的に経験して、「楽しい!」と思えることがない限り、家庭より園を選ぶことはまずないと思います。
お子さんの今の意志を尊重して、休ませるか、将来を考えて、行かせるか。

私は是非、将来を考えて継続的に登園させて欲しいと思います。
毎日来ないと必要な援助も何も出来ないです。
園生活が辛いなら、助けてあげたい。
でもいないことにはどうしようもない、来てくださいとしかいえません。
園での問題は家にいては解決しないんです。

過去数人の登園拒否児を担任しました。
無理にでも登園してきた子は、やがてリズムが出来、卒園する頃までには全く問題なく登園しました。
休みたいときはいつでも休んでいいよ…と、数週間休み続けた人は、卒園までその癖が治らず、学校でも授業が飽きたら保健室に行き、休みも続きがちだと聞いています。

いきなり小学校に行って、上手く行く子はたくさんいると思います。
しかし、一度通った園生活を挫折している、というのは非常に大きなマイナスです。
お子さんの場合、今後の園生活が必要か否か、というより、今園生活を挫折させることが今後かなり響くのではないかと、非常に心配です。
合わないなら転園でもいいですから、継続的に園生活を送ることは一度通った以上絶対必要だと思います。

幼稚園教諭です。
行かせない方向で気持ちが固まっているのであれば、出る幕はないかと思っていましたが、揺れていらっしゃるようなので…

基本的にどの子も、家庭が一番です。
そこから毎日、園や学校に通うというのは皆それぞれ「面倒臭い」「家にいたい」「お母さんと遊びたい」「さみしい」などなどいろんな思いを抱えつつもそこを乗り越えてきています。
もちろん、最初はものすごい抵抗を示す人もいます。
しかしそこでガンとして「必ず行く」という方針を貫くと、子どももも諦めて、毎日行くようにな...続きを読む

Q幼児の嘘、作り話、それとも本当?

3~4才位の女児が親の嘘や作り話、もしくは実際の話しを大きくする。
ということについて教えてください。(うちのことではありません)
嘘なのか、作り話なのか、事実なのかわからないくらいの内容の
お話しをしているお子さんがいます。
周りから見ていると、入園前からそのお子さんは親の見てない隙に
手、口などを出すことがあった。最初は見ている時もしていたが、
度々怒られるうちに見られないようにするようになった。
見つかると、逆に泣いて自分がやられていたように見せることができた。
これは親が見るより私のほうが少し早く見る機会が多いため、そういう
瞬間を私だけが見ているので親はそんなことが出来る様になっている事
に今も気が付いていません。
頭の回転いいなとこちらは思うことが多々あるので、お母様に私が何気
なく回転のよさを言ってみるも、どちらかというと、その反対だと思わ
れている。
幼稚園での出来事ではいつもやられる側にいるお話をしている。
しかしうちの子供もそのお子さんにやられていることもあるので
それはありえないし、お母様もまさか今までのことがあるので
やられてばかりではないとは理解しているし、
口が達者なので原因を作っているかもとも思っておられる。
お話しもかなり筋書きができており、大人でさえ信じてしまう。
それが、他人に迷惑かけなければよいのですが、
例えば幼稚園でケーキを食べてないのに食べたとかなら、ままごとで
そんなことがあったか、欲しくてそんなこと言ってるのかなとか、
なぜ言ったかはわからなくても、親子だけで済む話ですよね。
蹴られたって話しをされた場合、本当かどうかはわからないにしても、
子供にとってはそう感じたんだろうな、もしかしたらわざとでなくても
痛くてそう感じたとか、けられる前に自分の子が何かをしたからかなと
か、それも親子で済む話ですよね。
しかしそんな事では済まない位の決まった内容を度々子供が言ってきた
らどうでしょうか。本当ならかなり危険です。
その話しをお母様から聞いたら、うちの子もそのやっている方に入った
りやられている方に入っていたり。
なので、へーそんなんだと済ますわけにいかなくなってしまいます。
中には全く嘘だったということが判明した件もあるのですが、それだけ
の内容のため、それ以外の話しは事実だとお母様は認識しています。
いえ、私もおかしいとは思ってもその話しを聞いていると、事実では
ないのかと感じてしまうほどです。
言っている子供以外は事実はわからないのでもしかしたら、ありえない
ほどの内容の事実なのかもしれません。
詳しくは書けないので読んでいただいた方も意味がわかりにくく、
伝わりにくいと感じておられるかもしれませんが、もし、少しでも
意味が通じたならお返事をいただけると幸いです。
ちなみに先生はその内容は苦情として伝わっておりご存知です。
対応もしてくださいましたが、事実が出てきません。
周りで似たような事があるとか、幼少の頃のご自身の話でも構いません。
私はいろいろQアンドAを見ていて思ったのが、そのお子さんはその話
をしている時はお母様が優しく自分を見てくれるから気を引きたいのではと感じています。一概に言えないところが難しいです。

3~4才位の女児が親の嘘や作り話、もしくは実際の話しを大きくする。
ということについて教えてください。(うちのことではありません)
嘘なのか、作り話なのか、事実なのかわからないくらいの内容の
お話しをしているお子さんがいます。
周りから見ていると、入園前からそのお子さんは親の見てない隙に
手、口などを出すことがあった。最初は見ている時もしていたが、
度々怒られるうちに見られないようにするようになった。
見つかると、逆に泣いて自分がやられていたように見せることができた。
こ...続きを読む

Aベストアンサー

あなたのお子さんが嘘つきなわけではないんでしょう?
ならご自分のお子さんの言うことを聞いていればいいのではないですか。
子供の言う事が真実かウソかなどという事に惑わされる必要はないのでは。
実害や弊害がある事については幼稚園の先生に相談しましょう。
基本的に子供のウソに罪はありません。
本当に虚言癖がある子供だったとしたら、時期にお母さんも気づくでしょう。
オオカミ少年の話をご存じですよね。ウソはいつかばれます。
ばれないで済むようなウソは、放っておけばいい取るに足らないウソです。
幼稚園や学校の先生はプロですから、直感的に気づきます。たとえ実証できなかったとしても、それなりに接します。

子育てにおいては、いかなる時でも真実を実証したり、原因を追及したり、犯人を捜したりする事が必ずしも有益ではない事を覚えておいてください。
どんな子も小さい時にはいろいろとあります。
周囲の大人が長い目で成長を見守ることに意義があります。

Q親を喜ばせようと、子供が嘘をつく

小学校2年生の男の子がいます。最近、子供が作り話をするようになりました。
例えば、学校でサッカーしたら3点も入れちゃったとか、ドッジボールで担任の先生を当てたとか。
それほど運動の得意な子供ではなかったため、素直に喜びつつも、心のどこかで本当かな~と疑いつつ、「良かったね~」と聞いていました。それとなく周囲の子供や担任の先生に聞いてみると、やはり作り話。
子供は嘘をつこうとしてついているというよりは、願望が強すぎて、ついつい話を作ってしまうみたいです。
うちはどちらかというと、親子の会話も多く、親子仲良し。ママを喜ばせようとしての嘘だとは思うのですが、どの話を聞いても、この話は本当かな、と内心考えてしまっている自分がいて、、、。
嘘をつくのが癖になってしまうのも怖いですし、どうにか本当のことしか言わない正直な人間になってほしいのですが、どう接していったらいいでしょうか。
アドバイスをお願いします。
(嘘をかるく指摘したことも何回かあります。本当でないことを言うと、人から信用されなくなるよ、と伝えたのですが、その後も何度も繰り返します。)

Aベストアンサー

褒めすぎると良くない、という話もあります。
おおげさに褒めると、褒められないことにギャップを感じて必死で褒められようと
するらしいです。

もう大きいですから、何か良いことをしたときも「すごいね。よく頑張ったね。○くん偉いね」
ではなく「お。すげーじゃん」とVサインを見せるくらいに、あっさりしたアクションに変えて
みてはどうでしょう。


人気Q&Aランキング