モータについて下記の点を教えて下さい。

1.交流モータと直流モータの相違点
2.インダクションモータって何?
3.インバータモータって正逆転できるの?また正逆転できるモータはありますか?
4.DCブラシレスモータとは?

以上よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

僭越ながら皆さんのご回答に補足させていただきます。



#1さんの3.モーター側から見た場合、回転方向を定めて作られた特殊品でない限り、逆回転させることはできます。
ただ、機械の用途から見て逆回転させる必要のないものは、インバータ側で逆相出力を出せないようなものもあります。

#3さんの1.回転子が永久磁石というのは、同期電動機です。単に「交流モーター」という場合の説明としては、誘導電動機を挙げるべきでしょう。
また、同期電動機でも、中・大型機は回転子も電磁石です。

#3さんの2.前項で説明しておられるのは、インダクションモーター(誘導幾) ではなく、シンクロナスモーター(同期幾)です。

#4さんの3.単相交流モーターでも、多くは逆回転は簡単です。
整流子モーターの場合は、回転子側か固定子側のどちらかのみの正負をつなぎ替えます。
誘導モーターの場合は、主巻線と始動巻線があるので、そどちらかのみの正負をつなぎ替えます。ただ、扇風機などに用いられる、くまどりコイル型は逆回転できません。
直流モーターの場合、ただ+-を入れ替えればよいのは、界磁か固定子のどちらかが永久磁石の小容量品だけです。産業用の大型機は、単に+-を入れ替えても同じ方向に回転します。回転子か固定子のどちらかのみをつなぎ替えます。ちょっと前までに造られた電車のモーターがこれです。
    • good
    • 1

1.これは、モータを駆動する電源から分類した


  言い方ですね。
2.別名誘導モータです。交流電源で動き電源の
  周波数より数%小さい回転数(*)で回転し
  ます。この回転数の差をすべりと言いこれで
  回転子側に渦電流を誘導して回転力を作ります。
  普通に見かける交流モータの多くがこれです。
  *簡単に説明するため極数のことは省きました。
3.3相なら容易にできます。インバータの設定
  でも、3相のうち2本を入れ替えることでも
  可能です、100Vの様な単相は厳しいかな。
  直流モータでも+、-を入れ変えるだけで
  可能ですよ。
4.簡単に言うとDCモータのブラシを半導体(
  トランジスタやFET)で置き換えたものです。
  これで今まで回転していたコイルを固定して
  マグネットが回転できる様にできます。
  ブラシをなくす事ができたので寿命が延び
  メンテナンスがいらなくなります。
  今お使いのCD-ROMやHDDの円盤部を
  回すモータはこれですよ。
    • good
    • 0

ちょっとうろ覚えで申し訳ないのですが



1. モーターの駆動電源がACによるものかDCによるものかの違いがあります。
後述するDCブラシレスモータは置いておいて、一般的にはACモータはステータ(モータ内壁)側が電磁石、
ロータ(回転軸)側が永久磁石になっており、ACの位相変化による磁界の変化をそのまま回転運動に
変化させるのに対し、DCモータは逆にロータ側が電磁石になっており、ロータ軸受に固定された
摺動(しゅうどう)部とロータ側のコイルの両端の電極とで電気のやり取りがなされるわけですが、
ロータが回転することで接続の向きが変わり、磁界の方向を変化させることで回転運動に変化させます。

2. ACを動力源とするモーターで最も単純な理屈で動くモーターです。
上で記述した動作原理そのままです。

3. できますよ。

4. 通常のDCモータの場合、1で言ったようにローター側が電磁石、ステータ側が永久磁石になっています。
回転部に電流を流す必要があるため、摺動(しゅうどう)ブラシという部品で電磁石に電流を伝えているのですが、
文字通り回転中は常にこすれるため、寿命があります。
それに対してブラシレスモータはステータ側に複数の電磁石、ロータ側に永久磁石を用い、スイッチングトランジスタでステータ側の電磁石の磁界の方向を変化させることで回転運動を発生させます。
摺動部が無いため、通常のDCモータより高寿命となります。


モータメーカのサイトが勉強になると思います。
オリエンタルモータ社(http://www.orientalmotor.co.jp/)のHPが充実していると思います。
その中で、サポート-技術資料(http://search.orientalmotor.co.jp/support/techni …)が
特に参考になると思いますので、一度ご覧ください。

参考URL:http://search.orientalmotor.co.jp/support/techni …
    • good
    • 1

1.整流子式のモータでは違いがほとんどありません。

インダクションモータなど、交流誘導モータ(交流による時間による極性の変化に便乗して磁界を回し回転する方式のモータ)は交流にしかありません。
直流の場合極性が変わりませんので回転子が回ったらすばやく自力で磁界方向を変えなければなりませんその方法がブラシ(接点のような電極)か磁界センサー(ホール素子)で、半導体で切り替えるブラシレスーモータかの違いがあります。

2.インバータモータは、正転・逆転することができるものもあります。それは多相モータの場合は、インバータ多相(3チャンネル以上)で順次変化する交流磁界で回転子を誘導して回転さす方式なので、逆相・逆の順番で交流(誘導電流を送れば)逆回転します。

インバータでなくても三相交流モータ(インダクション)は、相を2相いれかえてあげると(逆相)逆回転します。

4.1参照

この回答への補足

単相、3相ってどういう意味ですか?

補足日時:2005/04/14 23:31
    • good
    • 0

私は機械部品の商社で業務をやっているので2と3と4だけは答えられます。


2.のインダクションモーターとはほぼ一定の速度で回転するモーターのことです。
3.の正逆転はできるのか?というのは上記でも話したように一定の速度で回転するものなので正逆転には適さないです。
4.のDCブラシレスモーターはプリンタやコピー機に使われているモーターです。
参考にならなかったらごめんなさい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサーボモーターとインバーターの電流計算式に関して

サーボモーターとインバーター制御の電流計算式を教えてください。

サーボモーターの仕様
3φ200v 600w
3φ200v 750w

インバーター
3φ200v 40w
通常の3相電流計算では出せないと思うのですが・・・
詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

>装置に使用するため工場ユーティリティーの容量を出さなければならないのですが、

一般的には装置メーカーに問い合わせれば判るはずです。

>私の数少ない経験上”3φ 200v 3KVAってとこかなと思うのですが・・・ただ何の根拠もありませんので不安です。

メーカーなり設計した人間は必ずどこかにいますので、聞く事を習慣にされた方が良いです。
また、装置には銘板が貼ってあるはずですが、そこにも刻印されて居るかも知れません。
図面とか取り説の類にも記載されているはずです。

確認することが最も大切なことです。
大きめに間違えた場合は良いですが、過小に間違えた場合は火災事故になります。
火災の場合は3KVAと容量が小さいから大丈夫とはなりません。

感も必要ですが、この場合は感ではなく事実が必要ですね。

Q半導体とLEDの類似点と相違点

半導体レーザとLEDとの類似点と相違点は何ですか?
pn接合、再結合 禁制帯 共振器 位相 の5つのキーワードを使って説明してください。

Aベストアンサー

半導体レーザとLEDはともに半導体のPN接合からなり、電流を注入すると正の電荷からなる正孔と、負の電荷からなる電子が再結合し、禁制帯(バンドギャップ)分の光エネルギーを放出します。

LEDは自然放出光なので光の位相は不ぞろいです。一方半導体レーザの場合、誘導放出なので光の位相が揃っています。また、半導体レーザは共振器内を往復しながら増幅させた光を取り出しているため、大きな光出力を得ることが可能です。

Qワード(Microsoft Word)で表に入っている計算式を削除したい

ワード(Microsoft Word)で表に入っている計算式を削除したいです。

ワードファイルでフォーマットがあり、その表に数字を入れて先方にメールで送り返しました。
すると、先方からは数字が重なって表示されているので修正して欲しいとの依頼がありました。

少し調べてみたところどうやら計算式というものがセルにはいっており、=SUM(LEFT)などとはいっているようですがDELキーにてセルを選択し、数字を削除しても何も表示されません。(計算式は残っているままです。)

そこで、罫線→計算式を選択して消そうとしたのですが計算式を消去するとokがおせなくなり、キャンセルすると計算式が残ったままになってしまいます。

なんとか計算式を削除したいのですが簡単に計算式だけを削除する方法はないのでしょうか?
また何故こちらでは重なって見えないのに先方では数値が重なってしまうのでしょうか。

ワードのバージョンは2002です。
先方のバージョンは不明です。

どなたかおわかりになる方、救助をお願いします。

Aベストアンサー

少し混乱しているようですね。

先方から修正してほしい内容と[計算式]が関連されているとは思えない
のですが、修正内容をもう一度確認されたほうが良いと思いますよ。
その文書は、先方から送信されたファイルへと質問者さんが記載して、
先方へと返信したものなのでしょうか?
もしもそうならば、[計算式]を消すのは余計なことなのでは?

特に混乱しているのが、メニューの[罫線]から[計算式]を選択したとき
の仕様を理解していないために、余計な操作をしているということです。
表の最初の行で、左端ではないセルへとカーソルを置いてから、[罫線]
で[計算式]ダイアログを出した場合、そこにある[計算式]の欄には必ず
「=SUM(LEFT)」が表示されるようになっています。
式がないか、式を選択していない場合はほぼ確実に表示されます。
ですから、式を削除してから[計算式]ダイアログで再度確認をすれば、
式が表示されているのは当然なのです。
計算式が表示されない場合もありますが、余計な情報を提示するよりは
仕様なのだと理解したほうが良いので、そのように覚えてください。

この計算式は[ Alt+F9 ]キーを押せばわかりますが、フィールドコード
の[式フィールド]を使って表示していますので、[計算式]ダイアログを
使わなくても、式を入力することはできるので、削除すれば基本的には
消えてるはずなのです。
http://office.microsoft.com/ja-jp/word/HP051862181041.aspx

少し混乱しているようですね。

先方から修正してほしい内容と[計算式]が関連されているとは思えない
のですが、修正内容をもう一度確認されたほうが良いと思いますよ。
その文書は、先方から送信されたファイルへと質問者さんが記載して、
先方へと返信したものなのでしょうか?
もしもそうならば、[計算式]を消すのは余計なことなのでは?

特に混乱しているのが、メニューの[罫線]から[計算式]を選択したとき
の仕様を理解していないために、余計な操作をしているということです。
表の最初の行で、...続きを読む

Qラマン分光法と赤外分光法の相違点と共通点

タイトルのとおり、

ラマン分光法と赤外分光法の

共通点と相違点について、教えてください。

よろしくお願いいたします♪

Aベストアンサー

共通点:どっちも、分子内部の振動を見ます。結合の伸び縮みとかそういうの。
相違点:原理が全く違う。
赤外分光法:赤外光を当てて、その吸収を見る
ラマン分光法:光を当てると、通常の散乱(当てた光と出た光は同じ波長)の他に、強度は弱いが、波長がずれた光が出てくることがある。これがラマン散乱。強度を増すためにレーザーで励起する。

分子・振動の対称性によって、赤外は出ないけど、ラマンなら観察できる、とかいろいろあるが、そこらへんは勉強してください。

ラマンといえばこの研究室が思い浮かんでしまう・・・
細胞内部の生命過程をラマン分光法で見ています。
他にも、溶液中の分光学ではかなりいろいろやっている。

参考URL:http://utsc2.chem.s.u-tokyo.ac.jp/~struct/research/index.html

Q元金均等返済の計算式について

借入金を元金均等返済する場合の毎月の返済額を計算する計算式ですが、ある人から教えて貰った下記の計算式で計算しています。

N回目の返済額=借入金額×((1-(N-1)×月利)÷返済回数+月利))

毎月の返済額は計算出来るのですが、計算式の意味がわからないまま計算していますが計算の結果数値は正確です。しかし計算式の中の ((1-(N-1) この部分の意味が理解出来ないまま暗記的にやっています。私は数学的な知識がありませんので ((1-(N-1) この意味を例示的にわかりやすく教えて下さい。
この計算式以外にわかりやすい計算式があればご教示下さい。

Aベストアンサー

 理論的に筋道を立てていきますと、御指摘の計算式になります。
 まず、元金均等法式の計算は総借り入れ額を返済回数で割った金額が元金部分として計算できます。
 それは 元金部分=借入金額÷返済回数 です。
残りは利息の計算です。利息の元本部分は毎月の返済で返済月数に応じて比例的に少なくなります。N回目の返済時の元本部分は先月返済したときの残高が相当します。
 その金額は 先月末残高=借入金額×((返済回数-(N-1))÷返済回数)
 ここのところがややこしいですが、第1回目支払いまでは残回数は減っていませんのでNから1を減じる必要があります。
 利息は前月末残高に月利を掛けた金額です。
 つまり
  N回目利息部分=借入金額×((返済回数-(N-1))÷返済回数)×月利
 これを並べ替えますと
N回目利息部分=借入金額×(1-(N-1)÷返済回数)×月利
 これを元本と加えますと
N回目の返済額=借入金額÷返済回数+借入金額×(1-(N-1)÷返済回数)×月利
  =借入金額×(1÷返済回数+(1-(N-1)÷返済回数)×月利 
 =借入金額×(1÷返済回数+1×月利-(N-1)÷返済回数)×月利 
 =質問のもとの計算式
 注意:必ず、中のカッコから計算してください。
 

 理論的に筋道を立てていきますと、御指摘の計算式になります。
 まず、元金均等法式の計算は総借り入れ額を返済回数で割った金額が元金部分として計算できます。
 それは 元金部分=借入金額÷返済回数 です。
残りは利息の計算です。利息の元本部分は毎月の返済で返済月数に応じて比例的に少なくなります。N回目の返済時の元本部分は先月返済したときの残高が相当します。
 その金額は 先月末残高=借入金額×((返済回数-(N-1))÷返済回数)
 ここのところがややこしいですが、第1回目支払...続きを読む

Qモータの逆転発生について

お世話になります。
コンベアに使用している3相誘導電動機について。
動作は、センサ感知でMC切り停止、物品が排除されてセンサ非感知でMC入り再起動を繰り返します。
出力0.2KWのギアモータです。

急に逆転を始める事例が発生しました。
電気を当たったところ、サーマルの1ラインの導通に異常あり。
交換しました。

ここで疑問です。
運転中に単相(1本ケーブル切れ)になっても、そのままの回転方向で
運転を続けることはあるが、一度停止して再起動は負荷がかかりサーマルトリップする。
という経験は何度もあるのですが、逆転は発生するものでしょうか。

よろしくご教示ください。

Aベストアンサー

シングルになったとき偶然に停止した
コンベアー上の品物の重みでベルトが逆転を始める
ある程度回転速度が上昇するとシングル運転に入る
試しに単相コンデンサーモーターの起動コンデンサーを外してモーターを手で回転させてみてください
どちらの方向にも回転できます

Q防御率の計算式がよくわからないんです

防御率の計算式は自責点に9を掛けてから投球回で割ります。

(正しい計算式)
防御率=自責点*9/投球回

ただこの計算式がよくわかりません。

理解できるのは以下の式で、これでも同じ防御率が計算できます。

(素人計算式)
試合平均にするには、
投球回➗9イニング
で9イニング投げた場合の試合数

自責点➗その試合数=防御率

下の計算式が上のものと同じになるのは
どのような理論なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じ事ですよ。

自責点÷その試合数=防御率・・・この式も正しいです。
で、あなたは、その試合数=投球回÷9イニング これも正しいです。

つまり、「防御率」=「自責点」÷「その試合数」
         =「自責点」÷(「投球回」÷「9イニング」)
         =「自責点」÷「投球回」/「9イニング」
         =「自責点」×「9イニング」/「投球回」 ですよね。
  これ、「正しい計算式」と同じです。

要点・・・割り算は逆数を掛ける事と同じです。

QDCモータの制御

現在大学のシステム制御の授業でモータの制御について学んでいるのですが、

http://kougaku-navi.net/matlab_intro.html

上記のページの(7)の式から、なぜその下のブロック線図が書けるのかいまいちわかりません。

その間の導出過程が知りたいです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

図-2です。

Qプルダウンリスト選択後の計算式の呼び出し

写真のように(見にくいかもしれませんが)
リスト内でA,B,Cと選択すると、
Aを選択した時は、Aの計算式(Aの時に使いたい計算式)など、
Bをリストで選択した時には、Bの計算式が反映されるように(リスト内が変わると、計算式が連動して変わるよう)にしたいです。

Aを選択すると、Aの計算式を反映させるだけなら可能でしたが、
それに加えて、B,Cなど追加させていくと、FLASEになってしまいうまくいきませんでした。

もしわかる方がいらっしゃいましたら教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

こんばんは!

「計算式」とありますが、計算式が入っているセルは何らかの計算結果が返っているのですね?
具体的な配置が判らないので、やり方だけ・・・

↓の画像でA2セルに
=VLOOKUP(A$1,D:F,ROW())

という数式を入れフィルハンドルで下へコピーしています。

※ エラー処理はしていません。
※ 画像のE1~F3セルは数式が入っています。

QDCモータの電圧制御回路

電子回路の初心者の大学生です。
DCモータを電圧で制御する回路の設計について調べているのですが、ネットで調べてもほとんどがPWM制御で電圧制御方式についてはあまりありません。
たまたまみつけた↓のページの(1)は電圧制御の回路だと思うのですが、この回路はなぜ入力とモータの間にトランジスタを挟んでいるのでしょうか?
http://www.picfun.com/motor03.html
入力に直接つないだ場合どんな不都合がおこるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

通常のOPアンプだとモータを駆動するだけの出力電流を供給できないので、トランジスタ使って出力電流を増強させたりします。
大電流を出力できるパワーオペアンプなら、小型のモータを直接駆動することも可能です。(が、値段が高いのと、それ相当の容量の電源を用意する必要があります。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報