うつや、不安神経症を経験したことのある方、もしさしつかえなければ
回答をお願いします。
わたしはこうした症状が起こる以前からおつきあいしている相手がいる
のですが、私の状態が良くないために、今、関係がぎくしゃくしてしま
っているように感じて、悩んでいます。
彼は誠実なひとだと思います。でも、そんな彼に対しても、少しでも
不安になるようなできごとがあると、憂鬱でたまらなくなったり、不安
で同じことを何度も聞いてしまったり、、。
小さなことで文句を言ってしまったりして、自己嫌悪しています。
そのたびに彼は「そんなに俺って信用がないの?」って言って、気まずい
雰囲気になってしまっています。
こんなことが続いたら、もう別れてしまうかもしれない、って思います。
自分でも、明るかった頃の自分に比べて、自分は不安ばかり口にして、い
けないのはわかっているのに、、。
少し彼と距離をおいた方がいいのでしょうか?
ごめんなさい。自分では距離をおいた方がいいと思っているし、あんまり
自分の状態が良くならなかったら最悪の場合別れたほうがお互いのためな
のかな、って思っています。
でも、本当はとても大好きだし、別れたくないです。
どう対処するのが一番賢明でしょうか?
回答をお待ちしています。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私は過去ブランクも入れて10年位、うつと不安神経症を繰り返しています。

earlgreyの状況はうつになりかけの強い不安状態の時の私とそっくりの状態です。私と彼の付き合いは最初の頃はそうでもなかったのですが不安状態になって精神科に再び通うようになり抗不安薬のおかげで随分と不安から解放されたことを覚えています。抗不安薬は抗鬱剤より効き目が早く現れるので自覚としてわかりました。earlgreyさんはお薬は飲んでらっしゃるのでしょうか?
不安な時の憂鬱と同じことを何度も聞いてしまう気持ち、痛いほどわかります。私も彼を疲れさせるほど何度も聞いては確認し、それでもさほど不安は解消しないんですよね…。私も彼が大好きだったからこのままでは彼を失うのではないか、という不安とイライラしたり確認ばかりする自分に自己嫌悪してました。私も彼の重荷になるのが嫌で距離を置こうと考えました。でも 迷った末、やっぱり好きだから会ってました。抗不安薬のおかげか不安が少し柔和されていたのもあります。earlgreyさんの気持ちはよくわかるのですが私が経験した結果思うことは、今、この状態で距離をわざわざ置くことはないと思います。彼だってearlgreyさんのことをとても心配してると思うんです。力になりたいと思っているかもしれません。彼が大好きなら彼を信じてみてはどうでしょう?今、この辛い状態を彼と乗りきることで二人の絆はさらに深まると思います。結局、不安感と戦うのは自分一人ですが
彼が大好きなら彼の存在自体が勇気となり、心の支えになると思うのです。
今、苦しいと思いますが必ず良くなるって信じて頑張ってくださいね!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
質問した当初、思いつめてしまって、とても辛くなってしまっていました。
iipzemさんの経験やアドバイスを読んで、少し気持ちが楽
になれた気持ちがしています。
励ましてくださって、ありがとうございます。
苦しくても、同じような経験をなさった方がいることを思い出して、
状態が良くなるように努めていこうと思います。

お礼日時:2001/09/11 20:41

 earlgrayさんの症状を見る限り、強迫性障害だと考えられます。


 わたしが参考にした「不安でたまらないひとたちへ」という本にも、彼に対する不安がどうしてもふりはらえない人のはなしがでてました。どんな些細なことでも質問せずにはいられず、またおなじ質問を繰り返し、彼が嘘をついていないか確認する。もし前にした質問と答がちがってたら嘘をつかれたと不安になる。
 この病気の本当の問題は、「彼が本当に嘘をついていないか」、ということではないのです。「彼が嘘をついているのではないかという不安がふりはらえない」ことにあります。不安の内容そのものに問題があるのではありません。
 彼に対してのアドバイスは、「earlgrayさんは、信用していないのではない。不安が振り払えないという心の病なのです。まず、earlgrayさんがどんな状態にあるかを把握してください。」ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
私が抱えているのは不安神経症なので、脅迫神経症の症状とは、少
し違うような印象を受けたのですが、(手を何度も洗ったり、汚れ
が気になったりということは特にないのです。)saririanさんのお
っしゃるように、「不安がふりはらえない状態」という言葉は、自
分にも当てはまるように感じました。
少しそういう部分もあるのかもしれません。
彼に自分がどんな状態なのか把握してもらえるように、今の自分の
気持ちを伝えていこうと思います。
アドバイスをいただき、ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/14 22:18

私も鬱病と診断されて1年半になります


earlgreyさんは、彼に自分が今どんな精神状況なのか話されましたか?
話してみて、彼がどう出るか 周囲の協力なくして鬱は克服出来ません 彼と一度真剣に話し合ってみては如何でしょう
誠実な彼なら、少し時間はかかっても自分の中で整理をつけるでしょう
ふたりが幸せでなければ、一緒にいても辛いだけですものね
貴女が別れたくない事もきちんと告げて下さいね
長引く方もみえますが、早ければ3ヶ月くらいで鬱病は治りますよ(これは医療従事者からの意見)
早く、元のearlgreyさんに戻られますように 応援してます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答と励ましをありがとうございます。
とても思いつめてしまっていたのですが、回答を読んで、少し気持ちが
楽になった気持ちがします。
もっと落ち着いて自分の今の気持ちを伝えていこうと思います。
ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2001/09/11 20:53

 #2で回答した者です。

少し補足させてください。彼は、あなたがうつ病であるとした場合、カミングアウトしたとしても、うつ病者の気持ちを理解できないと書きました。理解できないのではないかと、うつ病者は思いがちだと訂正させてください。たしかに、よほど勉強しなければ、彼は、うつ病のあなたの気持ちは理解できません。#2で書いたような症状が出ることなどは、うつ病者でも、この原因が、うつ病にあることすらご存知ない方も多いのが実際です。かくいう私もそうでした。不安で不安でたまらず、うつ病ではなく、他の病気に原因を求めた時期もありました。#1で回答されている方のように、彼に一緒に、治療に同席してもらうのが、この病気に対する理解を深めてもらう、一番良い方法だと、私もそう思います。そういったことも含めて、主治医とご相談されることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

#2と#3の回答および補足、ありがとうございました。
補足もして頂いて、not-badさんの配慮が感じられました。
そして、私自身も、良く知らなかったことをいろいろ教えて頂いてありがとうございました。
とても感謝しています。
思いつめて独りで悩んでしまっていましたが、回答を読んで、少し気持ちが
楽になりました。
アドバイス、参考にさせていただきます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/09/10 21:23

 あなたが、現在、うつ病で加療中であれば、重大な決断は、今は、行わないことです。

このことは、療養者が心がけることの、鉄則とでも云うべきことの、ひとつです。ドクターにも相談されたのでしょうか?
 あたりまえの事ですが、残念ながら、彼には、うつ病者の気持ちは理解できません。落ち込む病気というのが、世間的には思われていますが、実は、さまざまな症状が出ます。
 感情面においては、「ゆううつ感、悲観的、不安感、イライラ感、劣等感、後悔、ぐちっぽい、心配性、人に会いたくない、自責感」などです。
 思考面においては、「思考力減退、集中力減退、記憶力の低下、判断力の低下、考えがまとまらない、決断できない」などです。
 身体面においては、「頭痛、頭重、睡眠障害(早朝覚醒)、疲労、全身倦怠感、めまい、耳鳴り、口渇、味覚異常、首・肩の凝り、咽頭部異常感、胸部圧迫感、呼吸困難感、心悸亢進、食欲不振、体重減少、頻尿」などです。
 うつ病になると、上記の症状のいくつかが出るわけです。 
 うつ病は、どの本にも書いてあることですが、誰でもかかりうる心の風邪であり、早期発見、早期治療が大切です。
 また、最近は、うつ病の軽症化が目立ち、重度のうつ病が減少しているそうです。
 うつ病は、立派な病気です。ストレスが重なるなど(原因がはっきりしないものもあります)で、脳の中の神経伝達物質の受け渡しが上手くいかなくなっていると考えられています。決して、性格が悪い、自分の生き方が間違っているなど、自分のせいではありません。
 私も、うつが昂じて、不安神経症にもなりました。不安感の根っこにあるのはうつだったのですが、神経症の本を読み漁ったものです。 
 まず、うつ病でしたら、そこに集中されて、治療に専念されてはいかがでしょうか。そして、彼との悩みがうつ病の治療にいい影響を与えていないとお感じになるなら、主治医にその旨をお話になってはどうでしょうか。それでも、いいアドバイスをくれない医者は変えるべきです。うつ病の治療に適する医者のタイプは、問題解決型かどうかが肝要だからです。そのときは、はっきり、別の医者を紹介して欲しいと言うべきです。もし、紹介してもらえなければ、各都道府県が設置している、精神保健福祉センターでご相談されてはいかがでしょうか?センター長は、精神科医で、経験豊かな、臨床心理士(カウンセラー)が配置されています。相談料は無料で、電話でも受け付けており、公務員ですので守秘義務があり、あなたのプライバシーは保護されます。きっと、いいアドバイスが受けられると思いますよ。
 彼との話は、とてもあなたにとって大切なことだと文面から伝わってきます。それだけに、一人で決断せずに、あなたがうつ病であれば、その治療者とよく相談すべきだと私は思います。

参考URL:http://www.avis.ne.jp/~withyou/list-mhcw.htm
    • good
    • 0

earlgreyさん、はじめまして。



私も現夫と付き合っている最中に、earlgreyさんと似た状況にありました。
経験上からアドバイスさせていただきますが、
・彼には自分の病状をつつみ隠さずに言っておく
・可能なら病院に同行してもらうなど、病気に対する理解を深めてもらう
・状態のいいときと悪いときがあるので、あまり悲観的にならない
・自分の素直な気持ちをきちんと伝えておく
 (大好き・別れたくない・負担をかけるのが心苦しいと思っていることなど)

大丈夫。病気なんかのために別れることはないですよ。
いずれ治るものなのだから、気を長くもってください。
もしあなたと彼の立場が逆だとして、彼から病気を理由に別れを切り出されたらどう思いますか?
身近な人のフォローこそが必要なはずです。
彼が一緒に病気と戦ってくれたら安心でしょう?(^.^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
このところ、彼との関係が悪くなっているように思えて、苦しくて
しかたなかったです。
病院に同行してもらえるかどうかはわかりませんが、自分の状態や
今思っている気持ちを出来るだけ伝えてみます。
思いつめてしまっていたので、悲観的になりすぎないように気をつけ
ます。
niraさんの経験談を伺って、少しだけ気持ちが楽になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/10 21:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qストレス(プレッシャー)からくる、胃痛や吐き気について・・・

ストレス(プレッシャー)からくる、胃痛や吐き気について・・・
ストレス(プレッシャー)からくる、胃痛や吐き気についてどうすればいいでしょうか?
今週の日曜日にプレゼンテーションがあるのですが、今現在(9月16日)で既にかなり緊張しており、胃痛がしたり、空腹時なのに胃が受け付けなかったり、空腹時や胃にモノを入れたあとによくゲップで上がってきたりします。それと、朝起きたときに生唾ばかり飲み込んで、体全体がかなり緊張していています。
どうしたらよいでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

そういう自分とはそれなりに長く付き合ってる筈なんですよ。
過去にも貴方は同じような経験をしている。
だからこそ。今回の事だけでバタバタしない。
緊張するとえずいたり、吐き気に繋がる人も居る。
貴方はそのタイプ。
でも。それには原因が明確にある。
その日曜のプレゼンに対して緊張して、身体が固くなって。
過度の負荷を掛けてるから。
逆に言えば、日曜の夜には貴方は嘘みたいに開放されて、回復してるんです。
今だけの状態。
緊張は。貴方なりにしっかりやろうとする意思に付随する自然な反応。
ただ、貴方の場合はどんどん不安を膨らませて、上手くやらないとやらないと、
できなかったらどうしようどうしよう。
その部分を大きく大きく展開させて、一人で抱えきれなくして。
それが負荷となって自分を強く追い込んでしまってる。
だからこそ。リラックスさせるのも自分自身なんですよね。
まず深呼吸。ゆっくり鼻から吸い込んで、ある程度吸い込んだら2秒くらい止めて。
そしてゆっくりと口から吐き出していく。それを数回繰り返す。
それだけで気持ちは安定する。
そして自らに声掛けしてあげる。
今から緊張してどうするんだ?と。
別に特別な事をするんじゃないんだと。
自分は自分なりのプレゼンを、自分の言葉で丁寧にやれば良いんだと。
それをどう受け止めてくれるのか。それは周りが判断する事なんだと。
丁寧に、簡潔に、分かりやすく。
それだけを心がけてやるべき事をやれば良いんだと。
自分の荷を軽くしてあげる。
プレッシャーも。抱えやすいプレッシャーにしてあげる。
それだけでも身体に異常に負荷をきたすような状態は減ってくる。
もっとリラックスして。
笑顔でプレゼンを始めていけるように。
貴方がリラックスして、快活に伝えていけば。
周りも貴方に引き寄せられるように、柔軟に話を受け止めてくれるんだからね☆

そういう自分とはそれなりに長く付き合ってる筈なんですよ。
過去にも貴方は同じような経験をしている。
だからこそ。今回の事だけでバタバタしない。
緊張するとえずいたり、吐き気に繋がる人も居る。
貴方はそのタイプ。
でも。それには原因が明確にある。
その日曜のプレゼンに対して緊張して、身体が固くなって。
過度の負荷を掛けてるから。
逆に言えば、日曜の夜には貴方は嘘みたいに開放されて、回復してるんです。
今だけの状態。
緊張は。貴方なりにしっかりやろうとする意思に付随する自然な反応。
ただ...続きを読む

Q不安障害の人は、「自分は不安障害」と意識するか、「自分は不安障害」と意識しないか、どっちの方が、不安

不安障害の人は、「自分は不安障害」と意識するか、「自分は不安障害」と意識しないか、どっちの方が、不安障害が改善しますか?

Aベストアンサー

不安障害では、物事に対して否定的な考え方によるところが大きいのです。
つまり、考え方を変えることにより不安障害は回復します。
故に、ご質問者様が「病気のせい」と意識している場合は一般的に回復が早いです。

Q精神的なストレスからくる胃痛に、胃薬はだめ?

知り合いに聞いたのですが、ストレス性の胃痛の場合には、胃薬を飲まないほうがいいのでしょうか??

Aベストアンサー

精神的なストレスから来る胃痛に向いている薬が、いろいろなメーカーから市販されています。
以前、私がよく飲んだのは大正の漢方胃腸薬でした。
漢方系の物が多いですけど、普通の薬局に普通に置いてあります。
食べ過ぎ・飲み過ぎ系の胃薬はストレス性の胃痛には向いていませんので、良くないですけど。

Q不安障害の人は、自分の意思に反して、不安なことが浮かび上がるんですか?

不安障害の人は、自分の意思に反して、不安なことが浮かび上がるんですか?

Aベストアンサー

健常者より、些細なことでも気になり、強い不安を感じてしまうというのが一般的な不安障害ですね。

Q私の母の症状なのですが、頻繁にストレスによる精神的な胃痛や胸焼けで寝込み、食欲不振になったり嘔吐する

私の母の症状なのですが、頻繁にストレスによる精神的な胃痛や胸焼けで寝込み、食欲不振になったり嘔吐する日があるみたいなので、市販薬でその症状に効くお薬分かる方居たら教えて下さいm(_ _)m
買って送りたいんです 。
小柄で痩せ型です(>_<)

私の手元に漢方薬の六君子湯もありますがこれは胃痛胸焼け嘔吐食欲不振に効果ありますか?

Aベストアンサー

漢方がいいと思いますよ。
症状にあった漢方を処方するのが
1番効果ありますから、
漢方薬局などにお母様の症状を
伝えてあった薬をもらえば
いいんじゃないかと思います。
漢方は依存などの心配もなく
いいのでは?

Q不安障害 皆さんはどう向き合っていますか? 不安で不安で辛いです

不安障害

皆さんはどう向き合っていますか?
不安で不安で辛いです

Aベストアンサー

考え方を変えてみても、どうにもならない部分を薬で補うのが不安障害の治療です。

もし、一日中、不安があなたを支配しているのなら、ただ単に抗うつ薬や抗不安薬の量が少ないか、種類が合っていない可能性が高いですね。

これは主治医に相談して、薬の見直しをしてもらわなければ、どうにもできないことだと思いますよ。

Qストレス性の胃痛と言われましたが…

先週末から胃の調子が悪く胃が痛かったり吐き気、めまいがありました。

金曜日朝に下痢があり、その後は無かったのですが食事後すぐに便通があったりお腹がぐるぐる鳴ってたりしたので今日病院に行ったのですがストレスで胃が荒れていると言われました。

私は吐き気、胃痛の症状とこの季節なのでノロウィルスや胃腸風邪だと思っていました。
確かに仕事は人間関係等きついのですが、春に上司の異動なので以前より精神的なストレスが落ち着いたと思ったのですがそれでもストレスで胃が荒れる症状が出たりするんでしょうか?

嘔吐はしてなく、吐き気もあったり治まったりです。下痢は一度だけ。偶に痛みを感じたりしますが、便は普通。軟便でもないです。熱はないです。食事もとれてます。

医師の言うとおりストレス性の胃痛なんでしょうか。
胃薬を処方してまだ様子見なのでなんとも言えないのですが胃腸風邪なら職場で移してしまうのでもしそうだったらどうしようと思っていてまた病院で診てもらうか迷ってます。

上記の症状は胃腸風邪の心配はないでしょうか?

Aベストアンサー

http://storesscl.com/c03ikaiyo.html
【ストレス性胃潰瘍(参考)】

こんにちは。
ストレス性十二指腸潰瘍の経験者です。

私の場合は、仕事上の責任が重くなったことで精神的ストレスを感じるようになり、過度の喫煙とコーヒーの飲み過ぎに睡眠不足が続き、食欲が減退したこともあって慢性的な腹痛と下痢を繰り返すようになりました。

そして、3ヶ月で体重が10kg以上減少した頃には、激しい腹痛を感じるようになり、真っ黒なタール状の便で下痢をするようになり、医師の診察を受けたところ、ストレス性十二指腸潰瘍と診断されました。

私は、潰瘍が十二指腸に出来ましたが、ストレス性胃潰瘍も多いそうですから、ストレスを溜め込まないように「気分転換」を図った方が良いです。

なお、ストレスを溜め込むと、自律神経失調症にもなってしまい、心身共にボロボロになってしまう恐れがあります。

まだまだ、質問者様の症状では胃潰瘍までには進行してないと思いますが、己の健康を過信すると病は知らず知らずに進行してしまいますから、早期に対策を考えた方が後々苦しまないで済みます。

http://storesscl.com/c03ikaiyo.html
【ストレス性胃潰瘍(参考)】

こんにちは。
ストレス性十二指腸潰瘍の経験者です。

私の場合は、仕事上の責任が重くなったことで精神的ストレスを感じるようになり、過度の喫煙とコーヒーの飲み過ぎに睡眠不足が続き、食欲が減退したこともあって慢性的な腹痛と下痢を繰り返すようになりました。

そして、3ヶ月で体重が10kg以上減少した頃には、激しい腹痛を感じるようになり、真っ黒なタール状の便で下痢をするようになり、医師の診察を受けたところ、ストレス性...続きを読む

Q私は、不安障害で、抗不安薬を4ヶ月飲んでいて、抗不安薬を5回も変えたのに、抗不安薬が全然効かないので

私は、不安障害で、抗不安薬を4ヶ月飲んでいて、抗不安薬を5回も変えたのに、抗不安薬が全然効かないのですが
抗不安薬を4ヶ月飲んでいて、抗不安薬を5回も変えたのに、抗不安薬が全然効かないのは、普通ですか?異常ですか?

Aベストアンサー

そういう事はあり得ます。
4ヶ月の間に5回薬を変えているんですね?

普通、新しい薬に効果があるかどうかは、1ヶ月は試します。

どれも効果がないというのは、他の薬が合っているのかもしれません。

精神科系の病気は、薬を試しては様子を見、その消去法によってどんな病気なのか知る、という方法でしか対処出来ません。

あと、薬だけでは効かないだけかもしれません。

認知行動療法など、試されましたか?
日記を付けて、不安障害の症状が出るタイミングや、よくある引き金が何か、突き止めておられますか?

不安障害は坑不安薬だけで治るものではありません。
対処療法も合わせて必要です。

もし、先生が坑不安薬だけで治療出来ると考えておられるようなら、別の病院を探した方が良いでしょう。

日記は必ずつけてください。
どんな時に症状が出るかを把握しておくなら、それを避けたり、対処しやすくなるからです。

Qストレスからくる胃痛

胃痛について質問です。

僕の交際している相手(女性)が、胃にポリープができた上に出血していると医者から診断されました。原因は仕事上のストレスから来るようです。(人間関係、仕事量の増加等)

そこで質問なのですが、病院から渡される薬と治療以外に、効果的な対処方法はあるのでしょうか?簡単にできて、以外に効果がある方法とかあれば、教えて頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

うちの主人も胃と腸に潰瘍があります。
5段階あるうちで最も悪い5だと言われましたが、1週間ほどで4まで回復しました。
それは食事に気を使ったからです。
ブロッコリーはいいみたいです。
色んなHPで紹介されています。
私はあるある大辞典など見てまわりました。
主人は痛み止めの注射を打つほどでしたが、軽い症状なら1週間でなくなるそうです。
一度読んでみてください。

Q不安障害の人は、不安になっている物事について深く考えなければ、不安障害が改善しますか?

不安障害の人は、不安になっている物事について深く考えなければ、不安障害が改善しますか?

Aベストアンサー

不安というのは 胸の内側からわきあがって出てくるものでしょう


それを心の中で、頭の中で「かんがえるな」と思いうかべてみた所で
 湧き上がってきてしまうものを止められないです。

もう一段回、根本的な部分をかんがえてみたほうがいいですね。
 人間の感情とは、脳などからでる脳内物質というものになります
[Aその脳内物質とは何なのか? どうしたらその脳内物質の量をコントロールできるのか]

現段階の精神科の薬の治療は、
まさにこの脳内物質の量を 手探りで当たるまで調べる。
 もし丁度よい分量をみつけたとしても、その日、その時の人間の体の状態は刻々と変化するために
 その日はのんでみておちついても、次の日は効かない、しばらくするともっと情緒不安定になってきた
・・等 現代の脳科学・脳医学では、数撃ちゃ当たる作戦で 患者は言わば実験動物的な立場にあります。

薬に寄る肝臓・腎臓のダメージのおそろしさを知らないまま、ファッション感覚で薬をのんでしまってる方々がいます
 一定の年齢になったときに、大きな後悔をすることになってしまいます( ;∀;)「肝臓はいちど壊れたら治せない。」



では、薬以外にどうすればいいの!
 ・・健康とよばれる人達と 感情がおちこみやすい人達の違いは
 
 [B脳内物質の元となる栄養を摂取しているか、]
 [C健康的に脳内物質の分泌をたもつ行動をしているか になります。]


  A・B・C ・・を調べてみましょう\(^o^)/
   (ネットがあれば1~2時間集中して検索すればわかります。)

不安というのは 胸の内側からわきあがって出てくるものでしょう


それを心の中で、頭の中で「かんがえるな」と思いうかべてみた所で
 湧き上がってきてしまうものを止められないです。

もう一段回、根本的な部分をかんがえてみたほうがいいですね。
 人間の感情とは、脳などからでる脳内物質というものになります
[Aその脳内物質とは何なのか? どうしたらその脳内物質の量をコントロールできるのか]

現段階の精神科の薬の治療は、
まさにこの脳内物質の量を 手探りで当たるまで調べる。
 もし丁度よい分...続きを読む


人気Q&Aランキング