たびたびすいません。
アマチュア無線の21,28,50の3エレビーム エレメント長4.8m(ミニマルチHA33X)を屋根の上に設置しようと思うのですが、説明書には「屋根から一波長離してください」とあります。この手のアンテナご使用の方、どの程度屋根から話せばSWR落ちますでしょうか?

よろしくお願いします。
               

A 回答 (1件)

ミニマルチの商品なら、説明書通りの寸法で組み立てれば、ある程度SWRは下がると思います。



しかし、あまり屋根から近いと、打ち上げ角が高くなりすぎて、アンテナ本来の性能が発揮されませんから、最低1/4λは離す事が望ましいです。
21MHzが含まれていますから、約4mは欲しいですネ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもありがとうございます。例のルーフタワーの件ですが、何とかご近所を回り手伝ってくれる方見つかりました。

4mですか...どんなにがんばっても2.5mが限界です...
やはり3m以上になるとマストベアリングないと厳しいですよねー。

お礼日時:2005/04/14 21:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q八木アンテナの動作原理について。

八木アンテナに興味があるのですが、いまいちアンテナの仕組みが良く分かりません。たくさん参考資料が売ってるみたいですが、頭が弱いので、読んでみても、どういうふうに動作しているのかがはっきり分かりません。誰か、解りやすく説明していただけないでしょうか?

Aベストアンサー

度々 ymmasayan です。

> ちょっとまとめさせて頂くと。。今、この回答で行われている位相を進めたり、遅らせたりする動作は、アンテナの各素子を1/4波長離したり、放射器、導波器、反射器の素子の長さをそれぞれ違う長さにする事と関係があり、その部分を説明するには数式とかで理論的に説明しないといけない。って感じにとらえてても差し支えないですか?(意味が伝わるか心配。。)

前にも申し上げたように、反射器と導波器の長さを変えたときの挙動はとても難解です。marticoさんは本当はそこがお知りになりたいと思うのですが「解りやすく説明」は不可能に近いでしょうね。だから、長さを短くすると導波器になり、長さを長くすると反射器になると言うところは信じてくださいと言うしかありません。
他の方も言われているとおり、実際のものは実験で試行錯誤でものを作っているのが実情です。     

その前提で、2本の素子の電波合成を理解していただくために、2本給電型の反射器(導波器)の説明をしました。(すでにお分かりであれば読み飛ばして下さい)

> 図の意味は何となく分かりました。でも、過去、現在、未来という表現がまた。。??その表現は、波のグラフを書いたグラフの横軸を、素直に時間軸にしただけの事なんでしょうか?

そうです。波のグラフを書いて時間軸に「過去、現在、未来」と書いただけです。時間と空間を意識していただくために書いたのです。一般的な波のグラフとしてはそうですが、空間の波のグラフにすると、素子より右側に出ている波は逆に左から「未来、現在、過去」となります。

余計な話をしてわかりにくくしたかもわかりませんし、説明不足で理解しづらいところがあったようで、すみませんでした。

度々 ymmasayan です。

> ちょっとまとめさせて頂くと。。今、この回答で行われている位相を進めたり、遅らせたりする動作は、アンテナの各素子を1/4波長離したり、放射器、導波器、反射器の素子の長さをそれぞれ違う長さにする事と関係があり、その部分を説明するには数式とかで理論的に説明しないといけない。って感じにとらえてても差し支えないですか?(意味が伝わるか心配。。)

前にも申し上げたように、反射器と導波器の長さを変えたときの挙動はとても難解です。marticoさんは本当はそこがお知...続きを読む

Qアマチュア無線・おもしろ無線用モービルアンテナ

現在ハンディ機VX-8Dを使っているのですが、ハンディー用のアンテナでは物足りないのでモービルアンテナとマグネット基台を買おうと思っているのですが、何かいいものはないでしょうか。
用途はアマチュア無線をしたりエアバンドや消防無線、鉄道無線などのおもしろ無線受信です。
とりあえず候補としてはNR950Mがあるのですが・・・・・・

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

NR950Mをマグネットベースでは飛ぶ可能性があります。
向かい風の高速道路であれば、間違いなく飛びますよ。

NR950Mをモービル運用されるのなら、
マグネットベースでなくトランクリッドベースを使われることをお勧めします。

Q八木アンテナおよび八木秀次さんが日本で有名になったのはいつごろからですか

「八木アンテナ」および、その主要な発明者の「八木秀次」さんが日本で有名になったのは、いつごろからでしょうか。
日本で「八木アンテナ」が知られたのは、第2次世界大戦中(1942年)に、イギリス軍のニューマン伍長に知らされてからだと思いますが、ニューマン伍長に知らされてすぐに日本中で「八木アンテナ」が有名になったのでしょうか?
それとも、日本でテレビ放送が始まった時に「八木アンテナ」が有名になったのでしょうか?

Aベストアンサー

1926年には特許取得していたのに、1942年に英軍の技術書を見るまで知られてなかったんですよね。
日本では全く注目されてなかったアンテナですが、欧米では注目され研究されていたという。

戦時中の最先端技術ですから、軍に知れたからと言って日本国内で有名になったとは思えません。
ですから、テレビが普及し始めてから有名になったのではないかと思います。

因みに、八木氏ついては
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E6%9C%A8%E7%A7%80%E6%AC%A1

いろいろと要職についているようですから、それなりの知名度があったのではないでしょうか?

Qアマチュア無線免許(アマチュア無線をはじめたいです。)

アマチュア無線をはじめたいのですが、どういった免許を取ればいいでしょうか?またどういう規模の機材など必要でしょうか?
僕がやってみたいのは世界中とやってみたいです。日本国内だけでもいいのですが。いろいろ免許の種類があるみたいですが(電気の量?)
あまり工学的知識はありません。うろ覚えな記憶ですが、機材は航空無線を傍聴してる人などが持ってるエアバンド的な大きさ(持って歩ける大きさ)がいいです。とにかく距離さえ全範囲に話せるならかまいません。ご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

日本国内や近隣の国と、まんべんなく交信したいのなら7MHz帯。
少し長距離を望みたいなら21MHz帯。
空のコンディションによって思わぬ長距離を望むなら、28MHz帯

さらに、CW(モールス)を習得すると、小さな電力で、遥かに遠距離と交信できます。

上記はどれも4級アマチュア無線技士の免許の範囲で使えるHF(短波帯)です。

短波帯の無線機は、手持ちサイズのはあまりないですね。なぜかというと、大きなアンテナが必要なので、無線機だけが小さくても意味がないからです。

しかし、いくらここで説明しても理解半分でしょうから、まずは、下記をご覧ください。
http://www.jarl.or.jp/

Q八木アンテナの製作

今度、大学の授業の一環で、自由研究課題というものがありまして、そこで八木アンテナの製作をしようと思っています。
大学の先生に聞けばいいのですが、夏休みなので、そう簡単に聞くことができないのでここで質問させていただきます。

私は利得の高い八木アンテナ(市販製品には劣りますが)の製作を行おうと思っています。
周波数は433MHzを中心とします。
そこで、まず、半波長ダイポールアンテナを2本製作して、1本は送信、もう1本は受信としてネットワークアナライザーでdBを測定します。
そして、八木アンテナを製作して、今度は半波長ダイポールアンテナを送信、八木アンテナを受信にして、ネットワークアナライザーでdBを測定。
そこから、八木アンテナの素子数を増やしていきます。
測定結果から、八木アンテナで受信したときのdBからダイポールアンテナで受信したときのdBを差し引いたものが利得となるのでしょうか?

また、八木アンテナの製作を行う上で、反射器および導波器の長さですが、どの程度の長さにすべきかが分かりません。素子数によって長さが変わるようですが、計算式なのが存在するのでしょうか?

測定の部分の半波長ダイポールアンテナが本当に2本必要なのかもよく分からないところです。


難しい質問かとは思いますが、ご回答よろしくお願いします。

今度、大学の授業の一環で、自由研究課題というものがありまして、そこで八木アンテナの製作をしようと思っています。
大学の先生に聞けばいいのですが、夏休みなので、そう簡単に聞くことができないのでここで質問させていただきます。

私は利得の高い八木アンテナ(市販製品には劣りますが)の製作を行おうと思っています。
周波数は433MHzを中心とします。
そこで、まず、半波長ダイポールアンテナを2本製作して、1本は送信、もう1本は受信としてネットワークアナライザーでdBを測定します。
そし...続きを読む

Aベストアンサー

空中線の利得は基準アンテナの比較よります

・基準アンテナ
 点アンテナ(理想の空中戦)
です

どこころが点アンテナはなんか製作は無理です
そこで半波長ダイポールアンテナを基準アンテナにします

点アンテナと半波長ダイポールアンテナとの利得差は
2.15dBです

空中線の利得には2種類あります
相対利得と絶対利得
http://www8.plala.or.jp/ap2/mark/2rikugimark3.html
ここは等方向アンテナと書いてますね(点アンテナ)
とかありすので注意しましょう

実際に
測定するにには波長の数百倍距離で周りに無いも無い空間で測定します
波長ピッタリの距離で測らないと利得は多少変わります

また、八木アンテナの製作を行う上で、反射器および導波器の長さですが、どの程度の長さにすべきかが分かりません。素子数によって長さが変わるようですが、計算式なのが存在するのでしょうか?

 短縮率×距離分(メインとブームの距離を補正する)が増減する


測定の部分の半波長ダイポールアンテナが本当に2本必要なのかもよく分からないところです。

 当然基準値が判らないと測定の使用が無いです

 それと鉄塔・・・・数十メートルいります
 地上との距離を離す為に
 また空中戦を上下に動かす機構がいります

 まあ、正確な測定は無理でしょうね
 

空中線の利得は基準アンテナの比較よります

・基準アンテナ
 点アンテナ(理想の空中戦)
です

どこころが点アンテナはなんか製作は無理です
そこで半波長ダイポールアンテナを基準アンテナにします

点アンテナと半波長ダイポールアンテナとの利得差は
2.15dBです

空中線の利得には2種類あります
相対利得と絶対利得
http://www8.plala.or.jp/ap2/mark/2rikugimark3.html
ここは等方向アンテナと書いてますね(点アンテナ)
とかありすので注意しましょう

実際に
測定するにには...続きを読む

Qアマチュア無線....費用について

このたびHF帯をやろうと思っております。
屋根の上(木造2階建て)にルーフタワー(1.5mほど)を設置して、21M 2エレを設置しようと考えています。
自分ひとりでは大変ですので、業者の方(一人)手伝ってもらおうと考えているのですがいくらぐらいかかるものなのでしょうか?
アンテナ6Kg/屋根馬2.5Kほどです。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

値段は業者により様々です。
数年前で1日当たり20000円くらいでした。

私が最初のアンテナを建てた時は、1.8mのルーフタワーに21MHzの3エレ(約8kg)を建てましたが、一人で楽に工事できました。
後に、そこに2mの9エレスタックをプラスしましたが、
それも充分一人でもできました。
後に、15mのタワーの上に50Mの4エレHB9CVも一人で工事しました。
ルーフタワーに21Mの2エレなら、工事の手順をしっかり把握してやれば、一人でも工事は可能です。
一人で不安なら、ローカルさんにお願いすれば、お昼プラス夕食代くらいで済みますから、ローカルさんにお願いした方が良いでしょう。

21MHzのアンテナで、屋根から2m程度しか離れない状態では、屋根の影響を受けて、SWRが下がらない事があります。
それが原因で、TVI、BCIが発生したりしますから、充分に注意が必要です。

Q八木アンテナ UHFアンテナ「DUCA]は,アナログでも見られるのでしょうか?

八木アンテナ UHFアンテナ「DUCA]は,アナログでも見られるのでしょうか?

デジタルDVDレコーダーのことも考えて,八木アンテナ「DUCA]を購入しようと思います。

八木アンテナを購入しても。テレビを,アナログ放送でも,見られるのでしょうか??

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NO.1です。追加質問にお答えします。

> どうして,デジタルでは,受信できて,アナログではだめなのでしょうか??
実はそれがデジタルのウリなのです。

放送局の電波はビルなどで反射していろんな方向から飛んできます。
これはマルチパス(多経路)といって時間差が出来るためゴーストが発生します。
そこでアナログの場合指向性の鋭いアンテナで目的の電波だけを捕らえるようにします。

デジタルの場合、一番強い電波だけを捕らえる性質が受像機にあるため
無指向性のアンテナでもかまわないのです。
デジタル様々と言うのはそういう意味です。

実は前回ここまで書いていたのですが送信に失敗して消えてしまい省略しました。
失礼しました。

Qアマチュア無線アンテナ置き換え

アマチュア無線用のアンテナを置き換えようとしています。タワーてっぺんにGPひとつありますが、
そのGPの立ってるポールにもう一本追加という形ではまずいでしょうか。
一応ベランダという手もありますがタワーほど高さが稼げません。

タワーの下には7.21.28Mhz用ヤギのみです。

通販サイト見て見ると、ディスコーンというものがありましたが、よく理解できないです。

アンテナは離れさせる方がいいのですかね?

GPは片方が50~430
もう片方が1200~144をと思っています。

将来的にタワーのヤギのしたにDIAMONDの7エレも考えています。

Aベストアンサー

詳細がわからないので一般論ですが、離した方が良いのは確かです。
が、そう付けるしかないのなら、諦めるしかありませんよね。
できることといえば、できるだけ導体(ポールや他のアンテナ)から離れるように付けるくらいです。
バランスが崩れて、ポールが曲がらないように気をつけて下さい。

個人局なら同時送信しないでしょうから、バンド間の干渉も問題ありませんし。

Q八木アンテナについて教えてください。

八木アンテナについて教えてください。

八木アンテナから電波を発射します。
何キロ先まで電波が届くかを知りたいと思っています。
これを計算するには何の情報が必要でしょうか?
(エレメント数?送信電力?)

また、計算式はどのようになるのでしょうか?
(3km先だと○○db、4km先だと○○dbが計算できるように)

例として八木アンテナの電界状況のデータ(距離に対する電界のグラフ)はないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答の前に基本事項を解説します。
日本では『電波法』があって、使用目的・公共性・業務目的・私的目的で使用出来る周波数帯や送信電力と電波形式が規定されており、使用目的によってはアンテナの種類まで制限があります。
使用目的が決定されれば、周波数帯や送信電力と電波形式が決定され、個人が勝手には選択出来る余地はありません。

机上の理論と実験の範囲で計算するとの前提で、
>何キロ先まで電波が届くかを知りたいと思っています。
>これを計算するには何の情報が必要でしょうか?
>(エレメント数?送信電力?)
周波数帯や送信電力と電波形式によりますが、
1)受信電力;必要とするS/Nが確保できる受信側の受信電力レベル。
2)受信アンテナ利得
3)周波数帯や送信電力 ・・・などです。

>また、計算式はどのようになるのでしょうか?
>(3km先だと○○db、4km先だと○○dbが計算できるように)

>例として八木アンテナの電界状況のデータ(距離に対する電界のグラフ)はないでしょうか?
下記サイトで電界強度や受信電力との関係を求めてください。計算式もあります。
電波伝搬特性計算
http://www.circuitdesign.co.jp/jp/technical/TechnicalTool/tTool5.asp
 

回答の前に基本事項を解説します。
日本では『電波法』があって、使用目的・公共性・業務目的・私的目的で使用出来る周波数帯や送信電力と電波形式が規定されており、使用目的によってはアンテナの種類まで制限があります。
使用目的が決定されれば、周波数帯や送信電力と電波形式が決定され、個人が勝手には選択出来る余地はありません。

机上の理論と実験の範囲で計算するとの前提で、
>何キロ先まで電波が届くかを知りたいと思っています。
>これを計算するには何の情報が必要でしょうか?
>(エレメント数?...続きを読む

Qアマチュア無線のアンテナ

アマチュア無線の初心者で、オークションでHF帯のアンテナを入手しました。
DIAMOND製のHFV725(7/21/50MHzベランダ用短縮形ダイポールアンテナ)なんですけど、取説がついてなくて7,21,50MHzの各エレメントをどう接続すればよいのかが分かりません。
ネットで検索して写真を見ると、上から順に7,21,50MHzのように見える(http://www.cqcqde.com/shopping/koteiant/sonota2.htm)のですが、これでよいのでしょうか?
それと7,21MHzのエレメントだけ接続して使う(無線機が50MHz非対応)のも可能でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
状況のご説明がありましたので、再びjoshua01です。

 ご認識のとおり、ロッドタイプのアンテナでも、正確さを求めるには設置の都度、調整が必要です。しかし、先に述べたように、現代ではあまり神経質になる必要はないと思います。特に受信では調整はあまり影響がありません。

 もちろん、ベランダ等の影響は、同調とは関係なく利得(感度)の点で馬鹿にならず、棒等を使って1m程度外側に張り出すだけで入感状況が格段に向上することがあるので、他の住人との問題がなければ試してみる価値があります。

 それにしても、7MHzでほとんど入感がないのは少々不自然ですね。7MHzなら、細めで損失の大きいはずの「3Dケーブル」でも損失は大きくなく、30m程度までは何の影響も感じないはず。ケーブルの短絡や断線(コネクタ部で発生しやすく、アンテナから外してテスタで当たればわかるでしょう。)の疑いがありますね。アンテナエレメント(ロッド)の取り付け状況を含めて点検すると良いですね。

 可能なら、SWR計と50MHzの無線機を借りてコイルのない50MHz帯のエレメントだけをつけて調整してみると良いです。3cm程度ずつ縮めて行き、SWR1.5以下になればケーブルもバラン(中央の給電整合器)も正常。ケーブルやバランに短絡や断線があれば送信電力が出ない(SWR計の針が少ししか振れない)か、赤ゾーン(SWR3以上)から下がらないと思います。

 さてさて、お役に立ちそうでしょうか。

こんにちは。
状況のご説明がありましたので、再びjoshua01です。

 ご認識のとおり、ロッドタイプのアンテナでも、正確さを求めるには設置の都度、調整が必要です。しかし、先に述べたように、現代ではあまり神経質になる必要はないと思います。特に受信では調整はあまり影響がありません。

 もちろん、ベランダ等の影響は、同調とは関係なく利得(感度)の点で馬鹿にならず、棒等を使って1m程度外側に張り出すだけで入感状況が格段に向上することがあるので、他の住人との問題がなければ試してみる価値...続きを読む


人気Q&Aランキング