江戸時代の武家の官位は複雑です。
位階が低くて官職が高いのと位階が高くて官職が低いのが存在しているようです。どっちが上ですか。
1)従三位中納言(水戸家)と正三位参議(典厩家)
2)正四位下参議(前田家)と従三位中将(尾張、紀伊初官)
3)従四位上中将(島津、伊達極官)と正四位下少将(水戸、前田家初官)
4)従四位下少将(国持大名極官)と従四位上侍従(越前松平家初官)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。


簡単に言うと、
位階=身分
官職=職名
ですので、位階が上のほうが「えらい」ことになります。
ちなみに、位階は功労に応じて昇進があり、位階に対応した官職に就くことを原則としていましたが、官職には定員がありますので、位階が上がっても官職は据え置きの場合があったようです。
    • good
    • 2

他の方も言われていますが、「位階」が「官職」より重要であったはずです。



ところで、質問者様が書かれている「典厩家」というのは初めて聞いたのですが、どの大名家のことですか?よろしければお教え下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「典厩家」は甲府、館林家のことです。左馬頭、右馬頭なので典厩家と称されています。

お礼日時:2005/05/05 21:23

詳しいことはわかりませんが、位階(身分)が上がるとそれに相応しい官職(立場)になります。


逆は有り得ないので、正三位と従三位では正三位の方が身分は上ということになります。
ただこれは朝廷上の身分です。

ちなみに代が変われば位階の変動もあります。
例えば水戸家は従三位ですが、初代藩主は徳川正三位権中納言頼房です。
幕末の例外を除き、家によって決まった官職というのもありますし、その時代の老中と同じ官職には就けないという決まりもあったと記憶しています。
ご参考までに。
    • good
    • 2

文禄元年、肥前警護のために出張、同三年帰陣して伏見に館す。

慶長五年の関ヶ原の戦の際には、関東にあって上杉氏の西上を防ぎ、こののち松平姓に復して。越前北荘、すなわち福井六十七万石をもらう。同八年従三位参議、同十年正三位中納言となる。

との記述がありますので「正三位参議」の方が上かと。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

結城秀康の系譜ですね。ありがとうございます。

お礼日時:2005/05/05 21:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

水戸 家」に関するQ&A: 徳川御三家って?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大阪駅前第3ビルへの行き方を教えて下さい。

JR大阪からの大阪駅前第3ビルへの行き方を教えて下さい。
5年以上行ってなく、いろいろかわっただろうと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

大阪駅中央口1階(南口です。大丸やホテルグランヴィア大阪がある方)に立ってみましょう。
いやでも目の前に阪神百貨店が見えます。この阪神百貨店に向かって広い横断歩道を渡り(50mくらい)、渡り終えたらすぐ左へ、百貨店の建物に沿って進みます。しばらくは左側に大阪駅が見えています。
建物に沿ってそのまま行けば自然と右方向へゆるーいカーブで曲がります(百貨店は角にあるので)ここまで約100m。
阪神百貨店が途切れると道を渡り、続いて新阪急ビル(建て替え予定)の前を進みます。左側の広い道路は御堂筋です。
新阪急ビルを過ぎると駅前第4ビルの前です(阪神百貨店がとぎれてから150mくらい)。歩道が広く遊歩道のようになっていて宝くじ売り場などがあります。
ここをそのまま進むと次のビルが目的の第3ビルです。
もっと近道はあるのですが、わかりやすいと思われるルートを書きました。
大阪駅中央南口から500mくらい、10分もかからないでしょう。

5年以上前とは言え、行ったことがあるのですから歩いているときっと思い出すでしょうね。
なまじ地下道(地下街)を通るとわかりにくいです。地上を歩きましょう。このあたり5年前とそれほど変わってはいません。

大阪駅中央口1階(南口です。大丸やホテルグランヴィア大阪がある方)に立ってみましょう。
いやでも目の前に阪神百貨店が見えます。この阪神百貨店に向かって広い横断歩道を渡り(50mくらい)、渡り終えたらすぐ左へ、百貨店の建物に沿って進みます。しばらくは左側に大阪駅が見えています。
建物に沿ってそのまま行けば自然と右方向へゆるーいカーブで曲がります(百貨店は角にあるので)ここまで約100m。
阪神百貨店が途切れると道を渡り、続いて新阪急ビル(建て替え予定)の前を進みます。左側の広い道路は...続きを読む

Q明治六年の政変「征韓派参議の下野」の参議とは?

この夏、20歳から大学進学を目指している者です。
目指すは立命館と関西学院。がんばらなくては!!

日本史を明治から始めています。(予備校の先生にアドバイスいただいて。)
明治六年の政変のところで、征韓派の西郷らが下野しますが、「参議」とは何ですか?しょうもない質問かもしれませんが、教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

明治初期の「参議」とは今で言えば「**大臣」くらいの地位です。

QJR大阪駅から大阪駅前第3ビルまで

表題の通り、JR大阪駅から大阪駅前第3ビルまで行きたいのですが、分かりやすい行きかたを教えていただけませんか?
何か表示が出てたりするのでしょうか?

ちなみに京都方面からJR大阪へ向かいます。何出口から出れば良いかも知りたいです。

ついでにJR大阪駅から第3ビルまで向かう間にコンビニはありますか?

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

地下からのルートの場合は

大阪駅の中央改札を出て右に曲がり南方面へ向い階段を降りて
左右両側に大丸地下入口がある通路をそのまままっすぐ南下します。
http://www.jr-odekake.net/eki/premises.php?id=0610130

左側に阪神百貨店が見えてきますがその通路も曲がらまっすぐ南下します。
少し歩くとすぐに3方向に分かれた通路がありますので
真ん中(感覚的には斜め左方向)の通路を歩いて行き
しばらくすると左側に第4ビルのB2F入口があり
(左右両側に金券ショップがあるのが目印になると思います)
これらは平面で繋がっているのでここでの階段の乗降は一切ありません。
http://www.oud.co.jp/ds/chika.html
http://osaka.atcity.jp/store/store_all_list.asp?area_point=4&area_num=30

第4ビルに入って突き当たりまで行き右に曲がって歩いていくと
第3ビルに入っていきます。
http://osaka.atcity.jp/store/store_all_list.asp?area_point=4&area_num=8

第4ビルと第3ビルの境界付近の第4ビル側のB2Fにファミリーマートがあります。

地下からのルートの場合は

大阪駅の中央改札を出て右に曲がり南方面へ向い階段を降りて
左右両側に大丸地下入口がある通路をそのまままっすぐ南下します。
http://www.jr-odekake.net/eki/premises.php?id=0610130

左側に阪神百貨店が見えてきますがその通路も曲がらまっすぐ南下します。
少し歩くとすぐに3方向に分かれた通路がありますので
真ん中(感覚的には斜め左方向)の通路を歩いて行き
しばらくすると左側に第4ビルのB2F入口があり
(左右両側に金券ショップがあるのが目印になると思います...続きを読む

Q前田利家と前田慶次郎

どちらも槍の名手ですが どちらが槍使いに長けていたのでしょうか?

義理の叔父と甥の関係で血縁関係は無かったので両者の槍の上手さはたまたま偶然だったと思いますが
利家は 槍の又佐とか 堤の上の槍 と呼ばれたほどの名手だし
慶次郎もそのかぶき者ぶりと槍裁きに秀吉が惚れて100万石で家臣にしようとした程です

甲乙つけがたいとは思いますが どちらがすぐれていたのか教えてください

Aベストアンサー

前田利家は赤母衣衆として働き実際に槍により武功をあげたわけですが、慶次郎利益の武功は関ヶ原時であり60前後ですよね?それ以前も前田家の一員として当然戦場に出たわけですが、ほとんど個人としての記録はないわけで、戦場で実際に槍を振るって強かったと我々が判断するのは無理があります。
おそらく歌舞伎者として、演武のごとく人前で槍を振り回すのは強かったが戦場でとなると人並みだったのではないでしょうか?

ただし武将としては没落後の上杉家でも厚遇で召し抱えられたのですから、かなりのものだったのでしょう。

Q大阪駅前第3ビル地下の古本屋さん

大阪駅前第3ビルの地下に古本屋さんがあったと思うのですが、今でも存在しているのでしょうか?
十年近く行っていないので、最近気になっているのですが…。
ホームページで店舗の一覧を見ても「古本」のカテゴリがなかったので、もしや…と思っています。

ご存知のかた、教えて下さい。

Aベストアンサー

まだありますよ.
一部閉店しているかもしれませんが.
どうぞ行ってみてください.

Q前田慶次郎の前田家出奔のエピソードについて

真冬のある日、前田利家が前田慶次郎がに風呂をすすめられ湯殿に入ると湯船には冷水が浸っていた。激怒する利家を後目に慶次郎はそのまま前田家を飛び出してしまった。
と、有名なエピソードがあります。
さて、これは実話なのでしょうか?
実話でしたらその出典は何処に残されているのか?
創作でしたらいつ頃誰が流したものなのか?
ご存じの方、いらっしゃいますでしょうか?

多くの小説やコミックでは、利家が湯船に浸かると冷水だったので慌てて飛び出した様な描写で描かれているものも少なくありません。
ですが、真冬に湯気も熱気もたっていない湯船に手なり足なり浸かるとは思えません。
実話にしろ創作にしろ、初出ではどう書かれているのでしょうか?
差し迫った問題ではないのですが、気になりましたので投稿いたしました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

18世紀前半、備前岡山藩士湯浅常山が著した「常山紀談」にこの話があります。この本は随筆集で当時民間に伝わっていた14~16世紀にかけてのいろいろな話を集めたものです。該当部分は巻16の「前田慶次が事」にあります。その中の記載は次の通りです(原文を現代仮名遣いで)。
 「利大(慶次郎のこと)は文学を嗜み、さまざま芸にも達せり。滑稽にして世を玩び、人を軽んじけるゆえ、利家、教訓せらるること、たびたびに及べり。利大、大息ついて、たとえ万戸侯たりとも、心に任せぬことあれば、匹夫も同じ、出奔せんと独り言せしが、ある時利家に茶奉るべき由いいしかば、悦びて慶次が許に来られしに慶次、水風呂に水を十分にたたえてかくし置き、湯風呂の候、入り給わんやと横山山城守長知をもていえば利家よかりなんとて浴所に至る。慶次自ら湯を試みて、よく候といえば、利家、何の心もなく風呂に行かれしに寒水をたたえたり。利家、馬鹿者に欺かれしよ引き来れといわれしに、慶次谷風という逸物の馬を裏門に引き立てさせて置きたりしに打ち乗り、出奔しけるとぞ。」とあります。また、大日本人名辞書(明治19年発刊の人名辞典)の前田利太(ママ)の項に同じような話(ここでは馬の名前が松風となっています)があり、出典は翁草とあります。翁草(京都の町奉行所の与力を退職した神沢杜口が表わした歴史見聞録)も湯浅常山と同時代の人の著作ですので、割合世に知られていた話と思います。

18世紀前半、備前岡山藩士湯浅常山が著した「常山紀談」にこの話があります。この本は随筆集で当時民間に伝わっていた14~16世紀にかけてのいろいろな話を集めたものです。該当部分は巻16の「前田慶次が事」にあります。その中の記載は次の通りです(原文を現代仮名遣いで)。
 「利大(慶次郎のこと)は文学を嗜み、さまざま芸にも達せり。滑稽にして世を玩び、人を軽んじけるゆえ、利家、教訓せらるること、たびたびに及べり。利大、大息ついて、たとえ万戸侯たりとも、心に任せぬことあれば、匹夫も...続きを読む

Q枕草子 中納言参り給ひて について

高校2年のものですが

清少納言が、「さては、扇のにはあらで、海月のななり」と発言したのは何に対する返答か。
その一文を抜き出せ。

という問いがあったのですが、まず解答候補として 
「さらにまだ見ぬ、骨のさまなり」
「まことにかばかりのは見えざりつ」

の二つが考えられますが、 僕は、まず清少納言の発言は 中納言に対するものなので
中納言のセリフである「まことにかばかりのは見えざりつ」 が適当であると思います。

しかしその問いの答えは、「さらにまだ見ぬ、骨のさまなり」 となっていました。
しかしこれは、中納言ではなくほかの人が言ったセリフであるから不適当だと思います。

なぜこのような解答になるのでしょうか教えてください。

Aベストアンサー

 2番回答者です。お礼中の再質問を拝見しました。

> 中納言の言った「まことにかばかりのは見えざりつ」

 かばかりの=これほどの とは、

 "これほどの"映画は見たことがナイ、"これほどの"演奏は聴いたことがナイ、とは、実際にすばらしい名画を見たり、すばらしい演奏を聴いたりして、体験して、以前見たり聴いたりしたものと比較して、それで初めて言える言葉ですよね。

 映画を生まれて初めて見た人は、「これほどの映画は見たことがない」とは言いませんから。

 なんどもくどいですが、「かばかりの」「これほどの」という言葉は、「前にした体験」と「比較」するときの言い方なのです。

 つまり中納言の「まことに"かばかりの"は見えざりつ」とは、最近入手したすばらしい骨を「ほかの、見た事がある骨と比較して」言っているわけです。言外に「いろんな骨を見てきたけれども」と言っている言い回し(表現方法)です。

 「扇の、いろんな骨を見てきたけれども、これほどすばらしい骨は見られませんでした」という意味になります。

 中納言が過去に何度も骨を見たんなら、それらの骨はクラゲの骨ではありえませんよね。

 見た事があって、クラゲの骨ではありえない物に対し、「誰も見たことがナイなら、それはクラゲの骨でしょう」と言っても、会話がなりたちません。(もちろん、何度も見た骨ならクラゲの骨でしょうという話も冗談にならない:クラゲに骨はないから)

 そこまではいいでしょうか。


 それに対して、

> 「さらにまだ見ぬ骨のさまなり」

 とは、 「さらに(まったく) まだ見ぬ(まだ見たこともナイ) 骨のサマなり(骨のようすだ)」 という意味です。

 これも、質問者さんがお書きの通り、すばらしい(扇の)骨を見ての感想なのですが、「言葉としては」、どこにも「実際に見た」という意味が含まれません。むしろ「見たことがナイ」と言っています。

 「骨だ」とは言っていますが、扇の骨だ、とも、言葉の中にはナイです。

 特別に、扇の骨だ、前に見た骨と違う、というような意味(例えば比較の意味)を持たせる言い回し(表現)でもありません。

 「全然見たことがナイ骨だ」という意味です。文章的には。

 となると、

 「さては、(誰でも見た事があるはずの)扇の骨ではなくて、(誰も見たことがないなら)クラゲの骨なのでしょう」という清少納言の言葉は、どちらの言葉に向けられたジョークなのか。

 ですよね。当然、多くの人が言った言葉に対して、だと思います。

---- 
 蛇足です(わからなくてもいいです)が、ご紹介の文の後で、中納言が清少納言に「そのギャグ、私が言ったことにしたい」みたいなことを言っていたと思います。

 自分の言葉に対して言われ得た冗談(クラゲの骨)ではなく、ほかの人が言った言葉に対しての冗談だから、「『見たことがナイ』と言っているほかの者たちに、見たことがナイならクラゲの骨だな、と、私が冗談を言ったことにさせてもらいたい」というふうに言えたんだと思います。

 自分のボケに対して突っ込まれた言葉(ギャグ)をもらっても意味がありません。

 ほかの人がまた「見たことがナイ骨だ」と言ったら、今度は自分が「見たことがナイならクラゲの骨だろう」と突っ込みを入れる。そして突っ込まれた人たちから、「すばらしい突っ込みだ」と感心されたいということだろうと思います。
 

 2番回答者です。お礼中の再質問を拝見しました。

> 中納言の言った「まことにかばかりのは見えざりつ」

 かばかりの=これほどの とは、

 "これほどの"映画は見たことがナイ、"これほどの"演奏は聴いたことがナイ、とは、実際にすばらしい名画を見たり、すばらしい演奏を聴いたりして、体験して、以前見たり聴いたりしたものと比較して、それで初めて言える言葉ですよね。

 映画を生まれて初めて見た人は、「これほどの映画は見たことがない」とは言いませんから。

 なんどもくどいですが、「かばかり...続きを読む

Q従一位左大臣の読み方

どういう読み方なんですか?教えてください。

Aベストアンサー

 おそかった。#1さんと#2さんの言うとおり、「じゅういちい さだいじん」と読むのですね。
 ところで、官職の一覧表を載せておきます。
 http://www.ne.jp/asahi/kiwameru/kyo/kansyoku.htm
 日本の官職は
歴史が古く、律令制の頃からあります。このしくみは明治でも最初合って、憲法ができて廃止されました。http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/7123/hyou.html
こちらも官職の一覧です。位階と官職のかかわりが整理されていて、よりわかり安かも知れません。
 またわからないことがあったら遠慮なく質問してください。私も勉強になるのです。よろしくね。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/7123/hyou.html

Q枕草子の「中納言まいり給ひて」の現代語訳を教えてくだい!

枕草子の「中納言まいり給ひて」の現代語訳を教えてくだい!

Aベストアンサー

参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.e-t.ed.jp/edotori4001/makura/makura.htm

Q「水戸学」は、なぜ水戸で成立したのか?

▼水戸学
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%88%B8%E5%AD%A6

水戸学と言えば、天皇家を日本の君主とする思想です。
水戸家と言えば、徳川姓を名乗る御三家の一つであり、数ある大名家の
中でも名門中の名門です。
この水戸家発祥の思想である「水戸学」が尊皇攘夷思想に大きな影響を
与えて幕府を滅ぼす勢力の原動力となってしまったという事実は、
歴史の皮肉ではないでしょうか。

さて、質問です。
水戸において、このような学問が発達した経緯とは何でしょうか?

徳川家の先祖が新田義貞との関連があり、義貞が仕えた後醍醐天皇を
正当化しつつ、徳川の前の時代の足利を否定するという思惑があったとの
説明がなされる事がありますが、では、「なぜ紀伊や尾張じゃなく水戸
なのか?」という疑問に対しては説明不足な気がします。

Aベストアンサー

水戸学とは簡単に言えば「尊王思想」であり、「将軍は朝廷に代わり政治を行っている代官に過ぎない、なのでもし将軍家が朝廷に弓を引く時は将軍家の命には従わない」と言う感じだったと思います。

水戸が尊王に染まったのは2代藩主光圀からですが、光圀が尊王に染まった理由は敢えて省きます。

尾張、紀州ではなく水戸で何故そのような思想な根付いたかと言うことですが、将軍家の影響をあまり受けなかったと言う事が水戸学が発達した要因だと思います。

つまり、紀州家は徳川吉宗が将軍となって以来、紀州家と将軍家は親密な関係が続き、そのため当然ながら尊王思想は生まれる要因はありませんでした。

尾張家も藩祖義直は尊王思想を持っていたのですが、御三家筆頭と言う事で将軍家に一番近い家と言う事で尊王思想は影を潜め、その後、吉宗が将軍となって宗春の代に将軍家と関係が悪化したものの、義直の系統は宗睦で絶えてからは将軍・徳川家斉の系統が養子として入り、 こちらも紀州家同様に将軍家との関係が密となり、義直の尊王思想は尾張家のは残らなかったのではないかと思います。

水戸家は将軍家からの養子を受け入れていないので、将軍家との関係も他の二家に比べると疎遠で、そのため光圀の思想が強く残り結果として水戸学として残ったのではないかと考えます。

水戸学とは簡単に言えば「尊王思想」であり、「将軍は朝廷に代わり政治を行っている代官に過ぎない、なのでもし将軍家が朝廷に弓を引く時は将軍家の命には従わない」と言う感じだったと思います。

水戸が尊王に染まったのは2代藩主光圀からですが、光圀が尊王に染まった理由は敢えて省きます。

尾張、紀州ではなく水戸で何故そのような思想な根付いたかと言うことですが、将軍家の影響をあまり受けなかったと言う事が水戸学が発達した要因だと思います。

つまり、紀州家は徳川吉宗が将軍となって以来、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報