いま元年式の32スカイラインに乗っています
スタンドでも働いてるのでLLCの交換をしてみたのですが
抜いたクーラントが恐ろしく黄色いです。綺麗なメローイエローです。
交換する機械はシリンダーが二つあるシタイプのをつかっています
前回交換したときはヘドロのようなものがでてきて何回も交換して透明な水になってかたLLCをいれましたが
今回は黄色です。。今日も1時間くらい交換し続けましたが気持ち色が薄くなったくらいで終わりました。
サビでしょうか?サビだとしても何十リットルも換えてますが透明にならないものですか?
はたまたオイルが混じってるのでしょうか?オイルをみても減りもなく綺麗でLLCが混じった形跡はあまり感じられません。
防錆や洗浄剤などのは塩酸がはいってて洗い残すと危険とか聞いたのでひたすら水で交換しています。
なんなのでしょうか…あのメローイエローは…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

現代の車は冷却系は複雑になっています。

クーラントチェンジャーを使用して交換したようですが、これでは完全に綺麗にはなりません。

完全に綺麗にしたいのならば手間は掛かりますがこの方法で行うと良いですね。
まず冷却水用のフラッシング剤(遅効性タイプ)を入れてしばらく走行してから、各部の冷却口ホースを外し(ヒーターホース、ラジエター上下ホース、サーモスタット)て、ホース口に水道のホースを突っ込み、水を流す事を各冷却口で行えば完全に綺麗になります。
綺麗になったら元に戻してクーラントを注入すれば良いですね。ただ、エア抜きは十分に行う事を忘れずにして下さい。あとクーラントの濃度点検も忘れずに!!(寒冷地の方なら特に)

>なんなのでしょうか…あのメローイエローは…

それは冷却系統にこびリ付いていた緑色のヘドロが少しずつ取れて行くのでそのような色になるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしか32ではサーモをはずすのはたしかオルタをはずすさないと厳しいので…
やっぱりヘドロなんですかね~フラッシング剤をつかってみようかとおもいます
あとエア抜きって…あんまり気にしたことがないのですが..。エンジンのところにはエア抜きのネジとかありますがつかったことないです勝手に抜けていったりしませんか??

お礼日時:2005/04/18 12:19

LLC緑を使用していてコンディションが悪くなって錆びが廻ると・黄緑・黄色・橙色・さび色になったりします。


私は冷却液を入れ替える時、数時間かけて30回ぐらい水を入れ替えます、もちろんサーモスタットが開くまでし、ヒーターを効かせます、早く開く夏でないとやってられません。
ドレインを開けたり閉じたり、ラジエター口にホースを突っ込むので、水が頭から掛かってしまうからです。
洗浄はいつも綺麗な方ですので水しか使いません。
エア抜きは、1日経つと減るので補充します。
冷却水交換は毎年します。
ホルツのラドウェルを使用した方がいいかもしれません。
    • good
    • 0

#2です。


>たしか32ではサーモをはずすのはたしかオルタをはずすさないと厳しいので…

エンジン冷却系統内をすべて綺麗にしたいと思っているのならそれくらいの努力はしないと・・・。
それにRB系のサーモは液体パッキンで止められていますので、液体パッキンが手に入ればサーモも外した方が綺麗になります。


>エンジンのところにはエア抜きのネジとかありますがつかったことないです勝手に抜けていったりしませんか??

時間を掛ければ自然とエアは抜けはします(2~3日かかります)が、エアが抜けるまではエンジン不調(オーバーヒートやハンチング、等)が起こったりしますのでエア抜きだけはきちんと行って下さい。(手間を省くと後でとんでもない事が起こる恐れがあるので、きちんと手間を掛けてでも作業は行う事!
そう言った事をしたくなければ、初めから作業をしない事!)

※エア抜き及びエア抜きビスの使用方法は、クーラント注入時にビスを外してから(銅ワッシャーが嵌っているので無くさないように!)クーラントを注ぎエア抜き穴からクーラント出て来たらビスを付ける。そして通常にラジエターキャップ口一杯にクーラントを注ぎ、エンジンを掛けサーモが開くまで待ち、(その間、水温系やクーラントの変化に注意!)サーモが開いたらクーラントをラジエターキャップから溢れるまで注ぎ、キャップを付ける。
また、ヒーターを最高にしてエンジンを2000rpmほどの保ち水温系の動きを見る。
水温系が安定しているのなら、エンジンを止めそのまましばらく放置する(放置する時にリザーブタンクにクーラントを補充して置く事!)
エンジンが冷えたらリザーブタンクのクーラント量を点検し(減っていたら補充)その後試乗して車に異常が無いかを点検する。異常がなければエア抜きは終了です。
ただし、2~3日リザーブタンク内のクーラント量変化には注意する事!
    • good
    • 0

こんにちは


現在のクーラントは赤と緑とメローイエローような黄色がありますが、それが入っていたのではないでしょうか?
確かトヨタなどで使用しているSLLCスーパーロングライフクーラント?は黄色だったと思いますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
クーラント自体は毎回ホームセンターで売ってる緑をつかってますよ~

お礼日時:2005/04/18 12:26

現車を見ていませんので何とも言えませんが、冷却水系は複雑な回路になってるので、完全に透明になるには恐ろしい程、時間が掛かると思います。



ラジエターのドレンを抜き、ラジエターキャップ部分に水道のホースを突っ込み、清水を送りながら暫くアイドリングする方が綺麗に成りやすいと思います。
(それでもヒーター回路の汚れがあるので暫くするとまた濁り水が出てくるでしょう)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
昔一回その方法をやったことあります!がそのころはサーモやヒーターのことを考えてもみませんでした
時間があるときにやってみたいと思います!

お礼日時:2005/04/18 12:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水の自然蒸発について

水を熱すれば熱エネルギーを得て沸騰し水蒸気になるのはわかるのですが、
垂らした水が自然に蒸発して水蒸気になるのがわかりません。
熱エネルギーを得て水蒸気になる過程で沸騰は伴わないのですか?

Aベストアンサー

あなたが勘違いされているのは、水蒸気と水滴をごっちゃにしておられるのではないでしょうか?
水蒸気は気体です。目に見えません。
これが凝縮すると水滴になります。
雲は水滴の集合です。目で見えます。

>水は0度以下で固体、0~100までが液体で、100度以上で気体・・・と習った

この考え方は基本的には正しいのですが、ちょっと誤りがあります。
それは、「液体は(時には固体も)すべて蒸気圧を持つ」ということです。
下の表を見てください。
http://www.sotodan.com/library/Goff.html

水は5℃で6.54mmHgの蒸気圧を持ちます。
これは大気圧760mmHgのもとで、0.86%・・・言い換えると空気1m3中に、7gの水蒸気を
含むことができるということです。
(7g含んだ状態を相対湿度100%といいます)

30℃になると、31.83mmHgの蒸気圧を持ちます。
これは大気圧760mmHgのもとで、4.19%・・・
言い換えると30gの水蒸気を含むことができるということです。
(30g含んだ状態を相対湿度100%といいます)

つまり水は100℃になるまで、絶えず蒸発しているのです。
100℃になると水の蒸気圧は760mmHgになり、100%水蒸気になります。
この状態が沸騰です。

前記の表はわかりにくいので、グラフを付けておきます。
このグラフは空気中に含むことができる水蒸気の量をg/m3で表しています。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/shitsudo1.html

参考URL:http://www.sotodan.com/library/Goff.html

あなたが勘違いされているのは、水蒸気と水滴をごっちゃにしておられるのではないでしょうか?
水蒸気は気体です。目に見えません。
これが凝縮すると水滴になります。
雲は水滴の集合です。目で見えます。

>水は0度以下で固体、0~100までが液体で、100度以上で気体・・・と習った

この考え方は基本的には正しいのですが、ちょっと誤りがあります。
それは、「液体は(時には固体も)すべて蒸気圧を持つ」ということです。
下の表を見てください。
http://www.sotodan.com/library/Goff.html

水は...続きを読む

QLLCの交換時期について

今日GS.で給油した時、”LLCが汚れているので交換した方が良い”と言われました。
LLCはどんな目安で交換すべきなのか、教えて下さい。
因みに、車は2000cc、セダン、年間走行距離は、約5000km
位です。

Aベストアンサー

交換サイクルは下記の方がご記入されてますので省きますが、
最近のLLC交換は町工場でも敬遠されてるのが実情です。
LLCは廃棄物処理法により規制されている現状、垂れ流しできない(下水道に流せない)のです。
しかしながら、LLCの劣化によりラジエターの腐食により水漏れ、詰まりも多いのも現実です。
GSのおすすめも微妙ですが、沸点が下がって来ている、錆びや油が混入している等の的確な説明の元になら行っても構いません。
その際、確認して欲しいのが「LLCリサイクラー」を設備しているかどうかです。
今は古いLLCを廃棄し、新品交換という方法はあまりとられません。
nkcoleさんのお車から抜いたLLCをろ過させ、適当(適するに相当するもの)な添加剤を加え、再注入。
という方法がとられています。

Q輸入車用クーラント(ドイツ車)とは?

クーラント交換を計画しています。(BMW)
クーラントで「輸入車用」というのを耳にします(正確にはサイトで目にします)
また、国産のものでも問題ない、とのサイトも目にします。

先日オート●クスで「輸入車用」のクーラントが販売されていました。
また、比較的多くのホームセンターで売られている
「KURE」(大手の呉です)のクーラントには「輸入車には使用できません」と記載されていました。

先日のこのサイトでも「ベンツはクーラントの通り道が狭いので国産の物はNG」とありました。

質問)輸入車用のクーラントと国産の物のは具体的に何が違うのでしょうか?何を確認すれば輸入車に使えるかがわかるのでしょうか?(輸入車といってもいろいろあるのでここではドイツ車で、更にはBMWで教えてください)

Aベストアンサー

輸入車用のクーラントはノーマルに比べて、冷めやすい性質を持っているそうです。
ドイツなどヨーロッパは日本ほど暑くないので、ドイツ車の冷却システムも日本車ほど強力ではないようです。その冷却システムにノーマルのクーラントを入れると、一度熱を持った場合、なかなか冷えなくなり、エンジンを冷却するという、クーラントの性能が出なくなってしまいます。
特殊な成分の入っている輸入車用クーラントであれば、一旦熱を持っても、循環して行くうちに、ファンや走行中の風で水温が下げられ、またエンジンを冷却することができるようになります。
私もBMWですが、以前は国産車用クーラントをかまわず使っていました。その頃はクーラントがよく減り、補充するようにとのメッセージがたぼたび現れました。その後、輸入車用に変えると、クーラントが減らなくなりました。熱による膨張が少なくなり、エンジンルームであふれる量が減ったのではないかと思っています。
BMWの場合、極力、輸入車用にした方がよいと思います。参考になれば幸いです。

QフィットのLLC交換

今週に気づいてリザーブタンクのLLCの量がLOWになっていましたので、
新車買っておきながら、そろそろ2年だし、ついでに交換しようと決行
してしまいました。後になってメンテナンスノートをよく見た所11年
持つと書いてあり量だけを見て良しとした私は早とちりでした。
 今の状態は、緑の50%を使い規定量の半分しかLLCは入りませんで
した。そのごアイドリングをするとマフラーから水か噴出し、交換と
関係があるのかと勘ぐって不安があります。ガスケットじゃないこと
を祈るばかりです。
 はじめからディーラーに行けばよかったのですが、挑戦したさが
たたって身動きできない始末です。明日電話してみます。
そして、その前に何かわかればと思って書き込みました。

FIT(16年後期)不安に思うことです
運転席からは水の流れる音がオーディオ付近から聞こえ、アクセル少し
踏めば同じように大きく音がします。LLCの空気を抜ききってない為
だと思いますが、アイドリングを3分続けてもマフラーからは水が吹き
出していて素人ではうろたえてしまい、それ以上はできませんでした。
 フィットのLLCの交換の仕方と空気抜きはどうすればよかったのでしょうか?
 マフラーの水は約15度の気温だったからでしょうか?

今週に気づいてリザーブタンクのLLCの量がLOWになっていましたので、
新車買っておきながら、そろそろ2年だし、ついでに交換しようと決行
してしまいました。後になってメンテナンスノートをよく見た所11年
持つと書いてあり量だけを見て良しとした私は早とちりでした。
 今の状態は、緑の50%を使い規定量の半分しかLLCは入りませんで
した。そのごアイドリングをするとマフラーから水か噴出し、交換と
関係があるのかと勘ぐって不安があります。ガスケットじゃないこと
を祈るばかりです。
 はじめか...続きを読む

Aベストアンサー

マフラーからの水は、燃焼による水蒸気またはマフラー内の水と思われます。

エンジン内を循環している水が、シリンダー内に混入したとすれば、エンジンオイルが白濁しますのでチェックしてみてください。

ラジエタのエア抜きは、2リットルのペットボトルの底を抜き、口側をラジエタキャップを外したところにつっこんで水とLLCを注ぎ入れます。
(口の部分が緩い様であればウエス等で隙間が無い様にしてください。)

エンジンをかけ徐々に継ぎ足していきエアを抜きます。
暖まってくると膨張しあふれることもありえますので注意しながら継ぎ足していってください。

あと、冷却水は車内のヒーターとして利用しています。つまりエンジンルームより車内に流れ込んでいます。

交換とのことですが、ラジエターのドレンから排出されての交換ですよね。
厳密に言うとヒーター内の古い冷却水は抜けきっていないです。
車内へ行っているホースを外し、そこへ水道ホースをつなぎ洗うと驚くぐらいの汚れが出てくると思います。(もうLLCをいれてしまったらもったいないので次回チャレンジ下さい)

マフラーからの水は、燃焼による水蒸気またはマフラー内の水と思われます。

エンジン内を循環している水が、シリンダー内に混入したとすれば、エンジンオイルが白濁しますのでチェックしてみてください。

ラジエタのエア抜きは、2リットルのペットボトルの底を抜き、口側をラジエタキャップを外したところにつっこんで水とLLCを注ぎ入れます。
(口の部分が緩い様であればウエス等で隙間が無い様にしてください。)

エンジンをかけ徐々に継ぎ足していきエアを抜きます。
暖まってくると膨張しあふ...続きを読む

Qクーラント と アスファルト

しばらく乗っていなかった車を今日しばらくぶりに乗ったところ
アスファルトが濡れていました
どうもクーラントを循環させるホースに亀裂があり
即工場に入れ修理と相成りました。
それはいいのですが、
クーラントで濡れたアスファルトです。

いまだに乾いていないのです。
 
クーラントとは蒸発するものなのでしょうか?
クーラントとアスファルトは化学反応のようなものをするのでしょうか?

識者の皆様、ご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

簡単に洗ってすぐに綺麗になれば
クーラントですが
ずっと乾かない感じだと
何かしらオイル系ではないでしょうか?

Qオイルとオイルエレメントは同時交換

オイル交換2回でエレメント一回してますが、同時交換できず、1週間ほどずれる場合、どちらかを先にすると不都合がありますか。まったく独立に考えてどちらかを少し先にしてもよいですか。

Aベストアンサー

エレメント交換の際にはオイルをかなり抜いておかないと、漏れ出てきて、エンジンや床、作業者を汚します。

エレメントが先の場合、古いオイルがエレメント内に残ることになります。
新しく、オイルを少量継ぎ足さねばなりません。
又は、一度オイルを抜きますが、再度入れる場合にゴミが入る可能性があります。
オイルが先の場合、新しいオイルを排出してエレメントを外すことになります。
どちらもゴミが入るリスクを背負います。
どちらを許せるかですね。

できたら、2週間先延ばしにしても同時交換がお勧めですが。

Qバイクのクーラントが漏れている?

私が乗っているバイクはGSR-750 何ですけど昨日バイク屋でオイル交換をしてもらった時にクーラントがかなり減っているからもしたらシリンダガスケットが歪んで燃焼室にクーラントが流れこんでいるかもしれないと言われました、
その後すぐにクーラントを買い継ぎ足しました。
しばらく走ってバイクを止めているとバイクの下から緑色の液体が流れており、
それは先ほど足したクーラントでした。
触ってみると暑くはなく、クーラントサブタンクの入り口付近のホースから出ているようでした。

質問なんですが、
1.なぜそんなところから排出されているのか?

2.それは大丈夫なことなのですか?

詳しい人がいれば教えてください!

Aベストアンサー

水は温度によって体積が変わります。
なのでラジエターにサブタンクが設置され、クーラントの体積変化による過不足分を出し入れしています。
(サブタンクのHラインは満タンではなくもっと下にあります)

もしクーラントを補充した際に入れすぎた、というならその分があふれただけです。
あふれたクーラントが付着した部分の汚れとか錆とかの問題はあるでしょうが基本的には問題ないです。

問題はご懸念のヘッドガスケットがだめになっているケースです。
燃焼室枷のガス(排ガスなど)が冷却水の通路へ吹き出してクーラントを押し出しているというものです。
このままならガスケット交換のみならず劣化する範囲が広がっていく可能性が高いです。

バイク屋さんにそっちの点検/修理を依頼するとかになります。検査用のケミカルとかもありますけど・・・
http://www.straight.co.jp/item/15-109/

Qオイルとオイルエレメントの交換時期

今年の3月末にダイハツのム-ブラテ、軽自動車を購入しました。
走行距離は約2000kmです。9/1に点検してもらうことに
なっているんですが、オイルとオイルエレメントは変えた方がいいと
思うと言われました。点検の費用は無料ですが、オイルとオイルエレメント
の実費は5000円弱かかると言われて、無料点検だと思っていたので。
こんなものなのか?はじめての車で、わからないので、教えてください。

Aベストアンサー

まず、説明書に正式な交換サイクルが掲載されていますので、そちらをご覧下さい。私の車の場合は、1万5000キロ、或いは1年でオイルとエレメントを同時交換で良いと書かれています。質問者さんのラテはどうなっているでしょうか?また、整備手帳もあると思うのですが、そこにはシビアコンディションというものの説明があります。これは、特定の厳しい条件で車を使う場合は点検、油脂類交換のサイクルを早めにするというものです。

http://www.tt.rim.or.jp/~primo/HONDA/service.htm#08

↑はホンダのシビアコンディションです。ダイハツとそう変わらないはずです。

ですから、本来は説明書/整備手帳に書いてある交換サイクルで良いのですが、この距離は保障期間内を故障無く乗り切れるギリギリの距離とお考え下さい。

ラテを大切に乗りたい、長く乗りたいという場合はオイル交換、エレメント交換のサイクルを短めに取るべきだと思います。特に軽自動車はエンジンを多めに回転させるのでオイルの劣化も早いです。私も軽自動車に乗っていますが、3000キロ毎に、エレメントは二回に一回のサイクルで交換しています。3000キロというのは若干短めですが、費用も自分でやれば安いのでこんな感じです。それでも5000キロに一回はオイル交換が必要だと思います。エレメントは二回に一回くらいでいいでしょう。

・無料点検なのに5000円?について
これは新車の価格に点検費用が入っているのでタダなんです。しかし、オイル/エレメント交換は、一般整備になるので実費になります。ディーラーは12ヶ月点検や車検ではオイル交換/工賃無料になることがありますが、基本的には割高です。オイル交換くらいの作業なら簡単ですので値段が安ければイエローハットやジェームスなどカー用品店でやってしまっても問題ありませんよ。ただし、そういった店ではいろんな種類のオイルがあるので、質問者さんにはこの機会にエンジンオイルに対する知識を持ってもらいたいなと思います。奥が深いですからね。

まず、説明書に正式な交換サイクルが掲載されていますので、そちらをご覧下さい。私の車の場合は、1万5000キロ、或いは1年でオイルとエレメントを同時交換で良いと書かれています。質問者さんのラテはどうなっているでしょうか?また、整備手帳もあると思うのですが、そこにはシビアコンディションというものの説明があります。これは、特定の厳しい条件で車を使う場合は点検、油脂類交換のサイクルを早めにするというものです。

http://www.tt.rim.or.jp/~primo/HONDA/service.htm#08

↑はホンダのシビアコ...続きを読む

Qクーラント交換について

この度クーラントを交換しようと思っているのですが、ネットで調べて学んだ僕の認識と正しいやり方があっているか、もし間違っていたらご指摘いただきたいです。

まず古いクーラントを抜く。その後、水道水で軽く洗浄しバイクを傾けたりして水を出し切る。次の新しいクーラントを入れる。クーラントを入れ終わったら、エア抜きの為にバイクを傾けたりしてクーラントが全体にいきわたるようにする。それからエンジンをかけて再度エアーを抜く。ある程度エアが抜けたら、リザーバータンクにも規定値を入れて交換終了。後日リザーバータンクを確認し、減っていたら継ぎ足す。以上のような工程でよろしかったでしょうか?


また、新しいクーラントを入れる際は、あらかじめクーラントと水道水を混ぜ合わせたやつを入れるべきでしょうか?それともまず原液のクーラントを入れてから、規定の濃度になるように水道水を足すのでしょうか?

またエア抜きをする際(バイクを傾けるときとエンジンをかけるとき)はラジエーターキャップは外したままでよかったでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水道水での通路洗いはステップとして通常必要ありません。

通常は以下のステップで交換します。

1.古いクーラントを抜く

2.ドレンを締める

3.クーラントをラジエターキャップから注ぐ

4.エンジンをかける(冷却系等が長いビッグスクーターなんかは、エンジンをかけたままホースを叩いたり揉んだりしてエアを逃がします。

5.ラジエターキャップの液面が下がるので、その分継ぎ足す

6.液面が変化しなくなったところでラジエターキャップをする

7.リザーバータンクに適量入れる

以上です。

エンジンをかける際はラジエターキャップは開けたままです。ポコポコいいながらどんどん液面が下がっていくはずです。

通常は、あらかじめ水と混ぜた混合液を入れます。横着して原液を入れてから真水を継ぎ足してもいいのですが、水を入れすぎないようにしてください。あまり薄くなりすぎると、腐ります。結構激しく循環してますので、自然に混ざります。

Qオイル交換 オイルジョッキに塵が入り水洗いは?

お世話になります

オイル交換のときにオイルジョッキに塵・砂ぼこりが入りました
エンジンに塵が入らないようにそのオイルは捨てましたが 塵・砂がジョッキ内に残ってしまい
仕方が無いのでジョッキの中を水洗いし塵を除去しました
そこで 下記疑問があります

(1)洗った後 水を可能な限り切りましたが 時間が無いのでその後にオイルを入れ エンジンに入れました ほとんど水滴は無いはずですが 不都合はあるでしょうか?

(2)ほんの「わずか」な塵・砂の場合 エンジンへの影響は気にしなくていいでしょうか? オイルエレメントがあると考えて そのままオイルを入れてよかったのでしょうか?

(3)上記とは関係ありませんが 市販のオイル添加剤は効果を期待できるでしょうか? 
安いオイルと同等の値段がしますが 入れるとエンジンに良い影響があるでしょうか?
それとも 単に企業の宣伝におどらされるだけでしょうか?


以上 ご存知の方がおられましたらお教えください

Aベストアンサー

1.微量の水分は、仕方ないレベル 気にしない
自分なら ウエスで 拭き取り 新しいエンジンオイルで 洗い ウエスで拭き取ります。
水 異物は使用しませんねー

2.程度の問題です 微量の埃は 入っちゃう物
ディーラーも整備工場も 無塵室で作業してる訳ではないので
砂は粒が デカイので 良くないです。
目に見える埃砂は 除去すべき問題です。

3.考え方や 物によりけり
ケミカル技術の 進歩は目覚ましく 良い添加剤と エンジンの相性(材質など)が合えば また症状と 添加剤の狙ってる効果が合えば 効果は出ます。
綺麗なエンジン内部に 洗浄系添加剤を入れても 効果はわずかで 体感など感じません。

高ければ効果が有りそうと考える 日本人の心理を突いて 高価な添加剤も有ります。
エンジオイルも同じで 高いから良い成分とも限らず 自車のエンジンにマッチングするオイルかです。
安くて(妥当な価格)も良いOIL・添加剤も有ります。

それなりのメーカーの添加剤で 添加して壊れたと言う方も居ますが
不調やトラブルを抱えてるエンジには、悪影響を及ぼす事も有ると言う事でしょう
問題なくそこそこ快調なエンジンに添加することで 効果が期待できる物だと思います。
軽度の圧縮比低下なら 添加剤で回復 大きな圧縮漏れは 添加剤では直せません 部品の修理が必要

市販添加剤は、どの車にも入れても良い様に作られてるので 市販の風邪薬的総合感冒薬かな?
チューニングショップがオリジナルブレンドしている添加剤などは シリンダーやピストンリング メタル材質を考えのそエンジンで テストして作ってるので 効果は高い物が有ります。
回転フリクションロスを抑えるもの トルクを上げるもの メカノイズを下げるものなど 目的別に添加出来ます。


大雑把に評判良い添加剤は
モリブデン系は、アットザウルス(100%化学合成油とモリブデン添加剤は相性が良くないみたい半合成油で試すのがお勧め)

ワコーズ ケミカルでは有名なメーカー エンジンオイルも売ってるが ベースオイルは良くなく添加剤で性能出してると 嫌味を言われるメーカーですね 目的別に多種添加剤有り

バーダル 比較的買いやす価格で オークションに出てます。 リングイージーや極みがお勧め
洗浄系は ETF シュアラスターループ添加剤は、バーダル社製です。

他に効果が高い製品も有りますが 価格が高いので 試してません

モーターアップも 試しましたが 少し軽くなる感じ 次にエンジンオイルを交換すると 効果が残りません

今まで マイクロロン、ヤフオクのマイクロロンもどき粉、テフチューン、KURE、バーダル、ワコーズ、スミコー、モーターアップ、STPなど 試してきましたが どれも悪影響は出た事が有りません。
取りあえず 何を試しても 異常の無いエンジンなら 問題なく試せるでしょう。
オイルに含まれる添加剤と後入れ添加剤の成分が 喧嘩するなど?
特殊なエンジンオイルでなければ 問題は発生しないのでは? 自己責任での判断ですよ!

添加剤の相性より エンジンオイル単体の性質とエンジンとの相性の方が 大きいと感じます
スバルターボ車で クエーカーステート、BPγは 高回転回らなかったです。直ぐに 使い慣れたSUNOCO ズベルトに交換しました。

1.微量の水分は、仕方ないレベル 気にしない
自分なら ウエスで 拭き取り 新しいエンジンオイルで 洗い ウエスで拭き取ります。
水 異物は使用しませんねー

2.程度の問題です 微量の埃は 入っちゃう物
ディーラーも整備工場も 無塵室で作業してる訳ではないので
砂は粒が デカイので 良くないです。
目に見える埃砂は 除去すべき問題です。

3.考え方や 物によりけり
ケミカル技術の 進歩は目覚ましく 良い添加剤と エンジンの相性(材質など)が合えば また症状と 添加剤の狙ってる効...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報