長らくブリタを愛用しているものですが、カートリッジはいつも日本仕様のものを購入しています。先日ネットオークションを見たところ、ドイツ製のカートリッジが6本3000円くらいの格安で販売されているのを見ました。外見は同じようなのですが、日本仕様の半額以下という安価な価格です。カートリッジの中身が全く異なるのでしょうか?日本の水とドイツの水ではあまりにも違いすぎるので効果がないのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

我が家では、友人がドイツに住んでいるので分けてもらったことをきっかけに、ドイツ仕様を使っています。


3000円というのはブリタ純正でしょうか?ヨーロッパでは、ブリタでもライカでも使えるユニバーサルカートリッジというのがあって、「ブリタに使える」とあっても「ブリタ製」ではないこともあるので、その点は確かめられたほうがいいかもしれません。
ユニバーサルカートリッジも一応ヨーロッパの水質基準をクリアしたものなので問題ないのですが、まあブランドの広告費などがのっていないので格安のようなのと、安価なものはカートリッジの「もち」が短いようです。

ちなみに、私が使っているのはパッケージの裏に「www.brita.net」と書かれている「ブリタ純正」のカートリッジです。
もともとブリタはドイツですから、品質についてももちろん問題なく、とてもおいしく飲んでいます。コーヒーにもお茶にもおいしく使えていますよ。
サイズも同じですね。使いかたは、「初めて使うときはポット2杯分の水を捨ててから使う」という日本製カートリッジと同じ方法です。それにより黒い粒も出なくなりますし、水道水独特の苦手な匂いもとりのぞかれます。へんな匂いも全くしません。

各国仕様があるのは、その国の水に合わせておいしさを調整する目的のようです。HPを見ると「日本人が"おいしい"と感じる硬度に調整しているから、飲みやすく口当たりまろやか。」とあります。
つまり、その国に合わせて「まろやか」にするのが目的というわけですよね。
ドイツは硬水が多く、日本は軟水が多いと言われますよね。ブリタの目的が「一次硬度を取り除き、軟水に近づける」ことだと思います。日本仕様ブリタのものも使ったことがありますが、味にはさほど特に大きな違いは感じられず、カートリッジがわずかに長持ちするように感じました。あとは個人の好みだとは思いますが……とにかく、料理にも飲み物にもいろいろ使っています。まろやかで、本当においしいですよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございました。ドイツ仕様を使っても問題ないことがわかりました。一番の水の違いは硬水か軟水かということだとすれば、ドイツ製の方が浄化が強力なのかもしれませんね。
お水は体のためにはとても大切なものなので、良いものを飲んでいきたいと思います。ブリタは美味しいですし、安心ですね。色々と教えて頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/25 12:27

NO.2の追伸です。


ヨーロッパの水質基準は高いです。
「不純物を取り除く」基本性能には差がないようですので、あとは「一次硬度を取り除く目的」ですね。
この点は、理論的に考えれば「硬水の国(フランスやドイツ)のものを、軟水の国(日本。一部沖縄は硬水あり)で使う」場合には性能を下げないとしても、その逆である「軟水の国のものを、硬水の国で使う」場合には効果が低いのではないでしょうか。
つまり、「日本仕様」のものを欧米で使う場合には、効果が発揮されないことはあり得ると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

追伸までして頂いてありがとうございます。よく理解できました。

お礼日時:2011/05/25 12:29

我が家でも8年ほどブリタを使用しています。


ブリタの取説及びHP上でも
「日本仕様のカートリッジをお使い下さい。」とあります。
スタイルは同じですが、各国の水質にあわせて(カートリッジの中の)フィルターを調整しているとのことです。

ただ、「カタログ通りの効果が得られない“場合”があります。」とあるので、絶対ダメというわけではなさそうです。
水質が似ている国のものであれば、代用も可能かもしれませんね。
とはいえ、ドイツと日本では水質が違うでしょうから、やはり日本仕様の方がいいように思います。

参考URL:http://www.brita.ne.jp/consumer/pitcher_faq.html
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブリタのカートリッジの違いを教えて下さい。

長らくブリタを愛用しているものですが、カートリッジはいつも日本仕様のものを購入しています。先日ネットオークションを見たところ、ドイツ製のカートリッジが6本3000円くらいの格安で販売されているのを見ました。外見は同じようなのですが、日本仕様の半額以下という安価な価格です。カートリッジの中身が全く異なるのでしょうか?日本の水とドイツの水ではあまりにも違いすぎるので効果がないのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

我が家では、友人がドイツに住んでいるので分けてもらったことをきっかけに、ドイツ仕様を使っています。
3000円というのはブリタ純正でしょうか?ヨーロッパでは、ブリタでもライカでも使えるユニバーサルカートリッジというのがあって、「ブリタに使える」とあっても「ブリタ製」ではないこともあるので、その点は確かめられたほうがいいかもしれません。
ユニバーサルカートリッジも一応ヨーロッパの水質基準をクリアしたものなので問題ないのですが、まあブランドの広告費などがのっていないので格安のようなのと、安価なものはカートリッジの「もち」が短いようです。

ちなみに、私が使っているのはパッケージの裏に「www.brita.net」と書かれている「ブリタ純正」のカートリッジです。
もともとブリタはドイツですから、品質についてももちろん問題なく、とてもおいしく飲んでいます。コーヒーにもお茶にもおいしく使えていますよ。
サイズも同じですね。使いかたは、「初めて使うときはポット2杯分の水を捨ててから使う」という日本製カートリッジと同じ方法です。それにより黒い粒も出なくなりますし、水道水独特の苦手な匂いもとりのぞかれます。へんな匂いも全くしません。

各国仕様があるのは、その国の水に合わせておいしさを調整する目的のようです。HPを見ると「日本人が"おいしい"と感じる硬度に調整しているから、飲みやすく口当たりまろやか。」とあります。
つまり、その国に合わせて「まろやか」にするのが目的というわけですよね。
ドイツは硬水が多く、日本は軟水が多いと言われますよね。ブリタの目的が「一次硬度を取り除き、軟水に近づける」ことだと思います。日本仕様ブリタのものも使ったことがありますが、味にはさほど特に大きな違いは感じられず、カートリッジがわずかに長持ちするように感じました。あとは個人の好みだとは思いますが……とにかく、料理にも飲み物にもいろいろ使っています。まろやかで、本当においしいですよ。

我が家では、友人がドイツに住んでいるので分けてもらったことをきっかけに、ドイツ仕様を使っています。
3000円というのはブリタ純正でしょうか?ヨーロッパでは、ブリタでもライカでも使えるユニバーサルカートリッジというのがあって、「ブリタに使える」とあっても「ブリタ製」ではないこともあるので、その点は確かめられたほうがいいかもしれません。
ユニバーサルカートリッジも一応ヨーロッパの水質基準をクリアしたものなので問題ないのですが、まあブランドの広告費などがのっていないので格安のような...続きを読む

Qブリタのカートリッジ交換時期

ブリタの蓋のところに「START」というボタンがあり、
長く押すと、メモリが表示されますよね。
使っていると、そのメモリがどんどん消えて、
最後には枠が点滅すると思うのですが、
これがカートリッジ交換時期なのでしょうか?

使っている水の量はわからないし、
目安の交換時期よりもメモリの方が確認しやすいし。

でも、一度メモリが無くなっただけで交換するのが
もったいなくて、もう一度ボタンを押したら、
またメモリが復活したんです・・・。
これって、何度か復活させて使っても大丈夫なんですか?
皆さんはいつを交換時期としていますか?
安いものじゃなくて、そんなにしょっちゅう
変えなくても良いなら嬉しいなーと思って。
ケチ質問ですいません(^^;

Aベストアンサー

我が家のブリタは旧式ですので、メモリーはついていません。1本のカートリッジの使用期限は200リットルとなっていますので、10回使用したら交換しています。
メモリーつきでしたらカウントされているのでしょうから、セットしたらそのまま点滅するまでを期限としてお使いになったらいかがですか?

Qブリタのカートリッジについて

ブリタのカートリッジは、皆さんどんな風に捨ててらっしゃいますか?
分解してプラスチックゴミと生ゴミとかに分けて出してるんでしょうか?

Aベストアンサー

メーカーのホームページによると、プラスティックのゴミとして各自治体の処分方法に従うように記載されています。
私の居住地では燃えないゴミとして捨てることになっております。

参考URL:http://www.brita.ne.jp/consumer/pitcher_faq.html

Q浄水器のシルバー加工されたカートリッジの中から水に溶け出るシルバーは水銀になりますか?

カートリッジの中から水に溶け出るシルバーは昔の銀の食器から出るものと違いますか?健康にどのほどの害がありますか?

Aベストアンサー

シルバーは銀です。溶け出す銀イオンには抗菌作用があります。微量ですので、人間には無害でしょう。
銀の食器でも100%が銀かどうかは判らないと思います。ですから同じものかどうかは判りません。
銀は水銀(マーキュリー)にはなりませんのでご安心下さい。

Qブリタ・・・カートリッジのサイズ(アメリカと日本)

アメリカで使っていたブリタを、日本に持って帰りました。
日本のカートリッジは、アメリカのポットでもサイズは合いますでしょうか?
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

 基本的に使えます、古いタイプとか巨大なブリタってのがあってそれでなければ使えます。機能的にはほぼ全て共用できます。


 フィルターは各国の水事情に合わせて作られているので、アメリカで購入したポットでも日本仕様のフィルターを使うのは正解です(^_^)v

Qブリタ浄水後の活性炭

ブリタで浄水したポットの下に、活性炭の黒い粉が残っている場合があります。
これは何でしょうか?
ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

》人体に悪影響はないのでしょうか?

活性炭自体に害はありません。また水に溶けたり混入したりしている成分を吸着していますが、もともとは無害の水から捕捉したものですから心配はいりません。

あまり神経質になる必要はありませんが、注ぐときには流れ出ないようにした方がよいでしょう。

なお、公共水道の浄水場ではもっと大規模な活性炭槽で処理しています。

Qブリタのカートリッジ 使用期限

ブリタのカートリッジ(マクストラ)は、未使用の状態でも使用期限があるのでしょうか?
まとめ買いだとお得なのですが、保管したまま期限が切れて使えなくなってしまっては、もったいないと思いまして。。
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

使用開始前の使用期限はありません。

Q正規日本仕様のル・クルーゼ

日本仕様のル・クルーゼの錆止め加工はどの程度のものなのでしょうか?
並行輸入品と比べるとはやりその分価格も高くなってますよね。
私としては少しでも安く手に入れたいので、
錆止めが気休め程度のものであるのなら、並行輸入品でも構わないように思っているのですが…。
実際に日本仕様のものと、並行輸入品のものでは錆の出方に差があるのでしょうか?

また、日本仕様品であっても錆がた場合、錆取りをしてしまったとしたら、
錆止めの効果も一緒にとれてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
20cmロンド・・・日本仕様
27cmオーバル・・・並行輸入
を使っています。
私の持っているもので比較するかぎり、あまり差はないです。
どちらも洗ったあと拭き忘れたり拭きが甘かったりすると、すこーしだけポチポチさびっぽくなります。でもその部分をぎゅっと拭き取ってしまえばさほど気にならない程度です。
ただ、ウチのはたまたまそうであっても、個体差はあるかもしれませんが・・・。
それと、使用頻度が全然違います。20cmロンドは万能サイズなので、最低でも3日に1度は使いますが、27cmオーバルは大量のとき限定なので、1ヶ月に1回くらいかな?だから27cmオーバルの劣化が遅いだけかもしれませんが。

少しでも安く買いたいということですから、とりあえず並行輸入ものを買われてみてはいかがでしょうか?
評判どおりいいお鍋なので、きっとまた1つ2つ買い足したくなると思います。そのときに再検討されてはいかがでしょうか?
大根が、とってもおいしく煮えます!是非冬のうちに買ってくださいね!

Qブリタの浄水器(クラシック)の使用済みのフィルターカートリッジを、リサ

ブリタの浄水器(クラシック)の使用済みのフィルターカートリッジを、リサイクルorリユースする方法はないでしょうか?ろ材の種類は、活性炭とイオン交換樹脂と書いてあります。

乾燥させてから、冷蔵庫などの脱臭剤として使えると聞きましたが、私は特に脱臭剤を必要ではありません。たとえば、中身をプランターに混ぜたり、庭に撒いても大丈夫でしょうか。

本当は、フィルターカートリッジを再生使用できることにすればよいと思うのですが、フィルター機能の性能を再生することってできないのでしょうか? ごみも減らせますし。。

何かアイディアのある方いらしたら、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

再生は工業的には可能なのですが、家庭で食まず不可能なので行わないのだと思います。

イオン交換樹脂の再生
塩酸と苛性ソーダで逆洗浄すれば復活します。工場プラントは元より、理化学機器に使われている純粋装置はその様な逆洗状と再生処理を行う様になっているはずです。でも家庭で塩酸と苛性ソーダの利用が困難でしょうね。

活性炭の再生
確か600℃位の温度の炉で加熱した後、とある条件で水蒸気に曝露させて賦活処理を行います。これもそれなりの規模のプラントがないと行えません。

その様な訳で、家庭での再生は不可能なのだと思います。

Qル・クルーゼ 日本仕様?

ネット通販だと特に輸入品が割引幅が大きいのでふらふら惹かれるのですが、
日本仕様だとさび止めが施されていますよね。

両方使われた方に質問です。
長く使うためにはさび止めが施されているほうがいいですか?

Aベストアンサー

両方愛用しているものです。
輸入品のココットロンドはもう5年目(1週間に3~4日は使用)になりますが、他のお鍋に比べて大切に使っているせいかふちのサビはありません。
日本は湿気が多いので日本仕様はサビ止め加工がされているようですが、私は両方とも洗った後はふちを良く拭き、蓋はせずに半日は乾かして(自然乾燥)使っています。
最近は、大型スーパーでも輸入品が安く買えるようになりましたよね。
私も買う時は迷いましたが、値幅が大きければ輸入品を購入すると思います。
ル・クルーゼは1つ買うと次々にほしくなってしまい、今では大きさや形の違うお鍋が5個も増えてしまいました。
お友達が来た時などはそのまま出してもかわいいですし、常に出しっぱなしでもキッチンが華やかになります(笑)
ココットロンドで言えば、最初に20cmもしくは22cmを持っていると便利ですよ。
あと余談ですが、最近はご飯もル・クルーゼで炊いています。
時間も短縮されすこ~しおこげができてとっても美味しいです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング