「100万回生きたねこ」講談社の創作絵本 佐野 洋子さんの作品ですが
昔は「100万回死んだねこ」と言うタイトルで売られていたと
他のイロイロなサイトで書いてありました。 それは本当なのでしょうか?

もし本当にそのタイトルで売られてた時期があるのでしたら
どーしても手に入れたいんですが、足を使って探す前に
本当に存在するのか、しないのか正確な情報を知りたかったので質問させて頂きました。

それとタイトル名が昔のままの本の画像が投稿してるようなサイトや
無いとは思いますが…売ってる古本屋? サイトを知ってる方
タイトルを変更した事に対しての説明?解説?
をしてるようなサイトを知ってる人いましたら教えて下さい宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

回答ではないのですが、その後の経過が凄く気になっています…。


私は「生きた猫」派なので、「死んだ猫」説に対して同じ疑問を持っていました。出版社からの回答で一応すっきりはしましたが、佐野先生からの回答が気になります。
御回答がありましたら、是非補足投稿をお願い致します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

papipontaさん書き込みありがとうございます
講談社さんからメールが少し前に届きました
気になる回答ですが↓

佐野洋子先生にお尋ねしたところ「100万回死んだねこ」というタイトルにしたことは
一度もありません とのご返答でした。

いろいろ噂や勘違いはあると思いますが
これでお互いスッキリできたと思いますので本当に良かったです^^
では失礼します。

お礼日時:2005/05/04 21:47

こんにちは。



タイトルに変更なしを聞いて姉に電話してみましたw
姉は「え?死んだ猫じゃないの??」と驚いてました。
姉妹2人が間違えてるなんてお恥ずかしい話です・・。
この後姉は友人数人にまで電話をかけたらしく
「6人中5人が死んだ猫って答えた!」と言ってました。
(生きた猫と答えた友人は、娘にこの本を買ってあげていたらしく
「生きたねこ」って書いてあるから生きたねこ?との回答w)
十数年前の記憶とはいえ、間違った解答をしてしまい申し訳ありません。
失礼しました・・・。
私も記憶違いが心配になってサイトでいろいろ調べたら、
変更されたであろう年数までカキコしてる人もいて、
「ん~?ここまで自信があるってどういう事?」と思いました。
全国的に有名なロングセラーの絵本なので、私も詳細が気になります。
とはいえ、出版社が変更なしと回答しているので「変更なし」が正しいのでしょうね。
回答した立場ではありましたが、参考になりました。
ありがとうございました!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

monacoさんレスありがとうございます
papipontaさんにもレスしたように

佐野洋子先生にお尋ねしたところ「100万回死んだねこ」というタイトルにしたことは
一度もありません とのご返答でした。

monacoさんの勘違いだったみたいですね(*;^_^Aアセアセ
やはり「死んだ」事のイメージが大きいらしく勘違いする方も多いみたいですが
真剣に返事をくれた事、凄く嬉しかったですし感謝しています^^ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/04 21:54

こんにちは。



子供の頃に家にありました。
その時のタイトルは「100万回死んだ猫」でした。

今、初めて「生きた猫」に名前が変わっているのを知って驚きましたw

私が小学校の頃に持っていた本なので、10数年前は確かに「死んだ猫」でしたよ。
さすがに、もう手元にはありませんが古い図書館や古書を扱うところにはもしかしたらあるかもしれませんね。
いる意味プレミアがついていそうです。
驚きました・・。

この回答への補足

補足ですが、この前 講談社さんの方に送ったメールの返事がやっと届きました。
それによると「100万回生きたねこ」を編集した最初の担当者に聞いたところ
初版「1977年」から『100万回生きたねこ』で、タイトルを変更したこと は、無いという返答だったそうです。
しかし初版を発行する前に、何かの形で、発表された可能性もあるかもしれない
との事ですので佐野先生と連絡とれ次第連絡をくれるとの事でした。

佐野先生との連絡が早く取れ返事が返ってくればそれにこした事はないのですが
いろいろ訳あって・できるだけ早く真実を知りたいので
このまま解決せず、いろいろな方の情報(特に写真などが載ってるようなサイトの情報)
を求めたいと思ってます。宜しくお願いします。

補足日時:2005/04/20 23:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

monacoさんはじめまして^^
やっぱりその話は本当だったんですかね?
講談社の方にも一応メールを数日前してみたものの返事が全然返ってきません・・

いろいろネットでも調べているんですが、「死んだねこ」というのは勘違いで
今も昔も「生きたねこ」と言ってる人など…いろいろな意見がありますし
私も疑ぐり深い性格なので実際そのタイトルになってる写真や物を
見ない限りは信用できないのかもしれませんね(*;^_^Aアセアセ
レス有難うございました 参考になりましたm(__)mペコ

お礼日時:2005/04/19 22:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「くしゃみが気になる猫」

先日(4/30)に放送された「ナニコレ珍百景」の中で「くしゃみが気になる猫」が
珍百景に認定されていましたが、これってそんなに珍しいことですか?

ウチの猫も寝ている時にくしゃみをすると、小さな声で「にゃ・にゃ~」と反応するので
どこの猫でもすることだと思っていました(くしゃみ10回すれば8回は返事をします)

皆さんの所の猫もくしゃみに返事しませんか?

Aベストアンサー

うちの子もくしゃみをするとニャニャーと言って走って目の前まで来ます。

Q絵本作家・佐野洋子さん・NHK「ヨーコさんの言葉」について

お世話になります。
NHKで絵本作家である佐野洋子さんのメッセージを伝える5分番組を放送している(http://www4.nhk.or.jp/yokowords/)のですが、その番組の元になっているエッセイ本があれば、ご教示いただきたいです。

「6話:私の風呂戦争」という話など、子育てを応援するような内容があって今の私にとって大変参考になるメッセージがあるため、書籍として手元に置いておければ・・・と思っております。

お詳しい方からの情報が頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

まずは、絵本含め一覧を。
http://www.amazon.co.jp/%E4%BD%90%E9%87%8E-%E6%B4%8B%E5%AD%90/e/B001I7I5OW

この中のエッセイ『ふつうがえらい』の内容を読み聞かせスタイルにし、放送しているようです。
http://www.amazon.co.jp/dp/4101354111

Q猫の鼻血、くしゃみ

猫エイズについてサイトをのぞいていたら、
「くしゃみなどをするようだったらエイズに感染してるかもしれない」という文章を読み、うちの猫だと思って、青ざめました。
うちの猫、よく野良猫とけんかするんです…。
今、野良猫でエイズをもってる猫も少なくないとか。
うちの猫、くしゃみがひどくて、くしゃみしすぎて鼻血がよくでていました。
病院につれていき、くしゃみや、鼻血は治ったのですが、今だ、鼻が悪いらしく、寝ていると人間のようにいびきをかくのです。鼻がつまっていて苦しそうな。
エイズ検査してみた方がよいですよね?
エイズになると本当にくしゃみなどがでるのでしょうか?
それから、もう1つ質問なのですが、この前野良猫に手を噛まれました。血がでていました。
危ないでしょうか?

Aベストアンサー

いわゆる猫のエイズ、猫免疫不全ウイルス感染症は一般的には口内炎やカゼのような症状が出る場合もありますが、必ず特定の症状を出すものでもありません。

外猫でケンカが多い子で血液検査をするとウイルスが見つかる事が時々あります。極めて簡単に言ってしまうと、ウイルスで免疫状態が低下しているのでいろんな病気になりやすいし治りにくい、ということです。
ウイルスそのものを殺す薬はないので結局は対症療法(カゼをひけばその治療、口内炎が出てくればその治療、というふうに)しかありません。

とはいえ、血液検査でウイルスを持っているのかどうかは知っておいた方がいいでしょうね。

人に対する危険性は(今のところ)全くない、とされています。

猫にかまれたりひっかっかれたりして、ひどい場合は熱が出たりリンパ節が腫れたりするケースがあるようです。猫ひっかき病で検索すればいっぱいひっかっかると思います。これは人の側の体質もかなり関係しているようです。

Q11ぴきのねこ?101ぴきのねこ?

どうしても思い出せなくて色々調べたのですが、わからなかったので質問させてください。

小さい頃、11ぴきのねこだか、101ぴきのねこだか忘れたのですが、絵本が好きで、
「にゃごにゃごにゃごにゃご 10ぴき(100ぴき?)いれば怖くない」というセリフがあったかと思うのですが、あってますか??

ご存知の方がいらっしゃったら、教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今、手元に絵本があります。

科白から#2さんの掲げられたURLの『11ぴきのねこ ふくろのなか』だと思います。
ストーリーは11ぴきのねこが、みんなで化け物をで倒すものです。お話の要所要所で「ニャゴニャゴニャゴ」と出て来ます。以下引用。

「みんなでちからを あわせれば、このよに こわいものはない」「ニャゴニャゴ」

Q子猫のくしゃみが続いています

昨日から飼い始めた、生後4ヶ月の子猫がくしゃみをしています。
昨日の21時から現在(翌日15時)まで、1時間に数回程度の小さいくしゃみだけが続き、心配しています。
鼻水・咳などはありません。くしゃみ以外は大変元気で、えさもよく食べ、よく遊び、今はひざの上で甘えて寝ています。
室温:25度~27度程度、湿度:50%程度と、環境もペットショップでの指導通りに設定しています。
ショップからは「店ではくしゃみはしていなかった。猫砂の紙ボコリ等を吸い込んだのでは?もう一晩くしゃみが続いたり、
鼻水が出ていたら風邪かもしれないので病院へ連れていったほうがよい。」とアドバイスを受けました。
風邪の症状が出たら、明日にでも病院へ連れていきます。猫砂が原因の場合は、特に対処は必要ないのでしょうか。
ショップスタッフさんは「砂かもしれませんねえ」程度で、特に問題なさそうな様子でした。
ご存知の方、アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

風邪の症状が出ていないのにくしゃみを頻繁にしていることを考えますと、猫にも人間と同じような"花粉症"等によるアレルギー性鼻炎があります。

アレルギー性鼻炎は空気中のアレルゲンを吸入することで起こる鼻炎なので、その原因を見つけて取り除くことが一番です。

猫砂が原因なら、猫砂を変えて見るのもひとつかもしれません。

年齢から免疫が弱い頃です。
十分、注意してあげて下さい。

参考URL:http://www.hills.co.jp/petcare/200604/health.shtml

Q本当は頭がいい王子、ガラスの心臓を持つお姫様の童話のタイトル

子供の頃に読んだ本のタイトルが思い出せず数十年もんもんとしています。読んだのは30年近く前ですが、その本は親戚からいただいたおさがりで、私の手元に来た時点ですでにかなり古いものでしたので、40~50年近く前のものの可能性があります。

文庫本より少し大きめで、段ボール紙のカバーに入れられていました。中身は黒一色の印刷で、ザラ紙のような質の悪い紙でした。挿絵はペン画で上下2段の上段に挿入されていました。
全何巻だったかは分かりませんが、うちには3冊程度同様の装丁のものがあったので複数巻にわたった全集だったかもしれません。

1話が5p~10p程度の外国の昔話ばかりが収録されていましたが、話の内容がかなりかわっていて、子供向けとはいえ、高年齢対象の話だったかもしれません。読んでいたのは幼稚園から小学校低学年の頃でしたので、ふりがななどは打ってあったと思います。

特に印象深く記憶に残っているお話が「本当は頭がいい王子の話」と、「ガラスの心臓を持つお姫様の話」の二つです。
かなり変わった話で、作者の推測すらつきません。検索してもこれまで見つかったことがなく、知っている人に会ったこともないので、一縷の望みを託して質問させていただきます。どんな小さな手がかりでも御存知の方がいらっしゃると嬉しいです。

「本当は頭がいい王子の話」
ある国の王子は非常に頭が良かったが、あまりに賢すぎる為に大臣や王様からもうとまれ、嫌われていた。ある時山にソドムとゴモラ(この名称はこの絵本で初めて覚えました)がやってきて大暴れし、誰も退治できないでいて困っていたのを、王子様はその知略であっさりと退治して帰ってくる。けれど、王様はそういう王子をかわいくないと感じ、せっかく良いことをしたのに周りの誰も感謝すらしてくれない。

ある時、王子は町で魔法使いに出会い、恩を売った御礼に1つだけ魔法をかけてやろうと言われる。そこで王子は「実際には今まで通り頭がいいままなのだが、周りの人には今よりもうちょっと頭が悪く見えるようになる」魔法をかけてもらう。

天才ではなく、普通程度に賢く見えるようになった王子様はそのおかげで周りの人に好かれるようになる。

その後王子様は隣国の美しいけれども頭の悪いお姫様と結婚するのだが、お姫様だけが時々「不思議ですわ、私時々あなたがものすごく頭のいい人なんじゃないかと思うんですの」と言うのだった。

「ガラスの心臓を持つお姫様の話」
・ある国にガラスの心臓を持つ3人のお姫様がいた。ガラスの心臓は壊れやすい為、王様は3人のお姫様を大事に育てていたが、ある時一番上のお姫様が階段でつまづいた拍子に心臓にヒビが入ってしまう。
王様はそれがきっかけで、あと二人のお姫様も同様な目に遭わないように、お姫様を守ってくれる結婚相手を探す。
真ん中のお姫様と末のお姫様はそれぞれ全く違ったタイプの結婚相手をその中から選ぶ。
が、真ん中のお姫様は不幸にもガラスの心臓が壊れて死んでしまう。
3人目のお姫様が選んだ相手はさえない男だったがお姫様を一生大事にし、お姫様は幸せに暮らした。

お話のオチは、一番目のお姫様で、
「1番目のお姫様はその後どうしたって?
彼女はひびの入った心臓をかかえたまま何事もなくおだやかに年をとり長生きした。ヒビの入ったコップほど、長持ちしたりするものでしょう?」
というような言葉で締めくくられていました。

子供の頃に読んだ本のタイトルが思い出せず数十年もんもんとしています。読んだのは30年近く前ですが、その本は親戚からいただいたおさがりで、私の手元に来た時点ですでにかなり古いものでしたので、40~50年近く前のものの可能性があります。

文庫本より少し大きめで、段ボール紙のカバーに入れられていました。中身は黒一色の印刷で、ザラ紙のような質の悪い紙でした。挿絵はペン画で上下2段の上段に挿入されていました。
全何巻だったかは分かりませんが、うちには3冊程度同様の装丁のものがあったので...続きを読む

Aベストアンサー

王子様の話は、アンドリュー・ラングの
「りこうすぎた王子」ではないでしょうか?
これも岩波少年文庫に入っていました。

私が昔読んでいたのは「かしこすぎる王子プリジオ」という題で
別の出版社から出ていたもので、細かい点は違いますが、
化け物を退治する話はありましたし、最後の落ちも同じです。

Q子猫の鼻にピンクのまだら模様のようなものができています。 あと、くしゃみをよくしています。 食欲はあ

子猫の鼻にピンクのまだら模様のようなものができています。
あと、くしゃみをよくしています。
食欲はあり、便も少し柔らかいかな?と思うくらいで問題もなさそうですが…病気でしょうか?
他の兄弟猫は模様もなくくしゃみもしないので心配です。

Aベストアンサー

傷かな?
でもくしゃみが気になるので病院で見てもらう方がいいですよ

Q講談社ディズニー絵本

今から40年以上前の話です。
講談社からディズニー絵本というのが発売されていました。
ディズニーアニメのセル画から書き起こしたのだと思われるカラー作品(眠れる森の美女、シンデレラ、わんわん物語りなど)が巻頭に掲載されていました。
残りの半分は巻頭作品の紹介文と日本の作家(たぶん)による短い挿絵入りの物語とマンガもあったと思います。
その短い挿絵入りの物語のことなんですが。
タイトルは「おひさまのパン」といいます。
あらすじ:主人公が歩いていると、向こうからお日様が散歩しながらやってきました。
お日様は頭の上に食パンを乗せていて、主人公が「食べないの」か聞くとお日様はパンを手に取り「まだまだ。こんがりキツネ色に焼けなくちゃあ」と言って、またパンを頭に乗せて去っていく。
大体こんな感じです。
挿絵はとてもシュールで、巨大な頭のお日様が小さな食パンをその頭に乗せているのです。
絵柄は今思うと武井武雄風な感じです。
その食パンが子供心にとてもおいしそうに思った記憶があります。
ずいぶん古い話ですが、そのお話がもう一度読みたくなりました。
絵も確認したいです。
よろしくお願いします。

今から40年以上前の話です。
講談社からディズニー絵本というのが発売されていました。
ディズニーアニメのセル画から書き起こしたのだと思われるカラー作品(眠れる森の美女、シンデレラ、わんわん物語りなど)が巻頭に掲載されていました。
残りの半分は巻頭作品の紹介文と日本の作家(たぶん)による短い挿絵入りの物語とマンガもあったと思います。
その短い挿絵入りの物語のことなんですが。
タイトルは「おひさまのパン」といいます。
あらすじ:主人公が歩いていると、向こうからお日様が散歩しなが...続きを読む

Aベストアンサー

浜田広介の、いわゆる「ひろすけ童話」の中に「お日さまのぱん」というタイトルの話があります。(「日」は漢字、「ぱん」はひらがなで検索するとヒットします)
40年前の日本の作家ということで、もしかしたら、それではないかと思うのですが…。
ディズニー絵本のどの巻に載っていたかはわかりませんが、話だけで良ければ、全集に収録されていますので、図書館等で確認してみてください。

Q猫のくしゃみ

こんばんわ。家の猫ちゃんたち(雄8ヶ月、雌8ヶ月と2ヶ月)は、よくくしゃみをします。特に、鼻水が出たりすることはないんです。(8ヶ月の猫ちゃんは朝起きた時固まったような目やにはでます)これって病気ですか?2ヶ月の猫ちゃんはよくくしゃみをするので心配です。

Aベストアンサー

お話の限りでは,それほど心配するような症状ではないと思います.
鼻水が出たり目やにがひどかったり,食欲がなかったり元気がないとなると,即病院行きをお勧めします.
2ヶ月の仔猫は,そろそろ親猫からの免疫が切れて予防注射の時期ですので,注射がてら獣医さんで相談されてはいかがでしょう.
8ヶ月の子たちは予防注射は済んでいますよね?まだなら一緒に済ませたほうが安心です.多頭飼いは病気があっという間に移りますので,気をつける必要があります.

朝起きたときの固まったような目やには心配ないでしょう.人間も起きた時には目やにがつきますよね.
どろっとした膿のような目やには危ないです.

Q昔読んだ童話のタイトル

古くてすみません。昭和40年代後半に読んだ童話(ファンタジー)です。正式な題名をご存知の方、よろしくお願いします。
あらすじ:主人公が不思議な少年と交流するお話。少年の家の中には、大きな木が真ん中に生えているのです。そして、少年の背中には翼があったのを、主人公だけが見てしまった、という物語だったと思います。
タイトルの一部に“緑の・・・”というのが入っていたような気もします。
大雑把過ぎですが、似たような話でも、読んだことのある方、情報お待ちしています。

Aベストアンサー

立原えりか作「青い羽のおもいで」ではないでしょうか。
残念ながら絶版ですが復刊リクエストにあがっています。

参考URL:http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=8546


人気Q&Aランキング

おすすめ情報