ある機器のレギュレータ部が破損してしまい、調べた結果、どうやら過電圧もしくは過電流が加わったのではないかとの結論になったのですが、落雷があったわけでもなく、12VDCのカーバッテリで電源供給していたため、何故そうなったのか原因がわかりません。(電圧が減衰する事はあっても、増幅する事はないと思うのですが。)
可能性としては、上記に挙げた要因の他、
1)静電気が帯電していた
2)配線ミス
が考えられますが、2に関してはミスがなかったことを確認しています。1に関しては、無人の状態だったため、放電する条件がなないとの見解で、要因ではないと考えています。(ただ、アースは接続していませんでした。)
弱電・強電関連の技術者の方に、他にどのような要因が考えられるか、アドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

過電圧もしくは過電流との事ですがこれは入力側に対してでしょうか、それとも出力側でしょうか?



バッテリー電源であっても回路内にリアクタンス(モーターやコイルなど)を含む場合、電源の投入や切断の際に誘導電圧でバッテリーよりはるかに高い電圧が発生する可能性はあります。またレギュレーターの種類によりますが、シリーズ型のレギュレーターでは入力電圧より出力電圧が高く保持されると壊れる場合があります。入力電圧<出力電圧となると言うのは一寸不思議に思うかもしれませんが、負荷側に平滑用のコンデンサーなどがある場合、その容量しだいでは、出力側の電位が高くなりレギュレーターに逆方向の電流が流れる場合あります。これを防ぐには正常動作時に逆方向になるように、入出力間をダイオードでつないでしまう方法があります。

いずれにせよ、情報が不足しています。せめて機器の種類、レギュレーターの種類を記載していただければ、より具体的な原因を推測できるでしょう。

この回答への補足

すみません、間違えておりました。
確認した所、破損したのは、レギュレータではなく、電源を作るアンプ部分でした。せっかくご丁寧にご回答頂いたのに、申し訳ございません。
もし、ご回答頂けるなら、以下の内容についてアドバイスして頂けますでしょうか?

機器は、12VDC供給→0-1VDC信号出力の、気象用センサで、基板内部電源の+4Vを作るアンプ部が破損していました。
アンプは抵抗を変化させて出力電圧を調整するタイプです。
出力信号は、記録計に接続します。記録計とセンサの電源は、同じバッテリから供給していました。
回路図の見方に自身がなく、ご不明な点もあるかもしれませんが、宜しくお願い致します。

補足日時:2005/04/21 10:31
    • good
    • 1

12Vを抵抗分圧か抵抗で4Vを作っているとしたら、負荷(アンプ)が軽くなった場合電圧が上がるのではないでしょうか、


たとえば12Vを6Ωの抵抗と6Ω程度のアンプとして電流が1A流れていると仮定すると、アンプの負荷が軽くなり無負荷になるとアンプに電流がながれなくなると抵抗側はそのまま6Ωなので、アンプに12Vすべてがかかります。オームの法則

アンプの消費電流が1/10になると0.1Aとして100Ωの抵抗になり100Ω×0.1=10Vがアンプにかかります。

もしそのような状況があるのなら3端子レギュレータの使用をお薦めします。5Vでもアンプが動くのであればそのまま使用できますし4Vでなければいけないばあいそこから抵抗で落とすと最悪5Vまでしかあがりません。

可変三端子レギュレータLM317やLM350で4Vをつくると
電圧変動しません。
両端にOSコンデンサーや村田の積層コンをつけると
電源からのノイズも良好に消せ信号のSN比も向上する場合も、
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?c=ic …
    • good
    • 0

車のエンジンは、かかっていたのでしょうか?



1.もし、エンジンがかかっていた場合は
 発電機(ダイナモ)は平均で13~14Vで発電しています。(でないとバッテリを充電できませんので)
 なおかつ、上記で平均と書いたのは瞬間的にはもっと高い電圧が発生することもあります。
 これは、ダイナモ内に消費電流に合わせて発電量を制御するSWが組み込まれており、
 このSWがON/OFFする瞬間には瞬間的に高電圧が発生することがあります。
 (通常はバッテリが吸収してしまうのですが)
 バッテリが弱っていたり、ダイナモに不具合があったりするとこの現象が発生します。

2.ある機器のレギュレータ部というのはスイッチングレギュレータではありませんか?
 スイッチングレギュレータとは、DC電源を高周波でON/OFFさせて高周波トランスに加え
 トランス2次側の高周波電圧を整流・平滑して1次側とは別のDC電圧を作り出すもので
 別名DC-DCコンバータとも呼ばれます。
 スイッチングレギュレータは、それ自身が高周波で発振していることから1次電源に
 高周波ノイズがあると寄生振動による異常発振を起こすことがあり、結果として過電流が
 流れ焼損してしまいます。

車の電源は、エンジンがかかって入る時は非常にノイズの多い電源です。
車用の電子機器には当然のこととして、これらの問題には対処されており問題は発生しませんが、
一般の電子機器では、焼損はありえることで注意が必要です。

この回答への補足

すみません、sailorさんのところでも書きましたが、レギュレータではなく、アンプ部の破損でした。申し訳ございません。

補足日時:2005/04/21 10:33
    • good
    • 1

レギュレータの種別が不明なので、はっきりしたことはわかりませんが、入力電圧より高い電圧を内部で発生させている可能性はあります。

乾電池で点灯する蛍光灯はトランス昇圧してますし、電源電圧が3.3VのICの内部ではチャージポンプで12Vを作り出していることもあります。また、落雷がなくとも、乾いた空気中とか、粉雪の日の野外に露出した導線が思わぬ高電圧の帯電をすることもありますし、電圧が低くても抵抗が小さければ、当然大電流が流れます。

入力がカーバッテリーということですが、何に対してどんな電圧を出力してたのかとか、その間のケーブルの引き回しとか、冒頭の変圧方式などがわかれば、さらに詳しい回答がもらえるのではと思います。

曖昧な回答ですいません。ご参考になれば幸いです。

この回答への補足

申し訳ございません、レギュレータではなく、アンプ部の故障でした。(上のsailorさんの補足をご参照下さい。)
入力電圧より高い電圧を内部で作っている事があれば、アンプ部が壊れる可能性はあるかもと、素人考えで思ってしまいました。ただ、実際にそのセンサはバッテリを接続するだけで使用できるものなので、そのような事があるとすれば、部品不良なども考えられるでしょうか?
線の引き込については、センサから記録計・バッテリまでは、屋外のため、ケーブル保護管で保護していました。ケーブルは、電源・シールドを含む6芯ケーブルです。
情報が不足していましたら仰って下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。

補足日時:2005/04/21 10:44
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電流がI=dQ/dtやI=-dQ/dtと表わしてある意味がわかりません

電流がI=dQ/dtやI=-dQ/dtと表わしてある意味がわかりません。
物理で、抵抗R、コンデンサC、スイッチSが閉じる回路があり、コンデンサCの両極に±Qの電荷がある。
このとき、スイッチを閉じ抵抗Rを通じて放電するときの電流の時間変化を求める問題において、I=-dQ/dtとして、微分方程式を立てて解くことみたいです。そのとき、なぜ、電流をI=-dQ/dtとするのがわかりません。下記のページ↓を見ても、なぜこの問題においてI=-dQ/dtとするのかわかりません。わかりやすく教えてください(+o+) お願いします。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1222281602

Aベストアンサー

コンデンサーにたまっていた電荷が放電する場合ですからそれに合わせて考える必要があります。
#2に場面の説明と図があります。(抵抗Rを入れておく方が分かりやすいでしょう。)
その図で言うと電流の向きは反時計回りです。
この向きは+Qのある極板(Aとします)から-Qのある極板(Bとします)に向かって電荷が移動するということで決まります。逆は起こりません。電流が流れれば極板の上の電荷は減少します。
I=-dQ/dtです。
この式の中でのQは一般的な電荷の意味ではありません。極板Aの上の電荷の意味です。
だからこの式は方程式なのです。(定義式ではありません。)
(この場面でI=dQ/dtは出てきません。電荷が増加する方向に電流が流れるということが起こらないからです。起こるとしたら電池を接続しての充電の場合です。#2の図でいえばスイッチの入っている方向が違うのです。1つの場面に両方の式が出てくるということはありません。)

極板に電荷がたまっていればQ=CVで決まる電位差が存在します。
電流Iはこの電位差とも関係します。I=V/Rです。
I=Q/(CR)ですから微分方程式は Q/(CR)=-dQ/dtになります。
変数分離で解くと初期値をQoとして
Q=Qoexp(-t/(CR))

放電によって電荷が(指数関数で)減少するという結果が出てきました。
-をつけた式で考えたので矛盾のない結果になったのです。

充電の場合でしたら
I=dQ/dt
Q=CV
I=(E-V)/R  ・・・  (Eは電池の起電力)

t=0でQ=0という条件で解くと
Q=CE(1-exp(-t/(CR)))

t→∞でQ=CEです。
充電できました。

コンデンサーにたまっていた電荷が放電する場合ですからそれに合わせて考える必要があります。
#2に場面の説明と図があります。(抵抗Rを入れておく方が分かりやすいでしょう。)
その図で言うと電流の向きは反時計回りです。
この向きは+Qのある極板(Aとします)から-Qのある極板(Bとします)に向かって電荷が移動するということで決まります。逆は起こりません。電流が流れれば極板の上の電荷は減少します。
I=-dQ/dtです。
この式の中でのQは一般的な電荷の意味ではありません。極板Aの上...続きを読む

Q電圧抑制付過電流継電器を使う理由

送電線保護に電圧抑制付過電流継電器を使うのはなぜですか。
普通の過電流継電器ではなぜだめなのでしょうか。

Aベストアンサー

 過電流継電器(51)は電流の大きさだけで動作しますが、負荷電流と
事故電流を見分けることが出来ません。そのため短時間に大電流が
流れる可能性のある送電線路の保護に単体では使いません。
 電力会社では距離継電器(44)や短絡低電圧継電器(27S)等々と
組み合わせてリレー盤を作ると思います。
 需要設備の場合、それほど精密な保護を必要としなければ、電圧
抑制付き過電流継電器で代用することも有るのだと思います。
※電圧抑制付き過電流継電器は、短絡時に送電線の線間電圧が
潰れることを利用して、大電流でも電圧が潰れないときは動作が遅く
なるように仕組んだ継電器と思います。

Q【電気】I=VR これの意味することは 仮説1 電流が高くなると電圧も高くなる 仮説2 電流が高くな

【電気】I=VR

これの意味することは

仮説1
電流が高くなると電圧も高くなる

仮説2
電流が高くなると抵抗が高くなる


どっちですか?

電流が高くなると電圧が上がるんですか?抵抗が上がって等しくなるんですか?

どっちかが上がって等しくなるのではなく両方上がって等しくなるんでしょうか。

Aベストアンサー

ってゆうか
I=V/RまたはV=IRじゃなかったかな
電流が多くなるとまたは大きくなるともいうのかな、でも電流が高くなるとは言わないような

QOVGR地絡過電圧継電器とDGRの併用使用の理由

構内第1柱にDGR(方向性地絡継電器)があり100m位離れたところにキュービクルがあるのですがそのなかにもOVGRがあります。OVGRは地絡時の零相電圧のみを検出しているのだと思いますが
なぜ機能がだぶっているものが必要なのでしょうか??第1柱のSOG(方向性)のみでケーブル以降の保護も出来ると思うのですが。ネットで見ると併用されるのが普通とありますがその理由がわかりません 勉強中の新人です よろしくお願いします

Aベストアンサー

DGRとOVGRは用途が違うと思います。この場合DGRは1構内1号柱に設置してあるとなっていますので、方向性PASのSOGのことを意味してるものと思います。これはご存知のように地絡が発生した場合、自家用側か他の自家用からのもらい事故かを判定し、当該自家用の地絡のみに働き、PASを開放し、配電への波及を防ぐものですね。
 一方OVGRは、質問者の言われるように地絡時の零相電圧を検出しますので、(自家用内の高圧地絡はDGRによって検出しPAS開放となるので)自家用の外側(配電)で発生した地絡を検出し、警報信号を出すと考えれば良いと思います。
 例えば構内に太陽光など発電機が設置されていれば、系統で地絡が発生し停電になっている時に、自家用内の発電機電源で逆潮流があれば、配電側で(停電になっているのに電気が送られ)事故が発生するので、OVGRの警報で発電機を停止させるようになっています。
 恐らくこの事業場では、(非常用でない)発電機が設置されているのではないでしょうか。

Qこの変圧器に流れる電流で、 無負荷時はI3(励磁電流)のみ流れています。 そして負荷を接続すると流

この変圧器に流れる電流で、
無負荷時はI3(励磁電流)のみ流れています。

そして負荷を接続すると流れる一次電流I1、二次電流I2はE1、E2と同相(0度)だそうです。

I1、I2共にコイルを通っているにも関わらず位相が遅れない理由はなぜでしょうか?
電圧、電流発生のメカニズムは何とか分かるのですが位相が0度の点がどうしても分からないです

Aベストアンサー

>I2=(N1/N2)I1はどう計算したのでしょうか?

N1・I1 - N2・I2 = Rmφ≒0
から直ちに出てきます。

Q電圧降下の考え方をおしえてください。

電圧降下の考え方をおしえてください。

今 幹線で配電盤 MCCB100ATから CVT38SQで140Mで動力盤にいっております。

この幹線から 55%分岐で40M先の動力盤に配線を行いたいとい思ってます。

大本の幹線の電圧降下は計算したのですが、分岐分の電圧降下の求め方がよくわかりません。

具体的には 長さを分岐分距離40mで計算するのか 40m+140=180として

けいさんするのかです。ご指導願います。

Aベストアンサー

幹線サイズと分岐線サイズは、サイズが異なるはずですから、別々に計算して下さい。
総電圧降下(v)=幹線分の降下電圧+分岐分の降下電圧
と表現した方が判りやすいかもしれませんね。

Q変圧器の二次側電流についてですが、 一次側の電圧をV1、電流をI1 二次側の電圧をV2、電流をI2

変圧器の二次側電流についてですが、

一次側の電圧をV1、電流をI1
二次側の電圧をV2、電流をI2
容量を1000VA

とすると1000V/100Vの変圧器の場合二次側電流I2はV1I1=V2I2より10Aとなります

電圧は巻き数比によって固定、電流は(まだ負荷をつけてませんので流れませんが)V1I1=V2I2より固定なのでかわらずですが
ここに100Ωの抵抗をつけた場合電圧100V、抵抗100Ωなのでオームの法則から計算すると1Aなのに皮相容量一定の考えからだと10A流れなければおかしい事になります

これはどう考えたらよいのでしょうか

Aベストアンサー

No2です(^^)
発電所から流れ出る電流は変化する事になります(`・ェ・´ノ)ノ
発電所では、もちろん電磁誘導を利用して電気を起こしていますが、
発電機に電流が流れれば流れるほど、発電機は”重く”なります(◎◎!)
これは、電磁力が発電機の変化(つまり回転)を妨げるように働く事によります(-_-)
ですから、負荷に大きな電流を流すためには、発電機に大きな力を加えて発電させる必要があります。
負荷での消費電力が大きければ、発電機を回すためのエネルギーも大きくなる・・・エネルギー保存則を考えなければ、当然と言えば当然ですね(^^)

参考になれば幸いです(^^v)

Q電圧の位相制御時の電圧特性

現在、電圧の位相制御にてヒータにかける電圧を調整しているのですが、理論値として出力10%を与えたときに実効電圧?はいくらになるのかを計算したいです。
計算式としては V(t) = Vm sin ωt でtが10%のときの時間を入れて積分したら良いのかと思ったのですが結果がおかしい気がしています。
上式を積分すると -[(Vm/ω) cos ωt] (範囲は0~t)になるのでしょうか?
tには出力10%のときは、周期(西日本なので0.016)の10分の1で0.0016を入れています。(ωは2πfにしています)
どなたか解き方がわかる方いらっしゃったら教えて下さい。
説明が不十分ならすみません。

Aベストアンサー

一体どんなヒータを制御したいのでしょうか?

所謂温調であれば通常では出力%の精度はなんら意味を持たなく
電源電圧に対する単純比例200Vの10%とかで十分
厳密には比例しなくで例えば実測値18.23Vとかになりますが
電圧誤差は温度誤差にはほとんど影響しません
何故なら温調器が勝手にPID演算して結果に対して補正するから
あくまで制御対象は温度であって電圧ではない

但し、負荷が液体温調(水や油)か射出成型機の金型温調の場合
とかで応答速度が分単位の場合です

負荷の応答速度がべらぼうに速くて
例えば出力電圧1Vの違いで負荷温度が100℃/秒もバラツキが
出るようなそんな負荷なら話は別ですが
白熱電球やハロゲン電球の温度制御は比較的応答が速いですが
それでも制御不能になるほど応答が速いのは珍しい
http://www.fa.omron.co.jp/technical/commentary/relay/heat_guide/

Q電気の電流の話の続きです。 V I=- R コイル 2πfL コンデンサ 1 - 2πfL コイルは

電気の電流の話の続きです。
V
I=-
R

コイル 2πfL

コンデンサ

1
-
2πfL

コイルは100V、50Ωだと2Aの電流が流れる。

60Ωになると1.6Aで電流が減少する。

コンデンサは2πfLの逆数だから100V*50Ωとなる。

するとコンデンサの電流は500Aになる。

60Hzになると600Aになる。

同じ抵抗値のコイルとコンデンサでコイルは2Aでコンデンサは500Aになるって本当に合ってるんですか?

500Aって凄すぎませんか?

コンデンサだと電流は50Hzから60Hzになると電流は増加するっていうのが答えですか?

でも本にはコンデンサは電流は60Hzになると減少するって書いてて意味が分からない。

結局答えは

コイルは電流が減少してコンデンサは電流が増加するで良いんですか?

Aベストアンサー

基礎のお勉強(知識)が無いと、お話しは難しいでしょう。

> コイルは電流が減少してコンデンサは電流が増加するで良いんですか?
直列に接続されていれば、周波数が上がるとそうなります。
コイルLのインピーダンスZLは、ZL=j*2*pi*F*L
コンデンサーCのインピーダンスZCは、ZC=1/(J*2*pi*F*C)になります。

V*I=-R …これは意味不明
V*I は、一般的には電力です。

Q公称電圧と定格電圧

フランス語の通訳・翻訳をしている者です。

仏訳されたある機器のマニュアルを読んでいたら、公称電圧(および公称電力)と定格電圧(および定格電力)が同じ訳語となっていました。

公称電圧と定格電圧は同じものととらえてよいのでしょうか。

Aベストアンサー

「公称」と「定格」の使いわけで、図書にJISの用語辞典(5版、ちょっと古いかも)があったのでみてみましたが、、
見事にバラバラでした・・・。
(英語では、nominal, rated になってるのは、どれも同じなのですが。)

ざっと眺めてみると、次の3通りに大別できるようです。
1. 公称=定格 としているもの(公称電圧=定格電圧、としている規格があるようです。)
2. 定格が実測、実際に設定できる値で、公称は名目上の値(ニュアンスとしては、「条件を設定すれば、こうなるはず」というような値でしょうか)
3. 公称値は、「製品を区別するための数値」、とするもの。これにも二通りあって、
3a. 実際の数値の代表的なもの(例えば、抵抗器の抵抗値の類)
3b. 実際の数値を丸めたもの
(2.の名目上の数値、といのも、3.の考え方に近いものかもしれません。 1.も3aと同様なものかな、という気もします。)

その装置に関する規格によっては、「公称電圧」=「定格電圧」とする場合もありそうです。

半分余談
太陽光発電みたいに、直流で出力する装置では公称電力を、交流で出力する装置では定格電力を、と混在しているもの(もちろん、その規格の中では、公称電力、定格電力それぞれ定義されてます)とかあって、
公称、定格が何かを一概に言うのは難しそうです。

「公称」と「定格」の使いわけで、図書にJISの用語辞典(5版、ちょっと古いかも)があったのでみてみましたが、、
見事にバラバラでした・・・。
(英語では、nominal, rated になってるのは、どれも同じなのですが。)

ざっと眺めてみると、次の3通りに大別できるようです。
1. 公称=定格 としているもの(公称電圧=定格電圧、としている規格があるようです。)
2. 定格が実測、実際に設定できる値で、公称は名目上の値(ニュアンスとしては、「条件を設定すれば、こうなるはず」というような値でしょ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報