主人が4月15日付けで退職しました。
退職日は会社から言われたそうです。
特に何も考えずに退職し、資格喪失の書類ももらって16日から国保へ加入しました。
が、今日になって会社から健康保険料と厚生年金
保険料の支払いしてほしいと手紙がきました。
どういう事なのでしょうか。以前の質問集を
見ても、ちょっとわからなくて・・・
かなりの金額ですし、今から何か解決法は
あるでしょうか。

A 回答 (4件)

#3です。



>会社からは4月分社会保険料の支払いという事で請求が来ました。

資格喪失の書類ももらって16日から国保へ加入とされたのをみますと、資格喪失日は4月16日であったことは推測されます。
したがって、あなたのご主人は4月の末日まで会社に在籍していなかったので4月分の保険料は支払う必要はありません。

>三月分の給料からは健康保険料、厚生年金保険料は引かれていますが、何月分の保険料かはわかりません。

4月15日までの最終の給料が3月分の給料なのか、4月分の給料なのか私には分かりませんが、3月分の保険料の請求なら・・・
ご主人は3月分の保険料まで支払う必要がありますから、3月分の保険料はあなたが徴収されているものかの確認するために、何月分の給料で3月分の保険料を徴収されるものなのか分からないのでしたら会社に問い合わせる必要がありました。

しかし、4月分社会保険料の支払いという事で請求が来たのでしたら、支払う必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えていただいた事を頭に入れて、
会社に電話したところ、4月分の給料から引かれるべき3月分の保険料という事でした。
4月分は給料をはらえないので、別に請求したそうです。
くわしい説明ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/26 22:59

あなたのご主人は3月分まで社会保険料を支払う必要があります。


最終の給料の支払に社会保険料が徴収されていない場合はその請求は3月分社会保険料の請求である可能性が高いです。
しかし、最終の給料の支払で社会保険料が徴収されていた場合は何月分の社会保険料の請求であるか会社に問い合わせて確認する必要があります。

原則4月分の給料で3月分の保険料を徴収します。
会社によっては4月分の給料で4月分の保険料を徴収することがあります。
その点もご確認する必要があります。

この回答への補足

回答ありがとうございます。補足します。
会社からは4月分社会保険料の支払いという事で
請求が来ました。三月分の給料からは健康保険料、
厚生年金保険料は引かれていますが、何月分の保険料かはわかりません。

補足日時:2005/04/24 10:15
    • good
    • 0

可能性としては3月分の保険料であることが考えられます。



事業主は保険料を給与の支払い月の翌月末に社会保険事務所に支払いをします。
事業所によって事務処理の方法が違うので、
 
A) 
1月分の保険料を 
1月分の給料から引いて(預かって) 
2月末に社会保険事務所に払う
 
場合と

B) 
1月分の保険料を
2月分の給料から引いて(預かって)
2月末に社会保険事務所に払う
 
場合があります。
 
今回は B)の可能性がありますので、会社に何月分の保険料か、お聞きになってはいかがでしょうか?
 
ちなみに、4月15日が退職日の場合、社会保険の資格喪失日は4月16日になります。資格喪失日が属する月(今回は4月)の保険料は払わなくてもいいので、4月分の請求はありません。
かわりに、国保は資格取得日が4月16日ですので、1日でも資格取得日が属する場合は保険料を払うこととなっていますから、保険料を支払うことになります。

この回答への補足

言葉が足らずすみません。
会社からは4月分の保険料という事で請求がきました。3月分の給料からは何月分の保険料かわかりませんが、引かれています。今、主人に聞いたんですが、4月分の給料は色々な理由から?一円も出ないそうです。
そういう事も関係あるのでしょうか。

補足日時:2005/04/24 10:31
    • good
    • 0

こんばんは。


まず、その保険料の請求が正当なものであるか確認する必要があります。
手紙にどういったことが書いてありましたか?
3月分の健康保険料と厚生年金保険料であれば支払わなければなりません。

ただ、間違いないかの確認が難しいところですね。
・・・・・
最初の給料明細はお持ちですか?保険料が控除されていなければ間違いありませんが・・・

>かなりの金額ですし、
前月の給料明細の金額と同じだと思いますが・・・

一度、会社に確認の問い合わせをしてみては如何ですか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社から、社会保険料を遡って払えと言われました。

私の友人の話です。
アルバイト先の不手際で、社会保険に加入していなかった(したくてもさせてくれなかった)のですが、アルバイト先がこのたび社会保険事務所からの指導を受けたそうです。
結果、会社からは2年間遡って社会保険料を払うように言われました。
会社負担はなく、個人で全額負担せよとのことです。

そこで質問なのですが、
このように、こちらに非はなく、会社が社会保険事務所からの指導を受けた場合でも、
支払い義務は発生するのでしょうか。
その場合、全額個人が負担しなければならないのでしょうか?
たとえば、支払い拒否などできないのでしょうか。
なお、彼女の勤務時間は社員のそれと殆ど変わりませんでした。
今、そこで一年半ほど勤めたことになります。

詳しい方、どうぞよろしくお願いいたします。

*過去の質問も調べてみましたが、支払い拒否ができるかどうかもっと詳しく知りたかったので質問させていただきました。
用語等おかしい部分があるかもしれません。申し訳ありません。

Aベストアンサー

話の経過から察しますと、恐らくNo2さんが言っていることが一番的を得ていると思います。
No4さんのものとは事情が違うと判断します。

事業所であれば社会保険は強制加入になりますが、これも通年勤務し且つ週に一定時間以上の勤務がある人だけに適用されます。アルバイトの場合はこの最低勤務時間以上であるかどうかで強制加入する必要がでてきますが、短期雇用では除外されます。

で、その会社の場合は貴方のお友達がこの短期雇用の枠を超えて勤務していたので適用対象となることを指摘されたのではないでしょうか?(適用者以外では徴収する必要はありません)
なお過去に遡って支払わなければならないのは年金だけです。これは基礎年金部分だけですから厚生年金は除外されますので会社負担分はありません。

その会社が貴方の友人にしっかりとした説明をしておれば今回の様な誤解が生じなかったのではないかと思います。

なお国民年金は2年間遡って支払うことが出来ますので最寄の役所に行って手続きし支払っていない期間分を個人で支払ってください。(会社を通じて支払うものではありません)

補足ですが、短期雇用を繰り返して社会保険適用を免れようとする会社もありますが、実態として長期雇用になるのであれば適用対象となります。
指摘されたのはこの部分ではないかと推測されます。

ご参考まで

話の経過から察しますと、恐らくNo2さんが言っていることが一番的を得ていると思います。
No4さんのものとは事情が違うと判断します。

事業所であれば社会保険は強制加入になりますが、これも通年勤務し且つ週に一定時間以上の勤務がある人だけに適用されます。アルバイトの場合はこの最低勤務時間以上であるかどうかで強制加入する必要がでてきますが、短期雇用では除外されます。

で、その会社の場合は貴方のお友達がこの短期雇用の枠を超えて勤務していたので適用対象となることを指摘されたので...続きを読む

Q退職月の社会保険料自己負担について

退職した時に、社会保険料を自己負担として振り込んだのが正しいか不安になっています。

未払い賃金等色々あった会社なので、事務処理に不信が有ります。他県在住なので、居住地の年金事務所 では話がつかず、会社のある県の年金事務所に電話してみる積りですが、もし詳しい方がいらしたら、教えてください。

毎月15日締め、25日振込です。
4月14日入社、6月23日退職です。
かなりいい加減で酷い会社だった為、試用期間中に退職しました。

4月14日入社、4月25日に一回目である4月分の給与振込でした。4月14日の1日分7,000円程の振込。社会保険料は、雇用保険のみ控除?健康保険と厚生年金は控除なし。

5月分は、5月25日振込。社会保険料は、雇用保険648円控除。

6月分は、6月25日振込。社会保険料は、雇用保険34円、健康保険7,477円、厚生年金12,848円控除。ただし、支給額(休職していた為、出勤した半日分の給与のみ)から社会保険料合計20,351円を差し引きした13,361円を会社に振り込みました。

正確ならば良いのですが、不信なので不安です。

よろしくお願いします。

退職した時に、社会保険料を自己負担として振り込んだのが正しいか不安になっています。

未払い賃金等色々あった会社なので、事務処理に不信が有ります。他県在住なので、居住地の年金事務所 では話がつかず、会社のある県の年金事務所に電話してみる積りですが、もし詳しい方がいらしたら、教えてください。

毎月15日締め、25日振込です。
4月14日入社、6月23日退職です。
かなりいい加減で酷い会社だった為、試用期間中に退職しました。

4月14日入社、4月25日に一回目である4月分の給与振込でした。4月14日...続きを読む

Aベストアンサー

社保料は翌月請求が基本なので、本来であれば、5月分賃金から4月分の健保・厚生年金が引かれていなければなりません。引かなければ会社が負担するだけですから、普通、会社に不利な事をするとは思えません。
となると、まだ加入していなかった、と解釈する方が順当です。5月から加入で、その料金が6月にかかったのでしょう。

保険証や年金手帳はどうなっていますか?
加入月から保険料が発生します。料金の算出は一定の基準がありますが、1ヶ月しか加入しないとなるとどうなるんでしょうねぇ?5月分の賃金から暫定計算かな?6月に払った保険料は5月分と思いますけど、そうめちゃくちゃな料金ではないと思います。

1ヶ月弱でしかありませんが、雇用保険も入っているので離職票か被保険者証はとっておいて下さい。1年以内に再就職すれば合算できます。

Q退職後、夫の扶養に入れないと言われました

こんにちは。既婚女性(妊娠3ヶ月)です。

私は8月31日付けで会社を退職する事にしました。
(12年間働いた上での退職です)
退職理由は妊娠・出産の為となっております。

退職の際に会社の人事の方に確認した所、私の勤めている会社は「数年前から任意継続が出来なくなった(制度が無くなった)」と言われました。
その為、退社後は「夫の扶養に入る」か「国民健康保険」「国民年金」に加入するしかない事になりました。

任意継続が出来ませんし、出産は来年3月予定なので「出産育児一時金」はもらえません。
(出産後に35万円の出産手当金はもらえます)

失業保険の受給は働く準備が出来るまで延期する予定です。(2年後くらいを考えています)

という事で、今年の9月1日からは私の収入はゼロです。

それで夫の会社の組合に9月から扶養に入れるか確認してもらった所、「奥さんの源泉徴収票を出して下さい」と言われました。
今手元にあるのは去年の収入である「18年度の源泉徴収」です。
それを見て「扶養には入れません」と言われたそうです。

来年になってまた「源泉徴収を出すように」言われた場合、19年度の源泉徴収を見せる事になりますが、19年度(今年)は8月31日まで働いたので、退職金も合わせるとちょうど130万を超えると思います。
そうなると来年も私は扶養に入れないと言われました。

私は来年は全く無職の状態なのですが・・(失業保険などの給付もまだ受けませんし)扶養に入れないのでしょうか。

「保険」も「年金」も前年度の源泉徴収を見て判断されるものなのですか?

他の方の質問を見ていると、なんだかおかしい気がします。
でも夫が会社で聞くとそう言われるらしく・・。
夫の会社の組合規則が厳しいのでしょうか。

ご回答を頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

こんにちは。既婚女性(妊娠3ヶ月)です。

私は8月31日付けで会社を退職する事にしました。
(12年間働いた上での退職です)
退職理由は妊娠・出産の為となっております。

退職の際に会社の人事の方に確認した所、私の勤めている会社は「数年前から任意継続が出来なくなった(制度が無くなった)」と言われました。
その為、退社後は「夫の扶養に入る」か「国民健康保険」「国民年金」に加入するしかない事になりました。

任意継続が出来ませんし、出産は来年3月予定なので「出産育児一時金」...続きを読む

Aベストアンサー

扶養の認定の基準は、その組合独自で持っていますので、それが判断に優先されますが、お書きいただいた内容からは、会社の担当者が組合に尋ねていますので、どこまであなた様の事情が伝わっているかわかりません。
普通、退職してすぐ扶養にできない理由として考えられるのは、
1)失業保険をもらう
2)出産手当金、傷病手当金がもらえる
3)退職金が多い
4)その他不労所得(不動産収入、利子収入等)がある

退職していれば、その後の収入はないので、過去の収入は問われないケースが一般的です。過去に収入があっても、退職した書類(離職票等)を提出すれば、理解してもらえると思いますが、退職後の扶養申請のことだと伝わっているのでしょうか。退職前の状態(現時点)で扶養申請することを相談されれば、当然断られると思います。

決定権者は健保組合であり、会社は手続きの代行機関でしかありません。なので、直接組合に確認されることをお勧めします。
永久に入れないことはないと思います。

>退職の際に会社の人事の方に確認した所、私の勤めている会社は「数年前から任意継続が出来なくなった(制度が無くなった)」と言われました。

任意継続制度は、健康保険法上当然生きています。継続療養制度と勘違いしているのではないでしょうか。これは、あなた様の会社が間違った情報を持っていると思われます。これについても、直接貴方様が入っている健康保険(政管健保なら社会保険事務所、組合健保ならその組合)にご確認されることをお勧めします。任意継続は直接健康保険に手続きしますので、会社に関係なく直接手続きできます。

扶養の認定の基準は、その組合独自で持っていますので、それが判断に優先されますが、お書きいただいた内容からは、会社の担当者が組合に尋ねていますので、どこまであなた様の事情が伝わっているかわかりません。
普通、退職してすぐ扶養にできない理由として考えられるのは、
1)失業保険をもらう
2)出産手当金、傷病手当金がもらえる
3)退職金が多い
4)その他不労所得(不動産収入、利子収入等)がある

退職していれば、その後の収入はないので、過去の収入は問われないケースが一般的です。過去に...続きを読む

Q会社が社会保険未払いの際の社員の支払い義務

はじめまして。
会社が社員の社会保険料を未払いで社会保険事務所から催促されていることを知りました。
社員の給料からは天引きしていて未払いと知ってショックなのですが、もしこの状況の中退職した場合、支払う義務は退職する社員にあるのでしょうか?
お願い致します。

Aベストアンサー

まず、ねんきん定期便などで、あなたが今現在その会社で厚生年金保険に加入しているかどうかを、お確かめください。
入社の時にきちんと「資格取得」していれば、問題ありません。日本年金機構には、あなたの厚生年金保険の資格期間として登録されていますから、たとえ会社が保険料を払っていなくても、それはあなたにまったく関係ないことです。資格期間として将来の年金計算にも反映しますし、未払いの保険料をあなたに請求されることはありません。
従業員の厚生年金の加入手続きも、保険料納付も、あくまでも会社の義務であって、従業員そのものにはなにも課せられるものはありません。
ただ今後、会社が厚生年金保険から脱退する場合も考えられますが、それはねんきん定期便や年金事務所などに照会をかけて、注意深く見守る必要があります。脱退してるのに(つまりあなたの厚生年金資格が喪失しているのに)保険料だけ給与から天引きしている場合、それは会社のネコババになりますから。その場合はまず会社に申し立てをして、それでもこじれるようならば年金事務所に相談すべきです。

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

Q住民税

こんなことも知らず恥ずかしいですが質問させてください
住民税についてですが主人の扶養に入っていても
妻個人で払うものなのでしょうか?
主人の給料から引かれているのは主人の分だけなのでしょうか?

Aベストアンサー

読み返してわかりにくかったので追加を・・。

住民税は、後払いなのです。
新卒社員は収入がありますが住民税がかかりません。前年、学生で収入がなかったからです。
逆に定年退職した方は、翌年無職ですが住民税がかかります。前年、収入があったからです。

会社を退職される方は、最後の給与で前年分がすべて引かれるのに加えて、退職の翌年も納付書で住民税の納付がありますので、備える必要があります。

所得税は、給与支払時に概算で徴収(源泉徴収)して、年末に調整(年末調整)か、確定申告をして納付(過剰分は還付・・だいたい多めにとるので還付が多い)をし、終了します。
住民税は、給与支払時にはなにもせず、申告後に、確定した額を課税します(給与天引きされているのは去年分の支払いです)。
申告した覚えはないと思いますが、年末調整・確定申告をすると、住民税も申告したことになります。
(確定申告の紙の束のなかにマル住という印がついた住民税の申告書が入っています)

いま補足欄を見ましたが、去年所得があったとのことですので、課税所得(100万円以上)があったのならば、今年かかります。納付が必要です。

すでに1回目の納付期限は過ぎているのではないでしょうか。
もし市役所から納付書が来ていないのならば課税対象の所得に達していなかったと言うことになると思います。

読み返してわかりにくかったので追加を・・。

住民税は、後払いなのです。
新卒社員は収入がありますが住民税がかかりません。前年、学生で収入がなかったからです。
逆に定年退職した方は、翌年無職ですが住民税がかかります。前年、収入があったからです。

会社を退職される方は、最後の給与で前年分がすべて引かれるのに加えて、退職の翌年も納付書で住民税の納付がありますので、備える必要があります。

所得税は、給与支払時に概算で徴収(源泉徴収)して、年末に調整(年末調整)か、確定申告を...続きを読む

Q健康保険証取得手続き中の通院についての支払について

色々調べたところ、例えば転職したときや、結婚して旦那さんの扶養に入る時などに新たに申請する健康保険の資格取得手続きですが、最近は協会けんぽと社会保険事務所に事務処理が分かれてから、発行に3週間くらいは要するとのこと。
その間、健康保険証がない期間が発生するわけですが、仕方なく通院が発生した場合、10割を一旦払わなければいけないですよね。
そしてその際、『被保険者資格証明書』を申請してもらっておけば、保険証の代わりとして使えて3割負担ですむ、というのも調べましたが、社会保険事務所に聞いたところ、実情は、この証明書さえも、手元に届くのに時間がかかり、結局は本来正式な保険証の届く日より三日ほど早く届くだけとのことで、あまり利用している人はいない、という回答でした。
せっかくの証明書なのにあまり意味ないなと思いました。
結局、何か身の回りに変化があるときは、こうやって医療費の自己負担は避けられない・・・というのが現状なのでしょうか?それとも何か回避する方法がありますでしょうか?
企業の担当者さんなど、よくかかわっておられる方のアドバイスいただけたら幸いです。

色々調べたところ、例えば転職したときや、結婚して旦那さんの扶養に入る時などに新たに申請する健康保険の資格取得手続きですが、最近は協会けんぽと社会保険事務所に事務処理が分かれてから、発行に3週間くらいは要するとのこと。
その間、健康保険証がない期間が発生するわけですが、仕方なく通院が発生した場合、10割を一旦払わなければいけないですよね。
そしてその際、『被保険者資格証明書』を申請してもらっておけば、保険証の代わりとして使えて3割負担ですむ、というのも調べましたが、社会保険事務所...続きを読む

Aベストアンサー

病院は保険組合からは必ず保険証を確認するように指導を受けています。

医療費を病院が保険組合に請求する際、レセプトと呼ばれる医療明細を翌月10日までに審査機関に提出しますが、そこに有効である保険証番号を記載しなければなりません。
資格証明書にせよなんにせよこの期限までに記号番号が通知されなければ、次の請求までの1ヶ月分を病院が負担しなければならないのです。

病院によっては月末までに保険証が確認できれば自己負担分のみでよいとする場合もありますが、確認できる確証がないので一旦全額負担いただき、月末までに保険証が確認できたら返金、それ以降は保険組合へ還付請求というのが一般的な対応になるかと思います。

Q退職後の年金と健康保険等の請求

今まで勤めていた会社が支払っていた年金や健康保険等の費用は、
会社をやめて休職活動中の現在は、どのような手段で請求されるのでしょうか?
一向に請求が来ませんが、自分で役所等に行って手続きをしなければならないのでしょうか?
このまま次の会社に入るまで支払わなくても問題ないのなら、そうしたいのです。
保険証も使う予定がありませんし。。。
参考になる意見、サイト等御存知でしたら、教えて下さい。
お答えよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>さかのぼって支払いをするのですか?
はい、そうなります。

健康保険についてたとえば就職するまで収入がないということですから、もし失業給付を日額3611円以下、又は全く受給しない、ご質問者のお父様が会社勤めであるという条件でしたら、お願いして健康保険の扶養に入れてもらうことが可能ですよ。
その場合は国民健康保険に加入する必要はありません。

Q退職後、一週間で次の会社に再就職しますが、この間の国民健康保険はどうなりますか?

退職後、一週間で次の会社に再就職しますが、この間の国民健康保険はどうなりますか?
離職票等は手元に届くまでに一週間以上かかりますし、
手続きが出来ないまま再就職となります。

Aベストアンサー

転職経験者です。
#2さんの回答のとおりになります。うちの場合かみさんが持病をもっているので、保険証が必要なことから、離職しても1ヶ月間だけ離職継続保険が適用になるように手配しました。というよりも、保険料は年間分を年初に一括で支払い、毎月の給与で天引きの形で引かれるので、退職する月までの分+1ヶ月分の保険料を払った形にしてもらい、残金が清算されました。前会社に相談すれば大丈夫だと思います。大体、退職する前から転職活動する場合が多いから、転職の間が空くことはないので1ヶ月の期間なら大丈夫だと思います。しかし、予想を反して期間が延びてしまった場合は1ヶ月後に国民健康保険の申請が必要になります。

Q離職票は、いつ頃、渡されるものなのでしょうか

離職票は、いつ頃、渡されるものなのでしょうか
今月末で会社都合で解雇されるのですが、失業保険を申請するときに必要な離職票は、通常、いつ頃、渡されるのでしょうか。
早く申請しないと受給期間に影響してしまうようなのですが・・・。
会社の上司に聞いたのですが、本社の総務でないとわからない・・・と、はっきりしません。
どれくらい待たされたら「早く!」と催促してよろしいものなのでしょうか。
解雇で退職日がわかっているのだから、退職日に離職票を渡してくれたら、一番助かるとは思うのですが・・・。
宜しくお願いいたします。

ジャンルがわからないので、一応、雇用保険繋がりで、質問させていただきました。

Aベストアンサー

離職票は、会社が作成し、会社がハローワークへ提出することで、ハローワークが会社に対して交付することで、あなたに渡せる状態となります。
会社だけでの都合で作成できません。

未来日での手続きは出来ませんし、給与の額を記載するためには退職後でなければ退職日までの計算は出来ません。月給制で固定だとしても推測・予定ですからね。

あなたの手続き日が遅れると、受給期間には影響しませんが、受給が出来るようになる日が遅れることになるでしょうね。

会社の法律上の期限は、退職後10日以内となっています。しかし、10日で処理できる企業ばかりではないと思います。
私の前職は、税理士兼社会保険労務士事務所で、この手の手続きのプロです。私が退職したときの離職票は1ヶ月以上あとに渡されたと思いますね。良い悪いはべつとして、早く発行してくれる会社はあまり聞きませんね。

私の経営する会社では、私が手続きを行うため退職日から数日の間に手続きを行い、本人の希望に応じて郵送・手渡しを行いますね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報