スフィンクスや古代エジプト、近隣諸国の人型の遺跡(ミイラの棺や像など)の顔を見ると鼻が欠けているものが非常に多いのはなぜなのでしょうか?
もう1点知りたいのですが、
先日N.Y のメトロポリタン美術館のエジプトコーナーの一角で、片手の人差し指?をたててアゴに当て、中腰で立っている人間の像が、大小100個以上展示されているのを見かけたのですが、この像のポーズには何か意味があるのでしょうか?気になって頭から離れません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけますでしょうか。どうぞよろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

エジプトのスフィンクスの鼻が欠けている理由ははっきりしていません。

ナポレオンが大砲の標的にしたという話は後世に面白おかしく作られた話です。そもそもスフィンクスはごく最近まで首まで砂にうずもれた状態でしたので、誰でも容易に手に届く位置に鼻がありました。わざわざ大砲の標的にするまでもなく、誰でも簡単にいたずらできる状態だったわけです。実際、過去何千年にもわたって多くの人がいたずらし、同時に自然に風化しつづけたためにスフィンクスの傷みは激しいですし、鼻などの特に目だった突起部分は破損しやすかったというわけです。そのほかの鼻が欠けているのもおおむね同じような理由だと思います。
ポーズについてはわかりません。ごめんなさい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ナポレオンの話、知らなかったので参考になりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/26 21:44

スフィンクスの鼻が欠けているのは、ナポレオンがエジプト遠征をしたとき大砲の射撃の的にしたというようなエピソードを聞いたことがあります。


遺跡でよく鼻が欠けているのは、やはり突起物は折れやすい・削れやすいということ(窃盗の場合もあり)ではないかと思います。

ポーズの意味についてはわかりません。
私も知りたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございました!参考になりました。
ポーズについては、またこの件のみで、質問してみようと思います。

お礼日時:2005/04/26 21:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q彫刻の鼻

古代ヨーロッパ等でよく見られますが、
彫刻(人物像)の鼻が欠けている場合が多いです。
これは壊れているのではなく、
何か人為的に壊す理由があったという事を聞いたことがああるような気がします・・・が分かりません。
何か理由があったのでしょうか?

Aベストアンサー

仏像や人物像の顔面や鼻を破壊されたものは多くみられますが、これはそれらの対象が表すものを否定、抹殺する行為の象徴として行われる行為です。

古代エジプト時代に既に太陽神を信仰しようとしたファラオはその存在すら抹殺され多くのレリーフを削られましたし、顔面像を傷つけられています。
バーミヤンの石仏摩涯仏は信仰の変化により顔面を削られていましたが近年タリバーンにより像そのものを爆破されています。

これは偶像崇拝の否定にもつながる行為なのです。

Q一部上場とは??

タイトル通りなのですが、一部上場企業とはどういう意味でしょうか?していない企業と比べて何が違うのでしょうか??現在就活中でして、この意味がよく分からないので教えていただけますでしょうか?又、その企業が上場しているか、していないかはどうやって見分けるのでしょうか??
お返事ください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買う人がいなければなりません。このような株の売り買いをするところが株式市場です。株式市場はできるだけ大きな市場の方が売りたい人、買いたい人が多く集まるので、取引が成立しやすくなります。逆に株を売りたいときに株式市場で取引できないと買い手が見つからないので、株式を持つ意味が半減します。
日本で一番大きな株式市場が東京証券取引所(東証)です。東証にも一部や二部などがあり、一部が最も活発に取引されます。そこで、株を売りたい人や買いたい人は東証の一部に行けば、売り買いが成立しやすくなります。
ところがどんな会社の株でもここで取引ができるわけではありません。上場基準と呼ばれる厳しい基準に合格した企業の株だけが、東証の一部で売り買いできるのです。
この東証一部で株式の取引ができる企業が一部上場企業とよばれる企業です。
東証一部に株式を上場できると、株を持っている人は取引が成立しやすくなるので、株に魅力が出て株価が上がります。また、一部上場企業は財務状況の公開が求められるので、粉飾やごまかしをしにくくなり、その結果、会社の信用が増します。
色々な株式市場がありますが、日本の企業のうち、市場で株を売り買いできる企業は一部にすぎません。その中でも東証一部で株を取引できる企業はごく限られたほんの一握りの大企業だけ。つまり東証一部上場企業は企業の中のエリートと考えられるのです。

>今までどんな勉強をしてきたのでしょうか?
>そんな事も分からないような人を企業が採用するとは思えませんが?

ひどいことを言う人もいるものです。私も就職するときは、大学が理科系だったので一部上場企業とか資本金とかまったく意味が分かりませんでした。今でも私の周りには一部上場企業の意味を正確に知らない人がたくさんいますが、ボーア半径とか熱力学の第二法則とかは良く知っています。それでいいのです。就活がんばってください。

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング