Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

京都アニメーションというアニメ制作会社が、放火され大勢の死者が出ました。
犯人は逮捕されましたがその主張は
「自分が作った作品が京都アニメーションによって盗作されたから」
というものでした。
しかし盗作の事実はないようです。

裁判が始まり、被告は争う構えの様ですが弁護側は
「被告人に責任能力はない、あったとしても限定的」
というものだそうです。
(詳しくは文末のリンクなどを参照してください。)

この手の事件をみていつも思うのですが、なぜこんなにも凶悪な事件を起こしていながら
刑事告訴されたとたんに
「事件当時は心神耗弱状態にして責任能力無し」
を主張するのでしょうか?
そんなに命が惜しいのでしょうか?

昔、江戸城末の廊下で刃傷事件を起こした播州浅野内匠頭は、取り調べ官から
「乱心であろう? 乱心ならば無罪だ、乱心であろう?」
と、乱心(心神耗弱状態)を口実に罪を免れるように示唆されますが、浅野は一貫して
「乱心ではござりません。遺恨をもって刃傷に及びました」
と言っています。

現代の犯罪者もこうありたいものです。
しかし、多くの凶悪犯罪者は告訴されると急に
「心神耗弱にして責任能力無し」
と主張します。

なぜでしょうか?
もしかしたら被告人に
「私は覚悟を持って犯行に及んだ。心神耗弱を主張して逃げるつもりはない。
 死刑にするなら死刑にしろ」
と罪を認めてしまうと裁判で勝てず、自分の成績が上がらないので被告人を説き伏せてでも
「心神耗弱にして責任能力無し」
と主張するのでしょうか?

一度でもいいから
「被告人は自分の罪を認め、死刑になることを願っています。
 代理人弁護士としても被告人の願望が叶うような判決を願います」
という弁護士にお目にかかりたいのですが・・・

改めて問います。
なぜ凶悪事件において弁護側は「責任能力無し」を主張するのでしょうか?
責任能力があったら弁護士は困るのでしょうか?

参考記事 やふーにゅ0住寄り
https://news.yahoo.co.jp/articles/fbd22e7de72be6 …
京アニ事件、弁護側が被告の責任能力争う見通し 公判で最大の争点に
36人が犠牲になった2019年の京都アニメーション放火殺人事件で、殺人などの罪で起訴された青葉真司被告(45)の弁護側が、被告は事件当時、心神喪失か心神耗弱の状態だったとして、刑事責任能力を争う見通しであることが、関係者への取材で判明した。被告は過去に精神疾患で通院歴があり、公判では責任能力の有無や程度が最大の争点になるとみられる。

A 回答 (25件中1~10件)

ご質問者がおっしゃるのは、責任能力の有無は、「刑事告訴されたとたんに」弁護側が問題化するということですが、実際はむしろ起訴前に検察側が問題化します。

つまり、あべこべです。

空理空論を避けるには、実際の数を調べて具体的に話をすることでしょう(概数でよい)。
精神鑑定には簡易鑑定、起訴前本鑑定、起訴後鑑定があります。件数はこの順にどんどん少なくなります。前二者は、裁判官ではなく検察官の判断で(医師に依頼して)おこなうものです。「こりゃ責任能力無いな」となったら不起訴で、裁判所ではなく精神病院送りです(強制入院)。

刑事弁護専門サイト ウェルネス法律事務所
https://wellness-keijibengo.com/sekininnouryoku/ …
〔引用開始〕
東京地検でも、起訴前本鑑定にかけるのは、検察官1人あたり、数年に1回あるかないかといったところですが、簡易鑑定はひと月に数件程度かけることが多いようです。
〔引用終り〕

日本で刑事裁判は年間10万件とかあるのに、「起訴前本鑑定」は500件とか、そんなもんだそうです。いかにパーセンテージが少ないか、お分かりでしょう。
それよりさらに少ないのが、起訴後鑑定ですよ。ご質問のように、「裁判が始まり」「弁護側」が「被告人に責任能力はない」と主張して鑑定を要求します。
ところが、その要求を拒否する裁判官も多いのです。よろしいですか、年間10万件も刑事裁判があるのに、起訴後鑑定が行われるのは100件とかなんですよ。それなのに、

> なぜ凶悪事件において弁護側は「責任能力無し」を主張するのでしょうか?

と改めて問うのは、無知ではありませんか? 皮肉な言い方をすると、凶悪事件で確実に有罪にするために、検察側が責任能力を問うのです。そのあと、弁護側が逆の目的で再度責任能力を問うのです。
今回の事件の場合、被告人は精神疾患の病歴があり、事件に至る言動も異常性がうかがえます。精神鑑定をおこなうのは当たり前でしょう。
実際、検察官が起訴前本鑑定を(医師に依頼して)おこなっています。それも、2度もおこなっています。そのうえで、「責任能力あり」「公判を維持できる」と踏んで起訴したわけです。
一方、弁護側としては、「起訴前本鑑定で万全の結果が出なかったため、2度もおこなったんだろう」と、3度目の鑑定を要求するのが当然でしょう。要求しなかったなら、弁護士として職務懈怠(しょくむけたい)ですよ。
つまり、このご質問は、弁護士に言いがかりをつけているようなものでしょう。

また、鑑定結果を採用するか否かは裁判官の判断次第です(刑事訴訟法第318条「証拠の証明力は、裁判官の自由な判断に委ねる」。鑑定結果も証拠の一種)。たとえば医師が「心神耗弱」と鑑定しても、裁判官はそれを採用せず刑を軽くしないことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
はい、無知でした。
これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。
(ムチだけに)

お礼日時:2023/06/12 21:46

弁護士は勝ってなんぼの仕事です。

少しでも罪を軽くするのが仕事なので使えるものは何でも使う。
心神耗弱状態など常套手段です。極論を言えば嘘の証人を見つけてきて証拠をでっち上げてでも無罪になるように頑張るのが弁護士の仕事です。リーガルハイにもそんな話がありました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>極論を言えば嘘の証人を見つけてきて証拠をでっち上げてでも無罪になるように頑張るのが弁護士の仕事です。

ウソの証人はいただけないですね

>リーガルハイにもそんな話がありました。

そういう話が通用するのはドラマの中だけですね

お礼日時:2023/06/15 22:40

弁護側に八つ当たりをしても仕方ないでしょう。



犯人は一命をとりとめた時「どうせ死刑になるんだ」と言ったそうです。これらの状況から見て心神喪失とか無理なんじゃないですかね。

また裁判をしなければ刑の執行は出来ませんし、出来得る最大の弁護の元で刑が確定したとしませんと執行に携わる人にも余計な心労を与えます。死刑についてはもう少し別の見方をするといいですよ。

以下は長いので興味があればどうぞ。

死刑求刑が確定してる様な裁判では別の解釈をしないと行けませんよ。死刑より重い罰とは何か?これについて考えて見てください。すると何が為されているか分かるはずです。

「くそお。殺すだけでは飽き足らん」

では裁判が長引くことが犯人にとって恩恵に当たるのか?

ないですよ。苦しみと言うのは生きているうちしか感じられません。死刑に成らずに済むのならば戦うべきでしょう。しかし、その可能性がほぼ無いのに何十年も先延ばしにされるというのは生き地獄ですよ。

普通の人間が想像できないくらいの苦しみのはずです。しかもその苦しみを恨みとして晴らすチャンスなど二度とないんです。好き放題やられっぱなしなんですよ。

「こんちきしょう。今に見てろ・・・と思ったが。
 もうそういう機会はないんだ。俺、どんなに悔しがっても
 仕返しするとかもう出来ないんだ・・・」

こういう状況で他人にああだこうだ言われる経験なんて誰にも無いでしょう。別の言い方をすると国家に「お前は簡単には殺さない」と言われているようなものですよ。

国中が自分の死を望んでいる中で何十年も闘い続ける。気持ちが負けた時は終わりです。気持ちが負けていなくても裁判で負ければ終わりです。裁判で負ける確率は非常に高い。その上で簡単に白黒つけずに(結果の分かった=命の掛かった戦いを)引きのばされる。

「心が折れるまで続けて、折れた後も、死刑を受け入れるまで
 反省させられ続ける」

子供が受ける苛めも相当きついですが、こちらは次元が違います。自殺すら許されませんから。私なら簡単に心が折れると思います。しかし、それも許されず「あり得ない希望」を与えられてしまう。誰だって泣いて弁護士に縋り「何でも言う事を聞きます。助けてください」とやってしまうでしょう。希望を感じてしまったら、惨めな自分を周囲に晒してでも粘ろうとするはずです。結果は変わらないのにデス。ここがとても残酷なんですよ。

質問者さんはそのシーンを見ているだけです。

刑が宣告されて、心が折れそうな時であっても「もしかすると助かるかもしれないよ」とその気にさせられる。良く出来た拷問ですよ。

「ごめん。やっぱり駄目だった・・・期待させたねえ」

こんな事を言われても何もやり返せないんです。相手の好い加減さや不真面目さを糾弾できないんです。

「ふざけんなてめえ。約束が違うだろう。もっとまじめにやって
 くれよお。命掛かってるんだよ。俺死にたくないよ」

「だろ? 君が殺した人たちもそうだったんだよ。
 自分が何をしたのか分かって来たかい?」

「謝ります。反省します。だから助けてください」

「じゃあ次の案があるよ・・・言う事を聞くかい?」

「何でもやります」

こうやってもて遊ばれるんです。そしてやっと分かるんです。

「自分がどんな仕打ちを受けたのか話す相手がいない。
 警察に訴えるわけにもいかない。
 弁護士にはいま相談して弄ばれている。
 俺の命をネタにして俺は弄ばれ続けている。
 それでも俺は死にたくなくてその気にさせられる。
 もう疲れた・・・死にたい・・・だめだだめだ。
 負けちゃだめだ、ちきしょう、生きてやる、生きてやる
 罪が許されなくてもイイ。誰かに俺の今の苦しみを知って
 欲しい。苦しんでも苦しんでも誰にも知られず同情もされ
 ない。こんな死に方嫌だ。嫌だ・・・」

自分の気持ちを誰にも伝えられずにこの世を去るという事がどれほど哀しいか実感しているでしょう。

ちょうど「神戸高校生殺害事件」の裁判話も出ていますね。こちらでも責任能力についての話が出ています。

分ると思いますが、死刑にするのが本当の罰では無いんですよ。死んでしまえば苦しみを与えられませんから。罰でも何でもありません。

「懲役刑で苦しみ続けている人と同等の年数は苦しまないと、
 死刑と言う刑罰の凄味が無いんではないか?
 懲役刑で考えられる最大年数は苦しんでいただき、
 その上で死刑になるというのが正しい運用だと思える」

こういう話でしょう。

偽りの希望を与えられて懊悩する。そして絶望する。この葛藤を拷問として与え続ける事が本当の罰なんです。発狂する事も自殺する事も許されません。そして何十年も続くんです。

「もう、苦しまなくなったな。慣れてしまったかい?
 じゃあ、これ以上は無駄だね。
 そろそろやりますか?」

国家はエレガントに(法の執行のために仕方ないと言い訳をしつつ)拷問をしているんです。人が受け得る最大の苦しみを与える方法論を確立しているというわけです。日本が甘いと思う人は大間違いですよ。死刑を超える厳しい罰は「刑の執行は慎重を期す」と言う名のもとに確立しているんです。

勿論、正当な裁判で無実を勝ち取る人も減刑を受ける人もいるでしょう。しかしどう考えても極刑だと思える人の刑執行が直ぐに行われない理由には、別の意味があると思いましょう。犯罪を犯した者に対して「殺しても飽き足らん」と言う感覚を日本はいまだに持っているという事です。

実際的に見ても直ぐに死刑執行は難しいです。

「精神的な拷問を受けさせ、罪を後悔させ、惨めな姿を世間
 一般に晒し、誰かの精神的な支柱や象徴と成らない様に、
 犯罪者の尊厳を充分に貶めてからでないと刑の執行は逆効
 果になる。英雄像を保持したままであると殉死と扱われか
 ねない。それでは刑罰の意味が無いので充分に時間をおい
 て、ただの罪人が罪を償ったという印象に変わるまで厳重
 に管理をするべし。犯罪者が自分を惨めだと感じ始めたあ
 たりから、刑は執行可能となる」

となりますよね。罰に見えない状態はいけません。

そのため江戸時代にも犯罪者を貶めて苦しませて、泣き叫ばせてから殺すというのが普通にありました。格好良く死なれますと、英雄視する人が出て来るからです。どんな死刑囚も最後は惨めな状態でこの世を去るように国家に調整されるんです。

善人には、

「頑張れば未来は変わるかも?」

と言いますよ。

しかし私たち社会人は、悪人にだけは「努力をしても無駄である」と教えます。弁護士側が努力をし始めたと思ってしまうのは貴方が善人だからだと思いますよ。

以上、ご参考になれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(このお礼コメントは全部皮肉に満ち溢れていますので予めご了承ください)

ご回答ありがとうございます。

>また裁判をしなければ刑の執行は出来ませんし、出来得る最大の弁護の元で刑が確定したとしませんと執行に携わる人にも余計な心労を与えます。死刑についてはもう少し別の見方をするといいですよ。


こういった話は死刑執行に関するエピソードで頻繁に出てきますが、それならば職員に業務の一つとして死刑執行させるのではなく
「すごく鈍感で、目の前で人間が死んでもなんとも思わない人」
もしくは
「死刑執行をしたくてしたくて仕方のない人」
を死刑執行専門官として雇えばいいのでは?

あと、回数(場数)も必要かと。

以前、火葬場で骨を拾ったときに、説明してくれる係官(公設の火葬場なので一応は公務員だと思います。臨時か専門職か総合職かは知らんが)が
葬儀という厳粛な儀式に不釣り合いなほど、立て板に水のごとくまるで観光バスのバスガイドみたいにペラペラと手順を説明していた時に
「ああ、この人も最初の内は心が乱れてとてもとても仕事をできなかったのだろうが、場数を踏んで今では何とも思わなくなっちゃったんだなー
 人間の慣れって怖いなー」
と思いました。

あーゆー人を死刑執行官に雇えば、なんとも思わずに
「昨日も一人、今日も一人、縛り首にした
 ま、そんなことはどうでもいいから帰ったら
 ご飯食べてTV見てお風呂入って寝ようっと
 明日は何人縛り首にするのかなー」
と思えるような図太い人を雇えばいいと思います。

私の記憶が確かならば、その昔、フランスでは死刑執行官は世襲だったそうな。
世襲が大好きな今の政治家ならすぐに
「死刑執行官を特別職国家公務員とし、世襲とする」
という法律ぐらい作れるのでは?

オレオレ詐欺の犯人とか、闇バイト強盗の犯人とか、全員死刑でもいいよ。

(このお礼コメントは全部皮肉に満ち溢れていますので予めご了承ください)

お礼日時:2023/06/12 20:27

どう見ても状況が不利な時は、そういう方便を持ち出すのが弁護士の常套手段です。


あれだけの人を殺しているので、そう言うしか刑を減じる手段がないんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

それしか打つ手がないんですね

お礼日時:2023/06/12 18:13

裁判経験者です。


まず、裁判を経験してない人は勘違いしている人が多いのですが
弁護士は正義の味方ではありません。
この事件のような犯人だろうと、特殊詐欺犯で大きなニュースになりどう考えても
更生見込みなんてないし、564てしまったほうがいいんじゃね?
という人でも、依頼者を守らなくてはいけません。

民事事件も同様です。
離婚、浮気、相続戦争。勝てる見込みなさそうでも依頼者の味方です。

依頼者の弁護士が、こいつはもうどうしようもないやつだから死刑でいいよ。
こんな裁判も無駄なのでね明日にでも執行してください!とかは言えないのです。

この事件はひどい事件です。
正直警察も逮捕せずにその場で射殺したり、火災現場に放り込んでしまえばよかったのでは?
と思ってます。

しかしながら、私がこいつを弁護するなら、心神喪失、責任能力の有無を争います。
なぜなら、認められれば無罪になる。とかではなく、そもそもこんなおかしな事件。
ガソリンを撒いて、自分もその場にいるのに火を付ければ、自分の身も危険です。
かなりひどい火傷を負い、優秀な医師のおかげで命は助かりましたが、こんなことするやつが正常とは思えません。
だから心神喪失を争います。

死刑確定まで10年ぐらいかかりそうてだすね。
それから実際に執行されるまで10年、20年。
オウム事件じゃありませんが、無駄に長生きできるのが日本の制度です。


特殊詐欺も最近ニュースになりましたが、海外で賄賂が効くなら、わざわざ日本に連れてきて、税金を使い
裁判なんてしてないで、ちょっと相手国の看守に賄賂渡して、564てもらい、囚人同士のいざこざで死んだことにした方が
すっきりすると思います。
    • good
    • 0

ピザ屋はピザを作って配達するのが仕事


弁護士は依頼してきた犯罪者の罪を軽くするのが仕事
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>弁護士は依頼してきた犯罪者の罪を軽くするのが仕事

原理原則はその通りなのですが、一般人の感情から言って納得ができないですね。

お礼日時:2023/06/12 17:39

>精神疾患者にICチップを取り付け健常者の権利を守らないといけませんね。


それを言うなら
犯罪は学歴が低いほど増えるので、高卒や偏差値が低い私大卒は全員ICチップをつけた方がいいだろうね
精神疾患が犯罪が多いというデータは無いし
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>それを言うなら
犯罪は学歴が低いほど増えるので、高卒や偏差値が低い私大卒は全員ICチップをつけた方がいいだろうね
精神疾患が犯罪が多いというデータは無いし

はははははは!!!!
失礼、笑ってしまいました。

貴殿のお考えは杞憂にすぎません。
なぜなら、政権与党はそのうちに「外出時のマイナンバーカードの必携」を義務化するからです。そして公共交通機関は全てマイナンバーカードを掲示しないと乗れなくなります。そして銀行ATMや買い物、その他すべての公共交通機関もマイナカード無しでは利用できなくなります。
もちろん自家用車もマイナカード=運転免許証になりましたので、マイナカード無しでは自家用車の運転もできません。
医療機関の利用も、薬の処方もマイナカード=健康保険証ですから、これもマイナカード無しでは利用できません。

こうして日本人の行動は全てマイナカードを通して政府および政権与党に握られることになります。(ただし、政権与党の国会議員のみ、裏技でマイナカード無しで行動できるようになります)

そのうち、怪しい奴が表をウロチョロしたらすぐに警官がやってきて
「おい、お前、マイナカード見せろ。何? 持っていないだと?
 マイナカード不所持の現行犯で逮捕する!」
として、全員豚箱に入れられますから。

だから心配しなくていいですよ
もうすでに国民監視時代は始まっているのです。
ご安心を。

それからねえ、
>高卒や偏差値が低い私大卒
っていうけど、警察官や自衛官の半分以上はこれに当てはまっちゃいますからね。
貴殿の理論に従うと、一番危ない連中が銃を持ち、実力行使の国家権力を与えられているのですよ。
自衛官は平時は街中を歩いていないからいいとしても、今後は街中歩くときは警察官が来たら逃げた方が良いかもしれませんね。(その結果、どうなっても責任持ちませんけどね)

お礼日時:2023/06/12 12:43

感情も無く、どうせ狭い狭い前例主義なのですから、法曹界の一部はAIに任せないといけません。

それが出来ないのなら精神疾患者にICチップを取り付け健常者の権利を守らないといけませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

おっしゃる通りですね
弁護士と裁判所(裁判官)の仕事は前例を調べてそれを踏襲した書面をつくることなので、AIに任せておけばいいですね。

お礼日時:2023/06/12 12:30

盗作の事実が無いっていう主張が信用出来ないな


応募作のアイデアをパクるなんてのは普通に考えられることだし
全くパクってないなんて有り得ないだろう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

おっしゃる通りですね。
この世のすべての物語は、全部、古今東西の神話とシェイクスピアのパクリです。
そんな素晴らしいラブストーリーもどんなに素晴らしい感動巨編も、全部、古今東西の神話とシェイクスピアが元ネタになってます、ハイ。

お礼日時:2023/06/12 10:24

ダメ元なんですね。


そんなことで一分一秒でも裁判を長引かせるのは
国民にとって損失かもしれません。
 ↑
損失ですね。

裁判が長引けば
長引くほど、刑が軽くなる傾向が
あるので、弁護士としては
なんとか引き延ばそうと頑張る訳です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>損失ですね。

>裁判が長引けば
>長引くほど、刑が軽くなる傾向が
>あるので、弁護士としては
>なんとか引き延ばそうと頑張る訳です。

つまりはたった一人の凶悪犯の為に国民全員が犠牲になるわけですね。
凶悪犯は、そもそもそんな凶悪事件を起こすような奴ですから説教しても馬の耳に念仏でしょう。だから怒るだけ時間と精神衛生の無駄なのですが
肝心なのは弁護士ですね。凶悪犯と一緒になって国民に害悪を与えているとなれば、それは社会人としての倫理に悖る行為ではないでしょうか?
弁護士どもが「それが弁護士の仕事です」というなら、弁護士なる職業は国民を不幸にする職業、と言わざるを得ませんね。

お礼日時:2023/06/12 10:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!