Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

(あ) 天皇家の祖先神が なぜ 女性だと思われるアマテラスオホミカミなのか?

(い) 天皇位は 初代の神武カムヤマトイハレヒコより始まる男系なる万世一系だという。けれどもこの神武イハレヒコよりさらに祖先をさかのぼれば オシホミミ(マサカツアカツカチハヤヒアメノオシホミミのミコト)なる男性にいたり その――おそらく――母はアマテラスであり 父がスサノヲである。

(う) 祖先神は――男系にしたがうなら―― スサノヲであるはずだ。なぜ そうではないのか?




         *




よろしかったら参照をどうぞ。

【Q:あぁ アマテラス! 人びとはアマテラスのキャラを知らない!? スサノヲはこころが折れた。】 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/12618367.html

0. この問題は 記紀神話が 皇位継承をめぐって取り扱われるかぎりで 問われるべきだと考えられます。判断材料として重要なことが明らかになっていないのではないでしょうか。その意味で問いたいと思います。


1. スサノヲは この世を厭い妣(はは)の国に帰ることにし その暇乞いをするために 姉のアマテラスをその治めるタカマノハラに訪ねた。

2. そのときアマテラスは 弟が自分の国を奪おうとしてやって来たのだとうたがい 着物の中に鎧を着て待ち構えた。

3. ここでスサノヲのこころがひん曲がった。



4. 姉は いつまでもその警戒を解かない。スサノヲはかなしんだ。

5. ウケヒ(賭けのようなものか)をして こころの清きをあかしたがそのあと 姉はウケヒの負けをみとめつつも こころの問題で譲歩することはなかった。

6. とまどいの中に怒りを覚えたスサノヲは 姉の神殿に糞をしてやった。

7. アマテラスの取り巻きが怒ったが 女王の姉は それにも取り合わずこころが変わらなかった。

8. スサノヲは 人びとの田んぼの畔を壊し水を流してしまった。

9. 怒った大臣らがそれを訴えると アマテラスは 弟をかばった。土地が惜しい(意味不明?)から弟はそうしたのだろうと言って。




10. 姉の《無関心》に――そういう人間関係に初めて出遭って――こころをさ迷わせたスサノヲは 機織り屋の天上から 皮を剥いだ馬を投げ入れた。

11. 機織り女のひとりが 杼(ひ= shuttle )にホトを突き死んでしまった。

12. 姉のだんまりは 変わらず しかも 黙秘権(!?)を行使して 岩屋に隠れ閉じこもった。

13. 取り巻きは あらゆる手を尽くして アマテラスを外に引っ張り出した。

14. 行政官は スサノヲに罰(膝の上に石を置き爪を抜いたり)を加えた上で タカマノハラを追い払った。アマテラスも 承認した。



15. アシハラの国のイヅモにたどりついたスサノヲは そこでムラびとからの願いを聞き入れムラを荒らすヤマタノヲロチを退治した。そのあと こころは すがすがしくなった。

16. そうしてうたった。

 八雲立つ出雲八重垣 
 妻籠みに八重垣つくる 
 その八重垣を

・・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

質問者からの補足コメント

  • あたらしい質問が削除されました。

    もういちど考えます。

    No.14の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/06/22 03:16

A 回答 (23件中1~10件)

>>それは二次創作のフィクション話を作る行為に他なりません。


>☆ この的外れのコメントは どうにかなりませんか。もう批判点がないので

 端から見れば質問者様の説は、根拠もなく勝手に作った二次創作のフィクション話に過ぎない事は紛れもない事実ですし、その事に対して質問者様からはまともな反論があった試しが無いのですから、それを的外れと強弁している質問者様の主張こそ的外れです。
 質問者様は反論出来る根拠も無いのに、勝手に作った二次創作のフィクション話である事を認めていないのが、質問者様の最大の間違いなのですから、質問者様が記紀の登場人物に対して「アマテラスは天皇氏の祖先神ではない」といった「記紀の内容とは異なる二次創作のフィクション話のストーリー」を当てはめようとしている限り、こちらがどうにかする理由はありません。


>★ “本物の”有識者がその様な事をする場合、見解の根拠とした部分に登場する人物の実在性に関してまで踏み込んで検討した上で記紀神話の話をしているものです。
>☆ いまこの点にたずさわることを止めます。何となく気乗りがしません。

 アマテラスが天皇家の祖先神ではないとする説を論じるのであれば、その様な説を言い出す前に済ませて置かねばならない必要不可欠な重要検討事項です。
 その必要最低限の検討もしていないのですから、質問者様の説と称しているものは二次創作のフィクション話の域から一歩も出ていないのです。


>このよう人間愛の欠如と ほかには イヅモへの服属要求に見られた覇権主義なる思想
>☆ 皇室の祖先神であるからこそ問題なのです。

 何が問題なのでしょうか?
 覇権主義で征服相手に対する人間愛の欠如という事ならば、東征で虐殺行為を繰り返した初代の天皇である神武などの方がよっぽど酷いものです。
 あなたは初代天皇が現在の天皇家の祖先である事は問題であるとでも仰るのですか?
 質問者様は、何故問題であると言えるのかという、問題であるとしている理由を何も説明していません。
 理由も無く「アマテラスは天皇氏の祖先神にふさわしくない」と言っているだけなのですから、それはつまり「『アマテラスか天皇氏の祖先神である事』が個人的に気に入らない」というだけの事しか示しておらず、ただの個人的感想を言っているに過ぎません。
 それは質問者様の心の中の問題に過ぎず、決して天皇家の祖先神の問題などではありません。
 加えて、神は人間ではないのですから、その人間ではないものに対して人間の倫理観を基準にして

>アマテラスの重大な欠陥です。

などと否定するのはナンセンスもいいところであり、考慮に価するようなものではありません。
 だから、そんな質問者の主張には

>それはただの感想に過ぎません。
>根拠のない――ただ感情のあらわれであるに過ぎない――感想である場合には これをそう判断ししりぞけます。

という評価が相応しいのです。
 質問者様はその事を認めたくないだけという理由から

>☆ 意味不明でしょう。

などと言って、ご自身の問題から目を背けているだけなのです。


>★ それに、その当時に天皇家の祖先とされていた人物は今日でも天皇家の祖先であると天皇家や宮内庁が公的に認知していますか?
 それはただの信仰の問題に過ぎません。
>☆ これも 意味不明です。天皇とされた者も いまではつまらん人物だとされているといった意味なんですかね。

 質問者様のその返答こそ意味不明です。初代天皇よりも前の祖先は天皇ではありませんよ。


>☆ 伊勢神宮にまつっているかぎり いま現在の現実に直結していると・そう見なされているという意味です。

 現実に直結しているなら、

>記紀に記されている出来事は過去において実際に起こったものであり、天皇家の祖先は人間ではなく神であり、その実在の祖先神は剣を3つに折って噛み砕く事も出来れば、剣の破片から子供を生み出す事も出来た

という事になりますから、

>つまり質問者様は
(中略)
>と主張されるわけですね。
>何しろ「人間世界の問題」と仰っているのですから。
>そういうところが虚構と現実の区別が付いていないというのですよ。

と申しているのです。
 「そう見なされている」のであって、特定されているわけでもなければ推定されているわけでもないのですから、直結などしていませんよ。

>☆ それは あなたの見解ですよね。

 いいえ、質問者様の

>記紀神話では 神代の話でも けっきょく基本は人間世界の話です。

という主張が正しいとした場合における当然の帰結です。
 だから質問者様には虚構と現実の区別が付いていないというのですよ。



 本件についてまとめますと、質問者様の問題点は、虚構と現実の区別が付いておらず、それが故に既存の物語の登場人物を借用し、しかも勝手な空想による二次創作のフィクション話を付け加えて、勝手に作り出したものに過ぎないその二次創作のフィクション話の中の登場人物の行為を実際にあった出来事扱いする解釈に基づいた「説」や「論」を展開している点です。
 これはもう、質問者様の独りよがりな勘違いに過ぎませんから、質問者様は自説を撤回すべきです。
 そして質問者様が「残っている課題」と称するものは、「アマテラスが天皇氏の祖先神として相応しいかどうか」という点だけであり、それは質問者様が「個人的に『アマテラスが天皇氏の祖先神である事』が気に入らない」という事を理由に「アマテラスは天皇氏の祖先神にふさわしくない」と我が儘を言っているだけであり、それは天皇の祖先の問題などでは決してなく、単なる質問者様の心の問題に過ぎません。
 要するに、本件は全て質問者様の心の中の問題に帰結しているのであって、現実の問題ではないわけです。
 質問者様の心の中の問題であって現実の問題ではない以上、他人に対して正解を求めるのは間違いであり、質問者様が自分一人で解決より他にありませんから、初めからこのようなQ&Aサイトに質問として投稿するような問題ではなかったのです。
 ですから、回答内容に反論するのはもう止められて、ご自身一人で己の心に向き合う事で問題の解決をはかるようにして下さい。
 それ以外に質問者様の問題を解決する手段は御座いません。
 これが本件についての最終的な結論です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

★ 端から見れば質問者様の説は、根拠もなく勝手に作った二次創作のフィクション話に過ぎない・・・
☆ 理由説明のない批判は ただの感想に過ぎません。反論すべき内容がありません。

★ 「アマテラスは天皇氏の祖先神ではない」といった・・・
☆ 誤解でしょう。祖先神だという記紀の記述についてみとめたので その記述内容は 現行の象徴天皇にとって ふさわしくないという批判をのべています。

人に対して無関心ということにおいて人間愛の欠如 そして イヅモへの服属要求において覇権主義であること。この欠陥が ふさわしくない。

それを批判する言葉はそちらから出されていません。

しかも いつまでもズラシ作戦がつづきます。:
★ 「記紀の内容とは異なる二次創作のフィクション話のストーリー」を当てはめようとしている限り、こちらがどうにかする理由はありません。
☆ 錯乱です。


★ アマテラスが天皇家の祖先神ではないとする説を論じるのであれば、その様な説を言い出す前に済ませて置かねばならない必要不可欠な重要検討事項です。
☆ 伊勢神宮にまつられているという事実だけで 批判の対象になります。
 

★ 何が問題なのでしょうか?
 覇権主義で征服相手に対する人間愛の欠如という事ならば、東征で虐殺行為を繰り返した初代の天皇である神武などの方がよっぽど酷いものです。
☆ アマテラスの説く覇道を実行したということです。

★ 質問者様は、何故問題であると言えるのかという、問題であるとしている理由を何も説明していません。
☆ 祖先神ということは 多少ともほこるべきものであり じっさい神宮にまつられている。これをたたえることは 人間性と民主制に悖ることです。



★>★ それに、その当時に天皇家の祖先とされていた人物は今日でも天皇家の祖先であると天皇家や宮内庁が公的に認知していますか?
☆ 伊勢神宮にまつる祖先神とすることに問題があります。

☆>☆ 伊勢神宮にまつっているかぎり いま現在の現実に直結していると・そう見なされているという意味です。

☆ 祖先神としてあがめることに問題があると言っています。


★  要するに、本件は全て質問者様の心の中の問題に帰結しているのであって、現実の問題ではないわけです。
☆ 象徴天皇があおいだ国民の総意にとって(その国民一人ひとりの心の)現実問題です。

お礼日時:2023/06/23 19:30

>有識者のあいだでは 記紀神話の話も出てきます。

見解の根拠にさえなっています。

 “本物の”有識者がその様な事をする場合、見解の根拠とした部分に登場する人物の実在性に関してまで踏み込んで検討した上で記紀神話の話をしているものです。加えてその場合、実在しているとしている登場人物は、記紀の登場人物そのものではなく、その登場人物の様々なエピソードの内の一部を行った(複数存在する)登場人物のモデルの候補の内の1人についての話になるのが通例です。
 それに対して質問者様は、記紀の登場人物を何の検討もせずに無条件で借りて来て勝手に作った空想上のエピソードに当てはめているだけの質問者様とは話が違います。
 質問者様が行っているのは、記紀の登場人物を何の検討もせずに無条件で借りて来て勝手に作った空想上のエピソードに当てはめているだけ、それは二次創作のフィクション話を作る行為に他なりません。
 従って

>☆ 再三再四 この誤解について指摘し説明してきています

という質問者様の主張は通りません。


>☆ いかに社会の統治者・支配者であるからと言って 人間に対する態度が《無関心》という状態を呈する事態が あきらかに見られる。
>このよう人間愛の欠如と ほかには イヅモへの服属要求に見られた覇権主義なる思想

 その様なものは日本神話に限らず他の神話でも神に良く見られる傾向に過ぎませんし、人間の倫理観を神に適用する事は的外れですから、ふさわしか否かの根拠にはなりません。
 それにもかかわらず、質問者様は

>アマテラスの重大な欠陥です。

としているのですから、それはただの感想に過ぎません。
 根拠のない――ただ感情のあらわれであるに過ぎない――感想である場合には これをそう判断ししりぞけます。


>祖先の系譜では 崇神ミマキイリヒコイニヱからのミワ・イリ政権(四世紀の百年ほど)では アマテラスは主宰神ではないのです。

 それがどうかしたのでしょうか?
 主宰神と祖先が同一でなければならないという法はありませんよ。
 ヤハウェはローマ帝国皇帝の祖先ですか?
 それに、その当時に天皇家の祖先とされていた人物は今日でも天皇家の祖先であると天皇家や宮内庁が公的に認知していますか?
 それはただの信仰の問題に過ぎません。


>☆ 祖先神を問題にするなら 人間世界の問題でしょう。

 つまり質問者様は、記紀に記されている出来事は過去において実際に起こったものであり、天皇家の祖先は人間ではなく神であり、その実在の祖先神は剣を3つに折って噛み砕く事も出来れば、剣の破片から子供を生み出す事も出来たと主張されるわけですね。
 何しろ「人間世界の問題」と仰っているのですから。
 そういうところが虚構と現実の区別が付いていないというのですよ。


>☆ みとめたから それは しかしながらいまの天皇にとってふさわしくないと最大限の重要性をうったえつつ 述べています。

 それはただの感想に過ぎません。
 根拠のない――ただ感情のあらわれであるに過ぎない――感想である場合には これをそう判断ししりぞけます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

★ 質問者様が行っているのは、記紀の登場人物を何の検討もせずに無条件で借りて来て勝手に作った空想上のエピソードに当てはめているだけ、それは二次創作のフィクション話を作る行為に他なりません。
☆ この的外れのコメントは どうにかなりませんか。もう批判点がないので同じことを 意味なく 繰り返しているとしか。


★ “本物の”有識者がその様な事をする場合、見解の根拠とした部分に登場する人物の実在性に関してまで踏み込んで検討した上で記紀神話の話をしているものです。・・・
☆ いまこの点にたずさわることを止めます。何となく気乗りがしません。


☆☆ >このよう人間愛の欠如と ほかには イヅモへの服属要求に見られた覇権主義なる思想

★ その様なものは日本神話に限らず他の神話でも神に良く見られる傾向に過ぎませんし、
☆ 皇室の祖先神であるからこそ問題なのです。


★ ~~~

 >アマテラスの重大な欠陥です。

としているのですから、それはただの感想に過ぎません。
~~~
☆ 意味不明でしょう。



☆☆ >祖先の系譜では 崇神ミマキイリヒコイニヱからのミワ・イリ政権では アマテラスは主宰神ではないのです。

★ それがどうかしたのでしょうか?
☆ そのころアマテラスが大事な重要な位置づけだったとは思えない。そういう時期があったということです。


★ それに、その当時に天皇家の祖先とされていた人物は今日でも天皇家の祖先であると天皇家や宮内庁が公的に認知していますか?
 それはただの信仰の問題に過ぎません。
☆ これも 意味不明です。天皇とされた者も いまではつまらん人物だとされているといった意味なんですかね。


>☆ 祖先神を問題にするなら 人間世界の問題でしょう。

★ つまり質問者様は、記紀に記されている出来事は過去において実際に起こったものであり
☆ 伊勢神宮にまつっているかぎり いま現在の現実に直結していると・そう見なされているという意味です。


★ 天皇家の祖先は人間ではなく神であり、その実在の祖先神は剣を3つに折って噛み砕く事も出来れば、剣の破片から子供を生み出す事も出来たと主張されるわけですね。
☆ それは あなたの見解ですよね。

お礼日時:2023/06/23 14:01

>☆ 具体的にどのような区別でしょうか?


>☆ さて 具体的にどのように?

 天皇の祖先問題という現実の問題に関する話を論じようとしていながら、古事記や日本書記という既存の物語の登場人物を借用し、しかも勝手な空想による二次創作のフィクション話を付け加えて、あなたが勝手に作り出したものに過ぎないその二次創作のフィクション話の中の登場人物の行為を実際にあった出来事扱いする解釈に基づいて、古事記や日本書記という既存の物語の内容の是非を問うているところがそうです。
 具体的にはアマテラスやスサノオ、オシホミミ、神武等々の行為や立場を、あなたが自説を論じる際の問題や批判の焦点としている点です。


>批判の仕方が筋として違います。

 いいえ、既存の物語の登場人物を借用し、しかも勝手な空想による二次創作のフィクション話を付け加えて、勝手に作り出したものに過ぎないその二次創作のフィクション話の中の登場人物の行為を実際にあった出来事扱いする解釈に基づいて、批判しているのですから、批判の仕方はそっくり同じです。


>その内容は 人間性に照らして現行の憲法下にあって 象徴天皇〔制〕にとって ふさわしくない。という物言いです。

 それはただのあなたの感想に過ぎないではありませんか。
 根拠のない――ただ感情のあらわれであるに過ぎない――感想である場合には これをそう判断ししりぞけます。


>記紀神話では 神代の話でも けっきょく基本は人間世界の話です。

 いいえ違います。神話・伝承をまとめた物語の中の世界の話です。


>★ 質問者様が「アマテラスが天皇氏の祖先神である」という考えを疑問視していながら
>☆ ではなく その記述のとおりにみとめた上での話です。

 記述を認めているのなら、天皇家の祖先神はアマテラスである事を認めて下さい。
 あなたの感想は関係ありません。
 それだけで、それ以上論じるべき事は無くなりますので、それで万事解決です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ 天皇の祖先問題という現実の問題に関する話を論じようとしていながら、古事記や日本書記という既存の物語の登場人物を借用し
☆ じっさいに有識者のあいだでは 記紀神話の話も出てきます。見解の根拠にさえなっています。


★ しかも勝手な空想による二次創作のフィクション話を付け加えて、あなたが勝手に作り出したものに過ぎないその二次創作のフィクション話・・・
☆ 再三再四 この誤解について指摘し説明してきています。


☆☆ >批判の仕方が筋として違います。

☆☆ >その内容は 人間性に照らして現行の憲法下にあって 象徴天皇〔制〕にとって ふさわしくない。という物言いです。

★ それはただのあなたの感想に過ぎないではありませんか。
☆ いかに社会の統治者・支配者であるからと言って 人間に対する態度が《無関心》という状態を呈する事態が あきらかに見られる。

このよう人間愛の欠如と ほかには イヅモへの服属要求に見られた覇権主義なる思想 さしづめこの二点が アマテラスの重大な欠陥です。

じつは 祖先の系譜では 崇神ミマキイリヒコイニヱからのミワ・イリ政権(四世紀の百年ほど)では アマテラスは主宰神ではないのです。

400年ごろの応神ホムダワケのときから この帝国主義的専制を敷くアマテラス支配制が始まったと考えられます。

そういう意味で アマテラスは 元からの祖先神ではないと言えもするのです(仔細は追ってのこととして)。


☆☆ >記紀神話では 神代の話でも けっきょく基本は人間世界の話です。

★ いいえ違います。神話・伝承をまとめた物語の中の世界の話です。
☆ 祖先神を問題にするなら 人間世界の問題でしょう。


★ 記述を認めているのなら、天皇家の祖先神はアマテラスである事を認めて下さい。
☆ みとめたから それは しかしながらいまの天皇にとってふさわしくないと最大限の重要性をうったえつつ 述べています。


 
第十代かつ初代の崇神イリヒコなる祖先は ほこるにあたいする人物です。

第十五代応神ホムダワケやその母・神功オキナガタラシヒメらによる思想じょうの乗っ取りが起きたのです。

三輪山のオホモノヌシの神があがめられていたのが 日の神のイデア化・絶対神化なるアマテラスの登場となりました。

お礼日時:2023/06/23 08:34

>☆ 今回のこの論点によるご批判 いったいどの的を射ているのか 判別しがたいものがあります。


>☆ このうたがひについて いったいどこをどう解釈すれば 虚構と現実の区別なる問題に行き着くのか? 現実のうたがひです。
>☆ いったい何の話なのか? 可能性のとぼしい内容だとしても
(中略)
>☆ ざんねんながら 意味不明です。

 質問者様は虚構と現実の区別が付いていないから理解出来ないのですよ。

>☆ 記紀の記述を受け留めその前提に立って 異見を述べること・別の仮説を立てることのどこに 論点の難があるのか?

と質問者様は思っていても、実際には受け留める事が出来ていないのですよ。
 受け留め方を間違えています。


 アマテラスや神武などの記紀の登場人物が天皇家の祖先とされているのは、古事記や日本書紀がその一部に天皇家の祖先について書かれたものであるとされているためですが、その内容に反する考えを持つ質問者様が主張している「論」や「批判」を別の物語に例えて表現した方が質問者様の考えの何が間違っているのかが分かりやすいかも知れません。
 例えば「西遊記」に例えて表現すると次のようになります。

 西遊記では孫悟空の活躍ばかりが重点的に記されているが私(=質問者)はこの事に関して異議がある。
 最も活躍したのは本当に孫悟空なのだろうか?
 沙悟浄や猪八戒の活躍は孫悟空に劣るものだったのであろうか?
 西遊記とは三蔵法師が孫悟空、猪八戒、沙悟浄の3人を弟子として従えて、天竺まで旅をして経文を持ち帰るという話である。
 話の中で最も多くの活躍が記されている孫悟空は石から生まれた石猿と言われているようだが、石から猿が生まれることなどあり得ない。孫悟空は金糸猴とされていて、金糸猴の棲息地は中国の甘粛省、湖北省、四川省、陝西省である。特に陝西省には三蔵法師らの取経の旅の出発点である長安がある。おそらく三蔵法師は長安で手に入れた金糸猴に訓練を施して弟子としたのであろう。これが孫悟空であるという可能性は否定出来まい。普通はそう解釈する。
 他の2人の弟子である猪八戒は豚、沙悟浄は河童である。豚は中国のどこにでもいるから出身地は分からぬ。それに対して、河童は日本固有の妖怪であるからして中国にはいない。
 一方、三蔵法師と言えば、9世紀に遣唐使として中国に渡った近江出身の興福寺僧「霊仙」である。かつて河童は日本全国に棲息していて、当然、近江にも河童伝説は存在し、安曇川水系には川太郎というイタズラ者の河童がいたが「しこぶちさん」という神様にイタズラしたのを懲らしめられて改心したという話がある。沙悟浄がこの河童であるかどうかは分からぬが、兎に角、三蔵法師の出身地である近江にも古くから河童がいたことに変わりは無い。
 三蔵法師は故郷にいた河童を最初の弟子にとり、沙悟浄と名付け、共に遣唐使船に乗って中国に渡ったのではなかろうか。
 孫悟空は長安にたどり着いてからのお供であるのに対し、沙悟浄は最初から三蔵法師の供をしているのであるから、三人の弟子の中で最も貢献したのは沙悟浄という事になるであろう。
 しかも、他の2人は猿と豚でこれらは普通の動物であるのに対し、河童は妖怪であり、取経の旅の道中で妖怪に襲われた際にどの弟子が最も頼りになるのかは言うまでもない。
 であるからして、三蔵法師の取経の旅における「孫悟空活躍説」には疑問があり、この問題に対して「三蔵法師の弟子優秀論」を展開し、批判的な立ち場でそのみづからの仮説を独自のものとして提起し、実際に最も貢献した弟子の名誉回復をはかるものである。


 さて、このような主張をして、果たして三蔵法師の取経の旅で活躍した弟子が誰であった可能性があるのか明らかになると思いますか?
 西遊記に書かれている事のどこに事実との相違点があるのか明らかとなって、三蔵法師の取経の旅に関する既存の説に修正の必要性があるかも知れないという事になると思いますか?
 孫悟空や沙悟浄が実際に存在したか否かも検討せずに、沙悟浄の名誉回復をはかる意味があると思いますか?
 普通の人なら「なんだそりゃ?」と思う話です。質問者様の「論」や「説」、「批判の方向性」は他の人間から見れば上記の例えと同様、「なんだそりゃ?」としか言いようがないものなのです。
 質問者様が「アマテラスが天皇氏の祖先神である」という考えを疑問視していながら、あくまで

>アマテラス祖先神⇒オシホミミ・・・の系譜
>スサノヲ⇒オホクニヌシ⇒子孫

等の記紀の登場人物に関してしか論じていないのは、上記の西遊記の例えのように、二次創作のフィクション話をする事で既存の物語に関して批判的に問題提起しているつもりになっているだけの無意味な行為に過ぎないのですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ 質問者様は虚構と現実の区別が付いていないから理解出来ないのですよ。
☆ 具体的にどのような区別でしょうか?

★ 受け留め方を間違えています。
☆ さて 具体的にどのように?


★ アマテラスや神武などの記紀の登場人物が天皇家の祖先とされている・・・その内容に反する考えを持つ
☆ のではなく げんみつに言うと そのアマテラス祖先神にしろ――そういう記述が事実としてありそのように受け留めた上でですが――その内容は 人間性に照らして現行の憲法下にあって 象徴天皇〔制〕にとって ふさわしくない。という物言いです。

具体的に:
★ 例えば「西遊記」に例えて表現すると次のようになります。
☆ うけたまわります。

★ 西遊記では孫悟空の活躍ばかりが重点的に記されているが私(=質問者)はこの事に関して異議がある。
 最も活躍したのは本当に孫悟空なのだろうか?
☆ 断片的になりますが 批判の仕方が筋として違います。

登場人物のあいだの相対的な見比べは関係ないのです。アマテラス祖先神説は その人間性にかんがみて 象徴天皇の祖先神として肯定している(伊勢神宮にまつられている)ことは ふさわしくないという――絶対値にかんする――批判ですから。

★ ~~~
 沙悟浄や猪八戒の活躍は孫悟空に劣るものだったのであろうか?
・・・
 であるからして、・・・実際に最も貢献した弟子の名誉回復をはかるものである。

 さて、このような主張をして、果たして三蔵法師の取経の旅で活躍した弟子が誰であった可能性があるのか明らかになると思いますか?
~~~
☆ 記紀神話では 神代の話でも けっきょく基本は人間世界の話です。

最初のアメノミナカヌシくらいでしょう。形而上学にあたいする神らしい神は。デウス・アブスコンディトゥスに相当すると見られます。

したがって あとの話は アマテラスの行状にしろみな 経験的で限りのある相対的なものごとの問題です。

これらを比較対照させてどうなるものでもないのです。大した批判にはなりません。

とすでに入口にてふれました。

 
★ 質問者様が「アマテラスが天皇氏の祖先神である」という考えを疑問視していながら
☆ ではなく その記述のとおりにみとめた上での話です。

象徴天皇にはふさわしくない。おそらく徳仁天皇と雅子皇后と愛子内親王なら 賛成するでしょう。

お礼日時:2023/06/23 05:53

質問者様はどうしても虚構と現実の区別を付ける事が出来ないようですね。



>>アマテラス祖先神⇒オシホミミ⇒・・・神武イハレヒコ・・・です。美智子上皇后の子ではあっても明仁上皇のではないといううたがいです。

>★ なとと書いているのが、虚構と現実の区別が付いていない何よりの証拠です。

に対して

>☆ うたがひです。

などと書いていたり、

>★ 質問者様独自のキャラクターとしてのアマテラスが「天皇氏の祖先神」かどうかを論じようとしているだけです。

に対して

☆ 批判的な立ち場でそのみづからの仮説を

という具合に「仮説」と書いていたり、

>☆ イザナキ⇒アマテラス祖先神⇒オシホミミ・・・の系譜として天皇家が成り立っているとそのままみとめた場合

と書いていたりするのが何よりの証拠です。


>☆ 敬宮愛子氏の天皇即位の話は 創作・フィクションです。しかも そのような話を人びとはおこないます。

 しかし「そのような話をしている人々」は「敬宮愛子氏の天皇即位が現実に既に行われた」とは言っていないのでは?
 それに対して質問者様が「論」、「説」、「批判」であると主張されている事は、その創作・フィクションが実際に“あった事”であるという前提の基に、「敬宮愛子氏が天皇に即位“した”のは失敗ではないのか?」という論を展開して批判するのと同じ過ちをしております。
 だから私は質問者様の主張に対して

>虚構と現実の区別が付いていない何よりの証拠です。

と申しているのです。
 質問者様が虚構と現実の区別を付けられず、誤った認識に基づいた話を論や説、批判と強弁する事しか出来ておらず、質問者様ご自身の独自の解釈による二次創作のフィクション話から一歩も出ておられないため、質問者様のそれらの主張はどれも通りません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ 質問者様はどうしても虚構と現実の区別を付ける事が出来ないようですね。
☆ 今回のこの論点によるご批判 いったいどの的を射ているのか 判別しがたいものがあります。

☆☆ >>アマテラス祖先神⇒オシホミミ⇒・・・神武イハレヒコ・・・です。美智子上皇后の子ではあっても明仁上皇のではないといううたがいです。
☆ このうたがひについて いったいどこをどう解釈すれば 虚構と現実の区別なる問題に行き着くのか? 現実のうたがひです。


>★★ 質問者様独自のキャラクターとしてのアマテラスが「天皇氏の祖先神」かどうかを論じようとしているだけです。
☆ 記紀の記述を受け留めその前提に立って 異見を述べること・別の仮説を立てることのどこに 論点の難があるのか?



>☆☆ 敬宮愛子氏の天皇即位の話は 創作・フィクションです。しかも そのような話を人びとはおこないます。
☆ 現実の可能性がないとは言い切れないフィクションでしょう。
 
★ しかし「そのような話をしている人々」は「敬宮愛子氏の天皇即位が現実に既に行われた」とは言っていないのでは?
☆ いったい何の話なのか? 可能性のとぼしい内容だとしても 願望を話に出したりしますよ。

★ それに対して質問者様が「論」、「説」、「批判」であると主張されている事は、
☆ それは ただの揚げ足取りでしょう。

★ その創作・フィクションが実際に“あった事”であるという前提の基に、
☆ どういう読み・どういう解釈をすれば そんな錯覚のような受け取りになるのか。

ふつう一般の人と違って わたしば愛子天皇の話をするときには:
★ 「敬宮愛子氏の天皇即位が現実に既に行われた」と
☆ 《言っている》というのでしょうか? いったいぜんたいどこをどうクリックすれば そんなトンチンカンな話に行き着くのか。理解力を超えています。


★ 「敬宮愛子氏が天皇に即位“した”のは失敗ではないのか?」という論を展開して批判するのと同じ過ちをしております。
☆ 事態を先取りしているのが いけないって話なんですか? 

はじめから 現実の可能性があっても いまはフィクションだと言っています。
 

★ ~~~

 虚構と現実の区別が付いていない

と申しているのです。
~~~
☆ ざんねんながら 意味不明です。

お礼日時:2023/06/23 01:49

>★ いいえ、それは既存の物語のストーリーとは別のストーリーを空想して遊んでいるだけですので、批判とは言えません。


>☆ 批判の中には 対象である思想について これこれの要素は 思想(人間の自由な思索にもとづくもの)に値しないと判断する場合があります。

>根拠のない――ただ感情のあらわれであるに過ぎない――感想である場合には これをそう判断ししりぞけます。

 いいえ、感想などではなく単なる事実です。
 質問者様がそれを感想だと考えているのは、質問者様が虚構と現実の区別が付いていないからに過ぎません。

>☆ あとは 中身で勝負です。
>アマテラス祖先神⇒オシホミミ⇒・・・神武イハレヒコ・・・です。美智子上皇后の子ではあっても明仁上皇のではないといううたがいです。

なとと書いているのが、虚構と現実の区別が付いていない何よりの証拠です。
 批判になっていないのですから

>☆ それでもなお 批判すべきは批判します。
>☆ 象徴天皇の拠って立つ思想について 批判すべきは批判します。

という質問者様のご主張は通りません。
 私は前回の回答において

>アマテラスや神武などの記紀の登場人物が天皇家の祖先とされているのは、古事記や日本書紀がその一部に天皇家の祖先について書かれたものであるとされているためです。

と述べております。
 然るに質問者様は、アマテラスに「天皇の祖先では無い」という古事記や日本書紀とは異なるストーリーを与えようとしています。
 古事記や日本書紀とは異なるストーリーなのですから、古事記や日本書記の話ではないという事になるわけで、それは単なる

>公式で認められているストーリーを無視して独自の解釈に基づく正統から外れた物語、即ち二次創作のフィクション話

に過ぎません。
 その二次創作のフィクション話の中の登場人物としてのアマテラスは、当然の事ながら、質問者様の勝手な空想から作り出した物語の登場人物以外の何ものでもなく、

>記紀の登場人物

とは別の行動を取ったキャラクター、即ち「記紀の登場人物とは別の存在」なのですから、その別の存在がどのような行動を取っていようといまいと、「天皇家の祖先神」即ち「古事記や日本書記の登場人物たるアマテラス」とは何の関係も無い事に過ぎず、それは即ち質問者様の二次創作のフィクション話のストーリーは、「天皇の祖先」とは関係の無い話という事を意味します。
 重ねて言いますが、「古事記や日本書紀がその一部に天皇家の祖先について書かれたものである」とされているからこそ、その中に登場するアマテラスから神武に至る神や人が天皇家の祖先とされているわけです。
 それに対して、質問者様は記紀とは異なるストーリー、即ち「『天皇家の祖先について書かれたもの』と天皇家や公式に認められてはいない物語」の中の登場人物に過ぎない質問者様独自のキャラクターとしてのアマテラスが「天皇氏の祖先神」かどうかを論じようとしているだけです。
 あなたが特に根拠もなく、勝手に空想して作っただけの二次創作のフィクション話の登場人物が天皇家の祖先であるわけがありません。その天皇家の祖先ではない登場キャラクターの話をどんなに捏ねくり回したとしても、それは

>一国の象徴天皇の家系にかかわる問題として意見を述べ

ているわけでもなければ

>確定した記事の内容について 物言いをつけ

ているわけでもなければ何の批判にもなっておらず、記紀の登場人物の名前を拝借して勝手に作った二次創作のフィクション話の話をして遊んでいるだけの事に過ぎないのです。
 要するに、天皇の祖先について論じる際に、古事記や日本書記とは異なるストーリーを想定しておきながら、アマテラスやスサノオ、神武等の古事記や日本書記の登場人物を借用しているのが間違っているのです。
 フィクションはフィクションとして、現実は現実として明確に区別しなければなりません。
 それが出来ていないから、質問者様が「論」や「説」だと称している代物は、論でも説でもない単なる空想上の物語を捏ねくり回しているだけの遊びに過ぎないのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

☆☆ >根拠のない――ただ感情のあらわれであるに過ぎない――感想である場合には これをそう判断ししりぞけます。
☆ これは 一般的なタトヘです。


☆>☆ あとは 中身で勝負です。
>アマテラス祖先神⇒オシホミミ⇒・・・神武イハレヒコ・・・です。美智子上皇后の子ではあっても明仁上皇のではないといううたがいです。

★ なとと書いているのが、虚構と現実の区別が付いていない何よりの証拠です。
☆ うたがひです。

★ 批判になっていないのですから
☆ このスレッドでは 予告編しか書き込んでいません。


★ 古事記や日本書紀とは異なるストーリーなのですから、古事記や日本書記の話ではないという事になるわけで、
☆ 批判の内容にそって反批判をどうぞ。



★★ >公式で認められているストーリーを無視して独自の解釈に基づく正統から外れた物語、即ち二次創作のフィクション話
☆ 敬宮愛子氏の天皇即位の話は 創作・フィクションです。しかも そのような話を人びとはおこないます。

★ 質問者様独自のキャラクターとしてのアマテラスが「天皇氏の祖先神」かどうかを論じようとしているだけです。
☆ 批判的な立ち場でそのみづからの仮説を 独自のものとして提起するのは ふつうの話です。


★ あなたが特に根拠もなく、勝手に空想して作っただけの二次創作のフィクション話の登場人物が天皇家の祖先であるわけがありません。
☆ イザナキ⇒アマテラス祖先神⇒オシホミミ・・・の系譜として天皇家が成り立っているとそのままみとめた場合も その血筋は イザナキ⇒スサノヲ⇒オホクニヌシ⇒子孫としての日本人の系譜と無関係ではないわけですよ。

天皇氏と市民一般とは 親戚です。その場合が 少なからず存続して来ています。

これを否定するフィクションは 通りませんよ。

お礼日時:2023/06/22 22:20

>☆ すでに確定した記事の内容について 物言いをつけるということです。


>☆ その上で 文句をつけます。
>☆ その場合も 批判は自由でしょう。

 いいえ、それは既存の物語のストーリーとは別のストーリーを空想して遊んでいるだけですので、批判とは言えません。あなたが文句を付けたところで元の物語の内容が変わるわけがありませんから、あなたのやりたがっている事は意味の無い行為に過ぎません。

>そのあと 一国の象徴天皇の家系にかかわる問題として意見を述べるのです。

 いいえ、アマテラスや神武などの記紀の登場人物が天皇家の祖先とされているのは、古事記や日本書紀がその一部に天皇家の祖先について書かれたものであるとされているためです。
 記紀の内容とは異なるストーリーにアマテラスやスサノオ、神武等が登場したとしても、それは記紀に登場した同名の人物とは別の存在になりますから、天皇家の祖先ではなくなってしまいます。
 あなたが記紀の登場人物と同名のキャラクターをどれほど捏ねくり回したとて、記紀の登場人物と同名のキャラクターを使用している限り、それは記紀の登場人物の名前を拝借して勝手に作った二次創作のフィクション話の話をして遊んでいるだけの事に過ぎず、天皇家の祖先の話をしている事にはなりませんから、一国の象徴天皇の家系にかかわる問題の話をしている事にはなりません。あなたのやっている事はただの遊びです。

>秋篠宮家の人びとは じつはオシホミミ⇒神武イハレヒコの血筋とはまったく別である・つまり男系一系ではないといった意見を述べることがあるわけです。事実が確定しているそのあとのことです。(上皇氏の実の子ではないといった物言いです)。

 その話では天皇家の祖先は誰であると主張しているのですか?
 もしアマテラスやスサノオといった古事記や日本書紀の登場人物と同名の人物を天皇家の祖先としていながら、記紀とは異なるストーリーを描いていた場合には、それはあなたが描いているものと同類の二次創作のフィクション話でしかなく、天皇家の祖先の話とは別の話に過ぎません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>☆ すでに確定した記事の内容について 物言いをつけるということです。
>☆ その場合も 批判は自由でしょう。

★ いいえ、それは既存の物語のストーリーとは別のストーリーを空想して遊んでいるだけですので、批判とは言えません。
☆ 批判の中には 対象である思想について これこれの要素は 思想(人間の自由な思索にもとづくもの)に値しないと判断する場合があります。

根拠のない――ただ感情のあらわれであるに過ぎない――感想である場合には これをそう判断ししりぞけます。


★ あなたが文句を付けたところで元の物語の内容が変わるわけがありませんから、あなたのやりたがっている事は意味の無い行為に過ぎません。
☆ そういう場合もあり得ます。

☆☆ >そのあと 一国の象徴天皇の家系にかかわる問題として意見を述べるのです。

★ いいえ、アマテラスや神武などの記紀の登場人物が天皇家の祖先とされているのは、古事記や日本書紀がその一部に天皇家の祖先について書かれたものであるとされているためです。
☆ それでもなお 批判すべきは批判します。


★ 記紀の内容とは異なるストーリーにアマテラスやスサノオ、神武等が登場したとしても、それは記紀に登場した同名の人物とは別の存在になりますから、天皇家の祖先ではなくなってしまいます。
☆ 象徴天皇の拠って立つ思想について 批判すべきは批判します。


★ あなたが記紀の登場人物と同名のキャラクターをどれほど捏ねくり回したとて、・・・一国の象徴天皇の家系にかかわる問題の話をしている事にはなりません。あなたのやっている事はただの遊びです。
☆ あとは 中身で勝負です。

☆☆ >秋篠宮家の人びとは じつはオシホミミ⇒神武イハレヒコの血筋とはまったく別である・つまり男系一系ではないといった意見を述べることがあるわけです。事実が確定しているそのあとのことです。(上皇氏の実の子ではないといった物言いです)。

★ その話では天皇家の祖先は誰であると主張しているのですか?
☆ おのぞみなら アマテラス祖先神⇒オシホミミ⇒・・・神武イハレヒコ・・・です。美智子上皇后の子ではあっても明仁上皇のではないといううたがいです。

お礼日時:2023/06/22 16:26

>その上で・この前提事項の中身をめぐって



 は? あなたは何を言っているのですか?
 既に

>「アマテラスが天皇家の祖先であるという話は日本書紀や古事記に記されている事柄である」というのは紛れもない事実

と述べているではありませんか。
 前提事項などではなく、物語の内容がそうなっているという単なる事実です。
 私的なプライベートな事柄に収まろうが収まらなかろうが、国民の総意に合致していようといまいと、どの神が天皇家の祖先に相応しい性格であろうとなかろうと、記紀に書かれている記述が変わるわけが無いではありませんか。
 単なる「事実である」という事に良いも悪いもある筈もありませんし、誰がどう考えようと変わるようなものでもありませんから、その是非を巡って問題提起するなどナンセンスです。何の役にも立た無い無意味な行為です。
 私は既に

>「アマテラスが天皇家の祖先であるという話は日本書紀や古事記に記されている事柄である」というのは紛れもない事実であり、それを否定するのであれば、同じく記紀に名前が記されているに過ぎないスサノオの存在を疑う事から始めねばならない事になり、それでは天皇の祖先をスサノオに求める意味が無くなってしまうので、どう考えてもスサノオは天皇の祖先には成り得ない。
>その事無視して、スサノオの存在は認めるが、アメノオシホミミの親はアマテラスであるとする記述内容は認めないというのはダブルスタンダードであるため、そのダブルスタンダードに基づくスサノヲ祖先神説は、公式で認められているストーリーを無視して独自の解釈に基づく正統から外れた物語、即ち二次創作のフィクション話に他ならず、天皇氏の祖先に関する“説”ではない。

と述べていますよね。
 アマテラスが天皇家の祖先神では無い可能性を論じようとするのもそれと全く同じ事です。
 記紀の記述から外れる可能性を前提としながらアマテラスの名を論の中心に据えるのは、ただのダブルスタンダードに基づく公式で認められているストーリーを無視して独自の解釈に基づく正統から外れた物語、即ち二次創作のフィクション話をして遊んでいるだけに他ならず、天皇氏の祖先に関する“問題提起”でも何でもありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

☆☆ >その上で・この前提事項の中身をめぐって

★ は? あなたは何を言っているのですか?
☆ すでに確定した記事の内容について 物言いをつけるということです。

★ 私的なプライベートな事柄に収まろうが収まらなかろうが、国民の総意に合致していようといまいと、どの神が天皇家の祖先に相応しい性格であろうとなかろうと、記紀に書かれている記述が変わるわけが無いではありませんか。
☆ その上で 文句をつけます。


★ 同じく記紀に名前が記されているに過ぎないスサノオの存在を疑う事から始めねばならない事になり
☆ その場合も 批判は自由でしょう。



★ アメノオシホミミの親はアマテラスであるとする記述内容は認めないというのは
☆ そうではありません。記事は記事で 事実としてすでに確定しています。そのあと 一国の象徴天皇の家系にかかわる問題として意見を述べるのです。



★ 記紀の記述から外れる可能性を前提としながらアマテラスの名を論の中心に据えるのは、ただのダブルスタンダードに基づく公式で認められているストーリーを無視して独自の解釈に基づく正統から外れた物語、即ち二次創作のフィクション話をして遊んでいるだけに他ならず、天皇氏の祖先に関する“問題提起”でも何でもありません。
☆ 秋篠宮家の人びとは じつはオシホミミ⇒神武イハレヒコの血筋とはまったく別である・つまり男系一系ではないといった意見を述べることがあるわけです。事実が確定しているそのあとのことです。(上皇氏の実の子ではないといった物言いです)。

お礼日時:2023/06/22 11:06

>☆ 舌足らずを おわびとともに みとめますが 方向性を指し示すかたちにせざるを得ませんでした。



 あなたは何を言っているのですか?それはつまり

>天皇氏は 男子一系なら 祖先神は スサノヲのミコトではないのか?

という質問だったものを、話の方向性、即ち話題を

>☆ 祖先神の問題が 《主権の存する日本国民の総意に基づき立てられた天皇》の私的なプライベートな事柄に収まりきるか という問題

にすり替えて、話を誤魔化して結論を出す事を避けようとしているという事ではありませんか!

>天皇氏は 男子一系なら 祖先神は スサノヲのミコトではないのか?

という質問に対する答えは既に下記のような結論が出ています。

 「アマテラスが天皇家の祖先であるという話は日本書紀や古事記に記されている事柄である」というのは紛れもない事実であり、それを否定するのであれば、同じく記紀に名前が記されているに過ぎないスサノオの存在を疑う事から始めねばならない事になり、それでは天皇の祖先をスサノオに求める意味が無くなってしまうので、どう考えてもスサノオは天皇の祖先には成り得ない。
 その事無視して、スサノオの存在は認めるが、アメノオシホミミの親はアマテラスであるとする記述内容は認めないというのはダブルスタンダードであるため、そのダブルスタンダードに基づくスサノヲ祖先神説は、公式で認められているストーリーを無視して独自の解釈に基づく正統から外れた物語、即ち二次創作のフィクション話に他ならず、天皇氏の祖先に関する“説”ではない。

 その既に出ている結論から話を逸らし、また別の話題の話をしたいのであれば、質問者様はお礼欄や補足欄に書かれた

>祖先神の問題が 《主権の存する日本国民の総意に基づき立てられた天皇》の私的なプライベートな事柄に収まりきるか という問題だと思います。

等の疑問を取り下げて、新たに別の質問として投稿しなければなりません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

☆☆ >天皇氏は 男子一系なら 祖先神は スサノヲのミコトではないのか?

★ ~~~
という質問に対する答えは既に下記のような結論が出ています。

 「アマテラスが天皇家の祖先であるという話は日本書紀や古事記に記されている事柄である」と
~~~
☆ です。


★ ~~~
話の方向性、即ち話題を

>☆ 祖先神の問題が 《主権の存する日本国民の総意に基づき立てられた天皇》の私的なプライベートな事柄に収まりきるか という問題

にすり替えて、話を誤魔化して結論を出す事を避けようとしているという事ではありませんか!
~~~
☆ いいえ。

すでに前提事項となるのは――この質問の当初の意図としても―― 記紀の記事から 《アマテラスが天皇家の祖先である》です。

その上で・この前提事項の中身をめぐって:

 祖先神の問題が 《主権の存する日本国民の総意に基づき
 立てられた天皇》の私的なプライベートな事柄に収まりき
 るか という問題

をはらむのではないか? こう言っています。視角を変えましたが 正面からの問いです。

ただし その問い求めには アマテラスの為人(ひととなり)についてじゅうぶんな認識を みなの共通の理解において 共有しなければなりません。


つまりは 記紀神話の内容について批判をおよぼそうとする作業になります。

祖先神はだれか。アマテラスでよいか。――この問いであることには変わり有りません。


アマテラスは ふさわしくない。――こういう批判です。

お礼日時:2023/06/22 05:59

>課題は―― ① アマテラスのキャラが あまりにも独り善がりであること ② それなのに祖先神にされていることに疑問が持たれる



 は? 何を言っておられるのか意味不明です。
 独り善がりである事と、祖先神にする事の是非に一体何の関係があるというのでしょうか?
 「アマテラスは天皇の祖先神であるとされている」という事実がまずあり、その祖先神が偶々独りよがりな判断・命令をした事があるというだけの話に過ぎません。祖先というものは性格の善し悪しで決まるものではありませんよ。
 それに性格の事を言うのであればスサノオはもっと酷いです。
 父親であるイザナギに海を治める役目を与えられたというのに、その役目を完全に放棄して髭が長く伸びた大人になるまで泣き喚き続けて、そのせいで山も川も海も枯れ果てて、世界に災いが多数起きても知らんぷり。しかも泣き喚いていた理由が「死んだ母親に会いたい」という我が儘なものに過ぎないというのですから救いようがありません。
 他にも、うけいに勝った事で調子に乗り、乱暴を働くわ、田んぼを壊すわ、悪戯をして機織女を死なせてしまうわ、やりたい放題。そのせいで高天原を追放される事になった際にも、食事を提供してくれたオオゲツヒメを斬り殺しています。
 天皇のような国の最高権力者として見た場合、

>覇権主義であり帝国主義的である

という点は何の問題にもならず、状況次第ではむしろ望ましいとさえ言えますから、最高権力者としての性格上の向き不向きで言えば、独りよがりという点でアマテラスは欠点が無いわけでは無いという程度であるのに対し、役目を完全に放棄して周囲に災いを振り撒くだけのスサノオは完全にアウトです。
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

☆☆ >課題は―― ① アマテラスのキャラが あまりにも独り善がりであること ② それなのに祖先神にされていることに疑問が持たれる

★ は? 何を言っておられるのか意味不明です。 
☆ 舌足らずを おわびとともに みとめますが 方向性を指し示すかたちにせざるを得ませんでした。

スペースが足りません。で あらたな質問を立てました。

★ 独り善がりである事と、祖先神にする事の是非に一体何の関係があるというのでしょうか?
☆ 祖先神の問題が 《主権の存する日本国民の総意に基づき立てられた天皇》の私的なプライベートな事柄に収まりきるか という問題だと思います。


★ 「アマテラスは天皇の祖先神であるとされている」という事実がまずあり、その祖先神が偶々独りよがりな判断・命令をした事があるというだけの話に過ぎません。祖先というものは性格の善し悪しで決まるものではありませんよ。
☆ という事態が 国民の総意に合致しているかの問題ではないかと。

そしてそれには:
 
【Q:天皇家には 思想的な断層があるのではありませんか? ミワのイリ政権とカフチのタラシ政権とのあいだに。】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/13502649.html?from= …

という解決法が考えられるはずです。イリ歴史知性ないしミワのイリ政権には 人びとの総意があるはずだと。



★ それに性格の事を言うのであればスサノオはもっと酷いです。
 父親であるイザナギに海を治める役目を与えられたというのに、その役目を完全に放棄して・・・
☆ この問題は 新しい質問に取り上げました。

★ ~~~
 天皇のような国の最高権力者として見た場合、

>覇権主義であり帝国主義的である

という点は何の問題にもならず、状況次第ではむしろ望ましいとさえ言えます・・・に対し、役目を完全に放棄して周囲に災いを振り撒くだけのスサノオは完全にアウトです。
~~~
☆ 国家の統治者としては――国家というニ階建ての構造を社会に敷いたときからすでに――国家ないしその首長に〔も〕主権があると みづから見なしたからには はじめっから覇道なんです。

スサノヲの非についてはあらたな質問を挙げました。

お礼日時:2023/06/22 02:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!