120×60×45の水槽・REI-SEA,RF-120上部濾過・濾過材は円柱タイプのリング状のみにマット敷き活性炭もちょっと。水槽の底に人口砂利。魚はレットテールキャット(45cm)スッポテトガー(35cm)グリーンアロワナ(50cm)餌はヒカリキャット・ワーム(生餌)人口餌に変更中・・・水替えは週に一回1/3
常に水が濁っており、ガーとキャットのひれが少し尾ぐされぎみ、なかなか水が透明になりません設置してから一ヵ月半ぐらいです。濾材が悪いのか、マットの取り替えの回数とか・・餌の量は少々少なめにしています。REI-SEA,RF-120の濾材の入れ方とか何かよい方法がないでしょうか?
もしかして魚の入れすぎ?とも考えますがもっと濾過状況がよくなる方法があれば教えてください。ホームページ等があれば補足願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大形魚の飼育経験はないのですが、一般的なアドバイスです。



そもそも120cm水槽に大形魚3匹というのは無理があるかと思います。
っていうかレッドテールキャット。
フルサイズに成長すると1mを超えますよ。せめて150cmは欲しいです。
ガーとアロワナも80cmくらいまで大きくなるでしょう。

濾過を変えるというか、外部フィルターの追加でしょうか?
濾過を変える前に、水槽を増やした方がいいかと思います。

とりあえず、水が透明にならないのは濾過が追い付かない状態。
私の場合、最初の2ヶ月は1日おきに1/3喚水を目安にしてます。
もちろん3つ合わせは確実に。

その後はアンモニアと亜硝酸濃度のチェックをしながら喚水を減らします。
一般的に生物濾過が定着するまで半年~1年はかかります。

あと、メンテが大変なのでベアタンクがいいと思います。
水草も必要ないです。っていうか置けないですね。
隙間があるなら上部フィルターにつめるだけ濾材を入れて下さい。
活性炭マットって交換するものなんですか?
交換しない物にチェンジしましょう。


とにかく水槽を増やす方が先決だと思いますよ。
レッドテールキャットはホント大きくなりますから。
ま、大きな魚を飼うのだから、喜びも苦労も大きいですよね。
気合い入れてがんばってください。
    • good
    • 0

私は、鑑賞魚水槽の販売、リース、メンテナンスを行っている者ですがとりあえず、見てみないと断言はできないので、一般的な返答をさせていただきます。


まず、やっぱり魚の入れすぎだと思います。飼育されてる魚はどれも飼育水を大変汚す魚ですし、混泳させるならば、最低でも150cm水槽をお勧めします。また、ろ過については、できるならばオーバーフロー方式をお勧めします。外部式パワーフィルターでもいいですが、大型で糞などゴミが直接フィルター内に入らない工夫をしないとメンテが大変になると思います。さて現状ですが、バクテリアが、十分繁殖し、ろ過を始めるには、時間がかかります。もし、十分に水を回さずに魚を入れると、ろ過が追いつかなく水が白濁します。応急処置としては、吸着濾材、(ゼオライトや活性炭)の使用をお勧めします。但し定期的に交換しなければならずコストが、かかりますので、あくまで応急処置と考えたほうがいいと思います。また別の問題として、アロアナですが、底の方を泳ぐ魚と一緒にすると下の方を気にして見る為に目がとび出る事があるので出来れば避けたほうがいいと思います。またアロアナなどの古代魚や、なまずの仲間は薬は使えないと思った方がいいです。
それと、砂利はひかない方がいいと思います。厚さにもよりますが砂利の中で腐敗が起こり、アンモニアの大量発生の可能性があります。

参考URL:http://www6.ocn.ne.jp/~aquaart/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q底面式フィルターの使用、濾過リングなどの濾材について。

最近、底面式フィルターや濾過リングに興味をもっています。

そこで底面式フィルターを使用する時、下に砂利ではなくリングやボール状の濾材を使おうかと考えました。
その時に、そのままリング濾材をバァーっと敷き詰めるだけにしようか、間にマット系の濾材を敷き詰めようかと考
えているのですが、どちらが目詰まりしにくく濾過能力を有効に活用できますでしょうか?

もし間にマットなどの濾材を使用する場合の方が良いなら、どういう風にマットを入れれば良いのかも教えてください。


次に濾材について質問します。

もし、底面式フィルター又は上部式フィルターに濾材を使用する場合、ろかジャリ等の砂利のような濾材を使った方が良いか、リング状の濾材のどちらを使えばよいですか?
やっぱり底面式は砂利系の濾材の方、上部式はリングの濾材の方がいいんでしょうか?

もしお勧めの濾材、使っている濾材を教えていただければ教えてください。

後、マットの濾材よりリング状の濾材の方が濾過能力があるって事は本当でしょうか?


どうぞ宜しくお願いします!

http://www.kotobuki-kogei.co.jp/product/index.php?CID=226←砂利の濾材
http://www.kotobuki-kogei.co.jp/product/index.php?CID=271←リング状の濾材

最近、底面式フィルターや濾過リングに興味をもっています。

そこで底面式フィルターを使用する時、下に砂利ではなくリングやボール状の濾材を使おうかと考えました。
その時に、そのままリング濾材をバァーっと敷き詰めるだけにしようか、間にマット系の濾材を敷き詰めようかと考
えているのですが、どちらが目詰まりしにくく濾過能力を有効に活用できますでしょうか?

もし間にマットなどの濾材を使用する場合の方が良いなら、どういう風にマットを入れれば良いのかも教えてください。


次に濾材に...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
底面フィルターは、使用する底砂(濾財)の種類・大きさ・数種類を併用する事で、目詰まりも無く、4~5年くらいは砂を出してリセットする必要はありません。

私は、一番下にサンミ製濾過リング3Sを敷き、剥いで薄くしたウールマット(5ミリ厚),次にスドー社パールサンド(粗目)、同様ウール、ピュアサンド(細目)、この3段式の底面濾過は、上部などは足元にも及ばない、外部フィルターと比しても断然濾過効率が良く,大磯砂だけの30年前からあった底面フィルターしかご存じ無い方には理解できないでしょうね。

底面フィルターに興味があり、わからない所が有りましたら、再度ご質問ください

参考URL:http://www.sanmi.com/jp/product/filter.htm#6

Q海水魚の濾過水槽の濾過材の量ってどれぐらい入れればいいのですか?

初心者ですが、海水魚の水槽を立ち上げようとしています。
60cmの規格水槽に45cmの濾過水槽を下につけようとしています。
下の濾過槽の中の濾過材ですがどれぐらいの量(厚さ)でいれればいいでしょうか。大き目の珊瑚砂を予定しております。たくさんいれて厚すぎると一定のところしか水が通らなくなりかえって効率が悪くなるような気がするんですが・・・

Aベストアンサー

大きめなろ材でしたらいくら詰め込んでも水通りが悪くなる心配はありません。入るだけ入れたらよいでしょう。ただ、メンテのときを考えてネット(たまねぎなど野菜保存用で十分です)に小分けして入れましょう。でないと、大きなろ材の場合特にすくうのが大変です。
45のろ過槽でしたら10~15kgかな?水槽のサイズからしても十分かと思います。

なお、参考URLはオークションのものですが、私とは一切関係ありません。しかし、ペットショップより大分安く買えますよ。

参考URL:http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f59319519

Q濾過材(ろ材)の寿命について

タイトルどおり濾過材の寿命について教えてください
水槽は60センチです。立ち上げから1年半ほど経ちます。
上部フィルターにて下層から、砂(すのこみたいなものの下に薄く敷いてます)、リング濾過材1リットル(さんみ3S)、ウールマットを使用しています。
ウールマットについては、大体1ヶ月に1回新しいものに交換しています。
リング濾過材については、2、3ヶ月に一度水槽の水で軽くすすいでいます。
生体は、小型カラシン30程、コリ6、ミナミ10程です。
水換えは週に1回10リットルです。
底砂は田砂10キロ程です。底砂掃除は、大掃除はしたことはありません。水換え時に少しホースで吸い取り軽くすすぐ程度です。

ここ1ヶ月ほど、ラミノーズテトラの顔が赤くなく(以前は真っ赤に染まっていました)、コケも立ち上げ当初のようなコケが発生してきたため、濾過がうまく機能していないのかぁと考えています。
一番怪しいのはリング濾過材ではないかなと考えているのですが、一般的にリング濾過材に寿命、何年間で交換というようなことはあるのでしょうか。
また、水質悪化の原因として何か考えられることはあるでしょうか。

※補足等が必要な場合はお知らせください。

タイトルどおり濾過材の寿命について教えてください
水槽は60センチです。立ち上げから1年半ほど経ちます。
上部フィルターにて下層から、砂(すのこみたいなものの下に薄く敷いてます)、リング濾過材1リットル(さんみ3S)、ウールマットを使用しています。
ウールマットについては、大体1ヶ月に1回新しいものに交換しています。
リング濾過材については、2、3ヶ月に一度水槽の水で軽くすすいでいます。
生体は、小型カラシン30程、コリ6、ミナミ10程です。
水換えは週に1回10リットルです。
底砂は田砂10キ...続きを読む

Aベストアンサー

あると言えばありますし、ないと言えば、サンミのろ材ならないとも言えます。
しかし、ろ材の寿命の有無が本件のキーポイントではなさそうなので、説明を省きます。
最も怪しいのは底床ですね。

こういうのは、pHの落ち具合をグラフ化しておくことで判別できます。
「pHくらいは、データを取る」ということですね。
水替え前のpHを計測し、pHの下がり方が以前より急速であれば、底床やろ材に汚れが蓄積していることが考えられます。
硝酸が硝酸塩となって底床やろ材に蓄積し、水を替えた後、溶け出すんですよ。
コケの発生という一点からしても、怪しいですね。
まして、掃除のしにくい田砂を使っていらっしゃいますからね。

pHが水替え後から、どの程度で下がっていくのか?調べてください。
直後,1日後,3日後,1週間後,2主観後...と。

Q120×45×45のオバーフロー水槽の設置

質問させて頂きます。

現在大型の水槽を設置しようと考えているのですが、床の強度的な問題が気がかりになっています。

床は畳で、建物は鉄筋コンクリートの平屋建てです。
現在60×45×45のオーバーフロー水槽(推定200kg)を設置しておりますが、床にゆがみは特に見られず、水面も水平です。

ここに壁付けで120×45×45のオーバーフロー水槽(推定500kg)を設置しても大丈夫なものなのでしょうか。
危険そうであれば90×45×45も視野に入れて検討しています。

床下の補強は無しの方向で考えております。何か対策などありましたらご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>現在60×45×45のオーバーフロー水槽(推定200kg)を設置しておりますが、床にゆがみは特に見られず、水面も水平です。
・はい。
一般的には。。。
ある日、突然ゴソッと床が抜ける(陥没する)のです。

建築基準法では住宅居室の場合、1平方メートルあたり1800ニュートン(約180kg)で設計されています。
一般的には、長期間の負荷オーバーでも20%程度の過負荷には耐える構造に作ることが多いようです。
(住宅の建設坪単価次第、アパートなどだと建築基準法ギリギリで建てていることが多い)
ですが、200%(2倍)オーバーに作ることは建設費が高額になるためマズありません。
http://www.megaegg.ne.jp/~total/siryou/sekisai.html

このため、90×45×45cmや120×45×45cm水槽を居室に設置する場合は、コンパネ(180×90cm)などを敷いて、1平方メートルあたりの荷重を分散する必要があります。

> 床下の補強は無しの方向で考えております。
・損害保険(個人賠償責任保険)の加入くらいしか頭に浮かびません。
http://allabout.co.jp/gm/gc/8754/

*120×45×45cm水槽ならば、床補強と言ってもコンパネを敷くだけでOKです。
下記コンパネならば2枚重ね(約1インチ厚)でOK。
http://item.rakuten.co.jp/conpaneya/11123603/

>現在60×45×45のオーバーフロー水槽(推定200kg)を設置しておりますが、床にゆがみは特に見られず、水面も水平です。
・はい。
一般的には。。。
ある日、突然ゴソッと床が抜ける(陥没する)のです。

建築基準法では住宅居室の場合、1平方メートルあたり1800ニュートン(約180kg)で設計されています。
一般的には、長期間の負荷オーバーでも20%程度の過負荷には耐える構造に作ることが多いようです。
(住宅の建設坪単価次第、アパートなどだと建築基準法ギリギリで建てていることが多い)
です...続きを読む

QEXパワーフィルター90の濾材について

EXパワーフィルター90を購入しました。
水槽は75×45×45です。生体はポリプテルス・デルヘッジとセネガルが1匹ずつです。
サブフィルターでエーハイム2008をディフューザー全開で回しています。

本題のEXパワーフィルター90の濾材なのですが、デフォルトでコンテナが4つに分かれています(カタログスペックは1リットルコンテナですが、少し少ないです…)
ただ付属の濾材ではポリプのような肉食魚には向かないような気がしていて、濾材の変更を考えています。
ストレーナースポンジはウチにある同じテトラのP-Iスポンジを付ける予定ですが、コンテナに詰める濾材で迷っています。
標準だとリング濾材などを入れた上に黒い目の粗いスポンジを乗せるようになっていますがこの黒いスポンジは入れないと良くないのでしょうか?
例えば下のコンテナ2つにはリング濾材びっしり、上にはサブストプロなんかをびっしり入れて最後に一枚だけウールマットってのはあんまり良くないのでしょうか?

外部フィルターを肉食魚で使っている人は少ないかもしれませんが、お勧めのセッティングなどありましたらよろしくお願いします。

EXパワーフィルター90を購入しました。
水槽は75×45×45です。生体はポリプテルス・デルヘッジとセネガルが1匹ずつです。
サブフィルターでエーハイム2008をディフューザー全開で回しています。

本題のEXパワーフィルター90の濾材なのですが、デフォルトでコンテナが4つに分かれています(カタログスペックは1リットルコンテナですが、少し少ないです…)
ただ付属の濾材ではポリプのような肉食魚には向かないような気がしていて、濾材の変更を考えています。
ストレーナースポンジはウチにある同じテトラ...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。
私の家で、水を汚すのは、魚ではなく水棲ガメなので、質問者さんとはちょっと異なることはご了承ください。
ただ、大型魚飼育の方と、最終的に考えは似通ってくるようです。

> ストレーナースポンジの掃除をマメ

それなら、確かに細かな濾材も使えますが、本当に掃除をマメにやれますか?
飼育者の性格も絡んでくるのですが、難点はそこです。

私を含めて、結構 挫折者の連なっている道だと思うのですけれど...(笑)
ある時期忙しくてとか、ちょっと興味が別の方にいっちゃってとか、
ずっと...となると、なかなか難しいのではないかと思います。

で、私のような「適当にやろうや。」という人は、いかに楽をするかを考えます。

全部大きめのリング濾材にして、ラストにウールマットとか、
全部プラスチック濾材にして、ラストに粗めスポンジ+ウールマットとか、
フルーバルなんていう物理濾過槽のあるフィルターを使ってみたりとか...

ろ過効率を目一杯使おうという方向性ではなく、
ろ過能力をある程度割り切って、安定性を取る方が多いように思います。
体積あたりのろ過能力を割り切る分、フィルター容量は大きい方が望ましいです。
とはいえ、大過ぎると、ゴミをため込む余裕があり、pHの低下が著しくなるので、
そこらも考えどころですが。
小型魚の飼育とはちょっと逆の面もあるかもしれませんね。

> 目詰まり重視でいくならリング濾材多めで、
> スポンジ・ウール・サブスト何かは少ないほうが無難でしょうか?

ごめんなさい。そこまでは、わからないです。
どれがベストか、ハッキリと分からないからこそ、
色んなセッティングをする人に分かれているように思います。

サブストは欠点の少ない良い濾材だと思います。
しかし、私の感覚でいうなら、ラージは大き過ぎる、レギュラーは小さ過ぎるって、とこでしょうか?
というのも、結局は汚泥の溜まりが早くなる気がするのです。

個人的には、生物ろ過部には、安いガラスリングを割って使っています。
小さめのリングなら、そのままが良いかもしれません。

ちなみに、小魚であれば、粗目のストレーナーカバーを付けて、
サブストプロレギュラー1本槍のことが多いです。

ご参考まで。

No.1です。
私の家で、水を汚すのは、魚ではなく水棲ガメなので、質問者さんとはちょっと異なることはご了承ください。
ただ、大型魚飼育の方と、最終的に考えは似通ってくるようです。

> ストレーナースポンジの掃除をマメ

それなら、確かに細かな濾材も使えますが、本当に掃除をマメにやれますか?
飼育者の性格も絡んでくるのですが、難点はそこです。

私を含めて、結構 挫折者の連なっている道だと思うのですけれど...(笑)
ある時期忙しくてとか、ちょっと興味が別の方にいっちゃってとか、
ず...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報