ラ・カンパネラだけでなくリストのパガニーニ大練習曲全てを含んだCDを探しています。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

amazonで検索してみました。



最初の大井さんと言う方のCDのレビューによると、少なくとももう一つ
出ているようですが、私がたどり着けたのは以下の三つです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005H …

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000006 …

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000002 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、助かりました

お礼日時:2005/04/29 22:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパガニーニの「ラ・カンパネラ」と「ヴェニスの謝肉祭」の主題による大幻想曲S700ⅰと

パガニーニの主題による大幻想曲S700ⅱについての質問なのですが、正直楽譜を見たり聴いたりもしてみた所どこが違うのか判りません。 自分の判別能力が低いと言われればソレまでなのですが、もし専門家の方や、リストマニアの方の中で心優しい方がいらっしゃり、何章節目が微妙に違う等的確なアドバイスを頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

前回回答したものです。
S700iとS700iiの違いということですか?
両方の版の楽譜を入手されたのでしょうか。
リストをレパートリーにしているピアニストでもまず取り上げる可能性がない版なので、
持っている人自体が少ないと思います。

前回書いたと思いますが、レスリー・ハワードというピアニストが、
リストのピアノ作品の全曲録音をしており、
このS700iとS700iiも異なる版として収録しています。
演奏時間が違うということも前回書いたと思います。
そのとき、リストによる別の版があるわけではなく、
校訂の問題ではないかと書いたのですが、
よく聞き比べてみたところ、どうもそうではなさそうです。
下のサイトで全曲試聴できますが、
S700iとS700iiは、演奏開始から12分8秒の箇所までは全く同一です。
しかしそのあとの部分は、何小節目が微妙に違うというようなレベルではなく、
全体が全く違う版です。聞き比べてみて下さい。

Vol.55- Grande Fantaisie de Bravoure sur La Clochette CD3
トラック1 S700i(14分26秒)
トラック11 S700ii(19分32秒)
http://www.classicalm.com/en/composition/18106/Liszt---The-Complete-music-for-solo-piano---Howard-Vol-55-57

12分8秒の箇所以降については、リスト自身が二つの全く異なる版を書き残しているはずです。
もし入手された楽譜が間違いなくS700iとS700iiであれば、その部分は完全に違うはずです。
全集版の場合は、もしか来るとS700iの楽譜のあとに、
最後の違う部分の楽譜のみを「異版」として補足してあるかもしれません。
(リストの楽譜ではよくそういう編集をしてありますので、確認してください。)

前回回答したものです。
S700iとS700iiの違いということですか?
両方の版の楽譜を入手されたのでしょうか。
リストをレパートリーにしているピアニストでもまず取り上げる可能性がない版なので、
持っている人自体が少ないと思います。

前回書いたと思いますが、レスリー・ハワードというピアニストが、
リストのピアノ作品の全曲録音をしており、
このS700iとS700iiも異なる版として収録しています。
演奏時間が違うということも前回書いたと思います。
そのとき、リストによる別の版があるわけではなく、
校訂...続きを読む

Qリストの「パガニーニ練習曲」と「超絶技巧練習曲」

に「狩り」という曲がありますが、題名だけでどのように区別されていますか?

Aベストアンサー

 No.2です。すみません、S.141のフランス語のタイトルが間違えていましたね。
 正しくは下記です。


超絶技巧練習曲 S.139
Études d'exécution transcendante, S.139
第8曲 ハ短調「荒野の狩」(Wilde Jagd)


パガニーニによる超絶技巧練習曲集 S.140 (1838-39年)
Etudes d'exécution transcendante d'après Paganini, S.140
第5曲 ホ長調「狩り」 (La chasse)

またはS.140を改訂した
パガニーニによる大練習曲 S.141 (1851年)
Grandes études de Paganini, S.141
第5曲 ホ長調「狩り」 (La chasse)


原題では、「超絶技巧練習曲」と「パガニーニ練習曲」とでタイトルが異なります。
いずれも「狩り」というタイトルだけで呼ばれることはないでしょう。
きちんと「リスト作曲 超絶技巧練習曲 S.139(サール番号139番)から 第8曲『荒野の狩』」とか「リスト作曲 パガニーニによる大練習曲 S.141(サール番号141番)から 第5曲『狩』」のように呼ばれると思います。

 No.2です。すみません、S.141のフランス語のタイトルが間違えていましたね。
 正しくは下記です。


超絶技巧練習曲 S.139
Études d'exécution transcendante, S.139
第8曲 ハ短調「荒野の狩」(Wilde Jagd)


パガニーニによる超絶技巧練習曲集 S.140 (1838-39年)
Etudes d'exécution transcendante d'après Paganini, S.140
第5曲 ホ長調「狩り」 (La chasse)

またはS.140を改訂した
パガニーニによる大練習曲 S.141 (1851年)
Grandes études de Paganini, S.141
第5曲 ホ長調「狩り」 (La c...続きを読む

Qリスト“超絶技巧練習曲”のCD

こんにちは(^^)私はリストの「超絶技巧練習曲」のCDを買いたいと思っているのですが、クラシック初心者なのでどれを買っていいか分かりません。
速めの演奏が好みなので、その中でおすすめを教えてください。

Aベストアンサー

個人的にはEvgeny Kissinが好きですが、
Boris Berezovskyと聞き比べてみてはいかがですか。
下のURLの写真のところはBerezovskyの演奏です。
http://www.google.de/search?hl=de&q=+Evgeny+Kissin+%E8%B6%85%E7%B5%B6%E6%8A%80%E5%B7%A7%E7%B7%B4%E7%BF%92%E6%9B%B2&btnG=Google-Suche&meta=

Liszt "12 Transcendental Studies" No. 10
をYou Tubeで検索すると、Evgeny Kissinの演奏が(一部)聴けます。

Qリスト作曲のラ・カンパネラを弾くコツ・・・・。

リスト作曲のラ・カンパネラを弾きたくて、楽譜を買ったのですが、手が小さいので鍵盤と鍵盤を早く弾くのに手が届きません(泣)どうすれば、うまく弾けるか誰か、教えて下さい☆

Aベストアンサー

最初は、とてもゆっくり、強く(叩きつけるという意味ではないです、それから腕に力を入れないでください)ひく練習をします。次にスタッカートで同じくゆっくり強く。毎日30回くらいずつでしょうか。できたら次は、ほんの少し速く強くひく練習をします。これも毎日30回ずつ。そして、徐々に速く弾けるようにしていきます。指が動くようになったら、テンポだけ下げて楽譜通り弾く練習をします。ただ、毎日30回は、汗をかきます。

Qパガニーニの主題による狂詩曲

ラフマニノフの楽曲に「パガニーニの主題による狂詩曲」というのがありますが、原曲となったパガニーニの曲というのはあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

出始めの主題はパガニーニの24のカプリースの24曲目のテーマです。
このテーマは,その他,リスト,ブラームスなども使っています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%AC%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%8B

試聴
http://listen.jp/store/album_00028945348926.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報