プロが教えるわが家の防犯対策術!

そもそも我が国においては、天皇は何千年も、男系の天皇で継承され、それで何ら問題なく、平和的な国家の統一が維持されて来たのであるから、それを今さら変える必要など無いだろう。つまり、男系の天皇の継承で、「今まで、うまく行って来た」のだから、そのまま男系天皇の継承で良い。

女系天皇なんぞ立てて、国内に騒乱を引き起こし、果ては内乱、内戦に至る危険を引き起こす事は愚かな事である。女性天皇には、そんな危険を冒す価値は無い。つまり女系天皇を、わざわざ立てる必要など無いと言う事である。

それでは皇族に男性の皇位継承者が居なくなった場合、どうするかだが、それは現在の科学をもってすれば容易に解決可能である。そもそも男系天皇の継承とは何であるか? それは初代、神武天皇のY染色体の継承に他ならない。

そして現在の日本には、神武天皇のY染色体を有する男子が、数十万人、あるいは数百万人は居る事は確実である。従って、その数百万人の男子の中から、天皇に成るにふさわしい人物を選んで、天皇に成って貰えば良いだけである。

しかし、実際、そうやって、天皇を選んでみたものの、天皇をやらせてみたら、ダメだったという事も有るだろう。その場合は、例え、その人物が天皇をやり続けたいと言うても、ご退位いただいて、再び別な人物を選んで、天皇に成ってもらえば良いだけですよね?

質問者からの補足コメント

  • 今までの女性天皇、推古天皇、皇極天皇、斉明天皇、持統天皇、元明天皇、元正天皇、孝謙天皇、称徳天皇、明正天皇、後桜町天皇、の十人は、いずれも天皇に成った後は、髪を切られて、僧籍に入られるなどして、結婚されませんでした。

    例えば、明正天皇は、わずか5歳で天皇に成られ、14年間の在位の後、29歳で出家され、72歳で崩御されました。つまり、一生独身を貫かれたのです。

    これが女性が天皇に成ると言う事です。こんな過酷な事を現在の女性に要求する事はできません。つまり、女性天皇を立てないのは女性の人権を守る為に必要な事なのです。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2024/01/14 12:15
  • 国民の皇室への批判で最も多いのは「皇室の維持は金が掛かる」と言う事です。宮家を増設すると増設する度に経費が倍増します。それは皇室への批判を増やすだけです。

    例え「嘘」だとしても、その「嘘」である神武天皇のY染色体の継承が、何故重要なのかは、「サピエンス全史」を見て下さい。

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2024/01/16 11:25
  • 私は「天皇機関説」の立場を取ります。従って、天皇は国家にとって不可欠の機関です。皇室を一般家庭と同列に論じる事はできません。

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2024/01/17 22:12

A 回答 (7件)

>私は「天皇機関説」の立場を取ります。

従って、天皇は国家にとって不可欠の機関です。
>皇室を一般家庭と同列に論じる事はできません。
お礼と補足をありがとうございます。
正に多様性の時代ですよね。
自分とは異なる意見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本国憲法は思想、信条の自由を認めています。

お礼日時:2024/01/17 23:23

天皇家のことは天皇家で決めればイイと思います。


他人の家の家督について口出しするのは野暮です。
(何故か回答が消えているので表現を変えてみました)
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は「天皇機関説」の立場を取ります。従って、天皇は国家にとって不可欠の機関です。皇室を一般家庭と同列に論じる事はできません。

お礼日時:2024/01/17 22:12

自分は天皇家が決めればイイと思ってます。


他人の家の話にクビを突っ込むのは野暮が過ぎます。
彼の家は
・(興味があるのかどうか知らないけど)様々なイベントに出席して愛想を振り撒く
・(ナンセンスであること位は判っているけど)様々な祈祷を態々隠れてやってる
ちょっと変わった一家なんですが、他人が口を挟む筋合いではないと思います。
余計なお世話はやめましょう。
    • good
    • 0

存在するかどうかも分からない、確認しようもない神武天皇の遺伝子の継承(存在しても何度か別の王朝になっている模様))に何故拘るのか?


 また男系維持の為に遺伝子の凍結保存などのテクノロジーに頼る事を皇室や政府、国民がどう考えるのだろう。遺伝子を残したいなら、宮家を増設した方が安心だと思う。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

国民の皇室への批判で最も多いのは「皇室の維持は金が掛かる」と言う事です。宮家を増設すると増設する度に経費が倍増します。それは皇室への批判を増やすだけです。

例え「嘘」だとしても、その「嘘」である神武天皇のY染色体の継承が、何故重要なのかは、「サピエンス全史」を見て下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=fud4-L2lnqQ&t=18s

お礼日時:2024/01/16 11:24

天皇家を頂点とする貴族制度、朝廷が武士の時代も何故生き残ったかといえば人事権を握り続けた事、権威を利用出来るからだと思う。

基本的人権を基本とした現行憲法はどうだろうか?人権は天皇から与えられたものではないし、人権思想は天皇や宗教を必要としない。日本列島は古墳時代以来平和な状態の方が珍しい筈だが側室制度がない限り男系はいつか絶えると思う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>側室制度がない限り男系はいつか絶えると思う。


側室など、全く不要です。

お礼日時:2024/01/14 22:28

順当に行けばズル仁ですが?。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

だからこそ、余りにもダメだったら、1億円ほどの退職金を、お受け取りいただいて、ご退位していただくのです。

お礼日時:2024/01/14 12:18

今までに、女性天皇は、推古天皇、皇極天皇、斉明天皇、持統天皇、元明天皇、元正天皇、孝謙天皇、称徳天皇、明正天皇、後桜町天皇と10人いますが、歴史上特別、混乱した事実は見受けられないようですが。

この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今までの女性天皇、推古天皇、皇極天皇、斉明天皇、持統天皇、元明天皇、元正天皇、孝謙天皇、称徳天皇、明正天皇、後桜町天皇、の十人は、いずれも天皇に成った後は、髪を切られて、僧籍に入られるなどして、結婚されませんでした。

例えば、明正天皇は、わずか5歳で天皇に成られ、14年間の在位の後、29歳で出家され、72歳で崩御されました。つまり、一生独身を貫かれたのです。

これが女性が天皇に成ると言う事です。こんな過酷な事を現在の女性に要求する事はできません。つまり、女性天皇を立てないのは女性の人権を守る為に必要な事なのです。

お礼日時:2024/01/14 12:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A