プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

やはり日本国民の多くとアメリカ国民の多くは思考が違うのでしょうね?
それなりに情報も多い同盟国でも国民の気持ちや頭の中はなかなか理解しあうのが難しい・・・。
他国との協調や連携って難しいものなのですね。
敵対している国民同士なら、なおさら分かり合えることなんてもっともっと難しいことで
現実には無理なのでしょうね・・。  どうですか?

A 回答 (8件)

既存の政治家に嫌気がさして、ビジネスマンであるトランプにアメリカの政治を変えてほしいと願っているからです。



今のアメリカはマイノリティが跋扈してポリコレで言いたいことも表現したいことも禁じられ、マジョリティーであるアングロサクソン系が怒っているのです。

そこでトランプの手でアメリカ第一主義と自由の国の名を取り戻そうとしているのです。
    • good
    • 0

アメリカの映画で「「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と言うのがあります。


そこで主人公の敵役にビフ・タネンと言う不良キャラクターがいます。
正にトランプを見ているとビフの印象に被って来ます。

参考URL(ビフのモデルはトランプ氏、「バック・トゥ・ザ…」脚本家明かす)
https://www.afpbb.com/articles/-/3063967

この記事の信憑性は、バック・トゥ・ザ・フューチャーの一作目が公開されるた、遥か後に取材されていますから疑わしいですが・・・
しかし、ああいうキャラクターをアメリカ国民の半数は受け入れるのでしょうね!?

そう言う国民性がアメリ人の約半数にあるのは、やはり独立戦争後の開拓時代を経て形成されていると思えます。
    • good
    • 0

日本人は協調性があって礼儀正しくて…なーんて言われていてもSNSなど匿名になれば化けの皮が剥がれて妬み、恨みだらけ。


政治家や経営者なんてキレイごとしか言いません。

一方でトランプは言いにくい庶民の罵詈雑言を代弁し、おまけに権力者です。
日本だって権力者が「俺を国のトップにしたら本当の意味での日本ファーストにする。海外なんて知ったことか!」である程度支持は集まりますよ。
日本で問題なのは国民の支持率だけでは国のトップになれないこと。
熱狂度合いに差があるとしたらそこです。
    • good
    • 0

日本人も勘違いしてる人が多いと思いますが、トランプは、アメリカにどこにでもいるようなおっさんなんです。


「稀に見る、発言力があり、言いたいこと言って、度胸のある」…といった貴重なタイプでは全くないです。

アメリカは、同じ人種、宗教、似た価値観、教養、経済力…等の「似た者同士」で強固なコミュニティを築く側面が強い国です。誰を支持するかも自分達と似たタイプを選ぶ、というかそれしか選ばない傾向が強いのです。
アメリカには、トランプのように、教養が無く、人の言うことを聞かず、力だけで押し切ろうとし、他者への敬意や優しさが無く、身内だけには優しいものの弱い者に厳しい…そういうおっさんは、保守的な田舎中心にわんさかいるのです。
当然そういうタイプの人はトランプに共感しますし、家族にそういうおっさんを抱えてる家庭も、トランプを支持することになります。

日本人の感覚からすれば、あのような人間が人の上に立つことはあり得ないわけで、違和感感じる人も多いかもしれません。
ですが、上に挙げた話で、納得いく部分はあるかと思います。
    • good
    • 0

国情が違うからリーダーの選び方も違う。


当たり前のことです。
日本は、少子化、経済、国防、災害対策が優先事項。
アメリカは、治安、不法移民、ドラッグ、戦争が常に論難されている。
同じ人間なのにわかりあえない……ではないです。
利害さえ一致すれば、わかりあえるし連携もできる。
    • good
    • 0

むしろバイデンのどこが良いのですか?



それを教えて欲しいです
    • good
    • 0

>やはり日本国民の多くとアメリカ国民の多くは


あたりまえ。
    • good
    • 0

アメリカファースト



これまで公に日本を植民地と言えなかったのでが、ビジネスマンの彼はそれが言える大統領なのです。なので早期に日本もアメリカから独立する為に核兵器を持つべきなのです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A