脳にはいる情報の8割は目から入ると聞きましたが本当でしょうか?
間単にでいいのですが、どのような基準でそのような判断に至ったのか知りたいです。
大脳生理学は素人です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、目は一体何かと言うことを考えてみましょう。


目のない単細胞生物でも明暗を感じることが出来、光に集まったり、光から逃げたりします。そして、土の中に住むようなミミズでも光感覚細胞という光を感知する細胞が皮膚に存在します。
これらは目ではありませんが、原始的な目と考えることができますネ。
そして、このような感覚細胞が独立した器官として発達したものが目であるといえます。そういう意味では脳の一部が器官として外部情報を手に入れるために発達したものが目であるともいえます。
勿論、鼻にある嗅覚を感知する細胞や聴覚器官についても脳の延長といえますが、目ほど表面には出ていませんので、健常者の人間にとっての情報の中で、最も比重の大きいものは目であるということができるでしょう。
多くの生き物は視力よりも嗅覚や聴覚に頼っていますので、人間とは異なっています。
人間でも視力を失うと、その機能をカバーするために聴覚や嗅覚、触覚などを最大限に活用して情報を得ますが、街の中を目隠しして歩くことを想定してみてください。あまりにも情報量が少なく、非常に怖い、心細いものであることがわかると思います。
そういう意味で考えるとご質問のようなことが言われるようになったことがご理解できるかと思います。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みみずにも目のような機能があるというのには驚きました。
恥ずかしながら目のない生物の代表くらいに思っていたので(^ー^)
ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/22 19:35

脳に入る情報の8割は目からというのをどこから聞いたのでしょうか?もし、科学雑誌やほんなどから得たのでしたら、巻末などに参照した文献のリストがついているはずです。

そのあたりから調べてはいかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

テレビで知りました。
もしご存じでしたらよろしくお願いします。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qまぶたを閉じると映像が見える。

布団に入りまぶたを閉じ少し経つと(1分程)、真っ暗闇の中心に映像がくっきり見えるときがあります。意識もはっきりしていて体を動かそうと思えば動かせますし目も開けられます。
寝ていないですし、夢でもありません。

これは何なのでしょうか?


↓以下詳細です↓

例えるなら、昔の映画のように一枚の写真のコマが何枚も連続で映し出され一つの映像になっている感じです。映像はカラーではありません。昔のチャップリン映画のうような感じと言ったほうが分かりやすいかもしれません。

しかし映画のうようといっても映しだされる一つの映像は、ほんの5秒程度でその5秒が繰り返し再生され30秒程でまた真っ暗闇に戻ります。そして、すぐまぶたを閉じるとまた映像が見えるときがあります。

映像の内容は、巨大で細かなパズルがものすごい速さで完成されていくものや、畑を耕す頭巾を被った二人の人間(性別不明)だったり、中世のヨーロッパ風の町の空中を飛び回ったりするものです。

これらの映像が見られるのは稀ですが、ここ数カ月で急にこのようなものが見られるようになったので気になり、質問させていただきました。兆候としては疲れているときに見えることが多いです。

ある心霊写真のように、物の影が偶然にも人に見えた、というような曖昧なものではありません。はっきりしているのでとても不思議な感覚になります。私としては嫌ではなくむしろ長い間見ていたい気持ちになります。

この現象はなんなのでしょうか?そして私のように、見えるという方いますでしょうか?

回答の方どうかよろしくお願いいたします。

布団に入りまぶたを閉じ少し経つと(1分程)、真っ暗闇の中心に映像がくっきり見えるときがあります。意識もはっきりしていて体を動かそうと思えば動かせますし目も開けられます。
寝ていないですし、夢でもありません。

これは何なのでしょうか?


↓以下詳細です↓

例えるなら、昔の映画のように一枚の写真のコマが何枚も連続で映し出され一つの映像になっている感じです。映像はカラーではありません。昔のチャップリン映画のうような感じと言ったほうが分かりやすいかもしれません。

しかし映画のうようとい...続きを読む

Aベストアンサー

「入眠幻覚」の一種かと思いますが、一分で覚醒と眠りの狭間に入るのなら「早や!」ですね。
まず、白昼夢という現象がありますが、人間は実際には割りとよくそれを見てるらしいです、「気づいてない」だけで。

通常、臓器の働きを人間は自覚しません。これはわかりますよね。 脳もまた臓器の一種には違いありません。(霊魂云々はこの場では論議しません)

脳の働きによる活動を「島」のようなものに例えれば、「自我」(通常の「自分」の精神)もあれば「無意識」や「寝てるときの夢」もあるわけです。
普通はこれらの島は隔絶されてるようなものですが、水面下すぐの浅い地面や深い地面のような状態で
波の具合(脳の活動状況)で地続きになったり、細く続いたり太く地続きになったりでも、「自覚の無い」だけで「活動」してるものでしょうが、多分それが目を閉じるのがきっかけに顕著になってると思います
(おれ自身は脳医学者ではないですが、素人程度ながらの知識はそれなりにはあるでしょう)


理屈をこねくり回しましたが要約するに・・・・・



「夢じゃない」というものの、「うたた寝」状態のとき、短時間でも夢を見やすいものですが

       「その状態に入るのが速い」


というとこではないでしょうかね

「入眠幻覚」の一種かと思いますが、一分で覚醒と眠りの狭間に入るのなら「早や!」ですね。
まず、白昼夢という現象がありますが、人間は実際には割りとよくそれを見てるらしいです、「気づいてない」だけで。

通常、臓器の働きを人間は自覚しません。これはわかりますよね。 脳もまた臓器の一種には違いありません。(霊魂云々はこの場では論議しません)

脳の働きによる活動を「島」のようなものに例えれば、「自我」(通常の「自分」の精神)もあれば「無意識」や「寝てるときの夢」もあるわけです。
普通は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報