教えてください。
「以降」と辞書で引くと「ある時から後」とあります。
例えば、「20日以降(の連絡)は料金が発生します」という場合は、20日に連絡した時は料金が発生するのでしょうか?

ある時=20日として、それ「以降」とうことは、「21日の連絡から」料金が発生するということでしょうか?

お分かりになる方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

基準の数値を伴う場合、「○○以降」は、一般的にその基準値を含む基準値から後の期間を指すようです。


例:「4月1日以降」は4月1日を含む4月1日から後の期間を指します。

「前」と「以前」、「後」と「以後」 (後編) - 総務の森
http://www.soumunomori.com/column/article/atc-10 …

A 回答 (7件)

以○でその前に数字が来るときは、


その数字を含みます。

例えば、5回以内。これは、5回を含みます。
3人以上。これもその3人を含みます。

ご質問の20日以降も、20日を含みます。
ですので、20日に連絡した場合は、料金が発生します。

逆に20日以前も、20日を含みます。
    • good
    • 25

含まれるみたいですね。

すみません。以前、支払いしたある代金は含まれなかったので・・・間違った情報失礼しました。
    • good
    • 13

「20日以降(の連絡)は料金が発生します。


→20日は入りません。
ですが、それより前に連絡するのが良いでしょう。
もちろん21日からの料金が発生するということです。
    • good
    • 4

「以降」というのはたとえば「以上」と同じ考え方なので、その特定のものは含まれます。


20日以降となった場合は20日は含まれると思われます。「20日」とあってそれ「以降」ということは20日から料金は発生します。
    • good
    • 9

「20日以降」は、20日も含みます。


これは、「以上」「以下」も同じです。
「10以上」は10を含む
「100以下」は100を含む

含めたくない時は、
「10より大きい」
「100より小さい」
という言い方をします。
    • good
    • 5

20日は含まれます。



10以上、10以下、などで、10が含まれるのと同じです。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=Shift_JI …
    • good
    • 3

20日も含まれます。

20日の連絡から~ということです。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「作り話」と同じ意味合いの別の単語を教えてください。例えば、「夜明け」は「暁」みたいな!

宜しくお願いします!

「作り話」と同じ意味合いの別の単語を教えてください。例えば、「夜明け」は「暁」みたいな!

Aベストアンサー

事実ではない、嘘である、という点に主眼を置くなら
「ホラ」「ホラ話」なんかもありますよね。

文脈次第では、
空言(ソラゴト)、絵空事、物語、例え話、虚構 なんかも当てはまるかと思います。
あくまでも「意味が重なる部分がある単語」であって、「同じ意味合いの単語」ではありませんが…。

Q「20日の前日までに送信」の「まで」について

「20日の前日までに送信」の「まで」とは
(1)19日中に送信すればよいのか
(2)18日中には送信完了しておかなければならないのか
どちらですか?

Aベストアンサー

「まで」は、時・所・事態の終点を指す考え方です。
ですから、20日の前日が締切ということなので、19日中に送信すれば問題ありません。

までの使い方は「札幌まで行く」という使い方と同じです。
この場合、札幌の手前どまりということはないですよね。

Q「連絡」と「ご連絡」

日本語を勉強中の中国人です。自分からの連絡を言う時に、「連絡が遅くなりました」の中の「連絡」はなぜ時々「ご」をつけたりして、時々また省略されるのでしょうか。もしその連絡という行為は相手からの動作であれば、「ご」をつけることは理解できますが、自分からの連絡はなぜ「ご」をつけるのでしょうか。

質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#3です。
ちょっと補足したほうが良いかもしれませんので、ふたたびおじゃまいたします。
要点をまとめると、次のようになります。

1.相手に向かう動作なら、謙譲語1を使うのが自然。
ですから、
・お(ご)~する(いたす)。
・お(ご)~申し上げる。
などの表現ができます。

2.相手に向かっていない動作、または、特に相手に向かっていることを重視しているわけではない動作なら謙譲語1は使わないほうが自然。
ですから、「お(ご)~」という型は使えません。

#3さんが非常に良い例を挙げておられます。
「運転する」というのは、明らかに「相手に向かう動作」ではありませんよね。
ですから、
・ご運転(いた)します。
・ご運転申し上げます。
のような表現は、基本的に不自然になるわけです。
要は、「相手に向かう動作か否か」という点が最も重要なのです。
ただ、「相手に向かう動作か否か」の区別が難しい動詞、難しいシチュエーションも多くあるため、ネイティブでも判断に迷う場合が結構あります。
 

Q正しいのは?日本語言葉遣い「こちらから連絡致します」「こちらからご連絡致します」

こんにちは。
どちらが正しいのか教えてください。
シチュエーション;会社にて。お客様から問合せの電話があったが、担当者不在なので、こちらから後ほどお電話をさせて頂くとき。

a;「こちらから『連絡』致します」
b;「こちらから『ご連絡』致します」

以前東証一部の企業に勤務していたとき、そこの部長から、
「こっちからお客様に『ご連絡します』というのは日本語としておかしい。「ご」は自分たちの行為にはつけない。『連絡します』が正しい。お客様が弊社に『ご連絡』する、というのであれば正しい使い方だ」といわれました。

しかし、いろいろな会社の人が、「こちらからご連絡させて頂きます」といっていることに気づきました。

いったいどちらが正しいのでしょうか?

※※ちなみに、先日、「もうご挨拶は済ませましたっけ」と取引先の会社の人がいわれていたことも、ひっかかりました。自分の行為をいうのだから、「もうご挨拶…」ではなく、「もう挨拶…」なのではないか、と。

Aベストアンサー

>どっちが正しいのか…

はっきりしてます。部長さんは完全に間違ってます。

>そんなこと、本当はどうでもいいのかもしれませんね…

どうでもいいことではありません。敬語でしくじるのは社会人として常に恥であり失点です。

>間違った言葉遣いが、主流となれば、やがてそれが正しくなる…

それはまあそうです。でもすべての誤用が多数派にならないのは自明でしょうし、それはなぜか、考えてごらんになってはいかがですか。

>私の部長は、そんなに年をとってもないし若くもないのですが、ちょうど、「連絡」と「ご連絡」が世代交代する前の段階で、正しい言葉遣いを認識されたのかもしれませんね。

違います。「ご連絡」がいかんなどということは絶対にありません。ここで「ご」を付けてはいけない、などという感じ方が広く生じつつあるなどということは決してありません。首を賭けてもよろしい。部長さんが単にアホなのです。「ご案内申し上げます」とか「ご招待いたします」とか、耳に馴染みきった表現じゃありませんか? こういうのが想起されない頭脳というのがどういうものか、まことに妙なものが地上には存在すると言うほかありません。それに辞書で「ご」をひけば「行為の及ぶ他人を敬って、自分の行為をへりくだって言う(大辞林第二版)」とかなんとか、必ず記載がありますよ。

ついでに言うと「~させていただきます」が敬語として間違っているなどということは絶対にありません。同じ言い回しを連発するのはなんであれ聞き苦しいというだけのことです。「冥福を祈る」が誤用だというのも初耳です。この単純な二語の結びつきがどうして間違いなのか見当もつかない。よろしければ教えていただけませんか#1さん。

それから「ご丁寧」がやばそうに感ぜられるのは皮肉(反語)で極めて頻繁に使われるからです。やばいと言えばやばいけれども、本来はいたってまともな言い方です。

>どっちが正しいのか…

はっきりしてます。部長さんは完全に間違ってます。

>そんなこと、本当はどうでもいいのかもしれませんね…

どうでもいいことではありません。敬語でしくじるのは社会人として常に恥であり失点です。

>間違った言葉遣いが、主流となれば、やがてそれが正しくなる…

それはまあそうです。でもすべての誤用が多数派にならないのは自明でしょうし、それはなぜか、考えてごらんになってはいかがですか。

>私の部長は、そんなに年をとってもないし若くもないのですが、ちょう...続きを読む

Q自分のことを「僕」「私」「自分」でなく、「自身」っていう人(20代前半

自分のことを「僕」「私」「自分」でなく、「自身」っていう人(20代前半男性)が職場にいるのですが、これまで聞いたことがなく、不思議です。
方言とかじゃないですよね・・・。そういう言い方する人っていますか?

Aベストアンサー

 無論、方言でもないし、一定の人たちの間で使われてはいない自己指示の代名詞ですね。
 自己指示の代名詞は、少し考える人ならとても難しいですね。
 そういう人として、そのお若けぇ方も自分で選択しているのでしょう。

 曽って何度かそんな言い方をする人にもあいました。
 まぁそれなりに受容はしてきました。
 (私はある大学に46年いましたが、夜間の学生にも一人いたし、昼間の学部生にもいました。そうですね、今から50年くらいまえですね、私は退職して12年になります)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報