6年位前にスペインで

"abre los ojos"(直訳:両目を開けて)

という映画を見たのですが日本でも発売されていますか?
あれば、邦題と監督の名前を教えてください。

他にも"tesis"を撮った監督です。

A 回答 (2件)

今晩は


邦題は「オープン・ユア・アイズ」で監督はアレハンドロ・アメナバールです。↓

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=8 …

ちなみにこの作品のリメイクがトム・クルーズの「バニラ・スカイ」です。↓

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2 …

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00012T …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

お礼日時:2005/05/28 10:56

邦題:オープン・ユア・アイズ


監督:アレハンドロ・アメナバル

ポニーキャニオンからDVDが発売されているようです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00012T …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

お礼日時:2005/05/28 10:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q既にDVD発売している映画のブルーレイ再発売のこと

字数制限で、へんてこな件名ですみません。
私はかなりのDVD(主に映画)を持っています。その中には「ローマの休日」や「砂の器」のようにデジタルリマスターしたものもあります。
今は次世代ブルーレイということもあって、新発売作品はハイビジョンで特典もそれに沿ったものも多く、今後はブルーレイを購入しようと思っています。しかしこれまでDVDで発売されているものは、どんどんブルーレイで再発売されていますが説明が不足しているのではないかと感じています。つまり、中には良心的なメーカーもあって「環境をブルーレイにしただけである」旨の記載がある場合がありますが、元のデータ(画質)がDVD発売当時のままであるならば、それをブルーレイで再発売されても、実際どこが違うのか、という素朴な疑問が消えません。「教えて」でも見たのですが、どうもピンと来ません。
今お気に入りで所有しているDVDをブルーレイに買い替える必要はあるのでしょうか。
私の環境はDVD・ブルーレイ・大型液晶テレビ、そしてパソコンです。
お詳しい方、ご教示くださると幸いです。

Aベストアンサー

 私自身の感想としては、旧作の名画の場合、もしDVDの画質で満足されているのであれば、あえてブルーレイに買い換える必要は無いと思っています。
 私の場合は、永遠の名作と言われる「風と共に去りぬ」を初め、「カサブランカ」「北北西に進路を取れ」「ドクトル・ジバゴ」など、すでにDVDを持っている作品を、ブルーレイで改めて買ってみましたが、DVDと比較して、格段に画質が良くなったとは感じられませんでした。
 ただし、私は、テレビは37型液晶ですが、もっと大きな画面の場合、また違った結果となるかも知れません。
 テレビ番組、特にデジタルハイビジョン放送の録画では、ブルーレイとDVDとの画質の差は明らかで、ブルーレイの、画面のきめの細かさを一度体験すると、DVDで録画したものは、画面の粗さが目立ち、もう見る気がしないという感じです。
 しかし、映画の場合、テレビ番組の録画ほどの差は、感じられません。
 映画は、よほど悪い画質でない限り、作品の内容で、感動を得るものですから、DVDで、それが得られるなら、ブルーレイに買い換える必要は特にありません。

Q同じ邦題で違う内容の映画

お世話になります!

目下、洋画邦画を問わず、「同じ邦題で違う内容の映画」を探しております。
例えば
「初恋」2006年 宮崎あおい主演 府中三億円強奪事件
「初恋」1971年 ドミニク・サンダ主演 ツルゲーネフ原作
・・・というような具合です。
同じ邦題という条件ですが表記も一致していてほしいので、上記の例ですと「はつ恋」や「初恋・地獄篇」ではなくて「初恋」限定で、また「違う内容」に関してはリメイクや翻案ではなく全く別の物語、という意味だとお考え下さい。
また、公開当時は同じ題だったけれども、DVD化にあたって変更されたとか、その逆で、DVDになったら同じ題になっていた、というものでも大歓迎です(できればそうしたご指摘もお願い申し上げます)。

私は上記の例以外では「25時」(アンソニー・クイン主演とエドワード・ノートン主演)くらいしか脳裏に浮かばないのですが、その他の作品をお教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

「許されざる者」
60年版ジョン・ヒューストン監督、バート・ランカスター主演。
92年版はイーストウッドの監督主演のオスカー受賞作。
どちらも西部劇ですが、リメイクではなく別の作品。
「ボディガード」
68年版はカーク・ダグラス主演のサスペンス。
92年版はおなじみケビン・コスナー主演作。
「ストリートファイター」
75年版はウォルター・ヒル監督、チャールズ・ブロンソン主演の快作。
94年版はゲームが原作、ジャン・クロード・ヴァン・ダム主演のトホホ映画。
「マイ・ライフ」
78年版 ジョアン・ウッドワード主演、マラソンに挑戦する主婦の話。
93年版 マイケル・キートン主演、末期癌を宣告された男の話。
他にも「望郷」「対決」「激怒」「追憶」などは洋邦で同名タイトルの作品が何本かありますね。

Q邦題の読み方

下記の「邦題の読み方」なんて読むんですか?
長い間、間違って呼んでいたかも・・・・

「81/2」 監督:フェデリコ・フェリーニ
:「はっかにぶんのいち」で正解?

「気狂いピエロ」 監督:ジャン・リュック・ゴダール
:「き○がいピエロ」で正解?
:「き○るいピエロ」??

「汚れた血」 監督:レオス・カラックス
:「よごれたち」で正解?
:「けがれたち」?

正確な呼び方教えてください!

Aベストアンサー

「8 1/2」は、フェリーニの9作目の作品ですが、内1作は共同作品だったため「、8と1/2作目」と言う意味で付けられました。
読み方は、上映当時は「はっかにぶんのいち」でしたが、最近は分数の読み方の教育が変っているので、そのままかどうか疑問もあります。

「気狂いピエロ」は#1の方の回答どおりです。

「汚れた血」は、「よごれたち」です。「けがれ」と読むのは「汚れなき悪戯」ですね。

Q映画配給会社のつける邦題

映画の配給会社が洋画の邦題をつけていると聞きました。

邦題ってセンスないの多いですよね。

素敵な邦題がないなら、直訳で問題ないと思うのですが、なぜそんなにいじくりまわすのでしょうか?
例えば、
「アニーのナニー」
→「私がクマにキレた理由」

「First Blood」
→「ランボー」

「AS GOOD AS IT GETS」
→「恋愛小説家」

「War Of The World」
→「宇宙戦争」

これらはセンスがあるかないかは別にして、もはや全然違いますよね。
この「全然違う」ってところが非常に問題だと思います。

聞けば低予算ながら頑張ってタイトルを決めてるらしいですが、映画って物によっては〇〇億$とかするのに、タイトルだけ低予算でつけるっておかしくないでしょうか。

画竜点睛を欠くというか、もし私が映画制作者ならこんなにいじられたら

「おやおや、、って思います。」

長くなりましたが、大多数のyesが得られないなら、いじるべきではないと思いますがどうでしょうか?
皆さんの考えをお聞かせ下さい。

映画の配給会社が洋画の邦題をつけていると聞きました。

邦題ってセンスないの多いですよね。

素敵な邦題がないなら、直訳で問題ないと思うのですが、なぜそんなにいじくりまわすのでしょうか?
例えば、
「アニーのナニー」
→「私がクマにキレた理由」

「First Blood」
→「ランボー」

「AS GOOD AS IT GETS」
→「恋愛小説家」

「War Of The World」
→「宇宙戦争」

これらはセンスがあるかないかは別にして、もはや全然違いますよね。
この「全然違う」ってところが非常に問題だと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

ある評論家が「最近の配給会社の宣伝部はバカばっかりで日本語を知らない」と、あまりの邦題のセンスのなさを嘆いていましたが、ちゃんとした宣伝部員が付けた邦題は、原題よりも、より映画の内容を知らしめ、ヒットに貢献したものも多いです。

故淀川長治氏や故水野晴郎氏などはもともと配給会社の宣伝部員で、多くの邦題を付けています。
淀川氏で有名なのが「駅馬車(STAGECOACH)」。
いまでこそ、辞書にはSTAGECOACH=駅馬車とありますが、当時はそんな言葉はなかったそうで、配給会社の首脳陣は「地獄馬車」か「走る狂気の馬車」の案で決めていたそうです。
それが淀川氏の発案と粘りで「駅馬車」となりました。辞書に載るほど定着したわけですから、この邦題は抜群のセンスだと思います。


水野氏だと戦争映画の超大作「史上最大の作戦(The Longest Day)」。もっとも長い日じゃあ、なんだかわかりませんよね。映画を見てからならば、納得も出来るでしょうけど。
他にも007シリーズの第一作「Doctor No」が「007は殺しの番号」。
これも「ドクターノウ」じゃ集客出来なかったと思います。

近年は原題をそのままカタカナ表記するだけのもの(「ゼアウイルビーブラッド」や「ノーカントリー」など)も増えていますが、どうみてもうまい邦題が見つからなかった苦肉の策としか思えません。
これが70年代だと「JWAS(顎の複数形)」はそのまま「ジョーズ」でピッタリではないでしょうか。「タワーリングインフェルノ」もそびえたつ地獄よりは、やはりそのままが正解。

音楽の世界でもシンディローパーの大ヒット曲「ハイスクールはダンステリア」は「Girls Just Want to Have Fun」。これも邦題がヒットに貢献したと言えるのではないでしょうか。
余談ですが、来日時に邦題の意味を聞かされたローパーはカンカンに怒ったそうですけど。
ポリスの「見つめていたい」は「Every Breath You Take」で歌詞から考えたと思われる邦題がやはりいいと思われます。


クリント・イーストウッドの出世作「荒野の用心棒」は「Per un pugno di dollari 一握りのドルのために」で、これもいい邦題だと思います。
続編になる「夕陽のガンマン」は「Per qualche dollaro in più もう少しのドルのために」、その続編「続・夕陽のガンマン」は「Il Buono, il Brutto, il Cattivo いい奴、悪い奴、汚い奴」ですから、これだとジャンルがまったくわかりません。


ということで邦題を付ける宣伝部員のセンスとボキャブラリーによってはイイ邦題もたくさんあると思いますよ。

同じ映画でも公開される国毎に、その国の世相や社会を反映してタイトルが付け直されるのも、映画の楽しみのひとつだと思います。
「たそがれ清兵衛」が「The Twilight Samurai 」となったのは、う~ん?でしたけど。

ある評論家が「最近の配給会社の宣伝部はバカばっかりで日本語を知らない」と、あまりの邦題のセンスのなさを嘆いていましたが、ちゃんとした宣伝部員が付けた邦題は、原題よりも、より映画の内容を知らしめ、ヒットに貢献したものも多いです。

故淀川長治氏や故水野晴郎氏などはもともと配給会社の宣伝部員で、多くの邦題を付けています。
淀川氏で有名なのが「駅馬車(STAGECOACH)」。
いまでこそ、辞書にはSTAGECOACH=駅馬車とありますが、当時はそんな言葉はなかったそうで、配給会社...続きを読む

Qこの邦題はいただけない洋画って・・?

 普通洋画を観る場合、その映画の原題なんかじゃなく邦題なんかを見て
その洋画を観たりしますよね。ところが映画を観終わって、「この邦題はないだろう」というような映画も中にはありますよね。
 そこで、この邦題はいただけないな、というような洋画がありましたらそんな洋画を教えていただきたいと思いまして質問しました。
 また逆に、この邦題はよかった、できれば邦題優秀賞をあげたい(←あればの話ですが(笑))ような映画がありましたら、今後の映画鑑賞の楽しみのひとつになると思いますので併せて教えていただければうれしいです。

 わたしもそれほどの洋画通でもないので、せっかく回答いただいても(←これまたあればの話ですが(笑))うまくお礼できないかも知れませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

古いのになりますが(^^;;
愛と青春の旅立ち(An officer and a gentleman)
愛と哀しみの果て(Out of Africa)

昔の名洋画って必ずと言っていいほど
「愛となんとか」っていうのばっかり。
最近のはもうタイトルの邦訳は投げ出して
まんまカタカナってのも目立ちますけどね(^^;


人気Q&Aランキング

おすすめ情報