小泉総理が8月13日に靖国神社を参拝しましたがそれについてレポートを書こうと思うのですが・・・みなさんはどう思ったか知りたいです

実際、小泉総理は参拝を行いましたが、参拝前に参拝賛成だった人、反対だった人のそれぞれの意見が聞きたいです。
お願いします。

A 回答 (1件)

私は参拝前から賛成派です。


理由は単純で、
「太平洋戦争の是非、祀られている方々の真意は定かではないが、
 実際に国と国民のために命を落とされた方々に哀悼の意を表して何が悪いのか」
という理由です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q首相の靖国神社参拝を中国が反対する理由と解決策

大国中国の代表が、しかもそれほど思想的に異端とも思えない中国や韓国があれほど強く反対するのはなぜなのでしょうか?
国内で論議される、政教分離の問題とは切り離してもっと考えるべきではないでしょうか。
政治的な問題というより、両国民の感情的な問題として。
中国国民等の気持ちを表現している、資料や文献が有ったら教えて下さい。
又、どうしても首相に参拝して欲しいと言う意見がありましたら、お聞かせください。

Aベストアンサー

WEB上には、このような資料はたくさんあると思いますが、「アジア太平洋地域の戦争犠牲者に、思いを馳せ、心に刻む会」という、少々長い名前の会のホームページのリンク集を紹介させて頂きます。このリンク集からは、その気になればいくらでも、主観的な生の心/客観的根拠を知ることのできる資料へと、果無しにリンクをたどることができます。その中にはもちろん、「中国人戦争被害者の声」といったページもあります。

このような問題は、国というマスを相手として考えるのではなく、ひとりひとりの心ある人間の集合体として考えなくてはならないと思います。どんな論理にもヘリクツをつけることはできますが、このような戦争被害者を目の前にして、その人の目を見ても、胸を張って主張できるような論理でないと、自己都合の詭弁ではないかと思います。このような戦争被害者は、決して少数派ではないのですから、なおさらです。

まず事実を広く(賛否)知り、その上で、良心に照らせ合わせても人間として誇りをもてる行動こそが、正しい道であると私は信じています。

参考URL:http://www2.osk.3web.ne.jp/~kizamu/links/index4.html

WEB上には、このような資料はたくさんあると思いますが、「アジア太平洋地域の戦争犠牲者に、思いを馳せ、心に刻む会」という、少々長い名前の会のホームページのリンク集を紹介させて頂きます。このリンク集からは、その気になればいくらでも、主観的な生の心/客観的根拠を知ることのできる資料へと、果無しにリンクをたどることができます。その中にはもちろん、「中国人戦争被害者の声」といったページもあります。

このような問題は、国というマスを相手として考えるのではなく、ひとりひとりの心ある人間...続きを読む

Q靖国神社参拝がなぜ損害賠償?

ご機嫌いかがですか?neterukunです
首相の靖国神社参拝が毎年取りざたされますが
なんで損害賠償なのか未だにわかりません。
実際靖国神社にはお国のためになくなられた
たくさんの兵隊さんがまつられて?おり
正直なところご先祖様あっての私たちという考え方では
ぜひとも公費であっても参拝してあげて欲しいのです。
だってそういう方あっての今の生活とも思うのです
それがなぜ損害賠償なんでしょうか?

Aベストアンサー

物事には常に賛成者と反対者がいますよね。
また、心から賛成・反対をしている者と、利害関係から賛成・反対をしている者がいると思います。
私個人的意見としてこれを考えますと。
(1)心から賛成:別に靖国神社にはこだららないが、自分の家族等関係者が埋葬されているから、参拝するし、参拝して欲しい。
(2)利害関係から賛成:「遺族会」が政治的に力があり、これを見方につけたい為に、参拝するし、賛成する。(よく、政治家になったり、閣僚になったりしてから、参拝を始める愚かな人)
(3)心から反対:A級戦犯者を何故参拝する必要があるのか?(他国から見ると、閣僚が参拝することは、国が太平洋戦争を肯定している象徴に見える)自分の関係者が何故強制的に靖国神社に納骨されたのか?等意見は多数でしょう。
(4)利害関係から反対:「心から反対」の代弁者となり、その人気を利用する。国が特定の宗教法人に参拝・奉納等介入するのは政教分離の原則に反する。
では、何がBestかと言ううことになりますが、やはり「心から賛成・反対」の方(弱い方)をまず第一に考えるべきと思います。
今、「国立墓地」構想を検討している官房長官の私的機関でようですが、与党政治家から見ると、「遺族会」の票をもらえなくなるからと考えて、全然話が進んでいないようです。
しかし、自分はこの案がBestではと考えます。
長々書きましてすいませんでした。
一意見として、聞き流してください。

物事には常に賛成者と反対者がいますよね。
また、心から賛成・反対をしている者と、利害関係から賛成・反対をしている者がいると思います。
私個人的意見としてこれを考えますと。
(1)心から賛成:別に靖国神社にはこだららないが、自分の家族等関係者が埋葬されているから、参拝するし、参拝して欲しい。
(2)利害関係から賛成:「遺族会」が政治的に力があり、これを見方につけたい為に、参拝するし、賛成する。(よく、政治家になったり、閣僚になったりしてから、参拝を始める愚かな人)
(3)心から反対:...続きを読む

Q靖国神社参拝に反対の方

私は個人的には首相が靖国神社に参拝するのは賛成なのですが反対の方がいらっしゃったらなぜ反対なのか教えてください。意見がききたいです。

Aベストアンサー

私も反対派です。
よく、メディア等で取り沙汰されるのが、中国や韓国、その他アジア各国の感情がどうこうといったことがありますが、私はこれについては(参拝する首相の道義上の問題はあるにせよ)、他国にとやかく言われる筋合いは無いと思っています。A級戦犯合祀といった問題もありますが、そもそも靖国神社は近代以降のこれまでの戦争で、戦死された方々の慰霊の意味がありますから、曲がりなりにも今の日本は彼らの犠牲の上に成り立っています。そういったところにお参りして、外国から何故あれやこれや言われなければならないのか?韓国では伊藤博文を暗殺した安重根は英雄視され、記念館まで立っています。また、其々の国でも戦没者慰霊の施設はあると思われますので、そのような場所へ国のトップが行くことに、外国がとやかく言うことは、場合によっては内政干渉といった問題にもなりかねないのではないか?と思います。
ただ、対外的にどうこうより、問題なのは靖国神社が「神社」であることです。他の方が書かれていますように憲法で政教分離の原則をはっきりと謳っています。靖国神社が神社であることから、神道という宗教であり、そこに国の代表たる立場の人が内閣総理大臣という肩書きで参拝することは、この正教分離の原則に違反します。
したがって、私の意見としましては「対外的にどうこう言われる筋合いは無いが、政教分離という憲法で定められている原則に違反するので首相の靖国公式参拝は×」ということです。まあ、内閣総理大臣としてではなく、一個人として参拝するのであれば、人其々いろんな考え方や信仰があって構わないわけで、憲法上でも信仰の自由は保障されていますから、どうぞお好きなように、といったところです。
以上、長々と済みませんでした。

私も反対派です。
よく、メディア等で取り沙汰されるのが、中国や韓国、その他アジア各国の感情がどうこうといったことがありますが、私はこれについては(参拝する首相の道義上の問題はあるにせよ)、他国にとやかく言われる筋合いは無いと思っています。A級戦犯合祀といった問題もありますが、そもそも靖国神社は近代以降のこれまでの戦争で、戦死された方々の慰霊の意味がありますから、曲がりなりにも今の日本は彼らの犠牲の上に成り立っています。そういったところにお参りして、外国から何故あれやこれや...続きを読む

Qアメリカはどうして総理の靖国参拝に文句を言わないの?

A級戦犯を祀り、軍国主義の象徴である靖国神社に
総理大臣が公式参拝することに対して、中国と韓国が非難をしています。
一方でアメリカはだんまりを決め込んでいるようですが、
これはどうしてでしょうか?
先の大戦で、大日本帝国から迷惑をこうむったのはアメリカも同じです。
もしアメリカが遺憾の意を示せば、
日本の総理大臣はすぐに参拝をやめるでしょう。
アメリカは富める国なので”おおらか”なのでしょうか?
それとももっと日本に軍事化してほしいのでしょうか?
あるいは中国に対するけん制として、日本と中国が対立するのを望んでいるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

チクッと歴史的な背景と現局面の特徴とを分けて説明します。

<現局面の特徴>

「総理大臣の公式参拝を是」とするのは、日米支配層の中でも一部の意見です。
決して、総意ではないと思います。
ただ、現時点では、双方の政権は極右的です。
安部氏も、国際勝共連合の大会に祝電を打つ位ですから相当のものです。
これに対し、パウエル、後藤田正晴氏等の流れを継承する良識派もいます。
政権中枢が、ここへ回帰すれば「総理大臣の公式参拝」は見直しされるでしょう。
加藤紘一氏らのグループと距離を置く政権が居座っているのも現局面の理由です。

<歴史的な背景>

戦後、アメリカは日本を反ソ、反中国の砦にすることを戦略的な最重要課題としてきました。
長崎、広島への原爆投下さえも、アメリカの戦後世界戦略の布石という側面があります。
この戦略のためならば、日本の旧支配層の復権・復活さえ容認してきました。
戦犯であった岸信介とアイゼンハワーとが手を結んで、今日の日米関係の基礎を築いたのは象徴的です。
こういう流れの中で<軍国主義の象徴である靖国神社>の復権も進んだという歴史的な背景があります。
アメリカが強いて問題にしない理由です。

まあ、歴史的にも現局面の双方からもアメリカは問題にしないと断言できます。

チクッと歴史的な背景と現局面の特徴とを分けて説明します。

<現局面の特徴>

「総理大臣の公式参拝を是」とするのは、日米支配層の中でも一部の意見です。
決して、総意ではないと思います。
ただ、現時点では、双方の政権は極右的です。
安部氏も、国際勝共連合の大会に祝電を打つ位ですから相当のものです。
これに対し、パウエル、後藤田正晴氏等の流れを継承する良識派もいます。
政権中枢が、ここへ回帰すれば「総理大臣の公式参拝」は見直しされるでしょう。
加藤紘一氏らのグループと距離を...続きを読む

QA級戦犯合祀がなぜ靖国参拝反対になるのか?パート2

先般「A級戦犯合祀がなぜ靖国参拝反対になるのか?」(http://okwave.jp/qa3265471.html)を質問した者です。
ご回答して頂いた方々ありがとうございました。

週明けから仕事が忙しく、お礼がなかなか書けなくなると思い一旦締め切らせて頂いたのですが・・・・・予想に反して仕事はヒマ。

そこで、私としてはまだ消化不良でしたので、再び質問させて頂きます。

私なりに賛成派の意見をまとめると

【賛成派】
・東京裁判は適正な裁判ではなく、A級戦犯は戦勝国が一方的に決めたものなので合祀に問題はない。
・靖国問題は一部のアジア国家が国益のため、日本の「売国奴」と結託・利用し、自虐史観を刷り込んだ結果であって反対する根拠は全く無い。

【反対派】
・多くの被害と犠牲を出した原因は軍部であり、その責任は重く合祀は不当。
・参拝は戦争を美化し、再び軍事国家を歩む危険性がある。

主な理由としては、こんなところでしょうか?

そこで、再び質問ですが、被害や犠牲の直接の原因はアメリカの銃撃や、爆弾によるものですよね。(飢餓や、熱帯での疫病もあると思いますが)
軍部の命令で出撃しても、特攻は別として直接の死亡原因はアメリカ軍の火器によるものが大部分なのに、なぜ反対派は、靖国神社自体やA級戦犯ばかりを悪く言い、アメリカへ対しての非難はしないのでしょう?
参拝反対は叫べど、中国を真似して、アメリカに「補償をよこせ!金を出せ!」と運動しないのは何故なのですか?

なお、この質問を初めてご覧になる方は、先の質問・回答に目を通されると、流れがわかりやすくなると思います。

先般「A級戦犯合祀がなぜ靖国参拝反対になるのか?」(http://okwave.jp/qa3265471.html)を質問した者です。
ご回答して頂いた方々ありがとうございました。

週明けから仕事が忙しく、お礼がなかなか書けなくなると思い一旦締め切らせて頂いたのですが・・・・・予想に反して仕事はヒマ。

そこで、私としてはまだ消化不良でしたので、再び質問させて頂きます。

私なりに賛成派の意見をまとめると

【賛成派】
・東京裁判は適正な裁判ではなく、A級戦犯は戦勝国が一方的に決めたものなので合祀に問...続きを読む

Aベストアンサー

前回のパート1でのご質問の返答から入ります。

>靖国神社がなければ、「慰安婦問題や日本軍による住民虐待、自決の強要」は起きなかったと?

とは、言っておりません。
助長する効果は大きかったと思っております。

>朝になると凍死しており、朝日に向って首がうなだれてる姿から「暁に祈る」と呼んでたそうです。これらは、虐待ではないですか?

当然虐待です。
だから当時のソ連を非難するのです。
同じ事をした旧日本軍、特にその指導者が非難されるのと全く同じ事です。
異なるのは、日本では虐待を率先して行わせた指導者が、英雄として名前が誇らしげに提示され祭られているところに、政府指導者が参拝するのに対し、ソ連を引き継いだロシアでは、それを積極的に行わせたスターリンは、現在崇拝の対象になっていないという事です。

>本当に従軍慰安婦など日本が悪いことをしていたなら、なんで中国人は日本で言う「鬼畜米英」に該当するほどの日本人孤児を育ててくれたのでしょう?

中国人全てが日本軍の被害者ではありません。
当然日本軍と結びついて利益をあげた人もいますし、日本軍が全土に進出したわけではありません。
私の地区では、戦後アメリカ軍の進駐がありませんでしたから、進駐軍に特に何の反応もありません。
当時の中国では、日本軍との戦闘と国共内戦の状況でもありました。
そのため、国共内戦で子供を亡くした人、労働力を欲した人なども当然多数いたはずですから、なんら不思議ではありません。

>国が主体で従軍慰安婦を強制連行したというのは、私には説得力に欠けるのです。

国が主体ではやっていないでしょうね。
国はそんなにヒマではありませんから。
国というよりも軍の要請により、民間が行ったものでしょう。
軍の要請が無ければ、そもそも行われないか、規模はもっと小さかったはずです。
そもそもなぜ日本軍に多数の慰安所が必要であったのかを考える必要があります。
日本軍は、人命軽視・補給軽視のため、一度出征したら、まずまともな状況で帰還できる可能性が他国に比べ低いのが特徴でした。
アメリカやヨーロッパ諸国においては、一定期間の軍務の後必ず休暇が与えられています。
戦地で損害を受けた部隊も後退させて戦力の建て直しが行われます。
ところが日本軍は、補給軽視のため兵站が極めて弱く、部隊の交代がなかなかできませんでした。
そのため、一度戦地に行くと、邯鄲には帰国できないのが実情で、そのため慰安婦による精神の安定化が必要であったため、多量の慰安所を必要としました。

>靖国参拝がなぜ反省しないことになるのでしょう?政府も中国に何度か謝罪をしていたと思いますが・・・

日本政府は、謝罪してお金も払っています。
しかし、靖国神社を政府関係者や閣僚が参拝する事は、外から見ると反省しているようにまったく見えません。
これは、シベリア抑留を指示したスターリンの行為をロシアのプーチン大統領が謝罪したとしても、そのプーチン大統領が、スターリンは偉大であったと崇めていた場合、日本人は、納得するでしょうか?
北朝鮮が、拉致を認めて謝罪しても、現在の金正日が真に反省していると見る日本人がいるのでしょうか。
全く同じ事が起きているのです。

>直接の死亡原因はアメリカ軍の火器によるものが大部分なのに、なぜ反対派は、靖国神社自体やA級戦犯ばかりを悪く言い、アメリカへ対しての非難はしないのでしょう?

そういった状況に追い込んだのが軍部だからです。

>参拝反対は叫べど、中国を真似して、アメリカに「補償をよこせ!金を出せ!」と運動しないのは何故なのですか?

第二次大戦は、日本が絶対かなわない相手に殴りかかり、ノックアウトされたものです。
日本が手を出したのが根本的に悪いのです。
第二次大戦が日本の防衛戦争であったという人もいますが、それは明らかに間違いで、日本が弱者だと思い、いじめた中国の助っ人としてアメリカが現れ、そのあげくそのアメリカに殴りかかり、KOされたのが第二次大戦での日本です。
そもそも中国に手を出さなければそんな事にならなかったのです。

前回のパート1でのご質問の返答から入ります。

>靖国神社がなければ、「慰安婦問題や日本軍による住民虐待、自決の強要」は起きなかったと?

とは、言っておりません。
助長する効果は大きかったと思っております。

>朝になると凍死しており、朝日に向って首がうなだれてる姿から「暁に祈る」と呼んでたそうです。これらは、虐待ではないですか?

当然虐待です。
だから当時のソ連を非難するのです。
同じ事をした旧日本軍、特にその指導者が非難されるのと全く同じ事です。
異なるのは、日本では...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報