人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

小泉や安倍は、靖国神社に参拝することによって、
どのようなメリットがあるのでしょうか。
なんのために参拝するのでしょう。
戦没者を偲んでいるような気はあまりしないのですが、それは気のせいなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

かなりお若い方とお見受けしました。



恐らく靖国神社参拝の経験もないものと思います。

靖国神社は・・・要は普通の人は何というのか、神社の境内の前列に入れないのですが、境内の前列の敷地内の中でいつも大勢の人が特別待遇で参拝しているのを見かけます。

それが遺族会の方です。
http://www.nippon-izokukai.jp/index2.html

また、適当にグーグル検索すると山ほど以下のようなブログ、ホームページがあります。

誰でも・・・というか、大人は誰でも知っているのです。
http://blog.livedoor.jp/yorogadi/archives/509303 …
http://www.ne.jp/asahi/box/kuro/report/yasukuni. …

ちなみに、遺族会と社靖国神社崇敬奉賛会は非常に近い関係にあるようですが、私も深くは知りません。知りたいようなら、グーグル検索するか、それこそ靖国神社崇敬奉賛会に入ると良いと思います(笑)。何だかしょっちゅう入会案内のパンフレット貰うような気がします。これと、何だか右よりのテレビ番組ばかり流すケーブルテレビ番組のチャンネルがあったと思いますが、今名前忘れました。普通にYou Tube等でもあるかと思います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa113751.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。とてもよく分かりました。鉄のトライアングルの話は納得しました。ありがとうございます。下の方のURLは長かったのでまだ全部は読んでませんが、後でよく読んでおきます。参拝といえるか分かりませんが、前に靖国神社に行って普通の人が行ける所までは行ってみました。こう言っちゃなんですが、大通りに平行して参道が作られていて変な神社ですよね。あと、あの時は安倍ちゃん饅頭みたいなのが売っていたのですが、今思えば買って食べておけばよかったです。饅頭じゃなかったかもしれませんが、期間が短かっただけに希少なものでした。
鉄のトライアングルの話に戻ります。わたしの意見とみんなの意見にはどうも噛み合わない所があるなと思っていたのですが、してみると、遺族が恩給を貰うことと靖国神社が結びついていることが倒錯の元のように思えます。靖国神社とは別の、戦争被害者全体の補償を考える団体があって、そこからもらっていれば、話はややこしくならなかったでしょうに。しかし戦後は混乱していたりして、こんな風になってしまったのでしょうかね。何にしてもとても勉強になりました。ありがとうございます。今後も勉強に励みます。

お礼日時:2008/08/25 21:04

人が皆、打算や面子で動くと思うなよ


英霊を追悼することに理由いるの?
    • good
    • 1

 丁寧なお返事をありがとうございました。

ちょっと補足をさせていただきます。

 私は、何も靖国を参拝する政治家が全て純粋な追悼の気持ちで来ていると思っているわけではありません。また他の回答者様の言葉の中にあるように「政治家はメリットと無関係に純粋な気持ちで行動している」と考えている(実際、今時そんな人いるとは思いませんが)わけでもありません。
 ただ単に、死者の魂を祀る場所に生臭い話は持ち込まないでほしい、といっているだけなのです。そこにきている政治家は、票欲しさで来ているかもしれません。自らの信条をアピールすることが目的かもしれません。ただし、靖国に眠る方の大部分は心ならずも命を落とした方です。この場所だけは利害やメンツといったものを度外視し、手を合わせている者はみな純粋な気持ちでいると「見てやってくれ」ということです。時と場所によっては汚いところを見てみぬふりをする、おとなの対応があってもいいのではないでしょうか。
 例えばアメリカの首脳が日本訪問の際に靖国に献花したときに、「元敵国兵士の眠るところに献花するなんて、ただの社交辞令だ、本当は嫌々のはずだ」と言う人がいたとしたら、あなたはその方をどう思いますか。

 なお「現在の政府が靖国神社に参拝する必要性はどこにもありません」というのはどういう意味でしょうか。戦争を起したのは大日本帝国であって、日本国ではないからという意味でしょうか。じゃあ誰が謝ってくれるのかな、誰が「もうばかなことはしないからね」と約束してくれるのか、ちょっと理解に苦しむお言葉でした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。分かりました。気分を害されたことはお詫びします。すみませんでした。ただ、わたしは真実が知りたいだけなのです。本当に。
利害や面子を本当に度外視したいなら、やはり国が関与するべきではありません。それが政教分離ということではないでしょうか。国会議員ならまだしも、総理大臣に私人などという立場はありません。
約束は、わたしたち、ひとりひとりがすればいいんですよ。その約束を守るために、それを破りそうな人間を見抜く必要があります。
でも、このような話は気分を害される人もいるということは分かりました。やりとりできて良かったと思います。ありがとうございました。これからは気をつけます。

お礼日時:2008/08/27 22:29

右ウイング



戦後しばらく、首相が8月15日(終戦の日)に靖国へ行く慣わしなどはありませんでした。
靖国神社に参拝した歴代首相(田村譲・松山大教授)
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/syusyouy …

戦後初めて8月15日に靖国参拝した首相は誰か? 三木武夫です(1975年)。三木は少数派閥出身で、党内の権力基盤が弱かったため、右派にウケるパフォーマンスをして支持を拡大する必要に迫られました(三木自身は右派ではなかった)。このことを、「右ウイングを伸ばす」と言います。ただし、彼は「私的参拝」を強調しました。
その後、8月15日に「公式参拝」した首相は誰か? 中曽根康弘です。彼は右翼でした(昭和天皇も「あれは右翼だから嫌いだ」と側近に漏らしていたという)。
ただし、中曽根は「政界の風見鶏」の異名をとる日和見主義者でもあり、つまり「融通の利く右翼」でした。彼は民営化などの改革路線を推し進めて、改革論者の人気も集めつつ、靖国公式参拝で右派の支持も得ました。要するに、一つの勢力だけでなく、複数の勢力から支持を取り付けることによって、長期政権を維持したのです。
大雑把な話ですが、小泉純一郎は「三木 + 中曽根」と考えることができるでしょう。首相になる前は「変人」と呼ばれ、子分もほとんどいなかったのに、なぜ長期政権となったのか? もちろん、「小泉ブーム」と呼ばれる無党派層にまで及んだ大衆人気が主因でしょうが、それだけでは政界の権力闘争を勝ち抜けなかったはずです。彼は靖国参拝の強行で「右ウイング」を伸ばし、自民党の内外に根強く巣食う右派・右翼の支持も取り付けて、権力基盤を固めたのです。

チキンレース

小泉首相の靖国参拝に反応し、中国や韓国は激越な批判を浴びせました。それにより、「参拝を取りやめれば外国の圧力に屈したことになる」という図式ができあがってしまいました。
しかし、「靖国」は根本的には国内問題です。国家には、その国のために殉じた人がいます。それなのに、「国の象徴」たる天皇も訪れられない靖国って、いったい何なのでしょうか? 今や一宗教法人である靖国神社が、国家的鎮魂を担うのは無理です。なぜ、国立追悼施設がないのでしょうか?
いい加減な戦後処理に基づく日本の弱点を、諸外国はいやらしく突っついてきます。しかし、それにムカついている日本人は、解決すべき国内問題を国際問題にすりかえて、先延ばししているだけでしょう。

ブッシュ大統領の靖国神社参拝の事実(リンク切れが多いです)
http://okwave.jp/qa2435485.html

日本は「問題先送り体質」を衝(つ)かれ、「降りた方が臆病者」という対立図式に追い込まれました。この仕掛けられたチキンレースに、小泉は乗ってしまいました。しかし、これでますます大衆的人気を集めたのだから(「小泉さんは中・韓相手に一歩も引かない!」とか何とか)、彼はバカなのか天才なのか分かりません。安倍晋三について言えば、小泉のエピゴーネンのできそこないでしょう。

「政治家はメリットと無関係に純粋な気持ちで行動している」と考えるのは、子供か信者の思考であって、大人の考えることとは思われません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。いろいろURLを引いて説明してくださり、よく分かりました。小泉とは怖ろしい人物だと思います。もっと怖ろしいのは、この人が国民に人気があったということです。そうですね、靖国問題はややこしいことが多過ぎます。わたしの考えでは、国際的にはA級戦犯が太平洋戦争の全ての責任を負っていると思います。そして責任を取っていると思います。対外的にはA級戦犯が祀られている靖国神社に首相が参拝することが問題だと思われます。政教分離の原則からすれば明らかに憲法違反だと思います。小泉はテレビが生中継する中、公然と参拝し、それを何度も繰り返していたわけですから、希代の犯罪者だとしか思えませんが、憲法違反をしても民事訴訟にしかならないことがよく分かりません。法曹界もなめられたもんだと思います。これは本当に難しいことなのですが、誤解を恐れずに発表しますと、わたしは、そもそも国立の追悼施設など作ることができるのか、と思っています。なぜなら、追悼施設は死を扱うものである以上、宗教と無関係ではいられないからです。無宗教で国立である追悼施設か、宗教法人だが国が関与しない追悼施設。なら、後者の方が違和感のないものだと、わたしには思えます。しかし、靖国神社は英霊を分祀することはできないといっているのです。どう考えてもここが問題ではないでしょうか。意見を書いてくださり、ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/27 22:16

要は、太平洋戦争も金の亡者のために為された(戦争は軍需産業を喰わせるために起きる)という公式通りの戦争だったと言うことです。



従って、私はA級戦犯合祀には反対でしたが、もう合祀されたので、仕方ありません。A級戦犯や当時の政治家の一部は売国奴だったのです。昭和天皇には、当の当時者なのですから、一般人には届かなかったでしょうが、少なくともそのように見えていたでしょう。例えば、1944年、サイパン島日本軍全滅の知らせが昭和天皇に届きます。東条英機は適当な事言って、昭和天皇を騙し続けていましたが、最早サイパン島が落ちたということは、日本領土が連合軍に侵略されるのは、火を見るより明らかなことであり、さすがの東条も、馬鹿軍部政権も、最早天皇陛下に言い逃れ出来ません。勿論天皇陛下は烈火の如く怒ります。それで、東条内閣は退陣するのです。日本史高校生レベルの知識です。そして、東京大空襲が始まるのです。

そのような事情から、天皇陛下は靖国神社に参拝しないのです。また、品性を保つため、下劣な政治家と同じ次元に立ちたくないとの思いもあるかもしれません。

出来れば、吉永小百合さん主演、山田洋一監督による「母べえ」をみていただきたいのものです。私は憲法改正大反対です。憲法改正を強く訴える自民党、読売新聞の背後には財団が隠れて蠢いているのではないかと、私は推測しています。勿論他国、それはアメリカの財団かもしれません。そのようなことが決してあってはならないと考えています。

また、美輪明宏さんの「戦争と平和 愛のメッセージ」という本も宜しければ読んで下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。URLを教えていただきありがとうございます。とても面白く読みました。人類が覚醒するかもしれないので、今後も拝読したいと思います。ついに昭和天皇まで出てきましたね。わたしの手に余る人物ではありますが。そうですね。いろいろな考えの方がいるとは思いますが、わたしは東条英機をそれほど嫌いではないのです。当時の時代状況の中では、戦争に至るのもやむを得ない所があったと思うからです。そして、一度自殺しようとしたにせよ、戦争責任を取ったからです。わたしの考えもまた倒錯している所があるかもしれません。わたしは昭和天皇と靖国神社それ自体にも戦争責任はあると思います。ただ昭和天皇と靖国神社を免責にしたのは最終的にはGHQの判断なので、敗戦国の日本がどうこう言うことはできません。A級戦犯が合祀されているのが問題なのではなく、靖国神社に祀られたくないと思っている人を分祀できないことが問題だと思います。昭和天皇は、自分が免責されている訳ですから、責任を取ったA級戦犯が祀られた靖国神社に行くことはありえません。むしろそれ以前には行っていたということの方がおかしいと、わたしには思えるのですがどうでしょうか。今上天皇については難しい所ですね。わたしもあまり考えたことがないので、これから考えてみます。「母べえ」は見ました。美輪明宏さんの本も読んでみたいと思います。回答を書いてくださりありがとうございました。

お礼日時:2008/08/27 21:09

日本人の好きな言葉に「意地」がありますよね?


今回のオリンピックでもいろいろな人の口から飛び出したこの言葉、何回聞いたか分かりません。
それじゃないでしょうか?
確かに靖国神社の参拝は個人の自由です。それが赦される国に住んでいるんですから。
しかし、政治家の立場となると話は別です。
政治家は国益を第一に考えなければならないという見地からすると、どんな主義主張も個人的なものは慎まなければならないと言う事は自明の理です。
靖国参拝の大好きな政治家が二言目に言う言葉、
「今日の我々の繁栄は靖国に眠る英霊の犠牲によるもの」については、
戦後BC級戦犯として捉えられ、20年の有期刑を受けた飯田進氏はETV特集、シリーズBC級戦犯“罪に向き合う時”で、強い疑問を呈しておられました。
現実に、先きの戦争を生き残った方々が否定しておられる事実、望んでいない事実には目を背け、その事を大義名分にして、国益を損なう靖国参拝にメリットなどあるはずはなく、レベルの低い政治家のくだらない意地としか思えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。そうですね。わたしも、現在の日本の状態と戦争で死んでいったたくさんの人との間には何の関係もないと思います。しかし、そういうことは言ってはいけない空気というものがありますね。わたしは普段あまりテレビを見ないので今回のオリンピックは1秒も見ませんでした。yahooのトップページのニュースでは少し見ました。オリンピックは代理戦争とも言われますが日本の成績はどんなもんだったのでしょうか。超気持ちよかったのでしょうか。小泉は自分の私利私欲のことしか考えていませんね。安倍は国益のことを多少は考えているようにも見受けられます。そのETV特集を見る方法をなんとか考えてみます。教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2008/08/26 21:08

 戦没者を祭る施設を参拝することについて、メリットがどうのという考え方はそぐわないと思います。

遺族の一端につながる者として、誰であろうと参拝は純粋に追悼と感謝の結果であると思いたいです。

 靖国に眠る方の大部分は、自ら好んで命を落としたわけではありません。英霊になりたかったわけでもないとも思います。ただ、多くの方は「靖国で合おう」を合言葉に命を落としました。また戦死者の多くは遺骨も戻ってきてはおりません。私の親族の遺骨もいまだ海の底です。従って、少なくとも祭るべき遺骨もない遺族にとっては、約束の場所である靖国はそれほど不自然なところではないのです。同時に、戦争を起した政府の代表者が毎年参拝し、戦死者に対して謝罪と感謝の意をささげることに何の異議もありません。かえって、きちんと来てくれないことに違和感を持ちます。

 右翼であろうと左翼であろうと、死んだ家族を偲ぶ気持ちは同じだと思います。あまり生臭い話にしてほしくはないですし、少なくとも参拝を「右翼」と断じることも勘弁していただきたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。そうですね。徴兵されて死んでいった方の中にもいろいろな方がいると思います。戦場へ行きたくて行ったわけでなくても、当時の政府や軍国主義の全てを馬鹿臭いものだと思っているような人でも、口に出す言葉としては、靖国で会おう、としか言えなかった人もいると思います。別に上官が側にいるわけでもなく、仲間だけで話す最後の時だったとしても。
わたしは遺族の方が靖国神社に参拝することには何の異議もありません。いかなる理由においても異議はありません。これはわたしの意見ですが、現在の政府が靖国神社に参拝する必要性はどこにもありません。現在の政治家個人が参拝するのは、それはその人の自由です。それがいいか悪いかは、その人が何を思っているかによります。ニュースを見た印象でわたしが決めます。
思いたいのは分かりますが、そぐわないことをしているのは、わたしではなく小泉です。名目上言われているだけのことを、額面通りに受け取るのは政治を監視する目としてはどうかと思います。その奥にあるものを読み取ろうとする態度が大切だと思います。そういう態度が欠けると、翼賛体制再び、ということにもなりかねません。わたしは右翼がどういう組織なのかよく知らないのです。参拝を右翼とは断じていないつもりでしたが、そういう風に取れる部分があったのならば謝ります。すみませんでした。何にしても意見を書いてくださりありがとうございました。

お礼日時:2008/08/26 20:42

回答とその回答に対するコメントを見ていて不思議に思ったことがあります。


まずA級戦犯のことを問題にしていますがA・B・Cは罪の重さではなく
罪の種類です。なぜ殊更それが問題になるのか私には分かりません。

それと安倍前総理ですが、彼は政策のやり方は拙劣でしたが理念は
今のサルみたいな首相など遥かに及ばないほど高いものでした。
さっさと投げ出したと言いますが、辞める直前の安倍さんの顔、
今までに見たことが無いほどやつれて、見る影もありませんでした。
それでも働けというのですか。一体日本人は何時からそこまで残酷になったのですか?
その安倍さんが祖父の岸さんが元A級戦犯だったと言うだけで
そこまで深読みするのですか。

そして最後が大事ですが、これにイチャモンをつけているのは中国、韓国、反日マスコミだけだという事です。
しかもこの両国は朝日新聞が「外交カードとして使える」と進言するまで
全く問題にしていなかったと言うこと。

どうしてそれを日本人が殊更問題にするのか、全く分かりません。
これは戦没者の問題と言うより、マスコミが炊きつけた反日問題だということです。
マスコミは政教分離をあげつらいますが、この国で宗教が問題になりますか?
教会、神社で結婚式を挙げ、クリスマスを祝い、寺に葬られる国で
どうして宗教が問題になるのか
マスコミの言うことは矛盾だらけです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。わたしはそのつもりはなかったのですが、確かに言われてみれば、もしかしたら、わたしが語っているのは一般的に言われるA級戦犯合祀問題のことなのかもしれません。一般的に言われているのとはだいぶ異なる意見かもしれませんが、わたしの意見を言いますと、靖国神社にA級戦犯が祀られているのは問題ではなく、むしろ当然のことのように思えます。靖国神社には大日本帝国の政府側の為に尽力して命を落とした人が祀られるわけですから、戦争中に戦場で弾に当たって死んでも、戦争が終わった後に敵に捕まって敵の裁判で処刑されて死んでも、敵に殺されたことに違いはないのですから靖国神社には祀られているべきです。獄中で死んだ人は微妙ですが。問題は、靖国神社に祀られていることについて、大日本帝国の政府の為に死んだということと、郷里の家族や恋人の為に死んだという思いと、ごちゃごちゃにしている人が、遺族の中にも少なからぬ数いるということだと思います。でもこういう意見を他で聞いたことがないので、これは間違っているかもしれません。間違っていたら教えてください。そうですね。わたしも安倍はそんなに悪い奴じゃない気もします。ただ憲法改正の真意などは、もっと言葉を尽くして国民に説明すればよかったのに、と思います。演説が下手なら、本を書いて文章でも、もっと説明すればよかったのに。美しい国などというアホみたいな本だけじゃなくて、もっと深い内容の本を書けば良かったのにと思います。国民はあんなアホみたいな本しか読む力がないとバカにしているのかな、と思いました。そうですね。政教分離に関しては憲法違反じゃないかと思います。ただ、追悼施設というのは、死を扱う以上は宗教と分離するのは不可能だと思います。しかし、不可能だからこそ、あえて、憲法に明文化しておくという、逆説的ですが、そういう論理もあるのかな、と思います。難しいところですね。何にしても回答してくださりありがとうございました。

お礼日時:2008/08/25 21:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。単なる気まぐれとか目立ちたいから参拝しているわけじゃないというのは、よく分かりました。本当にありがとうございました。疑問が晴れたという意味ではすっきりしましたが、分かったら分かったで、なんだか胸糞悪くなってきました。しかし教えていただけたのは、とても嬉しいです。ありがとうございます。わたしはgoogleで検索するのが苦手なので、いろんなURLを教えていただけるととても嬉しいです。

お礼日時:2008/08/25 21:14

勉強途中とのことですので知らないことも多いかと思いますが、戦没者慰霊について、簡単に説明します。



近代国家は、徴兵制とともに誕生しました。
その代表がフランス革命で誕生したフランス共和国なのですが、それまでは兵隊は王様や領主に雇われていたのですが、近代国家は傭兵を使わずに国民から徴兵して軍隊を組織しました。

理由はなぜか。徴兵制の軍隊の方が士気が高いからです。
詳しくは、ナポレオンの伝記を読んで研究して欲しいのですが、簡単に言えば傭兵は金のためにしか働きませんが、近代国家の国民は自分たちの自由と権利のために戦ったからです。
民主主義の進展も、徴兵制とは無縁ではなかったのが西欧の歴史でもあります。

このように近代国家は国民の命の上に成り立つものですから、その死後にもある程度の責任を負うようになります。
その結果、国家が戦場で死んだ兵士のために、慰霊を行うようになりました。
例として、フランスには無名戦士の墓があり、アメリカにはアーリントン墓地があります。
国家のために命を落とした人のために、外国の元首が訪問した際にはその国の無名戦士の墓に献花するのが、国際的な慣例となっています。

では、日本の場合はどうかというと、戦前は靖国神社がその責を担っていました。
保守派の政治家には、近代国家日本を立てるため、また守るために命を落とした人のために、慰霊を行うのは当然という考えの人がいます。
小泉さんや安倍さんがその代表格ですが、国会議員の中にも靖国神社に参拝する会みたいな名称の会があって、その会に参加している人は参拝しているようです。

また、軍人・公務員に限らず第二次世界大戦で戦没した人の慰霊は、8/15の正午に天皇・皇后両陛下が出席されて慰霊を行っています。

千鳥ケ淵戦没者墓苑や今後靖国神社をどう扱っていくかについては、今後広く議論を行って、検討していくべき課題でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。とても分かりやすい説明で嬉しいです。そうですね。戦争においては死を目の前にした時に、ひるむことのない精神的な支柱が何よりも大切である、というようなことがクラウゼヴィッツの「戦争論」を噛み砕いて説明してある1000円くらいの本に書いてありました。日本のそれが靖国神社なのだと思われます。わたしも当時の時代状況の中では戦争に至るのもやむを得なかったと思っています。アメリカ人たちに、うまくけしかけられてしまったというか。でも侵略まではする必要がなかったようにも思います。でも侵略しなけりゃ資源のない日本がいつまでも勝てるわけありません。難しいところです。
小泉や安倍は、どうしてその会の側にいる方が、自分の立場をより永田町の中で、過ごし易い環境に置くことができるのかを、知れるなら知りたいです。何か信念でもあるのでしょうか。安倍には多少信念らしきものがあるようにも思います。まあこの人たちは生まれた時から国家の中枢に片足突っ込んでいるような、わたしから見ればいけ好かないような人たちですから、小さい頃から帝王学のようなものを教えられているのかもしれませんね。そういう家庭に生まれたからそうなんだ、というだけかもしれません。8/15に行われる軍人・公務員に限らない慰霊というもののことを知りませんでした。教えていただきありがとうございます。自分でも調べてみます。本当にいろいろ書いてくださりありがとうございました。

お礼日時:2008/08/25 20:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ多くの政治家が靖国神社を参拝したがる?

素朴な疑問です。
靖国神社は庶民はあまり行かない所と思います。
良い悪いは置いといて、議員や閣僚がこぞって靖国神社を参拝する理由は何でしょうか?
政治家だけが特に神道の信仰者の比率が高いということはないと思うのですが。

Aベストアンサー

まず、回答そのものでは無いですが、この問題を考える上での基本的な事実の認識が必要と思いますので、書きます。

伊勢神宮を始めとする、神社神道(神社を持たない神道として教派神道がある)は、日本の民族宗教、原始宗教として、伝統のあるものです。

しかし、靖国神社、全国の護国神社、忠魂碑は、全然異質のものです。
国民を戦争に駆り立てるために、国家があえて作った神社です。
また、国家(現代的意味での国家)のために死んでいった軍人を英霊として祭る、という発想は、明かにこの時代の国家による新興宗教です。
民族主義=国家主義=ナショナリズム、国粋主義、帝国主義、覇権主義、全体主義、を正当化する、ハードウエアとして、機能していたのです。

教派神道である大本教などは弾圧され、
戦争に反対した、無教会主義キリスト教の内村鑑三、創価教育学会(創価学会の前身)の牧口常三郎などが、弾圧された歴史があります。

占領地域、韓国、台湾、サイパンその他多数に神社を作りました。
また、神社の神官たちは、公務員でした。

日本の憲法(20条、89条)が信教の自由の条文だけでなく、あえて、徹底した政教分離(国家と宗教団体の分離(separation of charch and state))を規程したのは、この民主主義の敵を解体し、復活させないため、です。
過言では有りませんし、事実と言って間違いでは有りません。
ポツダム宣言に、日本に精神的自由権(表現の自由、信教の自由、学問の自由など)を保障し、民主主義的な国家を作る、というようなことが書いてありますが(戦勝国を弁護する気はさらさら有りません)、その趣旨の延長からです。

あらためて、書きますが、
つまり、従来の神社神道と靖国神社などはイコールでは括れない、ということです。

外国の(一応、何らかの伝統的な宗教の形式を整えている)戦没者墓地と、日本の靖国神社とでは、成立の背景が違います。
また、慰霊と、英霊を拝むのは、違います。

日本では、よく勘違いされていますが、仏教も拝むのは本尊であり、死人ではないのです。


上に書いたことを踏まえて
一応、回答っぽいことを

一部の政治家が、靖国神社を国営化する法案を、年中、しょっちゅう、国会に提出しています。そのたび、廃案になってますが。
そういう政治家たちが、靖国神社に参拝したがるのは当然ではないでしょうか?

日本に侵略された歴史を持つ、国々が、政治家が靖国神社を参拝することに懸念若しくは反対の感情を持つ理由は、東条英機などを英霊として祭ることもさる事ながら、日本の帝国主義に関し、反省が無い、侵略戦争に反省が無い、もしくは、単に自己の反省と言うことだけでなく、不幸な歴史について、考察が無い、と受け取っているからでしょう。

まず、回答そのものでは無いですが、この問題を考える上での基本的な事実の認識が必要と思いますので、書きます。

伊勢神宮を始めとする、神社神道(神社を持たない神道として教派神道がある)は、日本の民族宗教、原始宗教として、伝統のあるものです。

しかし、靖国神社、全国の護国神社、忠魂碑は、全然異質のものです。
国民を戦争に駆り立てるために、国家があえて作った神社です。
また、国家(現代的意味での国家)のために死んでいった軍人を英霊として祭る、という発想は、明かにこの時代の国家に...続きを読む

Q靖国参拝の現実的なメリット

安倍長官が靖国参拝してたことが判明しましたが、どうしてそこまで靖国参拝をしたいのかがよくわかりません。
参拝にどんな現実的なメリットがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

○精神的充足
  自分の信念を貫くと気持ちがいい
○遺族会の票
  遺族会は自民党の大きな支持母体です。遺族会の票は俺が貰った。
○小泉政権の後継者
  小泉首相の政策を踏襲することを暗に示しています。小泉政権を
  支えた人たちの支持を集めやすくなります。

私は、上記3要素全部か、またはその一部であると思っております。

Q注文住宅の相場はいくらくらいですか?

大和ハウスさんのホームページのTOPに載っている様な家は大体いくらくらいですか?
注文住宅を建てようと思ったらいくらを目標に貯めますか?
年収は関係なく4人がゆったり暮らせる家の広さと大体の値段を教えて下さいっ!

Aベストアンサー

#2です。

A#2で書いた普通の木造住宅で平均的な価格で2000万位(これ以上だと一般の人は手が出ない)ですが、これに敷地の土地を入れると倍の4000万~5000万位ですね。都会のマンションでも家族で住む広さだと最低4000万~5000万はするでしょうね。家を建てる土地をすでに所有しているばあいは3000万位以上の家を建てる方が多いかと思います。
土地も場所により価格が相当異なりますのでなんともいえません。
ただ災害にあいやすい低地や傾斜地、がけ崩れの恐れのある土地、産廃物埋立地、工場跡地などは避けたいですね。

僕の場合は、家に2000万強、土地が3000万弱で合計5000万位でしたね。
(親名義の農地を売ったため親の1000万分の親の共有名義を入れています。)

大体のローンを借りる金額は目安は年収の5倍までといわれています。
家と住宅はローンの抵当にいれることがローンを借りる条件になります。
しかし、余り目一杯借りると毎月の返済額が増加しますので大変ですね。
僕の場合は本来の勤務の給料の他に副業をして稼ぎましたし、妻も子育てが一段落したら勤めにでて繰上げ返済をしました。
今の社会状況では、不況で会社都合でリストラされたり、事故・病気で毎月の返済が滞って、家が競売に掛けられ家を失うだけでなく、ローンの借金額が1000万以上抱え込む世帯がかなりでています。
今の経済不況もアメリカのサブプライムローンの焦げ付き(返済能力のない人々に住宅ローンを大量に貸し出してそれが不良債権化した)が原因ですね。
収入が安定している間に繰り上げ返済して早めに完済したいですね。ローン返済の期間満期の25年後にリストラされずに、事故や病気にならない保障などないですから。。。返済が破綻すれば、家と住む場所を失い、謝金だけが重くのしかかりますので、健康と事故には十分注意したいですね。

#2です。

A#2で書いた普通の木造住宅で平均的な価格で2000万位(これ以上だと一般の人は手が出ない)ですが、これに敷地の土地を入れると倍の4000万~5000万位ですね。都会のマンションでも家族で住む広さだと最低4000万~5000万はするでしょうね。家を建てる土地をすでに所有しているばあいは3000万位以上の家を建てる方が多いかと思います。
土地も場所により価格が相当異なりますのでなんともいえません。
ただ災害にあいやすい低地や傾斜地、がけ崩れの恐れのある土地、産廃物埋立地、工場跡地などは避け...続きを読む

Q右翼?保守?

恥ずかしながら保守と右翼の思想の違いがわかりません。例えば自民党なんかは嫌いな人は右翼政党って決めつける人もいますよね。でも私は自民党は保守系?だと思ってきました。というより区別があんまりつかないからかもしれません(笑)。というわけでどういうことが右翼で、どういうことが保守なのかどなたか違いをお教え下さい。考え方が偏っている方はどうしても偏った回答しか出来ないかもしれないので(ごめんなさい)、中間に立って冷静に回答できる方々であれば幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 大まかには保守=右翼、革新=左翼で

間違いではありません。ただ現代の政治

勢力が一昔前とちがって国会議員の大半

が政党名は違っても保守勢力ばかりなので

わかりにくくなったのでしょうね。

 少し言葉を説明します。貴兄がどの程度

の知識をおもちなのかわからないので釈迦に

説法ならば苦笑して許してください。

 <保守・革新>

 文字通りの意味で、保守は現行制度を守り

保つ意味です。政党でいえば元々は自民党で

す。他の多くの政党も自民党から派生したの

で保守です。けれど自民以外の政党は自らを

保守とは言いません。だって国民の大半が現

行の社会をこのままで良いとは思わなくなって

いますから。一例をあげれば「維新の会」は

首相の安倍氏につながる保守メンバーですが

まるで新しい政治と社会をつくるかのような

主張をしています。

 対して革新は新しく作りかえること。これは

一昔前なら社会党と共産党を指す言葉として、

国民全体に広く承認された言葉でした。ざっく

ばらんに言えば社会主義をめざす政党です。

 つまり保守とは自由主義・資本主義の社会体制

を保とうとする勢力、革新とは社会主義を生み出

そうとする勢力です。

(間にたつ中道という言葉もあります。公明党

などは自らを中道主義と表現するようです。)

 現代、この言葉がぴんとこなくなったのは、

保守勢力が「憲法改正・国防軍創設」などを言い

新しい日本をめざすかのような事を主張するのに

共産や社民が「護憲・戦争反対」などと現状を

変えまいとするからですが、これは日本の国を

戦争前の体制に戻したいと考える勢力の声が、

ずいぶんと大きくなり革新勢力が押しつぶされて

きたからです。

<右翼と左翼>

この言葉は1789年フランス革命でできた言葉です。

革命で創設された国民議会の議場に、議長席から

見て右側(右翼)ルイ16世死刑に反対する穏健派が

左側(左翼)に処刑し共和国を作ろうとする急進派

が占めたことからできました。

 時は流れて、右翼は君主制の国家を賛美する思想

を唱えるのが主な勢力です。左翼は国民主権・社会

主義を唱えます。どちらも考えに幅があり、右翼でも

天皇を賛美せずにアメリカと同盟(実際は子分)して、

中国・朝鮮(含む韓国)をやっつけようとする勢力あり

左翼でもどんな方法でどんな社会をつくるかで意見は

異なります。

※ で、お尋ねの保守と右翼の違いですが、

考え方や人脈ではつながり共通する部分大きいですが

違いをあげると

 保守)「保守本流」という言葉を自民党は使います。

つまり、この言葉は自民党と同調する勢力をさします。

 右翼)天皇を元首とする国家を理想とし活動人々。

自民党内の3勢力の1つであり、自民の外にも武闘派

と称されるちょっと怖いグループまである。

(ちなみに現在、日本の保守勢力は3通り。

(1) 天皇を元首に戦争前の体制・考えを理想とする人々

(2) 現行の社会を小幅で手直ししながら続けようとする人々)

(3) 「新自由主義経済」「グローバル化」など言い、アメリカ

 を中心とする世界づくりをめざす人々 )

 大まかには保守=右翼、革新=左翼で

間違いではありません。ただ現代の政治

勢力が一昔前とちがって国会議員の大半

が政党名は違っても保守勢力ばかりなので

わかりにくくなったのでしょうね。

 少し言葉を説明します。貴兄がどの程度

の知識をおもちなのかわからないので釈迦に

説法ならば苦笑して許してください。

 <保守・革新>

 文字通りの意味で、保守は現行制度を守り

保つ意味です。政党でいえば元々は自民党で

す。他の多くの政党も自民党から派生したの

で保守です。けれど自民以外...続きを読む

Qなぜ国会議員は靖国へ参拝するのか?

今日(23日)のお昼のニュースで168名の国会議員が靖国神社を参拝するというニュースを目にしました。

「また参拝したんだ」「いろいろ文句言われるのにな~」と
少し他人事のように感じていましたが、ふと思ったことがあります。

日本の政治家は国内向けにも国外向けにも強い発言・行動があまりできない印象があり、
穏便にことを進めたいようなところがあると思います。
その日本の国会議員がこと靖国参拝に関してはリスキーな行動をとるのかが少し理解ができません。

「マスコミの前ではなく、個人的に静かに参拝するというスタイルでも良いのでは?」とも思います。

また公務時間内に行くというのは一般市民が初詣の行くように「今年も○○神社に行って、
一年間の幸せを祈ろう。」「良いことがありまうように!」みたいな感覚とは当然別物であり、
政治的な意図があると感じます。

批判をうける覚悟で政治家が靖国参拝をする真意・意図がお分かりになる方がいたら教えてください!

お願いします!

Aベストアンサー

議論、討論の場では無いと言う事で最後に致しますが、、
>前提として国会議員に靖国参拝を願う支持者が多いのか少ないのかというところは疑問を残すところであります。
・この疑問の答えは次回選挙結果で判断するのが妥当だと思います。

>また、事実168名の議員が賛否両論あるなか参拝をマスコミの前でするという結果をみると
票数以外にも他の関係性があるようにも感じられます。

・これこそマスコミメディア効果、有力支持者達への効率良い選挙活動(政治活動でしょうか)と捉えて良いのではないでしょうか。


私事ですが、その昔上京の際に一度だけ靖国を参拝させて頂きました。
戦争を知らない世代ですが、精神がピーンと張りつめ背筋の伸びる想いが致しました。
最後に質問者氏が靖国を否定されていない方である事が幸いに思います。


人気Q&Aランキング