はじめまして、こんにちは。
僕は理系の大学に通う3年生です。理系出身者が企業でする(できる)仕事とは具体的にどのような作業をするのでしょうか?大学での学問とどのような差があるのか、なかなか具体的なイメージが浮かばないのです。

また基礎研究、応用研究などの言葉を耳にしたことがあるのですが会社内での理系職種(部門?)はどのように分類されているのでしょうか?
学部卒、修士卒や大学時に専攻していた分野、その習熟度レベル、企業の業務内容などの条件によっていろいろと違ってくると予想されますができるだけ幅広いご回答をいただけたらとおもいます。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

以下、私の会社の例です。



研究・技術部門は大きく分けて三種類あります。

1)中央研究所(全社で一つ)
ここでは「10年後に製品化できれば良い」くらいの気持ちで、かなり基礎的な研究を進めています。
当然、現在売っている製品とは全く異なる分野についても研究しています。
学会発表や論文についても評価対象になります。

2)工場(事業所)付き技術部(各工場ごとに一つ)
ここではその工場での新製品を開発しています。
製品については、中央研究所から降りてくる場合と工場で決める場合とがありますが、製品化時期は数年以内が目処です。
当然、特性,市場性,原価等が問われます。

3)製造部署付け技術部(製造部署ごとにひとつ)
ここでは主に既製品の改良を行っています。
メンバーは、専属もいれば製品を作りながら進めている人もいます。

ただし実際には、1の人と2の人とが共同でプロジェクトを進めたり、2と3とで共同で製品を開発。改良したりしているので、実際の仕事内容ははっきりと線は引けません。

以上、ご参考に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
上記の部門を意識しつつこれから具体的に企業をみていきたいと思います。

またこれまで答えてくださった方々、ありがとうございます。
大変参考になりました。

お礼日時:2001/10/02 18:16

ごく具体的かつ卑近な例をあげましょう。



私は大学院で原子力工学専攻、核融合関連の研究をし工学修士号を取得しました。10年ほど前のことです。

いまは、まるきり原子力業界とは違う計測機器メーカーで装置の開発・・・という名目で、市場調査、開発目標(仕様や価格)の検討立案、基礎実験、図面かき、試作、組み立て、性能テスト、原価計算、生産性向上の検討、営業資料の作成、顧客への売り込み説明、納入後トラブルの対応、などをやっています。

要するに何でも屋ですね。他部門でできないことを何でもするのが技術部門です。

専攻した分野ではなく、学生時代に聞きかじった程度の一般的な科学的または工学的知識のほうがはるかに役に立っています。

以上、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

MiJunです。


>自分がどのような職業につきたいか、とはいわゆる「やりたいこと探し」なのでしょうか。

そのような意味(?)では「やりたいこと探し」ではないでしょうか?
一昔(二昔?)前と違って、就職感(あるいは職業感)が変わってきていて、「就社」という考えを持つ人は少なくなってきていると思います。しかし、個人で起業するのでなければ(個人で起業しても同様の問題には遭遇するでしょうが・・?)短いか長いかは個人差ががあるかもしれませんが、ある一つの会社(業種)に就職するのですから、好きなこと、興味を持つことに関われるような職業(会社)を選ぶべきではと考えますが・・・?
(もちろん何年か勤めた後に、転職しても起業しても良いのですが。)

それと、好きなこと(例えば趣味)をするために会社勤めをしてお金を稼ぐという人(考え)もありますよね?
(個人的には違いますが)
それはそれで個人の価値観ですから・・・。

>研究職と技術職とはどのように違うのでしょうか?
会社(業種)によっても異なるでしょうが、極端な例(?)を言えば、理系でも営業担当(SE、MR等)もありますよね?

>前者が基礎研究、後者が応用、開発といった具合でしょうか?
応用研究も研究職もあるのでは・・・。
会社によって異なるのではないでしょうか?

今一つ「研究職」・「技術職」に拘っている(?)のか、質問の意図が分からないのですが・・・?

蛇足ですが、最近友人と話題になったことですが、研究職で修士で入ってきても「使い物」にならないとか(全てではありませんが・・)??
近頃は大学院への進学率の高くなって・・・・?

補足お願いします。

この回答への補足

すいません、説明不足でした。
僕が思っていたのは世間一般でいわれている「研究職」と「技術職」には「職」で分かれてしまうほど仕事内容が違うのだろうか、ということです。
ただ言葉の問題なのですが、おっしゃっているように会社や業種によってこの二つの言葉に定義される仕事内容はさまざまですよね。
もちろん理系の職種といっても広範囲にわたるので「~職」ときっちり分けられるものではないと、前にご指摘をうけましたので、そのところをよく踏まえないといけなかったです。

補足日時:2001/09/28 09:58
    • good
    • 0

まず、学部卒と修士卒での・・・という質問ですが「理系」で「研究職」を希望される方は、おそらくほとんどが学士課程を卒業されてるでしょう?


ということは、企業の中ですこしでもある希望の仕事をもらうのに優位的なのはやっぱり、修士さらには博士課程を出ているほうが「希望の仕事」つまり自分の専門分野に近いところにいけると思います。学士の方と修士の方があるテーマを取り合いになったら修士の方に有利だと思います。

もっとも最近は企業の研究所の場合、ピンポイントで優秀な人材を派遣研究員という形で補って研究もされてます。そういった方々のセールスポイントはやっぱり、博士課程を出てるとか、留学されているとか、論文の数とかです。同社の社員だけでなくこういった方々と対等に研究をしていくにはそれなりの自信が必要になると思いますよ。私の知っている限りでは研究職は学歴です(きゃー、言っちゃった!)。。皆さんのところはどうでしょうか・・・。

企業での仕事の具体的イメージというと・・・。上記のように希望課題が自分ではいかんともしがたいところが出てきます。しかも企業の取り組み方というのは、基本的に投資した金額にどれだけの儲けがあるかです。研究として魅力があっても、儲けがなければやめなくてはならないことが多くあります。純粋に研究というに没頭できないこともあるので、その辺が学校と違うところでしょうか。いろんな人と仕事をするので人間関係も結構仕事のうちかも。

えっと、後なんでしたっけ・。基礎研究は、イメージ的にすぐには儲けられないような研究かな。特許とかがメインの仕事って感じ。応用研究はその基礎研究を利用して新しい技術を作るって感じかな。この辺はほかの人も意見を参考にしてください。すんません。


という私はある企業の研究所に勤めてたりします。そして・・・。大学は出てなかったりして・・・。へへへ。会社へ出て社会の厳しさ痛感中です!大学3年生とのことたくさんの人の意見を聞いてじっくり考えてください。これからよぼよぼになるまで仕事するのだから!
    • good
    • 0

会社にもよるでしょうが、研究職は修士あるいは博士がメインではないでしょうか(勿論学卒もいるでしょうが)?



大学特に学部・修士等で研究したことが就職した企業で直接役立つのはほとんどないのではないでしょうか?
たまたま所属した研究室と就職する企業が共同研究等で繋がりがある場合は別ですが・・・。

まず、ご自分がどのような職業につきたいのか明確にするのが先ではないでしょうか?

大学等で学んだことはほとんど役に立たないと思った方が良いと考えてください。
勿論、基本的な考え方(思考方法)・調査方法等に関しては一部役に立つかもしれませんが、就職してOJT(On the Job Training)で習得するものです。さらに、自己啓発で学んで行くものです!

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
自分がどのような職業につきたいか、とはいわゆる「やりたいこと探し」なのでしょうか。それともそんなレベルのことではないのでしょうか?
僕は本当に自分がやりたいことなんて何一つないのではないかと考えているのですが、これは職業とかとはまったく違う次元のはなしですよね。。
といっても僕の場合単に職業に対する自覚が全然甘く、色々な考え方もあまあまなのですが・・

話がそれてしまってすいません。
MiJunさんは経験者ということですが、研究職と技術職とはどのように違うのでしょうか?
前者が基礎研究、後者が応用、開発といった具合でしょうか?

お礼日時:2001/09/27 15:08

まず自分の適性を分析しておくべきです。


理系の職場は幅広く理系だけでは何も分かりません。対象を私企業に絞った場合、
次のような職場が考えられます。

1.中央研究所で基礎研究に従事する
2.事業部、工場付属の研究所で応用、商品化研究に従事する
3.海外の子会社、研究所に勤務する
4.商社の輸入部門、営業部門(商品が専門的で文系社員では重荷の部門)
5.一般事務職(営業)専門知識は必ずしも生かされない。

大学の先輩がどのような会社でどのような職種で働いているか調べ、2-3の先輩を職場に訪ね、自分がどのような分野に向いているか参考にしては如何ですか。
学力、性格、専門分野などによって異なるので自分で動いて適した職場を探しアタックするしかないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
社会人の方に実際にアタックして情報を集めていきたいと思います。

お礼日時:2001/09/27 14:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q理系の職業で・・・

今、高校2年生の者です。1年から2年にあがるときに文理選択で理系を選択しました。理由は、職業の幅が広がると聞いたからです。しかし、理系でしたい職業がなかなか見つかりません。

ここで質問です。
自分は、出来たら国際的に活躍したいと考えています。理系で国際的に活躍できる職業はあるのでしょうか?また、えできればその職業の長所、短所を教えてください。

Aベストアンサー

「理系でしたい職業がなかなか見つかりません」とのことですが、文系ならあるのでしょうか?
もしそうであれば、高校が理系クラスでも、大学は文系の学部を受験してもいいと思います。
数学は得意ですか?入試のこと(だけ)を考えれば、入試科目に数学がある大学を受験すれば、圧倒的に有利です。(基本的な問題が多いにもかかわらず、ほとんどできない受験生も少なくない)

Q社会科学系の研究について(修士論文)

社会科学系の修士論文は、普通はどのくらいの文献を参照するものでしょうか?

「普通」の定義は、博士につながる視点で、まぁ及第点かな、くらいの水準を想定しています。

できれば、次の2点をご回答いただける有難いです。
(1)きちんと通読する文献数の目安。(参考文献リストで提示する文献の中で)
(2)参考文献リストに提示しない、文献数の目安。

分野など曖昧な質問ですので、ざっくりしたお答えで結構です。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

他人と比べしっかりやった私の場合ですが
(1)きちんと通読する文献数の目安。(参考文献リストで提示する文献の中で)
30は通読し、部分参照も30くらいは引いたので提示した数は60くらいですね。

(2)参考文献リストに提示しない、文献数の目安。
こちらは具体的な数字は覚えていないのですが、
参考文献の参考文献、その参考文献の参考文献と見ていったことが多々あったので、
けっこう読んでましたね

参考になるかわかりませんが、こんなもんです

Q文系・理系 のその後の職業

私は高校一年生で、9月ごろに理系か文系か
選択するのです。
でもまだ迷っていて、
文系に進んだ人のその後の職業(弁護士とか?)
また理系に進んだ人のその後の職業(建築士とか?)
いろいろ本当に沢山の種類があると思うんですけど、
私は上の弁護士、建築士 以外の分類が
わかりません。

よろしければ代表的な職業をそれぞれ
教えていただけると嬉しいです(*^_^*)
またここのHPに詳しくのっているよ!
でもぜんぜんかまいません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 就職する場合と、独立を目指す場合で異なりますが、No3の方がおっしゃるように、卒業して大部分がサラリードワーカーになります。
 
 就職した場合、文系では、総務、人事、経理、公報等で活躍するケースが多いようです。理系では、技術、研究開発、最近では、金融工学の分野で活躍される方もめずらしくありません。

 独立するケースでは、文系であれば、弁護士、公認会計士、理系であれば医師、技術士等です。これらの士業についても、家が既に開業している以外はたいてい、1度就職し、修行してから独立というケースが多いようです。

<文系の場合>

・弁護士
・弁理士
・司法書士
・行政書士
・フィナンシャルプランナー
・証券アナリスト
・不動産鑑定士
・公認会計士
・税理士
・日商簿記
・中小企業診断士
・情報処理技術者
・宅建
・公務員
・教師

<理系の場合>

・技術士
・建築士
・情報処理技術者
・公務員
・医師
・教師

 参考までに、私は文系出身で、情報処理技術者として、社内SEをしています。ソフトウエア工学的な知識も要求される分野ですが、業務仕様の定義や、マネージメント能力も要求される為、文理分けがたい職種だと思います。

参考URL:http://www.keikotomanabu.net/school/a10-010_0004.html

 就職する場合と、独立を目指す場合で異なりますが、No3の方がおっしゃるように、卒業して大部分がサラリードワーカーになります。
 
 就職した場合、文系では、総務、人事、経理、公報等で活躍するケースが多いようです。理系では、技術、研究開発、最近では、金融工学の分野で活躍される方もめずらしくありません。

 独立するケースでは、文系であれば、弁護士、公認会計士、理系であれば医師、技術士等です。これらの士業についても、家が既に開業している以外はたいてい、1度就職し、修行してから独...続きを読む

Q高3理系です 早稲田の経営システム工学科志望です 大学ではサークルやバイトなどをしたいのですが具体的

高3理系です
早稲田の経営システム工学科志望です
大学ではサークルやバイトなどをしたいのですが具体的な時間割が知りたいです
だいたいどんな感じなのでしょうか
また、どのくらい忙しいのかも知りたいです

Aベストアンサー

あんまり参考にならないかもですが、今の時期ならマイルストーンというのが大学キャンパス内で販売されてるはずなので、こちらを購入してみてはいかがでしょうか。これを読めば、どの教授の単位がとりやすいとか、内容がつまらんとか詳細な情報が入手できますよ。非常に面白いです!笑
でも基本的に理系の人はとにかく研究研究で忙しそうだったイメージがありますねぇ。受験合格できるといいですね!!応援しています!

Q理系を選択した高校1年生です。プレゼンをしてみて得意だと感じ、プレゼン能力を生かした職業につきたいと

理系を選択した高校1年生です。プレゼンをしてみて得意だと感じ、プレゼン能力を生かした職業につきたいと思います。

理系を選択してるので無謀でしょうか。
もし無謀でなければ、何の学科に入り、どういった職業を選択したら良いのか教えて下さい

Aベストアンサー

どんなにプレゼンが得意でも、ネタがしょぼければ意味ないですから、勉強して自分の得意な分野を作ってください。

Q理系研究の入門的な本

 質問させてください。

 理系(生物・バイオ寄り)の大学生です。
 今はまだ座学の講義が主ですが、2年後には研究室に配属され研究に触れることになります。
 最近はうっすらと、研究者の道を意識し始め、大学院も考えています。

 そこで、研究に携わるにあたって、おすすめの本を紹介してもらえたら嬉しいです。

 もちろん、自分で研究室訪問や、先生方のお話を聞くことも大切だと思います。
 しかし、みなさんから紹介してもらった本でも、何か掴めればと考えております。

 どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問に対する回答とはそれるかもしれませんが・・・・。
研究室でしてたことと言えば
・実験
・それに必要な実験方法を調べた
・関連する論文を読んだ
・実験ノートを付けた
・英語論文紹介をした
・研究内容をPPでプレゼンした
これらに関する本を探して読めばいいと思います
で、実践できるものは実践すれば・・・、です
一様、参考URL
http://www.bioreg.kyushu-u.ac.jp/saibou/qanda.html#p5

Q世界で活躍できる理系の職業

私は将来、理系の仕事で世界で活躍したいと思っています。例えばどのような職業がありますか?

Aベストアンサー

科学者・医学者・医師・弁理士などが有名なところではないですかね。
学者であれば、世界的な研究等に携わることとなれば、世界的な活躍で証。
医師もゴッドハンドなどと言われる医師になれば、日本と同盟だか何だかを結んだ国であれば、海外でも通用する資格ですからね。
弁理士は、国際的な特許の手続きで、活躍する仕事でもあります。特許の多くは理系の知識が必要なものでしょう。しかし、国際法務という点でいえば、法学ですから文系ともいえ、両面的な仕事になることでしょうね。

どれも、難しいお仕事だと思います。

Q理系大学院での研究の進め方について

今、理系の学部生で大学院に進学することが決まっています。
大学院がどういうところなのかは理解しているつもりですが、正直自分がこなしていけるか少々不安です。
研究には真面目に取り組みたいと考えているのですが。

そこで質問なのですが、大学院生の方はみんなどのように研究を進めているのでしょうか?
研究って何か新しいことをやらなきゃいけないイメージがあるのですが、そういう発想ってやっぱり自分で思いつかなきゃいけないのでしょうか?
私は発想力が乏しいため、研究をうまくこなしていけるか不安です。

大学院生や経験者の方、よろしければ、回答お願いします。

Aベストアンサー

 大学院を卒業してそれなりに年数が経ちますが、私のいた研究室では教授がトップでその下が助教授(今の准教)、助手(今の助教)、ドクターがおり、その下にマスター、そしてその下に学部生という構図でした。ネズミ算の図を想像してもらえるといいかな。

 研究室でのテーマはだいたい決まっていませんか?企業や他大学との共同研究という場合もあるし、余り突拍子も無いテーマをやりたいですと言われても採用されないというか、指導する人がいない(それだけ暇な人がいない)。

 ただし、研究室や研究分野によって、その辺りの考え方が全く違うので一概には言えませんけどね。
 同じ専攻でも、研究室が違うと院生の生活も違うということは珍しくありません(A研究室は夏休みはお盆くらいだけど、B研究室では週2日くらいしか出てこないとか)。

 4年生ならば、今 近くにいる院生がどのような生活をしているか見るのが一番ですね。
 あと、貴方の卒論のテーマをどのようにして選んだか(教授から「君はこのテーマだから」と言われたかどうか)。

 卒業研究から修士論文のテーマが大きく変わったという人は、私の周りでは聞かなかったな。手法が変わったとか、もっと特化した研究になったということはあったけど。
 その手法でも、どのように攻めていくかというところは院生の考えを求められるかな(こう攻める方が答えを得やすいけど、細かいところはわからない。けど、こう攻めると正確だけどエラーを起こしやすいからどうしようとか)。あとはお金と時間の兼ね合い。そこは上の人と話し合って決定していました。

 テーマだけでなく、論文を仕上げるには想像力が必要になると思うのですが(だって、答えがないから研究しているんでしょ?答えがわかっていることならそれは例題でしかない)、頑張ってください。
 まぁ、答えがはっきりしないことだから苦しむんですけどね(;_:)

 大学院を卒業してそれなりに年数が経ちますが、私のいた研究室では教授がトップでその下が助教授(今の准教)、助手(今の助教)、ドクターがおり、その下にマスター、そしてその下に学部生という構図でした。ネズミ算の図を想像してもらえるといいかな。

 研究室でのテーマはだいたい決まっていませんか?企業や他大学との共同研究という場合もあるし、余り突拍子も無いテーマをやりたいですと言われても採用されないというか、指導する人がいない(それだけ暇な人がいない)。

 ただし、研究室や研究...続きを読む

Q理系、職業や大学

今高1の女子です


先日、学校の方に、
新2年生コース選択予備調査という紙を提出しました、
コースは3つで
*内部進学(付属大学は文系です)
*外部文系
*理系
となってます


私は中3のとき数学を教えてもらっていた先生の影響で
数学がすきになり
生物も好きだったので

理系に進むことをきめました


一応、
数学の定期テストでは
100点とか90点以上はとれています
予備校にも9月からかよっています
(ちなみに英数)


高校入り初めの頃は
数学の教師になりたかったのですが..

母には
少子高齢化が進んでるから教師になっても
学校に勤められない
といわれ、半ば諦めています


美術やデザイン、細かい作業が好きなので
建築家という考えも
出たのですが

物理が苦手なので悩んでいます..




質問内容は..


*理系の職業
あまり分からないので沢山だしてほしいです
医者以外

*建築関係の職業について

*教師にはならない方がよいのか

*これからの時代必要とされる職業

*細かい作業が重要な職業


が聞きたいです




12月の初めに
進路本調査の紙を提出しなければなりません
今のうちに
しっかりと自分の将来を考えたいです


よろしくお願いいたします

今高1の女子です


先日、学校の方に、
新2年生コース選択予備調査という紙を提出しました、
コースは3つで
*内部進学(付属大学は文系です)
*外部文系
*理系
となってます


私は中3のとき数学を教えてもらっていた先生の影響で
数学がすきになり
生物も好きだったので

理系に進むことをきめました


一応、
数学の定期テストでは
100点とか90点以上はとれています
予備校にも9月からかよっています
(ちなみに英数)


高校入り初めの頃は
数学の教師になりたかったのですが.....続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

数学が得意というのは、苦手だった者からみるとうらやましいですね。私見ですが、数学というのは努力だけで身につくものとは思えないので。
数学者は皆、若い時に才能を発揮する人が多いですよね?
あなたが数学で、先生からも評価されるような人なら、才能があるのかもしれません。

職業ですが、例えば経済学や金融関係の仕事には、数学知識が必要なものも多くあります。統計や確率などは、この分野では必要です。

生物がお好きなら、化学、薬学、農学の分野もあります。化学、農学は化学、製薬、食品メーカーなどに就職する人が多いでしょうかね。
薬学(6年です)は、病院や薬局の薬剤師が多いみたいです。

まだ大学受験までは時間があると思いますから、まずは得意な分野をしっかり磨いてください。
教師ももちろん、立派な職業だと思いますよ。

あくまで参考です。がんばってください。

Qポスドクの年齢制限が気にかかる26歳理系研究者志望大学2年生です。

ポスドクの年齢制限が気にかかる26歳理系研究者志望大学2年生です。

人生再チャレンジということで研究者を目指すことにして、現役の人とは7年遅れて大学受験し偏差値60程度の大学に入学しました。今から研究者を目指す場合民間企業への就職は年齢的に閉ざされていることは心得ています。それなので自分が目指すのはアカデミックポストということになると思います。また教授までの道のりが実力と運とコネがないと途中で閉ざされてしまう過酷なコースであることも情報不足ですが聞いてはいます。

それで質問なのですが、博士課程を無事卒業してもその後のポスドクの35歳年齢に引っ掛かりそこで研究生活を断念する事態にならないか不安なんです。努力を惜しまない意気込みと金銭的余裕は幸運にも自分の胸の内にあるのですが、ポスドクになれなかったら研究者として修業を積む場も与えられないばかりか業績を積み上げる時間も取れないのではないかと普通に考えると思うわけなのです。それでは博士号を取って即助教に採用される以外に研究者として生き残れる方法はないということになるのでしょうか。その一度のチャンスを逃せばもう研究者ちして生き残れる見込みはなく他の職(フリーターぐらいしかないかな?)を探すしかないということになるのでしょうか。それから助教にも年齢制限はあるんでしょうか。

また海外のポスドクは年齢制限が日本より緩いということも情報として見知っています。しかしこれは具体的に何歳までなら採用してもらえるのでしょうか。


何にせよまだ大学2年生なので今から研究者になるべく最大限の努力をしたいと思っています。研究者になる率を上げるためにできるだけのことはしたいのです。もう年齢的に後がありませんし、アドバイスどうぞよろしくお願いします。

ポスドクの年齢制限が気にかかる26歳理系研究者志望大学2年生です。

人生再チャレンジということで研究者を目指すことにして、現役の人とは7年遅れて大学受験し偏差値60程度の大学に入学しました。今から研究者を目指す場合民間企業への就職は年齢的に閉ざされていることは心得ています。それなので自分が目指すのはアカデミックポストということになると思います。また教授までの道のりが実力と運とコネがないと途中で閉ざされてしまう過酷なコースであることも情報不足ですが聞いてはいます。

それで質問な...続きを読む

Aベストアンサー

幸運にも私は研究者として食いつなぐとこが出来ましたが、その経験から言うと、研究者志望とは芸術家志望と同じ意気込みと覚悟がいると考えています。確かに大学関係では先生方には教育者の役割もあり、その点、初等中等教育者と似たような時間給としての責務もあるので、一般の職業と同じように年齢にこだわる機関もあるでしょう。しかし、研究者の役割は、芸術家と同じように創造性あるいは生産性であり、年齢にこだわるのは本当は筋違いです。

要は、貴方がどれだけ必死で研究者になりたいのか、また、貴方の性格が研究者に向いているのか、研究生活さえ送れたら他の生活の様々な便宜を犠牲にするだけの覚悟があるのか、そして、芸術家と同じように、たとえ一生恵まれなくても、その創造的営みの行為だけで恍惚としていられる性格なのかどうかが一番の決め手になるようです。それだけの覚悟があれば、後は常識的な生き様にこだわることなく、日本国内ばかりでなく世界中でのあらゆる可能性を探って道を開く努力をし、後は天命を俟つ、という人生もあります。

勿論、それが成功するか失敗するかは他のあらゆる人間の営みと同じで、何の保証もなく、本質的には運が全てを決めてしまいます。しかし、その運命に身を任せる覚悟があるのなら、そして外国で武者修行をやる覚悟があるのなら、貴方の創造性を示すのに一流大学出であるか二流大学出であるかが全く関係ないことは、やはり芸術家と同じです。

さて、研究者向きの性格について触れておきます。当たり前のことですが、一般に研究者が世間から評価されるにはそれなりの理由があるからです。その理由とは、本当の意味で重要な研究成果を出すことは至難の業だからです。誰がやっても簡単に答えが出せるようだったら、誰も評価はしてくれません。研究生活では、ほとんどの場合巧く行かないからこそ、巧く行った成果を出した方が大変な評価を受けるのです。研究生活では十中八九は失敗作か、あるいは巧く行ったとしても、もどうでも良い成果ばかりなのです。そんな営みを日々繰り返していると、ほとんどの方は自信を失ってしまうはずです。それを乗り越えるためには、その方は他から見ていて馬鹿か無責任とも思えるくらいの楽天的な性格が要求されます。別な言い方をすると、人生を慎重に考え、将来のことを前もってどうこうと考えているような方には研究生活は向いていません。くどいですが、芸術家のように、そして子供のように無邪気に恍惚と出来るような性格の方でないと、ただただ苦しい思いをすることになるでしょう。

もう一つのアドバイスは、本気で研究者になる覚悟を決めたら、博士課程か、あるいはそれを修了した出来るだけ早い時期に世界に飛び出し、世界の超一流の先生のところで武者修行することです。そのような方々が、どれくらい世間一般の常識人と比べて人生に対する考え方やものの打ち込み方に関して常軌を逸しているかを、実際に自分の目で見て体で感じて来る必要があります。

また、私の見て来た所では、その先生が一流であれば一流である程、新参者の学歴や成績よりもその意気込みに興味を持ち、また、その先生は金銭的な余裕もあるので、超一流でない先生よりも簡単に貴方を受け入れてくれるようです。もちろん、そんな超一流の先生のところには世界中から野心のある若者達が押し掛けてくるので、意外に簡単に受け入れたとは言え、その後その中で生き残るには大変な努力が必要です。しかし、たとえ早い段階で追い出されたとしても、そんな凄い先生の所にいたという事実がその後の就職の時に役に立つこともありますので、その武者修行はしておいて損はないようです。

私は良く若い研究者を指導する時に、「研究の成果は、出せるか出せないかではない。血の涙を流しながらでも石に齧り付きながらでも出す、それ以外に結果は出て来ないのだ」と大げさなことを言っております。

どんな分野でも結局同じ結論に到達するようです。すなわち、人事を尽くして天命を俟つ。
ご幸運を祈ります。

幸運にも私は研究者として食いつなぐとこが出来ましたが、その経験から言うと、研究者志望とは芸術家志望と同じ意気込みと覚悟がいると考えています。確かに大学関係では先生方には教育者の役割もあり、その点、初等中等教育者と似たような時間給としての責務もあるので、一般の職業と同じように年齢にこだわる機関もあるでしょう。しかし、研究者の役割は、芸術家と同じように創造性あるいは生産性であり、年齢にこだわるのは本当は筋違いです。

要は、貴方がどれだけ必死で研究者になりたいのか、また、貴方の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報