学校の運動場には、なぜ粒粒の塩化カルシウムをまくんですか?
たぶん化学に関係すると思うのですが。

A 回答 (5件)

anisolさんのいうように、塩カルが潮解性を持つため、土の中の湿り気を一定以上に保ちます。


46827391さんは、子供の頃、ドロ団子を作ったことありませんか?乾いた砂では固まりませんが、湿った砂なら形を作ることが出来ます。これと同じことで、地面を固めることができます。また、雪国では凍結防止のために塩カルを撒きます。これは、塩カルを撒くことによって融点を下げて凍結しにくくするためですが、グランドでも同じことを期待しているのかは?
粒状なのは、取扱が容易なためです。(粉状だと、表面積が大きいため湿気をすいやすく、むらなく撒くのは難しいし、誤って吸い込む恐れもあります。)
なお、塩カルは一応人体には無害ですが、植物の成長に悪影響を与えたり、車などの金属の腐食を早めるため、より環境に優しいといわれる塩化マグネシウムが使われることもあるようです。
    • good
    • 1

塩化カルシウムには「潮解性」、つまり空気中の水分を引き付けてその中に溶けて液状になる性質があります。

押し入れ用の乾燥剤に使われていますね。この性質によって土が湿り気をおびてpapillonさんのおっしゃるように防塵になります。また塩化カルシウムは水の凝固点を下げるので、これもpapillonさんの回答の通り、凍結防止になります。

これらの性質は塩化カルシウムに限りませんが、アンモニアソーダ法によって炭酸ナトリウムを作るとき、大量に複生する塩化カルシウムが安価で最適です。粒状なのは工業用の塩化カルシウムはこの形が多いためでしょう。噴霧乾燥で製造しているのではないでしょうか。あとはフレーク状もあるようです。
    • good
    • 0

 学校ではありませんが,私が行っていたテニス場では土のテニスコートでは,塩化カルシウム(ニガリ?)を撒いて,路盤を固めます。

ローラーをかけるだけでは,きちんと固まらないためと思います。
 豆腐を作る時にも,豆乳にニガリを入れて固めますよね。
 先程の方も書いていますが,除草剤の代わりに撒いたりもしますね。
    • good
    • 0

塩化ナトリウム(食塩)や塩化カリウムは植物を枯らしたり金属を腐食させますよね。


その点、塩化カルシウムは前途の2種類の物質に比較し環境にやさしい。
また、粉末でなく顆粒を使うのは水にすぐ溶けないため。

でしょうか
    • good
    • 0

46827391 さん、こんばんは~☆



> なぜ粒粒の塩化カルシウムをまくんですか?

運動場に散布するのは、「防塵」の為ではないでしょうか。。。

あと、冬季の寒冷地における凍結防止用。


ではでは☆~☆~☆
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水酸化カルシウムと塩化ナトリウム 化学反応式

水酸化カルシウムと塩化ナトリウムを足すと何ができるのでしょうか?

化学反応式を教えていただきたいのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

化学反応はしません。
強いて言うと4種のイオンの混合溶液できます。

Ca(OH)2 + NaCl 
→ Ca2+ + Na+ + 2OH- + Cl-

Q凍結防止剤(塩化ナトリウム、塩化カルシウム)について

 自由研究で凍結防止剤について調べようと思っています。
その中で実験を交えたレポートをつくらなければいけないのですが、一体どのような実験をしていいのかよく分かりません。
なぜ溶けるのかの原理はなんとなくですが理解しているのですが・・・。
どのような実験が説得力があり、まとめに繋がるのでしょうか
??
できれば家庭にあるような道具で実験できるのが理想的です。
教えてください!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

【前文】
 身近にあった凍結防止剤の○○について~~を疑問に思ったので、調べてみた。
【本文】
 疑問を解決するためにこんな実験を行った。
 結果は~~だった。
【結論】
 実験の結果、○○は△△であることが解った。
 ちなみに、□□□では××といった結果が得られており、、、、

レポートのフォーマットはこんな感じでしょうか?
なぜ凍結防止剤について調べようと思ったのか、そこで生じた疑問がなんだったのかをもう一度よく思い出してみましょう。
そこを明確にしてもらわないと、他人はアドバイスのしようがありません。

ANO.1さまの答えをすごーーく優しく言うとそういう事です。

Qアルギン酸ナトリウムと塩化カルシウムの化学反応式を教えて

アルギン酸ナトリウムの化学式を知っている方がいらっしゃれば教えていただけますか。さっきからずっとグーグルで検索しているのですが、実験内容についてはたくさんのヒットが出ますが肝心の反応式が出てきません…COOHのHがNaと入れ替わると書いてあるから、NaCOOH2でいいのですか??

塩化カルシウムとの反応は
NaCOOH2+CaCl2→???アルギン酸カルシウムと…?

文系なので解説はやさしめだと嬉しいです…

Aベストアンサー

文系とおっしゃっているので、絵を捜します。構造はこんなの↓。
http://www.kyosei-ph.co.jp/product/sodiumalginate.htm
構造式はお嫌いでしょうが、我慢してCOONaのところだけ見て下さい。他の部分は「多糖類」と呼ばれている事だけ覚えてね。^o^

こちらの方が「専門的」だ、何しろ国の専門委員会の報告書の抜粋だもんね。部分の名前(D-マンヌロン酸とL-グルロン酸からなるヘテロポリマー)も正確。↓
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2006/03/dl/s0323-9d.pdf
それで、ナトリウム塩の場合はずらずらと長く伸びているんですが、カルシウム塩にするとカルシウムイオンは電荷が2+だもんで、COOの部分が二つカルシウムイオンに近づかねばならなくなる。
するとこの長いのが引っ張られて縮んだりよれたりの大騒動。そのため溶液全体が分子に水が絡まったまま固まりジェリー状になっちゃうのです。
カルシウムだけでなくマグネシウムでもジェリー状になりますよ。

Q融雪剤として使われる塩化ナトリウムと塩化カルシウムの違いは??

よく道路にまかれているこの薬剤について、違いは何なんでしょうか。
お分かりになる方教えてください。

Aベストアンサー

塩化ナトリウムは食塩です、水によく溶け中性です。
氷点降下が高いです、凍結防止剤ですね。
塩化カルシュウムは水に溶けるとアルカリ性です、
発熱もします、だから融雪剤です。
どちらもある程度同じ効果があります。

Q【化学】にがりの代用品として塩は使えるのでしょうか? にがりの主成分は塩化マグネシウムで塩化マグネ

【化学】にがりの代用品として塩は使えるのでしょうか?

にがりの主成分は塩化マグネシウムで塩化マグネシウムといえば塩ですよね?

ということが、お米を炊くときににがりを入れるとご飯にツヤが出て美味しく炊き上がるって、化学的に言えば、炊飯器に塩を入れて炊いても同じようにツヤが出るのでは?

にがりと塩はやっぱり違うもんなんでしょうか。

もしかしてお米のツヤは塩のお陰ではと思いました。

にがり=塩化マグネシウム=塩で沸点が上がって真水より高温になるから美味しく炊けるということでは?

Aベストアンサー

にがりの主成分は確かに塩化マグネシウムで、塩化マグネシウムは化学において「塩(えん)」と言えます。
しかし、普通、「塩(しお)」は塩化ナトリウムのことですね。
従って、塩化マグネシウムはにがりの代用となるのですが、「塩(しお)」をにがりの代用にすることはできません。
それと、食用で売っているものは食べても問題がないのですが、
「塩化マグネシウム」や「塩化ナトリウム」等で薬品として売っているものは、微量の有害物質を含んでいることがあるので注意が必要です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報