最近歯のことは結構気を付けるようになりましたが、歯は逐一磨かないと行けないのですか?
例えば食前、食後、食事中以外の時に飴を舐めたらすぐ磨く、甘いものを飲んだらすぐ磨くとかです。
専門家の方お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは



ppooooさんが言うようにやればベストです。ただなかなか出来ませんよね。
食前は食べ物の味が変わってしまうので必要ないかも。

本来歯には自浄作用があって唾液がその役目を果たします。
よく噛む事で唾液が分泌されて虫歯菌の繁殖をおさえています。

ですからそんなに神経質になる事は無く、食後と寝る前にすれば優等生です。

中には歯質が弱く過度の歯磨きでクサビ状に歯が削れてしまう人もいるので気をつけてください。横にスライドする磨き方をする人で強く当てすぎな為です。

回数を多くすると歯茎のマッサージに有効で歯周病などを予防できます。
ダイエットや禁煙にも効果があります。

人類の祖先である原人達は歯磨きなどしませんでしたがあまり虫歯はありませんでした。肉食中心でその油が歯の表面を被って虫歯にならなかったと言われています。
農耕が始まり安定して食べられる繊維質の多い菜食がその皮膜を取ってしまい、
結果虫歯が増えたようです。

中途半端な磨き方はよくないかもしれませんね。

そんなに磨かないのに虫歯なんて全然ない人がいたり、努力している人がどんどんぼろぼろになっていったりするのをよく見ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
いままでは結構念入りに磨いてましたが、それでも歯垢が結構ついてました。
ご意見を参考にしまして、就寝前に重点的に磨くように代えたいと思います。

お礼日時:2001/10/03 12:02

他の方からもすでにご回答があるようですが、口臭等の問題を別に考えますと


虫歯予防では、一日一回きちんと磨くことができれば問題ないとされています。
きちんと磨くというのは、普通に磨いて15分間、歯医者さんで定期的に
歯磨きの指導を受けている人で5分~10分間ぐらいかかるとされています。

>食事中以外の時に飴を舐めたらすぐ磨く、甘いものを飲んだらすぐ磨くとかです。

食べ物を食べた後、口の中のpHが下がり歯が脱灰(歯が溶ける)します。
そのpHを唾液によって上昇させる(これを緩衝作用といいます)と
脱灰した部分を再石灰化(溶けた部分を再び補修)する自浄能力が
人間には備わっているのですが、食べてすぐ歯磨きをするとその自浄作用が
阻害されるので食後30分以内に歯を磨くことは逆にに良くないという考え方
もあります。
結論としてはあまり神経質にならずに一日一回寝る前にでも丁寧に歯を磨く
習慣をつけてください。
それさえ実行できれば後の歯磨きは口臭の防止や歯についた海苔をとるなど
の意味合いで行う程度で考えても良いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
自浄作用のお話とても参考になります。
ちなみに私は食べたあと大急ぎで磨かなければいけないものと考えてました。

お礼日時:2001/10/03 12:12

すいません、専門家じゃないけどいいですか?



虫歯は虫歯菌の活躍で出来るものなのですが、まれにこの虫歯菌自体が
口の中に存在しない人がいるようです。
なぜなら、生まれたばかりのあかちゃんの口にはいない菌なので・・・
成長過程で母親などの菌を貰ってしまうらしいです。
今まで知り合った人の中で2人いました!まったく虫歯になってない人が!!
(一人は当時50歳台のおじさんで、まったく歯磨きしないそうです。もう一人は当時30歳台で一日2回朝夕磨くそうです。)

また、歯を磨いていても結局歯垢の除去がきちんとできていなければ、
磨いた事にはならないので、歯ブラシで磨く以外にも糸楊枝等での併用が
効果的です。定期的に歯医者さんに行って歯垢を取ってもらったり
初期段階の虫歯ですと薬を塗るだけで進行が止まりますので、定期検診は
かかせません。(半年に一回ぐらい推奨、せめて年に一回は!)

歯垢は歯と歯の隙間や、もともと歯垢がある場所につきやすいです。
実に、食後すぐに虫歯菌の活躍ははじまるそうです。
しかし、通常歯はとても丈夫なので数時間で虫歯になることはありません。
ただし、数時間で進行はします・・つまり、飴などを舐めれば虫歯菌は
大変喜びますが、1から虫歯を作るには時間がありません。
しかし、とっかかりさえ掴めればどんどん進行するってことです。

No1の方が回答されたように、唾液は虫歯菌の繁殖を押さえます。
つまり、夜寝ているときには通常より唾液の分泌がよくないので
虫歯菌は大暴れです(笑)しかも、なかなか長時間ですよね??
ですから、一番気を使わないといけないのは夕食後の歯磨きから寝るまでの間
ですね。ここで夜食やおやつ、ジュースなど口に入れたら寝る前に
必ずもう一度歯をみがくべきです!

後は、体質もあるようで・・個人差で歯の丈夫度はかなり違うようです。
まるでppooooさんの仰るように実行されている方がいますが
彼は虫歯すごいです!!毎週治療にいってますけど・・・
磨き方も歯医者さんに教えてもらった磨き方だそうなんですが・・ねぇ?
その方のお姉さんも、歯が小さく隙歯で虫歯に良くなるそうです。

虫歯は治っても、欠けた歯は戻ってこないので。。大切にしましょうね♪
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私も何となく歯垢がつきやすい体質なのかも知れません。
それとも磨きのこしがあるのかも知れません。
おそらく後者なんですけどね。

お礼日時:2001/10/03 12:09

歯科医院で歯垢を赤い色で染め出してもらって、自分の歯垢付着率を調べてみましょう。


そして、磨き残されている歯垢をどう磨き落とすか、歯科医師や衛生士さんに習って、テクニックを身につけましょう。

仮に理想的な清掃状態(付着率10%以下)になると、磨く前の状態に細菌が増えるのに丸一日かかります。
これは経験(患者さんの傾向と自分を使った実験)からですが、虫歯にしろ、歯周病にしろ、一日3回3分ずつ磨く人よりも、1日1回夕食後から寝るまでの間に15分磨く人の方がいい状態を保っています。
3分磨いてもいつも同じところが磨き残されるからその場所はずっと細菌にさらされ続け、何らかの症状を発してしまいます。普通3分では全部磨ききることはできません。
逆に1日1回でも15分かけて磨くと殆ど完璧に磨くことができ、少なくとも1日ごとにどんな箇所も美しくなるわけです。
部屋の片づけの、“かたす”と“大掃除”の差とでも言いましょうか。
1日1回自信を持って磨いた、となると、まあ社会的には朝磨かないわけにはいきませんが、残りの2回はちゃちゃちゃ、で終わっても大丈夫なわけです。充分予防効果があります。
歯周病を発症したときには残りの2回も一時的に強化することにすればいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私は一応ちゃんと磨いたつもりになっていましたが、
歯垢がそれでも付着します。
いつも決って不十分にしか磨けない部分というのがあるのかも知れません。
ご意見通り、一回完璧に磨くように心掛けたいです。
糸楊枝と合わせるとかなり時間がかかりますけどね。

お礼日時:2001/10/03 12:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q薬の食前・食後

薬の「食前・食後に服用すること」というきまりごとにはどのような意味があるのですか?
(ちなみに私は薬学に関してまったく見識のない者です)

Aベストアンサー

 こんにちは。

 まず、両者の意味から、

■食前
 胃の中に食べ物が入っていないとき。
 (食前20~30分前)

■食後
 胃の中に食べ物が入っているとき。
 (食後20~30分後)

が一般的な指示だと思います。

 次に、分ける意味は、

 薬を飲む時期は,通常食事に合わせて決められており、飲むタイミングを分けるのは、薬の効果や副作用の発生に食事が影響するためです。

 「食前」に飲む薬には、漢方薬の他に、貧血に使われる鉄剤やある種の抗生物質など、食後の吸収が悪いものです。また、胃酸の分泌をうながして食欲を出すための薬や、食後に血糖値が高くなるのを抑えるための糖尿病の薬、食後に発作の起きやすい狭心症のための薬など、その作用から食前に服用します。

 「食後」に飲む薬は、まだ食物が胃に少し残っていて、胃に刺激が少ない状態で飲むほどよく吸収されるからです。

(おまけ)
 「食後」の他に、「食直後」というのがあります。これは、食事をした後すぐのことです。一般には食事は薬の吸収を妨げますが、ビタミンAやDなど油状のものは、油の吸収を助ける胆汁が十分に腸内に出されている食直後の方が吸収が高まります。
 また、胃腸障害をおこしやすい鎮痛剤やある種の抗生物質なども、この時間に飲みます。その他、消化薬なども当然食事のすぐ後に飲む必要があります。

 あと、「食間」というのは食事をしている間ではなく、食事と食事の間で、食後2時間から食前2時間の間を指します。空腹時の胃酸の分泌を抑えたり中和させたりする胃炎の治療薬や、痢止めなど胃粘膜に作用する薬はこの時間に飲みます。

 こんにちは。

 まず、両者の意味から、

■食前
 胃の中に食べ物が入っていないとき。
 (食前20~30分前)

■食後
 胃の中に食べ物が入っているとき。
 (食後20~30分後)

が一般的な指示だと思います。

 次に、分ける意味は、

 薬を飲む時期は,通常食事に合わせて決められており、飲むタイミングを分けるのは、薬の効果や副作用の発生に食事が影響するためです。

 「食前」に飲む薬には、漢方薬の他に、貧血に使われる鉄剤やある種の抗生物質など、食後の吸収が悪いもの...続きを読む

Q薬の食前・食後について教えて下さい。

今風邪薬を飲んでいるのですが、
4種類あるうち1種類が漢方薬で(妊婦の為)、
その漢方薬だけ食前と書いてあるのです。

そこで質問なのですが、

(1)いつも食前に飲むのを忘れてしまうのですが、
 そういう場合は食後に飲んでもいいのでしょうか?

(2)食前に飲むとしても、
 食前薬→食事→食後薬と飲むと、
 結局は胃の中で全部混ざってしまうと思うのですが、
 やっぱりその微妙な時間差が意味があるのでしょうか?

(3)食前食後に無関係ですが、
 薬を飲む時はお茶で飲んでも問題ないでしょうか?
 薬によってはお茶で飲んではいけない物があるようです が、私の薬には特に注意書きはありません。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 gonkichi-aさん こんばんは

 薬局を経営している薬剤師です。

 お薬には、起床後すぐ・食前・食直前・食直後・食後・食間・○○時間毎の服用のタイミングがあります。それぞれに意味合いがあって指定されており、服用タイミングを違える事で効果が変わる物もあります。

 (1)食前に飲むお薬を飲み忘れるけど、食後に飲んでも良いの???

 食前に服用するお薬の代表は、糖尿病のお薬や漢方薬等です。まず「食前」とは食事前30分位と言う事です。多くのお薬は、服用後約30分で吸収されて効果が出始めると言われています。従って本来食事をすれば体内の色々な機能で消化吸収をするのですが、その元々持っている消化吸収機能を手助けするタイプのお薬が「食前」と言う指示の出るお薬の1つです。例えば糖尿病の場合は、ご存知の通りインシュリンの分泌が悪くて糖分の処理が悪い状況ですよね。従って「糖分の処理状態を良くした状態で食事をして下さい」と言う意味合いで「食前服用」と言う指示が出るお薬です。最近は、吸収した糖分の利用を促進する事で血糖値を低下させるお薬等患者さんの飲み忘れ軽減させる為に食後に服用して効果が出るタイプの糖尿病薬も開発されています。
 多くのお薬は、元々体内にない成分を服用するわけです。従って胃腸薬と言えども多かれ少なかれ胃腸壁には負担を与える可能性はある訳です。そう言う負担を軽減するために食事と一緒に胃腸を通過する事で胃腸の壁への当りをマイルドにするために「食後」と言う指示がされています。また一部のお薬では食事中のたんぱく質分と一緒に胃腸を通過する事で吸収率が増加する物があります。これは当然「食後」に服用する薬となります。それともう1つ「食後服用」の意味合いには、多くの方は食事は不規則ではなく約8時間間隔位にする事(ほぼ等間隔で服用出きる事)と食後なら忘れ難いと言う事で「食後」と言う指示をします。
 漢方薬ですが、ご存知の通り身体のバランスを整えるる事で作用を出させるお薬です。従って胃腸に負担を与える漢方薬は、違う意味での身体のバランスを崩すと考えます。服用する患者さんに本当に合っている漢方薬は幾等身体に無い成分を服用すると言っても胃腸に一切負担が無いと考えますから、胃腸の中に何もなくて胃腸壁に当る確率の一番良い(つまり一番吸収の良い)「空腹時」が服用のタイミングとなります。しかし「空腹時」ではいつ服用するのかわかり難いので、一番胃腸の中に何もない可能性の高くて一番忘れ難い「食前」と言う事で指示をする事がほとんどだと思います。
 ところでこの漢方薬を食後に服用したらどうかですよね。答えは「問題ない」です。ただし食べ物と一緒に胃腸の中を通過する為、胃腸壁に当る割合は減ります。従って吸収は若干落ち、効き目は空腹時に服用した場合の80~90%位になります。効果が落ちるとは言え、お薬を服用する・しないとは大違いですからどうしても食前には飲み忘れる等で服用出来ない場合は食後に服用してもさしつかいありません。しかし、効き目は空腹時に服用する時と比べて確実に落ちますから、なるべく早く症状改善をしたい方は、極力食前等の空腹時に服用する事をお勧めします。私が漢方薬を服用する場合は、例えば1日3回の服用の場合は、朝起きてすぐ・3時のおやつ位の時間・寝る特前の3回に服用しています。私はこのタイミングで忘れず、そして空腹時なんです。
 糖尿病薬等意味が有って「食前服用」となっているお薬は、忘れずに「食前」に服用して下さい。

 (2)食前に服用した場合、食事と混ざってしまうと思うけど食後服用とは違うの??

 「食前」とは(1)に記載した通り食事前30分位に服用する事ですから、基本的にはお薬の吸収が終わって食事をする事になり食事とお薬が混ざる事はほぼありません。そこが「食後」服用との違いです。
 例えば糖尿病薬場合は、糖分の処理出来る状態になってから食事をした方が身体に負担が少ない為、「食前」服用が良いと言う事になります。但し、糖尿病薬を服用することで胃腸に負担を与える場合は、「食直前」と言う指示が出る場合があります。これは少しでも食事前に服用して糖分の処理し易い状態を早めに作りたいと言う事と食事と一緒にお薬を服用する事でも胃腸の刺激軽減との両方の作用を含めた(と言っても両方の作用とも中途半端な気もしますが・・・)服用方法なんです。

 以上より、食前・食直前・食後と言う若干の服用タイミングの違いに意味がある事がお解りになったと思います。

 (3)お薬は何で飲んむの??

  多くのお薬は、お茶で飲んでも何ら問題はありません。貧血時に用いる鉄剤では鉄剤の鉄分とお茶のタンニンが化学反応を起して鉄分の吸収が悪くなると言われています。従ってこの場合はお茶での服用は避けて下さい。ただし、最近はお茶と一緒に服用しても吸収に問題の出難い製剤が開発され、それらが一般化していますから、概ね鉄剤と言ってもお茶と服用しても問題が出ない事が多いんです。
 骨粗しょう症に用いる一部のお薬では、水分中のミネラル分と化学反応を起して吸収が悪くなる物が有ります。このお薬を服用する場合は、ミネラルウォーターと言えどもミネラル分の多い「硬水」と呼ばれる物(多くは輸入品のミネラルウォーターです)やスポーツドリンク等での服用は避けて下さい。
 一般の方は上記に記載した鉄剤や一部の骨粗しょう症に用いるお薬等で、服用時の水分の種類を考えなければならない物が有るなんて難しい事はわかり難いでしょうから、「お薬は水(ミネラルウォーター以外)または白湯で服用する」と考えると良いでしょう。


 話は少し変りますが、#3さんは「妊婦は葛根湯と言えども飲まない方が良い」と言われていますが、私は妊婦さんでもそんなに問題は無いと思います。もちろん葛根湯を服用して何も問題がない人と言う条件が付きますが・・・。一般の方は、漢方薬=副作用の無いお薬 と考えられている様ですが、それは大間違いです。私は葛根湯を飲むと下痢傾向になります。また血圧治療中の方だったら、葛根湯が原因で血圧が上がる可能性があります。これは葛根湯中の「マオウ」と言う成分が悪さしているんです。この様に葛根湯が合わない方・高血圧等で既往症の症状が悪化する可能性がある方以外は妊婦さんでも安心して葛根湯を服用されたらと思います。
 葛根湯を含めた多くのお薬には「妊産婦の方は医師・薬剤師に相談して下さい」と言う注意事項の記載があります。これは、葛根湯を例にすれば私みたいに合わないと下痢傾向になって栄養吸収の問題が出る場合があるからです。それと厚生労働省の考えの中に怖がり的な部分があり、特に妊産婦みたいな普段とは違うお身体の状態が違う時は幾等一般品(薬局で購入出来るお薬)のお薬であっても素人判断での勝手な解釈でお薬を飲まないで、医師・薬剤師の専門家にまずは相談してからお薬を使って欲しいと言う意味合いを言っているんです。今回の場合は、医師の処方箋指示によっての服用ですから、上記の記載がある葛根湯でも安心して服用して大丈夫です。
 一般に葛根湯は3~4日服用して効果が出ない場合、もう効果が出ない可能性のあるお薬と言われています。今のところ2日服用されて効果が出ないとしたら、服用しても後2日位でしょうね。葛根湯は俗にカゼの初期に使うお薬と言われ、初期のカゼで症状が合えば1回服用しただけで完治してしまう場合もあります。3~4日服用して効果が感じられない場合、カゼの症状が変わった場合が考えられます。ですから後2日位服用して効果が時間出来なかった場合、再度医師の診察を受けられたらと思います。

 長々書きましたがお解りになりましたでしょうか??? 何か有ったら再度質問されたらと思います。

 gonkichi-aさん こんばんは

 薬局を経営している薬剤師です。

 お薬には、起床後すぐ・食前・食直前・食直後・食後・食間・○○時間毎の服用のタイミングがあります。それぞれに意味合いがあって指定されており、服用タイミングを違える事で効果が変わる物もあります。

 (1)食前に飲むお薬を飲み忘れるけど、食後に飲んでも良いの???

 食前に服用するお薬の代表は、糖尿病のお薬や漢方薬等です。まず「食前」とは食事前30分位と言う事です。多くのお薬は、服用後約30分で吸収されて効...続きを読む

Q薬の服用、食前、食間、食後について

  薬の服用の仕方は食前、食間、食後とありますが、どのような薬が食前で、どのような薬が食間、食後なのでしょうか? またそうする訳をお教え下さい。
  お医者さん、薬局に聞けばすぐ分かると思うのですが、最近あまり用事がないもので、こちらでお尋ね致します。

Aベストアンサー

薬の作用部位や吸収、胃腸への影響などを考え合わせて服用時間が決められています。

食前
食事をとる30分くらい前の空腹時。
食事の前には胃の中は空なので、薬はすぐに溶けて吸収され、効き目も速く現れます。漢方薬は食べ物と混ざり合うと効き目が弱くなるので、食前の服用が一般的です。最近、糖尿病の薬で、食前に飲まないとうまく効かない薬が出ました。食事をとると腹痛や下痢を起こす場合も、食前飲みます。
 
食間
食後2~3時間経過して、胃の中のものがほとんど消化された時間帯。
食事によって吸収に影響される薬は空腹時の服用が効果的です。
胃酸の分泌を抑えたり、胃酸が分泌され過ぎたときに中和する薬などが処方されます。薬を飲んだ直後は、何も食べないことが大切です。

食後
食後30分以内。
胃を荒らす成分の入った薬、解熱鎮痛薬やステロイド薬などは食後に服用するようになっています。
薬の成分が胃壁を直接刺激して胃を荒らさないようにするためです。
多くの薬は、この方法で服用します。

1日2食しか食べない場合は、食事の代わりに、ビスケットなど、軽いものを少量でも食べてから、食後30分に食後の薬を飲むと良いでしょう。

薬の作用部位や吸収、胃腸への影響などを考え合わせて服用時間が決められています。

食前
食事をとる30分くらい前の空腹時。
食事の前には胃の中は空なので、薬はすぐに溶けて吸収され、効き目も速く現れます。漢方薬は食べ物と混ざり合うと効き目が弱くなるので、食前の服用が一般的です。最近、糖尿病の薬で、食前に飲まないとうまく効かない薬が出ました。食事をとると腹痛や下痢を起こす場合も、食前飲みます。
 
食間
食後2~3時間経過して、胃の中のものがほとんど消化された時間帯。
食事に...続きを読む

Q歯医者で治療した歯がしみます。

奥歯が虫歯だったらしく、そこをドリルで削って金属を入れました。しかし、その歯がしみるのです。どのようなときにしみるかというと、熱い物を噛んだとき、また冷たい物を噛んだときです。熱が金属を伝導して神経を刺激しているのでしょうか?これを歯医者に言ったらどのように処置をされるのでしょうか?神経を抜いたりしたくないです。また、神経を抜いたらどうなるのですか?部分入れ歯をするのですか?

Aベストアンサー

ずばり!あなたのお考えのとうりの確率が高いです。熱が金属を伝導しているのです。虫歯の程度にもよりますが、虫歯の部分を削るのは当たり前ですが、予防拡大といってある程度は広く削るので深いところまで削るとなじむまでには金属を入れた後もしみることがあります。なじむまでに数ヶ月かかることもあります。しかし、かなり虫歯が深い場合、神経を取るまではいかないのですが一層薬のセメントで覆ってから金属を入れる場合もあります。この場合でしみてしまった場合には、なるべくなら神経をのこしたいのですが、神経を取ることになる可能性は高いです。いづれにしても処置をしていただいた先生に一度お伺いしてみてはどうでしょうか?削った先生でないと、やはり細かい状況はわかりませんので・・・。
神経を取っても部分入れ歯にはなりませんよ(^^;
虫歯の程度にもよりますが、銀歯で治せます。

Q銀歯が嫌なんですが、やっぱり銀歯の方が良いんですか?

銀歯が結構あるのですが、やっぱりもう1つの目立たない歯に似た方(以降Aとする)に変えてもらおうと思うのですが・・・でも、銀歯にしていた方がいいのでしょうか!?多少値段が高くてもいいので、Aにしたいです。それぞれどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、私も銀歯が嫌だったので以前は、プラスティク製の白い冠をかぶせていましたが、今は、白いセラミックの義歯に替えました。

セラミックの義歯は、他の自然の歯と同じような色調のものを選べ、しかも丈夫なので、半永久的に使用できます。

しかしこれは、健康保険の適用外なので、虫歯の治療費とは別に、1本5~8万円くらい必要になります。

金属のつめものの上に、プラスティク製の冠をかぶせる方法は、虫歯の治療などで行う場合には保険の適用が効きました。
しかし、プラスティクは、色素沈着しやすいので、だんだん汚い色に変化したり、強度も弱いので、硬いものを食べたりする時にひびが入ったり割れたりします。

実は私も、色が茶色にかわったのと、割れたのとで、思い切ってセラミックに替えたんですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報