私の学生時代には、英語の筆記体は中一の時に、活字体とともに習ったように思うのですが、今は何年生で習うのですか? 中三と中二の息子はいまだに習っていません。何故教えないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

すでに出ている通りですが,


○法的根拠としては,文部省(文部科学省)の学習指導要領において,筆記体が必須ではなくなったこと(指導してもよい,という言い回しになった)。また,公立でも第2・第4土曜日は休みになるなど,授業時間が減ったので,優先順位の低い項目は必ずしも扱われなくなったこと。
○実用面では,実際の英語圏の言語生活において筆記体のウェイトが(日本で従来考えられていたほど)高くないこと。
があげられると思います。

日本の英語教育では,昔からブロック体と並んで筆記体の指導が重視されてきました。「両方きちんと書けないとダメだ」みたいな言い方をされた覚えのある人も多いと思います。
ところが,みなさんの回答にもあるように,ネイティブの方はプライベートな場以外は使わないことが多いのですね。最近は日本の中学校でもネイティブの先生がアシスタントティーチャーとしてついたりして,英会話の授業が行なわれていますが,おそらく筆記体は使わず,ブロック体か,それを少し崩したような字で,板書をされていると思います。日本で言えば,楷書か行書ということになるでしょうか。
個人的な手紙では筆記体で書いて送ってくる人もいますが,やはり年輩の方が多いようです。
かつては公の場でも広く用いられていた筆記体ですが(アメリカの独立宣言の原文は,芸術的なまでに美しい筆記体で書かれています),現在においては,みなさんの回答に見られるような使われ方になって来ているということが言えると思います。

日本でこれだけ筆記体教育が普及した理由の一つとして,明治初期に欧米の教育システムが日本に入ってきた時,当時向こうで流行っていたからだ,という指摘があります(大修館書店発行「英語教育研究」の連載「クエスチョン・ボックス」に昭和30年代に出ていた話)。それ以降,日本の英語教育は筆記体にウェイトを置きすぎていた気がします。

10年ほど前に見た三省堂の教科書では,ブロック体を「楷書体」,それをすこし崩したのを「行書体」,いわゆる筆記体を「草書体」とよんでいました。草書体はサインなどで使う人がいるので,読めたほうがいいけれど,書ける必要はない,という位置づけでした。それをみたとき,昭和30年代にすでに指摘されていたことがようやく実現して,現実的なバランス感覚になったのかな,という気がしました。

(逆に考えてみましょう。日本語の会話もよくできない,新聞も読めない,でも草書はさらさらと書いて,掛け軸かなんかにしている,という状態は,日本語学習者としてあまり好ましいとは言えないのではないでしょうか。)

というような話をすると,一生懸命筆記体を練習された方(特に中・高校生の現役の皆さん)はショックを受けられるかもしれません(自分はそうでした)が,現実はそうなんですね。
ただ,学んだことが無駄になったわけではありません。少ないとはいえ実際に筆記体は使われているわけですし,これまでに書かれた文書もたくさんあります。そして何よりも,現実問題として日本には板書を筆記体で書く先生がおられるわけですから。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とても詳しく教えてくださってありがとうございました。 よくわかりました。

お礼日時:2001/10/06 01:16

こんにちは。


私は今高校二年生ですが、中一の時に習いました。
(中高一貫の私立ですが。)
でも、高校から来た子達は習ってないみたいで授業で当然のように先生が筆記体を使うのでちょっと困っているようです。

私個人としては筆記体を習うのはいいことだと思います。
使う機会が少ないとはいえ、やっぱり筆記体の方がブロック体より早く書けますよね?
ネイティブの方々はブロックを崩して書いていらっしゃるけど、これから学ぶ者としてはブロックを崩すのは難しいですよね?
だったら、最初から筆記体を習った方がいいかなぁ、と。
でも、前にニュージーランドでホームステイした時、hostsisterとhostbrotherは読めなかったみたいです。(私が手紙を筆記体で書いちゃったのです。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

教えてくださってありがとうございます。 公立と私立の差がこういうところで
でてくるのですね。 

お礼日時:2001/10/06 00:59

ものすごく、うるおぼえで恐縮ですが、確か、中学生で、筆記体を教えるのは、必須ではなくなているはずで、いずれ、ならっていない中学生が、高校生になった時、高校の先生が、筆記体で板書してるひとは活字体で書かなければならなくなるのかなー



といったような、記事を読んだ記憶があります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも新聞をしっかり読んでいればわかったことなのですね。 これからは3面記事だけではなく、いろいろなページを読まなければと反省しました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/06 01:02

日本では、若い世代は行書体を使い、


草書体を使うのは、高齢者(や中年)ばかりです。

イギリスでも同様に、草書体(筆記体)を使うのは高齢者ばかりです。
そう遠くないうちに、サイン以外では草書体は使われなくなるでしょう。

ですから、非常にニーズが低いのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど! どこの国でも同じことなのですね。 ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/06 01:03

私は高2ですが、中1のときに習いましたよ。


授業も筆記体です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

学校によって、違いがあることがわかりました。 ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/06 01:04

中学生の娘がいますが、筆記体は習っていません。


確かに大学のレポートなどは、私の学生時代でも、タイプライターで書いて、サインだけ自筆と指定する先生がいらっしゃいました。(タイプライターというところで、年が分かりますね)ネイティブの方の筆記体でも、筆記体とブロック体が混じっているのとかあり、さまざまな書体を見かけましたから、日本でいう行書のように、美しいけど読みづらい時もあるというのが理由だったようです。
そのかわり、娘の学校では週に1度ネイティブの先生による英会話の授業があります(うらやましい)。限られた時間内で、会話力をつけることにも力点をおきたいというのが、筆記体を習うのにかかる時間を削った一つの理由かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございました。 タイプライター、懐かしいです。私も高校の頃週3回タイプライターを習いに行っていました。 dddd,とか aaaaとか
つまらない練習方法でしたが、今のパソコンのタッチタイピングの勉強の仕方の
なんと楽しい事! 時代が違うのですね。

お礼日時:2001/10/06 01:07

あくまで個人的な体験に基づいての意見ですので、参考までに。


私は来年40歳になりますが、中学校で筆記体を習ったときに先生が「欧米人が筆記体を使うのは人に見せる必要のない私的なメモを取るときくらいだ」と教えてくれました。他の人に読んでもらうために書くものなら、ブロック体で書きなさいと。
大人になって、アメリカに数年間住みましたが、サイン以外で筆記体を目にしたことはありませんでした。
日本語を母語とする日本人が、自分だけのためのメモに英語を使うことはあまり考えられませんから、筆記体の出番はないと言うことになります。
指導要領ではどのようになっているか知りませんが、時間の制限が厳しい中で取捨選択をしていくと、筆記体の優先順位は低くなって当然だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございました。 私も40代ですが、私の習った先生方は誰もそういうことを教えてくださいませんでした。 教えてほしかった・・・

お礼日時:2001/10/06 01:09

私は私立に通っていますが、中1で習いましたね。


授業でも先生とか当たり前のように筆記体をつかってますよ。
習ったというよりも、始めからブロック体と筆記体を自然に使っていたように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。 私立のほうが、公立よりいいなぁ・・と思ってしまいました。 知らないよりも知っていた方がいいですよね。

お礼日時:2001/10/06 01:10

20歳ですが、筆記体は中一で習いました。


ついでに、大学に入って、ヨーロッパの言語を新たに習いはじめましたが、その時も一年目に筆記体を習いました。
今ではワープロ、パソコンなどにより、手書きで文章を書くことがなくなったからではないでしょうか。
文通、なんて言葉も死語になりつつあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。 ヨーロッパの言語とは、フランス語とかドイツ語とか
ですよね。 そういえば私も大学でフランス語の筆記体を習いました。

お礼日時:2001/10/06 01:12

筆記体は教わってません。


No.1の方の言うとおりで、僕は高校生ですが英語の先生が黒板に筆記体で書いてしまい、
「あ、筆記体はダメだったなー。みんな筆記体は読めない?今教えないんだってな」とつぶやく光景はしばしばあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。 学校は公立ですか?  先生も苦労なさっているんですね。

お礼日時:2001/10/06 01:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在、学校では筆記体を習わないのですか?

仕事で海外に十年余り滞在していて最近帰国した者です。

友人の子供の話によれば、中学校で筆記体は習わないそうです。
これは全国的な事なのでしょうか?それが事実なら高校や大学などでは
先生は筆記体で板書する事はなくなってしまったのでしょうか?
無知な質問ですみませんがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は現在24歳ですが、中学一年生(公立)で筆記体を習いましたし、定期テストで出題もされました。ちなみに、当時の英語教師は板書をブロック体の崩し字で行なっていた記憶があります。

現在英語を専門に研究している関係で、いまだに筆記体は(自己流ではありますが)書けます。しかし、他人のそれとなると話は別で、あらかじめ何が書いてあるのか分かっている場合以外はまず読めないですねぇ。

英語圏の学校(小学校など)の教室に筆記体表みたいなものが貼ってあるのは写真では見たことがあります。しかし、他の回答者様がおっしゃるように英語の母語話者でも(正統の)筆記体を使うかというと「??」だと思いますし、周囲のネイティブを見る限り「ブロック体を楽なように崩している」というのが優勢に思われます。

日本語でも少なからず字を崩すことがありますよね。そちらの方が楽ですし便利です。あまりに崩しすぎて「達筆ですな」と皮肉をいわれるのも極端であれば、小学一年生の教科書ばりに時間をかけて「お手本」を仕上げることもまた、日常にはつらい作業ではないでしょうか。

字は無理に崩させず、自然に崩れるのを待つ。
どうもこのような流れがあるように思えて仕方ありません。

私は現在24歳ですが、中学一年生(公立)で筆記体を習いましたし、定期テストで出題もされました。ちなみに、当時の英語教師は板書をブロック体の崩し字で行なっていた記憶があります。

現在英語を専門に研究している関係で、いまだに筆記体は(自己流ではありますが)書けます。しかし、他人のそれとなると話は別で、あらかじめ何が書いてあるのか分かっている場合以外はまず読めないですねぇ。

英語圏の学校(小学校など)の教室に筆記体表みたいなものが貼ってあるのは写真では見たことがあります。しか...続きを読む

Q手書きの活字体(ブロック体)の字体について

今度久々に英語の筆記試験(工業英検)を受けるので、ちょっとばかり字体のおさらいをしています。今まで何となくで書いていましたので。

試験は筆記体もOKなのですが、より明解なので活字体で書くつもりです。勿論書けない字など無く、試験には何の支障も無いのですが、少々細かなことが気になりましたので、どなたかにコメントをいただければと思います。

z や s を手書きで書くときは、この(←)フォントに加え、最後小さな「棒」を(z は斜め線上、s は後ろ末端)に付けないと、数字の2や5と間違えるのでダメだと聞いたことがあり、ずっとそのように書いていました。D でも同様に縦線上に棒を加える人がいるのを見たことがあります。

ただ、初心者用の教科書や練習帳ではそういう棒を加える方法は載っていないため、そういうシンプルな書き方が基本であり、試験などではこちらを使うほうがどちらかといえば好ましいようにも思え、どちらにしようかとちょっと迷っています。

それと、私は多少(?)年齢がいっているので、知らずに使っている自分の方法が昔の流儀で、字で歳バレするようなことがあったらイヤだなと、少し思ったりしました(笑)。

ところで、a や g は、最も教科書的な、直線部分の多い字体よりも、日本語の「行書」的というか、ちょっと崩し筆記体を混ぜたような末尾をシュルンと跳ね上げたりする曲線的な(半)活字体のほうがより使われるのではないでしょうか?

人の個性を字体に反映させる自由度が高いのが英語の字体なのかもしれません。日本語の漢字を書く場合、小さい棒の有り無し、交差箇所の有り無し、直線⇔曲線、は漢字の正誤にかかわってきます。だから日本人の私としてはそういうことが気になるのかもしれません。

今度久々に英語の筆記試験(工業英検)を受けるので、ちょっとばかり字体のおさらいをしています。今まで何となくで書いていましたので。

試験は筆記体もOKなのですが、より明解なので活字体で書くつもりです。勿論書けない字など無く、試験には何の支障も無いのですが、少々細かなことが気になりましたので、どなたかにコメントをいただければと思います。

z や s を手書きで書くときは、この(←)フォントに加え、最後小さな「棒」を(z は斜め線上、s は後ろ末端)に付けないと、数字の2や5と間違える...続きを読む

Aベストアンサー

zはしっかりと角をつけて、sはしっかりと曲線で、Dはしっかりと左の線を垂直に、aは決して下に出さず、gはしっかりと下に出して左へ、qはしっかりと下に出して垂直に、あるいはせいぜい右、これが無難でしょう。余計なものは要りません。

私もDに横線を付ける業界にいましたが、あれは、文字の美しさよりもスピードを優先させる日々の業務の中で、うっかり雑な字を書いて相手に間違った指示を出してしまわないようにするための手段ですから、試験では、文字の美しさに集中すればいいだけのことではないかと思います。

余談ですが、英語でも初等教育では字体の正確さを問われます。ただ、国や業界によって、字体が少しずつ違うだけの話です。例えば「7」という数字。日本では角が2つあり、アメリカでは角が1つで、フランスでは小さな横棒を書きますよね。

Q筆記体かブロック体か

台湾へ英語でEメールではなく自筆のお手紙を書く予定です。

で、ちょっと悩むのが筆記体でOKなのか、と言うことです。
最近、日本の若い子でも中高でちゃんと習わないのか筆記体
が読めない子が多く、英語圏ではない台湾でもそうなのかな?
と思い、不安になりました。

個人的にはブロック体より筆記体の方がバランス良く書けるので
好んで使っていますが、実際どうなのかご存じの方いらっしゃる
でしょうか?

Aベストアンサー

もし、相手が読めるか読めないかを気にしているのだったら、ブロック体の方がいいと思います
ただし、誰もが読めるように"ていねいに"です
手書きの手紙とか読んだ経験がない人だと、当然印刷物のブロック体ばかり目にしてるでしょうから

ただ、"手書き"の良さというのは、字がその人を表してくれるというところです
それは日本語でも同じです
判別が難しそうな、草書的な手紙をもらった場合、読むのは苦労することが多いですが、気品とか知性とか感じちゃったりして、一生とっておこうかなと思うものも結構あります

どの年代の人に書くかというのもありますが、ブロック体で書いたとしても、字がきたなかったりしたりすると結局読めないわけです
実際、英語を母語とする人のブロック体を読もうとしても読めないことが結構あります
勝手にアルファベットの形を自己流で変えちゃってる人もいますしね

繰り返しですが、相手に確実に内容を理解してもらいたい場合は、プロック体がbetter
相手が理解してくれるそうだ、理解は二の次で"私の字で""手書きの"手紙を書くことに意義があるのであれば、ご自分のいつもの字で
というところでしょう

ちなみにご質問の内容ではありませんが、ブロック体vs筆記体という考えはしない方がいいです
私はどちらもよく目にしますし、ブロック体で書かれていても筆記体よりも判別が難しいというクセ字の人が多いですから
その点、日本人が書くアルファベットはどちらで書いても読みやすいものが多いですね

もし、相手が読めるか読めないかを気にしているのだったら、ブロック体の方がいいと思います
ただし、誰もが読めるように"ていねいに"です
手書きの手紙とか読んだ経験がない人だと、当然印刷物のブロック体ばかり目にしてるでしょうから

ただ、"手書き"の良さというのは、字がその人を表してくれるというところです
それは日本語でも同じです
判別が難しそうな、草書的な手紙をもらった場合、読むのは苦労することが多いですが、気品とか知性とか感じちゃったりして、一生とっておこうかなと思うものも結構あり...続きを読む

Qアルファベットの筆記体とブロック体について

現在、英語圏では書く時には筆記体とブロック体ではどちらが割合が多いのでしょうか?

また、筆記体とブロック体についてはそれぞれ英語で何という呼び方が一般的なのでしょうか?

ぜひお教えくださいませ。

Aベストアンサー

一般論としてアメリカのような先進国では自分で字を書く必要がだんだんと少なくなってきているのできれいで読みやすい筆記体(いわゆる行書体)で文字を書ける人は少なく、ブロック体で文字を書く人のほうが多いと思います。

しかしながら自分で文字をよく書く必要のある人は上手、下手は別にしておのずと筆記体で書くようになると思います。理由は単純、そのほうが速く書けるからです。

『筆記体(行書体)で書く』は write in cursive, 『ブロック体で書く』は write in print です。

Q中学校の英語の時間に筆記体を教えないのは大きな問題だと思いますか。

中学校の英語の時間に筆記体を教えないのは大きな問題だと思いますか。
 わたしは大きな問題だと思います。筆記体の方がブロック体より速く書けるし(漢字でも楷書より行書の方が速く書ける),また数式を手書きする際は誤読を避けるため,筆記体で書くことが多いからです。

Aベストアンサー

誤読が多く、また外国でも使われなくなっているためです。

そもそも、筆記体は個々人によるクセが強く、誤読を招きやすいものです。
実際、アメリカの地名にはoだかaだかtだかiだか判別しにくい筆記体の書類のおかげで
誤読されたまま定着してしまい、そのまま正式名称となってしまった地名があったはずです。
(タイプライターはまさにその問題を解決するために生まれたといってもいい)
英語が母国語の人でも、筆記体を読める人はだんだん少なくなっていて、
日本の中学生が筆記体で書いた手紙の解読を父親に頼む、という笑い話のような状況が生まれています。
アメリカの大学でも筆記体が読めない生徒がついていけなくなるため、
可能な限りブロック体で板書するように、という要望が出ているそうです。

個人的にも、中学校で筆記体を教えなくなったのは良い傾向だと思いますよ。
筆記体を教えた後に英語教師が筆記体で板書を始めたとたんに、
それまで何とかついてきていたレベルの生徒達が
ノートすら取らなくなってしまった、という
よくある問題もなくなるでしょうし。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報