よく、スポーツカーに乗っている人で、
エンジンを切るときに、一度アクセルをふかして
止める人がいますが、意味があるのでしょうか?

 それと、車を動かす前にアクセルをふかしたり、
暖機運転をする人がいますが、意味あるのでしょうか?

 自分が乗っている車の説明書にはまったく意味がないことで、
車の乗り始めはエンジンをあまり高回転域にもっていかないことが
車にとって一番いいことだという風な内容がかかれていましたが・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 簡潔に書きます。



 スポーツカーを含めてインジェクション車は、意味ないですが、キャブレター車は、やってもいいでしょう。理由は既に出たとおり&マフラー内の水飛ばしです。

 動かす前のアクセルふかしは意味ないですが、暖気又は暖機運転は長期的に見て必要です。

 乗り始め(といっても、エンジンが冷えた状態での話。)の高回転域はうまくありません。

 なお、暖気は、よっぽど気温の低い時以外は、1日の最初にエンジンをかけるときだけで充分です。
    • good
    • 9

ブリッピングについては現在の市販車では全く無意味でしょう。

確かに必要のある車種も在るのは確かですが、すでに皆さんがおっしゃっているようなごく特殊な場合だけです。

暖機運転やら無いよりはやった方がいいのですが、何も完全にエンジンが温まるまで暖機する必要はありません。昔のエンジンにはかなり温まってからでないと、燃焼が安定せず走り出せないなんて代物もありましたが、現在の電子制御エンジンでは通常1~2分程度で十分でしょう。極寒時などはオイルの流動性を上げるためにもう少し長くしたほうが良いかもしれませんが、それ以上長く行ってもあまり意味が無いでしょう。軽い暖機を行ったあとでエンジンやミッションなどが暖まるまで、大きな負担をかけないように運転することが大事です。また、時々見かけますが、始動直後にやたらと空ぶかしする方がいますが、これはエンジンをいためますので避けるべきです。
    • good
    • 4

エンジンを止める前に吹かすヤツを『ブリッピング』と


言いますが、あれは、昔のエンジンなど、キャブレターを
使っているエンジンには必要な事もありました。
エンジンを切る前に、少しガソリンをシリンダー内に
残してやらないと、次に始動する時に点火しづらくなって
しまったからだそうです。現在のインジェクションを
使ったエンジンでは、必要が無いだけでなく、逆に、
シリンダー内に残ったガソリンがプラグに付着してしまい
つまり、『かぶった』状態になってしまう事もあるのだ
そうですよ。スポーツカーなどでブリッピングをしている
ヤツの大半は、単にカッコ付けでやっているだけでしょう。
F1などのレーシングカーはエンジンを切る前に、よく
ブリッピングをしますので、それを真似ているだけだと
思います。中には、エンジンチューンなどをしていて、
レーシングカーの様にブリッピングを必要としているヤツも
いるのかも知れませんが。

あと、暖気運転は、本当はやった方がいいらしいですね。
やはり、始動直後のオイルが下がった(回っていない)
状態のエンジンでいきなり走ってしまうと、オイルに保護
されていない金属同士が直接擦れ合ってしまいます。
ただ、中には暖気運転の意味を履き違えているヤツもいて
『エンジンを早く暖める為だ!』と言って、空吹かしを
したりします。もちろん、始動直後に無駄に回転を上げる
訳ですから、暖気の意味がありません。
    • good
    • 1

はじめまして!


昔、そういう事が必要な時代がありました。
最近の車には、必要ありません。
逆に今の車にそんな事したら、壊れる事があります。

暖気今時必要なし。
エンジン掛けて、20秒もすれば、油も行き届きます。
その位まてばOK!
水温計が70℃位になるまで、ゆっくり走ってやれば、問題なし。
私は、外車のスポーツカーですが、それでずーっと乗ってます。
(勿論、全然問題なく走ってます) 
    • good
    • 2

メリットはほとんどありません。


ただのカッコ付けでしょう。

>車の乗り始めはエンジンをあまり高回転域にもっていかないことが
>車にとって一番いいことだという風な内容がかかれていましたが・

そうですね。それでいいのではないでしょうか?
よく止まったままで暖機している人がいますがどこまで効果かがあるのはかちょっと疑問です。(もし、移動もままならないような状態であれば話は別ですが…)

よく考えて下さい。。。
仮に止まったままで暖機したとします。そうすれば確かにエンジンは暖まるでしょう。
しか~し!
それ以外のミッションやデフ、ブレーキ…タイヤなどど言った部分に付いてはどうでしょうか?
簡単ですよね?"止まっている"んだから何にも変化なんかしませんね。
そうです、本当に車の隅々の部品まで暖めたいのであれば多少なりとも走行する必要があるのです。(走行しないと温まらない場所がある為)

聞いた所によると、止まっての暖機は30秒~1分も行えばよいそうです(オイルが行き渡るように)
…30秒なんてシートベルトしたりポジション合わせたりしてるうちに過ぎちゃいますよね♪

よって始動後すぐに走ってOKですが、車的には温まってないのですから、説明書にあるように各部を馴染ませるようにゆっくりと様子を見ながら走行しましょう。

人間だって、イキナリ全力で運動したら怪我しちゃいますよね?
何事も軽い準備運動が必要ってことです。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOS 25F ABCエンジンのコンロッドの向きについて

ベアリング交換のため解体したのですがコンロッドに向きがある事にきずきました。潤滑穴が前寄りなのか後ろ寄りなのか解りません。
ご存知の方は、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コンロッドのクランクピン側に圧入してあるブッシュの穴の内側の角が片側だけ面取りしてあると思います。
面取りしていない面をバックプレート側に組みます。

Q私は仕事柄色々な車に乗るのですが、持ち歩きのナビなどを一つの車ではなく、色々な車で乗る時に使い回すの

私は仕事柄色々な車に乗るのですが、持ち歩きのナビなどを一つの車ではなく、色々な車で乗る時に使い回すのにいい方法はありませんか?
ポータブルナビを考えたのですが、吸盤が弱くなる気がするので、できたら一つの車でナビを使って次の車で使う時も問題なく使える方法があれば助かります。
道を覚えればいいな話なのですが、まだまだ未熟なのでナビを見ながら運転したいです。
よろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

吸盤ではなく
基部を車のドリンクホルダーに納めて、ナビを爪で固定する感じのアームがある

本来は、スマフォやタブレットをナビにするときのアイテムだが、ナビのサイズさえ適合すれば充分使える
ドリンクフォルダだから、好きなだけ挿抜できる

でもまぁ、専用のを使う方が良いと思うけどね
吸盤が劣化すると言うけど、交換用パーツとして提供されているはずだから
数百円~千円程度で入手出来る予備が手元にあれば、気にならんでしょ

Qエンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか

エンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか。

オイルクーラーのコアが右フェンダー内に設置済みなのですが、
ホースとブロックはオイルブロックに取り付けず、
エンジンルーム内の適当な場所に固定してあります。
※詳細は画像を参照願います。

やはり『コアのみ残し、ホース以降は一時的に外す』などの対策が必要になりますでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

車検自体は、エンジン関係で言えば排気ガスを悪化させない改造、オイル漏れなどの問題がなければ まず通ります。
不正改造でなく オイル漏れや水漏れ 排気ガスが規定内なら エンジン関係の検査は、まず通りますよ。

ただし 写真を拝見して 気になったのは、固定されていない点。
また 干渉部分を軍手らしき可燃物で覆っている点。
もし 振動等で、保護しているものが破れ マスターバック(制動倍力装置)につながる太い負圧ホースやその他のホース類 燃料系のパイプ ホース等に当たってしまったら非常に危険ですから ボルト等で確りと固定することをお勧めします。

位置からして その危険が今後考えられますから、是非この機会に固定して置いて下さい。

Q暖「気」運転、暖「機」運転、どちらが正解?

それとも別ものなんでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

とりあえずは別物です。

車で言うところの「ダンキ」は機器類を暖める意味で使いますので「暖機」が正解ですね。
車以外であれば、「暖気」の方がよく使います。

Qカブのエンジンの50→110ボアアップについて

カブの49ccのエンジンにうちにある107ccのカブ系エンジンのヘッドを載せれるか検討しています。
そのまま、ヘッドとピストン周りだけで載せ代え可能でしょうか?
腰下もコンロッド等、総交換になるでしょうか?
載せ代えした事のある方、または検討した事ある方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

75ccにしておくのが無難だよ~。

Q駐車場の車が勝手にふかしてます・・

車の仕組みに詳しくないので教えて下さい

マンションに住んでるのですが、とめてある無人の車が急に
ヴァーン!ヴァーン!と凄い速さでエンジンを空ふかし?し始めていて
凄い音に驚いて、今見たのですがどうやら誰も乗ってない白いイプサム
から鳴ってるようです。

だんだんふかす音の感覚はゆっくりになってますが
かなりの長時間になってます。
故障してるのでしょうか・・

このまま放置して大丈夫なのでしょうか
車が炎上したりしないのでしょうか

深夜で住人が気づいていないようで、自分もどうしていいか分らないです。

詳しい方、早急にお答えを宜しくお願いします><

Aベストアンサー

普通ではありません。
異常な状態です。

警察を呼びましょう。

Qエンジンコンディショナーでウォーターハンマー的現象

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいとは思っていましたが、
いつものセルが回る軽快な「チチチチ」という音ではなく、
「ドゥルン、ドゥルン」という感じで軽い上下振動を伴い
低い回転数で鈍く回転したのち、エンジンがかかりました。
セルがとまることはありませんでした。

これはエンジンコンディショナー排出不十分で起きた
ウォーターハンマー的な現象だと思うのですが、
車の状態は、距離にして50kmほどアイドリング回転数(600rpm程度)から
5000rpm程度(レッドは7000rpm)まで実走行してみましたが、
どの回転数でも異常振動など感じられず、吹け上がりもスムーズです。
アイドリングの不安定さも見られません。

気になるのは、今回のことでコンロッドがゆがんでしまったのではとか、
コンロッドの最弱部にダメージがのこり、数年のうちにエンジンブローにつながるのでは
と心配が残ってしまいました。

エンジン再始動時のクランキング時には、
音から判断して各気筒とも燃焼はしていなかったと思います。

今回の現象からエンジンダメージの程度予想をいただきたいのですが、
よろしくお願いします。
(気になるのはセルの力だけでエンジン各所にダメージをきたすことはあるのでしょうか。)

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいと...続きを読む

Aベストアンサー

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これはガソリン以外の燃料(もしくは不燃物)を含んだ状態の混合気に点火するために正常な燃焼とならずフィードバック機能も想定外の物質を含んでいるために正しく動作しなかった可能性があるため、一時的な異常な燃焼状態となったためでしょう。

実際にウォーターハンマーでエンジンが破損する場合は、ほぼ瞬間的に起こります。またガソリンエンジンでは比較的おきにくい現象です。これはガソリンエンジンは破壊を起こすフライホイールマス自体がそれほど大きくないこと、もともとの圧縮比がそれほど大きくないこと、燃焼室内や吸気管ないぶに水などの液体の進入が有ると点火ができなくなりエンジンの運転自体ができなくなるからです。そのためガソリン車は管水路に突っ込んだ場合などでもウォーターハンマーによるエンジンの破損は意外と起きないのです。一方ディーゼルエンジンではフライホイールマス自体が大きい上に圧縮費も高く、液体が混入しても断熱圧縮による温度が十分に上昇しある程度の空気が有れば燃焼を続けられるので、エンジン運転中に液体を吸い込むなどするとかなりの確率でコンロッドの折損やクランクシャフトの捩れなどの大きな損傷を受けます。


私の手がけた限りガソリンエンジンでのウォーターハンマーが原因でエンジン破損にいたった実例はガソリン車では、インテークマニホールドのガスケットが破損(組み付け不良)により、高速道路走行中に冷却水がシリンダー内部に流れ込み、コンロッドの折損およびシリンダーブロックの破損を招いた一例だけです。


まぁ、スターターで回せる程度であれば液体が残っていても何の問題も無いということです。

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これ...続きを読む

Q車のエンジンとバイクのエンジン

650ccのバイクと660ccの車があるとして、排気量は同じくらいでも、バイクと車では大きさや重さやパワーなどは違うんですか?

Aベストアンサー

バイクと車とでは、車体は見た目で大きさが違いますよね。
エンジン単体で見ると、大きさは余り変わりないようですが、若干バイクの方がコンパクトで重さ(実際に手で持ってみた経験上)も車の方が重かったです。
(同じ水冷式・同じアルミエンジン・同気筒数)
パワーは最大数値が同じでも、そのパワーの出る回転域が違い、車は低~中回転域に バイクは中~高回転域にパワーが出るよう設計されているみたですね。
注)同排気量・同気筒数 での比較

Q水平対向エンジンはどうやって

一度も購入したことも、いじったことも、整備書見た事もありませんが水平対向
エンジンはどうやってメインベアリングキャップを締めるんでしょうか?
組み立て順もクランクにコンロッド・ピストン

着けてから両シリンダーを合わせる?感じ?結構なぞです。詳しい方御願いします。

Aベストアンサー

モナカ
http://minkara.carview.co.jp/userid/271921/car/165727/395405/note.aspx

Q「アクセルをワイドに開ける」という意味は何ですか?

レースを見たり、車やバイクの話をしている人の話を聞いた際、「アクセルをワイドに開ける」という言葉をよく耳にします。
「アクセルを開ける」とは「アクセルペダルを踏む」という意味である事は分かるのですが「アクセルをワイドに開ける」と言うのは「アクセルペダルを長く踏む」または「アクセルをジワジワゆっくり踏みこんでいくという意味の長く踏む」という事なんでしょうか?

Aベストアンサー

アクセルを踏むと(バイクの場合はひねると)スロットルバルブが開きます。「アクセル全開」のことを「ワイドオープン」とも言います。
エンジンへの燃料供給量は昔はキャブレター、今はインジェクターで調節しますが、どちらもバルブで空気量を調整します。燃料に見合った酸素を供給するために空気の通り道のバルブを(ピストンバルブだったりバタフライバルブだったりします)開け閉めするのですが。

エンジン全開!ってのを「ワイドオープン!」と言ったりするのを「ワイドに開ける」というヒトも出てきたのかなという気がします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報