【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

江戸末期で、276の藩があり、1万石から50万石以上の大名が存在したと理解します。そこで、例えば1万石とか2万石の大名というのは、何人くらいの藩士を抱えていたのでしょうか。
又これら藩士の数は、ほぼ石高に比例するのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一万石で約200名くらいだったようです。


二万石だとその倍かというとせいぜい300人くらいでしょう。
石高が増えれば、家臣の石高も増えて、比率としてはは一般的にはすくなくなりますが、島津、毛利、伊達など外様の大藩で江戸・豊臣以前は大領を領していた、ところは過剰な家臣をかかえていたところもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変迅速な反応感謝いたします。自分では、一万石で150人、二万石で200人くらいかなと漠然と思っていました。私の専門は経済学ですが、現在歴史が登場する論文を作成中です。役に立ちました。有り難うございました。

お礼日時:2005/06/17 10:57

お役に立てるかどうか分かりませんが、NO.1,2の方のちょっと補足です。



江戸幕府は「軍役令」というものを定め、非常時の際、最低限用意すべき武器や馬、人間を規定していました。これは時代が下るにつれて、負担が軽くなっています。戦がなくなったことが主たる要因ですが、財政建て直しのための余剰人員削除にも影響したと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「軍役令」という、具体的根拠が判ったのは大きいです。検索をかけてみたら、1万石に付200人の兵力、という記述がありました。お陰様で、理解を深めることができました。有り難うございました。

お礼日時:2005/06/20 09:47

#1の方の補足ですが、上杉や毛利、佐竹等は関ヶ原の戦いで負けた結果、なんとか改易は免れたもののかなり領地を削られたに関わらず、リストラをしなかった為、かなり余剰人員を抱えて苦しい藩制を強いられました。



ですから、上杉等は当時の同等の石高の藩の2倍の家来を抱えていたと記録されています。
逆に関ヶ原で大幅に領地を増やした藩は石高の割に家来の数も少ない例も見られます。

江戸中期以降は各藩とも当時の流通経済発展等とともに特に江戸表の人員を削減し、臨時雇用の足軽・中間等を雇用するようになり、リストラ及び給料削減を推進しました。

平均はとれるでしょうが各藩毎にかなり事情が異なったのが現状のようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

武士の役職は世襲制であろうと思いますので、過剰な人員を抱えていた藩は、経営が困難であったろうと推察されます。有り難うございました。

お礼日時:2005/06/17 10:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大名の家臣数

大名家の家臣数を知りたいので教えて下さい。
家々によって違うと思いますが、一万石・五万石・十万石・三十万石クラスの大名の大まかな家臣数・陪臣数を知りたいです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

大名家の家臣数は時代によりかなり異なります。
戦国期、江戸初期、末期で実態が変わっています。
戦国末期で軍制が定まってきたときは大体一万石につき200名以上の人数、に武器、乗馬、旗などの数が決められていました。
しかし実態は戦闘時、戦闘員の数がものをいうので軍制以上の人数を動員するのが常でしたし陣場借りといってアルバイトのような人員も抱え込みふくらんでいました。

江戸初期にはこの名残で大体一万石につき200名位に落ち着きましたがそれ以上の家臣をかかえる藩もありました。
米沢藩上杉家は謙信以来の家風があり大幅な減封を受けたのですが家臣団のリストラはせず、一律減封で対処したので有名です。
この為米沢藩士の窮乏はひどく、藩財政の建て直しを図った上杉鷹山の事績は有名で、内職が特産になった位です。

太平が続いた江戸中期では経済の発達、実収入の変動も影響しリストラ、給与の削減(借り上げ)などが常態となり軍制は形ばかりで多くは渡り中間など臨時の人数で揃えることが多くなり馬を備える事もままなりませんでした。
従って実数は半分以下位に下がっていたでしょう。
幕末長州攻めなどに動員された時武器鎧も質にいれていたので請け出すのに借金して間に合わせたといいます。
勿論内実の裕福な藩や尚武の念の厚い藩などはこの限りではありません。
それぞれの藩の古文書などに頼るしかないと思います。

大名家の家臣数は時代によりかなり異なります。
戦国期、江戸初期、末期で実態が変わっています。
戦国末期で軍制が定まってきたときは大体一万石につき200名以上の人数、に武器、乗馬、旗などの数が決められていました。
しかし実態は戦闘時、戦闘員の数がものをいうので軍制以上の人数を動員するのが常でしたし陣場借りといってアルバイトのような人員も抱え込みふくらんでいました。

江戸初期にはこの名残で大体一万石につき200名位に落ち着きましたがそれ以上の家臣をかかえる藩もありました。
...続きを読む


人気Q&Aランキング