英文で書かれた契約書をみていると最後の署名の前に以下のような文章がありました。
As witness the hands of the Parties the day and year first before written
Googleで調べると、どうも契約書の最後にでてくる定型文のようです。これは日本語で何と訳せばよろしいですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「ここに上記の当事者は、上記の年月において、この契約書を署名する。



でどうでしょうか。


在日米海軍司令官との間に締結された賃貸住宅提携プログラム同意書のサンプルのサイト。↓

http://64.233.167.104/search?q=cache:6zkt0V_rIrI …


IN WITNESS WHEREOF, the Installation and the Landlord have executed this Agreement as of the day and year first above written.

ここに在日米海軍、又は、家主は、上記の年日において、この同意書を履行する。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qwhen~ingについて

We can't be too careful when choosing our friends.
このwhen~ingの用法が今ひとつわかりません。分詞構文なのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは!

(a) We can't be too careful when choosing our friends.

はおっしゃる通り分詞構文です。分詞構文は接続詞をつけないものが多いのですが、主節との関係をはっきりさせたい場合つけることもよくあります。

We can't be too careful, choosing our friends.ですとちょっと関係が見えにくいですね。

We can't be too careful when choosing our friends.だと

(b) We can't be too careful when we choose our friends.

の意味だとはっきりします。

なお、in ~ing も「~する時には」という意味ですので、

(c) We can't be too careful in choosing our friends.とも言えます。

「友だちを選ぶときには、どんなに注意しても注意しすぎるということはない」に相当する英文として、(a) (b) (c) の形を覚えて下さいね!

こんばんは!

(a) We can't be too careful when choosing our friends.

はおっしゃる通り分詞構文です。分詞構文は接続詞をつけないものが多いのですが、主節との関係をはっきりさせたい場合つけることもよくあります。

We can't be too careful, choosing our friends.ですとちょっと関係が見えにくいですね。

We can't be too careful when choosing our friends.だと

(b) We can't be too careful when we choose our friends.

の意味だとはっきりします。

なお、in ~ing も「~する時...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報