良寛の短歌について・・・。                         『五月雨の晴れ間にいでて眺むれば青田すずしく風わたるなり』の意味を知りたいのです。解説お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

eirian さん、こんにちは~☆



> 解説お願いいたします。

下記のURLが、ご参考になるのでは。。。

【私の好きな良寛歌(6) 】

http://www.asahi-net.or.jp/~vr5s-ojm/ryoukan-uta …

少しでもご参考になれば、幸いです。


ではでは☆~☆~☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。急いでいたのでとても助かりました。サンキュー

お礼日時:2001/10/08 16:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q斉藤茂吉の短歌「のど赤き 玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり」について

学校の授業で斉藤茂吉の短歌「のど赤き 玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり」について調べています。この短歌の詳しい解説、または詳しい解説が載っているページを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここ↓はどうでしょうか?

 http://www13.plala.or.jp/hosonag/jukentanka2.htm

参考URL:http://www13.plala.or.jp/hosonag/jukentanka2.htm

Q短歌の結社に入ると、短歌の知り合いができるのでしょうか

まず、カテ違いでしたら申し訳ありません。
趣味のカテにすべきか迷いました。

私は短歌を始めて4ヶ月になります。
田舎に住んでいることもあり、同年代の方が参加するような短歌サークルは近くにありません。
NHK学園の短歌講座をとってみたり、テレビや雑誌を見たりしてひとりで歌を作っていますが、できれば短歌が好きな同年代の方とお会いし交流を深めることができればと思うようになりました。

そこで結社へ入ろうかと思います。
調べたところ、結社では投稿作品を会員誌に掲載したり、歌会(?)のようなものが開催されたりするようですが、会員間の交流はどの程度盛んなのでしょうか。
結社に入ると、お友達ができたりするようになるのでしょうか。

結社に入っても投稿するだけで終わってしまうのであれば、今私がしていることと大して変わりないように思うのです。
できればいろんな方に私の短歌をみていただいたり、また私もいろんな方の短歌を拝見できればと思っていますが、結社に入ればそのようなことは可能なのでしょうか。

もちろん結社によって差異はあると思うのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示ください。
なお入会しようかと思っている結社はまだありませんが(考え中です)、角川書店の「短歌」に広告を出しているような結社に入ろうと思います。

さらに、どのような基準で結社を選べばよいかご存知でしたらあわせて教えていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

まず、カテ違いでしたら申し訳ありません。
趣味のカテにすべきか迷いました。

私は短歌を始めて4ヶ月になります。
田舎に住んでいることもあり、同年代の方が参加するような短歌サークルは近くにありません。
NHK学園の短歌講座をとってみたり、テレビや雑誌を見たりしてひとりで歌を作っていますが、できれば短歌が好きな同年代の方とお会いし交流を深めることができればと思うようになりました。

そこで結社へ入ろうかと思います。
調べたところ、結社では投稿作品を会員誌に掲載したり、歌会(...続きを読む

Aベストアンサー

短歌ではありませんが、私も一度、入りたい結社があったのですが、
事実上断られてしまったことがありました。
中には敷居を高く設定しているところや、裏の顔を持っている結社も数多いですから、慎重に選んでください。
選ぶ基準はなんとも言えませんが、
好きな歌人の方の在籍する所に入るのがいちばん上達もすると思いますし、
嫌な面も少々のことは我慢できると思います。

そうでなければ市町村の市民講座などでもたくさんの方と交流できます。
そこで腕を磨いてから本命の結社に行ってみてもいいのではないでしょうか。

Q俳句と短歌は一見よく似た文芸詩のようにみえますが、なぜ、科学者では、俳句よりも短歌を詠む人が、多いの

科学者では、俳句よりも短歌を詠む人が、多いような気がします。
両者は、一見よく似た文芸詩のように思われますが、なぜ、科学者は短歌を好むのですか?

Aベストアンサー

>俳句よりも短歌を詠む人が、多いような気がします。

そうかなぁ。
ぱっと思いつくだけでも、物理学者なら、
・寺田寅彦
・有馬朗人(東京大学元総長・原子核物理学)
・尾池和夫(京都大学元総長・地球物理学者)

数学者にも
・吉田 洋一(北海道帝国大学教授)

化学なら
・和田悟朗(奈良女子大学名誉教授)


だから、気のせいだと思います。

Q啄木の短歌の「そ」の意味

石川啄木の有名な短歌に
 ふるさとの訛(なまり)なつかし
 停車場の人ごみの中に
 そを聴きにゆく
というのがありますが、「なまり」と訳される「そ」は、
どのような漢字なのでしょうか?

Aベストアンサー

この場合の 「 そ 」 とは 「 それ 」 の意です。
「 あれ 」「 これ 」「 それ 」 の 「 それ 」 です。
あえて漢字で書けば 「 其れ 」 となります。

Q柳生十兵衛の作った短歌の意味

江戸時代の剣豪、柳生十兵衛は晩年に「月の抄」という著作を書いていますが、その中で次のような短歌を詠んでいるそうです。

「たずねゆく道のあるじや夜の杖
    つくにぞいらね月のいづれば」

この短歌の意味についてご教示下さると幸いです。私は古文の知識がなく、特に後半がよくわかりません。

質問の背景としては、柳生十兵衛が公儀隠密として暗躍したかどうかについては賛否両論があります。上記の短歌はどこか哀調を帯びていると思われますが、十兵衛隠密説を暗示しているのではないかと推測しております。

以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「つくにぞいらね」の「ぞ」は「係り結び」でしてそのあとの「いらぬ」というところを連体形の「いらね」に変えてあるわけですね。連体形はそのあとに体言が来るはずの言い方なのに、何時までたっても体言が来ないので不安な心理状態に陥るわけですね。それで強調することになるわけですが、なにぶん50年前に習ったことで、全然自信がありません。しかしそうすると「入らね」(雲に入ってください、という意味であって、自分の部屋に招き入れるのではないですね)は依頼しているわけですから、もちろん連体形ではないですわね。
それから書いてくださった下の句は正確なんでしょうか? むかしの人は濁点をよく省略しましたのでね。濁点をぜんぶ無くして読んでみることも必要かと思います。

それから隠密というのは剣を使わないお仕事ですね。私の感じとしては、剣を使うほうが人生の裏街道で、本来人間のいきかたの本道は剣なんて使わないものだと思っています。
だから「無刀取り」も剣を極めていったら人を傷つけない方法にたどり着いたということですね。
それで公儀隠密というのは情報を収集したり伝えたりする仕事ですから、今で言うSEみたいなもので、剣や暗闇を必要としない人間本来の道だと思います。
この歌も喜びの心を表しているように感じるのですけど、いかがなものでしょうか。

「つくにぞいらね」の「ぞ」は「係り結び」でしてそのあとの「いらぬ」というところを連体形の「いらね」に変えてあるわけですね。連体形はそのあとに体言が来るはずの言い方なのに、何時までたっても体言が来ないので不安な心理状態に陥るわけですね。それで強調することになるわけですが、なにぶん50年前に習ったことで、全然自信がありません。しかしそうすると「入らね」(雲に入ってください、という意味であって、自分の部屋に招き入れるのではないですね)は依頼しているわけですから、もちろん連体形で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報