net-snmpを起動しておき、mrtgを使ってトラフィックなどの情報を見ようとしたのですが、
net-snmpがうまく起動できません。
[root@*******]# /etc/init.d/snmpd start
と入力すると
[root@*******]# snmpd ư: /usr/sbin/snmpd: symbol lookup error: /usr/sbin/snmpd: undefined symbol: snmp_log_syslogname
とエラーを返されてしまい、このエラーの内容もよくわかりません。

OSはFedora Core 3で、
[root@*******]# yum -y install net-snmp
としてインストールし、
snmpd.confを次のように設定しています。

・コミュニティの設定
com2sec local localhost private
com2sec mynetwork 192.168.0.0/24 public
・グループの設定
group MyROGroup v1 mynetwork
group MyROGroup v2c mynetwork
・ビューの設定
view all included .1 80
・アクセス権の設定
access MyROGroup "" any noauth exact all none none
access MyRWGroup "" any noauth exact all all none
・ディスク使用率の設定
disk / 10000

デフォルトの設定ファイルから変更したのは以上です。
どうしたらうまく起動できるようになるのか、どなたかご教示お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

symbol lookup error: /usr/sbin/snmpd: undefined symbol:snmp_log_syslogname



どうも、シンボルがあってないと思われます。(バージョンが対応していない)

Linux関係の細かいことは私にはわかりませんが、以下の対処方法が考えられます。

・Fedora Core 3、及び snmpd 自体両方を最新にしてみる。
・でなければ、SRPM からインストールしてみる。
・それでもだめなら、snmpd 本家からダウンロードしてインストールしてみる

http://heanet.dl.sourceforge.net/sourceforge/net … 等より・・
tar xvfz net-snmp-5.2.1.tar.gz
cd net-snmp-5.2.1
sh configure
make
ためしに、できた、./snmpd を実行してみる

(必要ならば make install)

なお、この場合でインストールした場合、Fedora Core 3 から管理できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

バージョンがあっていないとこういう事がおこるんですね。
最近Fedora Core 4が出たようなのでその影響かもしれませんね。
エラーの内容も理解できず、どうしていいかさっぱりだったので、とても参考になりました。
まずはアップデートから試してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/08 03:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q/var/log/httpd/error_logに大量のエラーログ

お世話になります。

サーバを運用しているんですが、/var/log/httpd/error_logに大量のエラーログが出ます。

環境
CENTOS4
PHP5.1.6
mysql5
apache2.0

/etc/httpd/conf/httpd.confのerror_log部分はコメントアウトして再起動しました。

エラーログをはいているなにがしかのconf設定部分があるとおもい、ずっと探しているのですが、まったくわかりません。エラーログを吐かないようにしたいのですが、どうにか良い方法ございませんでしょうか。

エラーログの中身ですが、すぐいっぱいになるため、中身を見ようと思っても容量が大きすぎてコマンドラインから開くこともままなりません。大体一時間で50G程度のエラーログが出ています。

お忙しいところ大変申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

それって一度もそのエラーログの中身を確認していないということですか?
中身も確認せずにただログを出ないようにするというのは、非常に危険な行為だと思うのですが。

ログが大きすぎて見れないのなら、PCを一旦停止させてログファイルを別名に変えて退避して置き、5分程度だけ短時間のあいだ時間を区切って運用してファイルが肥大化する前にPCを止めて見てみたらどうでしょう。

Qオーディオアンプキット↓ http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK

オーディオアンプキット↓
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-00385/

これに電源をUSBケーブルでとることはできますか?
アンペアがわかりません
教えて下さい

Aベストアンサー

USB端子部の電圧はDC5Vですので使用できません。
オーディオアンプキットの必要とする電源はDC9V~15Vです。
同じ秋月電子からスイッチング電源が販売されていますので、これを
購入して使用すると良いでしょう。
スイッチング電源については下のURLをクリックして参考にして下さい。
また、電源端子に接続する際、電源の極性に注意します。

「スイッチング電源(DC9V 2A)/秋月電子(例)」
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-02193/

QLinuxの一般ユーザからrootユーザへのスイッチの方法と設定箇所

お世話になっております。

Linuxの一般ユーザとrootユーザについて質問があります。

よく外部からアクセスさせる際にrootの権限は与えずに、
ユーザ権限を配布してsuでrootにスイッチする方法があるかと思います。

今回外部からアクセスさせる予定があるのですが、サーバの設定方法が分かりません。
どなたか分かる方がいらっしゃいましたらお教え頂けますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

SSHの設定でしたら
/etc/ssh/sshd_config に(ディストリビューションによって違うかも)
PermitRootLogin no でrootログインを拒否できます
PermitEmptyPasswords no がパスワード無しを拒否

http://www.unixuser.org/~euske/doc/openssh/jman/sshd_config.html
他「sshd_config」で検索してみてください。

QPostfixのinstall_rootについて

smtpサーバを構築しようとしています。
MTAはPostfixを採用するものとして、

インストールしたファイルの管理を一元化したいと考えてます。
任意のマウント領域内(/bob)の任意のフォルダ(/bob/mail)にインストールを行おうと考えました。

インストール環境は、
OS:linux
ディストリ:Fedora8
です。

ソースからコンパイルします。
postfix-2.5.5.tar.gzを解凍し、root権限で、
# make
# make install

を行いました。

インストール時には、インストールパスを指定しようと考え、それぞれ以下の設定でインストールを行いました。

install_root:[/] /bob
tempdir:[/root/postfix-2.5.5]
config_directory:[/etc/postfix] /mail/etc/postfix
command_directory:[/usr/sbin] /mail/usr/sbin
daemon_directory:[/usr/libexec/postfix] /mail/usr/libexec/postfix
data_directory:[/var/lib/postfix] /mail/var/lib/postfix
html_directory:[no]
mail_owner:[postfix]
mailq_path:[/usr/bin/mailq] /mail/usr/bin/mailq
manpage_directory:[/usr/local/man] /mail/usr/local/man
newaliases_path:[/usr/bin/newaliases] /mail/usr/bin/newaliases
queue_directory:[/var/spool/postfix] /mail/var/spool/postfix
readme_directory:[no]
sendmail_path:[/usr/sbin/sendmail] /mail/usr/sbin/sendmail
setgid_group:[postdrop]

・・・インストールが完了したので、設定を確認しようとしました。

# /bob/mail/usr/sbin/postconf -n

を行いましたが、エラーが出ました。

■エラー文章:
/bob/mail/usr/sbin/postconf: fatal: open /etc/postfix/main.cf: No such file or directory

というメッセージが出ました。
読んだ通り、main.cfがありませんよ、見つかりませんよ、ということだと思いますが、

main.cfは存在しており、そのパスは
/bob/mail/etc/postfix/main.cf
なので、/etc/postfix/main.cfにはないです。

ですので、

# /bob/mail/usr/sbin/postconf -n
の実行時に読み込みを
/bob/mail/etc/postfix/main.cf
に変更してしまいたいのですが、可能でしょうか。

過去の記事には同じような内容がなかったことと、
ネットや書籍を検索しましたが、install_rootはデフォルト値でのインストールの場合の設定しか発見できませんでしたので、今回投稿させていただきました。
設定を変更できる箇所などございましたら、ご教授お願いできませんでしょうか。

尚、語意不明な点などございましたら、ご指摘くださいますよう、よろしくお願いします。

smtpサーバを構築しようとしています。
MTAはPostfixを採用するものとして、

インストールしたファイルの管理を一元化したいと考えてます。
任意のマウント領域内(/bob)の任意のフォルダ(/bob/mail)にインストールを行おうと考えました。

インストール環境は、
OS:linux
ディストリ:Fedora8
です。

ソースからコンパイルします。
postfix-2.5.5.tar.gzを解凍し、root権限で、
# make
# make install

を行いました。

インストール時には、インストールパスを指定しようと考え、それぞれ...続きを読む

Aベストアンサー

man postconf
で最初のほうに表示されます。
Googleでも、postconfで検索し
1番上に表示されるサイトの上のほうに書いてあります。

QPowerMac4400/200

PowerMac4400/200というのはストレスなく普通に使えるものなのでしょうか?それとも、サイトを見るにも時間がかかり嫌になりますか?
また、USBケーブルは繋がるのでしょうか?

Aベストアンサー

無理です。
ちょっと古すぎです。
そのままだとOS8.5とかの筈ですが、メールソフトとかインターネットブラウザも殆どが手に入らないでしょう。
システムディスクがあるのならOEやIEの古いものが入っているかも知れませんが、もう10年近く前のモノなので最新のインターネット環境ではスペック的にもソフト的にも全く歯が立ちません。
USBは無かったと思います。
USBが採用されたのは初代iMac以後です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報