食パンが大好きなのですが、最近人気の「ふわふわ」「やわらか」といった食パンが苦手です。
耳はカリっと、中身はきめが細かくて密度の高い歯ごたえのある香りのよいパンが好きなのですが、最近の風潮の中ではこういうパンは売っておらず(TT)自分で作るしかないと諦めて、作ることにしました。
とは言っても、仕事を持つ身、毎日イースト菌の相手をする時間をつくり出すわけにもいかず、ナショナルの天然酵母も焼けるホームベーカリーを購入しました。
歯ごたえのあるパンが焼けます、とのふれこみでしたが、私から見ると中のきめがやっぱり荒く(その分やわらかいのでしょうが)がっかりしています。
そこで質問です。このレシピを改良して中の密度をあげるにはどうしたらよいのでしょうか?水を減らせばよいのでしょうか?粉を増やすよりその方がいいような気がするのですが、他にも何かよい方法はありますか?また、そういう場合の注意点などありましたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

パン屋で働いたことがある、zohです。



パンの歯ごたえは密度だけでなく、グルテンの量にも大きく左右されます。グルテンの量が多い小麦粉を選んで作ってみるというのも、一つの手だと思います。と言ってもなかなか選択肢がないと思いますが…

また、歯ごたえは「十分こねる」事が重要です。パン焼き器任せのパンがいまいち歯ごたえが出ないのは、やはりコネが足りないからです。しっかりこねてやるとグルテンの絡みがしっかりして、弾力が出てもちもちした食感になりますので、一度パン焼き器から出してしっかりこねてあげましょう。と言ってもパン焼き器は使ったことがないので、取扱説明書をよく見て下さい。

この回答への補足

う~む、そうでしたか。
やっぱり手でこねないとだめですか・・・
いろいろ調べても「パン焼き機で作ったパン、おいしい」という言葉ばかりで、自分で食べてみたわけじゃなかったのが敗因でしたね。
買う前に、パン焼き機で作ったパンを試食させてもらえればいいのに~。
とは言え、買ってしまったものだし、ラクはラクだし、いろいろ研究してみます。
グルテンが多い小麦粉だと、気泡がしっかり形成されて、よくふくらむのかと思っていました。ふくらみすぎると歯ごたえがなくなるのかな、それだったら中力粉でやって膨らみを減らそうかな、なんて思っていました。
パンって、生き物や有機物のからみあいで、奥が深いですね。
しばらく楽しんでみます。

補足日時:2001/10/13 07:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、ごめんなさい。
お礼をするつもりが、補足にしてしまいました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/13 11:03

私もホームベーカリー初心者です。


レシピは添付説明書にも載っていると思いますが、個人の好みはいろいろですものね。

ホームベーカリーを使ったパン作りで、独自のレシピをたくさん公開しているHPをご紹介します。
自分で毎日焼いている方なので、評判良いですよ。

参考URL:http://ct.jpn.org/~mari/bread/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ナショナルのHPにも紹介されていた方のHPですね。
いろいろレシピがありますね~。
がんばります!

お礼日時:2001/10/13 07:41

こんにちは、我が家もp_nonokoさん家と同じベーカリーを持ってます。



p_nonokoさんが求められているものかどうかは保証できませんが、家で今のところ気に入っているレシピが、全粒粉を3~4割入れたものです。小麦本来の香りがして耳はカリッ中はきめ細かい気泡で密度が高いものです。ただ、全粒粉を入れるとふくらみが悪くなるので、通常より小さくなります。

水の加減などでも変わるとは思いますが、減らしすぎるとこねる羽が上手く回転できなくなったりするようです。(生地が硬すぎると止まってしまう)

色々と試行錯誤しているときが一番面白いかもしれません(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
全粒粉は私も大好きです。
今度試してみたいと思います。
でもパンって消費がそう多くないから、一日に1度くらいしか焼けないのがもどかしい・・・(^^)

お礼日時:2001/10/13 07:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土粒子の密度計算について

水で飽和した粘土の含水比は52 %で、湿潤密度は1.72 g/cm3である。土粒子の密度を求めよ。

計算したくてもできませんでした。
この条件で土粒子の密度はでますのでしょうか?

Aベストアンサー

土粒子は水に溶解しないとする。
水で飽和した粘土=水と土粒子の混合物、1[cm^3]中の
Vw:水の体積[cm^3]
Vs:土粒子の体積[cm^3]
Mw:水の質量[g]
Ms:土粒子の質量[g]
とする。
また、
ρw:水の密度[g/cm^3]=1[g/cm^3]
ρs:土粒子の密度[g/cm^3]、これを知りたい。
ρ:湿潤密度[g/cm^3]=(Mw+Ms)[g]/(1[cm^3])=1.72[g/cm^3]
r:含水比=Mw/Ms=0.52
とする。

1.
Mw/Ms=0.52
Mw+Ms=1.72[g]
これを解いて、
Mw=0.59[g]
Ms=1.13[g]
2.
Vw+Vs=1[cm^3]
Vw=Mw/ρw=0.59[g]/(1[g/cm^3])=0.59[cm^3]
したがって、Vs=1-0.59=0.41[cm^3]
3.
土粒子の密度
ρs=Ms/Vs=1.13[g]/(0.41[cm^3])=2.76[g/cm^3]
か。

ちょっと高めの密度の土だね。

Qホームベーカリーで作った生地を食パン型で焼きたいです

パン作り初心者です。1斤用のフタ付の角型で食パンを作りたいのですが、どのタイミングでフタをしたらよいのでしょうか? フタ無しなら、仕上げ発酵は型より5ミリほど上に膨らむまでとありましたが、フタ付の場合は・・・? それと空焼きしたとき、型が油焼け?して拭いても落ちそうに無いのですが、それは普通ですか? そのまま焼いても大丈夫でしょうか?
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

生地の捏ねだけをHBで、焼成をオーブンで焼いて角食を作りたい、ということでしょうか。
私自身は手捏ねでパン作りをはじめHBを使い始めて日が浅いのですが
今までの知識と経験から言うと、最終発酵で生地の膨らみを確認してから蓋をするのではないかと思います。
(今まで余り深く考えずにやってました)
最終発酵前に蓋をして、いっぱいいっぱいに膨らんだ生地を焼いたところ、蓋が開かずにパレットナイフでこじ開けた経験ありです・・・。

パン型の材質は空焼きされていることからアルタイトかブリキなのではないかと思いますが、私も油焼けのようになりましたが、この油膜がきちんと出来ていないと型離れが悪いのです。最初は気になると思いますが決して洗剤で洗ってはいけません。余り気になるようでしたら熱湯でさっとすすぐ程度にとどめておいた方が無難でしょう。

参考URL:http://www7a.biglobe.ne.jp/~taberun/kakusyoku.htm

Q混合密度の計算方法を教えてください

始めまして。混合後の密度計算の仕方を教えてください。

液体Pの純度は65%です(重量比、P液100グラム中にはPPが65グラム含まれています)。P液の密度は0.80固定とします。

液体Nは溶媒(溶剤)です。密度は0.75とします。

液体Pを溶媒Nに溶解した液体(PN)があります。
PN中のPPの濃度(重量比)を2%とすると、液体PNの密度はどうやって計算したらいいのでしょうか。濃度から混合液の密度は求められるという話を聞いたものですから、皆さんに質問させていただきました。
液体P中のPPのデータはありません。

理系の学問の化学にしてはちょっと程度の低い質問ですが、化学だめ、数学だめの私にとっては難問です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どうも、po-netと申します。

<方針>

液PにおけるPPと溶媒の濃度の比を用いて、液体PNにおけるNの濃度を求めます。
そして、そこから導き出された(液体PNの)それぞれの濃度と、液体Pと液体Nの密度から、液体PNの密度を求めます。
また、溶液濃度は全て同じ単位を使っていることから数字をそのまま使うことができるのにも着目します。


<解き方>

まず、PとかNですと(私が)イメージしにくいので、
PP=砂糖、液体N=しょうゆ、液体Pの溶媒=水、液体PN=調味料
としましょう。
後で元に戻してください。
絵に描くとより分かりやすいです。。。

こう考えると液Pは濃度65%の砂糖水、つまり
砂糖:水=65:35(=13:7)   ・・・(1)
ということですよね?
(ここの意味を取り違えていたらゴメンナサイ)

(1)より、式を変形して
水=砂糖×(35/65)        ・・・(1)'

さて、問題によると、砂糖水としょうゆと混ぜたとき、知りたい事の第一段階であるしょうゆの割合をX%とししたとき、こんな関係ができます。
しょうゆ:砂糖水=X:100-X    ・・・(2)
砂糖水=砂糖+水=100-X      ・・・(3)
砂糖=2                ・・・(4)

さあ、あとは数学の問題です。
(1)’、(2)、(3)、(4)より
砂糖水=???%  (=Yとします)
しょうゆ=X=???%   (自分で計算しましょう♪)

調味料における砂糖水、しょうゆの割合が分かったところで、やっと密度の計算に入ります。
・砂糖水の密度は0.80 → コレが全体のY%   ・・・(5)
・しょうゆの密度は0.75 → コレが全体のX%  ・・・(6)

(5)、(6)より、全体の密度は
 (0.80Y+0.75X)/100 (これは自分で計算しましょう♪)
で求まります。

____________________________________

5年位前の事なんで、かなり自信ないけど書いてみました。
あっているかどうか分かりませんが。。。
間違えていたらごめんね。。。

どうも、po-netと申します。

<方針>

液PにおけるPPと溶媒の濃度の比を用いて、液体PNにおけるNの濃度を求めます。
そして、そこから導き出された(液体PNの)それぞれの濃度と、液体Pと液体Nの密度から、液体PNの密度を求めます。
また、溶液濃度は全て同じ単位を使っていることから数字をそのまま使うことができるのにも着目します。


<解き方>

まず、PとかNですと(私が)イメージしにくいので、
PP=砂糖、液体N=しょうゆ、液体Pの溶媒=水、液体PN=調味料
としま...続きを読む

QHBでパン屋さんのパンみたく焼ける?

お家でHBを使いよく食パンを焼きます。レシピは説明書を見たり、モバレピを参考にします。美味しいのですが、パン屋さんや売っているものは重さも軽いし空気を良く含みフワフワですよね?HBではそのようにフワフワの軽いパンを作ることはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

パン屋ですがホームベーカリーは難しいですよ。
レシピ通りに焼くなら問題は無いですが
自分で配合を考えようと思うと工程がいじれないのでそれにあわせた配合を組む必要があります。
ミキシングや発酵時間などが調整できないですから。
出来なくは無いですが、そこら辺を考慮する必要がありますね。

Q3種類の液体を混合した時の密度計算を教えてください

お世話になります。密度計算について教えてください。

液体A中には最高純度50wt%で物質AAが溶けています。
純度50wt%の液体Aの密度は0.8です。
純度は常に一定ではありません。

液体B中には最高純度75wt%で物質BBが溶けています。
純度75wt%の液体Bの密度は0.95です。
同じく純度は常に一定ではありません。

液体Cの密度は0.75です。
温度は一定とします。

液体AとBの混合液(もしかしたらさらにCも混ざっているかもしれない)が300リットルあります。
混合に用いた液体AとBの純度は不明です。
混合液中に含まれるの液体Aの純品の濃度を25%とします。
さらに混合液中には液体Aの純品の半分のB液中の純品が含まれるとすれば
混合液300リットルの密度を計算で求めることは可能でしょうか。

Aベストアンサー

 ご質問内容が分かり難いのですが,結論を言いますと『混合液300リットルの密度を計算で求めることは不可能』です。

 密度を求めるには,その物質の質量と体積が分かっている必要があります。今の場合,混合液の体積は 300 リットルと分かっていますが,質量が分かりません。

 『液体Aの純品の濃度を25%』,『液体Aの純品の半分のB液中の純品が含まれる』の「%」を「重量対容積%」と考えれば,各純品(AA と BB ?)の質量は求まりますが,それらを溶かしている溶媒の質量は分かりません。

 ましてや,『もしかしたらさらにCも混ざっているかもしれない』となると C の重量(どれだけ入っているか)も考えないといけません。

 と言う訳で,お書きの混合溶液の密度は計算では求まりません。

Q天然酵母パンのレシピをドライイーストで

パン作りは一年ちょっとの初心者です。
最近はカンパーニュにはまって、毎日のように焼いています。
図書館で借りてきた、田辺由布子さんの「素朴がおいしい、天然酵母のパン」のレシピでパンを焼きたいと思っているのですが、
天然酵母をドライイーストに置き換えて作ることは出来ますか?
その場合のドライイーストの分量はどのくらい入れればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

田辺由布子さんの本を拝見していないので答えになるかどうかわかりませんが・・・

もしその天然酵母が、ホシノ天然酵母のような液体のものであれば、液体の分、水を増やす必要があるかもしれませんね。ドライイーストの分量ですが、私はいつも粉に対して2%のドライイーストを加えて、30度くらいのところで1時間~1時間15分ほど一時発酵を取っていますので、それで出来ると思います。

ドライイーストを1%にして、その分一時発酵を多くとってもパンは出来ますよ。少ないイーストでじっくり発酵させた方がパンの劣化も遅いですしね。

ただ、砂糖や塩など副材料の分量も「天然酵母のパン=イーストのパン」で同じパンが出来るかどうかはわかりません。。。
水分を捏ねながら微調整するなどして、少し実験気味に挑戦してみてください。。

答えになっていなくてごめんなさい。

Q密度の計算なんですが...

ええと、中一の理科の密度の計算なんですが、数学に出すか、科学に出すか、迷ったあげくにこっちに出しました。
それで本題に入りますが、密度の計算の問題で半端な答えが出たのでたんですけれど...
「体積90[cm^3]の液体Bに、Bとは異なる種類の液体Cを90[cm^3]加えたところ、液体の質量が全体で154[g]になりました。液体Cの密度は何[g/cm^3]でしょうか。(液体Bの密度は1[g/cm^3]です。)」という問題ですが。
ちなみに私の答えは32/45[g/cm^3]というしっくりこない数字なんですが...
回答待ってます!!!

Aベストアンサー

> 数学に出すか、科学に出すか、迷ったあげくに
> こっちに出しました。
 御質問の本質ではありませんが,内容から考えると「科学」か「化学」の方が良かったかも知れませんね。

> ちなみに私の答えは32/45[g/cm^3]という
> しっくりこない数字なんですが...
 「しっくりこない」とはどういう意味でしょうか?「整数にならないのでおかしい」と言う事でしょうか。それでしたら大丈夫です。実際は分数ではなく小数に直して 0.71 とした方が「理科」としては良いと思います。
 ちなみに,密度が整数になるのは 25℃の水の 1.00 [g/cm^3] くらいのもので,ほとんどのもので小数になります。例えば,メタノ-ル(25℃): 0.786,エタノ-ル(25℃): 0.785。

Q季節によってホームベーカリーでのパンの仕上がりに違いが出ますか?

ホームベーカリーで食パンを作っていますが、最近生地の混ざりが悪く、膨らみも悪く、まずいパンが出来上がります。気温や湿度が関係しているのでしょうか?どの材料を加減すればおいしく仕上がりますか?

Aベストアンサー

通常は夏は捏上げ温度が高いので、過醗酵になりがちなのですが、症状は違うようですね。
原料で思いつくのは小麦粉くらいですが、そうでなければ、本体の問題かもしれません。

Q化学の密度計算

密度の計算をするときこれだけは覚えておかないと
とけないこと、式、気を付けるべき条件などあったら
教えてください。文系の人間なので式とか丁寧に
解説してください

Aベストアンサー

単位体積あたりの質量としての密度は国際単位系 (SI) では キログラム毎立方メートル(kg/m3)を単位として使用します。他にも g/cm3 = kg/L などの形で使われます。
固体や液体の密度はg/cm3などがよく使われますが、気体の密度については標準状態(0℃で1013hPa(1気圧))のときの1立方メートルの容積の質量kgや1リットル当たりの質量gなどで表示されます。
アボガドロの法則によって気体1モルの体積はすべての気体について同じでその体積は22.4リットルになります。
このため例えば酸素ガスの密度は標準状態ではつぎのように計算されます。
酸素ガスは酸素原子が2個結合した分子からなっており1モルの質量は酸素の原子量16*2 で32 gとなります。
標準状態での体積は22.4リットル(L)ですから
32 / 22.4 = 1.43 g/L
となります。

Qインスタントドライイーストとドライイースト(予備発酵不要)の違いは?

先日、無料パン作り教室に行って来ました。
とても簡単にパンが作れた為、家でもやってみようと思い、材料を買いに行ったんですが、ドライイースト(予備発酵不要)はあるんですが、インスタントドライイーストが、どのスーパーに行ってもないんです。
教室ではインスタントドライイーストを使用したので、ドライイースト(予備発酵不要)をインスタントドライイーストと同様に使用していいものか悩んでいます。
教室も一回きり無料だったので、今更電話で聞く訳にもいかず、とても困っています。
どなたか詳しい方がおられましたら、ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

パン職人です。

ご安心ください。gakinchoさんがスーパーで御覧になったドライイースト(予備発酵不要)が、すなわち、インスタントドライイーストです。

ドライイーストは、予備発酵させて使わなければならないものと、予備発酵をさせずに直接粉に混ぜて生地練りできるものがあります。
インスタントドライイーストとは、後者の手間なしタイプのものです。

ちなみに、予備発酵というのは、
乾燥されて休眠状態(?)になっているイーストを、薄い砂糖水(35℃ぐらい)に溶かしてしばらく置き、活性化させる工程です。面倒と言えば面倒です。その工程を省けるから“インスタント”なんですね。

メーカーによって、表記が「インスタントドライイースト」だったり「ドライイースト(予備発酵不要)」だったりするので、混乱しちゃいますよね。

いつか、gakinchoさんが誰かにパン作りを教えてあげる事があったら、要注意点として教えてあげてください。

美味しいパンができると良いですね。がんばってくださいヽ(^o^)丿


人気Q&Aランキング