お酒に目薬を入れると悪酔いをする、もしくは危険。ときいたのですが
その理由がわかりません。
どういうことなのでしょうか?根拠はあるのですか?おしえてください。

A 回答 (1件)

同じような質問が載ってるサイトがありましたよ。



参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/s688.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう事だったんですね!ありがとうございました。
誰にきてもわからなかったんですよ。

お礼日時:2001/10/14 18:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目薬の保存期間について

目薬は開封後一ヶ月たってしまったら、使用しない方が良いとのことを聞きます。防腐剤など入ってないと特に水などが、腐ってしまうからなのでしょうか?開封後、冷蔵庫で保存しながら使用していても一ヶ月たったら捨てた方が良いのでしょうか?また、冷蔵庫に入れて冷えた目薬は、一ヶ月以内でも点眼するのは良くないのですか?

Aベストアンサー

私は眼科で点眼薬を処方されています。

点眼薬には、開封前は冷蔵庫で保存するようにとの注意書きがありますが、保存期間については表示がありません。

開封後は光を避けて室温(1℃~30℃)または冷蔵庫で保存し、4週間以内に使い切るようにとあります。

開封後は一ヶ月経ったら捨てた方が無難でしょう。

開封後一ヶ月以内なら冷蔵庫に入れて冷えた目薬を使うのは、差し支えないと思います。

Qある液体培地を作り その中にコウジカビを入れ 3日間培養させます。 その培地を吸引濾過し、 そのろ液

ある液体培地を作り
その中にコウジカビを入れ
3日間培養させます。
その培地を吸引濾過し、
そのろ液に澱粉を入れて
100℃で反応させます。
コウジカビが作った
アミラーゼなどの酵素が
働いて、ブドウ糖とかになります

そのあと、その溶液に
蒸留水を加えて希釈した後
紫外可視分光光度計で
吸光度を測定するのですが

間違って、実験書に書いてある
量よりも多く蒸留水を
加えてしまいました。

このことによって
測定結果(吸光度)には
どんな影響がありますか?

Aベストアンサー

単純に薄くなるので、濃度に比例して吸光度も変わります。・・・・当たり前ですが
ランベルト・ベールの法則

Q診療録、薬剤服用歴管理簿、調剤録の保存期間について

紙カルテは5年、紙薬歴は3年、調剤録は3年(一部5年)、という保存期間がありますが、電子カルテ、電子薬歴、電子調剤録の保存となるとその期間が延びると聞いたことがあります。保存期間はすべて5年、3年と記載があるのは目にするのですが、電子保存になった場合の記載はありません。ただ、紙カルテは5年、電子カルテは10年の保存期間があると聞いたことがあり、そうなると電子薬歴にも保存期間が別にあるのではないかと思っています。資料を探すのですが、どうしても見つかりません。実際のところ電子保存になることにより保存期間が延びるといったことはあるのでしょうか?
電子薬歴を導入しようとしているのですが、その部分が気になっています。

Aベストアンサー

診療録等の電子媒体による保存について の通知には

 2 基準
 法令に保存義務が規定されている文書等に記録された情報(以下「保存義務のある情報」という。)を電子媒体に保存する場合は次の3条件を満たさなければならない。
 (1) 保存義務のある情報の真正性が確保されていること。
 (2) 保存義務のある情報の見読性が確保されていること。
 (3) 保存義務のある情報の保存性が確保されていること。
○ 法令に定める保存期間内、復元可能な状態で保存すること。

とあります

電子媒体でも紙媒体でも根拠となる法令は同一のものですから必要な保存期間はかわりません


リンクを張ります診療録等の電子媒体による保存に関する解説書にも
医師法  診療録 5年
薬剤師法 調剤録 3年
とかわりません

なお、ここで言われる期間の初めの日ですが、保険診療の場合、「完結の日から三年間保存しなければならない。ただし、患者の診療録にあっては、その完結の日から五年」とされていることからたとえば5年間通院していた患者さんの診療録は診療開始から10年必要となることに注意してください

参考URL:http://www.medis.or.jp/2_kaihatu/denshi/file/kaisetu_9910.pdf

診療録等の電子媒体による保存について の通知には

 2 基準
 法令に保存義務が規定されている文書等に記録された情報(以下「保存義務のある情報」という。)を電子媒体に保存する場合は次の3条件を満たさなければならない。
 (1) 保存義務のある情報の真正性が確保されていること。
 (2) 保存義務のある情報の見読性が確保されていること。
 (3) 保存義務のある情報の保存性が確保されていること。
○ 法令に定める保存期間内、復元可能な状態で保存すること。

とあります

電子媒体でも紙媒体で...続きを読む

Q【化学・危険物】危険物保安員の話。 4種危険物はガソリンですよね? なぜガソリンの貯蔵庫で40度以上

【化学・危険物】危険物保安員の話。

4種危険物はガソリンですよね?

なぜガソリンの貯蔵庫で40度以上の温度で保管されるガソリンについては保安員は不要なのですか?

40度以下だと保安員がいるそうです。

普通、温度が低い方が保安員は要らない気がするのになんででしょう?

Aベストアンサー

>4種危険物はガソリンですよね?
違います。
消防法や危険物の規制に関する政令等では「4種」などと言う区分は存在しません。
ガソリンは第四種危険物ですが第四種危険物はガソリンではありません。

>なぜガソリンの貯蔵庫で40度以上の温度で保管されるガソリンについては保安員は不要なのですか?
そのような規定はありません。

>40度以下だと保安員がいるそうです
保管温度ではなく引火点です。
保安員ではなく危険物保安監督者です。

Q訴訟記録の保存期間

よろしくお願いします。

訴訟記録の保存期間ですが、

私は10年と思っていたところ、最近5年になったと聞きました。

私の事件は平成11年から保存が開始されて、終期は21年との印が押されています(訴訟記録表紙に)。

保存期間5年は平成12年から適用されたそうですが、平成11年から保存が開始されている事件もその適用を受けるのでしょうか。

私の事件は、再度訴訟を起こすつもりでいるので、保存しておきたいのです。印影などに起因する問題があり、原本の必要性があります。

保存期間5年の適用を受けると、今年までが保存期間の終期になります。裁判所にお願いして継続保存できるものでしょうか。

Aベストアンサー

>保存期間5年は平成12年から適用されたそうですが、平成11年から保存が開始されている事件もその適用を受けるのでしょうか。

はい。過去の分も対象となります。

>保存期間5年の適用を受けると、今年までが保存期間の終期になります。

そのとおりですね。

>裁判所にお願いして継続保存できるものでしょうか。

「記録廃棄留保の上申書」(名称は裁判所により異なることがあります。)を提出してお願いできます。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/lawclerk/jistumu.htm

Q乙四・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法  

下記の問題の答えがわかりません。
どなたか、お力を貸して頂けませんでしょうか?
どうか宜しくお願いいたします。

========================================================
ガソリンを貯蔵して移動していた移動タンク貯蔵所に灯油を
注入している時、火災が起きることがあるが、
その主な原因として次のうち正しいものはどれか。  
                                 
1.流入によって発生する灯油の蒸気に
ガソリンの蒸気が吸収され、そのとき発生する吸収熱により
発火するため。

2.流入によって発生する灯油の蒸気とガソリンの蒸気との
摩擦熱により発火するため。

3.充満していたガソリンの蒸気がある程度灯油に吸収されて
燃焼範囲内の濃度になり、灯油の流入によって発生した
静電気の放電火花で引火するため。

4.灯油の流入によってガソリン蒸気がかくはんされ、
そのときの摩擦熱により、発火するため。

5.ガソリン蒸気のよって爆発性混合気体が形成されているところに
灯油の蒸気が加わり、混合気体が圧縮され、その圧縮熱と蒸気の
摩擦により発火するため。

下記の問題の答えがわかりません。
どなたか、お力を貸して頂けませんでしょうか?
どうか宜しくお願いいたします。

========================================================
ガソリンを貯蔵して移動していた移動タンク貯蔵所に灯油を
注入している時、火災が起きることがあるが、
その主な原因として次のうち正しいものはどれか。  
                                 
1.流入によって発生する灯油の蒸気に
ガソリンの蒸気が吸収され、そのとき発生する吸収熱...続きを読む

Aベストアンサー

 甲種の有資格者です。正解と言い切れませんが、おそらく間違いではないだろう、という意見を申します。
 上の選択肢は、次のように大別できると思います。
1.…吸収熱
2.,4.,5.…摩擦熱
3.…静電気
 このうち、実際の現場で火災・爆発の原因として最も可能性が高いのは、静電気と言っていいと思います。セルフサービスのガソリンスタンドで給油されたご経験はありませんか。必ず、給油前に「体にたまった静電気を逃がすために、ここに触れてください」という表示で導電体に触れるようになっていると思います。アース(接地)によって、静電気を逃がしてやるのです。
 ほかにも、化学工場などでも、有機溶剤(消防法上の危険物)を容器に移したりするときに、容器を接地したり、水蒸気をもくもくと浴びせて、水滴から静電気を逃がさせられるようにしたり、静電気には細心の注意を払うのが鉄則のようになっています。
 危険物の試験勉強をしっかりとやってください。静電気の危険性が、必ず述べられていると思います。これで、おのずと答えはお分かりですよね。最後に、あくまでも私の意見であることを付け加えておきます。おそらく正解であると思われます。

 甲種の有資格者です。正解と言い切れませんが、おそらく間違いではないだろう、という意見を申します。
 上の選択肢は、次のように大別できると思います。
1.…吸収熱
2.,4.,5.…摩擦熱
3.…静電気
 このうち、実際の現場で火災・爆発の原因として最も可能性が高いのは、静電気と言っていいと思います。セルフサービスのガソリンスタンドで給油されたご経験はありませんか。必ず、給油前に「体にたまった静電気を逃がすために、ここに触れてください」という表示で導電体に触れるようになっていると思います...続きを読む

Q個人情報の保存期間を定める手順

プライバシーマーク取得担当者になりました。
規程の雛型を入手し、カスタマイズを行いながら整備を行っているの
ですが、3.4.3.1正確性の確保でチョット行き詰っております。
個人情報の保存期間をどのように定めるのかの手順を盛り込まなくて
はと思っているのですが、「保存期間を定める手順」って・・・。
様々な種類の個人情報があるので、その保存期間を定める手順といっ
ても上手く表現できなく悩んでいます。
現在保有する個人情報の保存期間は、契約書上定められてる期間とか
法令によるものはその期間を設定しているのですが、それ以外のもの
は、各部署が「これぐらいあった方がいいよね」状態で、同じような
個人情報でも、その期間がマチマチです。
「保存期間を定める手順」ていうのは定められるものなのですか?
それとも違う意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

JIPDECのガイドラインの文書審査の項目にある、誤入力チェック・保存期間を定める手順・個人情報のバックアップのことですよね。

3.4.3.1は、利用目的の達成に必要な範囲内において・・・となっているので、保存期間は個人情報の利用目的の達成に必要な期間で良いと思います。
推測ですが、質問者さんは、全ての個人情報について何年保管などの一覧表を作成しようとしているのではないでしょうか。
事業の用に供する個人情報単位に詳細な保存期間を定めて、手順書レベルのものを作成できれば、運用する従業者にとってはありがたいことですが、その為にはどのような個人情報が存在するのか、その個人情報の利用目的の達成に必要な期間は何時までなのか、など全て把握しておかなければ作成することはできません。それは、プライバシーマーク取得担当者が全ての業務に精通していなければならず、現実的ではないと思います。
手順は5W1Hになっていれば良いので、いつ・どこで・誰が・何を・何に・どうする、を定めることで手順になるようです。
今回の場合、「毎年何月(または随時)、各部署が個人情報の利用目的の達成に必要な期間を個人情報管理台帳の保存期間欄に記載し、各部署長が個人情報保護管理者の承認を得る。契約書上定められてる期間、法令によるものはその期間とする。」などとするのはいかがでしょうか。
個人情報保護管理者は、全権限を持っているので、その管理者の承認を得るという手順です。

ちなみに参考URLの規程策定・審査対応解説書は、助かりますよ。
ご参考まで。

参考URL:http://www.kantan-pms.com/price4.html

JIPDECのガイドラインの文書審査の項目にある、誤入力チェック・保存期間を定める手順・個人情報のバックアップのことですよね。

3.4.3.1は、利用目的の達成に必要な範囲内において・・・となっているので、保存期間は個人情報の利用目的の達成に必要な期間で良いと思います。
推測ですが、質問者さんは、全ての個人情報について何年保管などの一覧表を作成しようとしているのではないでしょうか。
事業の用に供する個人情報単位に詳細な保存期間を定めて、手順書レベルのものを作成できれば、運用する従業者...続きを読む

Qメチオニンで悪酔い解消

酔ったときはメチオニン入りの製剤を飲むと良いといわれたのですが、
これは一体どのようなメカニズムになってるんでしょうか?
悪酔いの原因アルデヒドと何か関係があるのでしょうか??
ご存知の方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 アミノ酸は専門外ですが、調べて見るとメチオニンには強肝作用があるとか。
 アセトアルデヒドの分解、という記述には出くわしませんでした。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/nisso/lact/Met.html

Q野菜の保存期間について

常温時における野菜の保存期間について教えてください。
キャベツやにんじんやりんごの保存期間を御願いします。また、そのような情報がわかるインターネットサイトがあったら教えてください。

Aベストアンサー

こんなサイトはいかがでしょうか?

http://www.rakuten.ne.jp/gold/asahara/yasai-hozon.html

QCu2+、Co3+のできる理由とその電子配置について

Cu2+、Co3+のできる理由とその電子配置について

 いつも大変お世話になっております。
CuとCuの電子配置は、
 Cu:[Ar].3d10.4s1
 Co:[Ar].3d7.4s2
となっており、そのことからイオンになるとCu1+、Co2+となるのは
納得できるのですが、Cu2+、Co3+にもなれるのはどのような考え方から
なのでしょうか。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> イオンになるとCu1+、Co2+となるのは納得できる

それで納得するのは よくないんじゃないかな、と私は思います。

同じ考え方でクロムとスカンジウムについて考えてみると、
CrとScの電子配置は、
 Cr:[Ar]3d5 4s1
 Sc:[Ar]3d1 4s2
なので、イオンになるとCr1+、Sc2+となりそうな気がします。ですけど、これらのイオンは化学的に極めて不安定で、Cr1+やSc2+は化合物や水溶液の中にはありません。

> Cu2+、Co3+にもなれるのはどのような考え方からなのでしょうか。

ごめんなさい。私には分かりません。以下はヒントになりそうなことを。

Co3+イオンの安定性については、結晶場理論(または配位子場理論)で説明することが一応できます。結晶場理論(または配位子場理論)から、遷移金属イオンの周りに陰イオンまたは配位子が6個あるとき、遷移金属元素のd軌道が2組に分裂することが知られています。エネルギーが低いほうのd軌道(これをdε軌道またはt2g軌道と呼びます)には最大6個の電子を、高いほうの軌道(これをdγ軌道またはeg軌道と呼びます)には最大4個の電子を収容することができます。ですので、d電子が6個あるCo3+イオンはdε軌道が閉殻になるので安定である、ということができます。

しかし、同じ考え方で電子が6個あるFe2+イオンについて考えてみると、話はそんなに単純ではないことが分かります。ヘキサアクア鉄(II)イオン[Fe(H2O)6]2+のような、ふつうのFe2+イオンでは、dε軌道に6個の電子を収容した閉殻電子配置ではなく、dε軌道に4個、dγ軌道に2個の電子が入っている電子配置になります。一方、ヘキサシアノ鉄(II)酸イオン[Fe(CN)6]4-では、dε軌道に6個、dγ軌道に0個の閉殻電子配置になります。また、コバルトでも、ヘキサフルオロコバルト(III)酸イオン[CoF6]3-のような(若干特殊な)例では、dε軌道に4個、dγ軌道に2個の電子配置になります。

なぜ、このような面倒な話になるかというと、dε軌道とdγ軌道のエネルギー差が3d遷移金属ではそれほど大きくなく、金属イオンの電荷や陰イオンや配位子の種類によって変わるからです。それでも、ふつうに見られるCo3+イオンでは、dε軌道とdγ軌道のエネルギー差が他の3d遷移金属イオンと比べると大きく、閉殻電子配置をとることが多いので、Co3+イオンの安定性については、結晶場理論(または配位子場理論)で説明されることが多いです。

Cu2+イオンの安定性を電子配置から説明するのは、簡単ではないと思います。というのは、同じ電子配置を持つ同族元素の銀ではAg2+イオンはまれにしか見出されず、金ではAu2+イオンは極めてまれにしか見出されないからです。何の答えにもなっていませんが、いくつかの要因の絡み合った結果として、Cu2+イオンがありふれたイオンになっているのでしょう。

> イオンになるとCu1+、Co2+となるのは納得できる

それで納得するのは よくないんじゃないかな、と私は思います。

同じ考え方でクロムとスカンジウムについて考えてみると、
CrとScの電子配置は、
 Cr:[Ar]3d5 4s1
 Sc:[Ar]3d1 4s2
なので、イオンになるとCr1+、Sc2+となりそうな気がします。ですけど、これらのイオンは化学的に極めて不安定で、Cr1+やSc2+は化合物や水溶液の中にはありません。

> Cu2+、Co3+にもなれるのはどのような考え方からなのでしょうか。

ごめんなさい。私には分かりません。以...続きを読む


人気Q&Aランキング