アメリカのCDC(疾病管理局)の死因統計の分類で・homicide と・homicide/legalと二つに分けられて記載されています。殺人をどう分けたのでしょう。合法的殺人というのも変ですし。
http://webapp.cdc.gov/sasweb/ncipc/mortrate.html
のmanner/intentの選択枝の中です。
どなたかお教え下されば幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

溺死」に関するQ&A: 溺死

A 回答 (2件)

このホームページの manner/intent を直接クリックすれば、


ヘルプが見られます。それによると、"homicide/legal"
とは、"Homicide and Legal Intervention" のことです。

"Legal Intervention"とは警察官が抵抗する犯人を銃で
撃つこと、死刑執行など、「法の執行で傷害を負うこと
(死ぬこと)」を表すようです。

このような分類は、国際疾病分類コード修正版(ICD9-CM)
の「傷害原因の分類」に準拠していると思われます。
参考URLを参照してください。

参考URL:http://www.mcis.duke.edu/standards/termcode/icd9 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。 ヘルプがあったのですね。しっかり調べもせず他力に頼ってしまいおはずかしいです。
 しかし、、なんともアメリカは、、Legal interventionの多いこと、、。アフガニスタンへの攻撃もlegal intervention ということなんでしょうね。

お礼日時:2001/10/19 17:58

紹介されているホームページ、見てみました。

なるほど、合法的殺人・・・なはずはないし。不思議だな、なんだろう?homicideとhomicide/legalの数を比べると、h/lの方が少し多いですよね。
そこであちこち見ていたら、homicide and legal interventionという分類を見つけました。つまり、殺人および法的介入のあったもの、ということでしょうか。内訳を見ると、銃器、刺殺などの下の方に、数は少ないですがfall(墜落)とかfire(火事)、poisoning(中毒)、drowning(溺死)なども含まれています。
というわけで、homicideの方は明らかな殺人のみ、h/lの方はそれに殺人の疑いで捜査対象となった原因不明死が含まれている、のではないかと思うのですが。いかがでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q並び替えてください! (with/went to/didn't/you/you/Kyoto/him/

並び替えてください!
(with/went to/didn't/you/you/Kyoto/him/,)?

Aベストアンサー

You went to Kyoto with him, didn't you?

Q英語で、/n/の後に/s/が来た場合、/n/はどのような発音になるので

英語で、/n/の後に/s/が来た場合、/n/はどのような発音になるのでしょうか。
また、/l/の後に/n/が来た場合はどうなるのでしょうか。
初心者向けの解説ではなく、「/n/の調音位置は変化するのか」などといった専門的なことが知りたいです。

Aベストアンサー

/n/の後に/s/が来た場合
普通に/ns/だと思います。日本語だとnがngになりがちですが、英語ではそうはなりません。一方で、/n/を本気で発音すると舌が上歯茎にしっかりついて、/nts/みたいな音になりそうなものですが、英語ではあまり聞かないですね。ドイツ語だと(insとか)そんな感じがありますけど。

/l/の後に/n/が来た場合
これは/l/がdark Lになり、場合によっては母音化してしまうのではないでしょうか。/n/の方の調音位置はあまり変わらないように思います。

QEnglish legal secretaryとは?

English legal secretaryとはどういう意味なのでしょうか?
仕事名なのですが。。。法律の秘書?弁護士の秘書?調べてみたのですがイマイチ、ピンときません。
分かる方ぜひ教えてください!

Aベストアンサー

法律事務所(弁護士事務所)の事務員さんや、一般企業の法務部のアシスタント業務担当者、という感じでご想像いただければ正解です。

"Secretary"=「秘書」とは考えないほうが良さそうですね。

Qmanner の意味の変遷について教えてくだい。

manner の語源は「手の」ということのようですが、そこからどのように「方法」「物腰」「様子」「礼儀、マナー」「風俗、習慣」「様式」といった意味へと発展していったのかわかりやすく教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

専門的な知識はありませんので、極めて大雑把ですが、「手」 「手に属する」 というところから、「手で扱う」 ことも表すようになり、すると method の意味も含むようになる。manual のような語も派生。「手で書かれたもの」 は書物で、書物といえば聖職者が持つものであり、当然に 「礼儀」 とも結びつく。また詩歌が書かれればその 「様式」 があるわけです。
極めて雑で、正確かどうかは疑問がありますが、想像をまじえれば以上のような感じです (より正確な説明は他の詳しい方にお任せします)。
下記のサイトも参照しました。
 → http://www.etymonline.com/index.php?term=manner

OED が読めるようならもっと詳しく分るかもしれませんが、そのような書物にアクセスできないのと、仮に目の前にあったとしても、どうせ読めそうにないので、私には無理でしょう。関心をお持ちだったら、将来はぜひトライしてみられたらいかがでしょう。

Q「manner to succeed」はあり?

いつもお世話になっております。
早速ですが質問です。

「on manner to succeed」はありですか?
正解は、「manner」ではなく、「how」です。
「manner」も方法という意味を持っているようですが…
それとも、この部分だけの文章では、判断できないでしょうか?
回答、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

manner というと、個人・社会の行動の方法・仕方を意味しますので、成功の方法と実験方法とかの意味とは違います。また、

in the manner of . . . で、~流の、~派のーーという意味になり、mannerという語は前置詞inとの相性がいい語で、in the mannerの形が圧倒的に多く、depend on the manner, impact on the mannerなどのonを要する動詞との組み合わせを除くと、on the mannerという形はほとんどないと言えます。

一方、the manner to doの形も
in an efficient manner to speak directly to the fans
というような言い方がありますが、この場合も、speakするときのmanner(話し方)のことになりますが、succeedするときのmanner(成功するときはいかなる行動をとればいいか、どのような行儀が必要かなどということにはならない)ので、manner to succeedという表現はあまり一般的な言い方ではないと思います。
もちろん、先ほど示しましたように~の方法・流儀ということであれば、
manner of successみたいな表現が普通です。manner to succeedだと、下手をするとsucceedには受け継ぐという意味がありますので、受け継ぐべきmannerみたいな意味にとられかねません。(そういう言い方も英語ではしないとは思いますが)

冠詞もないわけで、on manner to succeedという表現は、英語としては一般的な使い方とは言えないと思います。

ただし、上述のようなことを理解した上で本当のことを申し上げますと、onをつけないのであれば、manner to succeedが皆無とまでは言えません。たとえば、イギリスのthe Mirrorという新聞に

He has the patience and manner to succeed and he is a top bloke too.
ーーーthe Mirror (London, England) August 8, 2011

という表現があります。このmannerには当然、冠詞のtheがあります。
これであれば、確かに個人の行動のやり方という意味になりますので、mannerが使える例と言えます。しかし、いわゆる「成功の方法」という意味の言い方とはずれます。

以上、ご参考になればと思います。

manner というと、個人・社会の行動の方法・仕方を意味しますので、成功の方法と実験方法とかの意味とは違います。また、

in the manner of . . . で、~流の、~派のーーという意味になり、mannerという語は前置詞inとの相性がいい語で、in the mannerの形が圧倒的に多く、depend on the manner, impact on the mannerなどのonを要する動詞との組み合わせを除くと、on the mannerという形はほとんどないと言えます。

一方、the manner to doの形も
in an efficient manner to speak directly to the fans
とい...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報