また、ゲルについてなのですが、吸水性ポリマー(ポリアクリル酸ナトリウムをN,N'-メチレンビスアクリルアミドで架橋したもの)をメタノール水溶液(40%、50%、60%)につけたときのポリマーの様子を観察したら、上の濃度の順にポリマーの膨らみが小さくなりました。
これは、電離などと関係がありそうなどですが、細かい理由まではがわかりません。
詳しい解説を至急お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

多分,調べれば「回答」が得られるはずの「代表的な」吸水性ポリマーのようですね。

専門外の私でも聞いたことがある。そこで,chemostryさんと同じ立場で考えよう(調べよう)とすると,次のキーワードが私の頭に浮かびました:水素結合,メタノール分子と水分子の大きさの違い,ゲルの網目構造の大きさ,平衡反応。アルコールはしばしば生物試料から水を抜くための脱水剤ですね。このあたりから,この高分子ポリマーの性質を推定してはどうですか。
    • good
    • 1

 MiJun さんも御指摘の様に,御自分で調べてみる事も重要で,その上での質問であれば回答も得られやすいですよ。



> 上の濃度の順にポリマーの膨らみが小さくなりました。

 これはどう言う意味でしょうか。40%が最も膨らまなかった(一番小さい)と言う事でしょうか?それとも,60%が一番小さい?補足下さい。


> 電離などと関係がありそうなどですが、

 何故そう考えるのでしょうか。その理由を補足して下さい。

この回答への補足

膨らみに関して…
 40%が一番小さかったということです。
電離に関して…
 水溶液中で電離したカルボキシル基と水分子が結びつく く(?)から、メタノールが存在すると電離しづらくな ってしまい膨らみが小さくなる(?)と思いました。

補足日時:2001/10/17 08:35
    • good
    • 0

いろいろと基礎的(?)な質問をされてますが、化学系の学生さんでしょうか・・・?



少しは図書館等で調べれれては如何でしょうか?

ここで回答が出ても今後役に立ちませんよ!
(chemostryさんご自身の為にも・・・?)

補足お願いします。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩の溶解度について教えてください。

ポリマー中にスルホ基が存在する状態でトリエチルアミンで塩にするのとトリブチルアミンで塩にするのでは有機溶媒(酢酸エチル,など)に対する溶解性が変わると思われるんですがこれはどうしてですか?

Aベストアンサー

ブチル基の方がエチル基よりも大きなアルキル基であるために、親油性があり、有機溶媒には溶けやすくなると予想されます。
ただ、ポリマーの側の状態にもよるでしょうが、エチルがブチルになっても、極端な違いはないようにも思えます。

Qポリアクリル酸ナトリウムの架橋

ポリアクリル酸もしくはポリアクリル酸ナトリウムを何とか架橋させたいです。架橋材は何でもかまいません。どなたか方法を教えてください。

Aベストアンサー

室温で大丈夫です.水溶液の濃度の加減の方が大事です.ポリアクリル酸はうすい濃度(1Lの水に対して粉末0.001g-0.1gくらい)で,塩化カルシウムは0.1mol/Lくらいで混ぜてみてください.

手元のポリアクリル酸が液体であれば,その試薬が樹脂量(ポリアクリル酸そのものの重量)にして何パーセント入っている水溶液かを調べてください(その試薬を製造している企業や試薬のカタログを参照).そうすれば,固体粉末がどのくらい入っている水溶液かがわかるので,自分で水を足すなどして濃度を調整できます.

QpHで溶解度が大きく変わるポリマーを探しています

pHで溶解度が大きく変わるポリマーを探しています。解離する酸をモノマーに含むポリマーとかになると思うのですがいいアイデアがあったた教えてください。酸でも塩基のポリマーのどちらでもかまいません

Aベストアンサー

おそらくいろいろ調べているのだと思いますが、

ポリ(メタ)アクリル酸、ポリイソプロピルアクリルアミド、ポリ(メタ)アクリルアミド、ポリスルホン酸系、ポリアンモニウム塩系、ポリビニルピロリドンetc...

たくさんあります。アミノ酸含有またはペプチド含有ポリマーもpH刺激応答性を持っていますよ。

Qホルムアルデヒドによる架橋ポリマーの製法について

水溶性のカルボン酸やアミノ酸をホルムアルデヒド(ホルマリン)を用いて架橋、不溶化したような樹脂を作ろうと思うのですが、この反応をさせる場合、何か触媒みたいなものは必要でしょうか?また、反応温度はどのくらいで行えばよろしいでしょうか?
ご経験者の方居られましたら、アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

一般的に水溶性の原料物質から水不溶性物質になる程の樹脂が生成出来るには原料物質に2ケ所以上の感応基が必要です。

これは分子を大きくする上で必須の条件で尿素は2ケ、メラミンは3ケフェノールも3ケの結合点を有して居るからです。

水溶性カルボン酸でそのような者は見あたらないとおもいます。

近いものではポリアクリルアミドの水溶液はフォルムアルデヒドで不溶性ポリマーにすることができます。
これはポリアクリルアミドが多数のアミド基を有しておりこれがフォルムアルデヒドと反応してメチレン架橋結合を形成して分子量が巨大になり水溶性の原因となるアミド基が減少するためです。
多くの場合発熱反応ですから加熱の必要はありません。

Q高吸水性ポリマーは食塩で分解されるのでしょうか

他のカテで、このような質問がありました。(No.1654097)
「紙おむつを入れたまま洗濯機を回してしまい、排水ホースにまで詰まって大変なことになった。なんとかならないか。」
これに対し、
「食塩をたくさん入れるとゆっくり溶ける。あとよくゆすいで下さい」
という回答がありました。

高吸水ポリマーの材質に詳しい方に教えていただきたいのですが、これは、本当に効果がある方法でしょうか? 塩で分解しますか?
洗濯機に塩を入れるというのは、あとでいくらよくすすぐとしても、さびの原因になったりして機械にはよくないんじゃないかと心配です。入れるとしたら、大バクチだと思うのです。それだけの効果が出るものなのでしょうか? 
疑り深くて恐縮ですが、どなたかご教示をお願いします。

Aベストアンサー

食塩では分解しませんが、浸透圧の関係でポリマーが吸収している水が食塩側に吸い出されます。結果、ポリマーが縮んで水をはき出したように見えます。
とけたように見える人もいるんでしょうけれど、とけたわけじゃないんですよ。
これを使って手品をする人もいます。

参考URL:http://www.gakushu.net/magic/0108a/

Qグラフト化=ゲル化=架橋反応??

こんにちは。大学生です。
高分子化学の中でもヒドロゲルについて初歩的な質問なんですが…

質問タイトルの3つの言葉なんですが、私はいつも同じ意味と捉えていましたが、何か違うのかなーという気もしてきました。少し意味が違ったりするのでしょうか??

分かる方、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

グラフト化は直鎖状のポリマー分子に枝分かれを作ること。

架橋反応は二本の高分子鎖を結ぶ反応

ゲル化はドロドロ、プルプル状態になることで化学反応に限らない

って感じでしょうか。アガロースゲルなんて分子が絡まって
ゲル状になってるだけですよね。

Q安定なポリマー

 現在、フッ素系のポリマー(重油状、液体)を使っています。三フッ化一塩化エチレンポリマーの構造をもつダイフロイル(ダイキン(株))というものです。ところがフッ素系ポリマーは相溶性が悪く、他の溶媒や石油系製品に溶けません。重量%で10%ぐらいが限界です。
 ご存知であれば、フッ素系のポリマーで液体のもので相溶性が良いもの、または石油製品に溶解するものまたはフッ素系ポリマーぐらいの安定性があるものがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

失礼しました。ポリエーテル変性シリコーンオイルのことです。舌足らずになってしまいました。石鹸や場合によっては化粧品(乳化材として使用?)などに入っていると聞いたことがあります。
フッ素系のポリマーの場合、疎水、疎油の性質から塗膜化した場合、溶媒が揮発する過程で自由界面にブリードする傾向が強くなります。この場合、ポリマー中の特に疎水基疎油基が特に表面に向く形で配向しているものと思われます。
これは界面活性剤系のポリマーを添加した場合の共通の性質です。

Qオムツの吸水高分子ポリマー

オムツの吸水高分子ポリマーは、
・燃やしても有害物質はでないでしょうか?
・畑に捨てたら自然に還るでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>燃やしても有害物質はでないでしょうか
自分で燃すのはお薦めしませんが、市販されているオムツに使用されている高分子には塩素等は含まれていないので、「燃えるゴミ」で構いません。
>畑に捨てたら自然に還るでしょうか
還りません。しかし吸水材としての性質は維持されますので、「砂漠緑化」などに用いられたりします。

Qポリマー合成のコツを教えてください

最近ポリマーの合成を行いました。合成はラジカル重合で行い、反応時間は4時間、窒素置換をして、攪拌しながら行いました。1回目は反応中にポリマーがゲル化してしまいました。それで2回目はある実験テキストに従いゲル化しそうになったら溶媒を2~5ml加えながら反応を進めたところゲル化はしなかったのですが、反応溶液をMeOHに投入してポリマーを析出させたところ水あめのようなドロドロしたポリマーになってしまいました。溶媒を入れすぎて分子量の小さなポリマーになってしまったのでしょうか?
ぜひともポリマーを上手く合成するコツを教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。
補足になるかわかりませんが。

>ポリマーを析出させてからの処理がよくわからないのですが…。

通常、オリゴマーや粘性高分子は、エバポレーターで溶媒を飛ばし
た後、スパチュラなどで掻き出して収集します。エバポがないよう
なら、MEKであれば、ドラフト放置でも飛ぶと思います。

Q化学です!! よく見かけるこの10%水溶液というのは 質量パーセント濃度が10%ということですか??

化学です!!
よく見かけるこの10%水溶液というのは
質量パーセント濃度が10%ということですか???

Aベストアンサー

普通は質量%ですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング