ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

こんにちは。
pH5.00の乳酸の緩衝液をつくるのに必要な乳酸と乳酸イオンの
比を計算せよ(なお、乳酸のpkaは3.86)という問題があるのですが、
これはpH(5.00)=3.86+log10[C3H5O3-]/[C3H6O3]という式を
使ったらいいんでしょうか?

pkaが3.86なので、pHを5.00にするには[C3H603]の割合を多くすれば
いいんではないかと考えたんですが、計算方法がイマイチ分かりません。
どなたか解説していただけないでしょうか…?
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

かなり冗長な説明です。


「平衡前」の初濃度をそれぞれ、[C3H6O3]=a(M),[C3H5O3^-]=b(M) とします。
すると「平衡時」において pH=5.00 → [H^+]=10^(-5)M なので
水の電離によるH^+を無視すれば [H^+][C3H5O3^-]/[C3H6O3]=Ka から
C3H6O3がx(M)反応して平衡に達したとすると、
10^(-5)*(b+10^(-5))/(a-10^(-5))=Ka が成り立ちます。
ところで通常緩衝溶液は、その濃度が極めて薄い場合は、
緩衝作用が殆ど期待できないので、a,b>>10^(-5)M と見なす事が可能です。
よって、a-10^(-5)≒a、b+10^(-5)≒b と近似できるので上式は、
b*10^(-5)/a=Ka → b/a=10^5*Ka=10^(5-3.86)≒13.8 となります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまって申し訳ありませんでした。
大変丁寧なご教授ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/08 00:17

式の変形でわかると思いますが…。



pH=pka+log10[C3H5O3-]/[C3H6O3]

pH-pka=log10[C3H5O3-]/[C3H6O3]

10^(pH-pka)=[C3H5O3-]/[C3H6O3]

つまり、[C3H5O3-] : [C3H6O3] = 10^(pH-pka) : 1
となります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまって申し訳ありませんでした。
大変丁寧なご教授ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/08 00:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクエン酸緩衝液の理論計算

0.1Mクエン酸ナトリウム緩衝液(pH 4.0)を作っています。

クエン酸一水和物とクエン酸三ナトリウム二水和物使って、理論値を求めたいのですが、Henderson-Hasselbalch式への当てはめ方がわかりません。ちなみにクエン酸のpKa=3.13、4.76、6.40です。

どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

pH4 の緩衝液を作るのだから,クエン酸についてはpKa2 が重要.あとは,まあ,とりあえずはどうでもよい.
ということは,Henderson-Hasselbalch 式の Ca とはクエン酸1Na であり,Cb とはクエン酸2Na である.
#4 の計算をそのまま流用すると,クエン酸1Na 85 mmol/L にクエン酸2Naが15 mmol/L となればよいことになる.
これと同じ組成になるようにクエン酸とクエン酸3Naを配合すればよい.
この場合の Na+ 濃度は 85+2×15=115 mmol/L で,これが 3Na塩から供給される必要があるから,3Na塩は 38mmol/L,残りをクエン酸にすればいいのでこっちは62 mmol/L ってところか.
#4 より 3Na塩が増える分 pH が高くなるはずだから,まあもっともらしいのでは?

Qクエン酸水のpH

手作り化粧水を作ろうと思い、任意のpHになるようなクエン酸水を作りたいのですが、数学・化学に疎く、計算方法がわかりません。

クエン酸はpKa = 2.87だそうです(Wikipediaより)。

簡単に計算できるのであれば教えていただきたいですが、理系に疎い私なのでややこしいようでしたら、

水100mLに対して、

pH = 3、
pH = 4、
pH = 5、

それぞれ何gのクエン酸を入れればよいかを、教えていただきたいです。

それとも、pH試験紙を用いながら調整したほうが無難でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確に調製したいならpHメーター等を使う必要がありますが、

およそでよいなら次の式で近似出来ると思います。


クエン酸は3価の酸ですが、

pK1=3.13、pK2=4.76、pK3=6.40 (25℃)

第2解離以降を無視すると、

濃度:C≒10^(pK1-2pH)+10^(-pH) より、

クエン酸 0.1・C・M (g) に純水を加えて100mlに調製したらよいと思います。

クエン酸が無水物の場合なら M=192、1水塩の場合なら M=210 で計算します。
(※ pK1は温度により変わります。)


尚、かなり微量になりそうなので、10倍量を加えて1Lにした方が誤差は小さくなるでしょう。

QPKaとPHの関係について

PKaは、その物質がイオン型と分子型に解離するとき
イオン型:分子型=1:1
になるpHだと言うことはわかったのですが、

pHを変化させた場合、分子型もしくはイオン型が何%の存在比になるのかがいまいちわかりません。

例えば安息香酸だったらPKa4,2だから、
pH4,2のときに50%のイオン型が存在するんですよね?
そうすると、pHを上げた場合(例えば3,2)は
イオン型と分子型は何%ずつになるのかがわかりません。
A-
PKa=-log---- + pH
AH

という式を習ったのでこれを使って計算する方法で
教えていただけると助かるのですが・・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

方法としては、やはりpKaの定義から考えていくのが正攻法でしょう。
しかし、pKaとpHの関係式(pKa=-log([A-]/[AH])+pH)がよく理解できているいうことであれば、そちらで説明します。
pKa=pHであれば、-log([A-]/[AH])=0 と言うことになりますので、これを計算すれば、[A-]=[AH]ということで問題ないですね。
仮に、pHを3.2にするのであれば、pKaとpHの関係式より、log([A-]/[AH])=-1 と言うことになりますので、[A-]×10=[AH] となります。
したがって、イオン型:分子型=1:10となり、約9%と91%と言うことになります。

たしかに、この例においては、この方法が計算は簡単ですね。しかし、一般的には溶液のpHがわからない状態での議論を行うことが多いですので、「正攻法」による解法も理解しておく必要があると思います。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

QL体とD体

糖はD体、アミノ酸はL体の異性体で構成されますが、異性体のD体とL体の見分け方を教えてください。

Aベストアンサー

 構造式を見てDとLを見分ける方法についての質問と解釈して解答します。
 D、L表示法は糖やアミノ酸の絶対配置が求められる以前からある表記法です。(+)-グリセルアルデヒドにD、(-)-グリセルアルデヒドにLを接頭 辞としてつけます。DかLか見分けたい化合物(糖やアミノ酸)に含まれる不斉炭素のうち、IUPACルールにおいて最も番号の大きい不斉炭素の絶対配置がD-(+)-グリセルアルデヒドと等しい場合にD体とし、L-(-)-グリセルアルデヒドと等しい場合をL体とします。因みにD-(+)-グリセルアルデヒドはFischer投影式において、上がCHO、右がOH、左がH、下がCH2OHとなる構造です。
 もうひとつ言っておくと、L体の糖やD体のアミノ酸もちゃんと存在します。血液型を決める多糖の構成成分にはL-フコースがあり、哺乳動物の脳にはD-セリンとD-アスパラギン酸が存在し、脳の高次機能に関係しているのではないかと考えられています。

QMSDS(製品安全データシート)の作り方。

仕事で品質管理をしています。PRTR法の絡みでMSDS(製品安全データシート)を準備しないといけません。作成マニュアルを紹介してください。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

MSDSは、JIS Z7250で決まっています。
(http://www.jisc.go.jp/index.html)
経済産業省製造産業局化学物質管理に解説があります。

参考URL:http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/law/

Q市販されている乳酸の規定は?

 こんにちは。 いつもお世話になっています。 ひとつ質問させてください。
 市販されている乳酸の 規定が 知りたいのです。 ラベルには 重量%が85~92%ぐらいしか 情報がありません。 会社は 和光純薬です。 かなり古いものです。 新品としてもどれくらいなのでしょうか?
 ひと通り こちらのほうで調べてみましたが 分かりませんでした。 どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 85~92%ならばそういう事なのでしょう。
 一応中間をとり88.5%として、比重1.2で分子量が90.08ですから

 1000*1.2*0.885/90.08=11.8

 酸塩基に関しては11.8規定になります。
 いずれにせよ使用目的に応じて使用前に標定される事をおすすめします。

Q4つ塩基の構図を?覚えなさいと言われ

はじめまして、授業の中で
4つの塩基の構図(何ていうのでしょうか)
HとかNH2とかの形と位置…を来週まで
覚えるようにと言われましたが…
違いは分かっても(プリンとピリミジン)
正確な形まではすっと入らない。

何コツの様なもの、もしくは
何を見ると覚えやすいのか(注目点)
語呂合わせ、などございましたら
よろしくお願い致しますTT

周期表見ないな覚え方の様なものが^^;

Aベストアンサー

4つの塩基は
A(アデニン)
T(チミン)
C(シトシン)
G(グアニン)
だと思います。
AはTと、CはGと相補的(上手く互いに結合する)な関係にあります。

これについては語呂合わせなど聞いたことないです。
AとG・CとTはある程度似ていますね。
あとは、全体の六員環の2つのNの場所は一緒なので、
そこを起点としてどう違うのかを、何度も書いて覚えるのが良いと思います。

あとは下のHPを参考にして下さい。

参考URL:http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/NAs.htm

QN.Dとは?

比色分析を行い、検量線を作成しました。
その後試料の吸光度を測定したら値がとても小さく、グラフの目盛からは読み取れませんでした。
検量線の数式を利用すれば求めることはできるのですが、やはりとても小さな値になるため、測定不能という意味で、「N.D」と結果を書いておけばよいと言われました。

そこで「N.D」とは何の略かと調べたところ、「No Detect(ed)」と書いてあるのをひとつだけみつけることは出来たのですが、専門書で調べたわけではなく辞書も載っていないので正しいことを知りたいのです。

何の略で、日本語では何というのか教えてください。

Aベストアンサー

N.Dは"Not Detect"でいいんじゃないですか
Detectは日本語で言うと「検出」ですね

Q1mol/L塩酸の作成方法(確認)

とりあえず計算はしたのですが,あまり自信がなく確認したいのでお願いします。

条件
濃度35%,比重1.175,分子量36.5,作成量1L

私の計算結果は以下のとおりです。
塩酸35%でのmol/Lを算出
1000×0.35=350ml
350×1.175=411g
411/36.5=11.3mol/L
作成量1Lなので塩酸量は,
1000/11.3=88.5g
よって,
塩酸1mol/L=塩酸88.5g/純水1Lとなるのですがどうでしょうか?
また,他に分かりやすい計算法がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

多分この計算でいいと思います。
ただ、私は
11.3mol/L×x=1mol
x=1/11.3
=0.0885L
と計算します。
塩酸は液体なので、実際に作るときは質量ではなく、容積ではかりますよね。