ネットが遅くてイライラしてない!?

ソーダ水、ポリ袋、6センチなど、
外来語+漢語、外来語+和語、漢語+外来語など色々ありますが、和語と漢語の見分けが時々分からなくなります。
袋って、読み方から判断すると和語のような気がするのですが。
それとも漢字だから漢語なのでしょうか。

漢語と和語の見分け方のコツを教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 基本的には、音読み=漢語、訓読み=和語、です。

そのうえで、和語の一般的特徴としては、(1)ラ行ではじまる和語はない、(2)促音や拗音はあまり用いられない、(3)撥音は基本的に音便で生じたものだけ、(4)濁音ではじまるものに和語はすくない、などの特徴があります(あくまで一般的な傾向で例外がありますが)。
    • good
    • 2

一般の漢和辞典でもいいですが、参考URLの「常用漢字表」でカタカナで書かれている読みが「音読み」、ひらがなで書かれている読みが「訓読み」です。

「音読み」の語は漢語、「訓読み」の語は和語です。

ただし、まれに「うめ(梅)」のように漢語に由来する訓読みもあります。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=list&i …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢語+和語の混種語

学校で漢語+和語の混種語を習ってるんですが、
学校で3つ漢語+和語の混種語を見つけて来いと言われました。
全部漢字で4文字の混種語を探しているんですが、
見つからないので、何か分かる人教えてください!!

Aベストアンサー

No.1です。

手当(テアテ)が後ろに付く言葉としてOKなら漢語+和語で、家族-、児童-、通勤-、残業-、出張-、等々幾つでも。
出張と言えば、空出張(カラシュッチョウ)は和語+漢語かと。赤字(アカジ)で始まる、-経営、-公債、-国債、-財政、-路線もね。黒字経営(クロジケイエイ)もありでしょ。

Qオースティンの発語内行為

オースティンの発語内行為の意味をネットで調べているんですが、いろいろな説明が混ざり合っていて正直よくわかりません。そこで、オースティンの発語内行為を分かりやすく説明していただけないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

人間は気持ちを伝えようとするとき、話をします。
その「話」を、もう少し厳密に定義すると、「話」とは、単語を文法構造によって配列し、音声を伴って表出されたものです。これを「発話」といいます。

人は話をするとき、単に発話を産出するだけでなく、なんらかの行為を遂行します。

「君はクビだ」とワンマン社長が言うのは、この発話をすることによって、雇用を打ち切るという行為を遂行しているのです。
「いま、授業中」と教壇から先生が言うのは、この発話をすることによって、教室内の秩序を維持しよう(おしゃべりや居眠りをやめさせよう)という行為を遂行しているのです。
こうした発話を媒介にして遂行される行為は「言語行為」と呼ばれます。

言語行為を、オースティンは三つの次元に分類していきます。
(1)発語行為:これは発話の基本的な行為です。
「今日はいいお天気だ」
「Aさんは来月結婚するんだって」
など、意味を伝達することを目的としたものです。
オースティンはさらにその発語行為を三つに分けていきます。
・音声行為:ある一定の音声を発する行為
・用語行為:ある文法に従って語を発する行為
・意味行為:ある一定の意味と指示対象を伴って語を発する行為
こうした基本的な行為が発語行為です。

ところが、発話は多くの場合、なんらかの目的が込められています。
たとえば
「いま、コーヒーをいれたところです」
という発話には、暗に(ひとやすみしませんか)、(あなたもいかがですか)などの思惑が込められているわけです。これが言語行為の第二の次元、「発語内行為」です。
それを簡単にまとめてみると、
(2)発語内行為:発語行為を遂行しながら、同時に質問したり、答えたり、約束したりすること。

発語行為において発語内行為が遂行されるのは、つまり、発話によって、なにかを主張したり、勧めたり、説明したりすることができるのは、発話には伝達する力が含まれているからです。その力を、「発語内的力」といいます。

さらに、この発語内行為が聞き手の行動や思考、信念などに影響を及ぼすことがあります。こうした説得したり、納得させたり、あるいは怖がらせたり、警戒させたり、励ましたり、自覚させたり、といった、何らかの形で、結果を伴うような発語行為を、言語行為の第三の次元として「発語媒介行為」を考えます。

(3)発語媒介行為…発語行為、発語内行為をなすことによって、他の種類の行為を遂行しうるもの。

上の例でいけば、「これはコーヒーです」が発語行為、「いま、コーヒーをいれたところです」が発語内行為であるのに対し、「コーヒーを一緒に飲みませんか?」というと、発語媒介行為になります。

「発語内行為」だけ取り出すよりも、オースティンの三つの次元を比較しながら見ていった方が理解しやすいかと思います。
わかりにくいところがあれば、補足要求してください。

人間は気持ちを伝えようとするとき、話をします。
その「話」を、もう少し厳密に定義すると、「話」とは、単語を文法構造によって配列し、音声を伴って表出されたものです。これを「発話」といいます。

人は話をするとき、単に発話を産出するだけでなく、なんらかの行為を遂行します。

「君はクビだ」とワンマン社長が言うのは、この発話をすることによって、雇用を打ち切るという行為を遂行しているのです。
「いま、授業中」と教壇から先生が言うのは、この発話をすることによって、教室内の秩序を維持...続きを読む

Q主節

日本語の複文や重文の場合、主節はどうやって見つければいいのでしょうか。なにか特徴はありますでしょうか?

たとえば、

太郎は北へ行き、花子は南に行った。

の場合だと、並列なので、主節は2つともなのでしょうか。
また、

諦めたら、どんなに楽だろうか。

も「諦める」のか「どんなに楽だろうか」どちらが主節なのでしょうか。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。もしかしてtatumi10さんですか?

ご質問1.:
<日本語の複文や重文の場合、主節はどうやって見つければいいのでしょうか。>

日本語は主語が省略されることが多いので、確かに英語などに比べ見分けにくい言語です。見分けるこつは「その一文の中で、最も言いたいことは何か」「どの文が一番重要化」ということになります。


ご質問2:
<太郎は北へ行き、花子は南に行った。
の場合だと、並列なので、主節は2つともなのでしょうか。>

1.はい、2つの主節による重文です。

2.見分け方は、連用形止めで接続された2文の間に、「そして」「しかし」「それとも」などの等位接続詞を入れてみて、意味が通じるかどうかです。

3.ここでは「そして」を入れて意味が通じますから、「順接の重文」となるのです。

4.重文とは、2つの文(3つ以上でも)が「等位の」「同等の」働きをしているということです。すなわち、主文=主文の等位の関係になっています。

ここでは、「太郎は北へ行った」「花子は南に行った」どちらも同じ重要さを持っているのです。


ご質問3:
<諦めたら、どんなに楽だろうか。
も「諦める」のか「どんなに楽だろうか」どちらが主節なのでしょうか。>

1.後半の「どんなに楽だろうか」が主節になります。「諦めたら」は条件を表す副詞節でこの部分だけでは意味をなさず、この文で最も言いたいことは「どんなに楽だろうか」という反語的な疑問文だからです。

2.前半の「諦めたら」は従属節になり、副詞節として主節を修飾しています。

従属節+主節の文は複文になります。複文とは、2つの文の一方の文が他方に比べ「重要な」「重点をおいた」格、すなわち主節>従属節の不平等な関係になっているということです。従節文+主文とも言い表せます。

4.見分け方は、接続助詞「たら」の使用にあります。接続助詞は動詞の連用形に接続し、何らかの意味を持った副詞的な働きをし、主文にかかっていきます。つまり、この副詞節だけでは、意味をなさず、主文の飾り的な修飾語でしかないのです。

このような接続助詞が接続していれば、それは従属節となる副詞節として、主節にはなりえないということです。

5.その他の接続助詞は、「~ば」「~と」「~なら」「~ど」「~ども」「~が」「~ても」などがあります。これらの接続助詞でつながる句は、従属節として、複文となります。

6.また、複文には「主節+目的語になる節(従属節)」の形をとる場合もあります。
例:
「彼は無実だと、思う」

ここでは、「彼は無実だ」という主語+動詞の文は、「(私は)思う」という主節の従属節になっており、「思う」の内容を表す目的語として、動詞を副詞的に修飾しているのです。

つまり、「私は思う」>「彼は無実だと」の関係にあり、前者に重点が置かれているため、この文は主文>従節文の複文になるのです。

以上ご参考までに。

こんにちは。もしかしてtatumi10さんですか?

ご質問1.:
<日本語の複文や重文の場合、主節はどうやって見つければいいのでしょうか。>

日本語は主語が省略されることが多いので、確かに英語などに比べ見分けにくい言語です。見分けるこつは「その一文の中で、最も言いたいことは何か」「どの文が一番重要化」ということになります。


ご質問2:
<太郎は北へ行き、花子は南に行った。
の場合だと、並列なので、主節は2つともなのでしょうか。>

1.はい、2つの主節による重文です。

...続きを読む

Q夏休みの宿題 税についての作文

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろう。」と思ったこともありました。
 そこで、税金の使われ方について調べてみました。
すると、税金は、私たちが毎日学校で勉強するために使われていたり、
私たちの生活や安全を守るために使われていることが分かりました。
また、税金によって、医療費が安くなっていたり、ゴミ処理がされているということも分かりました。
 もし、誰も税金を払わなくなったら、どうなるだろうか。
と考えてみると、
私たちが今まで当たり前のように通っていた学校には通えなくなってしまうし、
私たちはこれから安心して暮らしていけません。
税金がなくなっても、毎日学校で勉強をしようとすると、
私たち中学生は、月々約7万9千円、つまり年間94万3千円を払わなければなりません。
他にも、税金がなくなれば、警察・消防費として、国民一人当たり約4万5百円、
ゴミ処理費用として、国民一人当たり約1万7千9百円を払い、
医療費は今よりも高くなります。
これらは、税金を払っている今は、税金によってまかなわれているのです。
そう考えると、税金は私たちにとって、とても必要なものだと思います。
 今まで、「税について知りたい!」とか「税金は必要だ。」と思ったことは
一度もありませんでしたが、今回調べて、税についてよく分かったし、
税金は必要だと思いました。
私たちは、いつも「勉強したくないなあ。」と思いながら学校に通っていますが、
こうして、当たり前のように毎日学校で勉強ができるのも、
税金があるからできるのだと分かりました。
 私たちはまだ、税金を払う立場ではなく、税金を使う立場の方です。
税金によって、私たちは色々な面で支えられています。
日本全国の人々が、税金を払い、
その税金によって、私たちは支えられています。
だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
他の人たちを支えたいと思います。

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろ...続きを読む

Aベストアンサー

>消費税くらいしかないし、
>よく分かったし、

この「~し、」というのを書き直しましょう。
作文ではあまり使いたくない言葉使いです。

税金というと、一番身近なのは消費税でしょうか。
良くわかりました。

>だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
>他の人たちを支えたいと思います。

この部分が???となる文章でした。
税金を払うことに支えるとありますが、何を支えるのかを書く。
または最後の〆の言葉自体を変更してもいいかもしれません。


これくらいでいいと思います。
中学生なので十分ではないでしょか。

Q連体詞と形容(動)詞の違いが見抜けません

タイトルの通りです。

例えば、「小さな花」の場合、「小さな」は連体詞だそうですが、形容詞と捉えてしまいます。

ご指導ください。

Aベストアンサー

 まず連体詞と形容詞(形容動詞)の違いとして
・形容詞:(自立語であり、活用できて、言い切る形が「い」で終わる)性質、状態を表す。
・形容動詞:(自立語であり、活用できて、言い切る形が「だ・です」で終わる)性質、状態を表す。
・連体詞:(自立語であり、活用できず、修飾語になれる)体言のみを修飾する(=連体修飾語)
(連用修飾語すなわち用言を修飾するときは副詞になる)
…です。

 連体詞と形容詞の大きな違いとして、「活用」があります。形容(動)詞は語形が後の言葉によって変化しますが(=活用できる)、連体詞は変化しません。

  形容詞だと必ず語形が「かろ、かっ、く、う、い、い、けれ、○」(順に未然形、連用形、連用形、連用形、終止形、連体形、仮定形、命令形)になります。紛らわしいときは上の法則に当てはまれば形容詞、と分かりますね。

 festival-tさんが例に挙げた「小さな」だと、形容詞の「かろ、かっ、く、う、い、い、けれ、○」の語形に当てはまりませんね。ですから連体詞となります。

 また、連体詞については種類が少ないので、以下のパターンを覚えるのが理屈云々より手っ取り早いかと思います…。
「~の」タイプ:この、その、あの、どの、例の、など
「~な」タイプ:大きな、小さな、おかしな、など
「~た(だ)」タイプ:たいした、とんだ、など
「~る」タイプ:ある、さる、きたる、いわゆる、など
「~が」タイプ:我が、など

 最後に練習問題です。次の文の()は連体詞、形容詞のどちらでしょう。
(1)景色は(美しかっ)た。
(2)(おかしな)話を聞いた。
(3)(大きな)仏像だ。
(4)(大きい)仏像だ。
(5)(例の)ブツはどこだ。

答えは(1)形容詞 (2)連体詞 (3)連体詞 (4)形容詞 (5)連体詞 です。(1)(4)は形容詞の活用法に当てはまりますね。(2)(3)は連体詞の「~な」タイプ、(5)は「~の」タイプです。

 …大分見えてきたでしょうか。ご参考になれば幸いです。

 まず連体詞と形容詞(形容動詞)の違いとして
・形容詞:(自立語であり、活用できて、言い切る形が「い」で終わる)性質、状態を表す。
・形容動詞:(自立語であり、活用できて、言い切る形が「だ・です」で終わる)性質、状態を表す。
・連体詞:(自立語であり、活用できず、修飾語になれる)体言のみを修飾する(=連体修飾語)
(連用修飾語すなわち用言を修飾するときは副詞になる)
…です。

 連体詞と形容詞の大きな違いとして、「活用」があります。形容(動)詞は語形が後の言葉によって変化し...続きを読む

Q身近な形容動詞について。どんなものがありますか?

身近な形容動詞について。どんなものがありますか?

現在外国人に日本語を教えています。
「きれい」が形容動詞ということで、活用が形容詞と違うことに気がつき、
他にどんな言葉が(できれば日常会話でよく使われる、例えば「大事」とか)
同じような活用をするかが知りたいです。

簡単な表を作れればと思っているので、沢山の言葉をお待ちしています。
また、そのような言葉が一覧になっているウェブサイト等があれば教えてください。

Aベストアンサー

形容動詞は日本語には800あると言われています。嘘八百?
え、そんなにと思うかもしれませんが、近代的、合理的のように「的」がつく言葉、漢語(漢字)の多くは同じように「的」か「な」をつければ形容動詞になります。そして外来語の形容詞はハンサム、ビューティフルのように「な」をつければほとんど形容動詞となります。

名詞を修飾する時「な」がつくのに特徴があります。形容動詞は外国人に教える日本語文法ではナ形容詞と呼ばれています。

基本的なナ形容詞はナを抜いた形で列記すると
きれい、静か、好き、嫌い、上手、下手、暇、いろいろ、有名、親切、元気、便利、不便、素敵、簡単、大変、大切、大丈夫、無理
などです。

広辞苑などの多くの辞典では名詞にして形容動詞を品詞として扱っていません。名詞を修飾する時に「な」でなく「の」がつくこと以外に活用が名詞と同じだからです。「~だ。」の形は名詞と同じです。
一方、
普通、赤色、昔、最高
などは形容詞のように見えて名詞に分類されます。これらはナ形容詞にはならないようです。
ところが、
普通、沢山
などは手元にある小学館の新国語辞典では形容動詞になっています。

形容詞か名詞の見分け方は副詞に修飾されるかどうかになります。たとえば「すごい」がつかく「すごく」が前につくかどうかです。

しかし
元気、健康、自由、特別、最高、親切、安全、不思議、厄介
などは主語にもなります。名詞を修飾する時には「な」の時も「の」時もあります。形容動詞と名詞の両方の品詞に分類されます。


深入りすればするほど何が何だか分からなくなります。外国人に教えるときは形容動詞ははじめにあげたような基本的な形容動詞だけに限って教えたほうがいいようです。


ナ形容詞か名詞かを見分ける方法があれば、ぜひ知りたいのですが。
名詞を修飾する文節にした時、結果としてナがついた時は、ナ形容詞と呼ぶしかないように思います。

形容動詞は日本語には800あると言われています。嘘八百?
え、そんなにと思うかもしれませんが、近代的、合理的のように「的」がつく言葉、漢語(漢字)の多くは同じように「的」か「な」をつければ形容動詞になります。そして外来語の形容詞はハンサム、ビューティフルのように「な」をつければほとんど形容動詞となります。

名詞を修飾する時「な」がつくのに特徴があります。形容動詞は外国人に教える日本語文法ではナ形容詞と呼ばれています。

基本的なナ形容詞はナを抜いた形で列記すると
きれい、静か...続きを読む

Q連体修飾における「内の関係」と「外の関係」について

連体修飾節は、修飾節と被修飾語との関係によって、「内の関係」と「外の関係」の二つのパターンに分けられると言われますが、この二種類について、どう弁別すれば良いのかわかりません。

(1)その代議士が新聞に書かれた批判は手厳しいものだった。
(2)その代議士は、職務上知りえた秘密を漏らしているのではないかという批判を受けた。
(3)その代議士は、特定業者に便宜を図った批判を真摯に受け止めて辞職した。

上記の三つの文を比べて、修飾節と被修飾語「批判」は、内の関係か外の関係か、さらにどのように意味が違うか、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

批判に対する連体修飾節は課題文(1)、(2)、(3)それぞれ
(1)その代議士が新聞に書かれた批判
(2)職務上知りえた秘密を漏らしているのではないかという批判
(3)特定業者に便宜を図った(という)批判
です。
このうち、
(1)は「その代議士が新聞に批判を書かれた。」
と言うように被修飾句の「批判」を、格助詞を使って修飾節の中に取り込んで文章が作れます。このような関係を「ウチの関係」と言います。
(2)、(3)は被修飾句「批判」を、格助詞を使って修飾節の中に取り込んで文章が作れません。この場合を「ソトの関係」と言います。

一般に「ソトの関係」の被修飾句には次のようなものが使われることが多い。
(1)「うわさ、評判、伝言、こと、事件、経験、仕事」などの「という」を用いることができる発話や思考の内容
  彼が結婚するという噂を聞いた。
(2)「声、音、におい、痛み、絵、写真」などの感覚や知覚の内容説明
隣室で笑う声が聞こえた。
(3)「原因、理由、結果」などを意味する名詞
一生懸命勉強した結果大学に合格した。

「ウチの関係」の被修飾句、修飾節は無限に作れますから説明は省略します。

批判に対する連体修飾節は課題文(1)、(2)、(3)それぞれ
(1)その代議士が新聞に書かれた批判
(2)職務上知りえた秘密を漏らしているのではないかという批判
(3)特定業者に便宜を図った(という)批判
です。
このうち、
(1)は「その代議士が新聞に批判を書かれた。」
と言うように被修飾句の「批判」を、格助詞を使って修飾節の中に取り込んで文章が作れます。このような関係を「ウチの関係」と言います。
(2)、(3)は被修飾句「批判」を、格助詞を使って修飾節の中に取り込んで文章が作...続きを読む

Q連体詞と形容詞の見分け方

大きなかばん → 連体詞
このケーキは大きい → 形容詞


おかしいそぶり → 形容詞
おかしなはなし → 連体詞


この見分けを理解できません。
「な」で終わるのが連体詞の一つの特徴だとあります。

ですが、例えば、「おかしいそぶり」だって、「おかしなそぶり」に変えられるし、
「おおきなかばん」は、「大きいかばん」にも変えられそうです。

・・・ といった混乱をしているのですが、形容詞と連体詞のうまい見分け方を、ご存じの方がいましたら、教えてください。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5253443.html
が参考になると思います


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング