雪月花という言葉はありますか?
ちょっと気になったもので。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「雪月花」は「せつげつか」又は「せつげっか」と読みます。

日本人の発案ではなく、中国から来たものです。白楽天(白居易)の詩の一節に「琴詩酒の友は皆我を抛(なげう)つ 雪月花の時最も君を憶(おも)ふ」とあります。これは『和漢朗詠集』巻下に載っています。大和言葉では「月雪花(つきゆきはな)」と言います。少しずれますが、「春は花夏時鳥秋は月冬雪さえて涼しかりけり」という道元の歌は、川端康成が「美しい日本の私」で引用して有名になりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとう。とてもよくわかりました。

お礼日時:2001/10/23 11:26

あります。



ずっと日本人が愛してきたものですね。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search. …
    • good
    • 0

雪月花と言う言葉はあるはずです。


otherさんは既に知って居られるとおもいますが、「雪」の冬、「月」の秋、「花」の春、日本の四季の美しい景観の象徴です。
どこかで聞いた歌で
「雪月花一度に見する卯木かな」
と聞きました。
浅学で作者などは覚えていません。
作者などは、不明ですので、これ以上の回答は、後の方にお任せいたします。

参考頂ければ光栄です。
    • good
    • 0

ありますよ。

これは日本の四季ごとに美しい物を例えています。
ちなみに「せつげつか」と読みます。冬の雪が終わると春には桜が咲いて
満月がきれいに見える秋などを代表しているようです。
また「花鳥風月(かちょうふうげつ)」は自然の美しい物を表しています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/23 11:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q彦根城周辺の観光は?

お願いします。
今月、14、15日に彦根に行きます。
彦根城周辺の観光について教えてください。
彦根観光は14日の夜と15日の丸1日です。
彦根城はもちろんですが、後はキャッスルロードに行きます。
この2か所以外に彦根周辺のお勧め観光を教えてください。
お願い致します!

Aベストアンサー

1日かけるなら近江八幡でよいと思います。

水郷で有名な近江八幡ですが、
船に乗るもよし、八幡堀周辺を散策するもよし。
http://www.ohmitetudo.co.jp/outdoor/spot/ohmihachiman/hachimanbori.html

ロープウエーで八幡山に登るもよし、麓の日牟礼八幡宮周辺もよし。
http://www.ohmitetudo.co.jp/hachimanyama/

で、こちらは趣味次第ですが、近江八幡と言えばヴォーリズ建築
http://www.omi8.com/annai/course3.html

近江牛もおいしいですが、
http://oumi-marutake.jp/

近江八幡ではおいしいお蕎麦なんかもいただけます。
http://r.tabelog.com/shiga/A2503/A250301/25000777/

近江八幡はレンタサイクルが便利で、足を延ばせば琵琶湖へも行けます。
http://www.omi8.com/access/rentaru.htm

で、お城マニアの方なら、ぜひお勧めしたいのが安土城址です。
こちらは交通の便が悪いのでタクシーがお勧め。
http://www.azuchi-shiga.com/n-adutijyouato.htm

1日かけるなら近江八幡でよいと思います。

水郷で有名な近江八幡ですが、
船に乗るもよし、八幡堀周辺を散策するもよし。
http://www.ohmitetudo.co.jp/outdoor/spot/ohmihachiman/hachimanbori.html

ロープウエーで八幡山に登るもよし、麓の日牟礼八幡宮周辺もよし。
http://www.ohmitetudo.co.jp/hachimanyama/

で、こちらは趣味次第ですが、近江八幡と言えばヴォーリズ建築
http://www.omi8.com/annai/course3.html

近江牛もおいしいですが、
http://oumi-marutake.jp/

近江八幡ではおいしいお蕎麦なんか...続きを読む

Q「俳句」という言葉は正岡子規が作ったものですか?

江戸時代に俳諧、発句といわれていたのを明治になって正岡子規が「俳句」と呼ぶようになったという説をききました。
これは本当でしょうか?
江戸時代にも俳句という言葉があったと思うのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下、日国オンライン(日本国語大辞典のWeb版)の
俳句の項を引用しておきます。

はい‐く【俳句】
〔名〕(「俳諧の句」の略)

もと俳諧連歌の第一句(発句)が独立してできたもの。元来は俳諧連歌の発句および連句の句をさしていっていたが、明治にはいって正岡子規が発句のみを意味する語として使うようになってから一般化されるようになった。五七五の三句一七文字で完結する日本独特の短詩で、季(き)を入れるならわしであるが、季語の撤廃や定型を破った自由律の主張などもみられる。

*俳諧・虚栗〔1683〕序「翻手作雲覆手雨 粉々俳句何須数」
*浮世草子・新竹斎〔1687〕一・一「さいつ比富尾何がし此所にて俳句(ハイク)あり 浄蔵ありや昼にかたぶく八坂の花」
*随筆・胆大小心録〔1808〕六一「唐人を二度見た事をとし忘れといふ俳句があったが」
*筆まかせ〔1884~92〕〈正岡子規〉一・哲学の発足「俳句を作るは明治二十年大原其戎宗匠の許に行きしを始めとす」
*吾輩は猫である〔1905~06〕〈夏目漱石〉一「俳句をやってほととぎすへ投書をしたり」

日本国語大辞典はかなり信用に足る辞書なので
概ね上記のような事情なのだと思います。
ちなみに日本国語大辞典は、
用例を最も古いものから載せるという方針なので、
俳諧・虚栗〔1683〕序が、一番古い例となるようです。
この頃から意味は違えど、俳句という語が使用されていたようですね。

以下、日国オンライン(日本国語大辞典のWeb版)の
俳句の項を引用しておきます。

はい‐く【俳句】
〔名〕(「俳諧の句」の略)

もと俳諧連歌の第一句(発句)が独立してできたもの。元来は俳諧連歌の発句および連句の句をさしていっていたが、明治にはいって正岡子規が発句のみを意味する語として使うようになってから一般化されるようになった。五七五の三句一七文字で完結する日本独特の短詩で、季(き)を入れるならわしであるが、季語の撤廃や定型を破った自由律の主張などもみられる。

*俳諧・...続きを読む

Q彦根城観光の際に寄れるラーメン屋

 彦根のラーメンは、
あんかけやちゃんぽんが有名なようですが、
彦根城にJRで観光に行く際に寄れる(彦根駅から彦根城の間が理想)ラーメン屋さんはありますか?

Aベストアンサー

こんばんは。地元民です。

参考URL:http://shigasakuramen.shiga-saku.net/e254015.html

↑彦根駅前すぐの「ちゃんぽん亭総本家 彦根駅前本店」
場所的には一番ここが寄りやすいでしょうか・・・
普通の中華そばもメニューにあって、こちらのサイトの方は中華そばを召し上がっていますが、注文するなら、ちゃんぽんか肉そばの方が良いかと思います。


参考URL:http://shigasakuramen.shiga-saku.net/e275705.html

↑彦根駅や彦根城からは離れていますが、彦根ちゃんぽんの元祖はこの「をかべ」のようです。
店内がちょっと古いのと、お店の位置がわかりにくいのが難点ですが、駅前の「ちゃんぽん亭総本家」とはまた別のちゃんぽんです。
ちなみに、駅前の「ちゃんぽん亭総本家」も「をかべ」の屋号を掲げていますが、直接関係は無かったように聞いています。


参考URL:http://shigasakuramen.shiga-saku.net/e284606.html

↑この「ラーメン本気」も、ちゃんぽんを出しているはずです。
ただ、この店も彦根駅や彦根城からはちょっと離れており、先ほどの「をかべ」とは比較的近所になります。
ちゃんぽんでは無く、中華そばを食べるならこのお店がまだマシかな・・・


参考:http://shigasakuramen.shiga-saku.net/e278969.html

↑この「ミツワ食堂」も一応ちゃんぽんを出しています。
ただ、このお店は値段が高い割には・・・ということで、お薦めはできません。
どちらかと言うと、長年の常連さんが寄る定食屋さんの雰囲気で、ラーメンはそれなり・・・という感じですね。


とりあえずこんな所でしょうか。
まあ、ちゃんぽん食べるなら駅前の「ちゃんぽん亭総本家 彦根駅前本店」が外れが無いかと思いますよ。

後、彦根のちゃんぽんは思った程でもない・・・という声もよく耳にしますし、過度な期待で口に入れるとがっかりされるかもしれないです。
決してマズイというわけでは無いんですが、めちゃくちゃ美味いという程でも無いように思いますので・・・

こんばんは。地元民です。

参考URL:http://shigasakuramen.shiga-saku.net/e254015.html

↑彦根駅前すぐの「ちゃんぽん亭総本家 彦根駅前本店」
場所的には一番ここが寄りやすいでしょうか・・・
普通の中華そばもメニューにあって、こちらのサイトの方は中華そばを召し上がっていますが、注文するなら、ちゃんぽんか肉そばの方が良いかと思います。


参考URL:http://shigasakuramen.shiga-saku.net/e275705.html

↑彦根駅や彦根城からは離れていますが、彦根ちゃんぽんの元祖はこの「をかべ」のよう...続きを読む

Qこの段落に相手という言葉が三つあります。同じ人をさすのですか。

世間でよくあの人は肌さわりのいい人だということがいわれる。その人と話していると、こちらの気持ちがおのずから和らぎ、湯加減のいい風呂に入っているようなきもちになる。それは相手が巧みにこちらに調子を合わせてくれて、自分と同じ立場で見たり、感じたりしてくれるために、いつの間にか、相手が自分に同じていてくれることを忘れて、、こちらが相手を自分の思うがままに動かしているような気持ちになる。
質問(1)三つの相手があります。同じ人をさすのですか。詳しく教えてくださいませんか。

Aベストアンサー

お返事おくれました。#1です。

すでに#2で分かりやすく回答が出ているので重複になりますが…

>(1)忘れるという単語の主語はこちらですね。

そのとおりです。

>(2)こちらが相手を自分の思うがままに動かしているような気持ちになる。」このセンテンスの意味…

『自分』と『その人』の2人称で話をすすめれば
1)『自分』がAの問いに対してaという答を持っている、として
2)一般に人はそれぞれ別の回答を持っている
3)しかし『その人』は『自分』に合わせて話をしてくれるので、『自分』の望むaという回答を出してくれる。
4)同様にいくつもの問い、感じ方に対しても『その人』は常に『自分』の望む(持っている)答を返してくる。
5)まるで『自分』が『その人』にその答を出すように誘導しているように思える。

ということになります。

Q彦根城と井伊家の歴史についてです

今、彦根城と井伊家の歴史について個人の趣味で学習しています。

私が今からきくのは、
彦根藩と佐和山藩のはなしです。
佐和山藩は、「 彦根城天守ができたとどうじに廃藩となった 」
というので、いいのでしょうか?
そして彦根藩はいつできたのでしょうか?
彦根新田藩は検索すればたくさんでてくるのですが、
彦根藩はWikipediaを見ても、馬鹿なのでよくわかりませんでした。
彦根藩は前からあったのでしょうか。
佐和山藩だった土地が、佐和山藩が廃藩になり、
彦根藩になったという感じなのでしょうか。

歴史に詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

安土桃山時代(秀吉の時代)には、石田光成は五奉行の筆頭奉行として近江の国に30万石与えられていました。ですのでこの時代、藩はありませんでした。

井伊直正は、徳川家康の何度もあった合戦の中で軍功を挙げ(徳川四天王)言われていました。
関ヶ原の合戦のあと佐和山城は1601年落城しました。1601年幕藩体制をひく家康によって論功行省により、井伊直正に佐和山城が与えられましたが、あまりに荒廃していたので、彦根山に新しく彦根城を築城し、居城を移しました。

そして元和元年(1615年)佐和山藩が廃藩となり、替わって彦根藩が立藩。cf. ただし、彦根藩主の歴代は時を遡って井伊直政を初代しています。

歴史は面白いですね。

Q 「スイカ甘いかしょっぱいか」という言葉を最初に言ったのは誰なんでしょ

 「スイカ甘いかしょっぱいか」という言葉を最初に言ったのは誰なんでしょうか?

 色々検索しても出て来ず、とても不思議です。
 本当に良く出来たダジャレだと思っているので落語あたりから派生したのか、と思っていたのですが…検索をかけてもこの言葉が出てくるばかりで、何も出て来ませんでした。

 また、元ネタは佐藤春夫さんの詩【秋刀魚 苦いかしょっぱいか】ではないかと思っていましたが、とにかく何もかもが不明です。
 私はこの言葉を、いしいひさいち先生の作品『ののちゃん』で見ました。
 いしい先生がお考えになった言葉なのでしょうか?

 ご存知のお方がいらっしゃいましたら、どうかご教示頂けないでしょうか。
 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

いしいひさいちのアイディアだと思います。プロの漫画家ですから他人のギャグをパクることはないでしょう。

その手のギャグは、筒井康隆の「ことわざパロディ」が嚆矢となっております。

(例)
一姫二太郎三なすび
帯に短し恋せよ乙女
親子三人ネコイラズ
狂気の沙汰も金次第
人は石垣死ねば寿司
荒淫矢の如し

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%8F%E3%81%96%E3%83%91%E3%83%AD%E3%83%87%E3%82%A3

Q雪月花って?

雪月花という言葉はありますか?
ちょっと気になったもので。

Aベストアンサー

「雪月花」は「せつげつか」又は「せつげっか」と読みます。日本人の発案ではなく、中国から来たものです。白楽天(白居易)の詩の一節に「琴詩酒の友は皆我を抛(なげう)つ 雪月花の時最も君を憶(おも)ふ」とあります。これは『和漢朗詠集』巻下に載っています。大和言葉では「月雪花(つきゆきはな)」と言います。少しずれますが、「春は花夏時鳥秋は月冬雪さえて涼しかりけり」という道元の歌は、川端康成が「美しい日本の私」で引用して有名になりました。

Q「最悪の政治家は民と利益を争う」という言葉の出典を知りたいのですが。

以前,新聞の社説で中国の古典からの言葉として「最悪の政治家は民(民衆)と利益を争う」という言葉を目にしました。
出典を教えていただければ幸いです。お願いいたします。

Aベストアンサー

司馬遷の「史記列伝」のなかの「貨殖列伝」にあるようです。
「すぐれた政治家は(人民の生活の)ありかたのままにしておく。それに次ぐ人は人民に教えさとす。そのまた次は何とか調整していこうとする。いちばん劣った政治家が民と利益を争うものなのだ」(岩波文庫、小川環樹・今鷹真・福島吉彦訳「史記列伝」(5)、151ページ)。

参考URL:http://www.gispri.or.jp/newsletter/1998/9804-1.html

Q「彦根の彦」と言われてわかりますか?

私がかつて、ホテルの予約を電話で取ったときの話です。
現住所を告げたところ「彦というのはどういう字ですか?」と聞かれたので、「彦根の彦です」と答えたら、
「彦根って何ですか?」と返されて、面食らってしまいました。

私はいつも電話でホテルの予約をすると、対応する人が「彦根の彦でございますね」となって話が通じるので、
宿泊の業界の人は皆、彦根は知っているものだとばかり思っていました。

今回彦根を知らなかった人は、若い女性の職員でしたので、「今の若い人には彦根は知られていないのか」
と一人で思い込むようになりました。

一般的には、彦根は有名だと思うのですが、皆さんはご存知ですか? 

Aベストアンサー

関西でそこそこ地理的知識のある人や、旅行関係業界にいる人なら「彦根」くらい知ってて欲しいような気がしますが、関西以外だと知名度が低いかもしれませんね。

でも、もともと「ひこ」と読む字は「彦」くらいしかなかったように思います。「ひこ」と言って「彦」だとわからない人は、この字を知らないとまでは言いませんが、その字が言われてぱっと出てこない人だということになります。もともと「彦根」「弥彦」「英彦山」等を知っている人なら、「ひこ」と言われて字が思い浮かぶはずで、「彦というのはどういう字ですか?」と訊くまでもなく「彦」だと思うはずですので、こういう質問をされた時点で、「彦根」等を知らない確率は増えるような気はします。

もちろん、名前の場合、どんな読み方もありえるので「彦」だと思っても念のため訊きなおす例もあるでしょう。その場合は、かなりレベルが高いわけですから、向こうの方から「ひこは彦根の彦でよろしいでしょうか」みたいな問いかけになるのではないでしょうか。

つまり、彦根は無名とまでは言わないが、相手からどんな字かを訊いて来た時点で「彦根」や彦の付く漢字を知らない(パッと思いつかない)人に当る確率が増える…そんな気がします。

関西でそこそこ地理的知識のある人や、旅行関係業界にいる人なら「彦根」くらい知ってて欲しいような気がしますが、関西以外だと知名度が低いかもしれませんね。

でも、もともと「ひこ」と読む字は「彦」くらいしかなかったように思います。「ひこ」と言って「彦」だとわからない人は、この字を知らないとまでは言いませんが、その字が言われてぱっと出てこない人だということになります。もともと「彦根」「弥彦」「英彦山」等を知っている人なら、「ひこ」と言われて字が思い浮かぶはずで、「彦というのはど...続きを読む

Q『失意の日も得意の日も・・・』という言葉、誰の言葉でしょう??

全文は、
『失意の日も得意の日も それからすっかり時がたって 全てが消えてしまっても いかに小さくとも真剣に激しく生きたときの思い出は残っている』
です。

何年も前の、メモに走り書きしたのを、最近発見したので、もしかすると全く有名なものではないかもしれませんが・・・

もしご存知の方がいらっしゃったら、誰の言葉か、また
本や詩の中の言葉でしたら、その作品名等教えて頂けない
でしょうか。
宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは!
自信は全く無いのですが、これはもしかすると井上靖さんのお言葉ではないでしょうか??
「失意の日」「得意の日」という言い回しにピンときたのですが、井上靖さんの「夕映え」という作品に、この言葉が出てきます。
井上靖さんのこの作品は、背景描写が本当に素敵なので、もしお時間がおありでしたら一度読んでみて下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報