リースで借りているものを他の会社に貸したいのですが、
転リースということになると手続が複雑になるので、回避
したいと思っています。
リース会社の許可はとってありますが、法律上所有権の
ないリース物件を賃貸借契約の賃貸物件にすることはできる
のでしょうか。

A 回答 (4件)

ARAISHIZUOさんの会社とリース会社との間の契約書の条項に「物件の所有権の侵害の禁止等」という条項はありませんか?そこで第三者への転貸を禁止しているはずです。

今回リース会社が承諾しているならばdeagleさんが言われているように責任の所在を明確にし、トラブルを回避する為に特約でこの条項の無効を謳っておいた方が良いでしょう。(事実上、転リースですね)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。転リースはOKになっていますので、大丈夫のようです。

お礼日時:2001/10/20 20:05

 民法612条1項に「賃借人ハ賃貸人ノ承諾アルニ非サレハ其権利ヲ譲渡シ又ハ賃借物ヲ転貸スルコトヲ得ス」と規定し、2項で「賃借人カ前項ノ規定ニ反シ第三者ヲシテ賃借物ノ使用又ハ収益ヲ為サシメタルトキハ賃貸人ハ契約ノ解除ヲ為スコトヲ得」となっていますので、解除されるまでは、有効に成立しています。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なるほど、解除されるまでは有効で、この手の解除には、遡及効は当然ない
ですよね。大変参考になりました。

お礼日時:2001/10/20 20:07

リース会社の承諾があれば、問題ありません。


契約書に、リース物件であり、所有権はリース会社に有り、リース会社の了承を得て賃貸する旨を記載しておけば問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
所有権の旨は、気をつけたいと思います。

お礼日時:2001/10/20 20:06

 はい、世間では普通に行われていることです。


 もちろん責任の所在ははっきりしておく必要が、いつも以上にあるでしょうけど。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

良かった。ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/20 20:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

リース」に関するQ&A: リース料金の計算方法

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車のリースについて

リースは解約不能とフルペイアウトの2要件をともに満たすものはファイナンスリースとなり、
これ以外はオペレーションリースとなります。

フルペイアウトの要件ですが、現在価値基準と経済的耐用年数基準のいずれかを満たせば
フルペイアウトと判断されます。

ここで車のリースですが、たいていが解約不能です。車のリースはたいていがオペレーションリースになります。
ということはフルペイアウトの2要件を両方とも満たしていないということになるのですが、
現在価値基準は満たしていないとしても、経済的耐用年数基準までも満たしていないということは
めったにないと思います。
経済的耐用年数基準は解約不能のリース期間が経済的耐用年数の75%以上の場合は
満たしていることになるのですが、車を5年リースした場合はこの基準を満たしているように
思えます。
しかし5年リースでもオペレーションリースとなります。
なぜこのような場合でもオペレーションリースとなるのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.jala.or.jp/qa/lease_account01.html
こちらのURLに以下のような解説があります。

自動車リース取引は、中古車市場が発達しているため、残存価額を反映したリース料が算出されます。残存価額を考慮した判定の結果、大半がノンフルペイアウトのリース取引(オペレーティング・リース取引)となります。

なお、自動車リースは中古車市場の存在等により、借手がリース物件に係る殆どすべてのコストを負担することとならない場合が多く、原則的基準である現在価値基準により判定を行うのが一般的です。

Q所有権移転請求権仮登記物件の賃貸借について

所有権移転請求権仮登記がある物件(区分マンション1室)を賃借する場合、本登記されると賃貸借契約にはどのような影響が出ますでしょうか?

Aベストアンサー

御質問を拝見し、回答させていただきました。

※『所有権移転請求権仮登記の本登記がなされた場合の賃貸借契約への影響』について。

※当該賃貸借物件が、借地借家法適用物件であり、いわゆる違法性の無い一般的な賃貸借契約であれば、本登記による所有権移転の結果、賃借人は、借地借家法条文記載のとおり、その引き渡しをもって、新所有者に対して、賃貸借契約の効力を主張することが出来ます。本登記後、賃借人の賃貸借契約自体が消滅したり、賃借人が退去義務を負う訳ではありません。
・『原則』として、所有者交替に伴い、貸主たる地位も、新所有者に移行することになります。
・『例外』や貸主交替、敷金、賃料滞納、特約等々は、既に御承知のことと存じますので、省略致します。

※『最後に。』
法律上、賃貸借契約への影響は、原則として、前述記載のとおりですが、現実問題として、現所有者の信用状況云々、本登記後、色々と揉めるか揉めないか、揉め事に巻き込まれるかどうかは、ある種別次元の問題ですので、事前に色々と確認なさることをお勧め致します。実務を御存じでいらっしゃる質問者様でしたら、御理解いただけると思います。

御質問を拝見し、回答させていただきました。

※『所有権移転請求権仮登記の本登記がなされた場合の賃貸借契約への影響』について。

※当該賃貸借物件が、借地借家法適用物件であり、いわゆる違法性の無い一般的な賃貸借契約であれば、本登記による所有権移転の結果、賃借人は、借地借家法条文記載のとおり、その引き渡しをもって、新所有者に対して、賃貸借契約の効力を主張することが出来ます。本登記後、賃借人の賃貸借契約自体が消滅したり、賃借人が退去義務を負う訳ではありません。
・『原則』として、所有...続きを読む

Qリース車の保険等級引継ぎ

近々に、会社でリースしている車がリースアップとなり、その車はリース会社へ返却します。
次の車は別のリース会社から車種を変えてリースする予定なのですが、返却するリース車の任意保険がリースアップ日の3日後となっております。
車を変えるにあたり、任意保険のほうも見直しをかけているのですが、新車が納品される日がリースアップの3日前となっており、日にちが色々とオーバーラップして難しい話となっております。
このような場合、スムーズに保険等級の引継ぎを行うことはできるのでしょうか。
整理しますと、下記のような状態です。

(1)新車(リース)の納車
(2)現行車のリースアップ((1)の3日後)
(3)現行車の任意保険満了((1)の6日後)
・現行車と新車のリース会社は別
・現行車と新車の保険会社は別

現行車がリースアップしても任意保険を満了日まで継続させられるとした場合、新車に保険が掛っていない状態になると思います。

やはり、スムーズに等級の引き継ぎを行うためには、現行車の保険をお願いしている保険会社に車輌変更手続きをしてもらうことになるのでしょうか。

お知恵をお貸し頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

近々に、会社でリースしている車がリースアップとなり、その車はリース会社へ返却します。
次の車は別のリース会社から車種を変えてリースする予定なのですが、返却するリース車の任意保険がリースアップ日の3日後となっております。
車を変えるにあたり、任意保険のほうも見直しをかけているのですが、新車が納品される日がリースアップの3日前となっており、日にちが色々とオーバーラップして難しい話となっております。
このような場合、スムーズに保険等級の引継ぎを行うことはできるのでしょうか。
整理し...続きを読む

Aベストアンサー

まず代理店か保険会社に電話して書かれてる内容を伝えれば特別な手続きは、必要なかったはずです。
以前、リースで乗っていて、買い換えた時は、代理店に電話一本で済みましたよ。
差額や内容変更があれば代理店から言って来ます。

Q賃貸借契約書の物件の表示

建物賃貸借契約書について教えてください。
さまざまな建物賃貸借契約書のフォームを見たのですが、物件の表示は、所在、家屋番号、種類、構造、床面積まで記載しています。
物件の表示は、契約書として当然必要ですが、所在地、家屋番号のみの記載では、契約に不備が出てしまうのでしょうか?
そして、契約書の物件表示の記載事項の要件などの根拠条文などありましたら教えてください。
初歩的で、理屈っぽい質問ですが教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 賃貸借は特定物の引渡しを目的とした債権的契約です。特定物を契約で表現するためには他の物と混同を防ぐためにそのものと同一性を表現する必要があります。そのためには当事者間でわかれば地図上に図示したりすることも可能ですが、一般的には不動産登記法で物件表示事項として登記されるものとされている
 1.建物所在地
 2.家屋番号
 3.種類、構造および床面積
 4.建物の番号あるときはその番号
 5.付属建物あるときはその種類、構造および床面積
など法定されている事項(不登法91)を便宜的に使って契約されています。「所在地、家屋番号のみ」で当事者間で特定できるのでしたら、それでも契約としては有効ですが、一般国民を相手とする取引を仲介する業者については#1の規制があります。

Q家の奥さんが、今度車を買う時リースで乗ろうかなぁーって言っています。リースにすると月々のリース代だけ

家の奥さんが、今度車を買う時リースで乗ろうかなぁーって言っています。リースにすると月々のリース代だけで、車検代と税金を払わなくていいとのことですが、リースで車を乗ってる方詳しく方メリット・デメリット
教え下さい。

Aベストアンサー

まず、リースって奴が曲者です、払い終わる前に本体自体が
駄目になりやすい、それを我慢して使うストレス、そして期限がくる年度前くらいに次のリースの話が持ち上がり、
支払合計はならす感じで倍払いにはならないという風に組まれるのかもしれません。
これはコピー機の話です。コピー機をまともに買うと3-400万円くらいです。
コピー機はだましだまし使えてもイライラしますね、車は、その気になれば自分で修理もできるものです。しかし、借りものですから
勝手に手を加えたりとか修理したりしたものに対し、不具合が起きたなどでの
保証がゼロです。これについてはパソコンも同じです。

言える事は
スマホの2年拘束とはわけが違います。途中で調子悪い、故障したといっても
交換は絶対にしてくれません。

個人的な考えでは、購入して早い時点(価値がある)で買い替えるようにして
新車を乗り換えていく方が、いいと思いますけどね。

Q所有権移転と賃貸借権について

不動産Aの賃貸借契約を結んでいるXYがいるとします。その契約期間内に賃貸人YがXには何の断りも無く、ZにAを売ってしまい、所有権移転登記もすませてしまいました。
この場合、XはAの賃借権をZに対して主張することは出来るのでしょうか?(賃貸借権登記はなし)
仮に出来ない場合、XがYやZに対して請求できるようなものはありますか?(損害賠償請求など)

Aベストアンサー

 新所有者ZとXは対抗関係に立ちます。民法上の賃借権の登記がなくても、借地借家法上の対効力がある場合があります。
 仮に対抗できず、契約内容が不能となった場合はYに対して債務不履行に基づく損害賠償請求ができるでしょう。

Qリースでも『車を買った』って言う表現は

この度、リースで車の乗り換えします。

ふと思いました。
今まではローンで車に乗っていました。
その時、他人には『車を買った』『車を買い換えた』っていう言い方をしていました。

今回のリースはどうなんでしょうか?
『車を借りたよ』って言うんでしょうか?

リースでも今まで通り、『車を買った』『車を買い換えた』で良いですよね。

Aベストアンサー

「買う」とは、 代金を払って自分の所有とする。となりますので、
ローンでも所有権は別人(ローン会社)ですので、使わせて頂いている。というのが正式では・・・となります。
このことを踏まえて、
現在では車を購入するのに、現金(小切手等含む)・ローン・リース等の方法がいろいろあるので、「買った」「買い換えた」で問題ないと思います。

Q地代代払許可決定後の土地賃貸借契約解除についての質問です。

地代代払許可決定後の土地賃貸借契約解除についての質問です。

地代代払許可決定後、地主が翻意して、契約解除の内容証明を建物所有者へ送りました。
果たして、裁判所の代位払許可決定と、地主による賃貸借契約解除の意思表示はどちらが有効
となるのでしょうか。

私は債権者(会社員)でして、。債務者所有の建物(土地は借地。地代は6ヶ月滞納の状態でした。
所有者債務者はすでに立ち退いています。)を6月に不動産担保競売申立をしました。同時に、地主様から地代の納入状況を確認した上で、裁判所に6ヶ月の不払いがあるために、債権者においての地代代払許可を申し立てて、許可されたのです。
その直後に、地主から連絡があり、契約解除したというのです。

これにより、借地権のない、建物となり、競売手続きにおいて落札される可能性はないかもしれません。裁判所担当部署および執行官はすでに契約解除の意思表示のあったことを知っています。

債権者として、このような場合、地代を無理にでも支払うことはできるのでしょうか。
または、代払許可決定が出ている以上、地主が受け取らくても、供託してでも、代払をしなくては
いけないのでしょうか。

月曜に対応をしなくてはいけなくて、教えていただければと思います。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

地代代払許可決定後の土地賃貸借契約解除についての質問です。

地代代払許可決定後、地主が翻意して、契約解除の内容証明を建物所有者へ送りました。
果たして、裁判所の代位払許可決定と、地主による賃貸借契約解除の意思表示はどちらが有効
となるのでしょうか。

私は債権者(会社員)でして、。債務者所有の建物(土地は借地。地代は6ヶ月滞納の状態でした。
所有者債務者はすでに立ち退いています。)を6月に不動産担保競売申立をしました。同時に、地主様から地代の納入状況を確認した上で、裁判所に6ヶ...続きを読む

Aベストアンサー

地代代払許可申請は、将来土地賃貸人が地代不払を理由として土地賃貸借契約を解除されると、債権者としては材木価格の建物となってしまい、不測の損害を防ぐためにあります。
ですから、申請があり裁判所が認めれば債権者は土地賃貸人に地代を支払うか、拒絶すれば供託ができますが、その時点で、土地賃貸人が土地賃借人に地代不払いを理由として契約解除しておれば、土地賃貸人とすれば受領を拒否できますし、供託しても、契約解除がよみがえるわけではないです。
今回は「地主が翻意して」と云うことですが「ひらきなおって」と同様と思われます。
ひらきなおったとしても、代払の前に最早不払いがあるなら、そして、契約解除の意志表示しているならば遅いことになります。
今、できることは、契約解除の無効の主張ですが、この本訴も難しい気がします。
民事執行法による代払許可申請の前に、民法474条による第三者弁済しておくべきだったと思います。
代位払許可は契約解除を阻止することはできないことになっています。

Qリースの車

今、個人で仕事をしています。
現在所有している車は独立前に購入した車で、古くなったので買い替えようと思っているのですが、経理関係に詳しい方から減価償却して経費で落とすよりも 会社契約のリースにして、リース契約の終わる5年後に数万だして自分の物にすれば良いとの事でした。
私はリースの仕組みがよく理解できません。やはりこれが一番良い方法なのでしょうか?
リースのあいだは自分の車ではないのでしょうか?
また、リース以外に良い購入方法があれば、教えて下さい。

Aベストアンサー

私も以前リースで車を購入しました。
私の頃は3年でしたが、
仕組みは3年後、その車がいくらで売れるか、例えば50万で売れる
として、120万の車なら120-50の70万、分割払いの
形で支払いつつ借ります。
なのでリースの間は自分の車ではありません。
3年後、そのまま返すか、50万払って買うか、
返した時に査定が60万ついたら10万返ってくるし、
査定が40万なら10万払って返します。

私はリース中、当て逃げされ、事故車になってしまったので
3年後残りを支払い購入しました。

求めている回答と違ったらごめんなさい。

Q合意による真正な登記名義の回復を原因とする所有権移転登記手続について

不動産業を営んでおります。トラブルになり、和解後、物件を契約者へ返還することとなりました。所有権移転手続きを当社で行うのですが、その際の司法書士へ提出する必要書類を教えて下さい。合意書・委任状・登記原因証明情報などでしょうか?

Aベストアンサー

原則は、通常の売買等で必要な書面と変わりません。
登記を依頼する司法書士に聞けば登記簿等を確認した上で、はっきりした回答をもらえるはずです。

義務者
・権利証or登記識別情報
・登記原因証明情報
・委任状
・印鑑証明書
・資格証明書(法人の場合)

権利者
・住民票
・委任状


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報