NECのモノラルのVHSデッキVC-N35にカセットを入れて
再生ボタンを押すとテープが引き出され、回転ヘッドに
巻きつけますが、テープが動いてないんです。
それで電源が落ちて停止してしまいます。
電源ONにして取りだしボタンを押すとテープが引き出されたまま出てきます。
キャプスタン軸がぜんぜん回転していないのです。
早送り、巻き戻しも動作しません。

フライホイールの基板についてるチップ形電解コンデンサが
全部で3個ついてました。(47μF16V)
が吹いてるみたいだったので
普通の電解コンデンサですが、47μF10V3個に交換しました。
47μF16Vがなかったので10Vつけましたが
チップ形電解コンデンサが原因であることを
祈りつつ、やってみたのですが、ダメでした。
フライホイールの基板についてる東芝製のIC TA7262P
がついていたのですが、これがいかれてるんでしょうか?
もし、これだと、処分するしかないのですが、
その可能性が高いのでしょうか?
ちなみにIC TA7262Pのパッケージは焼けたような跡はないのですが。
それか、シスコンと書かれたデカイ基板につながっているので
この基板の電解コンデンサのどれかの容量抜けが原因で
キャプスタン軸がぜんぜん回転しないのということも
考えられるでしょうか?

教えていただければうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

参考事項


モードSW=カムSW=デジタルSW

N35は、インターラプター式(発光ダイオードとフォトTR)のモードSW。
(フォトカプラと動作原理は同じ)
全モードCAP回らずは、モードSW不良率低い

※交換したチップコンの極性を今一度チェック。及びパターン(特にチップの付け根)
※※FF動作させキャプのローターを手で回したとき、駆動するか?又は、
  手に何か感触が(グー)あるか?
上記※※であればキャプモーター(CAP.M)不良。

上記外の時。
CAP.Mの端子電圧チェック(たぶん4端子位)

手順1(電源ON。モードはSTOP)
テスターはDC30Vレンジ(-端子はシャーシー)
CAP端子のどこかに12Vがかかっていることを確認。(モーター電源)

手順2
DC12Vレンジ(駆動制御電圧チェック)
モード。FF又はREW。途中で電源が切れエマージェンシモードに入ったら
再度電源投入。
STOP時は0V。FF時は約5V?くらいの電圧がかかっている端子を見つける。
PB動作時は1~2V。(電圧は目安です。)

各動作時に上記電圧がかかっているときはCAP.M不良。
電圧が無いときは、シスコン不良かも?

まず、以上をチェックしてください。
頑張って。

この回答への補足

hitec-s6さん、回答ありがとうございます。

回答見る前に基板をエタノールをしみこませた綿棒で
そうじしてみました。
ICの足の間のヤニみたいな黒なったものを
取り除き電解コンデンサのあたりもエタノールをしみこませた
綿棒で掃除しましたが、ダメでした。
ICの足に繋がってるパターンが黒くなっていたので
黒くなっている間を測定してみたら、
抵抗があるのでリード線でバイパスつけて再生したり、
早送り、巻き戻しともキャプモーターが回転しましたので
正常に動いてるようです。

でも、アイドラに動力がつたわらないんです。
キャプからプーリーまでは回ってるんですが、
アイドラが回転してません。

アイドラのゴム部分をエタノールで拭いてみましたがダメでした。

ゴム部分が擦り減ってしまってダメなんでしょうか?

アイドラのみ、はずせるでしょうか?

お返事、待ってます。

補足日時:2001/10/21 22:13
    • good
    • 0

仕事が忙しくて見る時間が少なく


補足に気が付きませんでした。
失礼。

説明のしかたが悪かったようですね。

消耗キット内容は下記のようになっています。
1.N35系
 カセットハウスベルト(カセットハウスの右にある)
 ローディングベルト(右後ろにある)
 リールベルト(メカの下)
 ピンチローラーASSY(金属のアーム付き)
 アイドラアーム(ゴムとアーム一体)

2.F330系
 上記部品にアイドラが削除されます。

NECのVTRを最近修理していませんので、型式を忘れたのですが、
VC-??770。VC-??1000。(??が思い出せません。)
と言う最上級グレードにも上記F330と同じキットが使用されています。

ん~。??が思い出せない。??が無いただの「VC-770」だったかな~。
ん~。記憶回路故障によりわかりません。すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hitec-s6さん、ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/09 01:35

FS90(Gメカ)の件


カセットホルダーまでは位相調整はありません。
左右にある黒いプレートはサイドプレート(右、左)と言います。
ここを外すと少し難しくなりますが、ホルダーまで外すのを挑戦されては?

外し方
上下キャビを外す。
前面パネルを外す。右下にフックが2箇所(注意参照)
カセットトッププレートのネジ(NO1)2本外す。
カセットホルダーを2cm位後ろに下げると上に抜ける穴があり、そこより外せる。

これでパス、P5、etsのメンテナンスができます。

注意点
前面パネルを外すときジョグ部分が少し固いと思いますが、強く引いてください。
シャトルツマミは外しません。
取付時はジョグの端子を上手く入れないとジョグが効きません。
カセットホルダーを入れるときは、ホルダーが入っていた穴の部分(メインシャフト)を少し後ろに下げ、ホルダーを入れます。スプリングがかかっているような感じがすると正常です。

N35の消耗キットの件
金額は忘れましたが約¥1,300位ではなかったかと思います。
kit内容は
カセコンベルト、ローディングベルト、リールベルト、ピンチローラー、アイドラ。
アイドラを除いた他の部品は、N35の後のメカに使用されていますので、
F330の型式で部品入手可能と思います。
もちろん単品もOKです。(こっちは¥1,000位)
アイドラは入手困難かも?

この回答への補足

>アイドラを除いた他の部品は、N35の後のメカに使用されていますので、
>F330の型式で部品入手可能と思います。
F330の消耗キットを注文したら、アイドラのみ
ムダになるってことですか?
300円の差はなんででしょう?

補足日時:2001/10/27 12:44
    • good
    • 0

説明不足だったようですね。


分解方法まで書いていませんでした。
現在のVTRのほとんどに当てはまりますので、参考までに書いておきます。
1.上、下キャビを外す。
2.フロントパネルを外す。(フレキケーブルに注意)
3.FLブロックを外す。(ネジは前上(又は下)2本、後ろ2本又は後ろのみ2本)
3-1.ブロックタイプでないときは。
3-2.上部パネルを外す。
3-3.カセットホルダーを外す。※G.K.Zメカ、FS90がこれにあたります。
ここから修理が始まります。テープパス系クリーニングもこの状態でします。

チップコンの代わりに普通タイプOKです。
CAP.MはDC12V電源で動作させていますので、耐圧は16V以上を使用してください。

アイドラ部にゴムを使用しているのは、この機種までです。
数年前までこの機種の消耗キットがありましたが、たぶん入手不可と思います。
一部在庫があるかもしれないのでメーカーに確認しないとわかりません。
(自分は持っていますが)

参考
各社この機構部にはアイドラの名称が一部ありますが、ゴムは使用していません。
FS90にゴムを使用している部品は「プレッシャーローラー」のみで、
2本のタイミングベルトを使用し、N35のアイドラに当たる部品は「プレイアーム」と言うギヤ部品を使っています。
βはフリコアーム。
でわ又。

この回答への補足

>3-3.カセットホルダーを外す。
>※G.K.Zメカ、FS90がこれにあたります。
>ここから修理が始まります。テープパス系クリーニングもこの状態でします。
FS90も、そうなんですね。
位相合わせがあるだろうから、大変だから、まだ、はずしたことはないんです。
VC-N35の消耗キットっていくらぐらいするんでしょうか?
ベルトだけとか単品でも、売ってるんでしょうか?

補足日時:2001/10/25 02:05
    • good
    • 0

回答



CAP.Mが動いたのですね、おめでとうございます。

アイドラは上部のカットリングを外せば、取り外しができます。
アイドラの下はリールドライブと言います。
リールドライブにはクラッチ機構があり、PB時のみクラッチが効きます。
よって、FF、REW時はクラッチは働かず、CAPの動力が直接伝わります。

まず、アイドラを外し、リールドライブを固定している裏ネジ2本外し、アイドラが接触しているリールドライブの「ギザギザ」部分を丁寧に磨いてテスト。
アイドラは磨かれたようですが極秘裏技があります。
それは、アイドラのゴムのみを一旦外し、ひっくり返します、そして取付。
新品と同じトルクが出ます。(これ内緒)

これで完了するはずです。

FFREW時のみトルクが弱いときは、Rドライブの端にあるレバーがきちんと動作しているか、よく観察してください。

もう少しで完了です頑張って!

この回答への補足

hitec-s6さん、ありがとうございます。

アイドラ外しにくいので、簡単にはずせそうなので
前のカバーと鉄板はずしてから、アイドラはずしました。
T、Sリールとリールドライブの「ギザギザ」部分をエタノールで拭いて
アイドラのゴムのみを一旦外し、ひっくり返して確認したところ
うまく動作しました。
PB、FF、REW正常です。
リールドライブのギザギザって浅いから
滑りやすいのかもしれませんね
チップの電解コンデンサで16Vのものがついてたんで
今は普通の電解コンデンサ10Vなんで交換しないと
液漏れとかおこすとまずいので16Vか16V以上に交換しないと
いけないなと思っていますが、どうでしょうか?
ちなみにどのメーカーもアイドラのゴムだけとか
プりーゴムだけ入手可能なんでしょうか?

よかったら、教えてください。

補足日時:2001/10/24 02:27
    • good
    • 0

ごく単純にプーリーゴムがゆるんでいてモーターが空回りしているということはないですよね。



以前デッキを分解すると故障箇所が結構そこだったりしたんで。

この回答への補足

空回りどころか、モーターも回らないんです。

補足日時:2001/10/20 10:27
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有極性電解コンデンサを無極性電解コンデンサに交換してはいけない場合はある?

アンプ基板上の有極性電解コンデンサを交換するとき、無極性の電解コンデンサ(MUSE ES等)を使用してはいけない場合というのはあるでしょうか?

Aベストアンサー

耐電圧と容量が満たされていれば、基本的に問題ありません。
電源部のコンデンサーだとリップル電流容量も関係する場合があります。

基本的に無極性のコンデンサーの方が品質は高いものの少容量、低耐電圧なので有極性を置き換える場合大きくなる傾向になると思います。例外もあります。

Qスピーカー基板とコンデンサを接着してる接着剤が硬くて、コンデンサが剥がれない、剝がす方法は

スピーカー基板とコンデンサを接着してる接着剤が硬くて、コンデンサが剥がれない、剝がす方法は薬剤で
剥がすのでしょうか?カッターではても足も出ません。

無理に剥がすと基板が逝かれると思い躊躇しております。
アドバイスを頂けたら幸いです。お願いします。

Aベストアンサー

ホットガンで温める、彫刻等やノミで削り取るなど。
でも別に無理して危険を冒して外さなくとも、コンデンサ本体はそのまま足だけちょん切って新しいものを何とか固定できればそれでOK。

Q真空管アンプ電源回路の電解コンデンサ

真空管アンプの電源回路のアルミ電解コンデンサですが、
100μF、350Vと指定されています。
ここに120μF、400Vの部品を使うのは、
何か問題が有るでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

電源の電解コンデンサについては、この値以上のものを
使って下さい!くらいの、意味あいではないでしょうか?

まず、耐圧ですが、これは守って下さい!
それは、ここに掛かる電圧で解るはずです。
400Vでも500Vでも全く問題はありませんが、
大きくなったり、価格が高くなりますので、注意して下さい。

容量ですが。整流が真空管なのか、ダイオードなのか不明ですが、
電解コンデンサは普通、誤差が±20%くらいありますので、
100μFが120μFでも全然問題ありませんし、200μFでも
OKです。
但し、回路上100μFということですから、これを200μF
にしても、あまり意味がありませんし、ハムが減少するということも
ありません。100μFで充分だということですので、せいぜい
120μFくらいにしておけば、良いと思います。

真空管で整流する場合、あまり容量を大きくすると
場合によっては、整流管にダメージを与える場合があります。
容量はむやみに大きくしないほうが、良いでしょう!

Q電解コンデンサについて

現在の管球アンプに50μ+50μ(500v)JJのコンデンサが付いてます
頭の平滑なところが少しデコボコになってきたので
取り替えたいのですが・・・
同じ容量のものじゃなければいけませんか?
こういうものは余裕を持たせるとかはできるのでしょうか
その場合、どういう容量や仕様のものを選べばいいでしょうか
どうせなら品質の良いものをと考えてます
よろしくお願いします

Aベストアンサー

電源の平滑コンデンサーですね。
少しくらい容量が違っても問題ありません。
たとえば100μ+100μでも十分使えます。理論上はこの方が電源は安定するはずです。電源のコンデンサーは可能な限り大容量のほうが電流が安定して流せるからです。
この理由で容量の小さいものへの交換はお勧めしません。

ただあまり大容量だと、電源オン時に突入電流で整流管や整流ダイオードに過大な電流を流させる恐れがあります。ほどほどにすることが肝心です。


それに言うまでもありませんが、容量だけでなく耐電圧も基のものよりも同じかそれ以上であることは必要です。

Q電解コンデンサについて

今現在自作アンプに挑戦していて、いろいろ質問させていただいています。

添付したファイルはFender Twin Reverb (AB763)
の一部を拡大したものですが、コンデンサについて質問させてください。

1.20,525とある電解コンデンサの読み方は20uF、525Vで良いのでしょうか?
2.上記のコンデンサが見つからず近いものを考えているのですが、20uF→22uFは良いとして、SCHEMATICの記述として「Voltages read to ground with electronic volymeter. Values shown + or - 20%」とあるのですが、525V→500Vと読み替えても良いということでしょうか?耐圧を下げるのは少し抵抗があります。
3.チューブラ型電解コンデンサが豊富なHPあるいはお店があったら教えてくれませんか?ちなみに部品探しはhttp://jp.rs-online.com/web/とhttp://www.sengoku.co.jp/の二箇所を利用しています。


以上の内容について、よろしくお願いします。

今現在自作アンプに挑戦していて、いろいろ質問させていただいています。

添付したファイルはFender Twin Reverb (AB763)
の一部を拡大したものですが、コンデンサについて質問させてください。

1.20,525とある電解コンデンサの読み方は20uF、525Vで良いのでしょうか?
2.上記のコンデンサが見つからず近いものを考えているのですが、20uF→22uFは良いとして、SCHEMATICの記述として「Voltages read to ground with electronic volymeter. Values shown + or - 20%」とあるのですが、525V→500Vと読み替えても...続きを読む

Aベストアンサー

47μFを2個直列にすると合計では23.5μFになりますね。耐圧は倍になります。パラに抱かせる抵抗は図の値でOKです。
抵抗値は色々ですが200kΩ~300kΩ当たりが無難なところでしょう。(個人的見解ですが)
図の場合340vを整流すると約460vとして220kΩが直列で440kΩです。ですので460/440maの電流が流れます。とすると必要な抵抗のw数は電流の2乗×抵抗値です。大体0.25wになりますが3倍以上の余裕を見て1wといったところです。抵抗値を変えても考えは同じですが余り少ないと抵抗が大型になるし電圧にも影響が出ます。又抵抗値が大きすぎると効果が薄れるきらいもあります。
25μFを22μFにしても聴感上ではわからないですしハムが出るとかもないでしょう。心配ありません。
多極管プッシュプルアンプならハムが出にくいのでますますです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報