法人名義の車を業務と私用と両方に使用しています。
・車は会社名義で私専用(他の者が乗ることもある)
・保険は法人契約(損保ジャパンのカーオーナーズTEN)
・保険年齢は21歳未満不担保
・私は一社員だが、会社の代表者(社長)は実父(これはあまり関係ない?)
・業務使用=緑ナンバーではなく、あくまで社の業務のため

この場合、業務で使用している場合でも私用で乗っている場合でも年齢条件さえ満たしていれば、誰が運転していても保険は適用できるとのこと。

では、以下の場合で運転者が「私」の場合はどうなるのでしょう。

・業務の為に他の会社または他人所有の車を運転している場合の事故
・私用で他人が所有する車を運転している場合の事故

それとは別に、「私」個人でドライバー保険にも入っています。この保険で以下のケースは適用できるのでしょうか。

・他の会社所有の車を私用の為に借りて運転中の事故
・他人または他の会社所有の車を業務の為に借りて運転中の事故

保険会社に聞くのが一番なのでしょうが、イマイチはっきりした回答が得られません。借りていた車が保険に加入しているかどうか、または業務使用か私的使用か、諸々の条件によって変わるとのこと・・・。

私用で他人の車を使うのであればドライバー保険でカバーできると思いますが、一番心配なのは、「業務で他の会社または他人が所有する車を使用する」場合です。年に何回か、実際にあるので、このような状況で適用できる保険などはあるのでしょうか?

どなたかわかりやすくご教示いただけたら助かります。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

法人契約自動車をマイカーと同じように使用している場合と個人契約マイカーを混同しないでください。


マイカーを通勤 業務(営業)に使用することはよくあること
たとえば生保のおばちゃん 会計事務所職員 小規模3名 4名以下の法人など・・・
車のトラブル 借りた車で 通勤 営業に当然使用 他車運転危険補償対象になります。
個人契約自動車保険だからです。
対象外になるのは 同居の親族の車 あなたの使用人の車(業務外はOK) あなたが役員になっている法人の車を借りた場合です。
法人契約の場合 前回書き込みしたように修理工場管理下中のみ臨時代替自動車補償を限定して担保
個人契約の場合そんな縛りはありません。
他車運転危険補償、業務に使用しても担保されます。
また法人契約の場合でも 救済措置として代表者を個人被保険者として特別に申込書に明記すれば他車運転危険補償の対象者にはなれるということです。
 
個人の場合は同居の親族の車 別居の未婚の車 NO
法人の場合は社員の車 社員同士での車の貸し借りにての 業務はNO(個人の親族間の関係ににてます)
この辺から業務はダメという考えがでてきたのでは?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい解説ありがとうございます。確かに混同しておりました。個人契約か法人契約かで担保の範囲がかなり変わるのですね。今日、保険会社に確認したところ、法人名義の車でも保険契約は私個人にすることができ、そうすれば他車運転についても担保されるとのこと。ただし、業務で他の取引先の車やお客の車で事故した場合は対象外とのことでした。補足になりますが私は登記簿上は役員になっておりません。

お礼日時:2005/08/04 21:05

#2です。


自動車損害賠償保障法(いわゆる自賠法)第3条の責任の主体は、旅客、荷物を扱う緑ナンバーの業者さんはもちろんですが、普通の企業はもちろんのこと、例外的には個人にもあてはまる概念です。

もともと昭和30年、我が国でもモータリゼーションの大波が押し寄せ、自動車事故が急増したときに、従来の民法709条では、
1.責任や損害の立証責任が被害者側にあり、被害者が賠償金を得るのに大きな壁がある。
2.自動車の運転者が責任の主体になってしまい、自動車の運行を支配し利益を得ている者に使用者責任を負わせるにも壁がある
ことから、この法律ができ、翌年、この法に金銭的な裏付けを与えるために自賠責保険制度ができました。

企業活動で車を使う際は企業が責任の主体ですが、例えば、子供が家で大けがをしたので、隣の人に頼んで車をだしてもらい、病院に行く途中で、更に事故を起こしたなどというときは、子供の親が運行による利益を得ていますから、民事責任の主体は、運転していた隣人とともに、子供の親も共同で責任を負うということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすいご教示ありがとうございます。
いわば「使用者責任」を明確化するもので、緑ナンバーだろうが白ナンバーだろうが関係ないわけですね。
知らなければ、運転者の責任ばかりが追及されるものと勘違いしてしまう方も多いのではないのでしょうか?
参考になりました。

お礼日時:2005/08/03 09:36

TENの場合、代表者を「個人被保険者」に指定することで「他者運転危険担保特約」が付帯されます。



問題は、代表者(実父)とあなたの関係によります。
自動車保険の家族の定義(同居の親族または別居の未婚の子)に当てはまれば、この保険で賄われます。

つまり、あなたが結婚をしていて、代表者である実父と別居の場合は使えません。
仕事で他社の車を運転するような時は、その車の保険が自分が運転中の事故でも使えるかを確認するようにしましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
代表者である実父と私の関係は「既婚で別居」です。
私が使用で他人の車に乗る場合は個人で加入しているドライバー保険でカバーできるので問題はないと思います。
色々と調べているうちに一番のネックは、私を含めた他の社員等が取引先やお客さんの車を業務に使用している最中の事故について、その車にかけられている保険に優先して自社の保険から支払いができるかどうかのようでうす。「他社運転危険補償」の業務版(?)みたいなものがあれば一番良いかと・・・

お礼日時:2005/08/03 09:33

自動車保険付帯の考え方については#2さんの書き込みどうりです。


前者質問についてですが、業務使用の車が修理 整備 点検のために整備工場などの管理下にあって使用できないために臨時に借りた場合は、臨時代替自動車補償にて担保されます。 それ以外はNOです。
ドライバー保険については私用であればいずれもOKですね。
>業務で他の会社 他人が所有する車を使用する場合の適用保険
ドライバー保険NO 通常の自動車保険に自動付帯の他車運転危険補償なら原則OK 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々のご回答ありがとうございます。
業務で他の会社または他人が所有する車を使用する場合でも「他車運転危険補償(担保)」が使えるのですか?
業務では「他車運転危険補償」は適用できないと聞いたことがありますが・・・もし、その辺りを詳しく教えていただけたら幸いです。

お礼日時:2005/08/03 09:27

もともと自動車保険は、自動車1台1台に保険を付けるという原則のもとに、消費者のニーズに応えて、例外的な事故をカバーする道も開いています。



但し、保険会社は、1台1台の自動車保険が不要になるような保険は売りませんから、そういう観点で適用の有無をチェックするとわかりやすくなります。

ドライバー保険は、例外的な保険で、それだけに適用範囲は限定的です。ドライバー保険は個人ユースに限定し、勤務先の業務のために他人の車を運転している際の事故は対象外にしています。
対象外にしないと、企業は従業員にドライバー保険を付けさせ、企業の車1台1台に保険を付ける必要がなくなってしまうからです。

企業所有の車を個人ユースで使うことは通常はありえませんから、万一事故が発生した場合には、あなたが個人ユースであることを立証しなければなりません。但しこれをあなたが立証すると、企業には責任がなく、あなたが民事責任の主体であることを自ら宣言することにもなってしまいます。他人(個人)の所有車を業務に使用している間というのも対象外です。

自動車損害賠償補償法という法律で、業務中の事故の場合の(民事)責任の主体は、運転者個人ではなく、自動車を運行することによって利益を得ている企業であることを定めており、運転者の責任だけを自動車保険でカバーする必要が法的に乏しい(というか、刑事責任や行政法上の責任はあるが、民事責任はない)というのもその理由のひとつです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

保険の背景についてわかりやすいご回答ありがとうございます。一つ気になったのは、自動車損害賠償補償法によって定義されている「自動車を運行することによって利益を得ている企業」とは、有償で人や物を運ぶいわゆる緑ナンバーで営業している企業、つまり貨物や旅客運送を行っている企業のことを指すのでしょうか?それとも、営業用自家用を問わず、一般的に業務の為に自動車を使用している企業までを含むのでしょうか?もしよろしかったらその辺りの定義についてもご教示いただけたら幸いです。

お礼日時:2005/08/02 21:19

前者質問はいずれもNOです。


他車運転危険担保は原則 法人契約では補償されませんが、法人代表者を申し込み時点で特別に指定すれば他車運転の被保険者とすることができます。

>「私」個人でドライバー保険にも入っています。
ドライバー保険とは免許証にかけるペーパードライバー保険?それとも通常の自動車にかける自動車保険 どちらですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「ドライバー保険」とは免許証にかける保険です。
自分名義の車を所有していない為、たまに友人の車を運転することもあるので、数年前に加入しました。

お礼日時:2005/08/02 21:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法人名義の車なのですが、自動車保険は個人名義でも大丈夫なのでしょうか?

最近、自分でやっている小さなお店を法人化しました。
そして法人名義で車を購入しようとしているのですが、
自動車保険を法人名義で加入すると、新規扱いとなる為、
等級が低く、かなり保険料がかさんでしまいます。

現在までは、個人名義のオンボロ車に個人で保険に加入しており、そちらは11等級です。

設立したばかりの為、様々な出費がかさみ、出来るだけ保険料はおさえたいのですが、このまま個人の等級を活かす方法はないでしょうか??所有者が会社名義だとやはり会社名義の保険でないとマズイのでしょうか??

保険についてまったくの無知なため、どなたか御教え下さい。

Aベストアンサー

個人名義で契約をしていても法人で経費処理するのは可能だと聞いています。実態的に会社で使用所有管理をしていれば大丈夫だと聞いています。(断言で無くごめんなさい)

「所有者 ローン会社 使用者 法人名」となる自動車は、保険上では法人の所有となります。自動車保険の契約時には契約者が誰であろうと車両所有者を書き入れることになります。この車両所有者が最初の回答に書いた扱いになります。同じく被保険者も一定の範囲で無いと、等級の継承ができません。
この先もその法人を経営し、自動車購入も法人でとお考えでしたら、この際新規契約で正しくやっておくのが最善ですね。
またその際個人の保険の等級はそのまま保留状態で保存しておくことができます。10年間保存しておくことができ、新たに個人で契約するときに今の等級で契約できます。

Q法人名義車両の自動車保険について

法人名義の自動車保険(任意保険)についての質問です。
今回新規に車を購入しましたが、所有者名義が法人(自ら経営する会社)です。当該車両は私たち夫婦しか運転しませんが、こういった場合、個人契約、法人契約どちらがよいのでしょうか(メリット、デメリット等)?(会社には少しですが従業員もいますがこの車は使用しません)
直接、出入りの保険屋さんに聞けばいいのでしょうが、聞くとそこで入らざるを得なくなるので、客観的なアドバイスがいただけるこちらでお尋ねします。

Aベストアンサー

契約は個人 法人どちらでも契約可能ですが、記名被保険者をどちらで選択するかが重要なポイントです。
契約者法人→記名被保険者欄 空欄なら被保険者法人
契約者法人→記名被保険者 主に使用する個人名明記で被保険者個人
この選択で等級継承権利者が決定されます。以後は変更ができません。
変更する場合は新規加入ということになります。

この車の使用目的が主に個人で使用するのか?事業に使用するのかで補償も違ってきます。(個人でも車の使用目的が業務にも使用するのであれば業務選択で問題ありません)
家庭用自動車保険ならその家族・家庭を主体に補償を考えます。
事業用自動車保険では家族より事業・業務主体になります。

記名被保険者個人なら家族中心になりますから、家族に対する特約付帯も自由にできます。

税務面では個人であっても貸与という形で損金処理できると思いますが、この点については税理士に相談されれば柔軟に対応できるのでは?

Qフリート契約の法人他社運転特約について

各社、自由化で商品・特約とも様々だと思います。うちの会社は自動車保険をフリート契約にしています。満期も近づいてくるといろんな保険会社の代理店が訪問してくるのですが、前からの付き合いなどいろんな事情があって今までは東京海上でずっとやっていました。でも、こんな時代でしょうか、今年は社長からいろんな会社の商品を比べて報告するように言われており困っています。
各社の保険代理店から大方説明をきいたのですが、一番魅力と思ったのは、タイトルの通り法人他社運転特約というものです。普通は個人契約にしかついていないようなのですが自由化で法人の一括契約につけられるようになったとの事です。うっかり、どこの代理店の提案の際にあった話なのか忘れてしまったので、詳しい方がいらっしゃったら教えてください(提案してくれた方に気を持たせたくないので再度連絡をしたくないんです。)。この特約がついていて、東京海上よりも安かったらそちらで社長に押そうかとおもっています。
ちなみに、提案してもらった会社は三井住友、損保ジャパン、あいおい損保、日生同和、そして東京海上です。
うちは、運送業をやってて事業用のトラックが大型中型取り混ぜ74台あります。
保険料の安いとか高いとかも一緒に教えていただいたらうれしいです。

各社、自由化で商品・特約とも様々だと思います。うちの会社は自動車保険をフリート契約にしています。満期も近づいてくるといろんな保険会社の代理店が訪問してくるのですが、前からの付き合いなどいろんな事情があって今までは東京海上でずっとやっていました。でも、こんな時代でしょうか、今年は社長からいろんな会社の商品を比べて報告するように言われており困っています。
各社の保険代理店から大方説明をきいたのですが、一番魅力と思ったのは、タイトルの通り法人他社運転特約というものです。普通は個...続きを読む

Aベストアンサー

あいおい損保です。「法人他車運転危険担保特約」は当社にございます。
ご存知のように「全車両一括付保特約」がなされる契約につけることが出来ます。
詳しくは担当者にお尋ねください。

74台のフリートですか、いいですねー。各社、喉から手が出るほど欲しいと思いますよ。 

Q自動車名義人と保険の契約者は同一人物でないといけないのか?

この度、車を購入しようかと考えているのですが、今使用しているのが私自身の名義の車で保険も私名義です。これから購入予定の車の名義を主人の名前にしたいのですが、保険は私の名義のままでも大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

夫婦間なので、現契約での車両入替処理は出来ます。
問題ありません。

自動車保険では次の3つの名義を設定します。

1.契約者・・・契約を交わす人です。誰でも(赤の他人でも)OKです。

2.記名被保険者・・・主にその車を使う人であり、等級の継承者です。
名義の中では最も重要で、これが実態と異なる場合は、約款の規定により契約が解除されることがあります。
解除された場合は、事故が起こっても保険金が支払われません。
記名被保険者は、同居の親族間に限って変更することができます。(夫婦に限っては別居でもOK)

3.車両所有者・・・その車を実態上所有する人。
車検証上の所有者と同一でなくてもかまいません。

Q社用車通勤者に、必要な自動車保険を教えて下さい。

お願いします。

主人ですが、社用車で通勤をしています。
しかし、我が家は何も自動車保険に入っていません。

このような場合には、どのような保険に入るもの
でしょうか?お勧めなどはございますか?

主人に話を聞いてみましたが、要領を得ず、
さっぱり意味が分かりません。

どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

自動車保険は1台にひとつの契約しか必要ありません。
まず会社側で保険の手当てをしているかどうかを確認してください。

実家の車の方ですが、これも質問者さんのご主人が運転しても利用できる保険でしたら、特に問題はありません。

社有車・実家の車ともにご主人が運転する場合でもカバーできる保険でしたら、(他の運転する車が無ければ)ドライバー保険は必要ありません。

ちなみに社有車についてですが、これで事故を起こし賠償義務が発生した場合、相手はご主人はもちろん会社に損害賠償を請求することもできます。つまり会社側にもリスクがあることになります。そのあたりについて何も備えがないというのは考えられないですが。

Q自動車保険の被保険者について

現在
契約者:個人
被保険者:個人
車両所有者:個人

を下記に変更しようと考えています。

【パターン1】
契約者:法人
被保険者:法人
車両所有者:法人

この契約だと等級を引き継げないと聞きました
なので下記にしようと思っていますが

【パターン2】
契約者:法人
被保険者:個人
車両所有者:法人

被保険者が個人の場合の補償範囲は
(1)被保険者
(2)配偶者
(3)同居の親族
(4)別居の未婚の子
(5)他人
上記が全て補償ですよね?

被保険者が法人の場合も上記の補償範囲になるわけでしょうか?

もし同じの場合、被保険者が法人、個人で
なにか違いはあるのですか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>車両の所有者に関しては、個人のままだろうが法人に変更しようが
等級継承にはなんら影響はないでしょうか?

その通りです。
等級の継承は記名被保険者が誰かにより決まります。

いままでの記名被保険者(又は配偶者・同居の親族)で契約すれば、
契約者や車検証の所有者が誰であっても(法人になっても)関係なく
等級継承可能です。

ただ、ネット通販では拒否されるかも・・・

Qフリート契約と全車両一括付保契約について教えて下さい。

フリート契約と全車両一括付保契約について教えて下さい。車が10台以上あるとフリート契約という扱いになり、有利な保険料で契約ができるようになると聞きました。さらにそこに全車両一括付保特約という契約を付帯するとさらに保険料が安くなると聞きました。しかしこの全車両一括付保契約というのが今ひとつ理解できません。普通のフリート契約とどこが違うのでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

仮に15台の車の保険があり、フリートになっていたとします。
フリート契約は常に満期日をすべて料率審査日に統一する必要があります。
15台をバラバラに契約すると事務処理が大変ですので、すべてをまとめて
一本にして規約するのが「全車両一括契約」です。

これにより、契約の始期も満期も同じとなりすっきりとするだけでなく、
10台以上まとめた契約に適用される「多数割引-5%」も適用されます。
更に「全車両一括契約」は新車や車両入れ替えなどがあれば、自動的にその
時点から保険がかかっている仕組みになっていますので、安心です。
(翌月に毎月の異動分を報告して精算します)

なお「全車両一括契約」にすれば、割増なしで12分割払いも可能です。
(一般の場合は分割は5%の割増となります)

そのためフリートはまず100%が「全車両一括契約」とするのが常識です。

Q会社の車で人身事故を起こしてしまったのですが、社長から任意保険は使えないと言われてしまいました。

昨日の事なのですが、仕事で現場から事務所へ帰る途中に、居眠り運転で信号待ちをしている車両に追突して、最初に当たった車が進み前の車に当たって玉突き事故を起こしてしまいました。運良く自分も相手の方も外傷はなく一応病院に行くと言う事で人身事故扱いには成りましたが、検査でも異常は無いと言う事で、大怪我などはしていません。そして、社長から自賠責は使えるけど、任意保険は、等級が4等級なので、制約で使いたいけど使えないと言われました。質問ですが本当に、任意保険は使えないのでしょうか?すいませんが誰か教えてください。後自賠責だけだと,250万位掛かってしまいそうです。そうなった場合の対策も、もしよければ教えてくれませんか?真に申し訳ないですがよろしくお願いします。           

Aベストアンサー

保険代理店です。

>社長から自賠責は使えるけど、任意保険は、等級が4等級なので、
制約で使いたいけど使えないと言われました。

ありえないです。必ず使えます。
社長が使いたくないからそう言ってるだけです。

>自賠責だけだと,250万位掛かってしまいそうです。

自賠責保険は人身だけの補償なので、物損害には使えません。
もし、相手の方にお怪我がなければ、自賠責で支払われるものは
ありません。

○結論
被害者の治療費は一人120万円まで自賠責で支払われますが、被害者
のお車の補償は自賠責で補償されませんので、あなたが乗っておられ
た会社のお車の任意保険で賠償するか、保険を使わないのであれば
賠償金は会社が先行払いをし、まずは相手の賠償を優先しなくては
なりません。

会社(社長)があなたへ求償するか否かは話し合いをされれば良い
と思いますが、基本的にあなたがお支払する必要はありません。
それは、仕事中の事故は、あなたに重大な過失がない限り、会社の
責任=使用者責任だからです。

「重大な過失」とは、故意に等しい過失などがそれにあたり、
居眠り運転は重大な過失に相当しません。

「使用者責任」とは、あなたが仕事をしていることで会社は利益を
あげているわけで、その会社のための労働中に起きた事故は、会社
の責任になるということです。

雇われているという立場上、話し合いはしにくいものだと思います
が、「使用者責任」というものを社長に理解していただく必要が
あると思います。
それに、250万円もの金額を個人に負担させようとする社長は如何な
ものかと思いますよ。

社長は、あなたがお車をお持ちなら、その任意保険の「他社運転
特約」というのを使わせようとしているのかもしれません。
しかし、この「他社運転特約」というのは、あなたが会社の車を
私用で勝手に乗り事故をした、というのであれば保険での対応は
可能ですが、業務中の事故は免責になっていますので、今回の事故
のケースではあなたの自動車保険は使えません。

従って、あなたは社長に保険を使っていただけるようお願いし、
それでも無理でしたら保険会社(会社の)と話をさせてほしいと
言って、保険会社に確認してみればどうでしょうか?

相手側の保険会社から連絡があっても、「自分にはどうすることも
できないので、社長に話してください。」と言って、会社(社長)
と話をしてもらえばいいです。
相手の保険会社も「使用者責任」についてはよく理解されていると
思いますので、NOとは言いません。

勇気を持って、社長とちゃんと話し合いをしてください。
私の経験上ですが、今回のケースはよくあることですが、最終的
には保険を使うことになると思います。

「使用者責任」で検索すると、あなたに心強い言葉がたくさん
ヒットしますよ。
今、とてもしんどいと思いますが、頑張ってくださいね。

補足ですが、行政処分はあなたが受けなければいけないですよ。

参考URL:http://www.officemarine.co.jp/jiko5.htm

保険代理店です。

>社長から自賠責は使えるけど、任意保険は、等級が4等級なので、
制約で使いたいけど使えないと言われました。

ありえないです。必ず使えます。
社長が使いたくないからそう言ってるだけです。

>自賠責だけだと,250万位掛かってしまいそうです。

自賠責保険は人身だけの補償なので、物損害には使えません。
もし、相手の方にお怪我がなければ、自賠責で支払われるものは
ありません。

○結論
被害者の治療費は一人120万円まで自賠責で支払われますが、被害者
のお車の補...続きを読む

Q社用車で事故。修理代は自腹じゃなきゃダメですか?

教えてください。

会社の車で、駐車場を出るときに、隣のポールにあたってしまい、ドアがかなりヘコんで、傷をつけてしまいました。
事故報告書を始末書を書いて提出すると、上司から、
「今回修理に出すので、その金額かまたは一部を負担してもらう。保険を使えば5万ぐらいですむが、今回は使わないかもしれない」
と言われました。
しかも、それまで何回かみんなぶつけていて、傷がついているが、今まで会社にお金がなく治してこず、今回かなり大きく私が傷をつけてしまったので、まとめて治すということでした。
今までにも何回か誰かしら事故を起こしていましたが、誰もお金を請求されていませんでした。
ただ、私はこれで会社の車を傷つけたのは3回目なので、しょうがないのかな・・・とも思います。
が、先月正社員からパートになり、時給800円で働いているので、
5万以上の請求が来ると、一カ月の給料がほぼなくなります。
子供も預けて働いているので、かなり金銭的に厳しいです。

私が悪いとは思うのですが、やはり払わなければいけないのでしょうか?
うちの会社は狭いところにあるため、頻繁に事故をしており、他の人は請求されていないのに、私だけ?という思いが抑えれません・・・・。

皆様のご意見おねがいします。

教えてください。

会社の車で、駐車場を出るときに、隣のポールにあたってしまい、ドアがかなりヘコんで、傷をつけてしまいました。
事故報告書を始末書を書いて提出すると、上司から、
「今回修理に出すので、その金額かまたは一部を負担してもらう。保険を使えば5万ぐらいですむが、今回は使わないかもしれない」
と言われました。
しかも、それまで何回かみんなぶつけていて、傷がついているが、今まで会社にお金がなく治してこず、今回かなり大きく私が傷をつけてしまったので、まとめて治すということでし...続きを読む

Aベストアンサー

それは業務中の事故ですね。
そして、その業務は上司の命令によるものですね。
だとしたらあなたは一銭も払う必要はありません。
会社はその時の為に保険をかけています。
これは車以外の会社の設備でも同じことです。
会社はこうした余計な出費を防ぎたければ、本来は運転者の技能認定を行なう、技能訓練を行なう、事故を起こしやすい箇所の改善を行なうなどの義務があります。

正論ではこうなるのですが、あなたのお勤め先は中小企業であなたはパートですよね。
だったら辞めてくれ、ということになりかねませんから、やんわりと上記のようなことを言って、同時に少しだけ罰金を払うということで収めてもらったらどうでしょうか?

Q会社と個人との間で車輌賃貸契約

 保険料などが割安なため、個人(社長)名義で車を購入し、会社で業務に使用したいと考えております。
 会社はとても小さな会社です。(SOHOに近い有限会社)

 会社と社長の間で「車輌賃貸契約」を結び、会社から社長に対して賃貸料を払う形式にする必要があることは調べました。
 社長としても自動車を会社に貸して儲けるつもりはなく、車の購入費用(車両+諸費用)から個人で使用する分(7分の2)を除外して、法廷償却年数に準じた年数(6年)で割った金額を賃貸料にしたいと考えています。(7年目以降は賃貸料をゼロにする)

 この賃貸料は社長にとっては収入かもしれませんが、車の購入資金を手持ち資金から支払っており、賃貸料に「儲け」が含まれていないと感じます。

 このように事実上の儲けがない場合でも、所得として申告・納税する必要が生じてしまうのでしょうか。
 また、車検や自動車税など所有者に発生する費用については、どのように処理すべきでしょうか。


※平日(7分の5)は、車を業務外で使用することはありません。社長の奥さんなど家族が使うこともありません。

 保険料などが割安なため、個人(社長)名義で車を購入し、会社で業務に使用したいと考えております。
 会社はとても小さな会社です。(SOHOに近い有限会社)

 会社と社長の間で「車輌賃貸契約」を結び、会社から社長に対して賃貸料を払う形式にする必要があることは調べました。
 社長としても自動車を会社に貸して儲けるつもりはなく、車の購入費用(車両+諸費用)から個人で使用する分(7分の2)を除外して、法廷償却年数に準じた年数(6年)で割った金額を賃貸料にしたいと考えています。(7...続きを読む

Aベストアンサー

『昨夜まで考えていた方法』でよろしいかと思います。
そこまですると窮屈な気もしますが…。
少々私見を言いますと、
借入や資産購入でよくある諸事情に、法人では信用不足のため個人の名義を利用する、というケース。事業としての利用が明確であれば、否認されないはずです。
では、車の場合
1.その車を必要とする業務内容か否か
  →1台目の場合は問題にはなりにくい
2.通常より高額なものかどうか
  →自社や得意先の地位、業務内容によってはロールスロイスも可
3.個人的な使用目的かどうか
  →自宅の車庫に置いたままでは苦しい

などが通常ポイントになるでしょう。
5/7という考え方は誠実で良いのですが、過去の経験には「じゃあ、これも按分しないといけない!」などと指摘を受けて、やぶへびだったことも(苦笑)
理論値的な結果として、説得力はありますが、表面に出すことは避けたいところです。150万円の譲渡金額でも良いのですが、私なら次のように説明します。
「保険料を安くするため(またはローンが会社では通らないため)、個人で買って会社に転売した。分割で払うので弁済期間中は名義をそのままにしている。金利を取らないのは、たまに私的にも利用するから。しかし諸経費等も会社に負担させているので、分割返済が月3万円のところ、使用料として5千円を差し引いた額を返してもらっている。」
で、譲渡証書は210万円。5千円に関しての賃貸契約書などは作りません。
最初の3つのポイントをクリアしていれば、「ダメという法的根拠を言ってくれ!」とすごむでしょう。(笑)

『昨夜まで考えていた方法』でよろしいかと思います。
そこまですると窮屈な気もしますが…。
少々私見を言いますと、
借入や資産購入でよくある諸事情に、法人では信用不足のため個人の名義を利用する、というケース。事業としての利用が明確であれば、否認されないはずです。
では、車の場合
1.その車を必要とする業務内容か否か
  →1台目の場合は問題にはなりにくい
2.通常より高額なものかどうか
  →自社や得意先の地位、業務内容によってはロールスロイスも可
3.個人的な使用目的かどうか...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報