私は来春からの補助教員の仕事を紹介された者です。一年生をサポートしたり、5・6年生をサポートしたり、他にもいろいろあるようですが、基本的に週3日午前中だけ、と聞いてます。私自身は、まだ子供が小さいこともあり、フルタイムで働くことは難しい状態です。ただ、学校の仕事は時間どおりにいかないことも多いんじゃないかと思いますので、出勤した日には夕方まで働くことになるのではないかと思っています。ただ、毎日夜までとなるとちょっと難しいし、まず私自身に教員免許はあるものの教員の経験がないのもすごく不安です。ですから返事をする前に、補助教員の仕事とはどういうものか、勤務形態はどうなのか等ということを知っておきたいのです。もちろん、自治体や学校ごとに違うとは思いますが、知っていることを教えてください。また、非常勤講師や臨時講師についても教えて下さい。

A 回答 (3件)

 高学年になると、音楽・家庭科・体育・書道といった科目は、専任教諭が受け持つ場合が多いです。

担任の先生が男性の場合は音楽、年配の場合は体育といった具合に担任の負担を軽くするわけです。mimohaさんの場合、体育の免許をお持ちのようなので、高学年の体育を担当する可能性が高いと思います。この場合、もちろん、一人で授業を担当します。基本的には、tomikou0000さんのおっしゃるように時間での拘束なので、終われば(出勤してきた時だったかな?)出勤簿に印鑑を押して帰ることができます。ただ、運動会のころは、いろいろと仕事があると思います。
 あと、サポート的な仕事として考えられることは、T-Tです。T-Tとは、たしか team teaching の略だったと思います(自信なし)。2人一組で授業をします。一人の先生が授業を進め、もう一人の先生がサポートします。算数の授業などでよく行われます。問題が解けない、理解できない児童について指導します。ただ、小学校の先生は、自分の学級意識が強いので、この授業体制はあまり好ましく思わないようです。
 なんでもそうですが、最初が肝心です。自分のセールスポイントをうまく出せるようがんばってください。
 
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。まさか一人で授業を受け持つ可能性があるとは思いませんでした。私としては、T-T(という呼び名ははじめて知りました)のほうを考えていました。でも、この形態はあまりよく思われてないのですね。こういう形での勤務の場合、心配なのはやはりフルタイムで働く方たちとの人間関係です。なんだか自信がなくなってきましたが、現実感のある回答をいただき、本当に参考になります。また、思いついたことがありましたら、教えてください。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/23 17:14

私の友人の何人かが常勤&非常勤講師をやっていました。

(小学校、高校)

授業を教える場合は予め何をどのように教えるという台本のような物(指導書?)を作っていました。慣れないうちはこれの作成が大変で、友人は毎日夜遅くまで残って作ってました。

mimohaさんは一人で授業を教えるのでしょうか?そうなると上記の指導書を作るのに苦労するかもしれませんね。時間通りに帰って来ても、自宅で指導書作りに時間を割いて家事をする時間がなくなったりして・・・(やってみないとわかりませんが)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。私の仕事は主に担任の先生の補助という形らしいので、多分一人で授業を持ったりすることはないと思います。一年生が早く学校に慣れるようにお世話をしたり、6年生がスムーズに中学校にあがれるようにお世話をしたりということらしいです。問題は、その”お世話”がどのようなものなのかがよくわからないということです。指導書については、私も教育実習のとき、大変苦労しました。もちろん授業も苦労しましたが・・・。学校教員の仕事というのはきりがないほど際限がなく、奥深いものだと思うので、かなりの覚悟がないとフルタイムでの家庭との両立というのは今の私には難しいと思ってます。かといって、補助の仕事を、片手間と考えているというわけではありませんが・・・。
また、何か思いつきましたら教えてください。

お礼日時:2001/10/23 13:38

中学の話ですが、僕の母親が非常勤をしてました。


元々母は中学の教師で、退職後にやっていたものです。
小学校とは違うかもしれませんが、
中学の場合は完全に「塾の講師」と同じ状態です。
朝の打ち合わせにも参加せず、
授業の始まる時に教室に行って授業して、
終わったら帰って大丈夫です。
(もちろん、職員室には、ちゃんと自分の席はありますよ)
お金の方も「1授業でいくら」って時給みたいな感じです。
だから、残っていたりすると、残業になってしまうので、
学校側としても帰ってもらって問題ないです。
別に周りの先生たちからヒンシュクって事もないです。

教わる生徒の側からすると、そんな違いは分かりませんから、
色々な学校行事の予定だとかを聞きに来られて、
答えられなくて、ちょっとめんどくさかった、と母は言ってました。

あと、弟の奥さんも、高校で時間給で教えています。
彼女の場合もほとんど一緒です。
ただ、彼女は部活動(文科系)も指導しているので、
一日学校にはいるみたいです。
授業給+部活給ってなってるみたいです。
でも、週3日しか行っていないので、結構楽って言ってましたよ。

※あくまでも、中学、高校の話なので、小学校では全然違うかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。非常勤はその時間だけでいいということで、なんだかすごくほっとした気分です。もちろん、小学校とは違うかもしれませんが、補助教員の仕事が万一だめだった場合に、一応中学校の免許もあるので(体育というところがなんだか・・・ですけど)、非常勤講師の道も考えられるということが分かってすごく安心しました。小学校もこんな感じだといいなあと思います。また、何か思いつくことがあったら、教えてください。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/23 11:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教育補助員として小学校に教員の方の補助として採用されました

6月から県の教育委員会から教員の方の補助員として採用して頂いて、小学校に赴く事になりました。パソコンの講師をしておりましたので、情報処理の授業が主な担当だとは思いますが、他の教科もお手伝いさせて頂けるそうです。
大学の通信教育で教員免許を取得予定ですので、現場を体験させて頂けてありがたく思っておりますが、今まで企業の講師として仕事をしてきましたので、学校現場においての注意点とか、心がけたら良い事とかを現場の教職員の方にアドバイスして頂けたらありがたいです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私の学校でも、この4月から1年生の各クラスに、補助員の方が入られています。私達教師にとって、補助員さんの存在はとても貴重です。頑張ってくださいね!
やはり、教科指導以外で大事なのは、先生方とのコミュニケーション、児童との関係だと思います。子供はすなおで、興味あることやものへ、どんどん集まります。悪いことはしっかりしかること、けじめをつけさせるとなども大事です。また、あの先生はおこったけど、この先生は怒らなかった・・・と同じことをしても、先生の間で違いが出るといけないので、赴任される学校のきまり等も頭に入れておくほうがいいと思います。
現場で今、その他に言っているのが、補助員さんは、勤務時間になったら、さっさと帰宅されてしまうこと・・・。もちろん残業してください、ということではないのですが、学年会や会議に参加されていても、時間が来ると帰られてしまう方もおられるのです。教師志望の方なら、ちょっとでも、色々な学校の現状を知ることは絶対勉強になるのに、もったいないなぁ・・・という感じです。また、実際ふだんは子供につきっきりなので、放課後などはいろんな先生と接することができるチャンスです。しっかり、将来のために、勉強してくださいね!!教師って時間外労働も多いですよね。でも、頑張っていきたいですね。
パソコン指導はされたことがあるとか。でも、児童の場合は難しい言葉は本当にわからない子はわからないです。ですから、画用紙に絵をかくとか、プリントをくふうするとか、そういった準備も大事だと思います。休日に書店などで、子供用のテキストなど購入してみるのもいいかもしれないですね。
では、色々と思いつくままに書かせていただきましたが、ちょっとでも参考になれば・・・。
私もまだ2年目新米なんですけどねー

私の学校でも、この4月から1年生の各クラスに、補助員の方が入られています。私達教師にとって、補助員さんの存在はとても貴重です。頑張ってくださいね!
やはり、教科指導以外で大事なのは、先生方とのコミュニケーション、児童との関係だと思います。子供はすなおで、興味あることやものへ、どんどん集まります。悪いことはしっかりしかること、けじめをつけさせるとなども大事です。また、あの先生はおこったけど、この先生は怒らなかった・・・と同じことをしても、先生の間で違いが出るといけないので、...続きを読む

Q小学校の教員補助について

こんにちわ。
今小学校の教員補助の募集があっているのですが、
どんなことを具体的にするのでかご存知でしたら、教えていただきたいのです。
いちお、コンピュータを取り扱い、情報教育での機器操作などの支援とあるのですが、
教員免許はなくてもよいという条件なので、
端末をたちあげたり、という準備だけをするのか、
それともいくらか生徒とせっする機会があるのか・・・
国の雇用対策のひとつのようですので、具体的な内容をぜひお願いします。

Aベストアンサー

生徒に基本的なソフトの使い方なんかを教えます。
大体インターネットとパワーポイント、ワード、エクセル
くらいがせいぜいだと思います。

多分教員の方が始めにおおまかな説明をするのでしょうが、
パソコンですから1クラス30名だとしても、
教師が1~2名いても手が足りなくなりますからね。
席を回って個別指導していくかんじではないでしょうか。

Q小学校の教員として、働き始める時期は、、、

小学校の教員として、働き始める時期は、、、

何学年かの担任を受け持つことになるとして、
年度の途中から、、、というのはありえませんか?

(大学はすでに卒業しており)
来年の夏には、教育実習も終了しているはずなので、
どのようなものかと思いました。

よろしくお願いいたします。 

Aベストアンサー

正規の採用であれば(採用試験を受けて受かった場合)ほとんどが4月から勤務になると思います。
講師等で登録している場合は、年度途中の産休や病休などもあり、年度途中からということもゼロではないと思います。

Q教員免許と教員採用試験について

教員志望の高3です。英語が好きで、小さい子どもの相手も好きです。
○中学校は教員が有り余っていて、小学校免許を持っているとなかなか中学校には配属されない、と聞いたのですが本当でしょうか?
○小学校の教員採用試験の内容はどんなものが課されるのでしょうか?
○教育学部での指導内容は大学によって大きな差はあるのでしょうか?
3つも欲張って申し訳ありませんが、分かるものだけでいいのでお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。はじめまして。
5年目の小学校教員です。

5年前ですが、私のときの、私の地域のことで返答させていただきますね。

中学校に教員が有り余っているという事はありません。
試験で両方受ければ、その人の適正の高い方が合格します。私のときは、1次試験は小・中が同時に受けられたのですが、小が受からずに中だけ受かる人もいましたよ。
ただ、教科によって高倍率の年もあるでしょうね。中学校だけの免許で中学校を受けると合格が難しいかもしれません。高校はなお難しいです。
また、自治体によって小中の交流を盛んに行う所もあり、頻繁に小学校⇔中学校へ転任になるところもありますね。
そして、免許があれば転任の希望を出す事も可能です。

採用試験については、すでに詳しく回答されていらっしゃいますが、分かりやすく言うと、小学校では、小学生に全教科教えるので、「小学校全科」という試験があります。
国語・社会・算数・・・家庭科・体育など小学校で子どもたちに教える全ての教科が詰まっています。(残念ながら、korokanさんの得意な英語は無いですね・・・。)
ただ、小学生に教える内容なので、難しくはありません。ただ、教科数が多いので量が半端じゃありません。

対して、中学校は専門教科の試験です。1科目だけなので、内容も難しく、1教科当たりの問題も多く、勉強をやりこまないといけません。・・・結局どちらも勉強は大変です。


あと、基礎的な体力の試験(反復横とび・握力などや、泳力)がありましたが、スバラシイ運動能力でなくても、人並みに出来ればよいみたいです。


大学の指導内容は・・・一つしか行ってないので比べようがないのでなんともいえませんが・・・。ただ、教育大学は、より教育の現場に行く人間を育てるのが主であり、学生もそういう気持ちで(と言っても全員ではありませんし、最近は減少傾向です)いる人が多いので、現場の事も踏まえた指導になるような気がします。それに比べて、有名大学の教育学部は、現場と言うよりは「教育」に対する研究をしているのでは。そういったい意味では、有名大学には出版物などで有名な教授もいらっしゃいます。

長くなってしまいますが、最後に一つ。
大学の教員養成課程には、「小学校」と「中学校」があると思います。(英語は中学校だけです。)卒業には、それぞれの免許を取ることが卒業の認定にもなります。ただ、「小学校」の人が、中学校の免許を余分に取ることは比較的簡単ですが、「中学校」の人が小学校免許を取ろうとすると、ちょっと大変です。理由は・・・ちょっと長くなるので、もしお知りになりたければお尋ねください。

参考になれば幸いです。

こんにちは。はじめまして。
5年目の小学校教員です。

5年前ですが、私のときの、私の地域のことで返答させていただきますね。

中学校に教員が有り余っているという事はありません。
試験で両方受ければ、その人の適正の高い方が合格します。私のときは、1次試験は小・中が同時に受けられたのですが、小が受からずに中だけ受かる人もいましたよ。
ただ、教科によって高倍率の年もあるでしょうね。中学校だけの免許で中学校を受けると合格が難しいかもしれません。高校はなお難しいです。
また、自治...続きを読む

Q教員採用試験と教員資格認定試験について。

小学校教員を目指している者です。
お尋ねさせて頂きますが、私が素朴に疑問に思うのは、教員免許ってどんな意味があるのかと思うのです。
つまり、大学の教職課程や通信教育で免状を取得したとしても、結局、教員採用試験を突破できなければ、学校に採用されることにはならないからです。まあ、講師にはなれますが。
それなら、いっそのこと、教員採用試験を突破した者に初めて免許を交付することに、どうしてしないのかなとも思うわけです。
免許を取るだけなら、レポート提出とさほど難しくない試験をパスすればいいだけの話ですから。
もちろんただ教職関連の科目を学ぶだけでも教養としての意味はあるでしょうが、実際、教員としての就職口を得るということになると、ただ、単位を修めて免許を取るだけではなく、きちんと教員採用試験の出題範囲を相当きっちり勉強しなければ、合格もできないと思います。
あと、小学校教師になる道として、小学校教員資格認定試験があることを不覚にも知らなかったのですが、調べてみると、簡単ではないとか書いてありますが、教育実習もないですし、介護等体験も必要ないようです。これで合格すれば2種免許が授与されるとあります。
文部科学省の昨年の実施要項も読んでみましたが、大学卒業者なら一般教養も免除されるとありますし、1次試験、2次試験とあるようですが、科目数も少ないと思うのです。
私としてはこれなら、わざわざ、2年かけて何十万という学費も払って通信教育で単位を取得して免許を取るより、しっかり勉強すれば、
よほど、資格認定試験を突破して教員採用試験に臨むほうがいいように思えてきたのですが。
難易度としては合格率7%で教員採用試験以上との情報もありますが、結局、教員採用試験を受験するときには、それとほぼ同等の学力を具えていなければならないわけですから、いずれにせよ一定のレベルまで学力を引き上げていかなければならないことには変わりないわけです。
まあ、教員として現場に立つまでに、教員採用試験と合わせて、それと同じような試験をもう1回プラスして受けるようなものかもしれませんが。
なぜ、教員を目指す方はこうした教員資格認定試験を受ける方法をとる方が少ないのでしょうか。
資格認定試験の存在がたまたまあまり知られていないだけの話なのでしょうか。
また、教職課程をおく、大学通信教育を受講中でも並行してこの教員資格認定試験を受験することはかまいませんか。

小学校教員を目指している者です。
お尋ねさせて頂きますが、私が素朴に疑問に思うのは、教員免許ってどんな意味があるのかと思うのです。
つまり、大学の教職課程や通信教育で免状を取得したとしても、結局、教員採用試験を突破できなければ、学校に採用されることにはならないからです。まあ、講師にはなれますが。
それなら、いっそのこと、教員採用試験を突破した者に初めて免許を交付することに、どうしてしないのかなとも思うわけです。
免許を取るだけなら、レポート提出とさほど難しくない試験をパス...続きを読む

Aベストアンサー

 教員という職業がそれだけ重要視されているからではないで
しょうか。教員免許は、採用試験を受けるための免許なのです。
と考える意外ないような気がします。疑問はもっともですが、
試験に合格して即、教員というのではシステム上、安易な気が
します。例えば、医師になるときもそうです。国家試験にパス
すればいいかと言えば違います。大学の医学部に入って、
6年間しっかりと勉強した者だけに国家試験への道が開かれます。
 
 教員免許は、医学部で言うところの6年間の勉強にあたるのでは。
そもそも教師になる人が、試験一発合格というのは、恐ろしい。

 元々、教員免許は大学入学後、18歳から取得のための勉強を
始められます。教員資格認定試験は20歳からが受験資格ですので、
18歳で大学に入学した人はこの試験を受けられません。この辺に、
資格認定試験の存在意義が出てくるだと思います。
 
 また、教員資格認定試験は、広く社会からも門戸を開こうという
主旨の、社会人を対象にした試験です。社会で培った経験をもった
人材をとろうというのが、文部科学省の狙いでもあります。ただし、
社会人は忙しいので、なかなか学校に行って一から免許を取るのは
難しいということで、一発での免許取得になったのだと思います。
 
 しかし、教員資格認定試験で取得できるのは小学校でいえば、
2種免許だけですし、また介護体験等はそのあと行うことも出て
くると思います。1種免許を取得することを期待されますし。

 資格認定試験の受験者が少ないのは、もちろん一般大や通信で
免許を取る人が多いからでしょう。その理由は、おそらく、
認定試験の存在を知らないか、認定試験に合格できないまま、
通信で免許を取ってしまうからではないでしょうか。まあ、
なんと言っても合格率は低いですから。

 しかし、認定試験は広く門戸が開かれているだけに、
相当多様な人材が集まっているはず。たぶん、半分くらいの
受験者は、社会人ということもあり、忙しくて未対策のまま
受験してるのではないでしょうか。だから実質の合格率は
もっと高いでしょう。これは運転免許と同じで、~%とれば
いいという試験です。採用試験と違って選抜試験ではありません。
60%以上の正答率で合格する試験です。受験者が一万人いても、
一万人全員が正答率60%以上でしたら全員合格で、合格率100%、
倍率にして1倍です。

 数字にごまかされず、ガンバってください。答えになって
いない所もあるし、推測が多いので申し訳ないです。

 また通信と並行での資格認定試験は、何も問題ありません。
 

 教員という職業がそれだけ重要視されているからではないで
しょうか。教員免許は、採用試験を受けるための免許なのです。
と考える意外ないような気がします。疑問はもっともですが、
試験に合格して即、教員というのではシステム上、安易な気が
します。例えば、医師になるときもそうです。国家試験にパス
すればいいかと言えば違います。大学の医学部に入って、
6年間しっかりと勉強した者だけに国家試験への道が開かれます。
 
 教員免許は、医学部で言うところの6年間の勉強にあたるのでは。
そ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報