【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

築18年の1棟建賃貸マンションのオーナーです。

現在、某国内火災保険会社の掛け捨ての火災保険(地震保険付)に加入しています(期間3年)。

物件購入価格は1億5千万円です。この保険会社の保険では、保険金額は最高3,000万円までしか加入できないと言われ、最高額まで掛けています。

しかし、先日、某外資系火災保険会社の営業マンと知り合う機会があり、彼の話では、うちの場合、掛け捨てで1億5千万円まで加入できるそうです(期間3年)。

ただ、専門家の意見では、新耐震基準以降の竣工物件で、鉄骨鉄筋コンクリート造ですので、地震で倒壊することはまず考えられない(但しひび割れ等の損傷は免れない)そうです。もっとも地震による火災発生や引火という事態は想定の範囲内ということになるでしょうが。

先日も関東には大地震がありましたし、保険についてはどうすべきか、非常に悩んでいます。
1.この外資系の保険に入り直すべきかどうか?
2.掛け捨てでなく、もし満期までに何もなければ返戻金がある長期総合保険にすべきか?(その代わり保険料はかなり高額になりますが)

アドバイス、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

私は保険会社の代理店経営をしています。


いくつかの保険会社の商品を扱っていますが、ひとつだけ火災保険に関してはすごい商品があります。
お金のないお客さん用の商品で、かなり保険料が安く見積もりができます。
本来、火災保険は特約フルセットで加入させられます。
しかし、ある保険会社の商品は自由自在に特約を選ぶことができるのです。
地域、場所によっては水害被害の全然ないところもあります。その水災特約をいらないと判断するのであれば、外すことが可能です。
ここまでならば、ときどきいろんな保険会社の営業マンがしている方法です。
事故所持費用という特約があります。
これも外してしまえば、かなり安くなります。
きっとどこの保険会社の商品よりも安い見積もりになります。
その商品名は『住自在』。
でも保険会社側は、あまり大々的にこれを売り込んでいません。その理由は、販売側にとって保険料が安いからです。つまり手数料も安くなるからです。

この回答への補足

今、ネットで検索したのですが、この商品は「住宅ローン利用者向け」とあります。住宅ローン利用者でないと加入できないのでしょうか?ちなみにうちには住宅ローンはないのですが。この保険に入るために住宅ローンを借りる、とか…。

補足日時:2005/08/06 23:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる様に水災特約を付けるか外すかは営業マンも言ってきますが、その「事故所持費用特約」というのは初めて知りました。

大変貴重な情報、どうも有難うございました。

お礼日時:2005/08/06 23:45

事故諸費用は、事故が起こったことを前提とした内容の特約になります。


事故諸費用は、事故が起こったときの残存物の後片付け費用のことになります。限度額は100万円。
こればかりは、ご本人様次第になります。
ちなみに、私の家でも『住自在』で契約しております。
内容は、水災不担保に事故諸費用不担保です。
内容が充実ていることに越したことないのですが、安いには勝てませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

様々な情報を数回に渡りご提供頂き、有難うございました。厚くお礼申し上げます。

お礼日時:2005/08/12 18:46

事実、質権設定をしなくてはいけない銀行はありますが、今ではもともと質権設定のない銀行もたくさんあります。


例えばUFJ銀行とかご存知でしょうか?
そこの銀行では質権設定などありません。
また加入の際、保険会社に告知しなければいけないことは、どこで住宅ローンを組んでいるのかを言うだけです。
その他、資料などはまったくありません。
ただ、地震の際には、昭和56年以降の建物でしたら、
10%の割引がきくので、確認資料をとりよせてもらえればだいじょうぶです。
住宅ローンは10万円単位で借り入れできるはずです。
しかし、住宅ローンであるため、手数料が5万円とられます。例としまして、マンション1棟で保険期間2年として、通常の保険料が30万円くらいだとします。
しかし、『住自在』に入ることで20万円くらいになります。そう住宅ローンでかかる差し引きの分と、今後の継続契約のことを考えますと得になるはずです。
ローンの支払いが終わっていも『住自在』は継続契約できます。
この方法は私の必殺技です。

この回答への補足

ところで、事故所持費用特約を外すことで保険料が安くなるというメリットは分かりましたが、デメリットはないのでしょうか?

補足日時:2005/08/10 17:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。で、ポイントはローンの支払いが終わっても『住自在』は継続契約できる点ですね。ということはサッサと繰り上げ返済しちゃえばいいってことになりますね。

お礼日時:2005/08/10 17:39

質権設定が借金の手形として火災保険に加入するわけです。

または借金の返済中に火事にあった場合、保険金で借金の返済をしてもらうわけです。
質権設定というものは銀行の借金の手形なのです。
だから銀行が必要でないと判断した場合は質権設定をしなくてもだいじょうぶなのです。
銀行が質権設定を必要としてきたらしなければなりません。
地方銀行では、まだまだ質権設定をしなければいけないところが多いようですが、最近では必要のない銀行も増えてきています。
すでに銀行と質権設定を組んでいらっしゃるのですか??
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いえ、#7のminefuzikoさんのご回答への補足に書きました様に、うちには現在住宅ローンはないのです。ただ、少額でもこの保険に入るためには住宅ローンを借りる必要性があると思ったのですが、ローンを組む、火災保険に加入と来ると次は質権設定と来るのがいわばワンセットの様に思えてしまったのです。

しかし、よく考えれば、この住自在に入るための目的で例えば10万円くらいのローンを組めば(そんな少額のローンが組めるか分かりませんが…)、別に担保権を設定する必要性はないのですから、質権設定する必要はないと思いますが、いかがでしょうか?

また、銀行の住宅ローンの最低額はどれくらいでしょうか?いくら何でも10万円の住宅ローンというのは組めないんじゃないかと思うんですが…。

お礼日時:2005/08/09 17:06

住自在は住宅ローン向けの方の火災保険です。


しかし、住宅ローンを組んでいる人でしたら誰でも入れます。規定にはないので、別にいくら少なく借りていようが問題はないと思います。
事実、この保険に加入するためにお金を借りる人もいるくらいです。
実はこの商品も保険会社の都合によるための商品なのです。
銀行でも当然保険代理店をやっています。コンプライアンスが厳しくなる以前は、銀行の圧力募集があったからです。つまりお金を融資する代わりに、借金の手形として銀行と契約をしなければいけませんでした。また銀行では割引がきくので、通常より安く加入できました。
その銀行に対抗するためにできた商品が住自在なのです。

この回答への補足

住宅ローンを組んで不動産を購入すると、銀行に抵当権設定と同時に火災保険に加入させられて質権設定されて保険証券を銀行に持っていかれてしまいますが、この住自在もそうなのでしょうか?

補足日時:2005/08/08 23:12
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重な情報をご提供頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/08 23:12

No.4です。


>ソルベンシーマージン比率と格付けとが必ずしも比例していないケース(A社に比べてB社はソルベンシーマージン比率は高いが格付けが低い会社など)もあるのですが、どう考えたらいいのでしょうか?

このHPを参考にしてください。
http://money.coden.ntt.com/read/column/200408.html

>「異常危険準備金の積立率」というのは初めて聞く言葉です。これを会社別比較した資料はありますでしょうか?

保険関係の新聞で何度か見るのですが、検索しても見つかりにくいですね。

なお、日新火災の住自在はローン専用の火災保険です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

貴重なアドバイス、どうも有難うございました。

お礼日時:2005/08/07 20:52

No.4です。


昨年のように台風や地震が多く発生すると、各保険会社の体力差がはっきりと表に出てきます。
目先の損得だけでなく、ソルベンシーマージン比率(支払い余力)や、異常危険準備金の積立率なんかも視野に入れて保険会社選びをされたほうがいいと思います。

参考URL:http://www5f.biglobe.ne.jp/~ossann/songaihoken_k …

この回答への補足

ところでこの表にあるソルベンシーマージン比率と格付けとが必ずしも比例していないケース(A社に比べてB社はソルベンシーマージン比率は高いが格付けが低い会社など)もあるのですが、どう考えたらいいのでしょうか?

また、ソルベンシーマージン比率という言葉は新聞で読んだことがあるのですが、「異常危険準備金の積立率」というのは初めて聞く言葉です。これを会社別比較した資料はありますでしょうか?

補足日時:2005/08/06 13:22
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重なアドバイス、ありがとうございました。

この資料は大変参考になります。実は某損保に加入していたのですが経営破綻してしまい、掛金が1割カットされてしまったという苦い経験がありますので、同じ轍を踏まぬ様会社選びは慎重にしたいと思います。

お礼日時:2005/08/06 13:19

こんな火災保険もあります。


セコム損害、あんしんニューダブル。

保険期間10年
耐火造り
保険金額1.5億円 (耐火構造は10億まで可能)
満期返戻割合20%
保険料27,715,500円
満期返戻金30,000,000円

保険料は全国一律です。

火災保険といっても、色々なものがあります。
積立はメリットがないとか、いくらしか入れないとか、
保険は自由化されています。
変な先入観なしに、色々な会社と話をされたらいかげでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わざわざ詳しい内容まで調べて頂いて、ありがとうございます。

お礼日時:2005/08/05 23:50

建物の時価額が新築価格の50%を下回っていなければ、新価で保険金額を設定することができます。

(通常5年契約まで)
鉄骨鉄筋コンクリート造の場合は償却率が低いので、築18年ですと通常問題はありません。
ただしマンションに店舗や事務所部分がある場合は、床面積が660m2未満でなければいけないなどの制限がありますが・・・。

新価ベースの評価が1億5千万円であれば、それで問題なく入れると思います。
ただ、物が物だけに超過保険になってしまうとかなり勿体ないことになってしまいますので、事前に保険会社お抱えの鑑定会社にきちっと鑑定してもらってからのほうがいいと思います。

なお、積み立て型の火災保険は現在あまりメリットがありません。
積み立てと言えども、掛けた額、全額が戻ってくるわけではありません。
戻ってこない額と、最初から掛け捨ての保険にした場合の保険料を比べてみてください。
ほとんど変わらなくはないですか?
殆どの保険会社は、積み立て型の保険よりも掛け捨ての保険のほうに力を入れていますし、補償も厚い場合が多いです。

この回答への補足

>戻ってこない額と、最初から掛け捨ての保険にした場合の保険料を比べてみてください。
>ほとんど変わらなくはないですか?

いえ、掛金にはかなりの差がありました。
その外資系保険会社に試算してもらったのですが、掛け捨ての3年契約では掛金は150万円ですが、長期総合保険の場合は7~8,000万円だそうです。

もっとも積み立てて「戻ってこない額」があるというのは初めて知りました。10年前に家財に掛けた長期総合保険が昨年満期になったのですが、満期時には掛金より保険金の額の方が若干上回っていました。もっともその当時と比較すれば今の方が金利が低いので、同じ様に考えられないのかもしれませんが。

それと、新築を建てたのではなく、中古を居抜きで平成7年に購入したのですが、その時点での価格が1億5千万で、今はもっと資産価値は土地、建物ともに下落していますが、それでも10年前の購入価格の保険に入れるというのが不思議なのです。

もちろん保険会社の人にも質問しましたが、入れるんだから保険がおりたら貰っとけばいいでしょう、との答え。この掛け捨ての保険には何かウラがあるのでしょうか?

補足日時:2005/08/05 22:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なアドバイス、誠にありがとうございました。
保険会社にお抱えの鑑定会社があるとは、初めて知りました。

お礼日時:2005/08/05 22:35

火災保険の額は、いくらでも入ることは入れます。


ただし、罹災した場合に再評価をしますので、過大な保険金額に入っていても超過保険ということで支払われるのは実際の評価額になります。

では、評価額は、というと、建築費単価法を使えばおおむね現在の再取得価額が計算できます。
火災保険は者保険ですので、土地を含めた価額に加入しても実際に支払われることはありません。

m2単価256千円×○m2で都市部の標準価額が計算でき、地方都市ならー10%、郡部や農村部ならー20%が標準です。
このほかに、建物のグレードにより±30%の範囲で設定するのが正しい評価額です。

この回答への補足

確認なのですが、都市部の建物の再取得価額の算出式が、この
m2単価256千円×○m2
という理解でよろしいのでしょうか?

補足日時:2005/08/05 22:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変貴重なアドバイス、誠にありがとうございました。
算出式はとても役に立ちそうです。

お礼日時:2005/08/05 22:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大家が入る火災保険について

実家が昔ながらの大家さんで、不動産屋さんを通さずに貸家を何軒か貸しています。
実家の親が、実家にもこの貸家にも火災保険を掛けていないことを知り、加入を勧めたところ、「いい保険を探して」と言われて年寄りに代わって急遽勉強中です。
入居者さん(昔から長年住んでいる家が多いです)には、借家人賠責付帯の火災保険などへの加入は当方からは今まで言ったことはないそうで、今後も特にこちらからお願いする考えはないそうです。現在まで何事も無かったことは幸いですが、自然災害も多発していますので、当方でこれから掛ける保険はとても重要だと感じています。

こちらの書き込みや保険会社のHPで、火災保険・地震保険のしくみや個人住宅の保険についてはある程度理解できたのですが、大家さん用の保険というのがありそうでなかなか見つけられないでいます。世の中の大家さんは貸家にどんなふうに火災保険を掛けているのでしょうか。。

今のところの考えとしては、地震保険(特約)にも加入し、地域柄、「水害」「地震」「地震による火災」の順で重点を置きたいと思っています。貸家に掛ける場合はどんなことに気をつけて保険を掛ければ良いか、アドバイスを頂ければ幸いです。

実家が昔ながらの大家さんで、不動産屋さんを通さずに貸家を何軒か貸しています。
実家の親が、実家にもこの貸家にも火災保険を掛けていないことを知り、加入を勧めたところ、「いい保険を探して」と言われて年寄りに代わって急遽勉強中です。
入居者さん(昔から長年住んでいる家が多いです)には、借家人賠責付帯の火災保険などへの加入は当方からは今まで言ったことはないそうで、今後も特にこちらからお願いする考えはないそうです。現在まで何事も無かったことは幸いですが、自然災害も多発していますので...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に、建物そのものの保険は家主、中身の家財は借家人というのが一般的です。

複数軒お持ちなら、自分で保険の代理店をやって、借家人にも家財の保険に加入してもらう、ということで多少のお小遣い程度の収入を得られますよ。
資格試験に合格するなど、簡単にはいきませんけどね。

積み立て保険があります。
貸家といっても、定期的に外壁の塗装など、修繕が必要ですよね。そういう費用を、月々の保険料とともに積み立てておく、というプランです。どこの保険会社でも「積み立て総合保険」という名前で売っていると思います。

Q木造アパートの建築費が知りたいです。

ハウスメーカーを通さずに工務店に直接発注した場合、木造アパートの建築費(平米単価)はいくらぐらいになるのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授頂けると幸いです。

Aベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1481636.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2658082.html
http://allabout.co.jp/gm/gc/31044/

これ見た?

Q建ぺい率と容積率の計算方法

建ぺい率と容積率の簡単な計算方法

を例で良いので教えていただけませんでしょうか?

建ぺい率と容積率オーバーかどうか調べたいのですが

うまく理解できる所がありません。

ご指導のほど宜しくお願いします。

Aベストアンサー

建ぺい→水平投影面積/敷地面積
容積→延床面積/敷地面積
・・・はお解かりでしょうが。

要は庇が1m以上出た場合の面積の取り方や、車庫が床面積の1/5以下の場合の容積率緩和等細かく調べていくと、極端な場合建築主事ですら考え方、算出方は変わります、素人では不安でしょうね。

建築士に知り合いいませんか?

9割方正解を導いてくれるでしょう。ただで。(なれた建築士なら単純な建物なら簡単に解ります)

住宅で平屋の類、単純な建物のなら別です。素人でも可。

設計事務所のHPで質疑回答してるとこけっこうありますから、そこにメールするのも手。
喜んで教えてくれますよ。

Qアパート経営での火災保険について

実家がアパート経営をしています。
二階建てで、一階が自宅、二階がアパートとして3部屋貸しています。
火災保険の更新が近付いていて、今までと同じ会社で更新するか、このサイトも参考にしながら情報収集しておりました。

現在、実家の方でアパートを含めた家屋全体に火災保険をかけていますが、各部屋の借主の方々には保険加入をしてもらっておりません。
この場合、各部屋を火元として隣室や自宅に類焼した場合、実家(大家)側で加入している保険会社からは保険金は下りないのでしょうか?

連休に入ってしまったので、こちらで質問させて頂きました。
初歩的な内容ですが、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

入居者が大家さん、または周りの隣人に対する火災による失火の保障をするための
一般的に不動産屋が言っているのが家財保険というもので、この保険の保障内容が、
借家人賠償と個人賠償及び入居者の家財に対する保障というものです。

また、これらは不動産会社が保険の代理店となっていて
(もちろん会社内に資格取得者がいなければ登録できませんが)、
賃貸の契約をする時に入居者に一緒に保険に入ってもらうケースが普通です。

家主の方は不動産屋を通して保険に入ってもらった場合は不動産屋任せにせず、
不動産屋に保険証券と領収書のコピーをとらせ、
後日、契約終了後に契約書(控え)と共に提出させるようにするといいでしょう。
中にはお金だけ入居者からとって実際は掛けていない(掛け忘れ)場合も
ありますので・・

また、保険会社へ連絡する時に証券番号の確認が必要となり、
コピーがあれば役に立ち事故があった場合に迅速に行動できます。


とくに、小額の修理費となる場合の火災の場合は
家主の掛けた保険は中々使いにくいものです。

契約書にこれらの保険に入居者が加入することを義務とする、
特約として条文に入っている契約書もあります。


私の経験するところ、入居したその日に全自動洗濯機のホースの閉め忘れから
水漏れ事故を起こしなんと最上階から5階下までの家財(途中階に事務所が入っており
、高価な商業用パソコン含)と汚した壁紙の張替え及びその為の家財の仮置き場所代等
全部で¥7.000.000-以上の損害額のほとんどが保険で降りたケースも見ました。

不動産屋からすれば、仲介する大事な大家さまへ対し
損害を少しでもなくしていただける方法でもあります。

是非、家主が火災保険を掛けるだけでなく、入居者にも保険に入ってもらうべきです。
年間一戸に対して¥1.500~3.000-位です(保障額によりかわる:地震保険はぬき)
地震保険は保険料が高い上、あくまでも入居者に対しての支払いとなる為、余程高価な家財を
持っている入居者でなければ掛ける意味がありません。
ちなみに、当時私が不動産会社に勤めていた時は富士火災のライフパートナーを使っておりましたが・・

入居者へ保険に加入していただく時は必ず
(1)借家人賠償
(2)個人賠償
(3)入居者自身の家財に対する保障
の3つの保障があるか。 また、それぞれの保障内容が充実しているか。
保障額も確認し不動産仲介会社に使わせることです。

不動産会社にはちゃんと代理店手数料が保険会社
から入りますからお礼はしなくても大丈夫です。

参考まで。

入居者が大家さん、または周りの隣人に対する火災による失火の保障をするための
一般的に不動産屋が言っているのが家財保険というもので、この保険の保障内容が、
借家人賠償と個人賠償及び入居者の家財に対する保障というものです。

また、これらは不動産会社が保険の代理店となっていて
(もちろん会社内に資格取得者がいなければ登録できませんが)、
賃貸の契約をする時に入居者に一緒に保険に入ってもらうケースが普通です。

家主の方は不動産屋を通して保険に入ってもらった場合は不動産屋任せに...続きを読む

Q建ぺい率、容積率オーバー物件を購入後に困ることは?

気になる物件が奇妙に格安なのですが「本物件は現況、建ぺい率、容積率を
超過しています」とありました。格安の理由はこれでしょうか?

建ぺい率、容積率を超過している=違法である、程度の認識はあるのですが、
一体どれくらいの不利益、罰則等があるのか調べてみると、過去ログに

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3299878.html
「建ぺい率がオーバーしている中古物件を購入する際には住宅ローンが組めず、
現金一括でしか購入できない。」

とありました。一般に困ることってそれだけでしょうか?
居住を始めて、「違法=肩身が狭い」「違法=売りにくい」は覚悟するとして、
それら以外に、税金面などにペナルティはあるのでしょうか?

そもそも、違法な建築を建てることを業者はよく認めたものだと
思いますけどね(建築後に法律が変わったかもしれませんけど)

Aベストアンサー

こういったケースは自治体によって判断がマチマチなのが実情なのですが、現状引渡しが中古物件での主流となっています。そういった事情から重要事項に該当するので建蔽・容積オーバーと業者は謳っていると思われます。こういった物件の場合での借り入れ判断は金融機関によりますので一概にローンが組めないと言う事はありません(返済負担率等の諸事情で蹴られる事の方が遥かに多いと思われます)。よって問題点としては余程常識外の増築でない限り低層住宅に行政代執行までして強制撤去というペナルティを課す行政機関は聞いた事もないので通常住む分には問題は特にはありませんが、入居後に何らかの増改築等で確認申請が必要になった場合には申請が通らなくなる可能性が極めて高い(自治体が違法物件と認識していた場合)ので注意が必要です。ただ質問者様が該当物件を購入するに当たって注意すべき点は(1)抵当解除されているか否か(2)欠陥住宅でないかのみですね。中古住宅(特に不動産競売で取引される物件)では民民売買でも不良物件が多いので注意が必要ですので売主が販売するにいたった背景を調べる事ができるなら知っておいた方が良いと思われます。因みに確認申請を受けずに住む方法(工事を床・壁で2期に分け、施工業者も分ける等)で増築をしたような事であれば施工に関しての心配は無用だと思われます。こういった事情を受注側が持っていれば施工に関してのトラブルは極力避ける(特殊な顧客である可能性が高い)ので施工自体の問題はないと思われます。

こういったケースは自治体によって判断がマチマチなのが実情なのですが、現状引渡しが中古物件での主流となっています。そういった事情から重要事項に該当するので建蔽・容積オーバーと業者は謳っていると思われます。こういった物件の場合での借り入れ判断は金融機関によりますので一概にローンが組めないと言う事はありません(返済負担率等の諸事情で蹴られる事の方が遥かに多いと思われます)。よって問題点としては余程常識外の増築でない限り低層住宅に行政代執行までして強制撤去というペナルティを課す行...続きを読む

Q不動産オーナーの火災保険

このたび,銀行からローンを組んで,投資用物件を買うことになりました。その際,火災保険を組まねばならないのですが,私の記憶によると,賃借人も入居するときになにか保険を入りますよね。賃借人が入るべき保険は,家財だけでしょうか。業界のルールとして,だいたいどういう災害を,オーナーと賃借人,それぞれが負担すべきか,お教えいただければ幸いです。重なって入ると損だと思いますので,うまく分ける形で入りたいと思います。保険は,銀行提携ではなく,不動産屋の紹介のところで決める予定です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大家してます

>重なって入ると損だと思いますので,うまく分ける形で入りたいと思います

基本的に入居者用の保険と大家用の保険は重なりませんのでご心配は無用です

>業界のルールとして

別にルールは有りません

基本的に入居者に賠償能力さえあれば保険も不要ですね

入居者用の損害保険は有ります

http://www.fp123.net/bd/kasaihokenkihon.htm

「借家人賠償責任担保特約」がセットなら安心です

お勧めの大家用の保険は有ります

・賃貸オーナー用の保険+特約

貴方の物件が築10年を超えているのならそろそろ色々な故障が出てきます

「空調設備・給排水設備など建物附属機械設備の故障」に対応した保険が有ります

例えば

http://www.ms-ins.com/product/kasai/comparison/index.html

の「大家さんプラン」...HPにはカタログが有りません

火災報知器やエアコン、給湯器等の修理代が補償されます

入っておきたい特約は

「建物(施設)賠償責任担保特約」

建物の不備で他人や入居者に損害を与えたときに賠償してくれます

大家が入る損害保険は

・空き部屋からの水漏れや火災時に他の住人へ賠償するなどの時に使いますのでダブりません

共用部と空き部屋がからむ損害は大家が入っている保険でしか補償されません

空き部屋から水漏れ・下の住人に被害が出た...当然大家の責任です

空き部屋に泥棒が入って窓ガラスが壊された...大家が直すしか無いでしょう

窓ガラスが落下し下の自動車を傷つけた...賠償しなければならないでしょう

近所の火事で類焼した...誰も補償してくれません

雷が落ちた、強風で窓が全滅、洪水で浸かった...全て大家の負担でしょう

各保険会社とも大家用のパンフレットはホームページには有りません
(特殊だからでしょうね)

大家してます

>重なって入ると損だと思いますので,うまく分ける形で入りたいと思います

基本的に入居者用の保険と大家用の保険は重なりませんのでご心配は無用です

>業界のルールとして

別にルールは有りません

基本的に入居者に賠償能力さえあれば保険も不要ですね

入居者用の損害保険は有ります

http://www.fp123.net/bd/kasaihokenkihon.htm

「借家人賠償責任担保特約」がセットなら安心です

お勧めの大家用の保険は有ります

・賃貸オーナー用の保険+特約

貴方の物件が築...続きを読む

Q新築建物の評価額算定方法を教えて下さい。

新築をした際に、色々な税金がかかると思います。その中で、固定資産税の評価額に対し、一定の掛け率が税金額となるとの事ですが、評価額がわからないので、税金額が読めません。新築建物の評価をする為の、評価額算定基準額(m2=○○円)みたいなものは、ないのでしょうか。また、それは地域によってばらばらなのでしょうか。ちなみに私の住んでいるのは、香川県です。
どれくらいの税金がくるのかわからないのは、非常に不安なので、ご存知の方が、いらっしゃるようでしたら、是非教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>評価額算定基準額(m2=○○円)みたいなものは、ないのでしょうか。

新築建物は評価額が存在しませんので
法務局がm2単価を持ってます。

固定資産税評価額が定められていない家屋について所有権保存登記や所有権移転登記を申請する場合には、法務大臣 (総務大臣ではありません) の定める基準により各法務局、地方法務局の管内ごとに定められた 「新築建物価格認定基準表」 を基にして課税標準額が決定されます。
http://allabout.co.jp/house/buyhouseshuto/closeup/CU20051124A/index3.htm

>ご存知の方が

地元の司法書士に聞くか
法務局に聞きましょう。

Qエレベーターの設置費用と維持費

5階建てマンションにエレベーターを設置したほうが将来、老人が多くなると賃貸需要面で有利と考えてます。
1フロア3~4戸では採算合わないので4階建てEV無しも一考の余地ありと指摘されました。
設置時の費用と月間維持費を教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

そうですね。(1)No.1の御回答のように、見積もりを取られたほうがいいと思います。というのは、昇降機系は、価格があってないような面があると聞いています。つまりは、後のメンテナンスをそのメーカー系列で行うのかどうかでも昇降機の値段はちがってくるようです。また最近の物騒な世の中の影響で、防犯カメラ付から警報音声付とか色々な最新の機能が付随したものもあり、価格はさまざまです。かごと設置費用で小規模マンションの場合は1千万前後(安い場合はもっと安いと思います。)かもしれませんが、それもどんな機種やメンテナンスを選ぶかによって大幅に違ってくるようです。
(2)建設を、ゼネコンさんや有名ハウスメーカーに依頼した場合、設計と施工が同じところになりますから、エレベーターの費用を安く見積もられ施主側に提示があったとしても、他の設備面などに上乗せすることができますので、実際はいかほどのものかはわかりにくくなりますね。一方、設計事務所に設計管理を依頼されて、施工と分けた場合は、エレベーターのかごと設置費用がわりとはっきり単独で把握できるものです。ですから、どういうふうに依頼されるのか、どんな機種を選ばれるのかがわかりませんので、設置費用についてはなんともお答えのしようがありませんね。

メンテナンスの費用:
これもさまざまです。毎月点検の場合と、三ヶ月に一回の場合がよくあるケースですが。またどこに点検してもらうかでも費用は異なることがあります。たしかエレベーターで事故がつづけてありましたよね。あの事故を起こしたエレベーターのメンテナンスには、確か問題があったようなことが新聞に書かれていましたね。このごろはこのメンテナンス業界にも価格破壊があるときいております。メーカー系列ではなく独立系の会社も多くあるようですよ。ただむずかしいですよね。安いと悪いのか?高いと良いのか?このあたりは、信頼のおける設計の方とよくご相談されたほうがいいでしょう。ちなみに、毎月点検だと2~3万ぐらい。三ヶ月に一回だと4.5万~5万、つまり月平均1.5万~1.8万ぐらい。
でももっと高いところもあるみたいです。
この他に、ワイヤーの交換、35万ぐらい 高さによっても違う 
     8~10年
かごの交換:20~25年ぐらいが目安だと言われています。←これは費用がかかる!

前のご質問で少し気になったのは、4mの公道に一面しか敷地が面してないのでしょうか? もしその場合、近隣からの建設反対とかはありませんか? 周囲がオフィスビルとかばかりなら、ほとんど反対はないでしょうが、民家や日照に影響をあたえる分譲などがある場合、なにかと大変です。5階建て4階建てのマンションの場合、4mの道路に大きな生コン車やクレーン車が入ってくるわけですし、隣地境界ぎりぎりまで、何メートルも地面を掘るわけですから。
そんなこんなで、これから少し大変かもしれませんが、がんばってくださいね。

そうですね。(1)No.1の御回答のように、見積もりを取られたほうがいいと思います。というのは、昇降機系は、価格があってないような面があると聞いています。つまりは、後のメンテナンスをそのメーカー系列で行うのかどうかでも昇降機の値段はちがってくるようです。また最近の物騒な世の中の影響で、防犯カメラ付から警報音声付とか色々な最新の機能が付随したものもあり、価格はさまざまです。かごと設置費用で小規模マンションの場合は1千万前後(安い場合はもっと安いと思います。)かもしれませんが、それも...続きを読む

Qレインズの物件を閲覧する方法

素人でもレインズの物件を閲覧する方法があると聞きました。
どの様にすれば、レインズの物件を閲覧する事ができるのでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

レインズ物件と全く一緒かどうかは不明ですが、提供している元が同じなので、ほぼ同じような情報が得られると思います。

参考URL:http://www.hatomarksite.com/

Q未入居期間の電気代は誰が払う?

大家してます。

入居者が3月中旬に退去したため、多分電気の停止手続きをしてあるはずです。
次の入居者が4月の中旬から入居するのですが、内覧などで多少の電気は使用しているはずです。
この基本料金や使用料は誰が払うのでしょう?
今まで、こういった費用を気にしたことはありませんが、タダというのはおかしな話です。
お分かりになるかたご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大家してます

1.電気を通していないのが一般的
2.通電していても多少の電気はメーターも廻りませんので請求されないのも一般的

うちでは...

一般電源は通電していますが内見程度で使う分は請求されていません
給湯用の夜間電力はメーターで切られています

リフォーム工事などで使ったときは電力会社から問い合わせは有りますが今まで請求された事は有りません


人気Q&Aランキング