はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

題名通りでございます。

ある製品のデザインで坂本竜馬の肖像の印刷を
利用したいと考えております。
販売も検討しています。
その肖像(原画)として使用を検討しているのは、
教科書等の挿絵です。

現存しております俳優やスターの方の肖像を
スキャンするのは無論、違法であると承知しています。

しかし故人であり歴史上の偉人の場合はその肖像権は
どうなるのか、疑問に思いました。
坂本竜馬を始め、歴史上の人物の画像を
商品としてスキャンし、印刷することは違法なのでしょうか。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

故人の肖像権がどうなるのか、まだはっきりとした判例はありません。



学説では故人には肖像権はない、とする説があるのですが、肖像権自体が明確な法律上の根拠がある権利でもないので、裁判所の今後の判断次第ではどのような結論が出てもおかしくはありません。

ですので、残念ながら、はっきりとした回答はできないのです。

しかし、そもそも肖像権というのは、(1)ある人のプライバシーを守る権利と、(2)ある人が自分の容姿を利用して経済活動を行う権利を定めたものです。

芸能人の写真を無断使用することが肖像権侵害だというのは、(2)の権利を侵害するからです。芸能人は容姿を売ることが商売ですから。

これを坂本竜馬について考えてみると、坂本竜馬は別に自分の容姿でお金を稼いでいたわけではありませんから、坂本竜馬の肖像を使用することにより坂本竜馬(の遺族・子孫)に何らかの損害が出るとはおもえません。

また、すでに一般的に出回っている写真を使用するのであれば、上記(1)のプライバシーの問題もないでしょう。

ということで、個人的には、肖像権侵害となる可能性はほぼない、と考えます。

以上が肖像権の話ですが、著作権についても検討します。

もし質問分の「教科書の挿絵」というのが、坂本竜馬の「写真」であるのなら、その写真を撮影した人に著作権が発生しているといえますが、著作権は旧著作権法では死後30年、現著作権法でも死後50年で消滅しますので、その写真の著作権も間違いなく消滅しています。自由に使用してかまいません。

なお、写真の所有者は著作権に関してはまったく関係ありませんので、所有者の許可などは必要ありません。著作権法46条は著作権切れの著作物とは全然関係ない条文です。

ただ、もしその「教科書の挿絵」というのが、竜馬の写真をもとに誰かが書いたイラストというのであれば話は全く変わってきます。誰かが新しく書いたイラストであれば、その人にまた著作権が発生するからです。その場合は、商品に利用すれば著作権侵害になります。
    • good
    • 3

こんばんは。


 肖像の写真そのものであれば、所有者のOKがでれば大丈夫だと思います。すでに公開されているものであれば違法ではありません。

 坂本竜馬自身も死後十分時間がたっていますし撮影者もたぶん死亡しているので著作権自身は消滅していると考えられます。またこの写真が公開されていないのであれば難しいと思いますが公開されていると思いますのであとは所有者の意思次第だと思います。
 ちなみに著作者の権利が喪失後、その著作物の所有者に著作権そのものが移行するのではありませんよ。しかし所有者自身が持っている、このような著作物の公開に関する権利はあります。(著作権法25条)またこのような著作物について著作権が消失していても、複製により利益を得た人に対し不利益を理由に使用の差し止めを行うことができます(著作権法46条)

 ところで教科書等の挿絵とありますが、教科書の挿絵を使うのも教科書会社から文句が出る可能性がありますよ。

一番いいのは使いたい竜馬の写真を持っている所有者を探して許可を得るとともに吹く製品として写真を撮りこれを用いることだと思いますが。

参考URL:http://astro.ysc.go.jp/izumo/chosaku.html
    • good
    • 1

坂本竜馬の写真ですが、坂本氏個人の肖像権と撮影した方の著作権があります。


その内、坂本氏の肖像権は死後50年が経過したことで消滅し、後は写真の所有者の著作権になります。
これは私的利用は許されると思いますが、商業的な利用は許可が必要と考えます。
肖像権はありませんから、写真を参考にしながら、自分で絵として描く分にはよいと思いますが、詳しい方の解説を求めます。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歴史上人物の肖像権って?

歴史上人物の肖像権というものは
どのように保護されているのでしょうか?
たとえば豊臣秀吉風の格好をした役者が
テレビやCMなどでおもしろ、おかしく放映されている場合はあてはまらないのでしょうか?
その物語の作家などの著作権にふれるということで
しょうか?その作者が死後50年たっていればふれないのでしょうか?お詳しい方、おしえてください。

Aベストアンサー

意表をついた質問ですね。

下記のサイトから抜粋しました。
「人物の肖像権を権利として明確に定めた法律の規定は日本の法律には存在しません。民法の不法行為に関する709条などを根拠として判例上認められるようになってきたものです。
写真の著作権は原則として公表後50年で保護期間が切れますから、幕末の頃の写真であれば、既に著作権は切れていると考えられます。また、肖像権については明確な保護期間はありませんが、幕末の頃の人物であれば、これもないと考えて差し支えないと思われます。」
www002.upp.so-net.ne.jp/ysuzuki/ onepoint/backnumber/20020622.html

「人物自体は歴史上の人物であっても、絵としては昭和・平成など新しい時期に描かれた肖像画であった場合にはその書いた人の著作権が今現在も生きていることも十分に考えられるのです。」
www.solicitors1.com/publicity.html 、

Q偉人の写真の著作権について

古い偉人に肖像権、著作権はありますか?
教科書の写真に落書きをするように、偉人(例:伊藤博文、土方歳三、沖田総司)の画像に加筆修正を加えてネット上にアップロードするのは何らかの規約に引っかかりますか?
また、そのような画像を非営利で誌面の載せたり大勢の人が見る所に置いたり、公共の電波に流したりするのは違法なことでしょうか?
著作権の問題でよく分からなかったので、教えてください。

Aベストアンサー

ご質問は写真ということなので、画像の改変とした場合に、2つの観点があります。

1.著作権: 教科書の写真を含めて、一般に写真にはある意図が反映されていれば著作権が認められることがあります。
つまり写真の撮影者に著作権が生じます。その場合撮影者の著作権は、現在は、撮影者が死去してから50年間は保護されます。それ以降は許諾無しにその写真を使えることになります。一方で、著作者人格権というのがあり、例えば、同一性保持権やその撮影者の氏名表示権などがあります。通常、人格権は死亡によって保護されなくなるのですが、著作者人格権については著作権法第60条により、生存しているとした場合と同様の権利が認められ、この保護期間は理論上は永久です。
権利とした場合に死亡した著作者の権利は遺族等に引き継がれるわけですが、場合によっては国家が引き継ぐことになります。著作権法第115条および116条が関係しています。
例えば、伊藤博文は1909年に暗殺されたとされていますが、仮に、1900年に肖像写真が撮影されたとすれば、その撮影者がその時から50年間生存し1950年に死亡したとすれば、2000年には著作権の保護期間が切れます。しかし、写真に「加筆修正」を加えるなどの著作者人格権については保護が続くと考えられます。
言わば死者の人格権を認める考え方は、文化的遺産として国家が保護するという考え方に立っています。例えば、ダビンチのモナリザに髭を書き加えて公表するなどは、人類一般からは肯定的な感情は得られないと考えられます。

2.肖像権: 肖像権は日本の法には定めがありませんが、判例で積み重ねられています。肖像権も人格権と考えられ、死亡により保護されなくなるとの考え方があります。また、肖像権には財産権の側面もありますから、時には写真が商標になる場合もあります。
一方で、被撮影者の人格権の保護については、刑法第230条(名誉棄損)の定めがあり、また、刑事訴訟法第233条に「死者の名誉を毀損した罪については、死者の親族又は子孫は、告訴をすることができる。」と定められているように、子孫であっても告訴が可能です。

ご質問の場合は、どのような態様での利用か不明ですが、以上のことを参考にされると良いのではないでしょうか。

ご質問は写真ということなので、画像の改変とした場合に、2つの観点があります。

1.著作権: 教科書の写真を含めて、一般に写真にはある意図が反映されていれば著作権が認められることがあります。
つまり写真の撮影者に著作権が生じます。その場合撮影者の著作権は、現在は、撮影者が死去してから50年間は保護されます。それ以降は許諾無しにその写真を使えることになります。一方で、著作者人格権というのがあり、例えば、同一性保持権やその撮影者の氏名表示権などがあります。通常、人格権は死亡によって...続きを読む

Q歴史上の人物の肖像写真の著作権(肖像権?)について

たとえば、自分のホームページに坂本竜馬の肖像写真を貼り付けようと思った場合、誰かに許可をもらうなりしなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

 ありません。教科書会社が作成した文章、および独自に作成した資料であれば、許諾を得る必要があります。

Q歴史上の人物の著作権について

歴史上の人物の写真や肖像画をHPなどで使う場合やグッズを作って販売する場合に許可がいるのでしょうか、著作権には時効があると聞いたことがあるので問題がないように思えるのですが、銅像や石碑、旧家などにも著作権はあるのでしょうか、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.日本の著作権法では、死後50年で著作権は消滅します。
写真や肖像画で、この基準を満たしていれば、許可不要です。
2.銅像、石碑で特殊な技巧が施されていないなら、著作権そのものを主張できないでしょうから、自由に使えます。
3.家は、著作権はないですが、実際に住んでいる方があれば、事前の了解は必要でしょう。

Q坂本龍馬の著作権について

とある商品(商用です)に以下のイラストを載せる事になりました。

●坂本龍馬の写真(有名な写真)をフォトショップでイラスト風に加工したもの(白黒)
●直江兼続の兜の「愛」の文字をトレースしたもの

ネットで検索した所、肖像権に関しては没後50年で消滅すると知りましたが、
こういう場合(写真をそのまま使用しない)の著作権に関してはどうなるのでしょうか。
また、「愛」の文字は著作権には引っかからないでしょうか。

著作権に詳しい方がいらっしゃいましたら、ご回答どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

○肖像権に関しては没後50年で消滅すると知りましたが

その知識は間違いです。没後50年で消滅するのは著作権です(個人の著作物の場合)。肖像権についての明確な法律上の定めはありません。でも、坂本竜馬についてはさすがに死亡してからかなりの時間が経っていますので、もう肖像権の主張はだれにもできないでしょう。

○著作権に関してはどうなるのでしょうか

著作権に関しては、旧著作権法が関係するのですが、結論的には、昭和31年以前に発行されたものはすでに著作権が切れています。

従って、その写真の利用は自由です。改変についても、同一性保持権の問題が一応考えられるのですが、これもかなり古い著作物なので、もはや主張はできないでしょう。

(参考)
http://www.cric.or.jp/qa/sodan/sodan1_qa.html

○「愛」の文字は著作権には引っかからないでしょうか

こちらは坂本竜馬の写真よりさらに古いものですので、著作権の保護は及びません。

Q写真を元にしたイラストは著作権侵害になるのでしょうか?

はじめまして、趣味でイラストを描いて、Webで公開している者です。
この度、写真を参考に描いたイラストをサイトに掲載するにあたり、著作権について確認したく書き込ませて頂きました。

回答をお願いしたい点は、以下の通りです。
(1)市販の写真集の構図やポーズを参考に、トレース無しでディフォルメして描いた場合も「模写」にあたるのでしょうか?
(2)写真集(ポーズ集ではない)の写真の構図(人物のデッサンや服の皺のつき方(服や背景・人物の顔や表情は変えています))を参考にイラストを描いた場合は「著作権侵害」になるのでしょうか?
(3)「花札」や「トランプの絵札」などを模写して、イラストの背景などに使うのもやはり「著作権侵害」になるのでしょうか?

「著作権」について気になってしまったので、どうか回答の程、宜しくお願いします!

Aベストアンサー

度々投稿ですみませんがNo1llamaです。
2つの回答の補足と言うか詳しい解説と訂正をかねて
書かせていただきます。

まず著作権侵害の前提ですが親告罪であるということ、
つまり著作権を持っている人が告訴することを
前提にしてはじめて問われるものであること
著作物であるかどうかの判断は作者や権利者ではなく
第三者つまり裁判所であるということの説明が抜けて
いました。
つぎに著作物の定義ですが思想や感情を創作的に表現した
文芸、学術、美術、音楽とありますから
作品の雰囲気やペンタッチなどは含まれないようです。
しかし全体の構図と作品の内容物や文字などは注意した
ほうがいいでしょう。

つぎに新著作物というものについての説明がありません
でした。
過去に発表された著作物から影響を受け新たに創作された
ものについては新たに創作されたものの権利を新たに
創作した者が権利を持つというものです。
この視点からいえば最初の質問1と2は模倣の域を超えて
創作していればOKとなるようです。
申し訳ありませんでした。

模倣、複製については機械でコピーしようが、手で複製
しようが複製には変わらないとの判断なので、トレース
しようが、目でみて模写しようが変わらないようです。
著作物をもとに新たに創作したか、模倣して一部分
変えたのかの判断がここでは重要といえるのですが、
写真家と裁判所の判断に任せるしかないようです。
私個人の意見は写真を漫画イラストのような表現に還元
しているので影響を受けての創作ととれるのではないかと
思います。

漫画などでどこまで利用してよいか著作権について説明して
くれているサイトがありました。
参考URLとして貼っておきます。

http://www.linkclub.or.jp/~yoo/copyright/idx.html

度々投稿ですみませんがNo1llamaです。
2つの回答の補足と言うか詳しい解説と訂正をかねて
書かせていただきます。

まず著作権侵害の前提ですが親告罪であるということ、
つまり著作権を持っている人が告訴することを
前提にしてはじめて問われるものであること
著作物であるかどうかの判断は作者や権利者ではなく
第三者つまり裁判所であるということの説明が抜けて
いました。
つぎに著作物の定義ですが思想や感情を創作的に表現した
文芸、学術、美術、音楽とありますから
作品の雰囲気やペンタ...続きを読む

Qベートーベン肖像画の写真は、どこに版権があるの??

ベートーベンの肖像画の写真を使ってポスターを作りたいんですが、
教科書に載ってる、一番メジャーな肖像画の版権ってどこが持ってるんでしょう??
オーストリア観光局にはもう問い合わせたのでそれ以外で、ご存じの方いらしたら教えてください!
お願いします!!

Aベストアンサー

ベートーベンの没後年数を考えれば、肖像画を描かれた画家もすでにお亡くなりになって久しいと思われます。

日本では、絵画の著作(財産)権は、作家の死後50年で切れます。
そして、「ベルヌ条約」と「万国著作権条約パリ改正条約」によって、海外の著作物を日本国内で扱う場合は、日本の法律に従えばいいことになっています。

↓条約
http://www.cric.or.jp/db/z.html

第二次世界大戦の時に、日本と交戦状態にあった連合国の著作物については、戦争によって著作権保護期間が中断されたと見なされているので、約10年ほど保護期間が延長されていますが、ベートーベンの世代には全く関係のない話でしょう。


さて、本題です。

日本では、著作権の切れた絵画の画集や写真集は、著作物として保護されないので自由に使用していいことになっています。(彫刻などの立体的なものは、写真をとったカメラマンに著作権が発生しますので注意)

↓名画の複製写真も写真の著作物として保護されますか?
http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime1.html#3


ということで、あなたは誰に使用許諾などとることなく、肖像画の写真をポスターに自由に堂々と使ってください。

ただし、著作権とは別に【著作者人格権】というものは存在します。


国内法令>>著作権法 第二章 著作者の権利 >>第五節

(著作者が存しなくなつた後における人格的利益の保護)
第六十条 

著作物を公衆に提供し、又は提示する者は、その著作物の著作者が存しなくなつた後においても、著作者が存しているとしたならばその著作者人格権の侵害となるべき行為をしてはならない。ただし、その行為の性質及び程度、社会的事情の変動その他によりその行為が当該著作者の意を害しないと認められる場合は、この限りでない。

http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html#2_5


そのため、著作者が生きていたとしたら当然認めなかっただろう思われる使用方法、肖像画に酷いい落書きをしてポスターにする……などの行為はやめておいた方がいいと思います。
そんなことは、されないでしょうが。

↓詳しいことはこちらで
※社団法人 著作権情報センターhttp://www.cric.or.jp/

参考URL:http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime1.html#3,http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html#2_5

ベートーベンの没後年数を考えれば、肖像画を描かれた画家もすでにお亡くなりになって久しいと思われます。

日本では、絵画の著作(財産)権は、作家の死後50年で切れます。
そして、「ベルヌ条約」と「万国著作権条約パリ改正条約」によって、海外の著作物を日本国内で扱う場合は、日本の法律に従えばいいことになっています。

↓条約
http://www.cric.or.jp/db/z.html

第二次世界大戦の時に、日本と交戦状態にあった連合国の著作物については、戦争によって著作権保護期間が中断されたと見なされてい...続きを読む

Q昔の絵や写真の著作権

江戸時代とか昔の絵画、印刷物とかには著作権はあるのでしょうか。
音楽などは作曲者の没後50年だか70年は著作権があると聞きましたが、絵や写真は?

例えば、福澤諭吉の写真?をTシャツにして売ったら著作権法違反ですか?

Aベストアンサー

 この手の質問は過去に何度もあるようですね。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q_id=1302674

 この辺りが最も参考になるでしょうか。
 特にここで#4の方が提示している文化庁のテキストが非常に参考になります。

 さて、絵や写真の著作権について。
 古い著作権法の関係で若干の例外はありますが、著作者(絵を描いた人、写真を撮った人など)の死後50年以上経っていればほとんどの場合著作権は消滅しているので、自由に利用することができます。

 また、写真に関しては1946年以前に撮影されたものは例外なく著作権が消滅しています。したがって例に挙げられている福澤諭吉(~1901)は、本人が存命中の写真であれば著作権はすでにありませんので、Tシャツにして売っても著作権法違反に問われることはありません。

Qフォトショップ 白黒画像を反転させるには?

フォトショップ(CS3)を使い始めたばかりの初心者です。

黒のバッググラウンドに白文字で書かれたイメージを、白地に黒文字へと反転させたいのですが、どのように操作すればよいのでしょうか?

アドバイスを頂けましたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

Winなら「Ctrl」+「I」キーで、
Macなら「コマンド」+「I」キーで反転できます。

Q油彩画を描いています。肖像権と著作権について

趣味で油彩画を描いています、主に人物画が多く、ある日のこと新聞広告にお気に入りの

俳優さんの写真をみつけ肖像画を描きました。一年後に一生懸命に描いた成果を見ていただき

たく、個展を計画しています、その際にオリジナル作品と合わせて、お気に入りの俳優さんの

肖像画も展示したいのですが、ご本人さんからすれば肖像権違反、広告会社のカメラマンからす

れば著作権違反のような気がするので結論がでません。他のグループ展や個展でもたまに

似顔絵風の肖像画をみかけます。自分では上手に描けたと思い是非とも展示したいのですが、

販売目的でもなくただ油彩画の技術向上のために描いたのですが、違反になるのでしょうか、

違反になるのであればコッソリと自分だけで楽しむしかありません、

ご指導のほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

文化庁の「肖像権」の説明には
〈 これまでの判例を見ても,芸能人の肖像権について,「芸能人の場合には,通常,その氏名・肖像が広く社会に公開されることを希望あるいは意欲しているのが一般的である」として「人格権的な側面」がある程度否定される一方で,「芸能人は,顧客吸引力のもつ経済的な利益ないし価値を排他的に支配する権利を有する」とか「俳優等は,自ら勝ち得た名声の故に,自己の氏名や肖像を対価を得て第三者に専属的に利用させうる利益を有している」として,「財産的な権利」が認められています。〉
と書かれています。
↓の「肖像権」のリンクにあり
http://chosakuken.bunka.go.jp/naruhodo/answer.asp?Q_ID=0000493
簡単に言えば、スターのプライバシーは普通人より無いけれど、コマーシャルなら使用料は要りますよ、ということです。

有名人の肖像というとウォホールの作品が有名ですが、訴訟に掛けられた例はほとんど無いようです。
http://www.ejapion.com/living/law/534
↑には「単なる肖像のコピー配布ではない」ということでウォホールが勝った例があると書かれています。

ただしウォホールの作品を使った企業のプリペイドカードでは芸能人側に訴えられて自粛中止した例があるようです。
http://www.beatles.ne.jp/news2000-07-14.html
ウォホールを訴えたのではなくてその作品の使われ方に異を唱えたということですね。

写真家の著作権には引っ掛かりそうですので、できれば写真家を調べて問い合わせをしたほうが良いと思います。短期間個展会場にその作品を展示しても、まず写真家にはわからないと思いますね。(道徳的な判断についてはここでは語りません)

ウォホールの有名なマリリンモンローの作品はアヴェドンというカメラマンの写真を下敷きにしていることがはっきりわかりますが、許可はどうしたんでしょうね。アヴェドンはウォーホールの写真も撮っていますが。
良い作品であれば写真家の協力も得られる可能性は大きいかもしれません。
肖像写真でも証明写真のような場合には写真家の著作権は無いという規定になっていますし、けっこう微妙なところだと思います。

http://www.liveauctioneers.com/item/11137811_andy-warhol-holly-solomon-1963-1964
これを読むとモデルになった人がお金を払ってアヴェドンに写真を撮らせたり、ウォホールに作品を作らせたりしていたようです。(この作品の場合最終的にはウォーホールが自分で撮っているようですが)

文化庁の「肖像権」の説明には
〈 これまでの判例を見ても,芸能人の肖像権について,「芸能人の場合には,通常,その氏名・肖像が広く社会に公開されることを希望あるいは意欲しているのが一般的である」として「人格権的な側面」がある程度否定される一方で,「芸能人は,顧客吸引力のもつ経済的な利益ないし価値を排他的に支配する権利を有する」とか「俳優等は,自ら勝ち得た名声の故に,自己の氏名や肖像を対価を得て第三者に専属的に利用させうる利益を有している」として,「財産的な権利」が認められてい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング